2006年11月19日

トゥモロー・ワールド

トゥモローワールド

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆

 人類の希望・・・それはたった一つの産声

 

監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:クライヴ・オーウェン,ジュリアン・ムーア,マイケル・ケイン,キウェテル・イジョフォー,チャーリー・ハナム,クレア=ホープ・アシティー
製作年・国:2006/米・英
鑑賞日:2006/11/18:ユナイテッドシネマとしまえん
系統:近未来ドラマ
配給:東宝東和

ストーリー:西暦2027年。人類が生殖能力を失ってから18年が経った。世の中には子供が産まれなくなり、人類滅亡の危機に面した世界は荒廃していた。外国人は全て不法入国者として迫害され、政府に対し゛フィッシュ゛と呼ばれる活動家たちが紛争を巻き起こす。そんな中、国家の仕事に就くテオは20年前に別れたジュリアンと再会し、人類存続に関わる重要な事実を知ることになるのだが・・・。


評:『天国の口、終わりの楽園』 、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン監督の最新作。
原作は、英国作家界の女王P.D.ジェイムズの大ベストセラー小説である。



さて・・・・。
多くの人に「この映画を観たい!」と思わせ、わざわざ劇場に足を運ばせるために配給会社がすること・・それはもちろん宣伝やプロモーションだ。
私たちはチラシやポスターといったビジュアル、たった数分間の予告やTVスポット、あるいは試写会などですでに鑑賞している人達の評価や感想などを参考にしつつ、数ある映画作品の中から「これを観よう」とチョイスする。

 その宣伝効果に植えつけられる印象というのは、とてつもない影響があるものだ。


この作品を観終えて、まず思ったこと・・・それは。
宣伝から受けるイメージに自分が見事に覆われてしまっていた、ということだった。

他の人達がこの作品に対してどんなイメージを持って鑑賞するかは分からないけれど。私自身は少なくとも近未来アクションだとか、SFファンタジーのようなイメージを勝手に創り上げていた。

  あのう・・・ぶっちゃけ、全然、全く、180度違いますので気をつけろ(苦笑)。


言ってしまえば・・・まさに予想外の映画だ。
時代設定は今の2006年から21年後。手放しで「超未来の話じゃーん♪」なんては言ってられない。
しかも、少子化問題が深刻になりつつある今の世の中の延長戦上にあると言っても疑わしくないような゛生殖能力を失った人類゛という背景。

           うーん・・・結構リアリティのある物語だ。

この作品には、空を走る車だの、高いタワーがそびえ立つハイテク都市といった描写は一切ない。むしろ世界の状況は今よりもかなりヒドイものになっていて、あちこちで紛争が巻き起こり、銃や爆弾などで多くの人が傷つき死ぬ。

未来を担う子供の存在を失った人類世界というのは、こんなにも苛酷なものなのか?

人々の顔からは笑みが消え、楽しむことを知らず、希望を見出せぬ闇の中で絶望と恐怖に怯え生きる・・・ぶっちゃけると、この物語のテーマはかなり重いと言っていいと思う。近未来社会派ドラマとでもいおうか・・・(笑)。

爽快なSFアクションや、夢のようなSFファンタジーなど期待してはいけない作品だ。


ただ・・・この作品、非常に微妙だ。あらゆる意味で紙一重だ。
物語全体がひどく暗澹としているうえ、抑揚に乏しい。観客を決定的に惹き付ける山場が見当たらないまま、その陰気なムードに飲み込まれる。

       退屈だと感じてもまるで仕方がないような作り方だと思った。

人間関係や状況設定の背景に奥行きがなく、説明不足なまま物語は進行していく。
人々が、子供の誕生しない世の中に悲観しているようにはあまり見えないし・・・なぜあそこまでヒドイ紛争や戦いが勃発しているのか、なぜ外国人を迫害するのか・・イマイチ意味が伝わってこない。

一方で、ただ退屈だつまんないと流すだけには収まらない、深いメッセージ性を感じる作品でもあったりするから困ってしまう(苦)。

銃弾の飛び交う街の中を主人公が動き回る場面は、ワンシーンワンカットで映し出され、とてつもないリアリティと恐怖がにじみ出ていてかなり秀逸だったし。
終盤にかけての物語展開は、希望と絶望の混在する世界とその行方に目が離せなくなる。

きっとこれは。
観客がどこまでこの物語を゛リアル゛として受け捉えることが出来るかにかかっている作品だろうと思う。
とても近い未来・・・今のこの時代と簡単に置き換え可能な物語設定の中で、この作品が訴えるものに観客がどれだけ向き合い、リンクできるのか。

