2007年01月28日

幸せのちから


幸せのちから
【映画的カリスマ指数】★★★★☆
 
 幸せは待たずに走って掴み取れ!

 


監督:ガブリエレ・ムッチーノ
出演:ウィル・スミス,ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス,タンディ・ニュートン,ブライアン・ホウ,ジェームズ・カレン,カート・フラー
製作年・国:2006/米
鑑賞日:2007/1/28:ユナイテッドシネマとしまえん
系統:ヒューマンドラマ
配給:ソニーピクチャーズ
翻訳:森本務

ストーリー:1980年代のサンフランシスコ。骨密度を測る機械のセールスマンであるクリス。妻と息子と3人家族の彼はその仕事で生計を立てていたが、機械は一向に売れず、家賃も税金も払えない状態にまで陥っていた。ある日、彼は一流証券会社の正社員になるため株の買介人養成講座に通い始める。6ヶ月無給の上で採用されるのはたった一人という難易度の高いものだったが、クリスは幸せを願い、挑戦するのだが・・・・。


評:イタリア映画界で高い評価を得ているガブリエレ・ムッチーノ監督のハリウッドデビュー作。
彼の才能に惚れこんだウィル・スミスが、ガブリエレ監督を直接指名し実現した作品。

ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を基に描いた作品である。

この映画で話題を集めているのは何よりも、スミス親子の共演ではないだろうか?
リアル親子が、親子愛が描かれた作品に出演するというのは、実にリアリティーと説得力があって、とても良かったように思う。

何しろ、ウィルの息子がホントに可愛い。愛くるしい。
物語にしても、キャストにしても゛息子゛ありきな映画といっても過言じゃないだろう。

スミス一家『スミス一家』

左下のアフロくんが息子の
ジェイデンくん。

彼は、どちらかというと
ママ似だなあと思った(笑)。














ジェイダ・ピンケット=スミスちなみに、こちら。
ウィルの実妻
ジェイダ・ピンケット=スミス。

マトリックスシリーズで
カッコイイ女戦士を演じたのが
強烈に印象に残っている。

とってもキレイな女優さん。










さて、この作品。
なんだか、思った以上に観ていてキツイ。しんどい。つらい(泣)。

ハートウォーミングな親子愛ももちろん織り込まれているけれど、
実際はそんなに甘いものじゃない。
クリスが味わうドン底の生活は、そうそう生半可なことではないのだ。
ぶっちゃけ、相当に想像を絶する・・・・(苦)。

お金は底をつき、家庭は崩壊し、住む家さえない。まさにその日暮らしの生活の中で、息子の手を引き、とにかく希望を持ち、とにかく前だけを見て努力する。

予告を観たときは、感動してボロボロ泣けるのかと思っていたけれど。
はっきり言って・・・・過酷すぎて、気の毒すぎて・・・泣けるわけがなかった。


この作品、一見すると・・・・。
物語の行く末も簡単に予想出来てしまうし、言ってしまえば・・・単純でありがちなサクセスストーリーと思われるかもしれない。

しかしながら、物語の9割は最低ラインの状態で、奮闘するクリスの姿が描かれる。
決してトントン拍子で事は進まない。
生活苦と惨めさの中で、たった一つの希望だけを信じて、ひたすら努力し、駆けずり回る一人の男であり、一人のパパの姿。

きっと・・・・『必死』という言葉は、こういう人間の姿を表すものに違いない。


「人間、死ぬ気になりゃあ・・・なんだって出来る」とよく言うけれど。
それは決して簡単なことではないし、そもそも人間なんてものは確実な見返りが期待できない限り本気になれない生き物だと思っている。

努力するにも目標が必要で、信じるにも根拠が必要。

クリスにそれを可能にさせるエネルギーを与えたのは、やはり・・・息子の存在。
そして、人間として男として生きる自分自身のプライドの奪還ではなかっただろうか?


この物語から感じること・・・それは。
『努力がもたらす可能性』と、『幸せを信じることでもたらされるパワー』、
そして『守るべきものがある人間の強さ』だ。

敗北感と絶望と困窮の中から、ひたすら上をみつめ、ガムシャラになりふり構わずに這い上がろうとする彼の姿は、きっと多くの人に生きることへのエネルギーを与えてくれるに違いない。


この物語は全て、ラストにおける『幸せ』に注がれている。
どんなに苦しくても泣き言一つ吐かなかったクリスのずっと抑圧してきた思いが
最後でやっと・・・・静かに弾ける。
そのときに見せるウィル・スミスの表情・・・・これがあまりにも素晴らしくて、
私自身もそこで初めて涙が溢れた。

