2006年04月26日

ニュー・ワールド

ニューワールド

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆

 マイナスイオンムービー

 

監督:テレンス・マリック
出演:コリン・ファレル,クオリアンカ・キルヒャー,クリストファー・プラマー,クリスチャン・ベイル,オーガスト・シェレンバーグ
製作年・国:2005/米
鑑賞日:2006/4/26:サロンパスルーブル丸の内
系統:ラブ
配給:松竹
翻訳:古田由紀子

ストーリー:1607年。イギリスの船がニュー・ワールドである北米ヴァージニアに到着する。そこにはネイティブアメリカンの先住民が暮らしていた。反乱罪で捕らわれの身として船に乗っていたスミス大尉は、先住民の王との交渉人として送り出されるが、彼らに捕まってしまい処刑されそうになる。しかし、そんな彼を救ったのは王の娘ポカホンタスであった。スミスは、捕虜としてその地で生活するうちにポカホンタスと恋に落ちるのだが・・・。

評:25年間にわずか3本の作品しか撮っていないテレンス・マリック監督の最新作。
作品数は少ないながらも、彼の作品の『シン・レッド・ライン』はベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞しているし、『天国の日々』ではカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞するなど、その作品評価は実に高いものばかりである。


イギリスの冒険家ジョン・スミスと、ネイティブ・アメリカンの少女ポカホンタスの実話を基にしたラブストーリーであるこの作品。
ディズニーアニメにも『ポカホンタス』という映画があるけれど、私はその映画も観ていないし、彼女についての知識も全くなかった。よって・・・彼女が実在の人物であることもこの作品をきっかけに知った。

  アメリカではロマンティック&悲劇の主人公の代名詞ともいうべき存在らしい。


とても不思議な印象の作品。
限りなく台詞らしいものは排除して、情景の美しさと自然の音響だけで淡々と進行する映画。
アマゾンの密林にでも放り出されたような感覚。水のせせらぎ、鳥のさえずり、獣の鳴き声・・・自然の緑とキラキラとした水面。

      完全に・・・観ているだけでマイナスイオン効果絶大である。


非常に詩的な映画だ。
登場人物たちの心の声が・・・まるでポエムのような徒然なる言葉達で語られる。
迫力のある映像や、激しいアップダウンのある物語展開などは期待してはいけない。この世界観にゆるりと身を預けて、浸り感じる・・・それが出来ないと、この作品は単にまどろっこしい退屈な映画にしかなりえないかもしれない。


先住民の少女と、その地に入植する大尉との禁断の愛・・・そればかりがクローズアップされているようだが。
個人的にこの作品は、ラブストーリーというよりもポカンホタスという少女の半生を描いたヒューマンドラマという感じを受けた。

スミス大尉は新たな土地もさることながら・・・ポカンホタスの心も開拓したといえよう。同族以外の男と出会うことで、ポカンホタスは初めて『外の世界』に触れることになる。

 彼女にとってスミスとの恋は、新たなフィールドへ踏み入るきっかけだったのだ。

初めて聞く言語、初めて触れる文化、初めて着る洋服・・・彼女が知る『初めて』の全ては、彼女の人生を大きく変えたことだろう。
不安・恐れ・・・そして悲恋に打ちひしがれながら、それでも彼女の中に流れるネイティブ・アメリカンの血が薄れることはない。奔放で束縛感のないポカンホタスの輝く魅力に、多くの人々が惹きつけられるのである。


ところで・・・。
スミス大尉を演じたコリン・ファレス。個人的に大変苦手とする俳優なので、彼については割愛させてもらうが・・・(笑)。

何と言ってもポカンホタスを演じたクオリアンカ・キルヒャーが大変魅力的。
実際にネイティブ・アメリカンの血を引く彼女はまだ若干16歳。薄褐色の肌に健康的な肉体。ドレスをまとっている時よりも、ターザン衣装を身につけているときの方が数段素敵に見える。
黒目がちな瞳に、ボリューム感満点の唇・・・うーん、これからがホントに楽しみな女優ですな。

個人的に苦手としていたクリスチャン・ベイル。
でもねえ、本作の彼はホントに素敵だったなあ。むしろ、コリン・ファレルよりもベイルに重きをおいてほしかったほどとても素晴らしい存在感を見せてくれた。
『マシニスト』でガリ痩せした彼よりも・・・数百倍素敵だわ(笑)。


