2005年12月28日

秘密のかけら

秘密のかけら

【映画的カリスマ指数】★★★★☆

 ゛かけら゛を見落とすな

 

監督:アトム・エゴヤン
出演:ケヴィン・ベーコン,コリン・ファース,アリソン・ローマン,ソニヤ・ベネット,レイチェル・ブランチャード
製作年・国:2005/カナダ・イギリス・アメリカ
鑑賞日:2005/12/28:劇場
系統:サスペンスドラマ
配給:ムービーアイ・エンタテインメント
翻訳:松浦美奈

ストーリー:国民的スターのアイドルコンビ・ラニーとヴィンスは人気絶頂でありながら、あるスキャンダルに巻き込まれたことで解散してしまう。彼らが宿泊予定だったホテルの部屋で、女性の全裸死体が発見されたのだ。
それから15年後。若き女性ジャーナリスト・カレンは、ヴィンスの自伝的暴露本を執筆することで当時のその事件の真相を明らかにし、飛躍のチャンスを手にしようと野心に燃えていた。彼女は、15年前の事件にラニーとヴィンスが関わっているのではないかと疑問を抱いていたのだった・・・・。

評:『スイートヒアアフター』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞したアトム・エゴヤン監督の最新作。
本作品は、同映画祭でパルムドールにノミネートされている。


いやいや…実に不思議な感覚に陥れてくれた作品。

   サスペンスなのに…何故か笑える。

   濃厚なラブシーンも…何故か笑える。

  そしてこの物語の゛秘密゛にもいたたまれなさを感じつつ・・笑えてしまった。

しかも実にこっそりと笑えてしまう。…あの込みあげてやまなかった静かな笑いの原因はなんだったんだろう?

それはやはり…今回も脱がずにはいられなかったケヴィンのせいだろうか?


物語構成が実にユニークなこの作品。
時系列をバラバラにして組み合わせたようなストーリー展開。現在と過去が入り乱れた作り・・・その割にはそんなに混乱することなく観入ることが出来たのは、この作品の素晴らしいところだと思う。

スリリングな感覚というよりは、マジカルな感覚を体験できる作品と言った方がいいかもしれない。


派手な謎解きや、派手なオチがあったとは思えないのだが・・・最終的にはしっかりと辻褄の合う落とし込みをみせてくれた映画だった。
物語の随所に散りばめられた、゛秘密のかけら゛たちが一気に集約されて、ラストにきっちりとした形になる。・・・・そのあたりはホントにお見事。

           まあけど。゛かけら゛ですから。
     ちゃんと観てないと・・・見逃しがちになるね。気をつけろ・・・。


華やかなショービズの世界で、最高峰に君臨する国民的アイドルを演じた、ケヴィン・ベーコンとコリン・ファース。この2人の息の合ったデュオぶりも見どころの一つ。
      ケヴィンはまた惜しげもなく、あの妙なテンション全開。


金も名声も女も思うがままにしてきた人気デュオが、ゴージャスな世界から一転・・・。スキャンダルに巻き込まれ、解散を余儀なくされた彼らのその後と、その魅惑な世界の裏事情に足を踏み入れてしまった女性ジャーナリストが突き止める真実。