苦の果てにある幸せを・・・・クリスとともに実感したような気持ちになった。
心の中で、クリスに対してめいっぱいの拍手とブラボーを贈っていた。


少しザラついたような映像と、ドキュメンタリーのような手振れのカメラワーク。
この手法は、本作品をよりリアリティにさせるために用いられたものだったと思う。
そして、先述したようにリアル親子の共演・・・これはきっと、必要不可欠なものだったろうなあと思えるほどに素晴らしい。
文句一つ言わず、けなげな様子でただ父親を信じる息子の姿は、痛々しい反面、堂々たる強さを感じた。さすがウィルの息子、将来役者として有望だぞ(笑)。




『幸せのちから』・・・いや、幸せを生み出すのはいつだって、自分のちから。

幸せは待つものではなくって、自分でつかみにいくものなんだ!!




clockworkorenge at 23:59│Comments(48)TrackBack(70)clip!映画論 さ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 幸せのちから  [ que sera sera ♪ ]   2007年01月29日 00:55
   今年は、  年明けから、バタバタしており、  これが劇場初鑑賞。    
2. 幸せのちから  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年01月29日 01:53
父親としての不甲斐無さを感じ地下鉄のトイレの中で涙を流すシーンはウイル・スミスのアクションスター脱却への第1歩を感じさせる名場面。しかしながら主人公に感情移入できずに涙がこぼれなかった…。意外。
3. 「幸せのちから」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年01月29日 02:43
4 「幸せのちから」(2006) 《この手は、離さない。》 1/28新宿オスカーにて観賞 introduction 監督:ガブリエレ・ムッチーノ cast ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、サンディ・ニュートン story 81年、サンフランシスコ。5歳の息...
4. 『幸せのちから』  [ purebreath★マリーの映画館 ]   2007年01月29日 08:52
       この手は、離さない         全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。  『幸せのちから』2006年 アメリカ監督・・・ガブリエレ・ムッチーノ脚本・・・スティーヴン・コンラッド製作・・・ウィル・スミス、ト...
5. 幸せのちから  [ 悠雅的生活 ]   2007年01月29日 08:55
 君がいるから。君と生きていきたいから。
6. 幸せのちから The pursuit of Happyness  [ travelyuu とらべるゆう MOVIE ]   2007年01月29日 11:49
ウィル・スミス主演 サンフランシスコのクリス・ガードナーは妻と5歳の息子と三人で 家賃の高いアパートで暮らしていますが それを払えない状態です 何故かと言えば全財産をつぎ込み大量に買った医療用スキャナーを 毎日多くの時間をかけセールスで病院を回ってもなか...
7. 「幸せのちから」観ました。  [ Cinema Chips ブログ版 ]   2007年01月29日 15:58
「幸せのちから」を観ました。この映画は1980年代のサンフランシスコでホームレス状態から億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーと言う人のエピソードを基に描いた作品です。もちろん映画的にドラマチックに脚色がされていて、...
8. 幸せのちから  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2007年01月29日 16:14
5 「暖かいベットも、パンを買うお金も、ママもなくしたあの日。」幼かった僕と父は、まだ見ぬ“幸せ”を求めて走り出した。悲劇は突然やってきた。81年、サンフランシスコで医療機器のセールスをしていた僕の父。努力家で知能指数が高いうえに、誰からも好かれる性格で、家...
9. 『幸せのちから』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   2007年01月29日 18:42
僕も父親だけに子供に対する威厳を見せたい部分があります。これは実在するクリス・ガードナーが幼い息子を抱えながらのどん底から会社を興すまでに上り詰めたサクセス・ストーリーということで、子供のためにも見習わなければ..です。
10. 「幸せのちから」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2007年01月29日 19:00
「ルービックキューブ」 は、3面クリアがやっとで投げ出した(^^;) 今も”オセロゲーム”や”百人一首”とともに実家の押入れの中でバラバラなまま眠っていることだろう。壁の”マジック・ジョンソン”のポスターには思わず目が釘付け!ああ、懐かしい
11. 【劇場映画】 幸せのちから  [ ナマケモノの穴 ]   2007年01月29日 19:02
≪ストーリー≫ 81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成功の...
12. 幸せのちから  [ Diarydiary! ]   2007年01月29日 20:28
《幸せのちから》 2006年 アメリカ映画 ?? 原題 ?? THE PURSUI
13. 幸せのちから  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年01月29日 22:58