そういえばね。
本日は、この映画の企画で話題になっているアロマシートで鑑賞した。水のシーン、森林のシーン、土のシーンなどなど・・シーンごとに香りが変わるのよね。・・・粋な計らいだわ。

         観ているだけでも十分癒されモードなのに・・・・
            さらに香りの相乗効果は絶大でしたわ。


clockworkorenge at 00:04│Comments(24)TrackBack(50)clip!映画論 な行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ニュー・ワールド・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年04月27日 00:09
デビュー以来三十数年間で、長編監督作品はこれを含めて僅か4本。 超寡作な天才監督テレンス・マリックの最新作は、意外にもアメリカでもっとも有名な「神話」を題材にした物だった。
2. ニュー・ワールド・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年04月27日 00:13
デビュー以来三十数年間で、長編監督作品はこれを含めて僅か4本。 超寡作な天才監督テレンス・マリックの最新作は、意外にもアメリカでもっとも有名な「神話」を題材にした物だった。
3. ニュー・ワールド  [ 欧風 ]   2006年04月27日 00:19
なんて言うかですね、東京を後にして、引っ越ししてから、試写会に行く事はもう無いかと思っていたんですよ。東京に比べるとどうしても試写会の数自体が少ないからね??。でも、調べたらちょこっとあったので、とりあえず応募してみた。 そしたらなんと当たってしまいまし...
4. 「ニュー・ワールド」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2006年04月27日 00:33
「The New World」2005 USA 17世紀の初め、アメリカ大陸を舞台に、英国人の冒険家ジョン・スミスとネイティヴ・アメリカンのプリンセス、ポカホンタスの恋物語。 主演のジョン・スミスにコリン・ファレル、ポカホンタス役にクオリアンカ・キルヒャー。他にクリストファー・...
5. ニュー・ワールド/The NEW WORLD  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2006年04月27日 00:44
33年間でたったの4本しか撮っていないのに、 その全ての作品が評価されてる テレンス・マリック監督の7年振りの最新作 コリンファレルの最新作、ではない。(笑 今回はラブストーリー?!  濃すぎる顔のコリンと中学生くらいにしか見えない女の子との恋愛??! ポスター...
6. 『ニュー・ワールド』  [ моя комната (私の部屋) ]   2006年04月27日 02:08
『ニュー・ワールド』 『シン・レッド・ライン』から7年。長いキャリアの中で過去に3本しか長編劇映画を撮っていない巨匠、テレンス・マリックの待望の最新作は、ディズニーのアニメも記憶に新しいポカホンタス伝説をテーマにした美しい愛の物語。 17世紀初頭、ア...
7. ニューワールド  [ Pocket Warmer ]   2006年04月27日 02:13
邦題:ニューワールド 原題:The New World 監督:テレンス・マリッ
8. 映画「ニュー・ワールド」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年04月27日 02:29
原題:The New World 時代は1607年、アメリカ・ヴァージニア、インド航路を開くべく帆船が新大陸に流れ着き、その地で彼らは新世界を築こうと入植するのだが・・・。 ネイティブ・アメリカンとの交流を図るべくジョン・スミス(コリン・ファレル)達は川上に進む...
9. ★「ニュー・ワールド」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年04月27日 03:47
コリン・ファレル主演。 新大陸を開拓すべく赴いたイギリス人たち。 先住民とはコトバが通じなーーーーい・・・ってお話?? ポカホンタスのお話もよく知らないしーーー。
10. ニュー・ワールド/試写会  [ 如意宝珠 ]   2006年04月27日 06:59
ニュー・ワールド THE NEW WORLD  http://www.thenewworld.jp/ 監督: 脚本: テレンス・マリック  撮影: エマニュエル・ルベツキ  音楽: ジェームズ・ホーナー    出演: コリン・ファレル(ジョン・スミス)     クオリアンカ・キルヒャー ( ポカホンタス...
11. ニュー・ワールド  [ amapola ]   2006年04月27日 07:41
草木の天然の色、雨粒。雄大な川に映る空の色。 風をはらんで膨らむ船の帆、室内に差し込む光の美しさ。 一瞬一瞬の絵に奥行きと香りそして風を感じ、スクリーンから降り注ぐ映像のシャワーに酔いしれた。
12. 『ニュー・ワールド』  [ *Sweet Days*  ~movie,music and etc...~ ]   2006年04月27日 08:22
CAST:コリン・ファレル、クリスチャン・ベール、クオリアンカ・キルヒャー他 1607年、黄金を目指しイギリスを出向した船が、未開拓の北米ヴァージニアの地に到着する。反乱罪で船に繋がれていたスミス大尉(コリン・ファレル)は船長の慈悲で自由の身になり、ネイティヴ...
