2006年05月15日

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂

【映画的カリスマ指数】★★★★★

 地の果て、愛と信念を胸に・・・

 

監督:フェルナンド・メイレレス
出演:レイフ・ファインズ,レイチェル・ワイズ,ユベール・クンデ,ダニー・ヒューストン,ビル・ナイ
製作年・国:2005/英
鑑賞日:2006/5/13:丸の内プラゼール
系統:ラブサスペンス
配給:ギャガ
翻訳:松浦美奈

ストーリー:英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビ空港から黒人医師アーノルドと共にロキへ向かう妻テッサを見送った。しかし数日後、ジャスティンの元に、高等弁務官事務所所長で友人でもあるサンディが悲報を知らせにやってくる。ロキに車で向かっていたテッサがトゥルカナ湖の南端で殺されたというのだ。
テッサは生前、スラムの医療施設を改善する救援活動に励んでいた。テッサの殺人に国の陰謀がからんでいると考えたジャスティンは、一人でその調査へ乗り出すのだが・・・。

評:『シティ・オブ・ゴット』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作。
冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの最高傑作「ナイロビの蜂」を映画化した作品である。

第78回アカデミー賞4部門ノミネート。テッサを演じたレイチェル・ワイズは助演女優賞でオスカーを獲得。・・・世界各国の数々の映画賞を受賞した絶賛の嵐の1作がついにお目見え。


この日、有楽町で本作と『アンジェラ』の2本を鑑賞。
どちらも初日を迎えた新作でありながら、映画ファンたちのこの両作への期待度の違いが実に如実に表れていた(笑)。本作はどの回も満員御礼。『アンジェラ』は6割程度の入り・・・。


    まあ・・・いずれにしろ。
    本作はやはり、そんな人々の期待を裏切らない素晴らしい作品だった。

フェルナンド・メイレレス監督の第一作目にあたる『シティ・オブ・ゴット』は、ブラジルの貧民街における非情で過酷な現実を、実にアッパーにクールに描き出した社会派バイオレンス作品。
そして今回はアフリカ・ケニアのナイロビを舞台に、そこに渦巻く世界的陰謀をバックに置きながら深い夫婦愛を描き出した社会派サスペンス。

時間軸を自由に操った物語構成、乾いた大地を雄大に映し出す熱を帯びたような濃い映像、そしてそこにリアルに浮き出される社会的問題。

  フェルナンド・メイレレス監督、こういったテーマを描かせると実に上手い。
 作品数は少ないものの・・・とんでもない手腕の持ち主であることに間違いない。


この映画のジャンルをラブストーリーにするか、社会派サスペンスにするか・・・非常に難しいところである。
ここに描かれるジャスティンとテッサの夫婦愛は、まるで奇跡・・・計り知れないほど深く、どんなに大きな力も陰謀も決して侵害することの出来ない強くて堅い絆。

しかしながら、国ベースでうごめく世界的陰謀に迫り追求していく物語展開は、サスペンスとしても実に高質。
同時に、今現在も継続して世界が抱える問題を、ストレートに切実に観るものに投げかけるのだ。