この作品を退屈だ・・と一蹴するも、突きつけられるメッセージを深刻に受け取るも
          それは全て・・・観る人に託された課題かもしれない。

clockworkorenge at 00:00│Comments(49)TrackBack(95)clip!映画論 た行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. トゥモロー・ワールド(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2006年11月18日 22:41
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム 【公開日】2006/11.18 【製作】アメリカ 【ストーリー】 西暦2027年、人類に???? п!
2. トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年11月19日 01:44
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生しなくなり、人類が絶??W H
3. トゥモロー・ワールド  [ It's a Wonderful Life ]   2006年11月19日 01:59
久々に度肝を抜かれる映画を観た気がします。 終末観が漂う映像からみなぎる緊迫感やエネルギーがすごい。 原題の"Children of a men"(「人類の子供たち」)という 原作小説の「18年間子供が生まれない2027年」の世界を モチーフに、かなり監督アルフォン...
4. トゥモロー・ワールド  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年11月19日 06:15
9月上旬以来の大作とあって非常に楽しみにしていたのだが…。 あれ、何これ? 思っていたのとはちと違った。 いい意味で裏切られたよ。
5. トゥモロー・ワールド  [ 5125年映画の旅 ]   2006年11月19日 08:20
西暦2027年。人類には18年間、新生児が誕生していなかった。世界は荒廃し、唯一正常な社会体制を維持しているイギリスには難民が押し寄せていた。ある日、エネルギー省に勤めるセオは、地下組織のリーダーであるかつての妻・ジュリアンと再会する。彼女はセオに、ある....
6. アヤパンの流出ハメ撮り画像!!衝撃の写真を公開!!  [ アヤパン流出ハメ撮り画像!! ]   2006年11月19日 11:48
アヤパンこと高島彩のハメ撮り写真が某週刊誌に掲載された!!事務所からすぐに回収が行われたがネットにはまだ回収しきれない写真が点在する。そんな衝撃のハメ撮り画像を入手!詳しくはどうぞ!
7. グラドル川嶋じゅんがブログでレイプ告白!衝撃のハメ撮り動画!!  [ 女子大生グラドル川嶋じゅんのレイプ問題! ]   2006年11月19日 12:18
現役の女子大生アイドルの川嶋じゅんが自身のブログで撮影中イヤらしい表情の為といってレイプされていた事を告白した!!AVと変わらない内容のハメ撮り映像!!その問題の動画を公開します!
8. 小島可奈子のフルヌード画像!未公開画像多数!!  [ 小島可奈子のフルヌード画像!! ]   2006年11月19日 14:14
約1年半の休業を経て復帰したタレント小島可奈子がフルヌード写真集を発売!!その31とは思えないキレイなヌード画像多数!更に掲載されなかったお蔵入り画像、過去の衝撃流出画像まで!!是非ご覧になって見てください・・・。
9. 藤原紀香、陣内智則の入籍予定!流出スクープ画像!!  [ 速報!藤原紀香、陣内智則の裏話。 ]   2006年11月19日 15:08
入籍予定と報道された女優、藤原紀香とお笑いタレント、陣内智則の交際スクープ画像!!濃厚ディープキス写真や○○な写真まで!週刊誌よりも早く入手!!気になる方はどうぞご覧下さい!!
10. ほしのあきのアナル丸見えお宝画像!!  [ ほしのあきお蔵入りお宝画像!! ]   2006年11月19日 16:29
人気グラビアアイドルほしのあき。最近ますます過激度を増す彼女のお宝画像を発見!!Tバックがずれて・・・詳しくはどうぞ!
11. 吉岡美穂がIZAMと電撃入籍!流出ハ●撮りフ●ラ画像!!  [ 吉岡美穂、IZAMの電撃入籍!! ]   2006年11月19日 17:25
癒し系グラドルの吉岡美穂がIZAMと電撃できちゃった婚!!吉岡美穂はすでに妊娠三ヶ月。そんな中驚きの流出写真を発見!!結婚をよく思わない輩が流したもののようだが、その内容はファンにはショックの大きい内容だ・・・詳しくはどうぞ。
12. 映画〜トゥモロー・ワールド  [ きららのきらきら生活 ]   2006年11月19日 20:58
 「トゥモロー・ワールド」公式サイト近未来SFアクション映画?普段まったく興味のないジャンルの映画だけど、なんとなくキャッチコピーとクライヴ・オーウェンに惹かれて観て来ました☆西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常事態が続い...
13. 爆乳【大橋未歩】がついに結婚!!ヤクルト城石選手と  [ 爆乳【大橋未歩】がついに結婚!!ヤクルト城石選手と ]   2006年11月20日 10:58
爆乳【大橋未歩】がついに結婚!!ヤクルト城石選手と 女子アナ人気癸韻鮓悗 巨乳でエロイ女子アナこと【大橋未歩アナ】の結婚が明らかになった。 番組内では「お口に出してイッっちゃって」 「ハマグリが潮噴いた」などなど 、アナウンサーらしからぬ発言を連発する...
14. 高島彩アナのハメ撮り写真流出  [ 女子アナ衝撃写真集 ]   2006年11月20日 11:44
アヤパンこと高島彩アナウンサーのヤバにゃんにゃん写真を入手!!これはアナウンサー追放にもなるのではないだろうか??雑誌の誌面にのるのも近いはず… 詳しくはご覧下さい!
15. 人気アナ【高島彩】のマンションでゆず【北川悠仁】がハメ撮り!!  [ 人気アナ【高島彩】のマンションでゆず【北川悠仁】がハメ撮り!! ]   2006年11月20日 15:34
人気アナ【高島彩】のマンションでゆず【北川悠仁】がハメ撮り!! フジテレビの朝の顔として人気のアヤパンこと高○彩アナと 交際が噂される「ゆず」の北川悠仁の話題が飛び込んできた。 なんと高島のマンションでのハメ撮り動画がBUBUKAに 持ち込まれたというの...
16. 松嶋菜々子のソープ時代の衝撃写真  [ 芸能人の秘密の過去 ]   2006年11月20日 17:13
なんと…女優・松嶋菜々子は13年前、まだ二十歳の頃、超高級ソープの人気物だったと言うのはご存知ですか? あの純粋そうな彼女からは想像もつきませんね。証拠写真を入手しました。
17. トゥモロー・ワールド  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2006年11月20日 20:40
唯一の希望を 失えば、 人類に明日はない。           評価:★3点(満点10点) 2006年 109min 監督:アルフォンソ・キュアロン 主演:クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン 【あらすじ】....
18. トゥモロー・ワールド Children of Men  [ travelyuu とらべるゆう MOVIE ]   2006年11月20日 23:04
クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 2027年 ロンドンのエネルギー省に勤めるセオは人類で一番若い 18歳の少年が死んだ事をニュースで知ります この18年間新たな人類誕生をみない世界になっていました セオは突然 前妻で今は反政府の主...
19. Children of Men  [ The Final Frontier ]   2006年11月21日 17:23
Clive Owenの剃り残しがありそうなあごひげを 今日もジョリジョリしたくてたまらないDeannaです。なんだかんだ言って,Clive Owenが出演している映画はここ数年全て制覇しているような気がする・・・怜 トゥモロー・ワールド 西暦2027年、人類はすでに18年間も子....
20. トゥモロー・ワールド  [ 映画を観たよ ]   2006年11月21日 19:34
2027年、そう遠くない未来ですね。
21. トゥモロー・ワールド  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2006年11月21日 20:15
トゥモロー・ワールド 原題: Children of Men (2006) 2006年11月18日 日本初公開 公式サイト: http://www.tomorrow-world.com/ ユナイテッドシネマ・としまえん スクリーン8  2006年11月19日(日)19時15分の回 ゴウ先生総合評価: B+   画質(ビスタ...
22. 『トゥモロー・ワールド』(アルフォンソ・キュアロン監督)★★★★  [ The MouvieBuff Diaries ]   2006年11月22日 08:28
人間の「生」を象徴するさまざまな生理的現象が ノイズとして響く、終末的なノワール! 『天国の口、終りの楽園。』のアルフォンソ・キュアロン監督が、英国ミステリー界の女王、P.D.ジェイムズの近未来SF小説『The Children of Men(人類の子供たち)』(ハヤカワ...
23. 世界で一番の「長回し」は8分間ってホントウなのか?  [ The MouvieBuff Diaries ]   2006年11月22日 08:28
『渡る世間は鬼ばかり』は「長回し」でなく、「長台詞」のほうでした。おっと、「長回し」の話をせねば。  ギネスブックには載っていないけど、ぼくがもっともシビレた「長回し」は、オーソン・ウェルズ監督の『黒い罠』だ。オープニングからきっちりヘンリー・マン...
24. 『トゥモロー・ワールド』  [ ラムの大通り ]   2006年11月22日 08:50
(原題:Children of men) ----これってアルフォンソ・キュアロンの新作だよね。 彼のフィルモグラフィって、どこか変わってるよね 「うん。今度は近未来SFだしね。 しかも赤ちゃんが生まれなくなって ついに人類に明日への希望がなくなった世界」 ---でも、そういうのって...
25. 「トゥモロー・ワールド」  CHILDREN OF MEN  [ 俺の明日はどっちだ ]   2006年11月22日 09:21
西暦2027年、人類はすでに18年間も子供が誕生していなかった。原因は分からず、人類滅亡の時が刻一刻と迫り、希望を失った世界には暴力と無秩序が拡まっていた。そうした中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者に対して徹底した取締りを行なうことによって辛うじて治安を維持...
26. トゥモロー・ワールド  [ 悠雅的生活 ]   2006年11月22日 09:44
子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・
27. トゥモロー・ワールド  [ ネタバレ映画館 ]   2006年11月22日 10:39
トモロヲ・ワールドってどんな所かな〜
28. トゥモロー・ワールド  [ 丼 BLOG ]   2006年11月22日 18:21
(06年11月鑑賞) 「近未来世界の描写が素晴らしい。画面に真に迫る迫力がある。...
29. トゥモロー・ワールド  [ skywave blog ]   2006年11月22日 22:57
2027年、子供が生まれなくなって18年。イギリスだけが、国家として唯一機能している、そんな世界が描かれます。 私はなぜか、近未来ものに強く惹かれます。そこでは、必ず
30. 映画のご紹介(212) トゥモロー・ワールド  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2006年11月23日 08:01
3 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(212) トゥモロー・ワールド-何ができるかと言えば... 光の旅人 K-PAXのレビューで「CG技術が発達して映画に特殊効果を使うことのハードルが低くなり、SF的でない映画でも特殊効果が....
31. クライヴ・オーウェン Clive Owen 俳優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   2006年11月23日 12:33
Date of birth (location),3 October 1964,Keresley, near Coventry, Warwickshire, England, UKSin City 2 (2006) Elizabeth: The Golden Age (2006) トゥモロー・ワールド The Children of Men (2006) Shoot 'Em Up (2006) インサイド・マン Inside Man (2006) すべ...
32. ジュリアン・ムーア Julianne Moore 女優特選  [ mayapapaのMAYA_tomato ]   2006年11月23日 12:33
Date of birth (location),3 December 1960,Fayetteville, North Carolina, USA本名 Julie Anne SmithHateship, Friendship, Courtship (2007) Morgan's Summit (2007) I'm Not There (2007) Next (2007) Savage Grace (2007) トゥモロー・ワールド Children of Me...
