2006年09月25日

フラガール

フラガール

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆

 私、生粋の東北人です・・・

 

監督:李相日
出演:松雪泰子,豊川悦司,蒼井優,山崎静代,池津祥子
制作年・国:2006/日
鑑賞日:2006/9/25:シネカノン有楽町
系統:ドラマ
配給:シネカノン

ストーリー:福島県のとある炭鉱町。石炭よりも石油がエネルギー源として有効化してきたこの時代の波に、町は閉鎖に追い込まれていた。多くの従業員が解雇に追い込まれる中、この町を常夏のハワイに変えようと人々は立ち上がる。町の少女たちは、東京から来たプロのダンサー平山まどかの指導のもとフラダンスを踊り始めるのだが・・・。


評:『スクラップ・ヘブン』などの李相日監督の最新作。
本作品は、昭和40年代福島県の炭鉱町であるいわき市を舞台に、そこに誕生した『常磐ハワイアンセンター』にまつわる実話をもとに映画化。
米アカデミー賞外国語映画賞・日本代表作品にも選出された作品でもある。


この作品、公開前から実に評判が良かった。
公開されてからも、この作品に低い評価をつけているレヴューは見たことがないほどだ。きっと・・・鑑賞しながらに一粒の涙も流さなかった人はいないに違いない。

        しかし。風当たりが強くなることを承知で正直に書こう。

       すみません。私は一粒も涙を流しませんでした・・・(大泣)。


私の故郷は岩手だ。バリバリ生粋の東北人で、つい1年半前までの二十数年間・・・あの雪国のド田舎で生まれ、育ち、暮らしてきた。
東北人というのは実に仲間意識が強い。青森・秋田・岩手・宮城・福島・山形の6県が、゛東北゛という一つの地域であるという認識がとても強い。

    「おら、岩手出身だあ」「ええ?おめ、岩手かあ?!おら青森だあ!」

         「おんなじ・・・東北人だべえ!!ヒャハハハハ♪」

・・・ってな按配だ。今こうして東京に身を置いていても、偶然に東北出身者に出会うと非常に嬉しくなるものだ。互いに方言をぶちまけてもだいたいの場合、会話は成り立つ。

この作品に関しても、同じ東北の福島県が舞台と言うこともあって鑑賞しに行った。
でも実際のところ・・・・個人的には東北を舞台にした映画を観るのはあんまり好ましいと思わない。

  他の東北人や、舞台となった福島県人が観たらどう思うかは分からないけれど。

 やっぱりこの作品も、東北の描き方がオーバーでやりすぎな印象が強いんだよね。

いつも思う。東北地方を舞台にしたドラマでも映画でも番組でも、何となく自分らの故郷をバカにされているような気分になるなあ・・・と。
まるで外国人が「日本にはサムライがいる」といまだに信じているように、世間から見た東北のイメージというのはあんなものなのか・・・と。

 そりゃあ、たしかにド田舎だ。あんな故郷、大嫌いだ。けど、やっぱ愛している。
     だから、東北が舞台となるとどうしても観る目が厳しくなってしまう。


とりあえず自分がスーパーカントリーウーマンであることを忘れて、映画を素直に観ようとしても・・・もう無理だったな(苦)。
のっけから、あのオーバーな方言の使い方やら、田舎を笑いに転じようとする物語の展開やらに虫唾が走って・・・完全に興ざめしてしまった。

あ、でも。普通の人なら心地よく笑えて、さわやかに感動できる作品と思いますよ。


決して新鮮味のある物語ではなくて、言ってしまえば先が読めちゃう感動ストーリーだけれど。
閉鎖的な田舎町で変わっていくことを拒む者、時代の流れに戸惑う者がいる一方で、新しい可能性に挑戦する者、一粒の夢に希望を見出す者がいて。その狭間で揺れ動く人間ドラマがとても上手く描かれていると思う。

町を拓こうとする新しい風と、それをかたくなにさえぎろうとする壁のせめぎあい。それでも・・・フラダンスという一つの要素が町に、人々に、変革をもたらす様は思わず胸にズンとくるような感情を巻き起こしてくれる。

 フラダンスの舞台のシーンなんか、大きな拍手をしたくなるほどの圧巻っぷりだ。
            この場面はホントに素晴らしい。


それでも、結局・・・私は涙の一つも流さずにさっさと席を立ってしまった。
この物語に描かれているように、働き口がないとか、生きていくのに精一杯とか、閉鎖的な環境で暮らすこととか・・・だからこそ都会に嫉妬したり憧れたり、新しい風に触れたいと願うこととか。それでもその場所から離れられないこととか・・・。