     ・・・実はそんなに、極めて個性的な物語じゃない気がするのに。
    作り方一つでここまで独特な面白さを生み出すことができるんだなぁ。 

              イリュージョンだね。



              それにしても。
          この作品、R−18なんですが。
    個人的には「別になんてことないのになぁ・・」と思いながら観ていた。

           さらなる刺激を期待していただけに。
   「もっと!もっと!もっとヤっちゃいなぁ〜」くらいの勢いだったんですが。
    
    
     うーん。・・・自分の映画の好みを見直す時期がきたのだろうか(泣)。
  

clockworkorenge at 22:07│Comments(19)TrackBack(37)clip!映画論 は行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『秘密のかけら』  [ ラムの大通り ]   2005年12月29日 00:03
----ねえねえ、最近少し喋りすぎてニャい? ぼくはいいけど、みんな疲れて飽きちゃうかもよ。  「結局はまとめるのが下手なんだね。 あれも言いたい、これも言いたいになってしまう。 じゃあ、今日の映画はサクッといくかな」 ----おやおや。それは単に話すのが難しい映画だ...
2005/09/14 スニーク・プレビュー「秘密のかけら」@サイエンスホール  昨日速達で届きました。 迷ったけど、レディースデーは止めてこちらに行ってみる事にしました。 (以前スニーク・プレビューで「ミスター・ベースボール」に当たりがっくししたことがあった...
3. 「秘密のかけら」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2005年12月29日 01:00
「Where the Truth Lies 」2005(カナダ/UK/USA)主演はケヴィン・ベーコン(フット・ルース/1984、コール2002)とコリン・ファース(スプリング・ガーデンの恋人、ラヴ・アクチュアリー/2003)、それにアリソン・ローマン(ビッグ・フィッシュ/2003)。1950年代の終わり...
4. 秘密のかけら  [ シャーロットの涙 ]   2005年12月29日 02:19
アリスがウサギを追って不思議の国の迷宮に入り込んでいく・・・そこには本当にコスプレのアリスも出てきたりもするんだけど。 「ビック・フィッシュ」のアリソン・ローマンも官能的なシーンに体当たりで演じている。かなり心身ともにエネルギーを使うと思うのだけど。ここで...
5. 秘密のかけら /WHERE THE TRUTH LIES  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2005年12月29日 09:19
もう今年も残りわずか、マスコミ試写も一般試写もそろそろ年内最後の追い込みに入りつつ、、、★ 今日は、2本の試写へ行って参りマシタ。 2005年 No1を探し求め、忙しくったってギリギリまでガンガン観るぞ〜{/kaminari/} 1つは、今月23日公開、ケヴィンベーコンの新作...
6. 【秘密のかけら】  [ ココアのお部屋 ]   2005年12月29日 10:03
ケヴィン・ベーコン、コリン・ファース、 アリソン・ローマン、レイチェル・ブランチャード、 出演のサスペンス。 公開日:12月23日 ☆ストーリー☆ 一人の女性ジャーナリストが15年前の"事件"を追い始める。 そこに眠る真実とは・・・。 1972年のロサンゼル....
7. 『秘密のかけら』 試写会に行ってきました  [ やっぱり邦画好き… ]   2005年12月29日 10:24
『 秘密のかけら  』 の試写会に行ってきました。 最近、邦画の新作の記事がなくて申し訳ないです(^^; 実はこの試写会を観終えたら「狼少女」のレイトショーに行こうと予定していたのですが、上映前にアトム・エゴヤン監督と杉本彩サンのトークショーがあって時間...
8. 【映画】秘密のかけら  [ セルロイドの英雄 ]   2005年12月29日 13:27
"Where the Truth Lies" 2005年カナダ/イギリス/アメリカ監督)アトム・エゴヤン出演)ケヴィン・ベーコン コリン・ファース アリソン・ローマン レイチェル・ブランチャード デヴィッド・ヘイマン満足度)★★★★ (満点は★5つです)シャンテ・シネにて 19...
9. ケヴィン・ベーコン Kevin Bacon 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   2005年12月29日 14:01
Date of birth (location),8 July 1958,Philadelphia, Pennsylvania, USA秘密のかけら Where the Truth Lies (2005) ビューティー・ショップ Beauty Shop (2004) Loverboy (2004) Cavedweller (2004) The Woodsman(2004) イン・ザ・カット In the Cut (2003) ミ....
10. コリン・ファース Colin Firth 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   2005年12月29日 14:02
Date of birth (location),10 September 1960,Grayshott, Hampshire, England, UKGambit (2006) Toyer (2004) Good (2006) 秘密のかけら Where the Truth Lies (2005) Nanny McPhee (2005) ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 Bridget Jones: T...
