2006年01月28日

RIZE

ライズ

【映画的カリスマ指数】★★★★★

 アドレナリン大放出だあ!!

監督:デヴィッド・ラシャベル
出演: トミー・ザ・クラウン,タイト・アイズ,ドラゴン,リル・C ,ミス・プリッシー
製作年・国:2005年/米
鑑賞日:2006/1/28:シネマライズ
系統:ドキュメンタリー
配給:ギャガ
翻訳:石田泰子

ストーリー:全米で最も危険な街LAサウスセントラル地区。麻薬とギャングがはびこるこの街で、1992年のロス暴動と同じ時期から、トミーはピエロ(クラウン)の格好をして子供の誕生日をダンスで祝うパフォーマンスを始める。 この評判は次第に広がり、トミーのもとにはダンスを習いに若者達が集まるようになる。
50以上のグループができるほど大きくなったクラウンダンス。それは枝分かれし、新しいダンス・クランプが生まれる・・・・。

評:多くのハリウッド著名人、スーパーモデルを撮り続けてきた有名ファション・フォトグラファー、デヴィッド・ラシャベルの初映画監督作品。
彼は、この作品を自己出費で製作。映画製作のかたわら、フォトグラファーの仕事もこなしていたため本作品完成には3年近くの年月を費やした。


本日は先日宣言したとおり、本作品と『ブラックキス』を鑑賞するために滅多に行かない渋谷に一人で繰り出した。・・・大嫌いなんだよ、渋谷と新宿は。

    びっくりした。シネマライズの前は本作品目当ての人が列をなしていた。
      そして、超満員御礼だったさ。・・・よかったぁ、席取れて。


いやあ・・・参った。完敗!!そしてバンザイ!ヤバカッタ。これはすごかった。
おかげでその帰り、スペイン坂で気狂いピエロになりかけた(笑)。

    バーゲンセールのように、アドレナリン出血大サービス状態に陥ったわ。

こんなに興奮したのは実に久々だった。身体が高揚しすぎて気持ちのいい疲れを感じたほどだ。
サンダンス映画祭で大絶賛を浴びたというこの作品。文句なしに納得できる。
アカデミー賞ドキュメンタリー映画部門でもオスカーを獲れるのではないだろうか?


ヒップホップ、R&Bなどの超クールなミュージックが全編を飾る。クリスティーナ・アギレラを始め、今話題のアーティストをフィーチャーした選曲は、とにかくヤバイ。ラップミュージック好きの人間にはたまらないのだ。劇場の小さな座席に座っていられないほど・・・・身体が暴れる。
さらには、目の覚めるようなポップで鮮やかな映像。さすが天才フォトグラファーのなせる技。

そしてなんといっても。人間技とは思えないクラウンズ&クランパーズのダンス!
彼らのダンスからは、スクリーンには収まりきらないほどのすさまじいパワーと、ほとばしる生命力を感じずにはいられない。
激しい腰の振りがどうとか、早送り並みの早い動きがどうとか・・・そういうことではない。危険地区、貧民街と呼ばれる環境で生まれ育った彼らの、人生そのものをかけた熱いダンスが観る者の心を強く揺さぶるのだ。


ギャングに入るか、麻薬に溺れるか。はたまた路上で撃ち殺されるか・・・・。
そんな退廃したこの街で、ダンスという生きる道を築き上げたトミー・ザ・クラウン。彼のダンスはたくさんの若者の生き方を救い、彼らは踊ることでそこに生きる意味と、自分の存在感を見出す。

        殴り合いのケンカではない。寝技を掛け合うわけでもない。
    それでもきっと。何よりも激しい、゛肉体と肉体の闘い゛がここにはある。


びっくりした・・・。
悔しさでも感動でもなく涙がこみ上げるのは初めてだったから。
心臓はバクバク、微妙に身体は揺れるし・・・とにかく心と肉体が暴れだしそうで大変だった。抑圧された興奮が、涙になって出てきたんだなぁ・・きっと。