  観終わったあと、この作品が投げかけてきた全ての要素が心にのしかかり・・・
       何だか、体全体が窒息したように・・・ただ苦しかった。

 
         金で動き、大きな力に屈するのが人間であらば・・・
        汚れない笑顔と、揺るぎない愛を生み出すのもまた人間だ。

   卑怯と裏切りが散乱しながらも・・・信頼と絆に支えられているのが社会だ。

 人の命に優劣はない。
 生まれ落ちたその環境によって、人間としての価値を問われるべきではないのに。


汚くて残酷、傲慢でいやらしい・・・そんな人間の一面を見せられながらも、アフリカの子供達の屈託のない笑顔に人間への希望を見出す。

テッサへの強い愛を胸にただ一人、大きな力へ立ち向かうジョナサンの姿に、人間の最大の武器は愛かもしれないと・・・深い感動が湧き上がる。


   『人間の愚かさよりも愛の素晴らしさを。 人間への絶望よりも希望を。』
           
         この作品から得たものはきっと・・・とても大きい。


clockworkorenge at 00:16│Comments(43)TrackBack(113)clip!映画論 な行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ナイロビの蜂  [ 悠雅的生活 ]   2006年05月15日 00:25
 彼女が私の家 。私は彼女の元へ帰る。
こんばんは。 晴れ時々曇り、昼にはにわか雨が降った土曜日です。 今日は、新宿明治安田生命ホールにて行なわれたスニーク試写会で観させて頂いた、フェルナンド・メイレレス氏の新作映画について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 (...
こんばんは。 晴れ時々曇り、昼にはにわか雨が降った土曜日です。 今日は、新宿明治安田生命ホールにて行なわれたスニーク試写会で観させて頂いた、フェルナンド・メイレレス氏の新作映画について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 (...
こんばんは。 一日雨降りの火曜日です。 今日は本について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 ジョン・ル・カレ ( JOHN le CARRE ) 加賀山  卓朗 訳 ( 文庫本 ‘03年 (株)集英社 ) ナイロビの英国高等弁務官事務所...
5. ナイロビの蜂  [ エリ好み★ ]   2006年05月15日 00:35
テレビCMで、この映画を推薦しているのはなんと!スピリチュアル・カウンセラーの江原哲之さん。確かに、冒頭5分で逝ってしまった妻と交信するわけですから、「スピリチュアル映画」といえるのかも。。。
6. ナイロビの蜂  [ ネタバレ映画館 ]   2006年05月15日 00:39
 まさか!テッサ(レイチェル・ワイズ)がいきなり死ぬなんて・・・ひょっとすると双子の妹が現れてジャスティン(レイフ・ファインズ)の調査を手伝うのかと思ったよ・・・
7. ナイロビの蜂  [ Kinetic Vision ]   2006年05月15日 00:54
原題はThe Constant Gardener。よく手入れされた庭が先進国であり、その外は貧困に苦しむ国々、特にアフリカだ。僕たちは庭の美しさを愛でながら、それがどこから養分を吸い上げているのか、
8. ナイロビの蜂  [ 色即是空日記+α ]   2006年05月15日 01:01
夫婦の深いラブストーリーであり、重い社会派サスペンス。怒りを覚え、恐ろしくもあり、切なくもあり、感動の話でもある。見ている間は感動も何もなかった。ただただ圧倒されて。エンドロールが流れ出しても最後まで席を立てずに湧き上がる思いを感じていた。
9. 「ナイロビの蜂」 宣伝、間違ってない?  [ 目の中のリンゴ ]   2006年05月15日 01:07
試写会に行ってきました。 レイチェル・ワイズがアカデミー 助演女優賞を受賞した作品です。 監督は、フェルナンド・メイレレス。 ブラジルのスラム街を描いた「シティ・オブ・ゴッド」が 絶賛された監督さんですが、私はまだ観ていません・・・。 主演は レイフ・ファイ...
10. 「ナイロビの蜂」  [ It's a wonderful cinema ]   2006年05月15日 01:20
 2005年/イギリス  監督/フェルナンド・メイレレス  出演/レイフ・ファインズ      レイチェル・ワイズ  重い。すごく重い。でも、目を逸らしてはならない。そんな気分にさせられた。  アフリカのナイロビで外交官として働くジャスティン。しかし、あ...
11. 「ナイロビの蜂」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年05月15日 01:42
「ナイロビの蜂」東京厚生年金会館で鑑賞 口コミでラブストーリーよりもサスペンと聞いていたので気持ちは楽でした。これでラブストーリーと思ったらとてもついていけない感じです。先入観を持ってしまうと作品がつまらなくなるのでそれ以上の情報は入れませんでしたが、...
12. 映画 「ナイロビの蜂」  [ ようこそMr.G ]   2006年05月15日 01:50
映画 「ナイロビの蜂」の試写を新宿明治安田生命ホールにて。
13. ナイロビの蜂  [ Addicted to the Movie and Reading! ]   2006年05月15日 02:29
3 ■ 試写会にて鑑賞 ナイロビの蜂/THE CONSTANT GARDENER 2005年/イギリス/128分 監督: フェルナンド・メイレレス 出演: レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ 公式サイト ケニア駐在の英国外務省一等....
14. 『ナイロビの蜂』  [ ラムの大通り ]   2006年05月15日 03:00
----タイトルだけ聞いたんじゃ 映画の中身が分かんないね? 「そうだよね。 レイフ・ファインズが出ていて 舞台がアフリカと言うことからか、 日本でのビジュアルは『イングリッシュ・ペイント』を 思わせる上がりになっている。 でもこの映画の原作は『寒い国から帰ってきた...
15. ナイロビの蜂  [ eclipse的な独り言 ]   2006年05月15日 04:55
 レイチェル・ワイズ。綺麗です・・・と思ったら「ハムナプトラ」シリーズの女優だ
16. 「ナイロビの蜂」意外と宣伝通り、かつ傑作  [ 小生の映画日記 ]   2006年05月15日 05:51
5 ストーリー: アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、弁護士で救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻が追っていた事件がイギリスの薬品メーカーによる....
17. 「ナイロビの蜂」(2005・英)  [ 雑記帳(ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー) ]   2006年05月15日 06:50
久々に試写会行ってきました。 タイトルは「ナイロビの蜂」、5月13日公開映画。 レイフ・ファインズとレイチェル・ワイズが共演し、 原作はジョン・ル・カレ、舞台はアフリカ……な訳ですが、 試写会場でもらった二つ折りチラシをぱかっと開けると 著名人コメン...
18. 『ナイロビの蜂』・・・試写会  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2006年05月15日 08:34
最初から最後まで、全ての場面で、ほっとするトコロなど無い映画でした。 重く・苦しく・切ない、でも愛の映画です。 映し出されるアフリカはカラフルで、 なのに辛すぎる場所…差倀][ !
19. ナイロビの蜂  [ りらの感想日記♪ ]   2006年05月15日 09:08
【ナイロビの蜂】 評価不可能   2006/5/9  試写会 ストーリー アフリカの太陽のように情熱的な妻テッサ(レイチェル・ワイズ)と、イ
20. 映画* ナイロビの蜂 /The Constant Gardener  [ 有閑マダムは何を観ているのか? ]   2006年05月15日 09:45
レイチェル・ワイズは、本作でアカデミー助演女優賞を見事に獲得! もともとはニコール・キッドマンがこの役をやりたいと意欲を見せていたそうですが、監督のイメージとあわずに却下されたとか。  年齢が問題になったそうですが、ニコールでは、あまりにも容貌が整いすぎ...
21. ナイロビの蜂  [ Akira's VOICE ]   2006年05月15日 10:08
渇いた大地から届く,深い愛のラブストーリー。
22. ナイロビの蜂  [ ブログ:映画ネット☆ログシアター ]   2006年05月15日 10:26
ナイロビの蜂を見てきました。私は、もうちょっと派手な映画を想像して見に行ったのですが、全然違っていました。 ジャスティンは、亡き妻の意志を引き継いで、巨大企業、国家に立ち向かって行くのだが。 そこには、正義の味方やヒーローなどは登場せず派手さはない。しかし...
23. ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER  [ travelyuu とらべるゆう MOVIE ]   2006年05月15日 12:20
レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演 ジャスティン・クエイルは英国外交官で物静かな庭いじりが好きな男 その妻テッサは正義感が強く 気丈で自分の信念を持って突き進み 強引とも思われるほどの言動で真実を追求する法律家です ふたりはケニア ナイロビで生活...
24. ナイロビの蜂/The Constant Gardener  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2006年05月15日 12:41
公開前からこんなに煽られたら、嫌でもちょっとは楽しみになってしまう、、、、 世界130以上のマスコミから絶賛の嵐!とか 海外映画評No1サイト Rotten Tomatoes でも82%がフレッシュ{/ee_3/}(絶賛)とか言ってるのを日本でもウリにしてるし。。。。 そして気になってい...
25. 映画:ナイロビの蜂 スニーク試写会  [ 駒吉の日記 ]   2006年05月15日 16:32
「ナイロビの蜂」スニーク試写会@明治安田生命ホール 「テッサが僕の帰る家だ」 スニークプレビュー、5月公開の感動大作とのことで「デイジー」か「ジャケット」?と思ってたのですが・・・こちらでした。5月中旬と公開日はまだ決まってない?ので見逃してました。...
26. 「 ナイロビの蜂 」  [ MoonDreamWorks ]   2006年05月15日 17:24
監督 : フェルナンンド・メイレレス 主演 : レイフ・ファインズ /  レイチェル・ワイズ/       公式HP:http://www.nairobi.jp// ナイロビの蜂(原題 TheConstantGardener ) サスペンス小説の巨匠ジョン・ル・カレの傑作小説を完全映画化。 監督は...
27. 『ナイロビの蜂』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   2006年05月15日 18:26
もともとは『炎のゴブレット』のマイク・ニューウェルが撮るはずだったこの映画ですが、スケジュールが合わず、ブラジル人フェルナンド・メイレレスの手で映画化されました。なかなかアライブ感のある映像になっていてナイロビの空気が伝わってきそうでした。
28. ナイロビの蜂  [ Diarydiary! ]   2006年05月15日 19:30
《ナイロビの蜂》 2005年 イギリス映画 - 原題 - THE CONSTA
29. 映画〜ナイロビの蜂  [ きららのきらきら生活 ]   2006年05月15日 20:08
   「ナイロビの蜂」公式サイト本年度アカデミー賞 助演女優賞(レイチェル・ワイズ) 受賞作品ナイロビでイギリス外交官として平和に働くジャスティン。しかし、ある日、弁護士でもある彼の美しい妻テッサが殺害される。妻が追っていた事件を調べるうちに、イギリスの...
30. ナイロビの蜂  [ 映画通の部屋 ]   2006年05月15日 20:16
「ナイロビの蜂」 The Constant Gardener/製作:2005年、
