2005年10月16日

コーヒー&シガレッツ

コーヒー&シガレッツ


【映画的カリスマ指数】★★★★☆


 小粋なリラックスムービー

監督:ジム・ジャームッシュ
出演:ロベルト・ベニーニ,イギー・ポップ,ケイト・ブランシェット,ビル・マーレイ,スティーヴン・ライト,ジョイ・リー,サンキ・リー,スティーヴ・ブシェミ,トム・ウェイツ,ジョー・リガーノ,ヴィニー・ヴェッラ,ヴィニー・ヴェッラ・Jr,ルネ・フレンチ,E・J・ロドリゲス,アレックス・デスカス,イザーク・ド・バンコレ,ジャック・ホワイト,メグ・ホワイト,アルフレッド・モリナ,スティーヴ・クーガン,GZA,RZA,ビル・ライス,テイラー・ミード
製作年・国:2003/米
鑑賞日:2005/10/16:DVD
系統:ドラマ
配給:アスミックエース

ストーリー:豪華で個性溢れる俳優・ミュージシャンが集い、いろいろな場所のとあるカフェで、コーヒーを飲みながら、あるいはタバコを吸いながら取り留めのない会話を繰り広げていく全11話のオムニバス。

評:『ナイトオンザプラネット』『デッドマン』『ゴーストドッグ』などで知られるジム・ジャームッシュ監督。
ポップなのにどこか影のある、センスのよい上品な作品を作る人ですね。個人的にこの監督作品は大好きです。

子供の頃から、゛カッコイイ大人の嗜好品゛といえばコーヒーにタバコと思っていました。小洒落たカフェでコーヒーを飲みながら、こだわりのタバコをたしなむ・・・これはそういう何気ない日常の、素敵な大人のひとときをユーモアたっぷりに映し出した作品。

とりあえず、出演者が豪華。さらに他の媒体では考えられないような面白い共演が見られる。例えば、ビル・マーレイと、怪物グループ:ウータン・クランのGZA,RZAの共演なんてたぶん他じゃ見られない。ケイト・ブランシェットが2役こなし、自分自身と対話するエピソードもある。

全編モノクロなうえ、飾り気のない脚色、編集。カメラワークは単純そのもの。セットもカフェの中だけだし、小道具はほとんどテーブルとタバコとコーヒーのみ。実にシンプルな作品なのね。
出演の役者陣も、何だか演技なのか素なのか分からないようなリラックス状態。だからこちらも肩の力を抜いて楽しめる。

ほとんどのエピソードが、1対1の対話形式なんですが。
コーヒーとタバコを挟んで繰り広げられる、その取り止めのない2人の会話の中に、お互いを値踏みするような腹黒さや、相手に対する妬み、憧れ。会話の間が持たなくなった時の気まずさや、相手を思いやる優しさ・・・そういう、人間が持つ当たり前な感情が垣間見えるので、その人間模様に素直に入り込めてしまう。


まあ・・全く上がり下がりのない平坦なペースの作品ですから、つまらないと感じる人もいると思います。特に何かを感じ取れる作品というわけでもないし、華やかなわけでもないですから。
けど。
この作品の持つ雰囲気に酔って、少しでも癒されてほしい・・そう思います。


ところで。
役者陣の、ユニークなコラボばかりが実現しているこの作品ですが。
ジャームシュ監督、実はジョニー・デップへの出演依頼も考えていたそうです。ジャームッシュ監督とは『デットマン』以来ですからね・・実現してほしかったなぁ。