超セレブの父子が、全財産21ドルの父子を演じるのか。。。普段エイリアンやロボットと闘っているウイル・スミスが貧乏と闘うなんて想像もできないけれど、オスカーの主演男優賞にノミネートされているという事はレオ君のライバルだし。。 チェック〜【story】サンフランシス...
14. 幸せのちから  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年01月29日 23:02
超セレブの父子が、全財産21ドルの父子を演じるのか。。。普段エイリアンやロボットと闘っているウイル・スミスが貧乏と闘うなんて想像もできないけれど、オスカーの主演男優賞にノミネートされているという事はレオ君のライバルだし。。 チェック〜【story】サンフランシス...
15. 幸せのちから / The pursuit of Happyness  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年01月29日 23:06
"全米が泣いた実話に早くもアカデミー賞が動き始めた!" なぁんて謳っちゃって、またぁ。って感じなのですが。。。 泣かせようというわざとらしい感動作だったら嫌だなーと 全く期待せず観て来た{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 地味〜なタイトルが、あんまり「観たい!」っ...
16. 幸せのちから(評価:○)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2007年01月30日 00:25
【監督】ガブリエレ・ムッチーノ 【出演】ウィル・スミス/ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス/タンディ・ニュートン/ブライアン・ホウ/ジェームズ・カレン 【公開日】2007/1.27 【製作】アメリカ 【む)
17. 「幸せのちから」  [ しんのすけの イッツマイライフ ]   2007年01月30日 00:42
  先週、試写会で観てきました。   「幸せのちから」     全財産21ドルから立ち上がった父子の、 実話に基づいた感動作。   …チラシの宣伝コピーですが、 本編もそのままズバリそうです。   予告編そのまんまともいいますけども…。  
18. 幸せのちから  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年01月30日 01:15
  この手は、 離さない−     公式サイトはこちら。     評価:★7点(満点10点) 2006年 117min 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 主演:ウィル・スミス ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス タンディ・ニュ....
19. 幸せのちから  [ ★試写会中毒★ ]   2007年01月30日 01:56
満 足 度:★★★★★★        (★×10=満点)  監   督:ガブリエレ・ムッチーノ 声の出演:ウィル・スミス        ジェイデン・クリストファー・               サイア・スミス        タンディ・ニュートン ...
20. 映画〜幸せのちから  [ きららのきらきら生活 ]   2007年01月30日 06:32
 「幸せのちから」公式サイトキャッチコピーからも分かるように"ザ・感動系"映画ですが、、、これがすっごく良かった!おススメの1本です全財産21ドルから立ち上がった、父子の、実話に基づいた感動作−。骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるクリ...
21. The Pursuit of Happyness (幸せのちから)  [ アリゾナ映画ログ − 砂漠から... ]   2007年01月30日 07:41
2006年12月31日鑑賞Tagline:  N/Aストーリー1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器のセールスマン。5歳になる息子クリストファーは彼にとって何より大切な存在。実の父を知らずに育ったク 
22. 幸せのちから  [ Akira's VOICE ]   2007年01月30日 11:17
夢を支えるのは身近な存在!
23. 幸せのちから  [ C note ]   2007年01月30日 14:24
なかなか名前を覚えられない、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスくんに胸
24. 「幸せのちから」を観る  [ 紫@試写会マニア ]   2007年01月30日 15:22
全米で興行収入も絶好調、実話に基づいた実の親子共演が話題のウィル・スミス主演、「幸せのちから」を観てきました。 この作品は全財産が21ドルから億万長者になった、という実の話を映画化したもので、この話の映画権を巡っては、かなりの激戦だったのをウィルが主演...
25. ポジティブ思考の成功例。『幸せのちから』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年01月31日 12:39
実話をベースにした、ひとりの男性のサクセスストーリーです。
26. 幸せのちから  [ とんとん亭 ]   2007年01月31日 22:13
「幸せのちから」 2007年 米 ★★★★★ 文句なしにいいです。 私、こういうお話大好き。 あのヒョーキンなイメージが強いウィル・スミスが何処までやってくれる んだろうか? あらすじも大方わかってしまっている(予告でね^^)期待と不安が入り 混じ...
27. 幸せのちから  [ 週末映画! ]   2007年01月31日 23:43