33. トゥモロー・ワールド  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2006年11月23日 12:36
『CHILDREN OF MEN』公開:2006/11/18(11/22鑑賞)製作国:アメリカ/イギリス監督:アルフォンソ・キュアロン原作:P・D・ジェイムズ    『人類の子供たち』/『トゥモロー・ワールド』(早川書房刊)出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイ...
34. '06-093 『トゥモロー・ワールド』  [ 闇に歌えば Singin' In The Dark ]   2006年11月23日 13:11
それは遠くない未来2027年 人類は生殖能力を失い、18年間新たな命が生まれていない そんな中、人類最年少の青年が詰まらない事で命を落とし 世界中が哀しみにくれている
35. 「トゥモロー・ワールド」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2006年11月23日 14:36
劇場チラシや予告編、原題「CHILDREN OF MEN」から、なんとなく『アイランド』のようなイメージを持っていた。しかしまったく異なり、これは『日本以外全部沈没』でのGAT(外人アタック・チーム)”VS外国人難民”そのままではないか!
36. トゥモロー・ワールド  [ Lovely Cinema ]   2006年11月23日 17:50
2006/アメリカ 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン(セオ)    ジュリアン・ムーア(ジュリアン)    マイケル・ケイン(ジャスパー)    クレア=ホープ・アシティ(キー) ん〜・・・いまいち入っていけない世界でした。 以下、...
37. 人間の子供たち【原題:The Children of Men】  [ 朱色会 ]   2006年11月23日 20:01
邦題は、どぅいうわけか、「わすれました。」(笑 ・・・SF小説というものは、荒唐無稽な設定が多いものではある。 しかし、確かに【現実】とつながるメッセージを垣間見ることができ それが発見できたとき、その本は、その読者にとっての 良書となる。 また、とはいうもの...
38. 『トゥモロー・ワールド』  [ sweet* Days ]   2006年11月23日 20:04
監督:アルフォソン・キュアロン CAST:クライヴ・オーウェン、マイケル・ケイン、ジュリアン・ムーア 他 STORY:西暦2027年、人類は生殖能力を無くし、2009以来地球上には1人も子供が産まれなくなっていた。人類存続の危機に貧し、世界各地で紛争やテロが起きていた。...
39. トゥモロー・ワールド  [ 映画とはずがたり ]   2006年11月23日 22:29
3 いかにも今日的な社会問題を重厚に描いた、 衝撃の近未来SF大作!! STORY:西暦2027年。 人類にはすでに、18年間子供が誕生していなかった。 この地球を引き継ぐものは、いずれ途絶えてしまう・・・。 エネルギー省官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)は、 人類の...
40. トゥモロー・ワールド  [ エリ好み★ ]   2006年11月24日 00:01
子どもが生まれない、ってリアルに現実ですよね。
41. 『トゥモロー・ワールド』  [ ねこのひたい〜絵日記室 ]   2006年11月24日 14:45
通話料=0円(*1) 出生率=0%(*2) (*1…2006年現在。同一電話会社の携帯電話との通話のみが、ゴールドプランに加入して月額基本料金9600円を払いさえすれば無料です) (*2…2027年現在。東京は崩壊して測宀xã )
42. トゥモロー・ワールド/クライヴ・オーウェン  [ カノンな日々 ]   2006年11月24日 16:20
3 予告編の雰囲気では、もっと未来的な印象だったけど、2027年という極近未来の物語だったんですね。18年間も子供が誕生していないってことは2009年あたりから生まれなくなったってことですよね。想像出来そう出来ない設定に正直戸惑いながらも飲み込まれていきました。 出....
43. トゥモローワールド  [ Akira's VOICE ]   2006年11月24日 17:56
一人の男が達成する明日への架け橋。
44. トゥモロー・ワールド  [ とんとん亭 ]   2006年11月24日 19:33
「トゥモロー・ワールド」 2006年 英/米 ★★★★ 2027年(約20年後!)、人類は滅亡に瀕していた。 世界中で戦争や内戦が勃発。 さらに生殖能力を完全に失い、子供が生まれない世界へ突入していた。 近い将来、こんな日が来るかもしれない??...
45. 【劇場鑑賞127】トゥモロー・ワールド(原題:CHILDREN OF MEN)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年11月24日 20:03
3 2027年 子供が誕生しない未来 そう遠くない明日 人類だけが地球から消え去る 唯一の希望を失えば、人類に明日はない
46. 127.トゥモロー・ワールド  [ レザボアCATs ]   2006年11月25日 01:09
2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている。設定がしっかりとしていて、逆にとても恐ろしい感じがする。....
47. 『トゥモロー・ワールド』  [ 唐揚げ大好き! ]   2006年11月25日 06:28
  『トゥモロー・ワールド』   子供が誕生しない未来を変えるひとりの少女。 唯一の希望を失えば、人類に明日はない。   感動しました。 スクリーンの中に一筋の小さな希望が見えたような気がしたんです。 こんな衝撃は初めてでした。 18年間子供が生まれない
48. トゥモロー・ワールド  [ Alice in Wonderland ]   2006年11月26日 00:28
今年100本目の映画です。 予告を観て時間があったら観ようかな程度であまり期待もせずに観に行ったのですが、映像のすごさに引き込まれ映画終了までスクリーンに釘付けで呼吸をしていたのかさえ忘れるくらいに集中していました。 2027年。我々人類にはすでに18年間...
49. 映画「トゥモロー・ワールド」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2006年11月26日 09:40
2006年65本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督作品。女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類...
50. トゥモロー・ワールド  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2006年11月26日 13:15
★★★  近未来を描いた映画は、いつも暗い作品ばかりだ。それが人間社会の定めなのだろうか。         確かに私達の生活は豊かになり、過去の贅沢はもはや普通の事となってしまった。また人は我がままで自己本位となり、金を稼ぐことだけに奔走するばかりだ。 そ
51. トゥモロー・ワールド(映画館)  [ ひるめし。 ]   2006年11月26日 16:11
「唯一の希望を失えば、人類に明日はない。」 製作年:2006年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:アルフォンソ・キュアロン 出演者:クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/キウェテル・イジョフォー 時 間:109分 [感想] ジュリアン・ムーアの扱...
52. 『トゥモロー・ワールド』  [ ちばちゃん的、こころ! ]   2006年11月26日 21:53
子供が産まれないと、こんな世界になっちゃうのかな? なんでなんだろう? 反政府革命組織は何を主張してるのかな? 政府は何を弾圧してるの? ヒューマンなんたらは何の組織で、その船に乗るとどうなるのかじぇんじぇん分かりません? ('_'?) 父親たちの星条旗の....
53. トゥモロー・ワールド  [ C note ]   2006年11月27日 14:40
そういえば・・・秘密の部屋では爆睡してしまったけど(寝不足だったからです、きっ
54. 真・映画日記(3)『トゥモロー・ワールド』  [ CHEAP THRILL ]   2006年11月27日 19:37
(2から) 映画館を出て銀座に移動。 WINSの前にあるマクドナルドで時間を潰す。 午後7時から「シネマイッキ塾」に参加。 18人参加。 暑かったなあ。 『プラダを着た悪魔』、『麦の穂をゆらす風』について語りあう。 9時終了。 有楽町駅前の中華料理屋で打ち上げ...
55. ★「トゥモロー・ワールド」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年11月28日 04:10
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00〜)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。
56. トゥモロー・ワールド/Children of Men  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2006年11月28日 11:06
"子供のいなくなった未来"を観てきました〜{/kaminari/} ん??でも思ってたのと全然ちがうぞ、、、 SFかと思ったら、舞台は2027年というわりと近未来のお話。 そこでは、イギリス以外の国はほぼ壊滅していて、、、、。 凄まじい銃撃シーン。 爆発シーンのリアルさには目...
57. 人類の未来って、悲惨なものか?  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年11月28日 23:13
255「トゥモロー・ワールド」(イギリス)  西暦2027年。世界は戦争と退廃で、崩壊しようとしていた。更に人類には18年間も子供が誕生していなかった。世界最年少の男ディエゴの死で、悲しみに暮れる世界、そしてイギリス・ロンドン。ここでは不法入国者の取り締...
58. 『トゥモロー・ワールド』★★★★★★★★★(9点)  [ ginpeichanの映画日記。 ]   2006年11月30日 01:27
というわけで、観てきましたよ『トゥモロー・ワールド』。 けっこうビッグバジェットなSF大作映画だとは思うんだけど、 映画館の予告編でもほとんど見なかったし、 公開前もそんなに盛り上がった感は無かったので、 公開が始まったのも気づかなかったくらいです。(笑) ...
59. 「トゥモロー・ワールド」見てきました  [ よしなしごと ]   2006年11月30日 02:18
 SF映画かと思っていた「トゥモロー・ワールド」を見てきました。
60. 同志諸君ヨ 武器ヲ執レ  [ ぼんぼん雑記 ]   2006年11月30日 16:35
同志諸君よ さあ起ち上がれ 人類の未来はすでに失われた 夢も希望も 何一つ残っていないんだ いまさら何を怖れるのか 未来に目を瞑ることが出来たあの頃が懐かしいか 浅はかだった日々を 後悔するのはもう止めよ 生温い檻の中での毎日 尊厳のない生き方に何の意味があるんだ ...
61. 『トゥモロー・ワールド』★・・・・  [ ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ ]   2006年12月01日 10:27
『トゥモロー・ワールド』公式サイト原題;CHILDRENOFMEN 制作データ;2006英=米/東宝東和 ジャンル;アクション上映時間;109分 監督;アルフォンソ・キュアロン出演;クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン劇場:11/30(金)TOHOシネマズ川崎◆STOR...
62. 【劇場映画】 トゥモロー・ワールド  [ ナマケモノの穴 ]   2006年12月01日 22:55
≪ストーリー≫ 2027年。我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう! 国家的事業に従事するセオは、人類の未来はおろか、自分の将来すら興味のない絶望を生きる男。しかし、彼は...
63. 「トゥモロー・ワールド」どうしても未来は悲惨のようだ  [ soramove ]   2006年12月02日 14:20
「トゥモロー・ワールド」★★★ クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 アルフォンソ・キュアロン監督、2006年アメリカ/イギリス 映画で描かれる未来はどれも 夢も見れないような 暗いものが多い、 第三次世界大戦で世界は崩壊した...
64. ●トゥモロー・ワールド(Children of men)  [ コブタの視線 ]   2006年12月03日 14:54
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン監督の新作、トゥモロー・ワールド観に行ってきました。 今年も終わりが見え始めたこの時期に、まだこんないい作品に出会えたことを嬉しく感じてしまい?? ??A
65. ●トゥモロー・ワールド(Children of men)  [ コブタの視線 ]   2006年12月03日 14:55