            あ。そうそう。
           ちなみにわたくし。
     ヘビーではないですがこよなくタバコを愛しています。
             しかし!!
          コーヒーは一切飲めません(恥)
     素敵なカフェで「アメリカン一つ」って頼んでみたい・・・(泣)


clockworkorenge at 16:49│Comments(10)TrackBack(20)clip!映画論 か行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. コーヒー&シガレッツ  [ ★☆★ Cinema Diary ★☆★ ]   2005年10月16日 16:57
4 この雰囲気、会話、間。こいつは最高にクールな作品だ! 9月24日にシルバー劇場のオールナイトで観れたのですが、時間が合わない&深夜2:10からの回はちょっと辛そうだったのでやめておきました。 しかしこれは観るべきでした。 劇場でこの雰囲気を味わいたかったです。も...
2. コーヒー&シガレッツ  [ 煮晩閃字 ]   2005年10月16日 21:31
3 「コーヒー&シガレッツ」を観ました。 オムニバスです、タイトル通り、コーヒーとヤニが出てくるハナシ、まぁリラックスの象徴ですからね。 そしてたくさんのビッグな俳優(著名人)が出ているっていうオムニバスです。 組み合わせがかなりレアらしいんだけど、僕はロベ...
3. コーヒー&シガレッツ(日本語版)  [ Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』 ]   2005年10月17日 08:13
ジャンル 至福のリラックスムービー テイスト モノクローム ディテール - ギミック - 解説 - URL http://coffee-c.com/ クオリティ ★★☆☆☆ ...
4. コーヒー&シガレッツ  [ bagdadcafe blog ]   2005年10月20日 21:33
コーヒー & シガレッツ (初回限定生産スペシャル・パッケージ版)ロベルト・ベニーニ/他角川エンタテインメント 2005-09-09by G-Tools  公開前から楽しみにしていた、久々のジム・ジャームッシュ作品、「コーヒー&シガレッツ」をようやく観てきました。  この作品...
5. コーヒ&シガレッツ:Coffee&Cigarettes  [ double face-d ]   2005年10月21日 09:50
「もう一回見に行ってもいいな、映画館に」 「DVD買ってもいいな」 映画は大画面で見るものだと、映画人に叱られますが、DVDを買おうかなーと思える映画はそれほど多くはないのが事実。 実際、経済的にも映画館へ足を運べない月もありまして。 そんな中、もう一...
6. コーヒー&シガレッツ  [ ラムとぶぶかとハウリンと。 ]   2005年10月22日 10:53
カフェを舞台に繰りひろげられる”コーヒー”と”タバコ”にまつわる至福のリラックスムービー。 予告編を見た時から白と黒のテーブルやクロスを頭上からまわして撮っているカメラが気になっていた映画{/hiyos/} 隣の劇場では「バンジージャンプする」がやっていて、イ・ビョ...
7. コーヒー&シガレッツ  [ White Screen Life ]   2005年11月05日 00:52
ジム・ジャームッシュ監督が18年の歳月をかけて撮りためた、コーヒーとタバコをテ...
8. FUN×4  [ FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して?? ]   2005年11月14日 23:33
「禁断の相性♪」
9. 「コーヒー&シガレッツ」■11の物語がモノクロで語られる  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2005年12月15日 23:31
ジム・ジャームッシュ作品。「コーヒー」と「タバコ」にまつわる11のストーリーを連ねたオムニバス映画。「コーヒー」と「タバコ」にまつわるというより、この二つが必ず登場すると言った方がいいかも知れない。どの話も実に面白い。それぞれストーリーはあってないよう...
10. 「コーヒー&シガレッツ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年01月06日 00:01