31. 安い人命  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2006年05月15日 22:09
映画「ナイロビの蜂」を見た。現在と過去を交差させた巧みな編集で、しかもドキュメンタリータッチで物語を進めていくという構成。有名スターをアフリカの大地に、そこに生きる人々の中に放り出すという演出は、極めて実験的ですらある。しかし、この映画のすごさは、そう...
32. ナイロビの蜂  [ メルブロ ]   2006年05月15日 22:11
ナイロビの蜂 上映時間 2時間8分 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ユベール・クンデ ビル・ナイダニー・ヒューストン 評価 6点(10点満点)  何を上映するか知らされない試写会。アンケートに答えて報酬がもらえ...
33. ●ナイロビの蜂 (The Consutant Gardener)  [ コブタの視線 ]   2006年05月15日 22:26
あの「シティー・オブ・ゴット」のフェルナンド・ネウレレス監督の期待の新作の「ナイロビの蜂」、早速観てきました! ガーデニングを趣味で温厚で争いごとを好まぬ誠実な性格のジダ$
34. ナイロビの蜂/試写会  [ 如意宝珠 ]   2006年05月15日 22:42
ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER 公式サイト→http://www.nairobi.jp/ 監督: フェルナンド・メイレレス   製作: サイモン・チャニング=ウィリアムズ  原作: ジョン・ル・カレ      脚本: ジェフリー・ケイン  撮影: セザール・シャローン  プロダク...
35. FUN … 『ナイロビの蜂』  [ FUN×5 ??五つの楽(fun)を探して?? ]   2006年05月15日 23:41
【cinema de refresh(?)】
36. ■ナイロビの蜂  [ ルーピーQの活動日記 ]   2006年05月16日 00:14
英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を見送った。しかし2日後に帰ってくる筈だったテッサは、車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺され永遠に帰らぬ人となる。警察はよくある殺人事...
37. ■ナイロビの蜂  [ ルーピーQの活動日記 ]   2006年05月16日 00:15
英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を見送った。しかし2日後に帰ってくる筈だったテッサは、車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺され永遠に帰らぬ人となる。警察はよくある殺人事...
38. ナイロビの蜂ぃ〜  [ ナイス旦那日記 ]   2006年05月16日 00:48
映画『ナイロビの蜂』の試写会を観てきました。 なんかテレビでスピリチュアルカウンセラー江原啓之氏が宣伝してるやつだね〜。 妻のテッサ役レイチェル・ワイズがアカデミー助演女優賞を受けたりと、結構期待しちゃってたりして。 この映画、原題は、『The Constant...
39. 『ナイロビの蜂』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年05月16日 00:55
地の果てで、やっと君に帰る。 ■監督 フェルナンド・メイレレス■脚本 ジェフリー・ケイン■原作 ジョン・ル・カレ(「ナイロビの蜂」)■キャスト レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウェイト、ユベール・クンデ□オフ...
40. ナイロビの蜂  [ Addicted to the Movie and Reading! ]   2006年05月16日 01:23
3 ■ 試写会にて鑑賞 ナイロビの蜂/THE CONSTANT GARDENER 2005年/イギリス/128分 監督: フェルナンド・メイレレス 出演: レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ 公式サイト ケニア駐在の英国外務省一等....
41. ナイロビの蜂  [ シネマ日記 ]   2006年05月16日 14:30
ネタバレあり。あ〜、いい映画だったぁ。すごく熱い涙が流れたなぁ。今年は映画館に見に行っている作品はかなりいい作品が多いなぁ。どれも本当に心に残る作品が多い。レイフファインズもレイチェルワイズも好きな役者さんで、楽しみにしていたところ、レイチェルワイズがア...
42. ナイロビの蜂  [ 映画を観たよ ]   2006年05月16日 16:03
この映画、アメリカでマスコミ試写では評判悪かったようです。
43. ナイロビの蜂・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年05月16日 20:00
ブラジル、リオのスラムで生きる少年たちの姿を鮮烈に描いた、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督のハリウッド進出第一作。 何と「鏡の国の戦争」などで知られ〈
44. 「ナイロビの蜂」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2006年05月16日 20:19
「The Constant Gardener」2005 ドイツ/UK オスカー助演女優賞(2005)/レイチェル・ワイズ 監督はブラジル出身のフェルナンド・メイレレス。主演の英国外交官ジャスティン・クエイルにレイフ・ファインズ(メイド・イン・マンハッタン/2002)、妻テッサにレイチェル...
45. シネマ日記 ナイロビの蜂  [ skywave blog ]   2006年05月16日 21:15
妻の死の謎を追う夫を描く、社会派サスペンス。 アフリカにおける製薬会社の新薬の人体実験を暴こうとし、そして殺された妻。そんなことなど知らず、幸せな夫婦と思っていた英国
46. 『ナイロビの蜂』公開前に思ったことなどなど  [ 映画子の映画日記 ]   2006年05月16日 22:00
公式HPとかで・・・ ハチミッツはないだろ~! テッサの気持ちを思えば、あのマーク(あのマークとは違うと思うけど)見たくもないよ! って思わないのかしら~?プンプン! 江原啓之さん(スピリチュアル・カウンセラー)が『ナイロビの蜂』テレビCMに出演。江原さんはファ...
47. 『ナイロビの蜂』公開前に思ったことなどなど  [ 映画子の映画日記 ]   2006年05月16日 22:00
公式HPとかで・・・ ハチミッツはないだろ~! テッサの気持ちを思えば、あのマーク(あのマークとは違うと思うけど)見たくもないよ! って思わないのかしら~?プンプン! 江原啓之さん(スピリチュアル・カウンセラー)が『ナイロビの蜂』テレビCMに出演。江原さんはファ...
48. 「ナイロビの蜂」レイチェル・ワイズの笑顔が胸に刺さる  [ soramove ]   2006年05月16日 22:38
「ナイロビの蜂」★★★☆ レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演 フェルナンド・メイレレス監督、2005年イギリス 大衆の前でも自らの考えをひるむことなく 主張できる女性、テッサ。 彼女と恋に落ち、一緒にアフリカに赴任した 外交官の主人公。 テッ...
49. The Constant Gardener(2005,U.K.)at PREVIEW  [ The Final Frontier ]   2006年05月16日 23:10
Harry Potter and the Goblet of Fireで悪の権化ヴォルデモート卿を演じていたとは思えないほどの紳士っぷりを発揮しているRalph Fiennesを観たい人は、劇場へ行こう! ナイロビの蜂アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(Ralph Fiennes)は、ある日...
50. ナイロビの蜂  [ 映画評論家人生 ]   2006年05月17日 02:49
梅田ピカデリー 日本人の感覚として、映画はまだ「特別な時間」である。多くの日本人は、1年に映画を10本も観ない。平均すると5??6本。つまり、2ヶ月に1本である。10年で50本。だから私は「ターミネー
51. *ナイロビの蜂*  [ Cartouche ]   2006年05月17日 09:49
{{{   ***STORY***             2005年   イギリス アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入...
52. 26 ナイロビの蜂  [ 毎週水曜日にMOVIE! ]   2006年05月17日 10:18
ホテル・ルワンダと同様に物悲しい音楽がいつまでも心に残る。リズムにのった明るい音楽でさえもこのような映画では哀しく残ってしまうのでした。 英国外交官のジャスティン(レイフ・ファインズ)の妻テッサ(レイチェル・ワイズ)がナイロビの北ロキで惨殺される。ジャ...
53. 映画@ナイロビの蜂/THE CONSTANT GARDENER  [ sattyの癒しのトビラ ]   2006年05月17日 11:31
地の果てで、やっと君に帰る。 それは、しばしの別れのはずだった。。 英国外務省一等書記官のジャスティンは、 ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。 「行ってくるわ」「じゃ2日後に」 その後、ジャスティンの許に妻の死の知らせが届く。。 妻テッサ、彼女...
54. ナイロビの蜂  [ 週末に!この映画! ]   2006年05月17日 12:45
期待値:79%  アカデミー賞4部門のノミネートの恋愛サスペンス。 助演女優賞(レイチェル・ワイズ)
55. ナイロビの蜂  [ 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等 ]   2006年05月17日 15:33
★本日の金言豆★ イヴェット・ピアパオリ:女性活動家で慈善事業家。19歳で国際難民救済協会の職につき、1999年に60歳で交通事故死するまでの間、アフリカの貧民の為に精力的に活動し??HC????
56. ナイロビの蜂  [ スワロが映画を見た ]   2006年05月17日 17:00
原題:THE CONSTANT GARDENER 製作国:イギリス 製作年度:2005年 上映時間:128分 公開:2006年5月13日 監督:フェルナンド・メイレレス 原作:ジョン・ル・カレ 脚本????!
57. ナイロビの蜂  [ ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre! ]   2006年05月17日 17:20
原題は\\\\\\\\\\\\\\\"Constant Gardener\\\\\\\\\\\\\\\"で、原作=ジョン・ル・カレ。監督=フェルナンド・メイレレス。 アフリカの人命の軽さの悲しい現実。政府と企業との謀略。製薬会社が武器商人と同じだという告発。”庭いじり外交官”は蜂サンをやっつけられるか。...
58. 『ナイロビの蜂』に見るアフリカを舞台とした南北問題  [ 存在の耐えられない軽さ ]   2006年05月17日 22:43
1限を終えて、まっすぐ家に帰ろっかな、どうしよっかな、と迷った末に、つい寄り道してしまいました、池袋シネマロサ。 観たのは、『ナイロビの蜂』。 監督は、『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスですね。 『シティ〜』は観てはいないが、ブラジルのスラム...
59. サスペンスから生まれたドラマ。『ナイロビの蜂』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2006年05月17日 23:19
妻の死を切っ掛けに、彼女の足跡をたどる英国外交官の物語です。
60. 「THECONSTANTGARDENER」の意味を考える  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2006年05月18日 00:53