11. アリソン・ローマン Alison Lohman 女優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   2005年12月29日 14:03
Date of birth (location),18 September 1979,Palm Springs, California, USAFlicka (2006) The Big White (2005) 秘密のかけら Where the Truth Lies (2005) ビッグ・フィッシュ Big Fish (2003) マッチスティック・メン Matchstick Men (2003) ホワイト・オラン....
12. レイチェル・ブランチャード Rachel Blanchard 女優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   2005年12月29日 14:04
Date of birth (location),19 March 1976,Toronto, Ontario, CanadaComeback Season (2006) 秘密のかけら Where the Truth Lies (2005) Without a Paddle (2004) "7th Heaven" (1996) TV Series The Wild Dogs (2002) ライ麦畑をさがして Chasing Holden (2001) Nai...
13. 『秘密のかけら』を観たよ。  [ 【待宵夜話】++徒然夢想++ ]   2005年12月29日 19:43
 本国アメリカでは、NC-17指定(17歳未満観賞禁止)を受けたそうだ。致し方ない、とは思う……。 『秘密のかけら』 原題:"Where the Truth Lies" 2005年・アメリカ 監督:アトム・エゴヤン
14. 「秘密のかけら」  [ てんびんthe LIFE ]   2005年12月29日 20:57
「秘密のかけら」 東京FMホールで鑑賞 女性限定の試写会。R??18。これだけで怪しい感じ。R??18は何を意味しているかわかりませんでした。いやいや、セクシーというか。この人たちもしかして本気じゃないの?といわんばかりの過激なSEXシーン。(そんなに沢山...
15. 秘密のかけら@シャンテ・シネ  [ ソウウツおかげでFLASHBACK現象 ]   2005年12月30日 14:30
ユダヤ系アメリカ人のラニーは奔放で芸に長けていた。いかにも英国紳士然としたヴィンスはウィットに富んだユーモアを飛ばす。彼らコンビは1950年代のショウビズを席巻したスターだった。しかし彼らが宿泊するホテルの部屋で若い女性の死体が発見されてから、第一線を退くこ...
16. ┻┳┻┳確実に女子中高生のスカートの中を見る裏技┳┻┳┻  [ 。。。。。私の裏技。。。。。 ]   2005年12月30日 17:45
====率直に言います==== 女子中高生のスカート中、簡単なコツさえ覚えれば、誰でも自然な流れの中で確実に見ることができます!…パンチラ?そんな小規模ではないです。慣れてしまえば、どんなタイプのスカートでも実践可能です!!!公開、私の裏技。。。。。
17. 「秘密のかけら」を観る  [ Cinema Satellite Neo ]   2005年12月31日 12:57
12/23にメルマガ第107号配信してました。お題は「秘密のかけら」です。 う゛う゛う゛う゛ぅぅぅぅ、寒いですね。 年も押し迫ってまいりますと、仕事の他にやることが色々とあって何かと大変です。 指先がかじかんで思うようにキーが打てないなど、身も心も冷えまくりでござい...
18. 秘密のかけら  [ I am invincible ! ]   2006年01月03日 06:41
公開中なので控えめに・・・ 若手ジャーナリストのカレン(アリソン・ローマン)は、かつて彼女のヒーローであったボードビリアンのデュオの解散にまつわる本を書こうとしていた。 15年前、チャリティー番組のホストを務めたラニー(ケヴィン・ベーコン)とヴィンス(コリ...
19. 秘密のかけら  [ 映画日記 ]   2006年01月03日 18:04
【鑑賞】試写会 【日本公開】2005年12月23日 【製作年/製作国】2005/カナダ・イギリス・アメリカ 【監督】アトム・エゴヤン 【出演】ケヴィン・ベーコン/コリン・ファース/アリソン・ローマン 【原題】“Where the Truth Lies” 1972年、女性ジャーナリ...
20. 秘密のかけら  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年01月05日 11:49
WHERE THE TRUTH LIES [日比谷シャンテシネ/SC1/前売り券] 公式サイト 「秘密を抱えて生きるひとは、いつか秘密に殺される」 もっと低俗かと思ったけど、思いのほか面白かった。そりゃ作品で選ぶ単館上映。下手なもの選ばないよな。[綴り字のシーズン]と同時スタートだ...
21. 秘密のかけら  [ 映画通の部屋 ]   2006年01月05日 20:23
「秘密のかけら」 WHERE THE TRUTH LIES / 製作:2005年
22. 「秘密のかけら」目指したのは上質・・・  [ soramove ]   2006年01月07日 01:22
「秘密のかけら」★★★ ケヴィン・ベーコン、コリン・ファース主演 アトム・エゴヤン監督、カナダ、英、米2005年 人気絶頂にあった コンビのエンターティナー 彼らのホテルの部屋で 女の死体が発見され ほどなくしてコンビは解消された。 15年前の事件を解...
23. 秘密のかけら - Where The Truth Lies -  [ happy-go-lucky!! ]   2006年01月07日 14:12