13. 「ニュー・ワールド」神秘的  [ 小生の映画日記 ]   2006年04月27日 09:37
4 ストーリー: 1607年、新大陸を開拓し、黄金を手に入れようとするイギリスの船が北アメリカのヴァージニアに漂着した。ネイティブとの交渉を命じられた遠征隊員ジョン・スミス(コリン・ファレル)は川上に暮らすネイティブの戦士たちに捕らえられ、処刑されそうになるが、....
14. 『ニューワールド』 映像の美しさとハの字眉毛。  [ キマグレなヒトリゴト ]   2006年04月27日 09:47
ライトなんかを使わずに自然光を取り入れた作品 なんだそうで、確かに優しいリアルな光だったような 気がします(言われたからそう思う?)。 水だとか木々の間から差し込む光だとか、 だんだん暗くなっていく空とかきれいだったなー。 浅瀬へ進む川の終わりも何だかとてもキ...
15. 『ニュー・ワールド』  [ ラムの大通り ]   2006年04月27日 09:48
----これってディズニー・アニメの 『ポカホンタス』と同じ話だよね? それをテレンス・マリックが撮るって イメージしづらいニャあ。 「うん。ただ、あのアニメとは 物語も含めてまったく違うものになっている」 ----えっ、お話も違うの? 「いや途中までは同じなんだけどね...
16. 美しさと神秘に惹き込まれる「ニューワールド」  [ bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ ]   2006年04月27日 12:55
テレンス・マリック監督の 「シン・レッド・ライン」から8年ぶりの作品 「ニューワールド」を観てきました。 「アレキサンダー」に続く 長髪で出演の「コリン・ファレル」主演 若手女優「クオリアン・キルヒャー」出演の作品です。 物語はあのディズニーのアニメでも公開...
17. ニュー・ワールド  [ シャーロットの涙 ]   2006年04月27日 16:25
抒情詩的な映像美と音楽にしびれた作品。 作品に惚れる…という事が少ない私ですが、惚れました{/hearts_pink/} 言葉が通じない二人が心を通わせていく様の繊細な表現と、それを取り巻く自然を映し出した映像の壮大さに圧倒され、心揺るがされた音楽に鳥肌がたつ思い。 ま...
18. ニュー・ワールド  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2006年04月27日 19:54
評価:★7点(満点10点) 監督:テレンス・マリック 主演:コリン・ファレル クオリアンカ・キルヒャー     クリストファー・プラマー 2005年 135min 1607年、新大陸を開拓し、黄金を手に入れようとするイギリスの 船が北アメリカのヴァージニ....
19. 「ニュー・ワールド」  [ ●○ゆるゆるシネマ感想文○● ]   2006年04月27日 20:58
「ニュー・ワールド」  公式サイト 劇場鑑賞 ゆづの好き度 ★★☆  (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年4月22日公開  上映時間135分 この映画、松竹の配給だったんですね。 くっ付いている予告編も、見慣れない作品があって面白かった。 でもね...
20. ニュー・ワールド THE NEW WORLD  [ travelyuu とらべるゆう MOVIE ]   2006年04月27日 21:08
コリン・ファレル、クオリアンカ・キルヒャー、 クリスチャン・ベイル、クリストファー・プラマー主演 1607年アメリカ大陸の東海岸、ヴァージニア アメリカ先住民の王ポウハタンを中心とした民族が住んでいました ポウハタンの娘聡明で快活なポカホンタスも豊かな大自然...
21. ニュー・ワールド よみうりホール 2006.4.13  [ ◆JOY◆ ~映画鑑賞日記~ ]   2006年04月27日 23:04
あらすじ:1607年、イギリスを出航した船が”ニュー・ワールド”北米ヴァージニアに到着する。しかしそこにはすでに、ネイティヴ・アメリカンの人々が暮らしていた。船には反乱罪で繋がれていたジョン・スミス大尉がいた。船長は彼の命を惜しみ、ネイティヴとの交渉役を託す....
22. 『ニュー・ワールド』・試写会  [ しましまシネマライフ! ]   2006年04月27日 23:33
今日は松竹のサイトで当選したモニター試写会で 『ニュー・ワールド』を観てきた。 《私のお気に入り度:
23. 現実と夢の狭間のメロドラマ。『ニュー・ワールド』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2006年04月28日 14:31
イギリスから入植者、ジョン・スミスと、 アメリカ先住民の少女、ポカホンタスのラブストーリーです。
24. ニュー・ワールド  [ It's a Wonderful Life ]   2006年04月28日 21:27
伝説の監督テレンス・マリック7年振りの新作。 そしてイギリス人のアメリカ入植時の伝説である ポカホンタスとスミス将校の物語を映画化。 前作「シン・レッド・ライン」は3時間を越える作品。 自然描写が綺麗だったという印象が強く残っていて、 そんなに長...
25. ニュー・ワールド  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2006年04月29日 11:31
