2005年09月23日

NANA

NANA

【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆

  コスプレ映画。

監督:大谷健太郎
出演:中島美嘉,宮崎あおい,松田龍平,成宮寛貴,松山ケンイチ,平岡祐太他
製作年・国:2005/日
鑑賞日:2005/9/22:劇場
系統:青春ドラマ
ストーリー:上京した彼氏を追って東京へ向かう小松奈々と、プロのバンド歌手を目指して東京へ向かう大崎ナナ。同い年で同じ名前の2人の「NANA」の出会いは、同じ新幹線で隣同士に座ったことから始まる。部屋探しの時に、偶然にも同じ物件で2人は再会し、一緒に暮らすことに。趣味も性格も全く正反対な2人の共同生活が始まった・・。

評:現在大ヒット連載中である、矢沢あいの同名少女マンガを映画化した作品。

私自身も原作を最新巻まで一気読みし、さらにリピート読みしているほど。若い子達みたく、あんなに狂乱めいた熱狂的ファンとまではいかないけど、このマンガはホントによく出来ていて面白いものだと思う。

「女の子」のつかみどころを見事に分かっているマンガ。簡単に言えば、『オシャレ』『かわいい』『かっこいい』の3色弁当である。

2人の『NANA』を筆頭に、それを取り巻く魅力的な登場人物たち。それぞれのキャラクターの個性、ヴィジュアルがしっかりと明確化されているので、読者がその中の誰かに移入しやすくなっているのも人気の秘密だと思う。
あともう一つは、彼らが発する『言葉』。そこらのつまらん小説を読むよりはずっと
文学的で、情緒的で、心に突き刺さる言葉たち。そこに引き込まれてファンになる読者は多いだろう。


さてさて。
それを踏まえて映画の方はというと・・・。

    『NANA』を実写化したのがそもそもの間違い。

■中島美嘉扮する『大崎ナナ』
私が考えるこのキャラクター像はまず、圧倒的なカリスマ性と少し野蛮なほどの男気。その中に見え隠れする繊細さと一途な女性らしさ。
中島美嘉では、あまりにもパンチが足りなかった。全体的に暗い、暗すぎるよナナが。あそこまで斜に構える必要はない気がする。本来のナナはもっとハツラツとしていて、感情の起伏も大きくて、子供のような無邪気さを持っている女の子なのに。

         中島では、不健康・病的すぎる。

ナナが持つ陰と陽の演じ分けが出来てない。いっそのこと陰陰陰・・・って感じ。
ヴィジュアルだってそう。確かに中島は美形だけど・・ナナはあんなに幽霊みたいじゃない。もっと意思の強い、目力全開なお顔立ちなはず。あれじゃジャンキーみたいだもの。ライブシーンでのパフォーマンスも、フラフラ揺れているだけでカリスマ性なぞ微塵も感じられない。
・・・ただ、彼女の゛シルエット゛だけはちゃんと『ナナ』だった。あの細い細ーい華奢な体にまとったヴィヴィアン。影絵なら完全に『大崎ナナ』だね。あとは、タバコを吸うシーン。原作の中でもとてもカッコよくタバコを吸うナナだけど、中島美嘉の喫煙姿もサマになってた。  ・・・まあ、普段吸ってるんだろうな。

■宮崎あおい扮する『小松奈々(ハチ)』
この作品を一つの映画として救っていたのは、宮崎あおいだと思う。やっぱり本業なだけあって演技に不安がなかった。あのかわいらしさは抜群だったと思う。

   けど「小松奈々にリンクしてますか?」と言われると・・実際は微妙。

本来ハチは、尻軽女で気移りが激しくて自己チュー。打算的でわがまま。周りはそんなハチに振り回されるけれども、どうも彼女を憎めない・・そんな愛されキャラ。
宮崎あおいでは、本来のハチほどの悪女(?)っぷりは出せてなかった感じ。よって、ハチのハチャメチャ加減がだいぶ薄くなっている。

■松田龍平扮する『本城蓮』
これはね・・・微妙ね。まあ、たくさんの方々が「あんなレンはあり得ない!!」と激怒されているようですが。確かにね、もっと他に選びようがあっただろぉとも思う。レンはもっとタテに細長い感じだから。あんなにモタついてないし、お顔立ちももっと上品。

   同じ松田家なら、弟にやらせた方がまだ合ってたんじゃないだろうか?