       ぶっちゃけ、そういうこと・・・長いこと経験してきたから。

      今更、私の中で新しい感動になることはなかったというのが本音だ。

この物語と、時代も場所も環境も違うかもしれないけれど、同じカラーを含んだ暮らしは今でも尚私の体にしっかり刻まれているんだよなあ・・。

そんな故郷から出てきてしまった自分のふがいなさが・・・素直な感動を生めない性質にしたのかもしれない。

clockworkorenge at 23:59│Comments(87)TrackBack(72)clip!映画論 は行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「フラガール」 涙・涙・・・  [ 目の中のリンゴ ]   2006年09月26日 01:10
楽しみにしていた映画でした! 公開初日、早速観てきました。 「フラガール」 (2006年・日本) 福島県の常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生秘話とも言える物語。 昭和40年、衰退する炭鉱の街をなんとか甦らせようとする 一大プロジェクト、...
2. フラガール  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2006年09月26日 01:32
              評価:★10点<+1点>(満点10点) 監督:李相日 主演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 池津祥子    岸部一徳 富司純子 2006年 120min ダンスの教師と少女達の友情と成長を...
3. フラガール・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年09月26日 01:32
今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。 斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った??
4. 映画〜フラガール  [ きららのきらきら生活 ]   2006年09月26日 06:47
  「フラガール」公式サイトあやうくスルーしそうになった。。。!気づいてよかった。。。 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワ...
5. ♪〜最近バトン〜♪  [ きららのきらきら生活 ]   2006年09月26日 06:53
いつも面白い文章で深く映画を語っている、「カリスマ映画論」の睦月さんから『最近バトン』なるものをいただきました〜睦月さん♪アリガトウ最近のワタシ、、、特に何もない平凡な日々ですがやってみたいと思います 1.最近の嬉しかったことは? 毎度!おばばか発言でも...
6. 映画「フラガール」を観て  [ とみのひとりごと ]   2006年09月26日 14:51
 愛、勇気、希望、涙・・・。
7. フラガール  [ Akira's VOICE ]   2006年09月26日 17:44
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
8. *フラガール*  [ Cartouche ]   2006年09月26日 20:28
{{{      ***STORY***           2006年    日本 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセン...
9. 『フラガール』  [ Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐ ]   2006年09月26日 22:03
「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私たち観客も、...
10. 37 フラガール  [ 毎週水曜日にMOVIE! ]   2006年09月26日 23:08
この試写会もすごく盛況。私もとても見たかったのでうれしかった。だいたい松雪泰子はきっぷがよくて素敵だし、蒼井優は宮崎あおいと並んで、今後の日本映画を支えていくでしょう。 昭和40年。炭鉱の町常磐は石油に取って代わられる時代の波においていかれそうでした。 ...
11. フラガール  [ 何を書くんだろー ]   2006年09月27日 00:03
「フラガール」 評価 ★★★★★★★★★★ (絶対的賞賛作品) 『あらすじ』  昭和40年、福島県いわき市。炭坑町として賑わいを見せるも時代の移り変わりより石炭から石油へ とエネルギーの需要は移ってゆく。そんな町で暮らす高校生の早苗は、通学...
12. 『フラガール』鑑賞!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2006年09月27日 00:23
『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター ★(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生を支えた人々の奇跡の実話 まちのため、家族のため、友のた...
13. 【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年09月27日 02:24
4 昭和40年 東京から来た カリスマダンサー 集められた 炭鉱の娘たち 北国を常夏の楽園に!! 40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 人生には降りられない舞台がある――― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のために、少女....
14. 「フラガール」無謀な夢構想を現実にした炭鉱の人たちと娘たちの情熱ダンス  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年09月27日 05:53
5 「フラガール」は昭和40年に炭鉱の町だったいわき市に炭鉱に変わる事業として炭鉱会社が構想した「常磐ハワイアンセンター」開場までを描いた実話のドリームストーリーである。当時海外旅行(ハワイ旅行)が夢だった時代に全くあり得ないシュチエーションの構想に色々な不....
15. フラガール  [ ビター☆チョコ ]   2006年09月27日 22:48
昭和40年、炭鉱の町福島県いわき市。時代の変化とともに日本中の炭鉱が閉山に追い込まれ、いわきの常磐炭鉱も例外ではありませんでした。炭鉱の縮小に伴う大量の解雇は住民に大打撃を与えます。そんななか、会社は雇用の場を確保するため坑道に噴出す温泉を利用して炭鉱の...
16. フラガール  [ とっさの絵日記 ]   2006年09月28日 16:07
エンドロールで流れるジェイク・シマブクロのウクレレの音色が優しくて優しくて心に
17. フラガール  [ ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre! ]   2006年09月29日 11:43
監督=李相日。脚本=羽原大介。撮影=山本英夫。美術=種田陽平。音楽=ジェイク・シマブクロ。 本年度・アカデミー外国語映画賞候補の日本からの選出作品。 福島県の常磐ハワイアンセンター誕生の実話映画化。☆☆☆☆★
18. フラガール:魂の舞い  [ ぼんぼん雑記 ]   2006年09月29日 12:05
蒼井優が舞う。 松雪泰子も舞う。 だけどやっぱり蒼井優だ。 あの『花とアリス』の名シーンのように 蒼井優の見せ場。 ストーリー自体より 蒼井優の魂の舞いに涙する。 蒼井優の存在に涙する。 生きる鼓動がつたわって 体の芯につたわって 何か原初的な衝動が甦るのだ。
19. *フラガール*  [ Cartouche ]   2006年09月29日 22:35
{{{      ***STORY***           2006年    日本 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセン...
20. 映画「フラガール」  [ いもロックフェスティバル ]   2006年09月29日 23:27
映画『フラガール』を観に行った。 男女問わず年齢層問わず、人にオススメできる映
21. 『フラガール』★★★★★★★★☆(8.5点)  [ ginpeichanの映画日記。 ]   2006年09月30日 13:46
というわけで、昨夜観てきました『フラガール』。 結局今月は、『ユナイテッド93』、『グエムル』と、映画館で3本の映画を観たんだなあ。 あまり観てない印象があったんだけど。 で、ともかく『フラガール』。 先日ここでも書きましたが、僕はこの映画の舞台になった「...
22. '06-081 『フラガール』  [ 闇に歌えば ]   2006年09月30日 18:04
ぶっちゃけ「実話を基にした感動作」ってやつが苦手だ(^_^;) あちきが映画に求めているのが「虚構の世界への逃避」だからだろうか 蒼井優が出演していなければこの作品も観ることはなかっただろう と、あちきの好みは置いておいて\(゜ロ\)(/ロ゜)/■
23. 真・映画日記『フラガール』  [ CHEAP THRILL ]   2006年09月30日 18:26
9月28日(木) 久々によく晴れた一日。 少し暑い。 仕事はそこそこ。 夕方、「チケットフナキ」虎ノ門店に寄る。 『フラガール』を見る予定だが、 時間がぎりぎり。 念のため、9月限定の株主優待券ではなく、 年末まで使えるやつを買う。1300円。 午後6時半...
24. 『フラガール』  [ **Sweet Days** ]   2006年09月30日 19:27
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計画が持ち上...
25. フラガール  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2006年09月30日 22:46
 日本  ドラマ  監督:李相日  出演:松雪泰子      豊川悦司      蒼井優      山崎静代 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり閉山が 相次ぎ町は先細りの一途をたどっていた。そこで起死回生のプロジェクトとし て...
26. そうかもしれない/フラガール  [ 朱色会 ]   2006年10月01日 00:16
「今」や「現実」につながる2本の『泪』映画を拝見した。 私のなかでは今年度の日本アカデミーは決定したといえる。 主演女優賞:雪村いづみ 助演男優賞:阿藤快 作 品 賞:フラガール どちらも、人間、とくに女の人生を描いた良品だった。つまるところ、大いに感動...
27. フラガール  [ skywave blog ]   2006年10月01日 14:25
人の本音の部分は、生まれ育った地域の言葉で思考する。お国言葉・方言の’チカラ’を、感じました。 昭和40年、炭鉱の町いわき。石炭から石油の時代の波に飲み込まれようとし
28. フラガール  [ 映画を観たよ ]   2006年10月01日 20:00
すんごくステキな映画! いつも通りの展開だと思ってたんですよね。 最初は色々あるけどみんなで解り合って頑張って最後には大成功!っていう展開だと思ってたら違った! いや、展開はいつも通りなんだけどフラにかける思いが違う! だって生活と未来が懸かっているんですも...
29. 映画鑑賞記「フラガール」  [ けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ ]   2006年10月01日 21:07
鑑賞日:06.10.01 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  常磐ハワイアンセンター(現在は、スパリゾートハワイアンズ)の誕生物語。そこには、日本の産業を支えてきた炭鉱の落日を前に、炭鉱の町を「常夏の楽園」に変えようと奮闘する炭鉱娘たちのドラマがあった...
30. 過剰な人情@フラガール  [ 憔悴報告 ]   2006年10月02日 11:46
どうしてこんなに人情人情また人情と、観る者の共感を得たいというシーンが次々に画面を支配するのか、おれにはさっぱり理解できない。
31. 「フラガール」■転換期に何を選ぶか?  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2006年10月03日 00:26
この作品の概要を読んだときには、「プロジェクトX」か「スゥイング・ガールズ」のような内容を予想したのであるが、実は違った。時代が変わるとき、環境が変わるとき、それも自分の人生や生活の中心にあったものが消えようとしているときに、人々はどのような選択をする...
32. フラガール  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年10月03日 00:26
一部、ベタだ、ベタだ、という意見もあるだろうが、ベタでなければ映画ではない。「プロジェクトX」のようなドキュメンタリーになってしまうだろう。 映画だからこそ、笑いあり、涙ありでいいのだ。 スーパーマン・リターンズを抜いて今年ナンバーワン!
33. フラガール  [ It's a Wonderful Life ]   2006年10月03日 20:38
炭鉱が出てくる映画にはいい映画が多いんです! 以前、めちゃめちゃ好きな作品 リトルダンサー」の感想を書いたときに、 「フル・モンティ」「遠い空の向こうに」「ブラス」を勝手に 「炭鉱4部作」って書きましたけど(笑) この映画も内容聞いてもしや?って...
34. 『フラガール』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年10月03日 21:44
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一徳、高橋克...
35. フラガール   [ シュフのきまぐれシネマ ]   2006年10月04日 08:57
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンター」が誕生...
うっ! キ・・キタ━━━━(T∀T)━━━━!! な・・涙が止まらないよ〜 でも・・・オレだけじゃないよ。 場内の暗闇のあちこちから聞こえる。 グスグスと鼻をならす音 どんなに辛く悲しくても    「おどっぺ」と未来に向う彼女らに もう館内総泣き・・・でもいいじゃ...
37. 涙と感動!フラガール♪  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年10月05日 00:10
  涙が止まらない映画「フラガール」昭和40年石油の登場によって、閉鎖を迫れる炭鉱町。その北国の町を、常夏の国ハワイに変えようという起死回生の大プロジェクトが持ち上がった。目玉となるのはフラダンスショー誰も見たことがないフラダンスを炭鉱娘に教えるために東...
38. 「フラガール」を観る(ネタバレあり)  [ ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版) ]   2006年10月08日 09:12
 今日は盟友N氏とシネマサンシャイン沼津で「フラガール」を観てきた。N氏が注目し
39. 『フラガール』・試写会  [ しましまシネマライフ! ]   2006年10月08日 19:44
今日は某インターネットポータルサイトで当選した 『フラガール』の試写会に行ってきた。 《私のお気に
40. 「フラガール」 人を育てるということ  [ はらやんの映画徒然草 ]   2006年10月08日 23:17
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
41. シネカノンの挑戦!『フラガール』  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2006年10月09日 20:20
後半1/3は泣きっぱだった。 (/_<。)ビェェンどーしょーもない『涙そうそう』(レビュー)の翌日に観たから、その分泣けたのかも(爆)『涙そうそう』の舞台挨拶チケ取りの為に、この舞台挨拶を回避したのが悔やまれる。キャストと一緒に泣きたかったわぁ。・°°・(&gt...
42. ★「フラガール」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年10月10日 05:20
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
43. 『フラガール』☆ツタヤ映画DVD鑑賞  [ 子供のツタヤ映画DVD鑑賞 ]   2006年10月10日 08:15
『フラガール』 今日も少しいつもと違いますが、今一番みたい地元映画!! を紹介しちゃいます。 YU『いま一番みたい映画だよね。実はたいしたことないって思ってたんだ』 MI『なんていったって地元の映画だからね。 こんな田舎の映画では・・・そう思うのも無理ないよ...
44. フラガール  [ 映画通の部屋 ]   2006年10月10日 19:40
「フラガール」 製作:2006年、日本 120分 監督、脚本:李相日 出演:松雪
45. フラガール [監督:李相日]  [ 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ ]   2006年10月11日 01:27
知ってか知らずか、私の思い込みか、これまで見てきた様々な映画が頭をよぎる ストーリーの基本ラインは「フルモンティ」と「リトルダンサー」足したような感じ(ってことは「ウォーター・ボーイズ」にも似てるんだ)。女の子たちが何かに挑むってところで「スウィング・ガール...
46. 106.フラガール  [ レザボアCATs ]   2006年10月18日 00:25
シェアブログ1567に投稿 もう、この作品、まず第一に舞台設定が最高だ!!常磐ハワイアンセンターと聞いて、なんだか知らないがアツイものがこみあげてくる自分がいるんですよ。
47. 「フラガール」  [ 今日も夜更し ]   2006年10月20日 16:27
月曜(16日)お茶詰め終了。というより船便で届いたお茶が全部片付いた、ということ。予定450個のうち323個出来上がったのであと130弱あればよいわけで、それはいつ届くか分からないそうだ。上海でお茶の葉の区分けをしているらしいのだが、とにかく木の枝や関...
48. フラガール  [ 日々徒然ゆ~だけ ]   2006年10月23日 15:17
 松雪さんや蒼井優の頑張りや,サプライズ・しずちゃんの意外な個性派女優っぷりに目を奪われるんだが。  ホントは素直に感動したいのに,なんでこんなに雑でおざなりなんだ。
49. フラガール 06年205本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年10月24日 03:06
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 今年見た中...
50. 映画【フラガール】  [ ぱんどら日記 ]   2006年10月24日 13:20
福島県いわき市の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)には子供のころ連れて行ってもらったことがある。私を含め、そういう思い出を持つ宮城県民は非常に多いと思う。 夏休みで、その日は「ピンクレディー??
51. 新たな時代を築くのはアマっ子たち  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年10月25日 01:12
224「フラガール」(日本)  昭和40年福島県いわき市。押し寄せる時代の波で閉鎖に迫られる炭鉱。そこで北国をハワイにしようというプロジェクトが持ち上がり、地元の女性からフラダンスのダンサーを集めることに。東京からダンサーの教師として平山まどかがやってく...
52. フラガール  [ いろいろと ]   2006年10月26日 02:38
全国一斉ロードショーより2週間送れて 先週の土曜より公開されているフラガール を
53. 「フラガール」を観る  [ 紫@試写会マニア ]   2006年10月26日 18:26
秋から冬に向かうこの季節であっても、話題沸騰の満員御礼の話題作「フラガール」を観てきました。(やっと!です。) 公開前から話題も多く、公開後もかなりの評判で、私が観た回も早いうちから‘札止め’でした。 評判もさることながら、私がこの作品を観たかった「...
54. フラガール  [ Johnnyダイアリー ]   2006年10月28日 13:39
炭鉱娘、フラガールになる! フラガール2006年日本公開監督:李相日【平山まどか】松雪泰子【谷川洋二朗】豊川悦司【谷川紀美子】蒼井優【熊野小百合】山崎静代あらすじ昭和40年。福島の常磐炭鉱は、石油などの普及により閉山の危機を向かえていた。この危機を救うため炭...
55. フラガール  [ シネクリシェ ]   2006年11月03日 21:17
 観る予定はありませんでしたが、評判がとてもよさそうなので観ることにしました。  舞台は40年前の炭坑の街磐城。斜陽の街で雇用を確保しをなん
56. [ フラガール ]南の国からの贈り物  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年11月05日 14:26
[ フラガール ]@渋谷で鑑賞 心振るわされたエンターテイメントムービー。 本州最大の常盤炭鉱が、時代の流れとともに閉山を迫られ る中、町の復興を目指して誕生した常磐ハワイアンセンタ ー(現:スパリゾートハワイアンズ)。本作は、この一大プ ロジェクトを支え...
57. NO.177「フラガール」(日本/李相日監督)  [ サーカスな日々 ]   2006年11月08日 16:31
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「地雷を踏ん...
58. フラガール 2006-64  [ 観たよ〜ん〜 ]   2006年11月25日 07:30
「フラガール」を観てきました〜♪ 昭和40年、炭鉱の町磐城では、炭鉱閉鎖による大幅な人員削減が行われており、街全体が沈んでいた。そんな中、炭鉱から湧き出す温泉を利用するハワイアンセンターの建築というプロジェクトが計画される。センターの目玉は、本格的なフ...
59. フラガール at アミューズCQN  [ 備忘録 ]   2006年12月09日 15:38
今年度のアメリカ、アカデミー賞の日本代表作品は実際にあったことを題材にした笑って泣けるドラマ。 「フラガール」 2006年日本  監督:李相日 出演:松雪泰子    豊川悦司    蒼井優    富司純子 公式
60. 「フラガール」★★★★  [ JoJo気分で映画三昧!+α ]   2007年02月21日 21:16
<a href="http://pub.ne.jp/TSURUkame0701/image/user/1170776250.jpg" target="_blank"></a>昨日、感想をアップするつもりでしたが、力尽きて(←・・・)今日にまわすことに??。日本アカデミー賞10部門受賞、その他各賞多数受賞、さらに米アカデミー賞最優秀外国語...
61. フラガール−(映画:2007年25本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年02月24日 23:23
監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子 評価:96点 公式サイト 先日、第30回日本アカデミー賞を受賞。 蒼井優は助演女優賞を受賞。 評判どおりの素晴らしい映画だった。 しかし、しずちゃんの汚い泣き顔にもらい泣き....
62. フラガール  [ Extremelife ]   2007年02月25日 13:03
炭坑の閉山で活気を失った町の再生を期して計画されたレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”(現・スパリゾートハワイアンズ)誕生にまつわる感動秘話を映画化したハートフル・ストーリー。施設の目玉となるフラダンスを教えるため東京から呼び寄せられたダンス教師と地...
63. 【 フラガール 】  [ +++ Candy Cinema +++ ]   2007年03月04日 20:47
◆監 督   ・・・ 李相日 ◆脚 本   ・・・ 李相日/羽原大介 ◆音 楽   ・・・ ジェイク・シマブクロ ◆CAST   ・・・ 松雪泰子/蒼井優/豊川悦司/岸辺一徳/富司純子/山崎静代/            池津祥子/往:????
64. フラガール  [ to Heart ]   2007年03月12日 20:57
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ドラマ。 時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭坑の村では、危機的な状況の中、炭坑で働く人々はツルハシを捨て、北...
65. フラガール  ☆☆☆★★★  [ 旭のほとりで ]   2007年03月17日 23:00
 主演 蒼井優  評価75 内容 廃止寸前の炭鉱の町に出来る、「ハワイアンセンター」をめぐって、娘たちの青春と炭鉱夫たちの生き方を描いたヒューマンドラマ。 感想  本命は期待通り ◇ 感動できる  人物に魅力があるから話に入りこめるし、....
66. フラガール  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2007年04月07日 22:02
★★★★☆  常磐ハワイアンセンターが出来た当時のことを覚えている。なぜ福島で常磐ハワイなのか、なぜ日本人がフラダンスを踊るのか。ダサイとしか考えられない年頃であった。 この映画の予告編を観たときも、やはりダサイ映画という印象が先行してしまった。ところが上
67. フラガール&ベノワ  [ 別館ヒガシ日記 ]   2007年06月27日 19:09
フラガールは内容が実際の話が元になってる昨年の邦画No.1だったけど 全体的に良くて最後の方のフラの所は泣く事は無かったけども凄く感動して 松雪泰子の先生に蒼井優と富司純子の親子なども凄く良く大満足だったし ベノワは今も受け入れる事は出来ず悲しいが謹んで...
68. フラガール  [ bibouroku ]   2007年07月03日 20:26
ずっと観たかったフラガールを観ました。 昨年度の日本アカデミー賞作品賞をメジャー配給会社ではなく、 インディーズ系の会社が受賞した初(だと思う)の作品です。 メジャー3社持ち回りで作品賞を受賞してるという印象が強い中、 すごい快挙だと思います! アメ
69. フラガール  [ Yuhiの読書日記+α ]   2007年07月28日 12:25
まわりの評判が良かったので、ずーっと見たいなと思っていた作品でした。見てみると、評判通りなかなかグッド{/star/} かなーりベタな展開なんだけど、じーんと心に響くものがありました。(泣けるとまではいかなかったですが)それにシリアスさとコミカルさが丁度いい感じな...
70. フラガール  [ mama ]   2008年02月13日 18:12
2006年:日本 監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、富司純子、豊川悦司、高橋克実、岸部一徳、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝 昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなく....
71. フラガール  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年10月15日 20:18
 『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇跡....
72. 完成! 「フラガール」  [ ポータブルDVDによる 車内鑑賞レビュー ]   2008年10月21日 00:21
まず、映画自体の感想を述べる前に、東北の寒村に ハワイ を作ってしまった当時の経営陣に心から敬意を表したいと思う。 炭鉱の閉山の..