評価:★7点(満点10点) 監督:テレンス・マリック 主演:コリン・ファレル クオリアンカ・キルヒャー     クリストファー・プラマー 2005年 135min 1607年、新大陸を開拓し、黄金を手に入れようとするイギリスの 船が北アメリカのヴァージニ....
26. ■ニュー・ワールド  [ シネマでお邪魔〜♪ ]   2006年04月30日 00:01
試写会で見て来ました。 アメリカで最も有名な伝説の愛の物語だそうで、私は、例のごとく何も知りません。 それにディズニーでも「ポカホンタス」という映画があったそうで、そむH?? a
27. 「ニューワールド」名作になりそこねた凡作  [ soramove ]   2006年05月01日 09:25
「ニューワールド」★★★ コリン・ファレル、クリスチャン・ベイル、クオリアンカ・キルヒャー主演 テレンス・マリック監督、2005年アメリカ 新大陸アメリカへ、イギリスが入植者を 送り始めた頃、 原住民の王女とイギリス大尉の恋があった。 話す言葉が違...
28. THE NEW WORLD  [ トラバしてみたくって作ったBlog ]   2006年05月01日 20:22
GW並び映画の日(¥1.000)ということもあり、盛岡の名劇1,2にて「THE NEW WORLD
29. 「ニュー・ワールド」  [ 首都クロム ]   2006年05月01日 22:26
 理屈っぽい台詞ではなく映像で訴えてくる、理屈では語れない物語かと。  これの映像を見て美しいと感じる事に理屈をこねる必要はありませんし、鑑賞後の清々しさをロジカルに説明する術も(私には)ありません。胸に残ったものは、さながら純水のよう。丹念な濾過を繰り...
30. 『ニュー・ワールド』2006・4・29に観ました  [ 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 ]   2006年05月02日 15:09
『ニュー・ワールド』   公式HPはこちら ●あらすじ 1607年、植民地を求め長い航海の末に北アメリカのヴァージニア近辺に辿り着いたイギリス船。しかし、そこには先住民が存在した。先住民との交渉役を任されたジョン・スミス(コリン・ファレル)は捕えられ処刑
31. 映画〜ニュー・ワールド  [ きららのきらきら生活 ]   2006年05月03日 00:28
    「ニュー・ワールド」公式サイト イギリスの冒険家ジョン・スミスとネイティブ・アメリカンの少女ポカホンタスの実話をもとにしたラブストーリー。「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督。主演はコリン・ファレル、クオリアンカ・キルヒャ...
32. ニュー・ワールド☆独り言  [ 黒猫のうたた寝 ]   2006年05月04日 01:04
なぜにこの映画・・・『ニュー・ワールド』うちの地元シネコン・・・プレミア通常料金なんだろう? ま、いい席で観られるうちに、観にいっちゃおうっということで 今日のレディースディ映画は、即座に決定(笑) コリン・ファレルはちょい苦手な顔なんだけど・・・リク...
33. 「ニューワールド」■もうひとつの「2001年宇宙の旅」  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2006年05月04日 12:16
<キャメラの魔術師>と呼ばれたネストール・アルメンドロスが自らの作品を語った「キャメラを持った男」(筑摩書房・刊)を読むと、テレンス・マリックが「天国の日々」の撮影監督を依頼してきたのは、トリュフォーの「野生の少年」によるものだと述べられている。このこ...
34. 恋愛映画としての「ニューワールド」  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2006年05月05日 09:09
「ニューワールド」を恋愛映画としてみた場合、ポカホンタスにとってスミスとロルフとのどちらが彼女の人生にとっていい男性かという比較論が出来る。スミスがポカホンタスの心を新たに拓いたことは確かであるが、長い人生を共に歩むならロルフであろうか、ここは意見が分...
35. ニューワールド  [ Polka dot movie ]   2006年05月06日 02:56
公式サイト SOTORY 1607年、イギリスを出航した船が”ニュー・ワールド”北米ヴァージニアに到着する。 しかしそこにはすでに、ネイティヴ・アメリカンの人々が暮らしていた。船には反乱罪で繋がれていたジョン・スミス大尉(コリン・ファレル)がいた。 船...
36. 『ニューワールド』  [ ちばちゃん的、こころ! ]   2006年05月07日 00:09
コリンファレルの新作は、ポスターも無くチラシでの記念撮影になりました。しかも、ショボイ9番シアターです。 原住民の王女ホカポンタスとの純愛物語がイラつく位続きます。顎が割れてシャクれた鷲鼻のおねぇさんなんですが、とても純粋、純真な雰囲気です。 プレー....
37. 『ニュー・ワールド』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年05月07日 15:05
一生を変えてしまう愛がある17世紀初頭、“新大陸”アメリカ異なる世界のふたりが許されない恋におちた   ■監督・脚本  テレンス・マリック■キャスト コリン・ファレル、クリスチャン・ベイル、クオリアンカ・キルヒャー、クリストファー・プラマー、デヴ...
38. そして彼女は新世界へ  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年05月09日 00:25