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン監督の新作、トゥモロー・ワールド観に行ってきました。 今年も終わりが見え始めたこの時期に、まだこんないい作品に出会えたことを嬉しく感じてしまい??' => Y
66. ●トゥモロー・ワールド(Children of men)  [ コブタの視線 ]   2006年12月03日 14:55
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン監督の新作、トゥモロー・ワールド観に行ってきました。 今年も終わりが見え始めたこの時期に、まだこんないい作品に出会えたことを嬉しく感じてしまい??
67. トゥモローワールド(*_*)子供が誕生しない未来  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年12月03日 16:22
  「唯一の希望を失えば、人類に明日はない」 MOVX京都にて、『トゥモローワールド』を鑑賞した。2027年という時代設定、だが現在とさほど、街の風景には変化みられない・・・・・。何が違うのか。実はここ18年間、子供が誕生していないのだ。このままいけば、この...
68. トゥモロー・ワールド(2006)  [ berabo's blog ]   2006年12月04日 00:22
批評No.41 てなわけで、トゥモロー・ワールド(Theater) <a href="http://movie.blogmura.com/in/040420.html"></a>
69. アルフォンソ・キュアロン監督「トゥモロー・ワールド」  [ 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) ]   2006年12月07日 11:07
監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン  あらゆる映像がひたすら長い。1シーンが長いというのではなく、1ショットが長い。カメラが動くのである。人の移動にあわせてカメラが移動する。そういう映像が延々...
70. トゥモロー・ワールド  [ 週末映画! ]   2006年12月07日 23:16
期待値:58%  「ハリーポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアルン監督作品。 クライヴ
71. トゥモロー・ワールド  [ Wilderlandwandar ]   2006年12月08日 01:29
ネット上での評判が良いのと、行きつけの映画館でポイントが貯まって、只券をゲットし
72. 「トゥモロー・ワールド」  [ 不良中年・天国と地獄 ]   2006年12月08日 20:38
12月4日(月)新宿オデオン座にて2027年の近未来。人類は原因不明のまま、生殖能力を失ってしまいました。一番若い人間は18歳。つまりこの18年間、ひとりの新生児も産まれていないのです。子供が産まれないということは、人類の滅亡を意味しますから、人間は絶...
73. トゥモロー・ワールド (Children Of Men)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2006年12月13日 19:48
監督 アルフォンソ・キュアロン 主演 クライヴ・オーウェン 2006年 アメリカ/イギリス映画 109分 SF 採点★★★ 赤ん坊ってのは、ホント不思議な生き物で。その顔を真っ赤にして泣き叫ぶ泣き声に一体どんな効力を秘めているのか分からないが、一旦その泣き声が響き渡れば...
74. トゥモロー・ワールド  [ ちわわぱらだいす ]   2006年12月15日 19:10
これは少し前に見た映画です。。。 今から20年後のお話。 子供がまったく生まれなくなった世界です。 久しぶりに生まれた赤ちゃんが戦いの道具?になる。。。 最後の戦闘のシーンは圧巻でしたが。。。 最近戦争映画ばっかり見てるような気がする。 最後のお船はねぇ。....
75. トゥモロー・ワールド  [ ちわわぱらだいす ]   2006年12月15日 22:19
これは少し前に見た映画です。。。 今から20年後のお話。 子供がまったく生まれなくなった世界です。 久しぶりに生まれた赤ちゃんが戦いの道具?になる。。。 最後の戦闘のシーンは圧巻でしたが。。。 最近戦争映画ばっかり見てるような気がする。 最後のお船はねぇ。....
76. 映画 『トゥモロー・ワールド』  [ ものづくる ]   2006年12月16日 01:21
唯一の希望を失えば、人類に明日はない 監督 アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン 、ジュリアン・ムーア 、マイケル・ケイン 、キウェテル・イジョフォー 、チャーリー・ハナム 、クレア=ホープ・アシティー 公式サイト;トゥモロー・ワールド ...
77. 映画 『トゥモロー・ワールド』  [ ものづくる ]   2006年12月16日 01:24
唯一の希望を失えば、人類に明日はない 監督 アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン 、ジュリアン・ムーア 、マイケル・ケイン 、キウェテル・イジョフォー 、チャーリー・ハナム 、クレア=ホープ・アシティー 公式サイト;トゥモロー・ワールド ...
78. 『トゥモロー・ワールド』 2006年144本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2006年12月17日 14:36
3 原因は解らないが子供が産まれなくなってしまった2027年。 世界各地では暴動が起き多くの国が既に崩壊した。 イギリスだけは鎖国政策を採り強権的に国家を維持していた。 その為、国外からの難民の取締は過酷を極め、難民を匿った国民さえも当局の弾圧を受けていた。 そ....
79. トゥモロー・ワールド−(映画:2006年153本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2006年12月30日 01:21
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、クレア=ホープ・アシティー 評価:87点 公式サイト (ネタバレあります) そろそろ何と....
80. トゥモロー・ワールド  [ ぶっちゃけ…独り言? ]   2007年03月01日 05:25
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う〜ん、意味不明・・・ これは一体どこで楽しむ映画なんですかねぇ。 設定は面白いと思うし、結構興味深々で、そこからどー膨らませてるのかを楽しみ にしてたんですけど・・・ 何か、そんな事はどーでも良...
81. 「トゥモロー・ワールド」 子供は希望  [ はらやんの映画徒然草 ]   2007年03月25日 17:51
先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品
82. トゥモロー・ワールド  [ Cinemermaid ]   2007年03月28日 12:06
この映画は原作(P・D・ジェイムズ【人類の子供たち】)のほんの1部か何かなのだろうか?(汗) 何しろ展開が早いし、結局最後まで分からないことがたくさん〜 知りたいのに解明されないイライラ感を味わってしまい、なんて不親切な映画なんだ!と思った(-&quot;-;) ただし...
83. 映画「トゥモロー・ワールド」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2007年03月29日 16:36
映画「トゥモロー・ワールド」に関するトラックバックを募集しています。
84. 「トゥモロー・ワールド」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年04月06日 02:56
5 トゥモロー・ワールド監督:アルフォンソ・キュアロン出演:クライヴ・オーウェン&nbsp;,&nbsp;ジュリアン・ムーア&nbsp;,&nbsp;マイケル・ケイン&nbsp;,&nbsp;キウェテル・イジョフォー収録時間:109分レンタル開始日:2007-03-21Story総製作費120億円が掛けられた、『ハリ....
85. トゥモロー・ワールド 07078  [ 猫姫じゃ ]   2007年04月14日 20:34
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン&nbsp; ジュリアン・ムーア&nbsp; マイケル・ケイン&nbsp; キウェテル・イジョフォー&nbsp; クレア=ホープ・アシティ&nbsp; チャーリー・ハナム う〜ん、、、...
86. トゥモロー・ワールド  [ CinemA*s Cafe ]   2007年04月21日 08:34
公式サイト ジュリアン・ムーアがけっこうなチョイ役だったことに驚き(@_@) そしてもっと近未来的な話しなのかなぁ(SFちっく)と思っていたら、どこかの国の内戦みたいな雰囲気でそれもそれでびっくり(@_@) 最
87. トゥモロー・ワールド  [ mama ]   2007年05月08日 01:48
2006年:イギリス 原作:P.D.ジェイムズ「人類の子供たち」 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、チャーリー・ハナム、キウェテル・イジョフォー 西暦2027年。最後の子どもが誕生してからすでに18年...
88. 銃声と産声  [ ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル ]   2007年05月12日 17:35
『トゥモロー・ワールド』を観た。 2008年、世界中に吹き荒れたインフルエンザにより、消えた子供達。 人類が生殖能力を失ったリアルな世界観。 英国以外全部崩壊した近未来の世紀末。 &nbsp; 昔は治安維持法、『ジャポニカ・ウイルス』は国民保安法、今回は国家治安...
89. トゥモロー・ワールド…良い方向に期待はずれだった作品  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2007年05月19日 19:09
昨日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}高校の中間試験最中だというのにゲームソフト(逆転裁判4)を買おうとした息子を止めたピロEKです。 さて、本日{/kaeru_rain/}{/kaeru_fine/}は午前中会社で仕事をしてきました{/face_hekomu/}。 明日が娘の小学校の運動会だから本当...
90. 『トゥモロー・ワールド』'06・英・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2007年06月05日 23:36
あらすじ西暦2027年。ロンドンには移民が溢れ当局は移民たちを厳しく取り締まっていた。街にはテロが横行し、全てが殺伐としていた。18年間、人類には子どもが誕生しておらず人々は未来のない世界を生きていた・・・。感想『ハリー・ポッターアズカバンの囚人』のア...
91. 『トゥモロー・ワールド』'06・英・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2007年06月05日 23:45
あらすじ西暦2027年。ロンドンには移民が溢れ当局は移民たちを厳しく取り締まっていた。街にはテロが横行し、全てが殺伐としていた。18年間、人類には子どもが誕生しておらず人々は未来のない世界を生きていた・・・。感想『ハリー・ポッターアズカバンの囚人』のア...
92. トゥモローワールド  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年07月03日 08:33
未読ですが原作は、 イギリスの女流ミステリー作家・P.D.ジェイムズのベストセラー 「The Children of Men(人類の子供たち)」だそうですね。 DVDで鑑賞。 西暦2027年。 人間に子供が生まれなくなって18年がたっている。 世界の都市はテロ、様々な疫病や内戦等によ...
93. 独断的映画感想文:トゥモロー・ワールド  [ なんか飲みたい ]   2008年03月04日 23:20
日記:2008年3月某日 映画「トゥモロー・ワールド」を見る. 2006年.監督:アルフォンソ・キュアロン. 出演: クライヴ・オーウェン(セオ・ファロン),ジュリアン・ムーア(ジュリアン・テイラー)
94. トゥモロー・ワールド  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年06月09日 20:10
 『唯一の希望を失えば、人類に明日はない』  コチラの「トゥモロー・ワールド」は、11/18公開の人類に子供が生まれなくなってしまった近未来を描くSFサスペンスなんですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  監督は、「大いなる遺産」、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚...
95. 『トゥモロー・ワールド』 The Children of Men  [ *モナミ* ]   2008年10月24日 10:20
子供の生まれなくなった世界。 その世界を支配するのは、絶望と争い。 科学的な原因で世界が荒廃したから、子供が生まれなくなったのか、 子供が生まれなくなったから、世界が荒んでしまったのか。 と、それはこの映画のメインテーマではなく。 最後までその原因も...