「ナイロビの蜂」の原題は「THECONSTANTGARDENER」である。GARDENERとは庭いじりが趣味の主人公ジャスティンのこと。CONSTANTについて辞書をひくと次のようにある。(1)不変の、不断の(2)不屈の(3)(愛情の)変わらぬ、貞節な映画の冒頭では、自国がアメリカに追従してイラ...
61. 映画「ナイロビの蜂」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年05月18日 01:00
原題:The Constant Gardener アフリカ・ナイロビで、3人に一人が死ぬという結核のための新薬の人体実験が・・人命を軽々しく扱う巨悪に立ち向かい、不正を暴こうとするが・・。 ケニア・ナイロビの英国外交官ジャスティン・クエイル(レイフ・ファインズ)が妻テッ...
62. 「ナイロビの蜂」 The Constant Gardener  [ 俺の明日はどっちだ ]   2006年05月18日 09:12
かつて冒険小説を好んで読んでいた頃、ギャビン・ライアルの「最も危険なゲーム」とジャック・ヒギンスの「鷲は舞い降りた」と並んで好きだったのがジョン・ル・カレの「寒い国から来たスパイ」だった。 外務省書記官として西ドイツのボンに赴任した自らの経験をもとにリア...
63. 夢幻と無限@ナイロビの蜂&ニュー・ワールド  [ 憔悴報告 ]   2006年05月18日 15:50
非常に多くの方が絶賛に近い評価をされているようだが、『ナイロビの蜂』はつまらなかった。 前半はまだ良かったのだが、とにかく後半が退屈でどうでもよかった。
64. ナイロビの蜂(2005/イギリス/監督:フェルナンド・メイレレス)  [ のら猫の日記 ]   2006年05月19日 00:25
【VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ】アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン(レイフ・ファインズ)。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサ(レイチェル・ワイズ)の行動には深く立ち...
65. ナイロビの蜂  [ シャーロットの涙 ]   2006年05月19日 01:41
第28回アカデミー賞 助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 脚色賞、作曲賞、編集賞ノミネート 第63回ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 作品賞・ドラマ部門、監督賞ノミネート アフリカの空気がのどの渇きを激しく助長してくる。 水という愛情...
66. 『ナイロビの蜂』  [ ちばちゃん的、こころ! ]   2006年05月19日 13:58
お葬式の後に事務所に寄ったらフクちゃんがお勉強中でした。頑張ってねぇ〜 「礼服で映画観に行ったらおかしいかなぁ〜??」って聞いたら、「あはは・・・」っと笑われましたよ!やっぱり、おかしいいかぁ〜〜〜???? 山形フォーラムに来ましたよ! 本当に1200....
67. ナイロビの蜂  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2006年05月20日 11:04
“世界がアフリカを食いものにしている” このセリフが胸を突いた。 夫婦の深い愛を描いた感動のラブストーリー、というぐらいしか予備知識なく鑑賞しました。 少々“愛”などというものが“浅く”なってきた私ども夫婦・・・[:ひやひや:] 英国外交官のジャ...
68. ナイロビの蜂  [ C'est Joli ]   2006年05月20日 12:07
3 ナイロビの蜂 2005:英 監督:フェルナンド・メイレレス演:レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン地の果てで、やっと君に帰る。突然の訃報―「悪い知らせだ」「まさかテッサが・・・」 それは、しばしの別れのはずだった。英...
69. ナイロビの蜂  [ 5125年映画の旅 ]   2006年05月20日 22:06
3 この映画の予告を観たときは、謎の死を遂げた妻の足跡を残された夫が探していき、妻の死の真相を見つけ出すという、サスペンスだと思ったものです。 確かに大筋の内容はそんな感じでしたが、それ以上にこの映画は政治色が強い。本当に今年はこの手の社会派ドラマが多いです....
70. ナイロビの蜂  [ Saturday In The Park ]   2006年05月21日 01:08
 イギリス  サスペンス&ドラマ  監督:フェルナンド・メイレレス  出演:レイフ・ファインズ      レイチェル・ワイズ      ビル・ナイ      ユベール・クンデ 英国外務省一等書記官ジャスティンはアフリカで精力的に救援活動を続ける妻テ ッサの...
71. ナイロビの蜂−(映画:今年65本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2006年05月21日 01:28
監督:フェルナンド・メイレレス 出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ 公式サイト 評価:77点(100点満点) (ネタバレあり) さて、どのように評価したらいいのか難しい。 決....
72. 『ナイロビの蜂』・試写会  [ しましまシネマライフ! ]   2006年05月21日 02:41
今日はおそらく某雑誌で当選した 『ナイロビの蜂』の試写会に行ってきた。 [アンケートに答えて4色ボ
73. 映画のご紹介(133) ナイロビの蜂  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2006年05月21日 09:55
3 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(133) ナイロビの蜂-「きっかけは、妻の死」 「たどり着いたのは、妻の愛」 とは名キャッチだね。 原題はThe constant gardener(「いつも庭いじりしている人」みたいな感じか...
74. ナイロビの蜂(映画館)  [ ひるめし。 ]   2006年05月21日 09:57
地の果てで、やっと君に帰る。 CAST:レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ 他 ■イギリス産 128分 ラブストーリー要素と社会派サスペンス要素を両方あわせ持ったけっこうずっしりくる作品。 食べ物でいえばカツカ...
75. 社会派サスペンス:『ナイロビの蜂』  [ この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! ]   2006年05月21日 10:59
縷『ナイロビの蜂』朝一で見てまいりました。(>Д<)ゝ” 社会派サスペンスです獵 (適当につけました。) 朝から見る映画ではなかった...かな令 見終わった後あまりスッキリはしません。 しかし見応えあります。 何だか久々にこの手....
76. 行き着く先は・・彼女の心  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年05月21日 13:39
105「ナイロビの蜂」(イギリス)  イギリス外務省一等書記官のジャスティン・クエイルはある朝訃報を聞く。数日前ナイロビの空港で見送った妻が死んだという。しかも殺されたと。妻のテッサは元々アフリカの救援活動に取り組み、医療施設の救援活動に励んでいた黒人医...
77. ナイロビの蜂  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2006年05月21日 21:48
                  評価:★4点(満点10点) 監督:フェルナンド・メイレレス 主演:レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ 2005min 128min 英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ...
78. ナイロビの蜂  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2006年05月22日 00:08
5    テッサの愛に彼は包まれる・・・世界の果てで。  ナイロビでイギリス外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)。  ある日、訃報が訪れる。ロキに赴いた美しい彼の妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が何者かに殺害されたとの知らせを受....
79. ナイロビの蜂 (米国盤DVD)  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2006年05月22日 16:32
原題: The Constant Gardener (2005) 2006年5月13日 日本初公開 公式サイト: http://www.nairobi.jp/ ゴウ先生総合ランキング: B+   画質 (ビスタ): A-/B+   音質 (ドルビーデジタル5.1ch): A-   英語学習用教材度: A-
80. ナイロビの蜂  [ そこで馬が走るかぎり ]   2006年05月22日 19:56
地の果てで、やっと君に帰る。 John Le Carre The Constant Gardener きっかけは、妻の死。 たどり着いたのは、妻の愛。 世界中が絶賛し涙した、壮大なラブストーリー というフレコミに興味を覚えたわけではなく 製薬会社の新薬開発にからむ陰謀=...
81. ナイロビの蜂  [ 映画日記 ]   2006年05月22日 20:53
【鑑賞】試写会 【日本公開】2006年5月13日 【製作年/製作国】2005/イギリス 【監督】フェルナンド・メイレレス 【出演】レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ 【原題】“The Constant Gardoner” 【原作】ジョン・ル・カレ「...
82. ナイロビの蜂 / The Constant Gardener  [ きょうのあしあと ]   2006年05月23日 00:11
「地の果てで、やっと君に帰る」 監督:フェルナンド・メイレレス 原作: ジョン・ル・カレ 脚本:ジェフリー・ケイン 音楽:アルベルト・イグレシアス 出演:レイフ・ファインズ 、レイチェル・ワイズ 、ユベール・クンデ 、ダニー・ヒューストン 、ビル・ナイ 公...
83. 「ナイロビの蜂」96点。  [ mountain77 D.Reverse side ]   2006年05月23日 00:40
「ナイロビの蜂」hp とても美しい映画。 ここまでいいとは思ってなくて、レイチェル・ワイズが助演で出ているということで以前から気にしていたし記事にもしていた。時間的に鑑賞は難しいと思いつつも、ダヴィンチと海猿に奪われてしまった公開回数が2回。来週は嫌われ...
84. 「ナイロビの蜂」  [ ●○ゆるゆるシネマ感想文○● ]   2006年05月24日 00:46
「ナイロビの蜂」 公式サイト 劇場鑑賞 ゆづの好き度 ★★   (満点は★5個、☆=★×1/2) ? 2006年5月13日初公開  上映時間128分 レイチェル・ワイズは、気の強い強引な女を演じると素敵ですね。 「ハムナプトラ」「コンスタンティン」でのレイチ...
85. 『ナイロビの蜂』この映画を見て!  [ オン・ザ・ブリッジ ]   2006年05月24日 22:57
第69回『ナイロビの蜂』  今回紹介する映画は今年度アカデミー賞でレイチェル・ワイズが助演女優賞を取った作品『ナイロビの蜂』です。この作品、日本では同時期公開の『ダヴィンチ・コード』の影に隠れてしまっていますが、とても素晴らしい作品です。冒険小説の巨匠ジョ...
86. ナイロビの蜂  [ シネクリシェ ]   2006年05月25日 06:09
 この作品を、妻の死にまつわる疑惑を調査する社会派サスペンスとみるか、亡き妻との思いを綴る恋愛映画とみるか、見解は分れるでしょう。  自分は
87. 情熱に救いを見出す「ナイロビの蜂」  [ 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 ]   2006年05月26日 00:16