98「ニュー・ワールド」(アメリカ)  1609年新大陸北部、ヴァージニアにイギリスからの入植者が到着する。その中に冒険家ジョン・スミス大尉がいた。彼はネイティブ・アメリカンの王の娘ポカホンタスと出会う。外の世界からやって来たスミスに対し興味を持つポカホ...
39. ニュー・ワールド  [ ブログ:映画ネット☆ログシアター ]   2006年05月09日 10:33
ニュー・ワールドを見てきました。なんとも感想が書きづらい映画です(汗)全体的に静かで 奥に秘めた感情みたいなものが表現されているようでした。2時間半ちかく、淡々とした感じで進んでいくのには、さすがに辛かった??長い!エンドロールも音楽がなく、小鳥のさえずりな...
40. ニューワールド  [ 映画日記 ]   2006年05月10日 18:50
【鑑賞】試写会 【日本公開】2006年4月22日 【製作年/製作国】2005/アメリカ 【監督】テレンス・マリック 【出演】コリン・ファレル/クオリアンカ・キルヒャー/クリスチャン・ベイル/クリストファー・プラマー/オーガスト・シェレンバー 【原題】“THE NEW WORLD...
41. ニュー・ワールド  [ 遅くまで起きた夜は★ ]   2006年05月11日 23:04
{/hiyoko_cloud/}1607年、イギリスを出航した船が”ニュー・ワールド”北米ヴァージニアに到着する{/hikari_blue/}。しかしそこにはすでに、ネイティヴ・アメリカンの人々が暮らしていた{/abanzai/}。船には反乱罪で繋がれていたジョン・スミス大尉がいた{/kaeru_shock2/}。...
42. ニュー・ワールド  [ 映画通の部屋 ]   2006年05月15日 20:23
「ニュー・ワールド」 THE NEW WORLD/製作:2005年、アメリカ 1
こんばんは。 風の強い晴れの金曜日です。 今日は、昨日 一足先によみうりホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、テレンス・マリック氏の新作映画について。 『 ニュー・ワールド ( THE NEW WORLD ) 』 ( ‘05年 アメリカ ) 《 STAFF 》 監督 ...
こんばんは。 雨降りの休日、日曜日です。 今日は、4月13日(木)に よみうりホールで行なわれた試写会で観させて頂き、昨日 渋谷の劇場で再度鑑賞した テレンス・マリック氏の新作映画について。 『 ニュー・ワールド ( THE NEW WORLD ) 』 ( ‘05年 アメリ...
45. ニュー・ワールド  [ Alice in Wonderland ]   2006年05月26日 15:00
上映してからかなり日が経ちますがやっと見ることができました。上映時間が少し長いなって感じましたが愛についての深いテーマ、しかと心に響いてきました。不思議なゆっくりとした撮影方が私には心地よかったです。これが本日の1本目です。 1607年、イギリスを出航し...
46. ニュー・ワールド  [ ぶっちゃけ…独り言? ]   2006年09月08日 05:23
3点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) えっと、一言で言ってしまうなら・・・ びっ・・・・・くりするくらいに退屈でした。 う〜む・・・ この映画の見どころってどこなんでしょうねぇ。 テレンス・マリック監督の意図がまったく分かりませんでし...
47. 【洋画】ニュー・ワールド  [ ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! ]   2006年12月19日 10:57
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  C+ (演技3/演出1/脚本1/撮影2/音響2/音楽2/美術2/衣装2/配役2/魅力1/テンポ1/合計19) 『評論』 カミ??(
48. 【洋画】ニュー・ワールド  [ ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! ]   2006年12月19日 10:57
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  C+ (演技3/演出1/脚本1/撮影2/音響2/音楽2/美術2/衣装2/配役2/魅力1/テンポ1/合計19) 『評論』 カミ??n, nY
49. 『ニュー・ワールド』’05・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2007年01月04日 00:38
あらすじ1607年、イギリスを出航した船が北米ヴァージニアに到着する。しかし、そこにはすでにネイティヴ・アメリカンの人々が暮らしていた。船には反乱罪で繋がれていたジョン・スミス大尉(コリン・ファレル)がいた。船長(クリストファー・プラマー)は彼の命を惜...
50. ニュー・ワールド  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年01月05日 16:59
実は・・・コリン・ファレルが超〜苦手  (ファンの方ゴメンナサイ)でも、クリスチャン・ベイルはとっても好きー観るべきか観ないべきか悩んだ挙句、、、WOWOWで鑑賞―【story】イギリスの冒険家ジョン・スミスとネイティブ・アメリカンの少女ポカホンタスの実話を元にし...

