2006年10月24日

時をかける少女

時をかける少女

【映画的カリスマ指数】★★★★★

 二度とはないこの瞬間をっ!!

 

監督:細田守
出演:仲里依紗,石田卓也,板倉光隆,原沙知絵,谷村美月,垣内彩未
製作年・国:2006/日
鑑賞日:2006/10/24:Q−AXシネマ
系統:青春アニメ
配給:角川ヘラルド

ストーリー:高校2年生の紺野真琴。クラスメートの千昭や功介とたわいもない高校生活を送っていた。そんなある日、真琴は自転車の暴走のために踏み切りに突っ込み、事故を起こす。しかしそれをきっかけに真琴は時間を飛び越える”タイムリープ”が出来るようになり、自転車事故から免れることが出来た。
最初はタイムリープに半信半疑だった真琴。しかし、やがてその能力をむやみやたらに乱用するようになるのだが・・・。

評:『デジモンアドベンチャー』、『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』を手がけた細田守監督の最新アニメ作品。
細田監督はそもそも『ハウルの動く城』の監督を務める予定だった人。世界的に認められているアニメーション監督である。
さらに、個人的に愛して止まない『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクターデザインを務めた貞本義行氏が、本作品でも魅力的なキャラクターたちを生み出した。

1965年に発表された筒井康隆の同名短編小説が、映画やドラマなど幾度も映像化され・・・それこそ時をかけて、2006年ニューヒロインを迎えこのたびアニメ映画化された。

『時をかける少女』といって自分の中で思い当たるものはやはり・・・映画で主人公の芳山和子役を務めた原田知世だろうか?
「とお〜きを〜かーけーる少女ぉ♪」と歌う彼女の透き通るような歌声が印象的ではあったが・・・内容は微塵も覚えていない(苦)。原作も読んだこともないので、言ってしまえば・・・この『時かけ』にはさっぱり思い入れがないというのが正直なところ(苦笑)。

いろいろ調べてやっと分かったことだが・・・。
どうやら本作の主人公である紺野真琴は、原作で主人公だった芳山和子の姪という設定らしい。時代を超え、時をかけて・・・物語もリニューアルしたということなのだろう。


公開からずいぶん日が経っていながらロングランで上映され、しかもその評判のよさは衰えることを知らない本作。
貞本氏が製作に関わっていることも手伝って、やっとの思いで鑑賞に至った作品である。
      もう、納得の出来栄え!
      ひゃああ・・!!とても良かったわああ♪ホントに良かったわああ!

『時かけ』に特別な思い入れがない人でも、もし『時かけ』自体を知らなくても・・・これは十分に楽しめる。
ホロロと切なくて、キュンと胸が熱くなり、過ぎ去った青春時代を鮮明に蘇らせ、現在進行形の青春さえもさらに謳歌したくなる・・・なんとも言えない甘酸っぱいような、くすぐったいような・・・とても爽やかな作品だ。

ああ・・・年をとると、青春というものを上手に形容出来なくなるものなのね(苦)
     とても歯がゆいわ(泣)。でもホントに素敵な作品だったのよっ!!


この作品。まあ、いわゆるタイムトラベルものだ。
今となってはなんの新鮮味もない題材で、これを扱った映画やドラマ、アニメや小説などは世の中に山ほど溢れている。

けれど、この作品が絶妙なフレッシュ感を漂わしているのはやはり・・・現代を舞台にしてごく平凡な高校生少女の視点で描かれていることと、そこにある誰もが共感せずにはいられない豊かで繊細な青春描写があることではないだろうか?

今の若者達なら「フン・・・こんなのアオ臭くねえ?」、「ちょい、ウザくねえ?」

・・・などと鼻先で蹴散らされてしまいそうなほど、゛胸キュンもの゛だったりするのかもしれないが。
いやいや・・・特にとうに青春時代を過ぎた世代の人たちにとってはノスタルジックな思いにかられてやまないものだろうと思う。


時間移動が自由に出来ることのメリットもデメリットもしっかり描いてはいるけれど、実は本来注目すべきところはそこだけではない。
高校2年生という、移ろいやすく敏感で傷つきやすい年頃の主人公のメンタル部分での成長とほろ苦い恋、そして未来への希望・・・それがタイムトラベルという特殊な現象と絶妙な絡まりをみせる。