 予告編を見た段階では、ラブロマンスなのか、サスペンスなのか、あいまいな感じで、観ようか止めようか迷っていた「ナイロビの蜂」(フェルナンド・メイレレス監督)。会社の後輩に「よかったですよ」と勧められ、彼が言うならと思って、観に行ってよかった。映画会社の売....
88. 「ナイロビの蜂」 2006-28  [ 観たよ〜ん〜 ]   2006年05月26日 06:30
「ナイロビの蜂」を観てきました〜♪ 英国の在ナイロビ一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、北部の街キロへ向かう妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を空港で見送る。2日後また会えるはずだったが、彼の元に届いたのは訃報だった。彼女の死に疑問を持ったジャ...
89. 「クラッシュ」と「ナイロビの蜂」が教えてくれるもの  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2006年05月28日 00:16
いつも愛読している某映画ブログで「ナイロビの蜂」について書いている内容で次のフレーズがあった。「人間の最大の武器は愛かもしれないと・・・深い感動が湧き上がる。」全く同感である。素晴らしい言葉。「クラッシュ」と「ナイロビの蜂」の結末は、それぞれ根本的な問...
90. 『ナイロビの蜂』in伊丹  [ ☆えみたんの日記帳☆ ]   2006年05月29日 11:39
映画「ナイロビの蜂」を見てきたよ(#^_^#) ナイロビの蜂の鑑賞券があったから、ぶっちゃけタダで見たんだけどね(^^) お買い物ついでに映画も見てきたんだけど、、、、、 あまりどういう内容か知らなくて見てみたんだけどね(笑) ストーリー 英国外務省の外交官ジャステ...
91. 「ナイロビの蜂」を見てきました。  [ よしなしごと ]   2006年05月31日 19:41
 アフリカにおける製薬会社の汚職を命を省みず暴いていく感動作と思ってナイロビの蜂を見てきました。間違ってはいなかったけど、でも、この映画のテーマってラブストーリーだったのね。そんな風には全然思って見に行かなかった・・・。
92. 監督の暖かい視線「ナイロビの蜂」  [ 再出発日記 ]   2006年06月03日 08:11
監督:フェルナンド・メイレレス出演:レイフ・ファインズレイチェル・ワイズほか製薬業界と官僚との癒着、それを批判する団体あるいは個人との戦いは、よく映画で扱われる題材だ。なぜか。「本来人の命を救うものを作っている会社が人々の命を奪う矛盾」、「たった一つの...
93. ナイロビの蜂  [ future world ]   2006年06月04日 02:33
この作品には凄く沢山のものが詰まっている・・・ 愛〜〜夫婦の愛、家族の愛、そして発展途上国への献身的な愛・・・ 憤り〜〜人体実験、差別される命、莫大な金と政治、国家権力、邪魔者は殺す・・・ 正直、予想していた勝手なイメージとは程遠く、かなり重い内容だ....
94. 『ナイロビの蜂』~ "The Constant Gardener"  [ CouchCinema*カウチシネマ / b ]   2006年06月04日 02:56
『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督。 冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの原作を映画化。 原題は、”The Constant Gardener " 主人公を一言でよく表していて見終わってからきいてくる いいタイトルなのですが、なぜか邦題は「ナイロビの蜂」。 rebel b...
95. ナイロビの蜂  [ ERi’s room ]   2006年06月04日 21:26
レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズが出ている映画、『ナイロビの蜂』を随分前ですが、映画館で観て来ました。 レイチェル・ワイズが、この作品でアカデミー賞とったんですよね 
96. 監督の暖かい視線「ナイロビの蜂」  [ 再出発日記 ]   2006年06月05日 20:08
監督:フェルナンド・メイレレス出演:レイフ・ファインズレイチェル・ワイズほか製薬業界と官僚との癒着、それを批判する団体あるいは個人との戦いは、よく映画で扱われる題材だ。なぜか。「本来人の命を救うものを作っている会社が人々の命を奪う矛盾」、「たった一つの...
97. 「ナイロビの蜂」  [ 首都クロム ]   2006年06月10日 18:00
 面白い作品と言うともしかしたら不適切かも知れませんが、面白い作品でした。緻密に練られていて、「ミスティック・リバー」よりリアルで、すんなりと頭に入ってきました。  全体的な印象としては、歴史的な寺社巡りや、キリスト教信者たちが十字架の道行きを歩くのと...
98. 映画鑑賞記「ナイロビの蜂」  [ けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ ]   2006年06月11日 20:26
鑑賞日:06.06.04 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16 「シティ・オブ・ゴッド」でアカデミー監督賞にノミネートされたブラジル人監督フェルナンド・メイレレスの作品。 アフリカ・ケニアを舞台に、正義感の強い慈善活動家である妻の突然の死から、平穏な生活を投...
99. ★「ナイロビの蜂」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年06月12日 03:37
見たい映画が溜まってたので・・・一挙3本見てきました。 その1本目。 レイチェル・ワイズがアカデミー・助演女優賞受賞した作品。 この頃アフリカが舞台の作品が多いよねぇ・・・。 まだまだ未開の地だからかなぁ・・・。
100. 『ナイロビの蜂』’05・英  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2006年06月21日 23:10
「ナイロビの蜂」オリジナル・サウンドトラックあらすじアフリカのナイロビで、イギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻の殺人の真相...
101. [ ナイロビの蜂 ]アフリカの今を伝える  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年06月29日 07:55
[ ナイロビの蜂 ]@吉祥寺で鑑賞。 4年も前になるのか[ シティ・オブ・ゴッド ]。 当時、おすすめの1作はと友達に聞かれたら、必ずこの [ シティ・オブ・ゴッド ]をあげていた。グルーヴィ な感じが、スラム街に住む若者たちに非常にマッチして 勢いがある。何...
102. ナイロビの蜂  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年08月30日 15:15
 地の果てで、やっと君に帰る。 先日、祇園会館にて「プロデューサーズ」とこの「ナイロビの蜂」を鑑賞した。舞台はケニアのナイロビ・・・・。妻テッサの死をきっかけに、死の真相調べようと・・・・イギリス人外交官ジャスティンは、広大な大地アフリカを巡る。ジャステ...
103. ナイロビの蜂  [ ぶっちゃけ…独り言? ]   2006年09月14日 01:23
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) いわゆる一つの「良い映画」って感じでしたぁ。 もの凄くインパクトがあるってわけじゃないんですけどね。 丁寧に作られてるので観ていて惹き込まれるし、真実と結末にジィ〜ンと来ました。 昔の良作と共通す...
104. ナイロビの蜂  [ 39☆SMASH ]   2006年09月18日 01:38
『ナイロビの蜂』 あらすじ 『情熱的な妻・テッサと外交官の夫・ジャスティンは、ジャスティンの駐在先であるナイロビで暮らしていた。そんなある日、テッサが何者かによって殺害されてしまう。警察はよくある殺人事件として処理しようとするものの、疑念に駆ら...
105. ナイロビの蜂  [ タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 ]   2006年11月16日 18:02
4 製作年度 2005年 製作国 イギリス 上映時間 128分 監督 フェルナンド・メイレレス 原作 ジョン・ル・カレ 脚本 ジェフリー・ケイン 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 レイフ・ファインズ 、レイチェル・ワイズ 、ユベール・クンデ (allcinema ONLIN...
106. ナイロビの蜂 (The Constant Gardener)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2006年11月21日 12:00
監督 フェルナンド・メイレレス 主演 レイフ・ファインズ 2005年 イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★★ 一部の比較的裕福な国を除いて、平均寿命が50歳代を軒並み割ってしまうアフリカ。平均寿命が30歳代の国も、決して少なくない。今これを書いている私の年齢...
107. ナイロビの蜂  [ cinema note+ ]   2006年11月28日 01:29
ナイロビの蜂THE CONSTANT GARDENER2005年 イギリス重い社会派サスペンスでした
108. 『ナイロビの蜂』 蝶のように舞い蜂のように…  [ *モナミ* ]   2006年12月09日 19:27
ラブストーリーだったのか…。 にしちゃ、あんーまり愛を感じなかった私は、 感受性だか何だかが、鈍ってる? 過去と現在が行ったり来たりで (よくありがちな手法だけと私はコレが苦手)、 妻が何をしたいんだか、何をしてるんだか、 全然分からなかった前半。 ...
109. 『ナイロビの蜂』  [ Sweet* Days ]   2006年12月23日 20:36
ナイロビの蜂 監督:フェルナンド・メイレレス  CAST:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ 他 アカデミー賞助演女優賞受賞 STORY:外交官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、美しい妻のテッサ(レイチェル・ワイズ)と駐在先のナイロビに住んでいた。...
110. ナイロビの蜂  [ BLACK&WHITE ]   2007年01月11日 14:41
【THE CONSTANT GARDENER】2005年/イギリス 監督:フェルナンド・メイレレス  出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウェイト 突然の妻の死。それは殺されたも??
111. 「ナイロビの蜂」  [ 不良中年・天国と地獄 ]   2007年01月19日 21:45
日本の薬害エイズは、当時の厚生省と製薬会社の怠慢によって起こりました。同性愛や、麻薬の廻し打ちによる感染ではなかったのです。非加熱製剤の投与を続けた結果、被害が拡大しました。被害者は血友病患者であり、本来ならHIVとは無関係な人々なのです。後日、薬害と...
112. ナイロビの蜂…親方!これは愛の物語です  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2007年03月05日 23:38
タイトルが変なテンションだけど気にしないでください{/face_ase2/} 今日は寒いです{/face_hekomu/}さっき(21:00頃)外に出たら寒かったです{/face_hekomu/} 室内に居たので日中がどうだったのかは知りませんが、 …昨日は完全に春{/kaeru_fine/}だったのに。 三寒四温で...
113. ナイロビの蜂  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年04月10日 10:58
話題になった作品。 DVDで鑑賞。 ガーデニングが趣味の英国外務省一等書記官のジャスティンは、 赴任先のアフリカのナイロビで妻のテッサと暮していた。 現地の救援活動に熱心なテッサは ある日、黒人医師アーノルドと共にロキへ向かうのだが トゥルカナ湖の南端で無...