けど。松田龍平の声はレンって感じだった気がする。
褒めれるのはそこだけ。これは松田龍平が悪いわけじゃなく、製作側の完全なミスキャスト。

■成宮寛貴扮する『寺島伸夫』
宮崎あおいと並んで、この作品を救っていたのは成宮寛貴。見た目はマンガのノブと全くリンクはしないが、やはり安定した演技をみせてくれた。本来のノブの、あのテンションの高さとか、子供のようなかわいらしさはうまく出ていたと思う。ギターを弾く姿もそんなにイタイ感じじゃなかったし・・。今回の内容だと、ノブの存在はそんなに当たり障りないものだったので、あの程度で十分なんじゃないかな?

■他の登場人物
・ヤス:頭そってグラサンかければヤスになる・・と思ったら大間違い!!続編作るならきちんとした役者を使うべき。ヤスは大切なキーパーソンだから。

・シン:どこを見て美青年だったのか・・。シンはもっと華奢だっ!あんなにガタイよくないぞ。シンだって大事な役どころになっていくはずなんだけど、どうするつもり?

・章司:ヴィジュアルはイケてた。演技は勉強しなおせ。

・淳子・京助:演技はそこそこイケてる。コスプレお見事。

・幸子:見た目は全くダメ。けどね、この子の声は、思い描いていたまんまの幸子の声だった。

・レイラ:もっと華やかな感じの人が良かったと思うけど、歌声と歌唱力はイメージ通り。

・タクミ:あんまりにもチョイ出だったので判断しにくい・・・。

■映画全体として
何を差し置いても、役者陣の演技がイタ過ぎる。原作の台詞をそのまま引用しているのだが、情緒もなにもあったもんじゃない。そして、台詞のやり取りの中でのあの妙な『間』の取り方はなんだったんだろう・・目線や表情だけで演技出来るほどのテクニックなど持ち合わせてないんだから、変に雰囲気を作り出そうとするのは止めたほうがいいのに・・・酷い、酷すぎる。
原作のキャラになりきろうと、必死にカッコつけている出演者達が微妙に痛々しく、恥ずかしくて観ていられない部分が多かった。

けど、原作に登場するインテリアや衣装、小物アイテム、お店など100%と言えるほど忠実に再現している、そのこだわりっぷりには感心しましたけど。

ただやっぱり。
ヴィジュアルばかりに気を取られて、一つの作品としてはとんでもなく薄っぺらい感じになっていたのは残念。単なるコスプレ作品にしかみえなかった・・・。

   