この記事へのコメント

1. Posted by メビウス   2006年11月18日 22:42
睦月さんこんばんわ♪

一応SF映画の部類なのに、CGなんかでごてごてに着飾った街や風景が出るわけでもないし、未来カーや未来兵器も皆無。・・21年後って言っても、やはり技術とかそれほど進歩してないって事なんでしょうかね〜・・(−−;)(汗

でも収容所内での銃撃シーンは個人的にはかなり迫力がありました。爆撃などもかなり激しくて本物さながらの戦場を見てるような感じでした。
2. Posted by ノラネコ   2006年11月19日 01:43
おお、そうです、これ宣伝戦略が根本的に間違ってます。
社会派映画なんですよね。
これね、70年代にはわりとあったタイプの作品です。
SFってメタファーを表現しやすいジャンルなので、当時ややこしいイデオロギー的な主張をSFのオブラートに包んで作るというのは珍しくありませんでした。
ぶっちゃけSW登場前のSFは、社会派作品が本流と言っても過言ではなかったと思います。
時代が変わって21世紀の今この作品を観ると、逆にどう受け取って良いのか戸惑うという若い人も多いと思います。
私は作品と受け手の橋渡しをするのが、宣伝の役目の一つだとおもうんですけどね、これは全くその機能が果せていませんでした。
ガラガラの客席で映画を観ながら、ちょっと残念に思いました。
3. Posted by kazupon   2006年11月19日 02:10
睦月さん、この映画確かにポスターから
くるイメージとかとちょっと違いますよね。でも自分めちゃくちゃ興奮してしまう
くらい気に入りました。^^
>少子化問題が深刻になりつつある今の世の中
そうですよね、どこにいっても犬が
結構飼われているのが印象的だった
んですけど、子供がいないからペットに
っていう感じなのかな?とか^^
あとテロが過激化して
いったらあんな刹那的な感じになって
しまうのかなぁなんて感じます。
とにかく主人公と一緒に逃げて逃げて
もうクタクタになってしまいましたよ(笑)
4. Posted by 朱色会   2006年11月19日 03:30
3 >未来を担う子供の存在を失った人類世界
現実を担う大人の存在を失った国・・って意外と思い当たるものです。
ときどき、このようなプレゼンテーション映画にどきまぎしてしまいますね。どこの国のことを言っているんでしょうか?
映画ブロガ諸兄の評価はどうやら厳しいですが、
…いずれ、観てみようと思っています。
5. Posted by ジグソー   2006年11月19日 04:04
あぶな〜いクローゼット中には豚のお面がいるぞ!
・・・どうも!今地上波で「SAW」観ながらコメント中のジグソーです(笑)

この映画も観たいんですが、CMと全然違うんだぁ・・・
でも観てみたいなぁ。

後今回はバトンをもって来ました!
お忙しいとは思いますが、受け取ってもらえると嬉しいです。
詳しくは僕のブログまで。

・・・豚お面が這いつくばってる!!
逃げろ!ゴードン先生!
・・・・騒がしくてすいません(汗)
6. Posted by きらら   2006年11月19日 21:01
睦月さん☆
プロフィールの写真が変わってる〜!