2006年1本目のDVD鑑賞作品。 ちなみに、ひらりんはプチ・コーヒーマニアなのですよ。 知らない産地のコーヒー豆を買って来ては、チョビチョビ飲んでます。
11. コーヒー&シガレッツ  [ ぴよ日記 ]   2006年01月24日 21:43
4 派手なアクションも恋愛沙汰も爆笑も殺人も、そしてこの映画を見て得るものも何もないのに、なんだか惹きつけられる映画でした♪♪ なんだろうねぇ?とっても自然でリアルだったからなのかなっ?話してる内容は普通じゃないのも多いいんですけど(^^;) なんか喫茶店で....
12. コーヒー&シガレッツ  [ Victoria’s ROOM ]   2006年02月21日 13:10
コーヒー&シガレッツ 原題:COFFEE AND CIGARETTES 製作年度:2003年 製作国:アメリカ DVD:2005年9月9日 上映時間:97分 監督:ジム・ジャームッシュ 脚本:ジム・ジャームッシュ 出演:イギー・ポップ、ケイト・ブランシェット、ロベ...
13. コーヒー&シガレッツ  [ Polka dot movie ]   2006年05月14日 21:18
コーヒー&シガレッツ 公式サイト STORY なじみのカフェ いつものコーヒー こだわりのタバコ あなたをリフレッシュタイムへと誘う。 至福のリラックスムービー ウェイター「コーヒーとタバコだけ?体に良くないですよ、サンドイッチでもどう?」 双子...
14. コーヒー&シガレッツ  [ 悩み事解決コラム ]   2006年05月26日 12:12
{amazon}  ジム・ジャームッシュ監督『コーヒー&シガレッツ』過去にも 同様の映画があったらしいが、最新作の映画を観た。 内容は題名の通り、喫茶店で、コーヒーと煙草とともに 様々なシーンで有名俳優達が語り合うシーンが描かれる。 あまり海外俳
15. 18.コーヒー&シガレッツ  [ レザボアCATs ]   2006年11月24日 19:43
 チェス柄(→日本で言えば市松模様・笑)のテーブルクロスに、陶器の白、とコーヒーの茶色。モノクロ映像で映した上からのショットが楽しい、オムニバス作品。
16. コーヒー&シガレッツ  [ arudenteな米 ]   2006年11月27日 14:52
自分は凄く気に入ったんだけど誰におすすめしたらいいんだろう? コーヒー&シガレッツ(Coffee and Cigarettes) http://coffee-c.com/ 困った… 凄く困った。 自分にはこの映画の凄いところは「全然面白くないのに凄く楽しい」としか言いようがない。 なんというか… ...
17. コーヒー&シガレッツ  [ 黄昏ミニヨン想録堂 ]   2007年04月23日 19:02
 何だかちょっと体が優れない今日この頃、如何お過ごし?ミル姉さんよ理である。  これは大変宜しくないので、映画を見た。『コーヒー&シガレッツ』実に健康に悪そうな作品が気にしない。
18. それはだれかとたずねたら  [ ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル ]   2007年05月14日 10:57
好きな映画監督は誰か?と聞かれたら… ジム・ジャームッシュ監督がニューヨーク大学時代、『理由なき反抗』ニコラス・レイ監督に、 「映画を作りたいなら、そのことを人に話すな。ただ作ればいいんだ」 と言われ、本格的に映画制作を志す。   映画学科修士過程...
19. コーヒー&シガレッツ  [ Screen saver☆ ]   2007年06月20日 16:10
煙草がやめられない やめない すべての答えがあると思い観たのですが。。。 そうでもなかったです(笑) ( ´ー`)y-~~ 角川エンタテインメント コーヒー & シガレッツ (初回限定生産スペシャル・パッケージ版) でも、このゆる??い雰囲気好...
20. コーヒー&シガレッツ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年05月22日 21:19
 『コーヒーを一杯 タバコを一服 会話を楽しむ 人生を楽しむ』  コチラの「コーヒー&シガレッツ」は、「ブロークン・フラワーズ」のジム・ジャームッシュ監督が10年以上にわたって抽出したドリップ短編集です。  全部で11編のエピソードからなるのですが、いずれ....