    結局ね・・マンガはマンガのまま、夢だけ見させてくれればいいのよ・・。

clockworkorenge at 11:37│Comments(10)TrackBack(27)clip!映画論 な行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. NANA  [ ネタバレ映画館 ]   2005年09月23日 16:09
 観終わった瞬間、二つのバンド名を忘れてしまった。相変わらず記憶力が弱いなぁ〜と嘆く一方で、別れの列車がキハ40-816だと覚えていた・・・  コミックが原作なのにしっかりしたストーリーだ。そして、音楽もいいのに、中島美嘉、松田龍平、そして平岡祐太の演技によっ...
2. NANA  [ cococo ]   2005年09月24日 00:15
良くも悪くも、少女マンガらしい。原作がマンガだとキャラクタにも当然、違和感のなさ
3. 【映画】 NANA -ナナ‐ ★★  [ 徒然なるままに・・・ ]   2005年09月25日 22:05
ストーリー: 小松奈々は、彼氏と一緒にいたいがために東京へやってきた。 大崎ナナは、歌で成功したい夢を抱えて東京へやってきた。 新幹線の隣同士に座った2人の「ナナ」は、 偶然、引越し先の部屋で鉢合わせし、一緒に暮らすことになる。 趣味も性格も正反対の2人の共同生...
4. NANA -ナナ-  [ Akira's VOICE ]   2005年09月27日 17:46
人間はいつだって一人じゃないよとするメッセージが嬉しい!
5. NANA -ナナ-  [ シネクリシェ ]   2005年09月28日 07:13
 同日に観た『四月の雪』には中年の女性客が多かったのに対して、この作品は女子高生が目立ちました。  高校生にとってヨン様というと腰が引けるの
6. 映画『NANA -ナナ-』  [ Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』 ]   2005年10月04日 12:09
NANA http://www.nana-movie.com/ ★★★☆☆ 映画 少女漫画 バンド 恋愛 中島美嘉、宮崎あおい主演。マゼンタをテーマ色に蓮や鎖などのモチーフをアクセントに。 ...
7. NANA―ナナ―   [ きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ ]   2005年10月06日 11:24
原作、矢沢あい。 少女マンガとしては異例のヒットを記録している作品の映画化。 実は私、矢沢あい先生のマンガは 1??4巻くらいまでしか見てなく このマンガに対してはっきりいってしまうと 思入れも何もないし、特にファンというわけでもありません(ぇ でもやっ...
8. NANA -ナナ-  [ Matsuno-FC Blog ]   2005年10月08日 15:58
4 7日に『NANA −ナナ−』を観に行った。(ダジャレじゃないよ!)自分は原作の漫画を読んだことがなかったので、物語の内容や登場人物のキャラクターに対する先入観が全くないことが逆に良かったのかもすんなりと映画に入り込めました。『タッチ』がさわやか度100%....
9. NANA  [ toe@cinematiclife ]   2005年10月18日 10:08
この映画ね、見ないつもりでいたんだけど、大谷監督が監督していると最近知りまして。 大谷監督の作品は、劇場デビューの『アベック モン マリ』も、『とらばいゆ』も見ていたし、実は、遠い知り合いの知り合いぐらいの位置にいる方で、『アベモン』のときはシネアミューズ...
10. NANA 続編決定  [ うぞきあ の場 ]   2005年10月26日 23:30
NANA、続編製作決定だそうですが、 ここで、ギモンを投げかけようと思います。 同様に思われた方、コメントよろ。 .弌璽船礇觜子が出なかったが、その後の生まれてくる子供は  "幸子じゃ、いや"の一連にまつわるネタが使えないですが、  私はこのネタが結構ツボに...
11. 「NANA」  [ 月影の舞 ]   2005年11月10日 15:53
映画「NANA」を観る。 けっこう大のオトナの男も観て来て「よかった」と 言うし、小学生女児までもが「エッチだけどよかった」 というので、ちょっと観にいかねばと観てみる。 原作漫画を読んでいないので、キャラへの思い入れや 思い込みがなく素直に見られた。 ...
12. 『NANA』  [ ストーリーの潤い(うるおい) ]   2006年02月13日 01:19
私、ロックをはじめ、音楽にはそれほど興味ありません。 ただ、ロックミュージシャンを目指す若者を描いた日本の映画、大好きです! それほど数は観てませんが、『アイデン&ティティ』という映画に、心の奥がしびれる感覚を。 『アイデン&ティティ』、何がいいって、家....
13. NANA  [ 何を書くんだろー ]   2006年02月25日 16:36
「NANA」 評価 ★★★☆☆ 『あらすじ』  北海道でインディーズバンドのボーカルとして活躍していたナナ(中島美嘉)と東京に行ってしま った彼氏・章司の後を追って新幹線に乗り込んだ奈々(宮崎あおい)は、隣同士の席となる。同い 年、同じ名前...
14. 映画「NANA」鑑賞・・・続編にも期待したい!  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年02月25日 18:17
4 今日映画「NANA」を見てきた。前評判から「NANA」については話題性が大きく、今日の新聞でもセカチューより観客動員率が良いという結果になったそうだ。今回の大ヒットで「NANA」の続編が決定した。