         ゛バトル・ゾーン゛と呼ばれるダンスバトル。
    あのシーンを観ただけで、400m全力疾走したような気分になるよ。

『8mile』のラップバトルシーンもかなりクールだったけど、バトルゾーンはあれよりも確実にカッコイイ。・・・っていうか、全部がかなりカッコよすぎる。

       それは。この作品に映っているもの全てが超リアルだからだ。
  一切加工修正のない、そこに生きる彼らの・・・間違いなく現実だからなのだ。


  おかげで滅多に買わないパンフと、DVD付きサントラを購入してしまった。

               ああ・・・。もう一回観たい。


clockworkorenge at 21:12│Comments(31)TrackBack(29)clip!映画論 ら行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. RIZE  [ だらだら映画・和日和 ]   2006年01月30日 01:49
満足度★★★★★ 強い思いが込められた激しいダンスにやられました泣きました 「踊ってるんじゃない。闘ってるんだ。」 ・・・・・彼らのダンスに込める思いと現実に。 あらすじ(〇
2. RIZE  [ アンブログ ]   2006年02月02日 16:09
5 先日友人Kちゃんと映画を見に行った。サッカー等では会っていたが、映画は久しぶりだった。 見た映画はRIZE黒人の男性と女性が、滴を弾き激しくダンスし『踊ってるんじゃない。闘っているんだ。』というキャッチコピーでTVCMしている映画だ。 本編開始前、『この...
3. FUN … 『RIZE』  [ FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して?? ]   2006年02月06日 00:18
『Saturday in refresh』
4. R↑ZE  [ エリ好み★ ]   2006年02月07日 18:38
「ミュンヘン」の消化不良からすっきり立ち直った感じです。「暴力は憎しみを増すだけだ」という結論で終わった「ミュンヘン」。RIZEは、じゃあ暴力を選ばずどう生きるかという話しでもあります。全米で最も危険な街サウス・セントラルで、若者たちは踊ることに希望...
5. 映画『RIZE』  [ ルールーのお気に入り ]   2006年02月07日 20:59
新年に公開される映画の中で、わたしが最も期待していた作品がコレ! 「踊っているんじゃない。闘っているんだ!」…死ぬか、ギャングになるかの究極の選択肢の中から生まれた“闘うダンス”を描いた、これは非常にポジティブで前向きなドキュメンタリー♪
6. RIZE > Munich。  [ 朱色会 ]   2006年02月12日 23:53
本日は、『ミュンヘン』と『RIZE』。書いている場所は、終わったあとの帰り道にあ
7. RIZE  [ 雑記のーと Ver.2 ]   2006年02月15日 00:08
「RIZE」を観た。 L.A.サウスセントラル地区。暴動が絶えず起こり、暴力と犯罪が日常にあるこの場所で、トミー・ザ・クラウンは、子供の誕生会やパーティの余興として、ピエロ(クダ
8. RIZE(2005/アメリカ/監督:デヴィッド・ラシャペル)  [ のら猫の日記 ]   2006年02月26日 01:32
【新宿ジョイシネマ】研ぎ澄まされた肉体を激しく振り動かして踊る最先端のダンス・スタイル“クランプ・ダンス”に人生を掛ける人々の姿を活写した長編ドキュメンタリー。全米でもっとも危険な地区とも言われるLAのサウスセントラル。犯罪と暴力に溢れ、死と隣り合わせのこ...
9. 【映画館】rize  [ "やぎっちょ"のほぼ毎日映画ライフ!! ]   2006年02月26日 23:34
2 ■やぎっちょ評価コメント 評価の分かれる映画です。まず、ダンス好き、黒人好き、アクティブ、外交的な人にはとても響く映画だと思います。その逆の人は途中で寝てしまうかも。オリジナルスタイルのダンスでピエロを演じ、治安の悪い地区の黒人の子供、大人に夢....
10. RIZE  [ Alice in Wonderland ]   2006年02月27日 11:02
今年20本目の映画です。 『踊ってるんじゃない。闘ってるんだ。』のキャッチコピー通り彼らのダンスは踊りなんていう生易しいものではありませんでした。踊ることでギャングにならなくて住むこの町で踊ることを選んだ人たちのダンスには魂そのものを感じました。映画と...
11. RIZE ライズ  [ 映画で綴る鑑賞ノート ]   2006年02月27日 18:44
冒頭、“この映画の中のダンスは、早回しではありません”と、テロップが入ります。 それもそのはず、“クランプ”と呼ばれる、このダンスの動きは尋常ではありません。 体の内から湧き出る、怒りや悲しみといった感情を、そのままぶつけるかのような姿は、 まるで、肉体が...
12. RIZE −ライズ  [ 吾輩はナマケモノである。 ]   2006年02月27日 19:41
すっげ〜カッコいい映画です。 ダンスも、鍛えた体も良いけど、情熱?魂?に感動。 薬と銃と暴力の絶えない街、L.A.サウスセントラル地区で、昔は薬の売人だったトミー・ザ・クラウンが始めたダンス=クラウン・ダンス。 父親を銃で亡くし、母も薬中毒、祖父の代からギャ...
13. RIZE ライズ  [ 映画をささえに生きる ]   2006年02月27日 20:33