期待値: 75%  ホームレスから億万長者となったクリス・ガードナーの実話。 ウィル・スミス主演作品
28. 幸せのちから − アメリカの光と影  [ Lost in Australia ]   2007年02月01日 08:10
走れ! 息子のために・・・ 実際にホームレスを体験して 今は富豪となったクリス・ガードナーの実話を元にした 映画を いつもはヒーローを演じる ウィル・スミスが 実子のジェイデンくんと 一緒に製作、主演。
29. 幸せのちから  [ Alice in Wonderland ]   2007年02月02日 02:55
今日は1日の映画の日、いつもはがらがらの劇場も多くのお客さんが入っていていつもの指定席である丁度真ん中の席に座る事は出来ませんでしたが、ウィル・スミスと息子の熱演に観ている私も力が入りました。  81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何よ...
30. 『幸せのちから』  [ となりのケイコさん ]   2007年02月02日 12:55
ウィル・スミスが実の息子と共演! 幸せのちから クリスは骨密度を測る医療機器のセールスマン。 しかし思うように売れず、家賃も滞納している日々。 ある日通りかかった証券会社から出てくる人達の幸せな顔を羨み、 証券マンに成功の秘訣を聞く。 「大切なのは数字と人...
31. 『幸せのちから - the PURSUIT of HAPPYNESS -』  [ 唐揚げ大好き! ]   2007年02月03日 08:53
? 『幸せのちから ??the PURSUIT of HAPPYNESS??』 ? 全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない―― ? ? うわぁぁぁん!!、みんな貧乏が悪いんやぁぁぁ!(泣き) そして、期待しすぎた自分が悪いんやぁぁぁぁ!(嘆き)
32. 幸せのちから  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2007年02月03日 15:53
幸せのちから (出演 ウィル・スミス) 原題: The Pursuit of Happyness (2006) 2007年1月27日 日本初公開 公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/thepursuitofhappyness/ ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン8 G-24 2007年2月1日(木)9時15...
33. 幸せのちから(1月27日公開)  [ オレメデア ]   2007年02月04日 11:23
私にとって久々の洋画 この映画「幸せのちから」に関する予備知識がほとんど無いまま見たため,映画の最後になって,実話をもとにしたストーリーだと知って驚いた --(前日たくさんのアクセスありがとうございました)-- 「dff.jp クリックで救える命がある」 このサ....
34. 幸せのちから(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年02月04日 15:05
この手は、離さない―――
35. 幸せのちから  [ ★試写会中毒★ ]   2007年02月04日 18:11
満 足 度:★★★★★★        (★×10=満点)  監   督:ガブリエレ・ムッチーノ 声の出演:ウィル・スミス        ジェイデン・クリストファー・               サイア・スミス        タンディ・ニュートン ...
36. 幸せのちから  [ 古谷千秋の食い倒れ日記 ]   2007年02月05日 01:49
最近起業した友人にすすめられていた映画『幸せのちから』を観てきた。
37. 幸せのちから  [ It's a Wonderful Life ]   2007年02月05日 19:54
映画とは全然関係ありませんが、先日出たばかりの Windows Vistaを試しにPCに入れてみて、新環境で書いてます・・ いや思ったより快適かも?・・・・いややっぱり重い・・。 この映画観てるとウッカリすると80年代という時代背景忘れてしまい そうになるんです...
38. 「幸せのちから」  [ 映画雑記・COLOR of CINEMA ]   2007年02月05日 23:33
ホームレスから億万長者へとアメリカン・ドリームを体現した男、クリス・ガードナーの実話の映画化「幸せのちから」物語・セールスマンのクリス(ウィル・スミス)は仕事が思うようにいかず、妻に出ていかれアパート
39. ★「幸せのちから」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年02月07日 02:55
今週の平日二本立て鑑賞の2本目。 1本目は「愛の流刑地」。
40. 我が半生記、この章のタイトルは・・・  [ CINECHANの映画感想 ]   2007年02月08日 00:59
23「幸せのちから」(アメリカ)  クリス・ガードナーは父親の顔も知らずに育った。息子のクリストファーは幸せにしたいと考えている。骨密度測定器の販売員をするクリスだが、折からの不況で高価な機器は売れない。販売不振は家計を圧迫していく。彼は現状打破のため、...
41. 「幸せのちから」を見ました。  [ ランチママの徒然日記 ]   2007年02月08日 20:44
ウィル・スミスの子供が可愛かった!実の息子ということもあるのだろうが、お父さんに向ける表情がとても自然。実はもっと、泣けてそして最後は息子のためにライバルを蹴落とし、のし上がっていく映画かと思っていたら、そうでもなかった・・・。(^_^;)前半、クリスのダメダ...
42. 『幸せのちから』頑張るお父さんにエール♪  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年02月10日 11:44