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   2006年09月26日 01:05
地方を舞台にした作品の難しさですよね。その地方出身者が描くと思い入れから内容が濃くなったり、東京にいる人が描くと地方の良さがわからず内容が薄くなったりと。
私は関西人ですが、時々関西をなめるな!と思うものに出会うこともあります。もっとリサーチをしてから映画を作ってほしいものですよね。
2. Posted by kino   2006年09月26日 01:14
こんばんはー。
しょせん他人事だから感動したー!といえるんだろうか・・・。
まぁ、いくら事実に基づいているとはいえ、
感動エピソードのほとんどはフィクションだろうし。
それでも、単純に感動してボロ泣きだったヤツは私です。
そんな感想にTBさせていただくのは気がひけますが、
睦月さんの仰ること、なるほど・・・と思いました。

3. Posted by 朱色会   2006年09月26日 01:17
5 いいたいことはよくわかります。
私も東北人ですから。

誰にとっての映画であるのか
というところじゃないかと。つまり、東北を表現するためのデフォルメはある程度はしょうがないのではないかと。

…へばおれもみでくるな。
(千葉ではまだやってない。・・・苦
4. Posted by あっしゅ   2006年09月26日 01:39
こんばんわ☆あっしゅです。
ご無沙汰しておりまする!
ボクは10点+1点という、最強の感動∞という評価をつけてしまいました、、、。
が、、、、、、、、、、、、、、、、。
泣けなかったのですねぇ、、、。ボクは史上最強に泣いてしまったのですが。