3 5点/10点満点 L.A.サウスセントラル地区。暴動が絶えず起こり、暴力と犯罪が日常にあるこの場所で、トミー・ザ・クラウンは、子供の誕生会やパーティの余興として、ピエロ(クラウン)の姿でダンスを披露しはじめた。やがてトミーは、地元の若者にダンスを教え始める。....
14. プルプルプルプルRIZE!!!!!!!!!!/映画  [ サバペ ]   2006年03月05日 18:53
映画「RIZE」 デヴィッドラシャペル監督
15. 映画『RIZE』観てきました  [ ラクダ色のルンバ ]   2006年03月05日 22:39
踊ってるんじゃない。闘ってるんだ。この街からRIZE(這い上がる)したければ、
16. 『RIZE ライズ』  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2006年03月06日 01:56
ギャングにならずに踊ることに生をささげる若者のエネルギーに感動。 暴力と犯罪の絶えないロサンゼルスのサウスセントラル地区。 誕生会やパーティの余興でピエロ(クラウン)の姿でダンスをしたトミー・ザ・クラウンが始めたダンスが若者達の心をつかみ、クランプとい...
17. RIZE ライズ  [ ネタバレ映画館 ]   2006年04月05日 23:10
 セクシーな腰の動きに加え、体全体を激しく振り動かすクランプ・ダンス。日本人がこれを真似すると江頭2:50になってしまう・・・
18. 考えるな、感じるんだ!@SPIRIT & RIZE  [ 憔悴報告 ]   2006年04月10日 10:21
『エミリー・ローズ』が「究極の恐怖」を目指した映画ではないように、『SPIRIT』は、純粋なアクション映画ではない。
19. 考えるな、感じるんだ!@SPIRIT & RIZE  [ 憔悴報告 ]   2006年04月10日 10:28
『エミリー・ローズ』が「究極の恐怖」を目指した映画ではないように、『SPIRIT』は、純粋なアクション映画ではない。
20. RIZE ライズ  [ 大発狂!外国映画DEナンボ? ]   2006年06月12日 02:57
トミー・ザ・クラウンという男がピエロ姿で子供たちのパーティー等で余興として得意の
21. RIZE ライズ  [ ぴよ日記 ]   2006年08月08日 00:49
5   夏だー! ダンスだー! 魂だぁーーー!!   「この映画の中のダンスは早回しではありません」と警告するほど、この映画で繰り広げられるクランプダンスは人間の動体視力の限界ギリギリ。 一体なぜ彼らは踊るのか。 これはサウスセントラルの社会問題をディ...
22. 75.RIZE  [ レザボアCATs ]   2006年08月16日 00:34
フォトグラファー、デイヴィッド・ラシャペルによるドキュメンタリー映画。 ダンス映画というより、真摯なドキュメンタリー。サウスセントラルのスラム街に生きて、すぐ隣で犯罪が多発する、悲惨な境遇にあって、前向きに生きるのがいかに難しいか・・・ ダンスをするとい....
23. RIZE ライズ  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2006年08月17日 02:29
5    L.A.のサウスセントラル地区。死と暴力が横たわり、暴力が偏在している街。  しかし、そんな街にも人々は住み、生活している。  トミー・ザ・クラウンは、子供の誕生日パーティやパーティにおいて、ピエロ(クラウン)の姿でダンスを披露している。 ...
24. 「RIZE/ライズ」這い上がってやる  [ soramove ]   2006年08月22日 20:24
「RIZE/ライズ」★★★DVD鑑賞 デビッド・ラシャペル監督、2005年 L.A.サウスセントラルは 世界で最も危険な地区と言われている。 黒人の多く住むこの地域に住む若者は ギャングかダンサーに分かれている。 もちろんそんなに単純には 割り切れな...
25. ●RIZE!?  [ コブタの視線 ]   2006年09月08日 13:04
あの、素晴らしいダンス映画「RIZE」をみた直後 勢いで作ってしまいましたが(−−; ブタにクランプ・ダンスはとうてい無理だったようです(つД;) どんなものでも笑って許してくれる心の広い方のみ、クリック。??
26. ●RIZE  [ コブタの視線 ]   2006年09月08日 13:08
多数のセレブを撮り続けてきたファッション・フォトグラァー、デヴィッド・ラシャペル監督の初の映画はとてつもないドキュメント映画でした。 デヴィッド・ラシャペル監督の経歴、濃い青空をバックに汗を飛び散らしな??????@
27. RIZE ライズ(DVD)  [ ひるめし。 ]   2007年01月09日 20:35
踊ってるんじゃない。闘ってるんだ。
28. 「RIZE」★★★  [ JoJo気分で映画三昧!+α ]   2007年03月11日 23:25
<a href="http://pub.ne.jp/TSURUkame0701/image/user/1173224337.jpg" target="_blank"></a>'05年製作のドキュメンタリー。アフリカ系アメリカ人(黒人)が生み出した新しいダンス”クランプ”の背景にある辛い現実と日常を描いた問題作です。  全米で最も危険な...
29. 映画『RIZE』観てきました  [ ラクダ色のルンバ ]   2007年05月07日 01:32
踊ってるんじゃない。闘ってるんだ。この街からRIZE(這い上がる)したければ、