これは主人公クリス・ガードナーのサクセスストーリーではないクリスが子どもとともに全財産21ドルから立ち上がった、実話に基づいた作品である。。幸運の女神から見離され、すべてを失ったガードナーが唯一愛する息子を手離すことは出来なかった。サンフランシスコの片隅で...
43. 幸せのちから  [ せるふぉん☆こだわりの日記 ]   2007年02月10日 16:50
先日、「どろろ」と同じ日に観た「幸せのちから」 すみません、ちょっとココログフ
44. 幸せのちから  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2007年02月12日 10:47
★★★  妻に愛想をつかされた黒人男性が、幼い息子と二人で貧困を乗り越えてたくましく生きてゆく姿を描いたお話である。そして実在の証券王クリス・ガートナーのサクセス・ストーリーでもあるのだ。 主演のウィル・スミスがアカデミー主演男優賞にノミネートされているた
45. 幸せのちから  [ まぁず、なにやってんだか ]   2007年02月12日 21:44
実話だというので、公開前から「観たい??」と思っていた「幸せのちから」を観てきました。 うっかりネタバレしちゃってるかもしれないので、これから観る人は要注意です。とはいっても、CMとか予告とかでうっすらとストーリーはわかっちゃってるとは思いますが・・・。 ...
46. 「幸せのちから」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2007年02月14日 01:57
「The Pursuit of Happyness 」2006 USA 巷で話題のこの作品。観に行くつもりはなかったのだが、なんとなく数人の友人たちと観に行ってしまった。いや観て来て良かった... 主演のクリス・ガードナーにウィル・スミス「最後の恋の始め方/2005」。妻リンダ役は「クラッシュ...
47. 幸せのちから  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2007年02月15日 20:26
4  幸福の追求という原題が付いているこの作品。そこにはある種の力が存在する。  人は幸せになりたいと思うのは当然の事で、日々その日暮らしの男クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は脱却しようともがいている。  新型医療機器を病院に持ち込....
48. ガブリエレ・ムッチーノ監督「幸せのちから」  [ 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) ]   2007年02月17日 00:36
監督 ガブリエレ・ムッチーノ 出演 ウィル・スミス  おもしろい(といっても、楽しいという意味ではない)シーンが1つある。語りはじめるなら、このシーンから語りたいというだけのことである。  主人公は売れない医療機器を販売している。その機器をヒッピーが「タ...
49. 幸せのちから(06・米)  [ no movie no life ]   2007年02月18日 08:47
ただのサクセスストーリーとはとらなかった。 サンフランシスコで医療機器のセールスをやっていたクリス(ウィル・スミス)だが、機器が売れず、働けど働けど貧乏な生活。ある日、家賃が払えないためにとうとうアパートを追い出され、妻も出て行った。そこから、クリスは...
50. 【2007-25】幸せのちから(THE PURSUIT OF HAPPYNESS)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年02月18日 22:12
1 全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない──
51. 『幸せのちから』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2007年02月19日 08:15
この手は、離さない   ■監督 ガブリエレ・ムッチーノ■脚本 スティーブン・コンラッド■キャスト ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ハウ    □オフィシャルサイト  『幸せのちから』 198...
52. 幸せのちから  [ eclipse的な独り言 ]   2007年02月19日 23:19
 この作品、本当は見る予定ありませんでした。でも土曜日のレイトショーで見る予定
53. 映画 幸せのちから  [ よろず茶屋  ]   2007年02月21日 19:43
遅くなりましたが・・・。久しぶりに家に居た休みだったので、前に観たこの映画の感想など。 がんばれお父ちゃん!!と叫びたくなるような、地味だけど、静かな感動を呼ぶ良品でした。 「クレイマー・クレイマー」を思い出しました。 いちばん注目だったのはウィル....
54. ウィル・スミス親子共演の「幸せのちから」見てきました。  [ よしなしごと ]   2007年02月22日 22:58
 ウィル・スミス親子共演の幸せのちからを見てきました。
55. ウィル・スミスの実の親子主演 『幸せのちから』 ネタバレ!?  [ ヒビショウジンナリ【物欲道】 ]   2007年02月25日 02:31
先日、ウィル・スミス主演の、『幸せのちから』 を友達と観てきました! 以下、ネタバレ注意です!!! 人気blogランキング
56. 「幸せのちから」 now roadshow!  [ とりあえず生態学+ ]   2007年02月27日 05:14
幸せのちから 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 117分 監督 ガブリエレ・ムッチーノ 製作総指揮 ルイス・デスポジート 、マーク・クレイマン 、デヴィッド・アルパー 、テディ・ジー 脚本 スティーヴン??f= 9