でも睦月さんの言いたいことはわかります、、、。
ボクはこんなすばらしいイベントを町挙げて成功したということはすばらしいことだと思いました。すごく温かみがあるし、、、。
これこそ今日本人にかけているものだなって実感できましたよ。
感動をありがとうと言いたいです!
5. Posted by ノラネコ   2006年09月26日 01:43
ありゃ、意外な点数!と思ったけど、レビュー読んでなるほどねえ・・・。
東北人ならではという気もするけど、東北人なら絶対感動すると主張してる人もいるから、やはりその人の持ってる何かと映画の関連性かな。
ある意味で、睦月さんはこの映画に凄く入ってたんじゃないかな。
入ってるからこそ、感情移入できないって事もあるよね。
私なんかは、常磐ハワイアンセンターのノスタルジックな思い出にどっぷり浸って、実に楽しい二時間を過ごせました。
でも、まあ昭和40年代の田舎って、今とは比較にならないくらい滅茶苦茶田舎でしたよ。
私の実家あたりでも、ちょっと駅から離れたあたりに行けば女の子が「オレはさぁ」って言ってたものなあ。
今じゃ方言自体が絶滅しちゃったから、まったく別世界。
時代は変わる・・・
6. Posted by ひまわり   2006年09月26日 01:43
お久しぶりです〜睦月さん!!
お話がしたかったぁ…最近なかなかお邪魔できなくて(涙)
フラガール見たんですね。私は見てません。見ないと思います…(汗)私も東北が舞台の映画とか見るの好きじゃないんです。理由は睦月さんと同じです。
私は山形ですけど、ドラマとかでも田舎の廃れた町という設定で、山形が多く登場したりします。確かに田舎だし、東京から比べたら何もないですが…ドラマなどで出てくる程ひどくありません!!と東北人としての誇りを持って断言します(笑)電気も水道もガスももちろん通っていますし、家だって茅葺き屋根の家なんかじゃないですし(笑)訛っていますが、あれほどひどくは無いんじゃないかと…
7. Posted by ひまわり   2006年09月26日 01:45
(上の続きです)

ドラマなどで山形が登場するたび、こんなんじゃないよ!!と憤りつつ、やっぱりこう見えるのね…と切なさを感じてしまう私です。公開される映画が少ないとか、ジョニーが来日してもテレビやネットの映像を見て我慢…など田舎を不満に思う事もありますが、私はやっぱりココが好きです。

長くなってしまってすみません…(汗)
8. Posted by きらら   2006年09月26日 06:47
ありゃ!
評価見てビックリデシタ!
でも他の方と一緒でなんとなく睦月さんの想いも分かりますぅ〜。
ワタシは皆さん同様ボロ泣き状態でしたがふつーに「だっぺ」とか言うのか?とか思っていましたよん♪
まぁ40年前の話だし。。。とも思いましたが!

ちなみにちなみに、
ワタシにはバリバリ東北の血が流れております♪
両親とも東京生まれ東京育ちだけど、その前はみぃんな東北人☆
山形&秋田人なのでぇ〜す
9. Posted by Ageha   2006年09月26日 12:11
感動した人は多いです。
私も泣きました。

地方を舞台にした映画というのは
それ自体がもう町おこし、村おこしみたいなもんがあって、
最近はよくフィルムコミッションとして
その地域のひとがものすごく協力してくれてますね。
・・・そのひとらにはどんなふうに
見えるのでしょうね。

中にいるひとは思いいれが強すぎて
外から眺めるひとはイマイチわからないまま
映画という媒体のなかで
いずれにせよデフォルメは避けられなくて。

大阪の私んとこでも
それは偏見やろとかそれは違うとか
思うことはしょっちゅうですけどね。(笑)
10. Posted by Ageha   2006年09月26日 12:15
にゃ〜。トラックバックが
何度やっても送信失敗になってしまいました。残念です・・・。
11. Posted by とみ   2006年09月26日 15:16
 睦月さん、からだあべ、なんとだ?(お体の具合はいかがでしょうか。)フラフラしながら観に行かれたのでしょうか・・・。
 私自身は、ダンスシーンとキャスティングと演技とセリフに熱くなり、涙も出ましたが、睦月さんがおっしゃる事も、分かる気がします。
 何しろ、私も睦月さんの隣の県の出身なのですから。ドラマ等で私の出身地のものとされる言葉を聞くと、「バカにすんな!」と思ったりしますから。
 福島の方言は詳しくないのですが、この映画で使われていたのは、おそらく、実際のものとは違うと思います。むしろ、私の出身地の方言に近いような気もしました。
12. Posted by 寝起きのパンダ   2006年09月26日 16:25
この作品は、評判いいですよね。
今年の夏は偶然「常磐ハワイアンセンター」もとい!「スパリゾートハワイアンズ」に行って来たので見たいなと思っています。
そっか。。どこが舞台にされているかでも見る人によっては感じ方が違うんですね。私は産まれも育ちも東京なんです。
東京って、いろんな県から来た人でてきてると思うんです。いつも冷たい感じで描かれることが多いけど、家の近所は下町のせいか「三丁目の夕日」みたいでしたよ。
睦月さんの記事、参考になりました!
ところでお体の具合はいかがですか?
睦月さんは、いつも元気で不死身のようなイメージが。。。って、そんなワケないですよね。
13. Posted by チョコ   2006年09月26日 21:38
こんばんは。

私も明日観にいこうと思ってます。
で、睦月さんの言ってること分かるような気もします。
私も秋田産、山形経由、関東各地転々ですから。
もう関東のほうが長いのですが、根っこは東北なのかなぁ〜と思ってます。
故郷を思うとき、複雑な気持ちになるのは東北人だけなのでしょうか。
いつも誇張される方言も、庄内の言葉なんか柔らかくてとても美しいんですけどね。
秋田弁も聞きようによってはフランス語みたいだし(笑)

映画と離れちゃったコメントでしたが、
ちょっと明日確かめて来ますわ。
パンダさんのコメントで知りましたが、体調が悪かったんですか?
どうぞお大事に。



14. Posted by きらら   2006年09月26日 22:09
睦月さん・・・☆
ゴメンナサイ><違う記事もTBしてしまいました!
お暇があれば削除しておいてください!

・・・体調わるいのですか?
最近寒いもんねー。無理しないでね☆
お大事に・・・
15. Posted by ち〜ぼ   2006年09月26日 23:38
ふふふ・・・

おら、割と楽しんだよ!
パールハーバーで、土の上に棒で線を引いていたジャパンパッシングに比べたらまだまだ・・・
(なぜ?あれを怒らないのだろう??)

芋の子汁懐かしぐねが???

秋田は鍋っ子遠足っていうんだよね!
16. Posted by たましょく   2006年09月27日 00:02
 ども、たましょくです♪

 なんだか申し訳なかったです。何も
知らずに作品推してしまって。人は、
育ってきた環境で見方が変わりますも
んね。実際にその土地で育った睦月さ
んだからこそ、今回のレビューは説得
力があると思います。

 その土地のことを何も知らない自分
が「知ったつもり」になって感動して
いましたが、もし自分の育った土地が
映画の題材にされたら、同じようなこ
とを思うと。

 美化されたり、コメディにされたり
と「実話」と言えども、やはり映画で
ある以上は、実際の生活や習慣とは、
違うモノなんですね。

 でも、この作品はたましょく的には
忘れられない作品になりそーですw
17. Posted by にゃむばなな様へ   2006年09月27日 00:20
■にゃむばなな様へ
コメントありがとうございます!

いやあ・・・なかなかに酷評しすぎたかなあなんて今更に反省しています(泣)。
でもね、この作品も生粋の地元の人間が多く参加しているのであれば納得のいくものだったんだろうなあ・・・とも思ったりします。

やっぱ関西の方だって、エセ関西弁を使われると頭にくるでしょ?たぶん、私もそれと同じ気持ちなんです。
18. Posted by kino様へ   2006年09月27日 00:24
■kino様へ
コメントありがとうございます!

この作品に関しては、かなり自分の思いが先行してしまって、まともに鑑賞できなかったことに反省しています。
ホントは自分の出身やら境遇やらなんか関係なく観るべき作品で、すごく素晴らしいものなのは分かっていても・・・やっぱその部分を拭い去ることは出来なくて。ホントにごめんなさい・・・。
19. Posted by 朱色会様へ   2006年09月27日 00:26
■朱色会様へ
コメントありがとうございます!

≫誰にとっての映画であるのか
というところじゃないかと。つまり、東北を表現するためのデフォルメはある程度はしょうがないのではないかと。

映画って不特定多数の人に発信されているものだから・・・私なんかの個人的な気持ちで揺るぐものではないことは分かっているけれど・・・。
でもね。たまにはこういう見方で映画を観る人もいるんだということ、分かってもらえたらなあ・・・なんて思ったり。ナマイキですね。すみません(苦)。
20. Posted by あっしゅ様へ   2006年09月27日 00:29
■あっしゅ様へ
コメントありがとうございます!