この記事へのコメント

1. Posted by 金持ち兄さん    2006年01月28日 23:43
お金儲け情報満載 お金持ちに成れる情報がいっぱいですrvxrvxrvxrvxrvxrvx
2. Posted by ルールー   2006年01月29日 07:42
5 睦月さん、どーも。
やっぱりスゴかったですか?o(^-^)oワクワク
わたしも昨日公開の作品の中では、というより今年入って1番気になっている映画です。
残念ながら今日明日と行けないけれど、近日中に必ず行くつもりです。
若者達に生きる歓びを与えたトミー・ザ・クラウン、ピエロなオッサンだけどかっこいいですね。(^^;;;
そしてそんな若者達の心に寄り添って撮影したデヴィッド・ラシャベルには脱帽です。
3. Posted by ルールー様へ   2006年01月29日 22:45
■ルールー様へ
コメントありがとうございます!!
さすが御目が高い!!ルールーさん!!
すごかったです。ヤバいくらいいいです。ブロガーの皆様は観ている方が少ないみたいなのが残念です。どこもTBの針場所がなくって・・・。
ラップミュージックが好きならなお良しですぜ!
是非、早めにご鑑賞してくだれ!!んで、ルールーさんの感想を楽しみにしてます!!
4. Posted by さわわ   2006年01月30日 01:52
睦月先生!!さわわも観てきましたぜ!
全然知識なしで行ったから泣いちゃってやばかった(汗)
後ろの席がヒップホップ系だぜ〜って感じのお兄さん達の集団でやばい席に座ってしまった・・・と後悔してたけど、お兄さん達も後半には鼻すすってたですよ・・
5. Posted by さわわ様へ   2006年01月30日 23:37
■さわわ様へ
ようこそ!!さわわちゃん、さっすが!!
初日攻めしたのねえ!!
・・・泣いたよね?睦月も泣いた・・・。なんかいろいろこみ上げてきてやばかったさ。
睦月の隣の兄ちゃんもアフロで「オレ、ヒップホップ命っすから・・・」って感じだったよ・・・。
6. Posted by さわわ   2006年01月31日 00:55
またお邪魔します・・・
アフロの兄さんのとこで噴出しちゃいましたよ
後ろの席の人、大丈夫でしたかね?ふわふわで見えずらかったかも(笑)
この映画、なんかこう・・ヒップホップ育ち!♪みたいな人が劇場に多くて普通の人があんまりいなかったような気がします

あ、あともしかして先生TB送って下さいました・・?
なんだか最近さわわのとこ調子悪いみたいでたまに弾いちゃってるのかしてるのか、届かないことがあるんですよ・・
アダルト以外はTB消したりしないので弾いてしまってたらゴメンナサイです・・・
7. Posted by さわわ   2006年01月31日 01:41
ウワーンお恥ずかしい!早とちりでごめんなさい!!
催促してしまったようで申し訳ないです
すみません・・・(T□T)あうぅ
8. Posted by こっちゃん   2006年01月31日 16:18
気狂いピエロ女王の睦月さま