この記事へのコメント

1. Posted by double face-d   2005年10月21日 09:53
TBありがとうございます。
私は逆にタバコを吸わないのですが、コーヒーアディクトとしても満足の作品でした。
うーむ、ジョニーデップ、この作品で見たかったなー!!
2. Posted by galaxie500   2005年11月14日 01:32
ジム・ジャームッシュ大好き。
この人が私に与えた影響が大きい過ぎる。
出演者ゴージャスすぎる。一番好きなのはロベルト・ベニーニ.この人の英語の発音本当に特徴ありすぎて、笑わしてくれる。ホワイト・ストライプス も出てたけど、彼らの音楽と同じように、意味不明のストーリーになってたな。
最高の話もとても良かった,一方は理想的なじいさん、一方は現実なおじいさん、対象的だけど、どっちも安くて祖末なコーヒーを啜ってるあたりがなんかいいな。
一つの作品としてはやや不満はあるが、ジム・ジャームッシュの映像美と音楽毎回感心させられます。サントラ迷わず買いました。
3. Posted by 睦月   2005年11月14日 01:44
■galaxie500様へ
コメントありがとうございます。
いいですよ、ホントにいいですよ、ジャームッシュ監督作品は。私も大好きです。
特別に「面白い!」とは言えないけど、何だか素敵な作品でした。
基本的に彼の作品はセンスがいいですよね。『デッドマン』のジョニーは最高に美しく撮られてますし。
彼の作品をもっともっと観たいです。
4. Posted by purple in sato   2005年11月14日 23:42
睦月さん、こんばんはぁ!
TBありがとうございました。っと「コヒ&シガ」のコメントを今回改めて書き直しましたので、TBさせていただきました。
リンクの件は「こちらそこヨロシク(こちらからもOK?)」でございますm(__)m
まだまだ不慣れな点が多々ありまして…TBもやり始めて約10日くらいなもので過去のものは全く手をつけておりません…。(意味を理解していなかったのです…トホホ)
では、今後ともヨロシク願いますぅ〜♪

5. Posted by Victoria   2006年02月21日 13:12
こんにちは。
リラックスしすぎの映画でしたね。
この映画、デップにもオファーがきてたんですか!
知りませんでした。
この映画に出てたら、ひげをはやして帽子をかぶってたのか、
正統派二枚目でいってたのか気になるところです。
6. Posted by Victoria様へ   2006年02月22日 23:54
■Victoria様へ
コメントありがとうございます!
そうそう!ジョニーにもオファーがきてたんですよ!ねえ・・・もしジョニーが出てたらどんな感じだったんでしょうねえ・・。ウフフフ・・・考えるだけでドキドキですう。
私は、コーヒーは飲めませんがそれでも十分に素敵な気分にしてくれる作品でした!
7. Posted by とらねこ   2006年11月24日 19:41
この作品、けっして代表作にはならないかもしれませんが、こんな風に気軽な感じで作ってしまった作品、ていうのも、たまにはいいかな、なんて思うんですよね。
『スモーク』『ブルー・イン・ザ・フェイス』、最近見てないんですが、これ見ると思い出してまた見たくなってしまうんですよね。
ま、それは、私達がタバコ好き、ってこともあるんでしょうね。
ところで、私はタバコを24時間我慢してみたのですが、今日暇にあかせて1本吸いました。
これぞ、「止めたからこそウマイ煙草」
って感じで、頭の中にブワーっとニコチンが回って、超いい感じです(爆)
うーん、禁煙がなかなかねぇ・・・
8. Posted by とらねこ様へ   2006年11月27日 11:36
■とらねこ様へ
コメントありがとうございます。

基本的にジムジャー作品って、
気軽なものが多いですよね(笑)?
睦月的には、そのトボケたムードというか
日常を切り取ったような普通感がとても
好きです。

『スモーク』『ブルー・イン・
ザ・フェイス』もいいですね。
睦月もずっと昔に観たきりです・・・
もう一度観たいなあ。

一日我慢してから吸うタバコの美味さを
堪能してしまっては・・止められんでしょ、
普通・・(笑)。
無理に禁煙する必要ないと思いますが(笑)
9. Posted by arudenteな米   2006年11月27日 20:30
ミヒャエル・エンデ原作の「モモと時間泥棒」の映画の「モモ」と同じ位、不謹慎に煙草が恋しくなる映画でした。

しかしあちらのコーヒーは不味そう…
10. Posted by arudenteな米様へ   2006年11月29日 13:26
■arudenteな米様へ
コメントありがとうございます!

この作品、妙にタバコがカッコよく見えて、美的に見えて、最高のアイテムに見えるんですよね・・・。

睦月のようにPCの前で売れない小説家のようにくわえタバコをしている図とは違います・・・(苦)。

コーヒーはやはり日本のものが一番まともで美味しいと聞きます。
私はいずれにしろコーヒーが飲めないので、その真偽は一生分かりませんが・・(泣)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