この作品は万人に対してウケのイイ素晴らしい作品なことはよく分かっているんです。だからあっしゅさんが高評価つけるのはよく分かります。

今回、私はあまりにも個人的な感情でこの作品を観てしまって・・・だからこんな映画論はきにしないでくださいね。参考にも何にもならん、くだらん映画論ですから(笑)。
21. Posted by ぽんきち   2006年09月27日 02:23
睦月さんこんばんわ〜。
体の按配はどったらだ?(体の調子はどうですか?)・・とまぁ私も睦月さんの生まれから程近いところに住んでいる「THE・田舎者」ですが  
上の()を見てわかるように、地方の事件・事故が全国区ニュースで流れる場合、住民のコメントに必ず表示される標準語テロップ(方言が入ってないときも)。これも個人的にバカにされているような気持ちになります。わたしはこの映画をまだ見ていないので、内容については論評できませんが・・・いや、観なくてもストーリーを読まなくても大体察しが付くのですが(苦笑) 「スウィングガールズ」のときも思いましたが、訛るならとことんその地方出身者であるかのごとく訛ってほしいです!映画でもドラマでもね。

なんだか私の書きこみも感情的でマズイな・・。レンタルで観ようか。アカデミー賞出品作品にノミネートされているのなら、劇場で今観るか。悩む。
22. Posted by とらねこ   2006年09月27日 05:55
睦月さんの東北魂の凄まじいこの記事、とっても読んでて面白かったですよ♪
で、元ツアコン、東北専門の私としては、東北を愛する気持ちが東京人の中でも、とってもたくさんあるのですよ
ビバ!東北!!!
私は以前睦月さんに、「ごめん、私の中での一番は青森だべさー」とか、言ってしまいましたが、(その気持ちに今も変わりはないのですが・笑)睦月さんのおかげで自分の中では岩手が急上昇中です!!
で、山形出身の方が言っていたのですが、福島県の方は、どこか「自分は南関東だ」と思っている、と聞いたことがあります(笑)
これって、どうなんでしょう??
(映画をまだ観ていないため、映画のことに全く触れずにすみません)
23. Posted by みや   2006年09月27日 07:48
5 フラガール、最初興味全くなかったんですよね。
でもしずちゃんの驚く程のうまさから見てみようという気になりました。
睦月さんもいろいろ思うところがあるんですね、確言う私も田舎出身者、そういう事があると見たら微妙と感じるかも(>_<)
24. Posted by HARU   2006年09月27日 08:26
同じ東北人なのにコメント遅くなって申し訳ない(笑)。
わかるなぁ、睦月さんの言うこと。

テレビを見ても、東北に対しては根底に「どうせ田舎者だろ」という見方があって、それを上手く料理して笑わせたり感動させたりしているのがよく分かる。
「フラガール」はこの前「ブランチ」でやってたけど、その点は同じだなと僕も思いました。

でも、都会>田舎という世間一般の考え方は、実はすごいナンセンス。
僕は旅をして、自分の故郷は世界のどこに行っても誇れるということが分かりました。
25. Posted by D   2006年09月27日 21:16
睦月さんの仰ってることわかりますわ〜
沖縄が舞台の作品も多いので・・・

方言とかイントネーションとか・・そのへんは仕方ないと半ば諦めに近いものがあるけれど。。

最近の沖縄が舞台の映画はやたら癒しを前面に押し出していたりすることが多いのです・・(現実はそんなに甘くないぜぇい!と声を大にして言いたい)

でも・・そういうことは、置いといて・・
この作品は、劇場で観ようと考えているDでございます!
26. Posted by PGM21   2006年09月27日 23:22
何時もお世話になっております。
私は基本的に映画館で泣く事はありません。コンタクトにゴミが入って涙が出る事はありますけれどね。
確かに地方出身の人にはどうなんでしょうね。
私も新潟は東京や仙台より都会じゃないので何とも言えない面はありますが、時々地元を題材にした映画が撮影されると嬉しいものですよ。
私自身この作品最初観るつもりなかったのですが、これが現実にあったという事を変に納得するしかないですね。
時々納得したくない題材もありますから・・・
27. Posted by あさこ   2006年09月28日 16:15
睦月さん、こんにちは!
睦月さんの感想はこの作品を酷評してるとは感じませんでしたよ。それどころか誰よりも登場人物の気持ちを深く理解してらっしゃると思いました。
この映画は東北という場を舞台にしているけれども、もっと普遍的なメッセージを持ってると思います。それだけに東北の出身の方々の心の琴線に触れてしまっているという事実を睦月さんの感想を読んで知り、非常に残念に思います。
映画って難しいですね・・・。
28. Posted by ノラネコ様へ   2006年09月28日 19:04
■ノラネコ様へ
コメントありがとうございます!

≫ある意味で、睦月さんはこの映画に凄く入ってたんじゃないかな。
入ってるからこそ、感情移入できないって事もあるよね。

そう!そうなんですよ。移入しすぎて、あまりにも分かりすぎるからヒイちゃったって感じなんですよね(苦)。自分でもそれはよく分かっていました。やっぱ、ノラネコさんにはバレちゃうね・・(笑)。
今回はかなり自分の気持ちを全面に出しまくってしまったので今更反省しています・・・。
29. Posted by ぽんきち   2006年09月29日 00:18
睦月さんこんばんは〜。
今日やっぱり気になって観てきちゃいました(笑)泣いてしまった(恥)
最後のダンスシーンは圧巻でした〜。ここ一番泣いたっす。思えば「ウォーターボーイズ」のシンクロシーンや、「スウィングガールズ」の大会演奏シーンでも、私泣いてたな(爆)内容に入り込むというよりは、「この映画のために、この人たち凄い練習したんだろうな〜」的な、裏舞台を勝手に想像しながら「泣く」かんじ。
実話とはいうものの、映画用にデフォルメされてる部分も多いだろうし。「もう一つのフラガール物語」と台打って当時踊っていた方々のお話を聞くような番組を、NHKかどこかでやってはくれまいか?
そしてこの映画の中で一番東北人っぽさがでてた演技していたのは、静ちゃんのお父さん役の人だと思いましたが睦月さんはいかが?(静ちゃん凄い良かったね!)
30. Posted by ひまわり様へ   2006年09月29日 01:11
■ひまわり様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってホントにごめんなさい!

ひまわりさん、久しぶりでしたね!睦月もひまわりさんとお話したかった・・・。来てくれてありがとう!

こんなに大絶賛されている作品をここまで言い放ってしまうのは勇気が要りました・・。でも、ひまわりさんも同じ東北人として睦月も気持ちに共鳴してれてホントに嬉しい。助けられます。ありがとう。

映画自体を冷静に観れば、すごくいい物語だと思います。睦月が東北人でなければ確実に感動していたと思うし(笑)。でも、やっぱ東北を舞台にすることをないがしろにしているものが多すぎるよね。映画でもドラマでも番組でも。そういうイメージが先行しちゃって・・・どうもこの作品にも偏見を持ってしまった・・・ダメね、睦月(泣)。

とはいえ、同じ東北人でもこの作品をすごく評価している人もたくさんいるみたいだから・・・ひまわりさんももし良かったら鑑賞してみては!?案外すんなり心に入ってくるかもしれないしね・・。
31. Posted by きらら様へ   2006年09月29日 01:14
■きらら様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってホントにすみません!

やっぱ・・・この作品がこんなに評価が低いと驚かれるもんですよね(苦笑)。私自身もこの作品に対してこんなにドンビキしてしまうとはびっくりしました(苦)。

いい映画だと思いますけれどね・・ちょっと個人的な感情が入り込みすぎたんだと思います・・。

きららさんも実は東北の血が流れていたんですね!なんか嬉しいなあ♪
32. Posted by Ageha様へ   2006年09月29日 01:17
■Ageha様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅れてホントにすみません!

私、感動中枢がイカれたんでしょうね(苦笑)。100人いたら100人が泣きそうな作品に涙をこぼさなかったなんて。

≫中にいるひとは思いいれが強すぎて
外から眺めるひとはイマイチわからないまま
映画という媒体のなかで
いずれにせよデフォルメは避けられなくて。

そうなんですよね。この部分ってすごく難しいと思います。戦争映画や事実を元にした映画にしたって、やっぱ当事者から批難を浴びているものも多いし・・・。

まあ・・・今回は感情に走りすぎました。許してください・・・(苦)。
33. Posted by とみ様へ   2006年09月29日 01:21
■とみ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅れてホントにすみません!!

労いの言葉をありがとうございます!なんとか回復はしましたが、忙しい日々が続きすぎてわけが分からない状態です・・・。

とみさんもやっぱ感動しましたか。
普通の人なら感動しますよ!コレは。私の感覚がおかしいだけです・・(泣)。疲れすぎていたんでしょうか?気持ちが妙に冷めていて、まったく感動神経に触れることなく観終わってしまいました。でも、とみさんも同じ東北人として少しでも睦月の気持ちを理解してくれたみたいなので嬉しいです。ありがとうございます!

おめつも体さは気いつけろや!
34. Posted by 寝起きのパンダ様へ   2006年09月29日 01:28
■寝起きのパンダ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってホントにすみません!

パンダさんが観る前に・・・こんなくだらん記事を読ませてしまってホントにすみません。この記事は絶対にアテにされないでくださいね(苦)。

作品自体はとっても素晴らしいと思いますよ。特にダンスのシーンはものすごいです。これはスクリーンにて必見だと思います!