この記事へのコメント

1. Posted by ノラネコ   2006年04月27日 00:13
今ひとつ乗り切れなかったみたいですね。
文章から睦月さんが戸惑っているような印象を受けました。
私はかなり好きな映画なんですが、好き嫌いは分かれそうな気がします。
テレンス・マリックは天才だと思いますが、所謂ハリウッド映画の文法を完全に無視してますから、普通の映画として捉えるのは難しいですね。
2. Posted by 朱色会   2006年04月27日 02:07
5 へぇ。香り(臭い)のある映画か…。ちょっと興味ありますね。だけど手が忙しくなりそうで映画に没頭できるか不安だな〜。

この映画はカンドーのツボがつかみづらいですね。叙事詩映画なのでいまひとつ涙腺の臨界点がつかみづらいことは確かです。睦月さんがいうように、映画に身を委ねることができれば監督のペースというか波長を合わせられそうです。

朱色会は『テス』という昔の映画を思い出しました。

3. Posted by atsushi_009   2006年04月27日 02:16
TBどうもです。ポカ役の子はよかったですね。実際にポカホンタスがスミス大尉と出合ったのは12〜13歳らしく、ぴったりな役でした。
4. Posted by Ren   2006年04月27日 07:03
TBありがとうございました☆
ディズニーアニメの印象が強かったのですが
また違った世界感というか「新世界」でした。
長く感じた草原でたわむれるシーンを少し削って
彼女の人生後半をもう少し描いてほしかったかも。。。
5. Posted by 神楽   2006年04月27日 11:13
うーん。予告見てちょっと期待してたけど、あまり騒がれてない気が…。
やっぱりコリンよりクオリアンカ・キルヒャーのが素敵だったか。。。予想通り。
でもアロマシートで鑑賞できたなんてイイですね☆癒されたい時は最高かな?
でも胃もたれの時は…(゚Д゚;)( -ц-)
6. Posted by charlotte   2006年04月27日 16:28
こんにちは〜
うむ、コリン・ファレル…いっつも私は間違えるんです、ファースと。殴
まあ、キライじゃないけど好きでもなかったのですが、この作品の彼は許せました。笑
映像重視の私としてはかなり気に入ったのですが、感じる心は人それぞれですから万人には向きませんね。
なんだかとっても心地良くってうとうとしちゃいました…苦笑
7. Posted by ゆづ   2006年04月27日 20:56
睦月さん、こんにちは。
TBありがとうございました。
睦月さんは、コリン・ファレルもクリスチャン・ベイルも苦手でしたか(^^ゞ
私は、実はコリンは結構好きですし、C・ベイルも割りとお気に入りなので、観ていて楽しかったのですが、この二人が苦手となると・・・。
大自然のマイナスイオンもコリン・ファレルの暑苦しいまでの存在感(笑)で、私には効き目なかったかもしれません〜。
眠気を誘う部分もありましたが、まずまず楽しめました。