タイムリープを重ねるたびにいろいろな障害にぶち当たり、それを修復しようと右往左往、ワタワタとしてみせる主人公の姿。
それはまさしく・・・一体どうなるべきか?一体将来どうするべきか?などとあれもこれも全てを悩みに変えていたあの頃の自分の心理状態に重なる。

訳も分からず悩み、意味もなくつまずき、しょうもないことで心が乱れたりした。
時をかけることは出来なくても、あの頃たしかに・・・自分の心は答えを探してあちこちをかけずって試行錯誤しながら、なんだか必死だったような気がする(苦)。

   思えば、若い頃もいろいろ大変だったのよね。感受性が敏感すぎて(苦笑)。
     まだまだ幼稚でまだまだ未熟なのに、感性ばっかり鋭くてね・・・。


そんなことを思いながら、すっかり高校2年生に舞い戻った気持ちで観ていたら、ホロホロと涙が出てきたりしちゃって(苦笑)。久々に泥臭くない若い涙を流したような気持ちになりましたですよ(笑)。

 特に物語ラスト間際の・・・夕日をバックにした堤防でのクライマックスシーン。

アニメなのに・・・アニメなのにっ!!
ブツブツ鳥肌が出るほどにドキドキドッキューンと打ちのめされた・・・・(照)。


       乾いた心にトキメキと若返りの潤いを与えてくれる1作だ。 

clockworkorenge at 23:59│Comments(21)TrackBack(31)clip!映画論 た行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年10月25日 01:37
182「時をかける少女」(日本)  高校2年生の女の子、紺野真琴は成績も中の下ぐらい、これといった特技もなく、放課後クラスメートの間宮千昭、津田功介と野球の真似事をやって時間を潰す日常。ところが、ある日放課後の理科室で思わぬことで、「タイムリープ」の能力...
2. 時をかける少女  [ It's a Wonderful Life ]   2006年10月25日 08:59
やたら評判がいいのと、タイムパラドックスものは大好きなんで どうなの?って観てみましたが、これがほんとになかなかの作品! 正直言って絵はイマイチに感じましたけど、物語にすぐに引き込まれて、 主人公を始めとする登場人物にとても好感の持てる映画だと思い...
3. '06-067 『時をかける少女』  [ 闇に歌えば ]   2006年10月25日 18:22
調子に乗って無駄なタイムリープをしていると、本当に大切な時に できなくなるぞ、と 青春だねぇ・・・彼氏彼女ができると友情は薄れてしまう? 友情が愛情に変わることが怖い?自分がよければ周りはどうでもいい?
4. 時をかける少女(2006)/仲里依紗、原沙知絵、石田卓也  [ カノンな日々 ]   2006年10月26日 23:13
5 ホントは公開後もっと早い時期に観に行くつもりだったのに、この映画なかなか好評らしくって全国紙の新聞でも何度か記事になってるんですよね。最近の朝日ではこの夏の話題のアニメ作品なんたらとかいう記事で『細田守監督は実は当初「ハウルの動く城」の監督として予定され....
5. 時をかける少女・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年10月27日 21:25
筒井康隆原作の、あまりにも有名なSFジュブナイル小説の三度目の映画化。 またまたリメイク作品である。 最初の映画化は83年の原田知世主演・大林宣彦監督版。 二度目は97年に、83年版の製作を手がけた角川春樹監督で映画化。
6. 時をかける少女 (2006) ≪娯楽性、ドラマ、全てがオリジナルを凌駕≫  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2006年10月27日 23:42
4 評価:80点 【監督】細田守 【原作】筒井康隆 【脚本】奥寺佐渡子 【音楽】吉田潔 【キャラクターデザイン】貞本義行 【声】仲里依紗/石田卓也/板倉光隆/原沙知絵 これまでに何度も映像化されてきた筒井康隆の名作ジ....
7. 時をかける少女  [ メルブロ ]   2006年10月29日 00:35
時をかける少女 上映時間 1時間40分 監督 細田守 出演(声) 仲里依紗 石田卓也 板倉光隆 原沙知絵 谷村美月 評価 9点(10点満点)  ●『時をかける少女』応援企画  ●公式ブログ  ●舞台訪問    都内ではテアトル新宿でしか上映していないので、....
8. お邪魔します、古典映画と素人自作映画応援しています  [ 映画館(こや)の木戸はあいている ]   2006年10月30日 23:58
自作映画の撮影法。ビデオ撮影を素人の目で語り、自作映画の面白さを知ってもらいたい
9. 未来で待ってる。~「時をかける少女」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2006年11月02日 09:59