ところで、労いの言葉をありがとうございます!なんとか回復しましたが、あまりにも時間に余裕がなくてメチャクチャな毎日を送っています・・・。早く軌道修正しないと・・。パンダさんもお体には気をつけてくださいね!
35. Posted by チョコ様へ   2006年09月29日 01:32
■チョコ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってホントにすみません・・。

チョコさん、ご覧になってきたようですね。今記事、読みました。この作品の素晴らしさを体感できたようでよかった♪
私は結局最後までノレずじまいでしたが、この作品自体の良さというのはよく分かります。

個人的な感情が先行しちゃったので、もっと冷静に鑑賞できればもっと違う見方が出来たのかもしれない・・・と少し後悔しています(苦)。
36. Posted by きらら様へ   2006年09月29日 01:34
■きらら様へ
コメントありがとうございます!
TBの件は全く気にしないでくださいね!

全然OKです♪
37. Posted by ち〜ぼ様へ   2006年09月29日 01:37
■ち〜ぼ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってホントにすみません!

そっかあ・・・ち〜ぼさんもやっぱ楽しめたんだね、この映画。たぶん、100人いたら99対1くらいで睦月が負けるなあ(苦)。

≫芋の子汁懐かしぐねが???

すんげ懐かし!おらの母ちゃんがつくる芋の子はすんげえうめえんだよ!

久々にくいでえ・・・。
38. Posted by たましょく様へ   2006年09月29日 01:40
■たましょく様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅れてホントにすみません!!

たましょくさんのせいじゃないの。もともとこれは睦月も観に行こうと思っていた作品だったし・・・個人的な感情さえ抜かせばすごく素晴らしい作品だったとも思うから。

睦月が東北人だからといって、その全てを知っているわけではないし、ましてこの時代の福島県のことなんか全然知らないしね。ただ、メディアの東北地方の扱いってのは、やっぱどっか勘違いしているところが多々あって・・・この作品に関してだけでなく、物思うところがたくさんあったの。

でも、たましょくさんにとって素晴らしい映画となったなら、それってすごく素敵なことですよね!
39. Posted by ぽんきち様へ   2006年09月29日 01:48
■ぽんきち様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってホントにごめんなさい!
さらに返事する前に、またコメントいただいてしまった・・・マジでごめん(泣)。

やっぱ観てきたんだね。でも、ぽんきちさんにとってなかなかに素敵な作品となったようだったので、良かったです♪

≫内容に入り込むというよりは、「この映画のために、この人たち凄い練習したんだろうな〜」的な、裏舞台を勝手に想像しながら「泣く」かんじ。

そうそう!睦月もこの気持ちはよく分かる!こういう作品で一番胸が熱くなるのって、役者の血のにじむような努力の結晶を観たときですよね。だからさすがにこの作品でもダンスシーンでは目頭が熱くなりました(涙はこぼれなかったけれど・・・苦)。

ぽんきちさんの言う、静ちゃんのパパ・・彼の方言はホンモノっぽかったね!静ちゃん自身の演技やダンスもすごく良かったと思います。

あと。体調のこと心配してくれてホントにありがとう!回復はしたんですが、とにかく時間に余裕のない毎日が続いていて・・・もうメチャクチャです(泣)。
40. Posted by とらねこ様へ   2006年09月29日 01:53
■とらねこ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなって・・ホントにすみません!

東北魂・・・アツイでしょ!?オラ、岩手っ子だからね!この誇りは誰にも負けねえ!

≫福島県の方は、どこか「自分は南関東だ」と思っている、と聞いたことがあります(笑)

・・・(苦笑)。うんうん。これ睦月も聞いたことがあります。たしかに東北の中では一番関東に近いのは福島だけれど・・・無理があるでしょ(笑)。南関東とはいえ、福島弁は岩手弁よりもすごいもんがあるからねえ。やっぱバリバリの東北族ですよ、福島も。

ところで、とらねこさんの中で早く岩手をナンバー1にしてください(笑)。
41. Posted by みや様へ   2006年09月29日 01:55
■みや様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってホントにすみません!

睦月のこの記事は全く参考にしないでください。かなり世間とは違う目線で評論してますので・・・(苦笑)。
みやさんはみやさんの視点で、この作品を楽しんでもらえればと思います。

100人いたら99人は絶対に泣ける映画だと思いますよ(苦)。
42. Posted by HARU様へ   2006年09月29日 01:58
■HARU様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってホントにすみません!

実はHARUさんの登場をすこぶる心待ちにしていました。だって!やっぱ故郷と東北を誇りに思う人に意見してもらわないと・・・睦月、何だかとても心細くて(大泣)。この作品、誰もが絶賛する作品なのに、ずいぶん大胆な映画論をアップしてしまったと思ってたの・・・。

≫でも、都会>田舎という世間一般の考え方は、実はすごいナンセンス。
僕は旅をして、自分の故郷は世界のどこに行っても誇れるということが分かりました。

HARUさんのこの言葉はすごく考えさせられました。そして、ますます胸を張って故郷を思い、誇れるような気持ちになったの。いつもありがとう!HARUさん♪
43. Posted by D様へ   2006年09月29日 02:03
■D様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってホントにすみません!

≫最近の沖縄が舞台の映画はやたら癒しを前面に押し出していたりすることが多いのです・・(現実はそんなに甘くないぜぇい!と声を大にして言いたい)

Dさんは沖縄ですものね。もしかしたらそういったイメージの問題だけでいえば、沖縄の方がもっと過剰なのかもしれないなあなんて思います。沖縄に抱く印象って、あたたかくて人々はのんびりと生きていて、時間がゆっくり幸せにすぎていく・・・って感じですもの。まさに楽園なイメージ。でもね、実際にそこで生活している人からすれば異なる部分もたくさんありますよね・・・。

でもきっと、この作品に関してはDさんも感動できると思いますよ♪こんな酷評しているのはウチぐらいなもんです・・・(泣)
44. Posted by PGM21様へ   2006年09月29日 02:07
■PGM21様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってホントにすみません!

PGM21さん、新潟なんですね!寒さや雪に関しては岩手よりも大変でしょ?でもお酒が美味いですね♪

まあ・・・今回はかなり個人的な感情に走りすぎてしまい、まともな映画論がかけないでしまったことを反省しています。
たしかに映画でこういった地方を舞台にしてくれると嬉しいという気持ちもありますからね。今度こういう作品を観るときは、もっと冷静になって鑑賞しようと決めました(苦笑)
45. Posted by あさこ様へ   2006年09月29日 02:11
■あさこ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

あさこさんのおっしゃるとおりなんですよ。表面的にはかなりの酷評かもしれないけれど・・・たぶんね、この映画の背景や人物の気持ちがあまりにも痛烈にわかりすぎてしまって、ドンビキしてしまったという感じなんだと思います。その移入が凶と出るか吉と出るかは・・・やっぱ分からないもんですよね・・・。

うーん、映画って難しい。たしかにそう思います。
46. Posted by もえ   2006年09月29日 10:37
はじめまして。映画鑑賞と、映画関連のブログで情報収集が趣味。来年受験なので勉強もしなきゃ。
47. Posted by ジグソー   2006年09月30日 00:43
どうも!ジグソーです!
僕も観ました。
ただ皆さんが泣いたといっている中僕も泣けなかった一人です・・・
そこまで感動的だとは思えなかった気が・・・
僕はこの作品の前に凄い感動する作品を見たので見た順番も悪かったのかな?
でもダンスシーンは凄くレベルが高くて驚きました
48. Posted by bonta   2006年09月30日 16:56
たしかに方言はクドいかもしれませんね。
ストーリーも新鮮味はあまり…。
ただ蒼井優の見せ場があんなにあって
あんなに踊ってとても満足です。
49. Posted by ななな   2006年10月01日 19:59
睦月さん、こんばんわ。
そういう見方もあるんだって思いました。
私は東北に対する印象はやっぱり「田舎」って感じになっちゃうんですね。
実際行ったことないから映画のまんま鵜呑みにしちゃうこともあるし。
それに私自身は転勤族だったもんで故郷と言うものもないし・・・だから睦月さんが感じた思いとかにすごく疎くて。でもこういう感じ方もあるんだってすごく参考になりました。
故郷を愛してるから厳しく見れるなんて
ある意味そういう風に感じられる睦月さんが羨ましいですよ〜。

50. Posted by もえ様へ   2006年10月01日 20:51
■もえ様へ
コメントありがとうございます!

受験勉強ですか・・・すごく大変かとも思うけれど、頑張ってくださいね!

またぜひ起こしください!お待ちしてます♪
51. Posted by ジグソー様へ   2006年10月01日 20:53
■ジグソー様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・。

この作品は号泣というよりかは、ジーンと泣けるという映画なのかなあ?
でも私以外にも泣けなかったという方がいるだけで少し安心しました(笑)。

でも、やっぱあのダンスシーンは圧巻でしたよね。ホントにすごかったなあ・・・。役者さんの努力がすごく伝わってきます。
52. Posted by bonta様へ   2006年10月01日 20:56
■bonta様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・。

ストーリーは確かにそんなに新鮮味のあるものではなかったという印象です。ああいった物語はやりつくされている感がありますもんね(苦笑)。

でも、蒼井さんのダンスシーンはホントに素晴らしかったなあ・・。胸にグっとくるものがありました。
53. Posted by ななな様へ   2006年10月01日 21:01
■ななな様へ
コメントありがとうございます!