で、この映画。確かに思っていたものとは全然違っていました。
でも私にはそれが逆に良かったかも(あんまし期待していなかったんです)
子供がいない世界、、、考えると恐ろしい!
私たちでどうにかしましょう!!

ところで、、、サンシャインシネマってどんな感じですか??観やすい?
最近私も池袋進出しようかと思っているので!
7. Posted by あっしゅ   2006年11月20日 20:54
こんばんわ。睦月さん!お久しぶりです!

ボクもこの映画観ましたよぉ〜。
っていうか期待はずれ、、、。クライヴ・オーウェンっていい男なのに最近はずれの映画が多いと思っているのはボクだけでしょうか?
そんなダサダサ映画でも泣いちゃいそうなシーンがあったんです、、、。
建物の中で赤ちゃんが急に泣き出したとき、人々が神を見るかのようにすがってきた時、やっぱり子供ってのは大人たちの生きるための希望!なんだなぁって思った瞬間泣きそうになりましたけど、、、。でもそれだけの映画でした。
8. Posted by メビウス様へ   2006年11月21日 16:35
■メビウス様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

21年後の未来・・・今よりも世界が後退しているというあの描写は、逆に妙なリアリティを感じてしまいました。

「あたし・・その頃には死んでるしィ」なんて絶対に言えませんからね・・怖いなあと思ったりして。

睦月もあの収容所のシーンはかなりの緊迫感で手に汗を握ってしまいましたよ。とても秀逸なワンシーンだったと思います。
9. Posted by ノラネコ様へ   2006年11月21日 16:40
■ノラネコ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

ノラネコさん、睦月が記事で言わんとしていたこと、わかってくれてホントに嬉しいです。そっかあ・・・こういうSF社会派ものって昔は主流だったりしたんですね。そういう味わい的なものを知らないで、この作品を観てしまうとやっぱり少し戸惑ってしまう・・・同じように感じる人もそう少なくはないだろうなとも思います。

≫私は作品と受け手の橋渡しをするのが、宣伝の役目の一つだとおもうんですけどね、これは全くその機能が果せていませんでした。

宣伝側もどう売るべきか・・・とても考えたんじゃないでしょうか?まっとうに宣伝しては今の人達の興味を引けないだろうし。SFと社会派ドラマのコラボという概念が浸透している時代ではないですもんね・・。難しいですね、映画を売るって。
10. Posted by kazupon様へ   2006年11月21日 16:45
■kazupon様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・。

≫どこにいっても犬が結構飼われているのが印象的だったんですけど、子供がいないからペットにっていう感じなのかな?とか

ああ!そっかあ!あの犬の存在はそういうことを表してたんですよね!?やたら動物がたくさん出てきて、子供の存在がない・・・考えれば考えるほどに恐ろしい世界だと思います。

あの収容所のシーン・・・とても緊迫感がありました。紛争の場面は恐怖感と危険がすごく上手く映し出されていて、ホントに怖かったです。

たった21年後の未来ですよ・・・
こんな世界になりかねないと思えるから、余計にリアリティがありました。
11. Posted by 朱色会様へ   2006年11月21日 16:48
■朱色会様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

≫現実を担う大人の存在を失った国・・って意外と思い当たるものです。
ときどき、このようなプレゼンテーション映画にどきまぎしてしまいますね。どこの国のことを言っているんでしょうか?

そうそう・・・私も妙に落ち着かないというか、ドギマギしながらこの作品を鑑賞しました。国単位でなくとも、個人レベルでもあるじゃないですか・・・子供を生めるのに子供を欲しいと思わない女性の急増だったり、子供を虐待して殺してしまう母親だったり・・・。

あながち手放しで他人事とは言い切れない、妙なリアリティを感じる作品でしたよ。朱色会さんもぜひ!
12. Posted by ジグソー様へ   2006年11月21日 17:04
■ジグソー様へ
コメントありがとうございます!

ウハハハ♪
賑やかだなあ・・ジグソーさん♪なんか可愛いぞっ。
クローゼットを開けるのがほんのちょっと怖いと感じている睦月です(苦笑)。

評価は低かったけれど、やっぱSAWシリーズは、観た人の心に潜在的な恐怖を植えつけるからねえ・・・(苦)。

ところで、バトンですが・・・このバトン、別のブロガーさんからいただいておりました。なので、ソレと一緒にお受け取りさせていただきますね。ありがとうございます!ジグソーさん!
13. Posted by きらら様へ   2006年11月21日 17:10
■きらら様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・。

はい・・・なぜか睦月が拓哉くんに大変身してしまいました(苦)。ちょいと理由がありまして(泣)。

さてこの作品・・・たった21年後の未来を描いたものですが・・妙にリアリティがあって怖いなと感じました。子供が存在しない世界って・・・あんなに闇に包まれて、あんなに絶望的なものなんですね。ホントに私たちが頑張らないといけないですよね!

きららさん。池袋に進出するの?
睦月ね、一応、都心の映画館はそのほとんどを制覇したけれど・・・中でも池袋の劇場はあんまり行きたくない所です。シネマサンシャインやヒューマックスはまだしも、他の単館系の劇場はスクリーンが小さくて座席も観にくいところがとても多いですよ。シネマサンシャインはまだましな方だとは思います。・・・池袋での映画鑑賞はあんまりオススメしたくないなあ(苦)
14. Posted by あっしゅ様へ   2006年11月21日 17:17
■あっしゅ様へ
コメントありがとうございます!

≫っていうか期待はずれ、、、。クライヴ・オーウェンっていい男なのに最近はずれの映画が多いと思っているのはボクだけでしょうか?

いえいえ・・・睦月もそう思っている一人です(苦笑)。素敵な俳優なんだけどねえ・・インサイドマンもイマイチだったしなあ(泣)。

睦月もあの赤ちゃんをみんなで讃えるシーンにはジワリときました。あのシーンはかなり秀逸だったと思うし。でも、そこに至るまでの過程がちょっと足りなかった感じがします・・・。
15. Posted by ななな   2006年11月21日 19:33
睦月さん、こんばんわ。
映画を観終わった後私は結構満足だったのですが後ろのおじちゃんたちは「つまらなかった〜」って言ってる方と「面白かった〜」といってる方で言い争いをしていました。
観る人によってホント変わってきそうな映画でしたね。

20年後なんて睦月さんも私もほとんどの確立で生きてますからね〜。
起こりそうなことだけに怖いです。
でもあの時代には生きたくないです・・・。
16. Posted by 悠雅   2006年11月21日 20:18
睦月さん、こんばんは。
わたしもこれ、今日観てきました。
わたしは嫌いじゃなかったですよ。
逆に、宣伝に惑わされて観るのをやめようかと思ったくらい。
睦月さんの感想を読んで、これは観てみようって思ったの。
感想は改めて書きますね。

それから、睦月さん、
たまってるのはわかってるけど、またバトンです。
前のはもうお蔵入りさせてもいいから、こちらは如何?
時間ができたら、お立寄りを・・・
17. Posted by ななな様へ   2006年11月22日 03:48
■ななな様へ
コメントありがとうございます!

この作品は受け手によってだいぶ感想が変わってくるものですよね。
睦月は観たときも寝ている人がちらほら・・・。宣伝から受けるイメージと異なる作品だったから、それがアダとなったのかもしれないなあ・・・なんて思ったり(苦笑)。

≫20年後なんて睦月さんも私もほとんどの確立で生きてますからね〜。

そうそう・・・たぶん確実に生きてるから怖いのよね。リアリティに溢れる描写の数々はかなり気持ちに迫るものがありました。実際にあんな世界にならなきゃいいけど・・・(泣)
18. Posted by 悠雅様へ   2006年11月22日 03:49
■悠雅様へ
コメントありがとうございます。

あ!悠雅さんも観たんですね!?
悠雅さんの感想を早く読みたいぞ!
そっか・・・宣伝通りの作品じゃないことを知ったから逆に観る気になったっていうパターンもありますよね(笑)。悠雅さんにとってイイ方向に向く映画でよかった!