57. 幸せのちから  [ 警告おやじ。牡40@500万下 ]   2007年03月02日 07:45
3 先週、日曜日に観てきました。 ルービックキューブ、やったなぁ。懐かしい
58. 幸せのちから  [ 大発狂!マッドシネマ-映画天国- ]   2007年03月04日 04:20
ホームレスから億万長者になった男、クリス・ガードナーの実話を題材にしたサクセス・
59. 「幸せのちから」を観てきました  [ Windy's MamaLog ]   2007年03月04日 16:00
先週、PTA活動と、長男の通っているスイミングスクール見学の間の時間を使って、「幸せのちから」を観てきました。 ★以下の記事は、ネタバレの内容を含みます。  これからご覧になる予定の方は、ご注意くださ
60. 幸せのちから−(映画:2007年42本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年04月01日 02:53
監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ホウ、ジェームズ・カレン 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 頑張っても頑張ってもうまくいかないときもある....
61. Pursuit of HapYness  [ 明日を後悔しない株式投資と人生 ]   2007年04月05日 16:40
を昨日見た。 案の定、泣いた。 HAPINESSのスペルミスの意味も判明。 映画自体は決してお涙頂戴的御仕着せモノではない。 むしろ淡々と進んでいくストーリーに、逆に実話をベースにしたというリアル感が一層引き立っていた。 合間合間に出てくる親子のやりとりに一々...
62. 幸せのちから  [ ぶっちゃけ…独り言? ]   2007年06月13日 04:31
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 凄いですね。 この映画も実話ベースだそーですが、これまたすっごいお話でしたよ。 よくぞ・・・って感じですかねぇ。 でも・・・ 感動作と謳ってるわりには、実際それほど感動的でもなかったんですよね〜...
63. ◆映画・幸せのちから  [ 映画大好き☆ ]   2007年07月09日 12:40
4 全財産21ドルから立ち上がった 父子の、実話に基づいた感動作。 幸せのちから監督:ガブリエル・ムッチーノ出演者:ウィル・スミス、 タンディ・ニュートン、 ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、 ブライアン・ホウ収録時間:117分レンタル開始日:200...
64. 『幸せのちから』  [ La.La.La ]   2007年08月19日 11:00
 制作年:2006年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:117分  原題:THE PURSUIT OF HAPPYNESS  配給:ソニーピクチャーズ  監督:ガブリエル・ムッチーノ 主演:ウィル・スミス / ダンディ・ニュートン / ジェイデン・クリストファー・ス...
65. 今日観る予定のDVDは?【135】  [ Hobby-Spin ]   2007年11月13日 13:12
今日観る予定のDVD出演:ウィル・スミス、タンディ・ニュートン、ジェイデン
66. 幸せのちから/THE PURSUIT OF HAPPYNESS観た感想  [ Hobby-Spin ]   2007年11月13日 13:14
この頃真面目な映画多い感じのウィル・スミス 私的には、笑える映画に出て欲しい感じ
67. 幸せのちから:映画  [ ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介 ]   2007年12月08日 03:56
今回紹介する映画は、ウィル・スミスと実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスが競演したことでも話題だった『幸せのちから』です。 映画のストーリー 1981年サンフランシスコ、新型医療機器のセールスマンのクリスは妻と息子クリストファーの3人暮らし。 ...
68. 幸せのちから  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年01月21日 21:17
 『この手は、離さない── 全財産21ドルから立ち上がった 父子の、実話に基づいた感動作。』  コチラの「幸せのちから」は、1/27公開になったウィル・スミス親子共演の実話をモトにしたハート・ウォーミングなサクセス・ストーリー映画なのですが、早速観てきちゃい....
69. 独断的映画感想文:幸せのちから  [ なんか飲みたい ]   2008年03月10日 21:59
日記:2008年3月某日 映画「幸せの力」を見る. 2006年.監督:ガブリエレ・ムッチーノ. 出演: ウィル・スミス(クリス・ガードナー),ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス(クリストファー
70. 映画『幸せのちから』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2008年04月20日 18:21
原題:The Pursuit of Happyness アメリカ独立宣言の「幸福の追求」は、"The pursuit of happiness"、この映画では託児所の"Happyness"・・実話を実の親子で共演する涙と感動のストーリー・・ 1981年のサンフランシスコ、クリス・ガードナー(...