まずは公式サイトへ。 http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/ それから TBに来てくださった「海からはじまる」さんとこのレビューが かなり詳しいですので、ご参考に。 ・・・ピョ~~ンって飛んでゴロゴロゴロゴロ。 大概はどっかにぶつかり、さらにはモノがふってくるが、...
10. 「時をかける少女」  [ ??☆ EL JARDIN SECRETO ☆?? ]   2006年11月03日 02:24
今日の午前中まで休暇をとっていたので、テアトル新宿の初回に行きました。開映30分前に現地に着いたので、早過ぎたかなと思いぶらぶらと10分程度周りを歩いて入ったら、なんとほぼ満員!この劇場は水曜日が老若男女問わず1,000円なのですが、それにしても200席超の座席が...
11. 「時をかける少女」  [ ??☆ EL JARDIN SECRETO ☆?? ]   2006年11月03日 02:27
今日の午前中まで休暇をとっていたので、テアトル新宿の初回に行きました。開映30分前に現地に着いたので、早過ぎたかなと思いぶらぶらと10分程度周りを歩いて入ったら、なんとほぼ満員!この劇場は水曜日が老若男女問わず1,000円なのですが、それにしても200席超の座席が...
12. 時をかける少女  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2006年11月05日 20:42
5  時間を跳躍する力がもしあったら、どうしますか?  やはり過去に行って、失敗した事を修正したり、後悔した事をやり直したりするのでは無いでしょうか。  欲望のままに行くなら、やはりギャンブルやお金といった事に関して使う人もいるでしょう。....
13. 時をかける少女  [ C'est Joli ]   2006年11月08日 00:06
4 時をかける少女’06;日本 ◆原作:筒井康隆 ◆監督;細田守『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』◆主題歌:奥華子◆声の出演:仲里依紗 石田卓也 板倉光隆 谷村美月 垣内彩未 関戸優希 原沙知絵◆Story紺野真琴17才。2006年....
時をかける少女  これ前々から観に行きたかったんだよね。  で、何だかんだと行けずじまいで気づいたら、もう終映間近の滑り込み状態!  なんとか間に合ったけど・・・ふぅ。  とりあえず佳作だね。  この映画。  多分「時かけ」を初めて観る高校生なんかは「感動!か...
15. 「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる  [ はらやんの映画徒然草 ]   2006年11月24日 15:55
今までも何度も映像化されている「時をかける少女」です。 この夏は大作のアニメーシ
16. 時をかける少女(2006/日本/細田守)  [ CINEMANIAX! ]   2007年01月04日 20:52
【恵比寿ガーデンシネマ】 明るく元気な高校2年生、紺野真琴(声:仲里依紗)は、優等生の功介(声:板倉光隆)とちょっと不良な千昭(声:石田卓也)と3人でいつもつるんで野球ばかりして楽しい毎日を送っていた。そんなある日の放課後、真琴は理科準備室で、突然現れた...
17. 時をかける少女  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年01月27日 23:40
NHK版、知りません。原田知世版、恋の物語。内田有紀版アイドルドラマ。そしてアニメ版、ほろ苦い青春ドラマ…。山本奈々版リメイク、もっと知りません。南野陽子版TV…全く知りません。 内田有紀版の芳山和子の妹が安室奈美恵だったと言うことは…、真琴の母親は美人だった...
18. 映画レビュー#45「時をかける少女」  [ Production Rif-Raf ]   2007年03月15日 16:10
基本情報 「時をかける少女」(2006、日本) 監督:細田守(デジモンアドベンチャー、ワンピース劇場版) 脚本:奥寺佐渡子(お引越し、学校の怪談) 製作:渡邊隆史 原作:筒井康隆 キャラクター・デザイン:貞本義行(新世紀エヴァンゲリオン) 出演:仲里依紗、石田卓也....
19. 時をかける少女  [ Akira's VOICE ]   2007年03月21日 18:36
軽やかにジャンプしたくなる青春映画。
20. 時をかける少女  [ 悩み事解決コラム ]   2007年05月01日 16:51
{amazon}  アニメ版映画『時をかける少女』主人公の高校生の 紺野真琴はある事がきっかけで、タイムリープできる ようになる。彼女は序盤このタイムリープを利用して 少し前の過去に戻って、遅刻のドタバタを回避し、 できなかったテストをやり直し、