今日は劇場公開されたら絶対観に行きたかったアトム・エゴヤン監督の「秘密のかけら」を観てきました。 アトム・エゴヤンは「スウィート ヒアアフター」でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したこともあるカナダの監督で、彼の作品は「エゴヤンワールド」という言葉からもわか...
24. 他人の秘密  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年01月07日 23:46
5「秘密のかけら」(カナダ・イギリス・アメリカ)  1972年ロサンゼルス。新進ジャーナリストのカレンは15年前のショウビズ界のある事件を取材し、本にしようとしていた。50年代人気絶頂にあり、名声も富みも手にしたラニーとヴィンスのコンビ。ある日彼らの宿泊...
25. 秘密のかけら(2005加/英/米)  [ WAKOの日常 ]   2006年01月09日 21:23
今日の上映前に、サプライズでアトム・エゴヤン監督と杉本彩さんのトーク・ショーが行われました。アトム・エゴヤン監督は今日成田に到着されたばかりだそうで、早速挨拶に来場くださるなんて、いい人だ。少し小柄で、熱心に自作の映画について語る、素敵な監督さんでした...
26. 『秘密のかけら』  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2006年01月16日 02:10
雰囲気に圧倒されてのおもしろいミステリー。 秘密にご用心。 1972年、ロサンゼルス。野心的な女性ジャーナリストのカレンは、ショウビズ界でタブーとされた15年前のある事件を取材しようとしていた。1957年ハリウッドの人気デュオのラニーとヴィンスの宿泊予定のホテル...
27. [ 秘密のかけら ]知らないほうが幸せな時もある  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年01月16日 16:51
[ 秘密のかけら ]@日比谷シャンテ・シネで鑑賞。 50年代に起こったスキャンダラスな殺人事件と、70年代に それを暴こうとする女性ジャーナリストの物語。 監督は[ アララトの聖母 ]を手がけたアトム・エゴヤン。 本作は、前作[ アララトの聖母 ]とは趣は大き...
28. 秘密のかけら ★★★  [ 結局映画かよ ]   2006年01月18日 07:34
3 秘密のかけら (WHERE THE TRUTH LIES) 製作: 2005年、カナダ/イギリス/アメリカ、Serendipity Point Films 配給: ムービーアイ 監督: アトム・エゴヤン 脚本: アトム・エゴヤン 原作: ルパート・ホームズ 出演: ケヴィン・ベーコン、コリン・ファース...
29. 秘密のかけら  [ 悠雅的生活 ]   2006年01月18日 21:20
秘密の霧の向こう側の、あなたを知りたい
30. 「秘密のかけら」  [ Puff's Cinema Cafe Diary ]   2006年01月26日 20:47
公式サイト シャンテシネ、公開5週目初回です。 ガラガラだと思ったら意外と入ってました。 皆さん、他の作品の指定席も取って一日で済ませる方が多いみたいですね。
31. 『秘密のかけら』レビュー/舞台裏のひめごと  [ 西欧かぶれのエンタメ日記 ]   2006年01月27日 07:45
ようやくレポートに終わりのきざしが見え、ずっと気になっていた映画、『秘密のかけら』を観にいくことができた。 ハリウッド黄金期、人気デュオのスウィートルームで発見された女性の水死体。その蝋人形のような姿に、なんとなく非現実味を覚えつつ、誰が殺したのだろ...
32. 映画:「秘密のかけら」の感想  [ Mr.Ericの感じたままで ]   2006年02月07日 23:03
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。 1958年、人気絶頂のエンターティナーコンビ:ラニーとヴィンスが宿
33. 『秘密のかけら』  [ 狐の穴にて ]   2006年02月09日 09:56
濃厚な人間関係に溺れて、息苦しいほど。真実はどこにある? 1957年のハリウッド。ラニーとヴィンスのデュオは、人気と名声、富と成功を手に入れていた。ある日、彼らが宿泊する予定のスウィートルームで、美女
34. 秘密のかけら  [ オイラの妄想感想日記 ]   2006年02月15日 09:05
4 当初は観に行かない予定でした。 と、言うか上映しているのを気付いてませんでした。 しかし友人から貴重な情報が・・・。
35. 『秘密のかけら』  [ **Sweet Days** ]   2006年08月29日 09:50
秘密のかけら CAST:ケヴィン・ベーコン、コリン・ファース、アリソン・ローマン 他 1972年、ロサンジェルスの野心的な女性ジャーナリスト、カレン(アリソン・ローマン)は、15年前におきたショービジネス界のある事件を取材していた。それは、当時国民的人気を博...
36. 映画「秘密のかけら」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2007年04月04日 15:21
映画「秘密のかけら」に関するトラックバックを募集しています。
37. 映画「秘密のかけら」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2007年04月04日 15:58
「スウィート ヒアアフター」「アララトの聖母」のアトム・エゴヤン監督作品。華やかなショウビジネスの裏側を舞台に描く官能ミステリー。かつて一世を風靡した人気コンビを解散に追い込んだあるスキャンダルの秘密を暴こうと野心に燃える若き女性記者が、やがて虚飾と頽...