予告どおりコレをご覧になったのですね
で、そんなに良かったとですか〜( ̄∀ ̄*)

おおおおおおおおおおおおお

こっちゃんも狂ってこようかなあホッ!ホッ!(o`Θ´)o

9. Posted by さわわ様・こっちゃん様へ   2006年01月31日 23:41
■さわわ様へ
なんだかメールみたいにコメントやろとりしちゃった♪楽しかったねえ。
さわわちゃん、あんまり睦月には気を使わないでね。楽しく交流を深めれれば嬉しいのよ!!

■こっちゃん様へ
こっちゃーん!コレね、観てええええ!!
大いに狂って狂いまくってちょうだい!!・・・っていうか、ホントによい作品だったのよお!!
10. Posted by アツシ   2006年02月02日 16:08
お久しぶりです。
睦月さんがここにカリスマ度★5で載せてたので、期待を膨らませて観て来ました!
アドレナリン、ドッパーーーーー!!でしたね。
体の中でなにかが暴れだしました。僕ももう一回観たいですわ。

RIZE TBさせていただきます。
11. Posted by purple in sato   2006年02月06日 00:34
睦月さん、こんばんはぁ。
TB遅くなってしまってスミマセンでした。

いやぁ〜「RIZE」熱くなりましたですよ♪うんうん
あの壮絶なまでのダンスを映像として観ただけでも
圧倒されるんだから、モノホンはもっともっと凄い
んでしょうねぇ!
しかし、現代社会の闇って深いですね…そして痛い。
でもでも、そんな環境だからこそ生まれ出る新しい
息吹ってあるんですよねぇ。
本作で、少なからずともパワーが注入できハッスル
ハッスルなのでしたぁハハ。

では、またおじゃまさせてもらいますぅ〜♪
12. Posted by ルールー   2006年02月07日 21:06
お待たせしました〜(笑)
ちょっとダウンしてて、ようやく書きましたわ。
なんかね、いろいろ熱くなる映画でしたね。
でも、現実の厳しさは相変わらずなんだけど、非常にポジティブに描かれていて本当に素晴らしかった。
あのダンスバトル、生で見てみたいですね。
無理ならTVで中継してほしい。
それにしても、こういう厳しい環境から新しいカルチャ−やム−ブメントが生まれるものなんですね。
カッコイイ!(うっとり)
13. Posted by ルールー様へ   2006年02月08日 21:15
■ルールー様へ
待ってましたあ!!・・・・というか、大丈夫ですか?ごめんなさい、急かしたようで(泣)
いやあ・・・ホントにすんごい作品でしたよ。もう熱くなりまくりでしたわ!!
ああいった環境でも、ダンスという道で前向きに生きていく若者達がホントに素晴らしかったです!
私も、生でバトルゾーンを見てみたい!!ムッチャクチャに興奮するんでしょうね♪
14. Posted by アツシ   2006年02月08日 23:20
改めてTB有難うございます!
15. Posted by 朱色会   2006年02月13日 13:05
5 朱色会と申します。
はじめまして。

ワタシもこの映画はかなり感動しました。
もっとたくさんの方に映画館で
見てもらいたいと思っています。

ハッピーとはなにか

鑑賞後に考えさせられましたね。
だれもが「気狂いピエロ」になれるわけじゃないけど
価値のあることみつけてがんばってるヒトは
尊敬(りすぺくと)できます

隣でぐだぐだしてた中高生グループが
途中から微塵もせず「食い入る」ようにみてました。
16. Posted by 朱色会様へ   2006年02月14日 01:17
■朱色会様へ
コメントありがとうございます!!
ホントにたくさんの方に観て欲しい作品だと私も思いましたよ!最高の一作でした。
私の隣で鑑賞していた人は「オレ、ヒップホッパーだぜえ!」って感じのお兄ちゃんでしたが・・・泣いてました。
そうやって心が感化される熱い作品でした!!
17. Posted by baoh   2006年02月15日 00:16
初めましてこんばんは。
「ほとばしる生命力と圧倒的パワー」全く同感です。HIP-HOPは個人的にあまり好きじゃないジャンルなんですが、そんなこと全く関係なしに引き込まれました。