この記事へのコメント

1. Posted by ri   2007年01月29日 01:05
睦月さん、こんばんは!

私も、今年初の劇場でこの作品を観てきました。
「ディパーテッド」を先に見る予定でしたが、
都合でこちらを観ることになりました。
私は、子供がいるせいか、睦月さんよりはお気楽に、
親子の愛情物語として観てしまいました。
クリストファーは本当に健気でかわいらしい。
ウィルも時々、俳優より父親の眼になっているような感じもしました。
ウィル・スミスって、いい役者さんですね。改めて実感しました。

ところで、「スウィニー・トッド」はいかがでしたか。
また、お話聞かせてくださいね!
2. Posted by 朱色会   2007年01月29日 02:04
5 こんばんわッ!!睦月さん。

>幸せは待つものではなくって、自分でつかみにいくものなんだ!!
・・・という所に共感します。

3. Posted by ジグソー   2007年01月29日 03:48
どうも!
そういえばウィルの奥さんはナイオビでしたね!
どうせなら奥さんも出ればよかったのに!

確かにハートフルでなく、結構つらいところもありましたね。
トイレのシーンはかなり切なかったです。
僕も結構ありきたりで先の読める話だなぁと感じました。

>どんなに苦しくても泣き言一つ吐かなかったクリスのずっと抑圧してきた思いが
最後でやっと・・・・静かに弾ける。
そのときに見せるウィル・スミスの表情・・・・これがあまりにも素晴らしくて、私自身もそこで初めて涙が溢れた。
僕もです!そうなんですよね!
意外に泣かなかったなって思ってたら、あの表情見た瞬間に溢れ出ましたよ!
4. Posted by 悠雅   2007年01月29日 09:02
こんにちは。
ともすれば、挫けそうになる気持ちを、
子どもに語りかける言葉で、自分に言い聞かせなければ、
また、子どもが一緒にいなかったら、
しんどすぎる事態を乗り越えられなかったでしょうね。
いつでもどこまででも、堕落して行きそうな状況だもの。

そこまで悲惨な状況になったことはないけれど、
子を持つ親なら、歯を食いしばる思いは何度も経験していて、
僅かな可能性という光に向かって走るクリスを
応援せずにはいられなかった。

出て行った奥さんも、とても真面目に一生懸命生きて来た分、
疲れ果てて、心が擦り切れたんでしょうね。
人生、何が起こるかわからないけど、
その時、どこでどう生きようとするか、
ヒントをもらえる映画を観たと思ってます。
5. Posted by マリー   2007年01月29日 09:03
こんにちは〜〜

ウィル・・たくさん走ってましたね〜
『アイ・ロボット』なんかよりずっとずっと走ったって、ご本人も言ってましたが〜〜

睦月さんがおっしゃるように〜最初気の毒すぎて、涙も出ませんでした。
実際〜あのお人柄なら、あんなふうに誰も助けてくれないなんてこと・・ないだろうに・・・と思いながらも、みんな自分が生きることに精一杯なら、それもアリかな?とも思って〜

妻役はジェイダにも打診があったようですね〜そしたら、本当にリアルすぎたよね〜(笑)
ボクちゃんは、愛くるしかった!
あのお人形を拾えなかったトコで、泣きました。私・・・

私のモットーは「最後まであきらめない」&「待っててもダメ 自分から行かなきゃ」なんですが〜
(それを実行して ジョニーにも会えました♪)
この作品も〜その通りでしたね。

ラストの彼、涙がいっぱいの瞳・・・よかったです!
 
6. Posted by たいむ   2007年01月29日 19:10
睦月さん、こんばんは。
いや〜さすがです。
私が感じたことをそのまま記事にされていて・・うれしい。。。
なかでも、
>幸せを生み出すのはいつだって、自分のちから。
これには同感同感!言いたいです。
ただの運じゃないんですよね。
7. Posted by えふ   2007年01月29日 21:11
もっと壮絶などん底生活を想像してしまっていたので、
案外あっさりしすぎていたのでアレ?
ってな感じでした(苦笑)
でもこの作品はそんな悲惨な生活を描くのではなく、
親と子が一緒にいて幸せを見つける映画だったんですね〜。
8. Posted by 由香   2007年01月29日 23:07
睦月さん、こんばんは!

ウイル父子の演技は良かったですね〜
ウイルが息子を見る目が愛情に溢れていて、普段も優しいお父さんなんだろうなぁ。。。と思いました。

でも私は奥さんが可哀想に思いました。あの後どうなったんでしょうかねぇ。それっきりなのでしょうか?ちょっと心配です。
9. Posted by Pamy   2007年01月29日 23:49
こんばんは、睦月さん♪

観てきましたよ〜!!
「幸せのちから」

正直、時間があったら観ようかな〜って
いう感じだったのですが
母に誘われて観て来ました!!
すごく良かったです♪

どんな過酷な状況になっても
諦めずにひたすら前向きに幸せを
目指す姿にとっても胸が熱くなりました。

母は強し!と言いますが
父も強し!なんですね。
10. Posted by メビウス   2007年01月30日 00:34
睦月さんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ジェイダ・ピンケット・スミス久しぶりに見ましたね・・よく見ると、タンディ・ニュートンにも似てるかな?(^^;)やっぱり妻のリンダ役もジェイダにした方が、話題性更に上がったんじゃないかと思うんですけどね(笑

誰でも色んな事で挫折したり、くじけそうになる事ってありますけど、そういう状況にいる人にこの映画を見て元気とか出してもらいたいですね。ウィル親子のやり取りに名言も多かったですし♪
11. Posted by あっしゅ   2007年01月30日 01:11
こんばんわ!あっしゅです!
コメント&TBありがとうございます!

とても過酷な映画でしたね、、、。ボクも涙が出る映画なのかなって思いましたけど、あまりに惨すぎて涙が出ませんでした。
でも一人じゃ頑張れない、、、。愛する息子がいたからこそ成し遂げる事ができた、サクセス・ストーリー。
努力は報われる、そんなクリスを神様は決して見捨てなかった、、、。

世界中の働く人々に感銘を与えるいい映画だったと思います。是非みんなに観てもらいたい一本ですね!
12. Posted by 寝起きのパンダ   2007年01月30日 08:19
おはようございます!