15. NANA(3月3日DVD発売)  [ オレメデア ]   2006年03月01日 09:37
東京での成功を夢見て上京したバンドのボーカル・大崎ナナ(中島美嘉)と,恋人を追って上京した小松奈々(宮崎あおい)が,東京駅へ向かう電車の中で偶然,隣同士の席になった. 同い年で同じ名前のナナと奈々は,出会えた偶然に祝杯を挙げ,引っ越し先のアパートで運命の再会,周囲...
16. NANA −ナナ− 06年46本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年03月11日 15:23
NANA −ナナ− 中島美嘉 大好き!あたしがもっとお子ちゃまなら、彼女に傾倒しているでしょうね。今ちょっと、関西方面に潜伏ちうなんだケド、クルマの運転中は、常に中島美嘉ガンガンです!本日のカラオケ、中島美嘉 特集でした!! もちろん原作、全く知りません。原作フ...
17. NANA/中島美嘉・宮崎あおい  [ 文学な?ブログ ]   2006年06月03日 01:55
だいぶ前に話題になった「NANA」をようやく観ました。気にはしていたのですが、漫画も読んだことがなく、話題先行の映画だろうと勝手に決め付けていましたが、やはり食わず嫌いは損をしますね。非常に面白く完成度の高い映画でした。 二人のナナが偶然出会い、お互いに困...
18. Nana  [ Tokyo Bay Side ]   2006年07月13日 21:09
『NANA−ナナ−』 総売上3450万部を誇る人気コミック『NANA』は昨年、中島美嘉&宮崎あおい主演により映画化され興行収入40億円を超える大ヒットになりました。そんなNANAを今回久しぶりにDVDで観ましたが、やはり原作を知ると知らないでは大きく印象...
19. 映画『NANA』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年07月27日 00:49
矢沢あいのコミック「NANA」の映画化ということで大変に話題になったこの映画、公開時に見逃したので待ってましたよ、ナナとハチの恋と友情の物語 ナナ(中島美嘉)と奈々(宮崎あおい)、上京の途中で偶然出会った二人は部屋探しでまたも偶然鉢合わせする。ナナは自己...
20. 映画vol.77☆『NANA』※TV  [ Cold in Summer ]   2006年07月27日 17:25
 『NANA』  監督: 出演: 紹介HP 本当に偶然なんですが、77本目の映画は『NANA』! ◇ストーリー 東京に向かう列車内で同じ歳・名前の「ナナ」が出会う。 一人は地元では有名なバンドのボーカル、もう一人は東京...
21. 『NANA』この映画を見て!  [ オン・ザ・ブリッジ ]   2006年08月21日 21:25
第99回『NANA』   今回紹介する映画は昨年大ヒットした矢沢あいの少女コミックが原作の『NANA』です。私は原作を読んだことはないのですが、映画はとても楽しませてもらいました。 ストーリーは少女マンガを原作にしているだけあって、若い女性の複雑な恋愛模様と友情をき...
22. NANA  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2006年09月30日 12:37
★★★☆  原作のマンガは全く読んでいないので、マンガとの比較は出来ないが、映画の中に少女マンガチックなムードは十分感じたな。 NANA -ナナ- スタンダード・エディション 販売元:東宝発売日:2006/03/03Amazon.co.jpで詳細を確認する
23. NANA  [ シネマ通知表 ]   2006年10月20日 09:53
2005年制作の日本映画。 矢沢あい原作の大人気コミックを中島美嘉と宮崎あおい主演で実写化。パンクバンドのボーカルのナナと恋が最優先の奈々。一見正反対のふたりは上京途中に意気投合し、偶然の再会を経て同居を始めるが…。 まず最初に出てくる感想は申し訳ないけど...
24. 「NANA−ナナ−」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2006年12月15日 02:33
2 NANA −ナナ−監督:大谷健太郎出演:中島美嘉 , 宮崎あおい , 成宮寛貴 , 平岡祐太 , 松田龍平収録時間:114分レンタル開始日:2006-02-24Story矢沢あい原作の大人気コミックを中島美嘉と宮崎あおい主演で実写化した青春ドラマ。パ...
25. NANA☆☆☆★  [ 旭のほとりで ]   2006年12月15日 14:17
主演:中島美嘉・宮崎あおい 評価:☆☆☆★ 内容:新幹線で出会った同名の二人の女が、東京で恋に悩む友情物語。 感想: 久しぶりにテレビで映画見たけど、普通によかったんじゃないでしょうか・・・・。正直、たいした事ないかなという前評判勝手に付けてたけど....
26. NANA  [ Yuhiの読書日記+α ]   2006年12月17日 01:30
 先日、テレビで放映されていたのを見ました。 原作は読んでないのですが、上映されていた当時、中島美嘉がすごいはまり役だとか言われてたので、一度見てみたかったのです。 それが、もうテレビで放映されるなんてね・・・。デスノートもそうでしたが、続編が上映されるタ...
27. 映画「NANA」(★★★☆☆)  [ 新・ぴゅあの部屋 ]   2006年12月19日 06:01
2005年 大谷健太郎監督 「NANA」(★★★☆☆) 「てめーの男だろ! てめーで取り返せ!」 彼氏を追って、上京する女の子。 そこで同席した2人のナナは、 相部屋で同居することになる。 明るくお喋りで、天真爛漫なナナと、 クールでニヒルな、...