この記事へのコメント

1. Posted by 悠雅   2006年05月15日 00:31
睦月さん
やった!TB、一番乗りだ〜ぃ!
って、そんなこと喜ぶことやろか…^^;

よかった。睦月さんもこの作品を気に入ったのね!
うん…感じるもの、得るものが大きい作品だったと思います。
サスペンスなんだけれど、愛ゆえの物語でもあるし、
美しい風景と、目をそむけたくなる世界が同居していて…
これも語ると長くなります。

>人間の最大の武器は愛
いい言葉…ありがとう。
2. Posted by kino   2006年05月15日 01:07
TBありがとうございます。
私はこの映画の社会派サスペンスの部分に
目がいってしまい・・・。
生前のテッサとの愛の深さを思わせる描写がもっとあれば、と
思いましたが、2人の過去には深い真実の愛はなくて
テッサの死によって やっとそこに辿り着いたのなら
”愛の奇跡・真実の愛の姿”という宣伝は
間違いないのだけど、それはそれで 哀しいじゃないですか・・・?!
3. Posted by ち〜ぼ   2006年05月15日 02:45
良質のサスペンスですよね!
4. Posted by 神楽   2006年05月15日 11:08
そっかー!!やっぱりこれは素晴らしかったかー!!まだ観てないんだけど、本当に観たい作品。でも難しそう。。。
レイチェル・ワイズ かわいいから好き。
5. Posted by コブタ   2006年05月15日 12:42
睦月さん みてきましたよ〜夫婦で!
レイチェル演じるテッサはもちろん 受賞を頷けるものでしたが、それ以上にレイフ・ファインズ演じる、スーパーヒーローでもタフガイでもない、ガーデニングが好きな優しいイギリス紳士であるジャスティンが 一途にテッサを求めて、事件を追っていく姿にコブタはキュンとなってしまいました!
6. Posted by 隣の評論家   2006年05月15日 20:21
ちょっとご無沙汰してます。睦月さん、元気にしてますか?
やはり〜。満点だと思ってました。とても熱くて素敵な記事ですわね。TB貼るのが恥かしいですが...ポチッと貼らせて頂きましたがな。
11日から小旅行して来たので、14日は何だか就かれていて。でも、観に行って本当に良かったよ。疲れが吹っ飛んだ。
記事にも書いたんだけど。この作品の何キロもの道のりを歩いて来た少年いたでしょ?「あ〜、疲れたぁ」って背中を丸めている自分が恥かしくて赤面ものでした。
7. Posted by 狂犬   2006年05月15日 21:13
こんばんわぁ、睦月さんお久しぶりですm(__;)m
この映画、Gyaoでめっさ宣伝してて気になってました。ホントおもしろそう…これは見るッス!
8. Posted by とんちゃん   2006年05月15日 21:44
4
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
私は 観た時は、何だか取り残された気分になり(恋愛物を期待していたからがっかりしたわけでもないし、 何でしょう?こんな結末でいいのぉ?てな怒りかな^^)

★4つにしたのですが 後から利いてくる映画です。
公式ページで、あの音楽を聴きながら こうして書いていると 益々蘇ってくるんですよね。 ああいい映画だった
9. Posted by とんちゃん   2006年05月15日 21:45
あらら 間違えて 「投稿する」を 押しちゃいました^^

絵文字だそうとして(゜ー゜;Aアセアセ

兎に角 いい映画でした
睦月さんの 記事を読んで またも 何だか 映画の良さが 浮かんできました♪
10. Posted by MOCO   2006年05月15日 22:45
ナイロビの蜂観てきたんですね!!私、こういう社会派ムービーなるものをあまり観たことないんです;;
堅苦しいイメージがあって…だけど、この映画の予告編を観て、映像の美しさに魅了されました★(*^_^*)吸い込まれる感覚でしたね。早く観たくなりました!!
レビューありがとうございました!
11. Posted by    2006年05月15日 23:40
ラブストーリーとしてはあまりにも残酷。
そして人命の安さも、あまりにも残酷。