この記事へのコメント

1. Posted by えい   2005年12月29日 00:02
マジカルと言う言葉、
この映画にぴったりですね。
TBありがとうございました。
2. Posted by 駒吉   2005年12月29日 00:36
TBありがとうございます。
うーん、どう宣伝するんだろー、って作品でした。
コリン・ファースファンには刺激強すぎですね。
3. Posted by charlotte   2005年12月29日 02:27
TBありがとうございました!

>イリュージョンだね。

・・・↑まさに!
 
でも私には刺激が結構ありましたわ〜(笑)
この監督の作風、気に入りました!
4. Posted by mig   2005年12月29日 09:17
こんにちは★
TBありがとうございます。
R-18の割りにどうってことなかったですね、確かに (笑
5. Posted by Ken   2005年12月29日 13:45
睦月さん、こんにちは!
アトム・エゴヤン、大好きなんですよ。
この映画、ミステリーとしては全然平凡な感じなのに、それを複雑な構成にして見せきってしまうあたりが何ともエゴヤンで僕は気に入りました。
コリン・ファース&ケヴィン・ベーコンの意外な組み合わせも結構嵌ってましたね。

6. Posted by 現象   2005年12月30日 14:32
まさしくマジカルという言葉がぴったりですね。
R-18指定に関しては僕も全くその必要がないと思います。
ドラッグや裸もそれほど強烈ではなかったですね。
ケヴィンのケツはたまらなかったけどw
7. Posted by 八ちゃん@シャンテシネ   2006年01月02日 21:49
この記事読んで見落とさないようにしたんだけど、わかんなかったなぁ〜。ラスト15分がめちゃ緊迫しておもしろかった〜。
8. Posted by charlotte様・mig様へ   2006年01月03日 01:27
■charlotte様へ
コメントありがとうございます。
ホントに摩訶不思議な世界観が面白い作品でした。
睦月はとんでもない映画ばっかり観ているので、あの程度じゃまだまだ(笑)
けど、妙に生々しいHシーンでしたねぇ・・・。
睦月もこの監督の作風、気に入りました!!

■mig様へ
コメントありがとうございます。
そうなんですよ。R−18ならもっとやっちゃえ!って思ってしまいました・・・(恥)
けど、なかなかに面白い作品でしたね。

9. Posted by JB   2006年01月05日 00:32
TBどうもありがとうございました。
コリン・ファースがこんな役もやるんだ?って、絡みのシーンを観てちょっと意外に思いました。その点、ケヴィンについては何の疑問も違和感も感じませんでしたね(笑)

彼の地の女優の脱ぎっぷりの良さには拍手を送ります、って観点が変かな?