この記事へのコメント

1. Posted by まっつん   2005年09月23日 23:06
どうも!まっつんです。
『チャーリー〜』の時はコメント・TB
ありがとうございました。

『NANA』の分析が素晴らしいですね。
僕は、漫画を読んだことがないのですが、
今度、ぜひ読んでみたい思います。

映画は、宮崎あおいさんが出ているので、
近々、観に行こうと思っています。
映画『ユリイカ』での彼女の演技は
存在感があって、なかなかでしたよ。
それ以来、気になっている女優さんです。

『NANA』の映画レビューをアップしたら、
睦月さんのところTBしますので、
その時は、よろしくね(^0^)
2. Posted by 睦月   2005年09月24日 00:10
■まっつんさんへ
コメントありがとうございます♪
ちゃんとチェック入れてくれているのが嬉しいです。
もっと頑張るぞー!!

『NANA』に関しては、ホントは原作を読んでから観に行ってほしい・・。あの映画のイメージで原作を読んじゃうのはとても残念なので・・。
けど、まっつんさんの感想にはとっても興味があるので、レヴューアップ後ぜひぜひTBお願いします!

ところで、まっつんさんもジョニーファンですね。
私、成田へお出迎えに行ってきましたよ。そのときのレポをアップしますので、そしたらTBしますね。よろしくお願いしまーす!!
3. Posted by あかん隊   2005年09月24日 00:22
TBありがとうございます。睦月さんのレビューで、うん、うん…と頷くところがたくさんありました。自分は、中学−高校と漫画家志望でしたし、この手の3色弁当的漫画、嫌いじゃないデス。とはいえ、原作は知りませんでした。
だけど、映画観ただけで「これは贋作でしかない」って感じました。原作の大ヒットにあやかって、そのまま(でもないが)作ればいいってものではないでしょう。宮崎あおいが、頑張っていたのだけが印象に残っています。後は、みーんな「ヘタレ」じゃ!(暴言)
4. Posted by kazuki-kt   2005年09月25日 22:07
TBありがとうございました。

原作ファンは満足だと思いますよ。これ。
私は原作を知らないんですが、
キャラクターの薄っぺらい描写にガッカリでした。

続編製作決定だそうですが、
同キャスト・同スタッフとなると、
あまり出来栄えは期待できないかもですね。
5. Posted by toe   2005年10月18日 23:15
こんにちは。

TB&コメントありがとうございました。

私、原作を読んでいないので、原作ファンの方のレビューは大変参考になります。

でも、どうやら、原作ファンの中でもOKの人とそうじゃない人と分かれるみたいですね〜。
映画が面白かったら読もうかなと思っていたのですが、続編ができるみたいだし、続編を観終わったら読んでみようかな・・に変わりました・・。
6. Posted by ひろよ   2005年10月25日 01:31
うまいよ。
あたしの言いたいことが言葉になってた。
マンガが面白くて、その延長で映画をみたのは、
あくまでもあの話の忠実性を確認したかったみたいな。
でもんか、どっかが確実に違っててさ。
それを的確に表現したアナタはえらい。
7. Posted by たましょく   2006年02月25日 16:35
 ども、たましょくです♪

 原作を知り尽くした睦月さんのレビュー
楽しく拝見しました♪なるほどぉ〜たましょ
くが感じていた「ナナ」に対する違和感の
原因が分かったよーな気がしますw

 もっと「バンド」活動の方も強調して
欲しかったなぁ〜と思ってしまいました。
8. Posted by たましょく様へ   2006年02月27日 14:50
■たましょく様へ
コメントありがとうございます!
もうね・・・この作品に関してはちょっとかなりの酷評をしてしまいました。同じ原作ファンでもすごく良かったと言う方と、全くダメ!と思う方と2分割されるみたいですけどね。
なんか今年の春からドラマ化されるみたいですねえ・・・一体どうなることやら・・・。
9. Posted by ジグソー   2006年12月15日 02:44
どうも!
1,2両方の感想拝見さしてもらいました!
僕は原作一切読んだ事無いのですが、映画つまんなかった・・・
原作ファンの睦月さんはもっと怒ってらっしゃるようで・・・(笑)

何となく、漫画の《映画化》じゃなくて《実写化》したって感じですね。
映画としては成り立っていないですね。

中島美嘉が病的・・・(苦笑)

2でもこれといって進化は遂げられなかったようですね・・・
10. Posted by ジグソー様へ   2006年12月15日 20:55
■ジグソー様へ
コメントありがとうございます。

あらら。
こんな酷評記事をどちらも読んで
くださったなんて・・・なんだかとても
恐縮です(苦笑)。

でもジグソーさんもつまらなかったでしょ?
ああ・・安心しました。

私は原作を知っているだけに余計に憤慨
してしまいましたよ(笑)。

≫何となく、漫画の《映画化》じゃなくて《実写化》したって感じですね。

そうそう。これは実に適切な言い回しだと
思います。ただの実写化ならドラマでも
十分ですよ。

中島さんのナナよりも土屋アンナさんの
ナナが見てみたいなあ・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