バトン・・・お気遣いありがとうございます。しかも拓哉くん♪俄然やる気でございます。ちょっとお待ちいただけますか?
いつもすみません・・・。
19. Posted by jamsession123go   2006年11月23日 07:59
こんにちは、jamsession123goです。
久しぶりにSF映画だ、と勇んで観に行ったものの、睦月さんがおっしゃるように、「いわゆるSF映画」じゃなかったですね。
でも、映画としての見応えはありましたね。
ハリーポッターシリーズは観たことがないのですが、この映画での監督の狙いは、共感できました。
20. Posted by jamsession123go様へ   2006年11月24日 09:50
■ jamsession123go様へ
コメントありがとうございます!

この作品は明らかに宣伝方法が間違っていると思いました(苦笑)。
その部分に多少戸惑った感はありましたが、今までのSF映画と呼ばれるものとは一線を画していて興味深いものだったと思います。

私はこの監督さんが好きなんですよ。
ハリーポッターだけは未見だけれど・・(笑)
こういった問題を投げかけるような作品が巧い監督さんだと思います。
21. Posted by 稚羽矢   2006年11月24日 20:52
そういうわけで 稚羽矢 です
難しいというか、人事ではないというか
考えさせられる映画です
産まれた子供は【救世主】として祀り上げられるんだろうなと
思う今日この頃・・・
建物の中、泣き声をあげる赤ん坊を見た人達の
反応がそれを象徴していると思う
22. Posted by とらねこ   2006年11月25日 00:45
睦月さんはあんまりだったのでしょうか、
自分はすごく良かったと思います。
なんか、最近、あんまり意見が合わないようですが・・・まっ、いいか(笑)
キウェテル・イジョホーと、『フーリガン』で気に入ったチャーリー・ハナムが出ていたのですが、どちらも悪役でしたよね・・・ちょいガッカリ
そして、クライブ・オーウェンと、自分のお気に入りの俳優がたくさん出ている作品でした。
SFの派手さはないですが、逆に本当にありそうな近未来に思えてきて、良かったように自分には思いました。
23. Posted by ALICE   2006年11月26日 00:31
どうもです。
私も予告や宣伝で見たのとは全く
違うイメージの映画でいい意味で
裏切られてびっくりしました。
その効果を狙っていたのかどうかは
分からないですが、退屈しそうな
内容だったけど素晴らしい音楽や映像や
長回しの臨場感溢れるシーンによって
払拭されていましたね。
果たして人間に未来はあるのか!?
一人一人が将来の事を真剣に
考えて対策しない限り、この映画と
同じような未来が待っていると思いました。
24. Posted by ケント   2006年11月26日 13:17
こんにちは、ケントです
睦月さん写真変えたの?
確かに銃撃戦は、戦争そのものでリアルでした。あの赤ん坊の泣き声には、感動の涙を流してしまいました。人類生存への希望からでしょうか・・・
25. Posted by 稚羽矢様へ   2006年11月27日 11:43
■稚羽矢様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません。

この作品はホントにいろんなことを
考えさせられる社会派ドラマといった印象
を受けました。

子供という存在は、人類がずっと続いて
行くためには絶対的に必要なんですよね。
今は平気で殺したり死んだりしている
けれど・・・この先の未来にこの映画の
ような世界が実際に待っているとしたら
と思うと・・・とてもゾッとします。
26. Posted by とらねこ様へ   2006年11月27日 11:46
■とらねこ様へ
コメントありがとうございます。
あんまり・・・ってわけではないですよ。

・・・っていうか。
意見が合わないこと自体に、睦月自身が
全くこだわらないので。

こういうSF映画って、今までにあんまり
観たことがなかったので少し戸惑った
のかもしれませんね。

第一にこの作品は、配給側の宣伝ミスだと
思いますよ・・・完全に。
27. Posted by ALICE様へ   2006年11月27日 11:50
■ALICE様へ
コメントありがとうございます。

この映画、かなり宣伝方法のミスが
感じられましたよ(苦笑)。
きっと「予想外!!」って思った人が
多かったんじゃないか?とも思います(笑)

でも、実に考えさせられるなかなかの作品
だったと思います。
SFと社会的な問題を見事に絡めて、
受け手に深いメッセージを送ってくる・・・

ホント・・・今の私たちの行動しだいでは
この作品の世界が実際にやってくることは
否定できないですよね・・。

ああ・・・まずは自分自身が子供を産まねば
28. Posted by ケント様へ   2006年11月27日 11:53
■ケント様へ
コメントありがとうございます!

ケントさん。
気づいてくれてありがとうです!
そうそう・・・写真、拓哉くんになりました
ちょっとね、深刻な理由があって(泣)。

ところで、
この作品の最大の見せ場・・・あの銃撃戦
はホントにすごかったですよね。
リアリティがあって、なんだか差し迫る
ものがありました。ドキドキして
しまいましたもん!!

こんな未来・・・絶対にイヤ!
私たちがなんとかしないといけないのよね?
29. Posted by kenko   2006年11月27日 14:45
睦月さんこんにちは☆
TB失礼します。
ありがちなSF映画?と思ってしまっていたのですが、ブロガーさんの高評価を見て慌てて観に行きました。
私はこの映画、結構深刻に受け止めてしまったかも?
久々に観ごたえのある作品でした。
30. Posted by kenko様へ   2006年11月28日 17:31
■kenko様へ
コメントありがとうございます!

ありがちなSFのような宣伝をしておきながら、実はまったく違うタイプの物語だったという・・・予想外の作品でしたよね(笑)。

こういうタイプのSFはあまり観たことがないので、若干戸惑いましたが・・・さまざまなことを考えさせられるなかなかの作品だったと思います。

こんな未来はとても怖いです・・・(苦)
31. Posted by CINECHAN   2006年11月28日 23:20
睦月さん、こんばんは。
私は多分裏切られた一人なんでしょう。
予告編で、あの女性は一体どんな希望をもっているのかと、興味津々だったんですが、真実にちょっとオチてしまいました。

ジュリアンの思わぬ展開や、長回しを多用した映像は緊迫感があり、救出後のシーンは、ちょっと涙腺に触れましたね。

32. Posted by ミクロ   2006年11月30日 00:47
お久しぶりです。
毎日見てますが、
コメントする時間無くて・・・


彼女とこの映画行きました。
これがまさか、こんな紛争系とは知らずにw
でも、涙が出てきました。
この映画、SAW3より怖かったです。。

だって、
まさかあそこで、あいつが死ぬとは!?
この映画はすごく好きです。

でも、
デート映画ではないですねwwww
33. Posted by CINECHAN様へ   2006年11月30日 12:03
■CINECHAN様へ
コメントありがとうございます!

この作品は明らかに宣伝方が間違ってますもの・・(苦笑)。だから、評価も真っ二つに分かれて賛否両論みたいですよ。

この作品にハマれないのも日非常によく分かります。私もそうでした・・・。

でも誰も言っていますが、あの名回しのシーンは驚愕的なものがありました。ああいう描写をされたら、泣きそうになるのは当たり前ですよねえ・・・(苦笑)
34. Posted by bonta   2006年11月30日 17:12
こんにちは。
映画の宣伝って、故意にでしょうか、
主旨を間違っていること多いですよね。
ですのでまったく気に留めていません。
コピーもそうですね。

犬は、防犯として、
さらに人間関係が稀薄なこと、
他人が信用できなくなっていることの
メタファーではないかと思いました。

終盤のワンカットの戦闘シーンは壮絶でした。
ゲリラ戦に巻きこまれたら…
ゲリラ討伐を名目とする
民間人犠牲の正当化…
など想像させられます。

>なぜ外国人を迫害するのか
紛争やテロの流入を防ぐという名目で
国境のセキュリティーをガチガチにする。
国はときどき自作自演のテロを起したりして、その管理機能によって存在価値を誇示し、
統制下の国民を納得させる。
セキュリティー社会の極限は、
あんな感じなのでしょうか。
35. Posted by ミクロ様へ   2006年12月01日 02:02
■ミクロ様へ
コメントありがとうございます!!
ミクロさん、お忙しそうね・・・そんな中、わざわざコメントくれてホントに感謝です!

