coolHand
ビーカーに満たされている液体は液体窒素。
液体窒素の沸点は-196℃ですので、極低温の世界。
そんな液体に手を突っ込んでいますが、手にはなんの傷害も
残していないということなんです。

その理由はライデンフロスト効果。
さてどういうことでしょうか?


ライデンフロスト効果は身近なところで観察できます。

熱したフライパンに水滴を落とすと瞬時に蒸発することはなく
コロコロと転がるように横滑りします。
実はコレもライデンフロスト効果。

液体の沸点よりも高い固体に触れると、瞬時に蒸発気化し
接点に気体の薄い膜が形成されます。
この気体の層が熱伝導を遅らせるため蒸発が進みにくくなり
また摩擦が減るため横滑りが生じるわけ。



液体窒素と体温を比べると200℃以上の温度差があり
沸点よりも体温は充分に高温といえますので
手を突っ込んだ瞬間、気体の窒素の被膜が皮膚表面に形成されるため
凍傷には至らないというのがこの実験のミソ。

キッチンで何気なく見る現象が、液体窒素につながるんだから
科学って面白いですよね。
[PopSci]:In Which I Fully Submerge My Hand in Liquid Nitrogen

当然のことながら、真似しちゃダメですよ。