サイテーな環境の中で必死に生きる彼ら魂の躍動が胸に突き刺さりますね。
「俺達は昇り続ける。限界は空だ。つまり限界なんてないのさ」って台詞が印象的でした。
18. Posted by baoh様へ   2006年02月16日 20:48
■baoh様へ
コメントありがとうございます!
HIPHOPがあまりお好きじゃなくても入り込めたんですね!?良かったあ・・・。
これって結構あのラップなノリを毛嫌いして観ないって方もいるような気がするんですが・・・それでもたくさんの人に観て欲しい作品だなあと思ってたんです。
ダンスでも音楽でもなく、何よりも彼らの生き様がこの作品のメインですよね。そこに何かを感じることができれば、絶対に誰にとって素晴らしい作品だと思います!
19. Posted by やぎっちょ   2006年02月26日 23:37
睦月さん、こんにちは。
トラバ貼らせていただきました。。

この映画凄くヒットしたようですね。私は個人的に少し疲れました。。。
アクティブな映画ですよね。この映画を勧めてくれた2人も女性だったから、女のちからを感じるな〜と思いました。

最後の方のセリフを聞いて、そうだよなぁ、やっぱ才能惜しみなく生かそうと心に決めた今日でした!
20. Posted by やぎっちょ様へ   2006年02月27日 17:06
■やぎっちょ様へ
コメントありがとうございます!
確かに好みが分かれる作品でしょうね。私は最高に好きですよ、こういう作品は。
ダンスとか、音楽とかいうことよりも、あの過酷な状況でたくましく生きる彼らに姿に心が揺さぶられました。
もう一度観たい作品ですわ。
21. Posted by ラクダ子   2006年03月05日 23:00
睦月さんはじめまして。TBどうもです☆
TB返しさせていただきますねー

で、コレ良かったですかねぇ?
なんて否定的なコメントで申し訳ないのですが、おまけにTBの記事も否定的でゴメンなさい。。
ドキュメンタリーのわりにちっとも本質が描ききれてないかなーと思ってしまいました。デヴィッド・ラシャベルの力不足かなと。

まぁ人それぞれですよね。
一意見ということでよろしくお願いします。。
スペイン坂でピエロ(笑)そうなる予定だったんですけどねー…



22. Posted by ラクダ子様へ   2006年03月06日 00:33
■ラクダ子様へ
コメントありがとうございます!
いろんな感想。意見があるかと思いますので、否定的でも肯定的でもよいのです。ご意見をありがとうございますね!

私はドキュメンタリー作品を映画館で観たのはこれが初めてだったので、単純にあのダンスや音楽、そしてそこに生きる彼らの強さに感動してしまいました。

他の作品興奮すれば、スペイン坂ピエロになれますよ(笑)

これからもよろしくです!
23. Posted by とらねこ   2006年07月08日 16:51
睦月さんは、この作品感動されたんですね!!この記事を読んでたら、私見に行ってたのに・・・残念です。
なんだかダンサーには、とっても評判が悪いのです。
みんな口を揃えて、つまんなかった、つまんなかった、と言っています。
たぶん、普段映画見ない人達だからだと思います。
おかげで、私も、スルーしてしまいました。
クランプは、大ハヤリで、普通のhip hopにも、振りとして出てきます。
とらねこも、実は、クランプ大得意なんですよ。
DVD出たら、見てみようと思います。
24. Posted by とらねこ様へ   2006年07月11日 07:36
■とらねこ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすんません・・・(泣)

とらねこさん、コレ観なかったの!?
そっかあ・・・。でもね、確かに評判は
マチマチだったみたい。それでも人気も
あったらしく、拡大公開したんだよ。
実際にダンスをやっている方が、
「つまらない」というなら・・それがホント
の評価かも(笑)。でもねえ・・・睦月と
してはかなり魂揺さぶられた!!
すきなんよねえ・・・こういう感じ。

ウヘヘヘ・・・とらねこさんのクランプ、
絶対観てみたい!!あの興奮を目の前で!!