キャッ♪
彼女と一緒にご覧になったの?ミクロさん♪いいなあ・・・この作品うんぬんのことよりも、ラブリーな香りのするミクロさんのほうが気になります(苦笑)。すんません・・愛に飢えているものですから。許してください。

この作品。
睦月が知っているSF映画とは一線を画していて、一瞬戸惑いましたが・・描写としては素晴らしい映画だったと思います。

あの女優があんな扱いでいいの!?
ってことも驚愕でしたが・・・(笑)。

たしかに、デートムービーには向かないかもしれませんね(苦笑)。でもSAW3なんかよりもリアルな怖さを感じる作品でした。
36. Posted by bonta様へ   2006年12月01日 02:09
■bonta様へ
コメントありがとうございます!!

私は受け手として、この作品の宣伝イメージと本編のギャップに戸惑ってしまい、その流れを引きずったまま鑑賞してしまったのでですが。
bontaさんのコメントを読ませていただいて、この物語に真意が少し分かった気がします。
ありがとうございます。

あの長回しのシーンはとても秀逸で、あのリアリティからは底知れぬ恐怖を感じました。
現代の私たちにそのまま投げかけるようなテーマには、とても深く考えさせられました。
37. Posted by へーゼル☆ナッツ   2006年12月01日 10:51
睦月さん、こんにちは(^-^)
"生殖不能になった人類"
私は、なぜ生殖不能になったかその理由を
明らかにして映画を作ってもらいたかったです。
全くもう、私この映画ダメでしたねえ・・
寝てた方がまだいい。みたいな^^;
そういえば、睦月さん。P.Fの写真変えましたね。
その木村くんの写真、とっても中性的ですね。
何回開いても、女性かと一瞬思ってしまいます。
TBもらいま〜す☆
38. Posted by ヘーゼル☆ナッツ様へ   2006年12月03日 00:33
■ヘーゼル☆ナッツ様へ
コメントありがとうございます!

この作品は、物語背景の説明が一切省かれた形で展開していましたよね。
私もその説明不足な感じにとても
戸惑いました。

ある程度のことは観客の解釈に委ねる
という感じがあるので、この作品に
乗り切れない方ってたくさんいると
思いますよ。実際、私もそうだったし(笑)

≫そういえば、睦月さん。
P.Fの写真変えましたね。
その木村くんの写真、
とっても中性的ですね。
何回開いても、女性かと
一瞬思ってしまいます。

そうそう!!この拓哉くんはホントに
キレイなので思わず貼ってしまいました♪
素敵でしょ?ウヘヘヘ・・・
39. Posted by コブタです   2006年12月03日 14:50
コブタは、、この作品かなりリアルだと思い、、そして感動できました。

それに今までの映画の人類終焉の風景の中で希望がない状況だと観たんですよね、、

実際、、私自身不妊で治療したこともあるだけに(もう諦めましたが、、)絵空事にも思えなかったというのもあるのでしょうね。

そして人が行う愚かな行動も、、実際今世界中で行われいること、、それだけに重く思えました。
40. Posted by berabo   2006年12月04日 00:24
重く深いメッセージ性の強い映画でしたね。
そして、すごくリアルに感じました。
長回しは、終盤の8分間のみならず、冒頭も中盤の元妻が撃たれるところも緊迫感がありました。
そして、エンドロールのラストメッセージ、ズシンとしました。
TBさせていただきました。
また、寄らせてください。
41. Posted by にら   2006年12月05日 16:33
「子供が生まれない未来」という同じ題材ながら、シャーリーズ・セロンしか印象に残らない『イーオン・フラックス』。

もし、セロンちゃんがこの映画を見たら、「『イーオン』で貰ったギャラを全て、世界中の恵まれない子供、もしくは世界中の恵まれないにらさんに寄付するわ」って言って・・・くれるわけないか(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
42. Posted by コブタ様へ   2006年12月05日 17:22
■コブタ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません。

≫実際、、私自身不妊で治療したこともあるだけに(もう諦めましたが、、)絵空事にも思えなかったというのもあるのでしょうね。

コブタさん、実際に経験されてたんですね・・・。
この作品は、受け手がいかにこの物語をリアルとして受け捉えられるかで、だいぶ見方が変わってくるのだと思いました。

この物語の世界は無視して通れる事態ではないと思います。今の私達が真剣に向き合わなければならないことですよね。
43. Posted by にら様へ   2006年12月05日 17:30
■にら様へ
コメントありがとうございます!

そうそう。
この題材ってイーオンに酷似しているみたいですね(苦笑)。私、イーオンはまだ未見なんですよ・・・(恥)。

セロンが世界の恵まれない子供たちに寄付するような事態になるとしたら、そのころにはアンジーとブラピが神様として崇められている状況になっていると思います(笑)。

≫もしくは世界中の恵まれないにらさんに寄付するわ

世界中ににらさんがいるってところが一番面白いです(笑)♪
44. Posted by くま   2006年12月08日 01:31
1 そうです、宣伝に騙されたクチです。
ちょっと期待してしまったのでホントにつまらなくてがっかりでした。
もうキュアロンにはだまされまいぞ、、、
45. Posted by くま様へ   2006年12月12日 02:45
■くま様へ
コメントありがとうございます!

この作品は、明らかに宣伝が間違って
いたと思います・・・。
それで全く違うイメージで観てしまった
方が多くいたと思いますし・・・。

かなり賛否両論だと思いますね・・・
個人的にキュアロン監督は好きな方なん
ですが・・・。
46. Posted by 健太郎   2006年12月17日 14:22
4 こんばんは。
未来の話のはずなのに何処か「観た事がある」映像でした。
左翼闘争やイスラエルのパレスチナ侵攻のようで、未来の話には思えませんでした。
赤ちゃんを見て戦火が止んだのが印象的でした。
不妊の理由は明らかにはなりませんでしたが、人類への警鐘のように感じました。
47. Posted by 健太郎様へ   2006年12月18日 04:37
■健太郎様へ
コメントありがとうございます!

≫未来の話のはずなのに何処か
「観た事がある」映像でした。

そうですね。
それほどに、リアルに心に迫る作品だったと思います。この映画を、受け手である私達が
どれほど現実問題として受け捉えることが
出来るのか・・・。

そこに危機感を感じて、今を生きる私達が
希望ある未来へとつないでいかなければ
ならないんだろうと思います。
48. Posted by ジグソー   2007年04月06日 03:11
どうも!
僕も予告でなんかヒーロー映画かと思ってたら、睦月さんとかのブロガーさんが『全然アクション映画じゃない!騙された』って意見が圧倒的に多かったんで映画館は止めたんですが、観に行けばよかった・・・個人的にめちゃめちゃ好きな映画でした。

本当に宣伝は酷いですね・・・
タイトルも酷いし・・・

睦月さんも書かれているように、どこまで【リアル】だって感じるかが一番のターニングポイントでしょうね。
僕は途中から映画って事を忘れる位に入り込んでました(それは異常? 笑)
49. Posted by ジグソー様へ   2007年04月06日 18:17
■ジグソー様へ
コメントありがとうございます!

この作品は、思い切りハマる方と、退屈に感じる方と二手に分かれたんですよね。
SFアクションとは違いますが、かなり見ごたえのある長回しシーンは圧巻だったと思います。

それにしたって、配給会社はヒドイ仕事をしましたわ。これ、タイトルやビジュアルをもう少し変えればもっとヒットしたような気がします。

ジグソーさんのお気に召したようでよかった♪
なかなか斬新な表現の仕方で興味深い1作だったと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