 今後とも宜しくお願いします。
10. Posted by 隣の評論家   2006年01月05日 20:35
4 睦月さん、観てきたよ。
> 「もっと!もっと!もっとヤっちゃいなぁ〜」くらいの勢いだったんですが。
ハハ〜、残念でしたな。でも私は、アリソン・ローマンの脱ぎっぷりにはビックリしちまった。でもまぁ、ケビン・ベーコンの「世界一ステキなお尻」をまた拝めたからいいか?もう、拝むの何度目だろう。日頃、鍛えまくっているのだろうかね。
ところで、昨夜は睦月さん近くに居たんだね。私はシャンテ・シネにおった訳だけど、シネ・スイッチ銀座に居たんだね。「イノセント・ボイス」の予告編やってたでしょ。
いつか映画館でバッティングする日は近いかも!
11. Posted by JB様・隣の評論家様へ   2006年01月07日 15:03
■JB様へ
コメントありがとうございます!
確かに、ケヴィンの脱ぎっぷりはいつものこと・・・って感じがしました(笑)。
女優陣の脱ぎっぷりにも素晴らしいものがありましたわ!全然観点がおかしいなんてことないですよ!
けど、私としてはもっと派手にやってくれた方が良かった・・・(笑)

■隣の評論家様へ
観てきたのね?!ケヴィンのお尻、拝んじゃった?フフフ。
アリソンの脱ぎ具合はホントにあっぱれでした。
『イノセント・ボイス』の予告観たよ。興味深いわ。
12. Posted by CINECHAN   2006年01月07日 23:53
 こんばんは。「秘密のかけら」観てきました。
 なかなかよくまとまったいい映画だと私は思いました。
ただ私はあまり爐けら瓩鮓つけられなかったようです。それでも満足していますが。
13. Posted by 悠雅   2006年01月18日 21:37
関西では、1月14日公開のこの作品、ようやく観て来ました。
今月は観たいものが多くて、嬉しい悲鳴!

いや、これは、確かにマジカルでした。
冷静に考えたら、そんなに難しいミステリーではないのですよね。
なのに、かけらを見落としそうになってしまったのは、
ひとえに男たちの色気だった、と思うわたし。

この迷宮は、なかなか魅惑的でありました。
14. Posted by Puff   2006年01月26日 20:55
ハァーハァー・・・
もうすぐ終わりそうなので、今日スタコラと観に行って来ましたですよ!

うん、確かに不思議なサスペンスでした。笑
秘密のかけらが最後にひゅるるーーんと飛んで来て?カシャッと収まりましたね!!
よくよく考えると単純な殺人事件なのに、その複雑な構成で見せてくれて、ホント、凄い作品だと思いましたデス〜♪
15. Posted by Puff様へ   2006年01月26日 22:24
■Puff様へ
おお!ラッシュですなぁ!!睦月は実はシャンテ・シネの目の前が職場なので行きやすかったんですけどね。
そうそう。この作品、なんだかとっても不思議で笑えてしまった・・・。どうやら笑えたのは睦月だけのようですが(恥)
物語なんてまったくもって単純明快なのにね。
作り方一つでああも魅力的な作品になるのですわ。すごいねぇ。
・・・しかし、みんなすごい脱いでたねぇ・・・。
16. Posted by chatelaine   2006年01月27日 07:56
睦月さん、こんにちは。
ケヴィン・ベーコンのお尻に…ではなくて、コリン・ファースの二面性にやられました。女性二人の色事を見つめる、あの醒めた目が忘れられないです(爆)

最近の記事も読ませてもらいましたけど、なんだか忙しそうですね。ご自愛くださいませ!
私も「白バラの祈り」は早めに観にいくつもりです。
17. Posted by chatelaine様へ   2006年01月28日 02:23
■chatelaine様へ
コメントありがとうございます!!
ククク・・・ホントはお尻にもやられたんでしょお?!

コリン・ファース、かなり複雑な役どころを見事に演じてくれてましたね。ケヴィンはいつものようにテンション炸裂でしたけどね!

ご心配いただきありがとうございます!なんとか気力で頑張っておりまするう・・・。
18. Posted by いわい   2006年02月09日 09:57
こんにちは♪
ケヴィン・ベーコンがコリン・ファースを拒絶するシーン、
「えっ、オッケーじゃないの?」と思ってしまったわたしです。
でも、それが2人の関係を象徴していたような気もしています。
19. Posted by いわい様へ   2006年02月09日 23:45
■いわい様へ
コメントありがとうございます!
同じシーンで何故か「プっ・・・」と吹き出してしまった睦月です。・・・すんません、無神経で。
それにしても、不思議な世界観な作品でした。この監督さんの作風は素晴らしいなあと思いましたよ♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