ぜひ、DVDで鑑賞してみてくらさいね!
25. Posted by orange   2006年08月17日 02:16
睦月さん☆こんばんわ〜!
こちらにもお邪魔致します。
この作品・・・最近DVDで鑑賞したのですが、劇場で観なかった事を後悔しました。観ようとは思っていたのですが、ついタイミングが合わず。
この圧倒的なダンスとリアリティ。サウスセントラルに生きる若者達の芸術的な闘い。僕、心震えましたよ・・・
リバイバルでやったら劇場に駆け込みたい衝動に駆られてます♪
26. Posted by orange様へ   2006年08月17日 19:14
■orange様へ
コメントありがとうございます!


≫この作品・・・最近DVDで鑑賞したのですが、劇場で観なかった事を後悔しました。
≫僕、心震えましたよ・・・

でしょ?!でしょ!?一部ではだいぶ評判が悪かったみたいですが、私は文句なく最高評価の作品です。
もう一度スクリーン上映されることがあったら、睦月も絶対に観にいきます!
27. Posted by コブタです   2006年09月08日 13:08
やっと  DVD発売され観ることできましたよ〜

観て衝撃ですよね!
生半可の言葉では 表現できませんよね。

あらゆる感情をぶつけたあの動き、、もうただただ見入ってしまうしかないそんな世界でしたね。

 
28. Posted by コブタです   2006年09月08日 13:11
睦月さん、、すいません;;
TBうっかり 間違えてしてしまいました!!

なんちゃって動画「RIZE!?」の記事が「RIZE」の記事と並んでいたので間違えてしまいました(><)

29. Posted by コブタ様へ   2006年09月09日 14:50
■コブタ様へ
コメントありがとうございます!

≫あらゆる感情をぶつけたあの動き、、もうただただ見入ってしまうしかないそんな世界でしたね。

うんうん・・・。
睦月もね、これをスクリーンで観たときの衝撃は忘れないなあ・・。ホントにすごかったもん!!スクリーンでもう一度観れるなら絶対に行く!
あのほとばしるようなパワーはホントに言葉では言い表せないほどのすごさがあった!!

30. Posted by JoJo   2007年03月11日 23:53
睦月さ〜ん、こちらもTBどうもありがとうございます!!わたしも、カリスマ・シスターズの影響を受け、少しずつですが、社会派映画やドキュメンタリーを観るようになりました!!

睦月さん、ここでわたしの性格をバラします。わたしは両極端で、情熱的な面と冷め切った面、楽観的な面と悲観的な面、そういう相反したふたつを持ち合わせています。そして元来、プラス思考の人間ですが、ときどきひどく自信を喪失します。ですので、先日の睦月さんの言葉にはとても励まされました。本当に嬉しかったです。

睦月さんは、今ちょうど揺れるお年頃だと思います。でもだいじょうぶ!30代になると、悩みは尽きないですが、自分の人生のペースがわかるようになります。周囲と比べず、自分が選び取った人生を評価してくださいね。敷かれたレールを歩くより、自分がつくった道を選んだ自分をどうか誇りに思ってください。
31. Posted by JoJo様へ   2007年03月12日 01:30
■JoJo様へ
コメントありがとうございます!

JoJoさん、性格をバラしてくださってありがとうございます!
おっしゃってくださった性格内容から、JoJoさんの血液型を当てれそうです。相反する性質が共存しているだなんて・・・なんだかとても魅力的です。私の親友どもはJoJoさんがおっしゃるような性格の人間ばかりです。いつも明るくてエネルギーに溢れているのに、非常に繊細な一面も見せる・・・私はそういう人に魅力を感じずにはいられません。

≫睦月さんは、今ちょうど揺れるお年頃だと思います。

JoJoさん・・・揺れるほどの感性ももうないの(大泣)。枯れて、しおれて、ヨレヨレなのです・・・(爆泣)。

≫周囲と比べず、自分が選び取った人生を評価してくださいね。敷かれたレールを歩くより、自分がつくった道を選んだ自分をどうか誇りに思ってください。

なんて素晴らしい言葉なんだろう・・・涙が垂れそうです。でも、今の自分は胸を張って歩めるほどの人生を送っているわけでもなく、かといって、そういうものを勝ち取ろうと頑張っている途中でもない。抜け殻のようにただ立ちすくみ、前にも後ろにも行けずに・・・ただ年を重ねているだけです。

ちょっと前までは・・自分に自信があったのに。なぜこうなったのか。と自問自答の日々です。

あああ!ダメです!!元気をださねばなりません!JoJoさんの言葉に背中を押してもらって、前進あるのみです!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