8. Posted by kazupon   2006年04月29日 08:56
睦月さん、アロマシート鑑賞だったんですね!あれどうなんだろう?って気になって
たんですよ(笑)
でも映像美+アロマの香りでお得な感じなんですか〜興味深いです。。
個人的には好きな映画なんですけど、
「物語を追う」映画の見方で観たらちょっとまとまりが悪い映画なのかもとも思ってます。そこがフツーじゃない所が監督の
特徴なのかもしれないですが。。
TBさせていただきました〜
9. Posted by アクセル   2006年04月30日 00:05
身をゆだねる映画という表現にピッタリの映画でしたね。
私は、ゆだねすぎて寝てしまいましたが(笑)
アロマ付きなら尚更癒しの空間でしたね。
私も体験してみたかったな。
って、よけい寝ていたかも(爆)
10. Posted by suzu   2006年05月01日 20:36
睦月さん。お晩です。
 10年ぶりに盛岡名劇12行って、ニューワールド観てきました。「映画通り」ってこ洒落た通りになっていてちょっとびっくりしました・・・。

 映画はクオリアンカ・キルヒャー演じるポカホンタスの屈託のない笑顔が眩しい(私ってなんて汚れた存在なんだと変に思ってしまったり・・・)と観ていて思いました。上映時間が長いと感じましたけど、飽きた感じはなく世界観を満喫できたような気がします。
11. Posted by ノラネコ様へ   2006年05月01日 22:47
■ノラネコ様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・。

あれれ?バレちゃった?
そうなんです・・・ちいとばかし・・戸惑いました。こういったハリウッド映画はなかなかお目見えすることがなかったので(笑)

合わないわけじゃないし、退屈だったわけじゃない・・・でも自分の中でどう解釈すべきか迷ったという印象の作品・・。

もっとたくさんの映画を見ねばなりませんな(恥)
12. Posted by 朱色会様へ   2006年05月01日 22:52
■朱色会様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってごめんなさい・・。

うーん・・実に不思議な作品でした。
これがハリウッド映画だとは・・少し驚くような作品。
この監督さんの特有の作風なのでしょうねえ。

香りつきの映画鑑賞・・・なかなかイイもんでしたよ。隣の人は眠ってましたけど(笑)
13. Posted by atsushi009様へ   2006年05月01日 22:55
■atsushi009様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってごめんなさい。

ポカホンタスの役の女優さん、ホントに良かったですね。彼女の魅力がこの映画の世界観を一層引き出していたといった感じでした。

実際にスミスと出会ったのも12、3歳の頃だったのですねえ・・・ぴったりなわけですわ!
14. Posted by Ren様へ   2006年05月01日 22:57
■Ren様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

そうですねえ。
少し前半が長かったような気がしますよね。
後半のベイルとの掛け合いをもっと見たかったというのが個人的な感想です(笑)

最後は少し駆け足ぎみだったような印象も受けました。
15. Posted by 神楽様へ   2006年05月01日 23:00
■神楽様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってごめんなさい・・・。

この映画はね・・・うーん、なんというか。
感じる映画といったほうが正解だろうか?
実に不思議な作品で、大変魅力を感じる人と、眠りに落ちてしまう人と見事に分かれるような映画かもしれないなあ・・・(笑)
でもね、ホントあのポカホンタス役の女優さんは素敵でした!あの子を観るだけでも価値はあるかも!!
香りつきのシート、結構良かったけど・・・周りで何か食っているやつがいて・・・少し気分が害されたわ(苦)
16. Posted by charlotte様へ   2006年05月01日 23:04
■charlotte様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