21. 時をかける少女(細田守監督)  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年05月13日 15:15
「日本以外全部沈没 」のレビューでも書きましたが 私は筒井康隆氏の作品のファンです。 でも実は大林宣彦監督の「時をかける少女」はあまり好きではありません。 このアニメ版「時をかける少女」は評判いいですね。 映画館に観に行こうと何度かトライしたのですが 満...
22. 時をかける少女−(映画:2007年57本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年05月17日 22:55
監督:細田守 声の出演:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、原沙知絵 評価:83点 公式サイト あれはあれでよかったけど、これはこれでいいなあ。 エンディングはお決まりの別れだけど、チアキの最後のセリフがゾっとするくらいかっこよかった....
23. 時をかける少女  [ 映画を観たよ ]   2007年06月16日 21:48
青春と青空が眩しい!
24. 時をかける少女…期待して期待以上な作品でした  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2007年07月17日 21:56
三連休の最終日。 本日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は部屋の大掃除をしました{/ase/} 私の部屋の場合、先日の家庭訪問時に廊下に積んであった様々なアイテムが持ち込まれて以来(※こちらの記事を参照)、実に乱雑な状態でしてまだ片付いていませんでした。 で、今日はと...
25. DVD鑑賞「時をかける少女」  [ 日々“是”精進! ]   2007年07月22日 08:12
時をかける少女地上波放送で半分、DVDで半分、「時をかける少女」を鑑賞しましたネットの書き込みや口コミでその面白さが広がり、半年以上のロングラン上映記録を樹立。国内外で各賞を獲得した話題のアニメーション!原作は、筒井康隆の同名小説。今まで何度も映像化さ...
26. 時をかける少女&おお振り&受験の神様  [ 別館ヒガシ日記 ]   2007年07月22日 19:58
おお振りはで三橋が塁に挟まれて花井ホームインで判定を待って 受験の神様は姿勢から始まって徹夜で授業と神様は厳しい事をするし 時をかける少女は原作や実写を見た事が無くてアニメを見たのだけど 映像は綺麗し3人の関係などストーリーも良くて10点中8点だよ ...
27. 時をかける少女  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年07月23日 14:09
TV鑑賞―【story】高校2年生の紺野真琴は、学校の実験室で不思議な体験をし、それ以来時間を跳躍するタイムリープの力を身につけてしまう。はじめはそれを利用して日々を楽しんでいたが、男友達の間宮千昭と津田巧介との「友情」と「恋」に微妙な変化が起こっていく。真琴の...
28. 時をかける少女(アニメ映画版)  [ 色即是空 ]   2007年07月27日 21:24
先日TV放送された、時をかける少女(アニメ映画版)を見ました。原作小説、実写映画版は未見ですが、今回放送された、アニメ映画版は時代設定から、キャスティングに至るまで大幅リメイクが施されているということで見てみました。まず、最初に期待していたのは、ハイビジョ...
29. アニメ:時をかける少女(★★★★★)  [ 新・ぴゅあの部屋 ]   2007年07月30日 22:15
「時をかける少女」06年(★★★★★) 昔、アイドルの映画で、こんなのがあったような? と思ったら、1983年、原田知世のでしたね。 ふとしたことから、 時を越える能力、タイムリープを持った少女、真琴。 ドジで、活発で、愛嬌があって、好感が持てる...
時をかける少女。 発言者:<img src=\"{_img_}rakusu01.gif\">→宵里、<img src=\"{_img_}miriaria02.gif\">→春女です。 <img src=\"{_img_}rakusu01.gif\">「去年もT
31. 時をかける少女  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年08月13日 19:31
 『待ってられない 未来がある。』  コチラの「時をかける少女」は、7/15公開になったアニメ映画なんですが、何だかアチコチでかなり評判が良いみたいなので、思わず観て来ちゃいましたぁ〜♪なかなか面白かったですよ〜っ!  実を言うと筒井康隆の原作も読んだ事が....