>人間の最大の武器は愛

同感です。
銃より、弾丸より愛!
12. Posted by purple in sato   2006年05月15日 23:40
睦月さん、こんばんはぁ。
フェルナンド・メイレレス監督に今回もやられてしまいました…たは
なんていい監督さんなのでしょうか…ふぅ
レイチェル・ワイズの強く逞しいだけじゃない妻として女性としてのやさしさが胸に詰まる作品でしたよ。
また、それ以上に魅せるアフリカの現状を映し出す画…なんとも相応しい言葉が見つかりませぬぅぅぅ

13. Posted by 悠雅様へ   2006年05月16日 01:12
■悠雅様へ
コメントありがとうございます!

うーん・・・ズーンとくる作品でした。
でもなにげに酷評している人が多いみたい
ですねえ・・・。この作品が響かない人も
やはりいるんだなあ・・。

ジャスティンの最後の決断が、決して正しい
とは言えないけれど・・・でも、妻をあんな
形で失い、自分も追われる身となって。
であれば・・・魂よ、テッサと共に。と考えてもありえる気がします。

人間の最大の武器は愛・・・そんなこと
書きながら、そのことを一番分かってないのは私なんだと思います・・・(泣)
14. Posted by kino様へ   2006年05月16日 01:16
■kino様へ
コメントありがとうございます。

この作品は、一番訴えたかったことが
明確化されてないところが・・・
なかなかに困難でした。

夫婦愛も描きつつ、極上の社会派サスペンス
も見せたい・・・いろんなテーマが含まれて
いて・・・どうにも哀しくなりましたよね。

宣伝ではかなり夫婦愛を強調していましたから、そういう意味では違和感を感じる作品だったのかもしれません。

15. Posted by ち〜ぼ様へ   2006年05月16日 01:18
■ち〜ぼ様へ
コメントありがとうございます!

ち〜ぼさんはサスペンスに重きを置いて
鑑賞されたんですね!
うんうん・・・ホントに良くできた
クオリティーの高いサスペンスだった
と思います。

緊迫感が途切れず、上手いなあと思いました!
16. Posted by 神楽様へ   2006年05月16日 01:21
■神楽様へ
コメントありがとう!

うん!これはね、オススメです。
物語展開は、いろんな企業の名前や人物の
名前が出てくるけど、案外分かりやすく
出来ている方だと思いますよ!

レイチェル・ワイズは『ハムナプトラ』の
女優さんだったんだねえ・・・。
なんだかずいぶん雰囲気が変わったなあ。
彼女の演技も大変に見ものです!!
17. Posted by コブタ様へ   2006年05月16日 01:27
■コブタ様へ
コメントありがとうございます!

おお!夫婦でご覧になったんですね!
それはホントに良かったわあああ!
オオブタさん、その気になってくれたの?

私もね、レイチェルよりもファインズの
佇まいが印象強いの。穏やかで物静か。
でも信念を持って一人で行く彼の姿には
ホントにキューってさせられました。

いい作品だったなあ・・・。
18. Posted by 隣の評論家様へ   2006年05月16日 01:32
■隣の評論家様へ
コメントありがとうございます!
ホント・・・なんだか久しぶりだ。
実は昨日の時点で隣の評論家さんの記事
読んでたんだけど、もう朝の5時だった。

あの少年・・・睦月もすごく印象に残ってる。これはあくまでもフィクションなんだろうけど、あまりにリアルに密着している
内容だったから・・・ずいぶん心に重かった。飛行機から一人で降りていった子供も
・・・ものすごい哀しかったな。

隣の評論家さん、体しっかり休めて!
映画に感化されるのは素敵なことだけど、
自分の生活は自分の目の前にしかないんだからね。無理はしないで・・・。
19. Posted by 狂犬様へ   2006年05月16日 01:33
■狂犬様へ
コメントありがとうございます!

これ、岩手でも公開してるでしょ?
ぜひ観て欲しいなあ。

決して笑いがある映画ではないけれど、
何かしら心に響くものはあるはず!
狂犬さんの感想もお聞かせください!
20. Posted by とんちゃん様へ   2006年05月16日 01:36
■とんちゃん様へ
コメントありがとうございます!

あのジャスティンが最後にとった決断
については賛否両論があるようです。
でもねえ・・・妻をあんな形で亡くし、
自分も追われの身となって・・・
であればやっぱ・・・魂はテッサと共に。
と考えても無理はないかなあと睦月は
解釈しました。

いろんなことが頭をめぐる・・・そんな
奥の深いいい作品だったと思います。
21. Posted by MOCO様へ   2006年05月16日 01:40
■MOCO様へ
コメントありがとうございます!

睦月ね、高校のとき、こんな社会派の
作品なぞに微塵も興味なかったよ(笑)。
やっぱ、その年齢や時期に見合った作品
をチョイスして、好きなものを観るのが
一番だったから。

とってもいい作品で、映像も美しかった
けど・・・やっぱかなり重い。
MOCOさんにもぜひ観てほしい。
今の観るのと、何年か後に再鑑賞するのとでは、また感じ方が違うと思うんだ。
22. Posted by 哲様へ   2006年05月16日 01:44
■哲様へ
コメントありがとうございます!

哲さん、ごめんね。たくさんTBもらってたのに・・・コメントのこせないでいました。

うん。
あまりに悲しくて、あまりに残酷。
この作品に付きつけられたことはかなり
心に重くのしかかりました。

全ての人が愛を武器に、思いやりを持って
互いを支えあえれば・・・もっと素敵な
世の中になるのに。
決してフィクションと割り切ることの出来ない作品でした。
23. Posted by purple in sato様へ   2006年05月16日 01:46
■purple in sato様へ
コメントありがとうございます!

この監督さん、素晴らしいですよね。
今後、さらに期待してしまいます。

私もこの作品を鑑賞した後、
記事を書くのにずいぶん時間を要しました。
言葉が・・・見当たらなくて・・・。

感じることはたくさんあるのにねえ・・。
でも感じることが一番大事なことかな。
24. Posted by ななな   2006年05月16日 16:08
睦月さん、こんにちわ。
「シティ・オブ・ゴッド」が意外にも重くなくどこか爽快だったのに対してこちらは重苦しい映画でしたね。
でもその分また力強くていい映画を観た気がします。
それにしても
こんな大規模でこんなことが起こってるなんてね・・・
現実にも絶対ありますよね。考えるだけで怖いです。
25. Posted by Ren   2006年05月16日 19:44
TBありがとうございました☆
もの悲しい音楽とアフリカの大地が美しくてよかったです。テッサとジャスティンの心情が説明不足な感じであまり入り込めませんでしたがフィクションでありながらやけにリアルな設定に見終わった後重苦しい気持ちになりました。もう一度じっくり見たい作品です。
26. Posted by ノラネコ   2006年05月16日 20:05
これはかなり好きです。
政治性を持った社会派サスペンスとしても興味深いですが、やはり切ないラブストーリーとして印象的です。
アフリカの大地の果てで、妻の愛を探す冒険映画。
サスペンスとしての謎に迫れば迫るほど、ジャスティンの心が妻の愛を理解して行く様がなんとも皮肉で、ある意味屈折した関係だけど、それ故ラストはなんとも言えない余韻がありました。
27. Posted by 朱色会   2006年05月16日 21:09
5 睦月さんは「アンジェラ」と一緒にみたのですか。私は「明日の記憶」と観ました。そこで、鑑賞記も一緒くたにしていますので、もしご覧になるのである予定?であればその後にご覧ください。さて、ナイロビの蜂ですが、テッサの行動理念をどぅ捉えるかにより、受けての捉え方はかなり異なるようです。朱色会としては、テッサはジャーナリズムがプライオリティとしてジャスティンより高いのではないかと感じ、かつ、ジャスティンの行動が男としてかなり受身のように感じそれほど感情移入できなかったのですよ!話としてはよくまとまっていたと思います。ゼンゼン関係ないですが、貴ブログは文字ちぃちゃすぎておぢさんには辛いっす。
28. Posted by ななな様へ   2006年05月17日 01:56
■ななな様へ
コメントありがとうございます!