この映画に対してはかなり個人的な感情が炸裂してしまってなんだか・・・反省しています。
でも私にはちゃんと、ココだ!といえる故郷があって、その場所をすごく愛しています。それだけでとても幸せなことなんだろうなあ・・・って思えます。もし、私が田舎出身者ではなかったら・・・純粋にこの映画に泣けて感動できたんだろうなとも思いますしね。

いろんな立場から映画を観れる・・・そんな環境に生きてこれたことにすごく感謝しています。
54. Posted by 八ちゃん   2006年10月01日 23:29
こんばんは〜
八ちゃんは常磐線沿線に住んでいるから、「常磐ハワイアンセンター」っていうだけで観に行こうと思ったクチです。
でも湯元って、ほんと、東北の南のはずれで、八ちゃん的には茨城と大して差を感じていない(どちらにも失礼に聞こえてしまいますが)というか、やっぱり常磐線沿線なんですよ。ぜんぜん東北を意識しなかったなぁ。
まぁ、常磐線といっても取手(今は土浦)までは首都圏だから、自分は睦月さんの心境を理解出来ない立場ではあるのですが…

今までは湯元も鬼怒川も熱海も温泉の観光地としてのイメージでどれも同じだと思っていたのですが、炭鉱の街だったというバックボーンがあったとは知らず(忘れてた?)魅入ってしまいました。
55. Posted by こべに   2006年10月02日 04:35
またまた、すみません・・・。
コメントいっぱい書いてあるから書こうかどうしようか悩んでしまったけど書いてしまいます(汗)
ホントは「フラガール」ではなく「太陽」を観るつもりだったんですが、行ける時間には上映されておらず(泣)
仕方なしに観た映画だったんですが、まんまと号泣してしまいました(笑)
育った環境や経験や体調でも受ける側の感じ方は十人十色ですよね?!
読んでて不快な思いをするような感想ではないし、また違う睦月さんの素直な一面が見れて嬉しく思ってしまいました!
またTB貰いにお伺いしますね♪
ウチの母も岩手なので子供の頃に何度も行ってて身近に感じます。ワタシは産まれも育ちもかなりガラの悪い下町です(笑)
56. Posted by non   2006年10月02日 17:19
睦月さん こんにちは〜♪
多くの方も書かれてるけど、睦月さんのおっしゃりたい事凄く分かります(^^)
人って、自分が体験、体感してきた所謂「現実」を又違う場面で目にした時、それは苦い映像に映ることでしょう。
私にもそう言うことは多々あります。忘れたい過去を思い出させる作品に出会ったりしたら、皆さんが評価される作品でも素直に受け取れないことも。
こればっかりは、自分の中にあるその「過去」とやらを乗り越える日が来るまではどうしようもないんですよね。
しかしそれも又、映画の面白いところですね。色んな人が色々感じる。
これからもこうして色々語り合っていきましょうね〜♪
57. Posted by 八ちゃん様へ   2006年10月03日 01:33
■八ちゃん様へ
コメントありがとうございます!

確かにね。
福島とはいえ、場所によっては南関東と言っても過言ではないような場所もあるから、八ちゃんの感覚もよく分かります。

まあ・・・東北人は、場所がどこだろうが、東北なら東北でしかないっていう考え方をしがちだからね(苦)。

この記事はかなり自分の感情を全面に押し出して書いてしまったので反省してますわ。
でもこういう気持ちをわかってくれる同志もいるから・・・救われています(笑)。
58. Posted by こべに様へ   2006年10月03日 01:39
■こべに様へ
コメントありとうございます!

こべにさん、睦月も太陽観たいよおお!ずっと観たいと思っているのに、なかなか劇場に足を運べずにいます・・・(泣)

≫育った環境や経験や体調でも受ける側の感じ方は十人十色ですよね?!

そこが映画の面白いところだと思うんですよね。見る時々によって感じ方が違ったり、年齢によって面白さが違ったり。いろんな方向からいろんな見方が出来るってのはその分いろんな経験値があるってことにもなるのかもしれないから・・・睦月は田舎に育ったこと、幸福に思っています。救われるようなコメントをホントにありがとう!こべにさん♪

こべにさんも岩手の血が入っているんだね!なんか親近感だなあ♪なんにもない田舎だけれど、とても温かいムードのいい場所です。
・・・こべにさんはガラは悪くないでしょ。下町って活発なイメージがあってカッコイイなあって思いますよ♪
59. Posted by non様へ   2006年10月03日 01:43
■non様へ
コメントありがとうございます!

nonさんのコメントにはいつも救われるんですよ。この作品についてはかなり個人的な感情に走ってしまった感があったので今更すごく後悔したりしていたんですが(苦)。nonさんが共感してくれたから、すごく救われました。ありがとう。

≫人って、自分が体験、体感してきた所謂「現実」を又違う場面で目にした時、それは苦い映像に映ることでしょう。

映画や本においては結構こういうことって多々ありますよね。だから人はそれに対して感動したり、泣いたり、憤慨したり出来る・・・実はそれってすごく幸せなことだなあなんて思います。

nonさん、いつもありがとう。これからもたくさんお話してもらいたいです。
60. Posted by こべに   2006年10月03日 16:24
こんにちは!
TB貰いに来ました〜♪
睦月さんも観っぱぐれてたんですね(笑)ワタシもタイミングが合わずに観っぱぐれておりましたが、今週中に舞浜のイクスピアリで観てこようと思ってます。何としてでも劇場で観たい作品ですよね〜
今週末はみうらじゅんセレクトの童貞映画祭も行きたいし・・・って無関係な話題で申し訳ありません(汗)
フラガールのTB戴きました♪
61. Posted by kazupon   2006年10月03日 20:50
睦月さん、絶賛の嵐の中、ものすごく
興味深いレビューでした。^^
この映画東北出身の方が見たらどう
写るのかな?ってちょっと思った
瞬間があったので・・。
なるほど〜と思って拝見しましたです。
自分大阪人ですけど、大阪弁とかはもう
映画でも氾濫してるのでネイティブで
あろうがなかろうが、あまり気にならない
んですけど、街の描き方が典型的だったりするとちょっと・・。と思うこともあるし。
TBさせていただきました!
62. Posted by こべに様へ   2006年10月04日 21:57
■こべに様へ
コメントありがとうございます!

観っぱぐれる(笑)。そうそう観っぱぐれていました・・・太陽。なんとか上映期間内に観たいなあと思っているんだけれど・・。

≫今週末はみうらじゅんセレクトの童貞映画祭も行きたいし・・・

デタア!!これね、何かで知って睦月もすごく興味を惹かれました・・。こういう企画、ホントに魅力的ですよねえ。童貞映画祭って・・童貞さんたちへのとっておきの作品を上映するのかなあ?面白そうです♪
63. Posted by kazupon様へ   2006年10月04日 22:06
■kazupon様へ
コメントありがとうございます!

やっぱり、地方を舞台にした作品っていうのは若干の偏りのある描写が多いので、観ていて微妙な気持ちになることが多いです。

まあ・・・今回はかなり個人的な感情が優先されてしまってまともな映画論にならなかったのが残念ですが・・。
でも、こういう映画の見方もあるということを知ってもらえただけでよかったかなあなんても思っています。
64. Posted by purple in sato   2006年10月09日 19:48
睦月さん、こんばんはぁ〜

やっとこさですが、愛でましたです!ハイ
睦月さんはどうも本作の方言に「…」だったようですね、、、
でもね!いまだに東北に住む者としては全然OKでしたよ!!
っと言うか、「いわき弁」けっこうガンバッてたと思いましたです。ふむ
以前、仕事で通ってたことがあるので「いわき」には想い入れがあるし、現「ハワイアンズ」にも幼少の頃(それこそ、ハワイアンセンター当時)に行った事があったりして。てへ
実際にこの位の訛りは当時は当然だったと思うし、かなり近い訛り具合が逆に心地好かったりしましたよん。フフ
そして、この地区は東北の中でも一番温暖なところ(今でも降雪はほとんどないのです)。そう!まさに東北の「ハワイ」だったのですぅ〜♪
ちなみに「オレ」って、今でも言う女性もいたりしてねぇ。
個人的には懐古的な余韻に浸ってしまった作品なのでしたぁハハ
65. Posted by あんぱんち   2006年10月09日 20:14
バタン♪Ю―(^O^ )オジャマシマース

侮ってましたね。
前日に見た「涙」がつくしょうもない映画のせいか3倍泣けました(爆)
素朴で純粋で一途で。。。 
ラストのフラでは号泣 (/_<。)ビェェン
今年、1番かもしれません。
66. Posted by purple in sato様へ   2006年10月10日 01:34
■purple in sato様へ
コメントありがとうございます!

パープリンさんはこの作品、良かったんですねえ・・・そっか(苦)。睦月自身がもっと素直な気持ちで観れれば問題なかったと思うんだけれど・・・かなり個人的な感情が入ってしまって・・・今更反省している次第です(苦)。私、もともと基本的に人工的な方言とか地方描写ってダメなんですよね・・。

≫ちなみに「オレ」って、今でも言う女性もいたりしてねぇ。

それ・・睦月です。「オレ」「オラ」は普通に使っちゃう・・(恥)。都会の男性と話すと、「キミ、女の子でしょ?そりゃないだろ?」って言われるのよね(苦笑)。
67. Posted by あんぱんち様へ   2006年10月10日 01:36
■あんぱんち様へ
コメントありがとうございます!

あれ?「涙」がつく映画・・・しょうもなかったですか(笑)?観に行こうと思ってたんですが・・・さてどうしましょ(苦笑)?