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   2006年10月25日 01:36
こんばんわ。
私の本年度No.1映画はこれですね!いや、ここ数年の邦画で1番かも?

早くDVD出ないかな〜?
待ち遠しいです!
来年夏が来る頃にこの映画を見たら、もっと感動できるかも知れませんね!
2. Posted by CINECHAN   2006年10月25日 01:43
今夜は四連発!
これは良かったですね。
新宿で観ようと思ったら、超満員で、「ゲド戦記」にしたのですが、これががらがらで、更に内容も・・

タイム・リープという技を使ってますが、青春時代のほろ苦さ、成長を描いた作品ですね。
私も結構公開されてから遅くに観たんですが、何となく公開時の夏に観れれば良かったなぁと思いました。

それでは、今夜のところはこれぐらいで。
どんどん映画を観ましょう。
3. Posted by 朱色会   2006年10月25日 01:55
5 睦月さん。こんばんわ!

…そうか、まだ観てなかったんだね〜

高校時代のあの輝き。。日差しが強かったな〜あの印象がプレイバック。プレイバック(笑

この映画のテーマは「選択。」朱色会もそれを踏まえたレビューを書きましたので読んでおくれやす。
4. Posted by kazupon   2006年10月25日 09:10
こちらにもTBを。
やはり大林監督版のイメージを想像して
観にいったら、全然別物の印象の作品だと
思いました。
>ごく平凡な高校生少女の視点で描かれている
高校の夏休みの毎日、特定のツレと
つるんでダラダラ過ごしていたなぁって
・・・。そういう雰囲気がとても良くて。
自分の場合、部活+映画館でバイトして
たんで、もっとバタバタしてたはずなん
ですけどなんとなく懐かしい気持ちに
なりました。
5. Posted by むっしゅ   2006年10月25日 15:18
都合の悪いコメントはけすんですか?率直な意見なのに・・・。面白くないものは面白くないし・・・。自信があるから写真のせてるんでしょ?ブログも管理者も最悪ですね!!
6. Posted by にゃむばなな様へ   2006年10月25日 16:25
■にゃむばなな様へ
コメントありがとうございます。

素敵な作品でしたね!評判がいいのがよく分かりました。
観にいってほんとによかったです!!

物語と同じ夏の時期に観たらもっと感じ方が変わったかも・・・。

その時期にもう一度見直したい作品です。
7. Posted by CINECHAN様へ   2006年10月25日 16:29
■CINECHAN様へ
コメントありがとうございます。
連続でたくさんありがとう。

私が観にいったときはさすがに空いていました。でもどんなに遅くなってもこれは劇場で観てホントによかった!!

タイムリープに上手く青春物語を織り込んでホントに素敵な作品になっていましたね!最高でした。

睦月もできるだけたくさん映画を観ようと思っています!!

8. Posted by 朱色会様へ   2006年10月25日 16:32
■朱色会様へ
コメントありがとうございます!

そうそう。まだ観てなかったのよ(苦笑)。
やっと観てきました。劇場で観れてホントによかったです。

自分の青春時代を鮮明に思い出しましたね・・・。なんだか初々しい気持ちになりました(笑)。

朱色会さんの記事も読ませていただきます!!
9. Posted by kazupon様へ   2006年10月25日 16:34
■kazupon様へ
コメントありがとうございます!

睦月は時かけの他の作品を観た事がないので比べようがないのですが・・・それでもこの作品単体で観ても十分によかったです!

この物語と同じような青春時代をすごしたわけでもなく・・・でもあんな気持ちになったこともあったりして・・なんだか自分の思い出にリンクさせながら観てしまいました。・・・なんかね、すごくいいですよね(憂)。
10. Posted by むっしゅ様へ   2006年10月25日 16:40
■むっしゅ様へ
コメントありがとうございます。

率直なご意見に感謝です。しかし、基本的に誹謗中傷と思われるコメントについては受け付けてないんですよ。すみません。

こちらとしてはできるだけ包み隠さず、自然体でブログの運営をしています。そういう意味で写真掲載もしています。

面白くないと思うのであれば、読んでいただかなくて構いません。さらに、あなた様にいきなり「最悪だ」と言われる覚えもこちらにはありません。

今後、こういったコメントに関しては削除させていただきますのでなにとぞご了承のほどよろしくお願いいたします。
11. Posted by かのん   2006年10月26日 23:18
私、コレ2回観ちゃいましたヨ、もぉ2回とも感動の涙、涙でした。青春の躍動感が抜群に素晴らしい作品でした。何度でも泣けそうです。
12. Posted by ノラネコ   2006年10月27日 21:30
お、観たんですね。
なかなかでしょ、これ。
私は思いっきり原田知世世代ですが、旧作へのリスペクトもしっかり入っていて、続編としても楽しめました。
最近観た邦画アニメでは一番よかったなあ。
しかし、汚れた大人としては、タイムリープしてロト6を買ったり、競馬の万馬券を当てる妄想してしまいます。
自己嫌悪(笑
13. Posted by ミツ   2006年10月28日 00:01
こんばんは!