ファースとは全然違うですよ!charlotteさん・・・もうホントに冗談がお好きなんだからあ♪
私、この作品でさらにダメになりました、ファレス・・。
こういった作品は、ハマる人はハマるのでしょうねえ。私は少し戸惑ってしまったという感じでした。でも非常に心地のいい、素敵な作品だったと思います。
やっぱ、ポカンホタス役の子の魅力に惹き付けられましたよ!
17. Posted by ゆづ様へ   2006年05月01日 23:07
■ゆづ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

いやあ・・・苦手俳優2人が出てきて、一体どうしようかと思いましたが・・・。
今回のベイルはホントに素敵でしたよ!最高にカッコよかったし、あの佇まいはなんともいえない・・・。ファレスの方は、最後までダメでしたが(笑)
いい意味で、眠気・・・いや、癒しのような心地よさを運んでくれる作品でしたよね!
18. Posted by アクセル様へ   2006年05月01日 23:09
■アクセル様へ
コメントありがとうございました!
お返事遅くなってすみません・・・。

ゆだねすぎて寝てしまいましたか(笑)。
でもまあ・・・そのくらい気持ちが良くなる作品だったんだと思いますよ(笑)。

香り付きシート、なかなか良かったです。ホントにフワフワとした気持ちになっちゃって・・・夢見心地で鑑賞してしまいました。
19. Posted by kazupon様へ   2006年05月01日 23:12
■kazupon様へ
コメントありがとうございます!

そうそう。
物語を追うってなると、楽しみ方が変わってくる作品ですよね。通常のハリウッド作品とは一線を画している感のある映画でしたから、私は少し戸惑ってしまいました・・・。
でも非常に心地のいい、素敵な映画だったとは思います。

香りつきシート・・・なかなか良かったですよ!ああいった粋な計らいには嬉しくなっちゃいます♪
20. Posted by suzu様へ   2006年05月01日 23:15
■suzu様へ
コメントありがとうございます!

suzuさん、盛岡行ってきたの?
しかも10年ぶり!!そっかあ・・・どうだった?久々の岩手は。睦月もそろそろ一度は帰らんとなあ・・・(笑)もう1年以上帰ってない・・・故郷なのに。

そうね。
睦月もね、少し長いなあ・・・なんて思ったけど飽きずに寝ずに最後まで鑑賞できました。心地にいい、素敵な作品でしたよね。
21. Posted by    2006年05月05日 09:13
「ニューワールド」は、入り込むには
壁がやや高いようですが、気になって、
気に入っています(ヘンな表現・笑)
そんなわけで2つの見方でトラック
バックです。
22. Posted by 哲様へ   2006年05月05日 13:42
■哲様へ
コメントありがとうございます。

そうそう。
睦月にはとっても壁が高かったの。
でも気になって気に入っちゃう(笑)人は・・・結構いるみたい。

睦月、もっとたくさん映画観ないとなあ。

だって『シンレッドライン』も観てないもん。テレンス監督、初体験だったから戸惑ったのかな・・?
23. Posted by CINECHAN   2006年05月09日 00:31
睦月さん、元気になりましたか?
テレンス・マリックは体験していないと戸惑うかもしれませんね。
「シン・レッド・ライン」を観ていたので、すんなりとは言えずとも、戸惑うことはなかったですよ。
心の声のような独白、音楽と静かな音たち、まあ前作も同じですが、正直美しいという感じでしょう。
ロマンスもありますが、ポカホンタスの新世界への旅立ちの作品として受け止めました。
でもストーリーとしての盛り上がりはね・・
24. Posted by CINECHAN様へ   2006年05月10日 01:31
■ CINECHAN様へ
コメントありがとうございます。

つまらないわけでも、退屈で眠気が襲ったわけでもなかったんですが・・・やはりこういった作風が初体験だったもんで・・(笑)
どう受け止めたらよいか、正直戸惑いましたわ(恥)。

でも美しくて、大変癒されたような気がしました。しかもアロマシートだったし♪

ニューワールドとは、新大陸とともに、ポカの旅立ちの意味もかけているんでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