私はこの作品、いまいちノリきれませんでしたが、ラストのダンスシーンは圧巻でしたね。女優さんたちの渾身の演技を見せてもらいました。
68. Posted by D   2006年10月16日 20:09
観てきました〜〜〜〜♪

はい、感動しました!
いいですねぇ〜、好きです!この作品。

ラストのダンスシーンは、メイキングを観ていたので・・・より感動しました!!
69. Posted by D様へ   2006年10月17日 22:52
■D様へ
コメントありがとうございます!

素直に感動できるDさんがうらやましいです!!素敵な思いが出来て、ホントによかったですね♪

ダンスシーンはホントに素晴らしかったとおもいます。
女優さんたち、頑張りましたよね・・・相当の努力をしたんだろうなあ・・。
70. Posted by とらねこ   2006年10月18日 01:00
福島はぁ南関東でなぐで、北関東だっぺ、うち間違えでしもうだぁ。
今頃TBさーしてみっべー、って、うちの友達ぁカリスマじゃねぇけんど、岩手の友達と一緒に、フラガールさ見で来だぁ。
うちの友達もこの訛りはぜぇんぜぇんだめだっぺー、言っでおっで、うちはえれぇたんめげだどつ、岸辺一徳のあの訛りでもだぁめだぁ、言われでしもぉだぁ。
小さい“ぁ”使うと、なんだがごれ、東北訛りに思えで来たけんど、この訛りはどうだべかー。
おめつさ会うたんび訛っでるもんで、うちさ移ってしまっただ思うてるけんど、どうだべ?
何せうち、外国語堪能だこれ、なんつってなー(がっはっは)
71. Posted by 小路迷子   2006年10月20日 16:50
こんにちは、はじめまして〜。ひらりんさんのTBから来ました。「フラガール」というタイトルのチラシを映画館で見たときはコメディかと思ってしまいました。ああところが勘違い。
夫は岩手盛岡出身、私は両親が秋田で我が家はそういう意味では純粋東北人一家ってわけです。睦月さんの「フラガール」に対する感覚分かる気がする…。でも神奈川に住んで50年経ってる私には映画が扱う東北弁も分かる。映画は観る人すべてに意図を伝えなくちゃいけないし、完全な方言(この場合磐城弁、合ってる?)にしたらまったく意味が分からないしそれじゃ映画の意味がないわけで、これは地方を扱う映画すべてに言えることじゃないかな。
72. Posted by 小路迷子   2006年10月20日 16:51
続き>
東北弁で一括りにされても色々あるんだぞっとか、ここが違うとか鑑賞しつつ夫ならそう言うだろうし、確かに青森と岩手でも微妙に違うし秋田なんぞは4つも方言があるわけですし。
都市から見る東北弁に対する考えが固定概念に囚われすぎるって感じたからこの映画に浸れなかったのではないでしょうか。
もっとも私はまどか先生とおにいちゃんのばりばり方言全開のけんかシーンが面白かったよ。なんとなく意味が分かるんだよね。でも、「〜だっぺ」と言うのは茨城弁に近いですよね。常磐ハワイアンセンターは知ってたけれど茨城にあると思ってたもの、すみません福島の人読んでも怒らないでね。
73. Posted by とらねこ様へ   2006年10月21日 21:45
■とらねこ様へ
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってホントにすみません。

とらねこさん、方言の使い手に理解出来ないような方言は方言とは言えませんな(苦笑)

≫この訛りはどうだべかー。

なかなかよく出来ているとは思うけれど・・・ぶっちゃけまだまだです(笑)。

まあ・・方言の使い手よりも外国語の使い手のほうが絶対にイイと思います。
74. Posted by 小路迷子様へ   2006年10月21日 21:54
■小路迷子様へ
初めまして!ようこそいらっしゃいました!コメントありがとうございます!

私は岩手の花巻出身です。小路さんはダンナ様もご本人様も生粋の東北人なのですね!なんだか嬉しいです。
私は東京に来てまだ2年も経っていないので・・・どうも岩手根性が体の奥まで染み付いているんですよね。
さらに、やはり都会に対する劣等感みたいなものがあるんだと思う・・・だからこういった地方を扱った作品に対する見方というのはついつい厳しくなりがちです。

でも、もう少し素直な気持ちでこの映画を観ることが出来れば、問題なくいい作品だったと思うのだけれど・・(苦笑)。

では小路さん、これからもぜひよろしくお願いいたしますね!
75. Posted by でんでん   2006年10月23日 20:15
睦月さんこんにちは。
トラックバックありがとうございます。

確かに映画の受け入れ方って、観る側の人生で大きく変わるものですよね。ボクには未体験の世界だったせいか、素直に受け止めていました。少なからず、この作品の時代性はラップしてますからね(^^ゞ
76. Posted by 猫姫少佐現品限り   2006年10月24日 03:07
5 やったぁ!
あたしなんか、他の人と意見が違うことの方が多いくらい。
しかししずちゃん、でかのね、、、
負けたでしょ?
77. Posted by でんでん様へ   2006年10月24日 22:05
■でんでん様へ
コメントありがとうございます!

この作品については・・かなり個人的な見解が入りすぎて、まともな記事が書けませんでした(苦)。

もっともっと素直な気持ちで鑑賞できればよかったのになあ(苦笑)。

でも大絶賛を受けている作品でもそれは絶対的なものではないんだってことを身をもって照明してしまいました・・肩身が狭いですよ(笑)
78. Posted by 猫姫様へ   2006年10月24日 22:07
■猫姫様へ
コメントありがとうございます!

いやあ・・・この作品で他の大勢の方と意見が食い違うのはあんまり良くないですわね(苦)。

しずちゃんはデカイっすよ・・・もちろん大負けです(苦笑)。
79. Posted by CINECHAN   2006年10月25日 01:18
久しぶりのような気がします。睦月さん。
体調は戻りましたか?

確かに東北弁(これは正しい呼称かな?)で笑わせようとする作品はちらほら見かけますね。
岸部一徳がまくしたてるシーンは完全にそうですね。
それを本作は掴みにしてたのかな? 中盤以降は言葉については気にならなくなりましたが。
結果はわかっている作品ですが、なかなか引き込まれました。何と言ってもラストのダンス・シーンですね。結構ジーンとしてしまいました。
80. Posted by あい   2006年10月29日 00:55
いつも楽しく拝見しております。あいと申します。ブログは観るのもプチ参加も大好き。ガンバルじょおっ。
81. Posted by あい様へ   2006年10月30日 01:03
■あい様へ
ご訪問、コメントありがとうございます!

お互いに頑張りましょうね♪

これからもよろしくお願いします!
82. Posted by kimion20002000   2006年11月29日 00:14
TBありがとう。
うん、なるほど。
「ふるさとは遠くにありて想うものかな」
リアルすぎるんだな。誇張を含めて。
83. Posted by kimion20002000様へ   2006年12月01日 01:29
■ kimion20002000様へ
コメントありがとうございます!!

≫「ふるさとは遠くにありて想うものかな」

うん・・・そうだと思いました(苦笑)。
内側に居たときは決して抱かないような思いを、こうして離れてみると非常に切に感じたり思ったりしてしまいます。故郷とはそういうものですね。

それゆえ・・・本作品についてもいささか辛口になってしまいました(苦)
84. Posted by JoJo   2007年02月21日 21:23
睦月さ〜ん、
お忙しい中、暖かいコメントをいただき、どうもありがとうございます。とても嬉しかったです!

 睦月さん、ちょっとお疲れな感じが漂ってきています。睦月さんはただでさえ感性豊かですから、かなり疲れると思います。しかもものすごい気を遣われますし。その若さで燃え尽きちゃうと困ります。ご自分に優しく、いたわってくださいね!!

 こちらTBさせていただきます!でもお返事不要ですから、たまには、大口開けてガーガーいびきかきながらぐっすりお眠りくださいまし。

・・・それと、わたし東北・北国の方を尊敬してます。感謝しています。その理由を偶然ですが、ブログスタート時の記事で書いています。これはお世辞でもなんでもない事実。わたしの経験により、出した結論なんですよ!
85. Posted by JoJo様へ   2007年02月21日 23:18
■JoJo様へ
コメントありがとうございます!

労いのお言葉・・・ホントにありがとうございます。
文章やコメントから、自分の精神状態がバレてしまうようでは筆者として失格ですな(苦笑)。
でも、そういうことを敏感に感じ取ってしまうJoJoさんもとてもデリケートで感性の豊かな方なのだと思います。
優しいお言葉をかけていただけるだけで、睦月のパワーになり、エネルギーになります。感謝しています。

東北・北国に関する記事、ぜひ読ませていただきます。またコメントさせてくださいね!
86. Posted by マーク・レスター   2008年10月21日 00:20
こんにちは、

レビューを、興味深く拝見いたしました。

ボクもこの作品のレビューを書いておりますので、なにとぞ、トラックバックをさせて頂けますようお願いいたします。
87. Posted by マーク・レスター様へ   2008年10月21日 17:26
■マーク・レスター様へ
コメントありがとうございます。

≫レビューを、興味深く拝見いたしました。

ありがとうございます。

≫ボクもこの作品のレビューを書いておりますので、なにとぞ、トラックバックをさせて頂けますようお願いいたします。

こちらからもお邪魔させていただきますね。
今後共どうぞよろしくお願いいたします!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