同じ社会派モノでも、『シティ・オブ〜』
とは全く違う印象の作品。
でもやはりいずれにしても、心にドッカーン
と衝撃を受けました。

あくまでもフィクションなはずなのに、
どこまでもリアルに近い感じがして・・・
悲しくなりました・・・。
29. Posted by Ren様へ   2006年05月17日 01:59
■Ren様へ
コメントありがとうございます!

やはり、どの方もジャスティンとテッサの
心情描写の希薄さを指摘されますねえ。
私としては、凹と凸のように最初から
運命的に惹かれ合った2人なんだろうと
解釈して、そこらへんはあまり
気に留めませんでした。

現実に十分ありうる物語でしたよね。
フィクションだと割り切ることが出来なくて
大きな衝撃を受けました・・・。
30. Posted by ノラネコ様へ   2006年05月17日 02:03
■ノラネコ様へ
コメントありがとうございます!

私もこの作品、かなりキテしまいました。
ノラネコさんはラブストーリーに重きを
置いてこの映画を鑑賞されたんですね。
上質なサスペンスとあまりに切ない夫婦愛
が、絶妙に絡み合った非常に上手い作品
だと思いました。

屈折した関係・・・かあ。

たしかにそうですよね。
それがきっとそのままラストに反映された
ような気がします。ジャスティンの最期の
決断・・・うーん、あまりにやるせないです。
31. Posted by 朱色会様へ   2006年05月17日 02:13
■朱色会様へ
コメントありがとうございます!
『明日の記憶』は鑑賞予定でございます。

たしかに。
テッサの方がずいぶんたくましくて、
信念も強い。ジャスティンは、穏やかで
妻の行動にも仕事にも干渉しない、
理解のある夫・・・でもその放任さが
受身な印象ももたらしますね。

あの夫婦・・・少しいびつだったかも。

ところで、朱色会さん。
文字の大きさは朱色会さんのPCで調整
してぇ。だって、ココは文字の大きさ
変えると全て改行など崩れるんだもん。
しかも朱色会さん、まだおっさんじゃない
でしょぉぉ・・・。
32. Posted by satty   2006年05月17日 11:54
TBありがとうございました!
そして、こちらの記事にもTBさせて頂きました。
ずっと公開を待ちわびていたのですが、期待通り深くて厚い素晴らしい作品でした!!
サスペンスとラブストーリー、アフリカの景色の美しさとその裏にある問題などなど
凄くバランスが良かったと思います
そしてラストは本当に切なかったです。。

また、お邪魔させて頂きます。
よろしくお願いします!



33. Posted by swallow tail   2006年05月17日 17:11
睦月さん、こんばんは〜。

初日は大入りでしたか・・・
スワロは気合入れて開館前に並んでいたのに意外にも空いていました・・・
でもでも、本当に期待を裏切らなかった!
切なさと感動が織り交ざったうえに
アフリカの窮状も考えざるを得ないこの作品。
レイフの何とも言えない表情が頭から離れません。

・・・恋したい・・・
34. Posted by satty様へ   2006年05月18日 00:43
■satty様へ
コメントありがとうございます!

とてもいい作品でした。
サスペンスとラブが上手く絡み合って、
物語としても、ホントに上手く
まとまっていたように思います。

あくまでもフィクションなのに・・・
リアルに胸に迫ってくるものが多くて
かなり心に響くものがたくさんある
作品でした。
35. Posted by swallow tail様へ   2006年05月18日 00:48
■swallow tail様へ
コメントありがとうございます!

あれれ?
スワロさんとこは空いていましたか。
意外だわ・・・。

それでもホントに素晴らしい作品でしたよね。観ながらに、いろんな感情が胸を突いて
・・・ホントにやりきれなさと切なさで気持ちがゴチャゴチャになりました。

あんな夫婦愛を見てしまうと・・・
ホント、恋がしたくなりますよね。
・・・めっきり恋愛してないなあ(泣)
36. Posted by CINECHAN   2006年05月21日 13:43
睦月さん、こんにちは。
満点ですね。
これはサスペンスを絡めてますけど、やっぱりラブ・ストーリーなんでしょうね。ジャスティンが妻を知っていくようになり、彼女の心とシンクロしていく感じがよく出てました。
ラストも私は好きですよ。
評価は分かれているようで、万人受けする感じではないですね。
でも映画館は7割がた埋まってましたよ。
37. Posted by orange   2006年05月22日 00:12
睦月さん☆こんばんわ〜!
この作品は、本当に良かったです。
監督の手腕には脱帽モノですね!
賛否両論分かれておりますが、事なかれ主義の外交官から、妻の愛の深さに気付いていく男をレイフ・ファインズが見事に演じていて感嘆いたしました。
社会派の部分とラブストーリーの部分が見事に融合していて観終わった後は思わずうなってしまう出来の作品でしたね。
人の命は生れ落ちた環境によっては変わらない唯一無二なものだと僕も思います。
こんな夫婦愛・・・見事でした♪
38. Posted by CINECHAN様へ   2006年05月22日 03:43
■CINECHAN様へ
コメントありがとうございます。

うんうん。
とてもいい映画でした。ラブとサスペンス
を上手い具合に絡めて、大変見ごたえのある
ものに仕上がっていたと思います。

やっぱね、賛否両論はあるみたいだけど
私は好き。見終わったとき、心が重くて
苦しかったけど・・・。
39. Posted by orange様へ   2006年05月22日 03:46
■orange様へ
コメントありがとうございます!

この監督さん。作品数は少ないけれど、
ホントに素晴らしい手腕の持ち主だと
思います。これからの作品がホントに楽しみ!
レイフ・ファインズ・・・ホントに良かった!彼にもなにか賞をあげたいくらい!!

社会的な問題の浮き出し方も、かなり
リアルで・・・ホントにたくさんのことを
考えさせられました。
40. Posted by ゆづ   2006年05月24日 00:30
睦月さん、こんにちは。
私も「アンジェラ」と2本立てで観てきました。

ラブストーリ、サスペンス、社会派でもあり要点がいろいろあるので、
はじめのうちは戸惑ってしまいました。

でも、最初は大人しく見えたジャスティンが
行動を起こしどんどん逞しくなり、
どことなくテッサのようになっていく過程に興味を魅かれました。
私にとってはラブストーリーだったかな。
41. Posted by ゆづ様へ   2006年05月25日 01:09
■ゆづ様へ
コメントありがとうございます!

そうそう。
これはラブとサスペンスを実に巧妙に
絡めたものになってましたよね。
私はどちらかというとサスペンスよりで
観てました。

でも、妻を亡くしてから初めて、
妻に近づいて、妻のことを理解していく
なんて・・・少し切ない関係ですよね。
42. Posted by あっしゅ   2006年05月27日 11:30
コメントありがとうございました。あっしゅです。
この映画は本当に”恋愛映画”として観たものですから感情移入することが出来ませんでした。前半は奥さんがあまりにも旦那より仕事を優先し、旦那はかわいそうだなぁって正直思いました。ナイロビの景色は壮大で、製薬会社の実態などサスペンス的な展開にかなりがっかりしてしまいましたねぇ。DVDが出たら、見方を変えてみてみたいと思います。
43. Posted by あっしゅ様へ   2006年05月28日 23:30
■あっしゅ様へ
コメントありがとうございます!!

そうねえ。
この作品は、見方の違いで大きく感想も
変わってくるものと思います。
睦月もね、置いてきぼりな感じのダンナさん
は気の毒にも思えました。

サスペンス要素を全く期待しないで観ると
結構肩透かしな印象もあるかもしれません。
いろんな受け捉え方ができる作品。
ぜひ次はサスペンス要素に重きを置いて
鑑賞してみてくださいな!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