大林版で不満だったタイムリープの使い方が、とても満足のいくものになっていて、とても嬉しかったですね。気持ちよく笑えましたよ(笑)

『ゲド戦記』、『ブレイブストーリー』の影に完全に隠れていましたが、間違いなく内容的には『時かけ』が一番でしたよ!そして個人的にもきっと今年の邦画ナンバーワンになるでしょうね。

劇場館拡大、そしてDVDと、これからもっともっと幅広い人たちに観てもらいたいですね。
14. Posted by かのん様へ   2006年10月28日 12:28
■かのん様へ
コメントありがとうございます!

かのんさんが二回目の記事をアップしていたので、「これは見なければ!」と思ったんですよ。

劇場で鑑賞してホントに良かった!

≫青春の躍動感が抜群に素晴らしい作品でした。何度でも泣けそうです。

うんうん。そうでしたね。とても清清しくて素敵な気持ちにしてもらえる作品でした!
15. Posted by ノラネコ様へ   2006年10月28日 13:28
■ノラネコ様へ
コメントありがとうございます!

前にね、ここにくれたコメントの中でノラネコさんがこの作品をイチオシしていたのでずっと気になっていたんです。

観に行ってホントに良かった!!
ホントに素晴らしかったです。

≫しかし、汚れた大人としては、タイムリープしてロト6を買ったり、競馬の万馬券を当てる妄想してしまいます。
自己嫌悪(笑

いやいや・・・汚れてなくてもよからぬことを考えるものですよ(笑)。
私なんかココでは公表できないようなお下劣なことをたくさん妄想してしまいました。
16. Posted by ミツ様へ   2006年10月28日 13:30
■ミツ様へ
コメントありがとうございます!

≫『ゲド戦記』、『ブレイブストーリー』の影に完全に隠れていましたが、間違いなく内容的には『時かけ』が一番でしたよ!そして個人的にもきっと今年の邦画ナンバーワンになるでしょうね。

そうそう。なんでこの作品がひっそりと公開されているのかよく分かりませんね。もっと堂々の全国公開をしてほしいもんです。だって、この作品はまだ公開中ですが、『ゲド』や『ブレイブ』は既に上映終了しているところも多いですからね(笑)
17. Posted by orange   2006年11月05日 20:41
睦月さん☆こんばんわ。
こちらにもお邪魔致します。
この作品は、本当に今年夏観た中でも太鼓判でした。
確かに青春時代への思いを再燃させますね〜ノスタルジックすぎて受け入れられないかとも思いましたが、すんなり入ってきて・・・僕も打ちのめされました。
タイムリープというプロットを上手く繋げながらも展開していく一人の少女の物語。
良い夏休みを再び体験したかのような素敵な傑作ですよね♪
18. Posted by orange様へ   2006年11月06日 03:44
■orange様へ
コメントありがとうございます!

orangeさんとこでかなりの太鼓判な作品だたし、他のブロガーさんも高評価を出していたので、満を持して観に行った作品でした。

いやあ・・・よかったですよ、ホントに!

なんだかくすぐったいような思いに駆られながらもまんまとハマってしまいました(笑)。戻れることなら戻りたい、あの青春時代(爆笑)。
19. Posted by 八ちゃん   2007年01月27日 23:44
11月1日に観に行ったんだけど、記事完成させるの忘れてた〜〜〜〜(汗

例のオールナイトした時、昼に観ました。
八ちゃん歳なのによ〜やります(爆
20. Posted by 八ちゃん様へ   2007年01月30日 08:14
■八ちゃん様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅れてすみません・・・。

オールナイト鑑賞お疲れ様でしたね。
睦月なんかオールしたら、
目がチョボチョボで映画どころじゃない
っすよ(笑)。

八ちゃん、まだまだイケますね♪
21. Posted by ななな   2007年06月16日 21:46
睦月さん、去年の記事にお邪魔します〜。

この映画大好きでした♪
今の大学生くらいだとこの青春は羨ましがると思いますよ。
もう最近は制服着てるのを見るだけど「青春してるよねー」って言ってますもの(笑
私たちも青春真っ只中って言ってもやっぱり高校生とは意味合いが違ってますもの。
大人と子供の狭間で恋したり、友情万歳したり。。。キラキラですよね。
でもこの映画を見たら誰でも自分のあの頃に思いを馳せてしまうと思うです。
ステキな映画でしたー!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