睦月さんは画面に酔わなかったようで
何よりです。(笑)
「幸せは、あたえられるものじゃない。」
ココロに響きました。

予告と感じが違いますよね。
もっとキラキラした画面の映画かと思ってましたから。

私、お母さんなので出て行ったママの気持ちも分かるんですよ。
頑張って、頑張ってもう限界!って。

クリスと息子がレストランで、楽しそうに食事をしている家族を見るシーン。
息子が求めていた幸せって何だろう?って
考えました。
億万長者になること?(そりゃ、お金はあった方がいいけどサァ)
それとも家族と笑えること?

もう一度、体調を整えて観てみます(^^)


13. Posted by ri様へ   2007年01月30日 11:08
■ri様へ
コメントありがとうございます!

この作品は、人によって注目する部分が
異なるだろうなあと思いました。

私のように子供のない人間は、クリスの
人間的な部分に注目して、家庭のある人
は親子愛に注目するんだろうなあと。

しかもなんとなく、営業の仕事の様子とか
一人で子を育てるクリスの姿とか
自分の境遇にリンクできる部分が多かった
んですよね。だから余計に移入して
観ていました。

ウィル・スミス。
昨夜のスマスマに出演していましたが、
ホントに賑やかで面白い俳優さん♪
素敵です。
14. Posted by 朱色会様へ   2007年01月30日 11:09
■朱色会様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・。


≫>幸せは待つものではなくって、自分でつかみにいくものなんだ!!
・・・という所に共感します。

あらら・・(苦笑)
共感できるのはその部分だけでしたか(苦)
15. Posted by ジグソー様へ   2007年01月30日 11:12
■ジグソー様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなりました。

思ったよりも過酷な映画だったので、なんだか唖然というか・・呆然として見ていました。

でも。
やっぱりあのラストのシーンでは一気に涙が溢れましたよ・・。ウィルの表情が素晴らしかったです。

妻役の女優さん、ミッションインポッシブル2に出てたときすっごくキレイだと思ったんですが・・・今回はかなりかわいそうな感じになってましたね(苦)
16. Posted by kenko   2007年01月30日 14:35
睦月さん、こんにちは!
ウィル・スミスの奥さんって
マトリックスのあの人だったのかー
知らなかった…
美男美女夫婦、どうりで子供がやたらめったらかわいいハズですw
なまぬるい生活を送っている自分にとって
クリス・ガードナーさんの努力はとても眩しかった。
ラストのウィル・スミスの表情は、ほんと素晴らしかったですね!
17. Posted by ち〜ぼ   2007年01月31日 00:09
うれしいなぁ〜
私の気持ちを代弁してくれる様な映画評で・・・
ストレートなハートウォーミング作品ではないですよね!
18. Posted by 悠雅様へ   2007年01月31日 21:39
■悠雅様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

きっとクリスが一人身だったら・・・たぶんあのままどんどん堕落したんだろうなあと思います。そのストッパーとなり、逆に這い上がるパワーを与えてくれたのはほかならぬ息子の存在だったんだろうと思います。

私はまだ子がいないので、クリスの人間的な生き様に注目しましたが、親の立場の方々は2人の親子愛に深く移入するんだろうなあと思いました。

≫人生、何が起こるかわからないけど、
その時、どこでどう生きようとするか、
ヒントをもらえる映画を観たと思ってます。

そうですよね。
前向きに生きていくエネルギーをもらえる作品でした。

19. Posted by マリー様へ   2007年01月31日 21:43
■マリー様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

私もクリスの実家の親とか・・・助けてくれなかったのかなあとは思いました(笑)でも誰にも頼らず、ひたすら走って頑張り続けた彼の姿はすごいなあと思いましたね。

≫妻役はジェイダにも打診があったようですね〜そしたら、本当にリアルすぎたよね

へえ!そうだったんですか?そしたらスミス一家の映画になってしまいますね(苦笑)。

≫私のモットーは「最後まであきらめない」&「待っててもダメ 自分から行かなきゃ」なんですが〜

私もそうですよ♪マリーさんと同様、私もそれでジョニーに会えました(笑)。その意気込みで今年もぜひジョニーに会いたいと思っています!!
20. Posted by たいむ様へ   2007年01月31日 21:47
■たいむ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

お褒めいただき、恐縮です(照)。

幸せって、絶対に運だけじゃどうにもならないものだと思ってます。もちろん、本人が持つ能力や才覚は必要だと思うけれど、それを生かすも殺すも本人次第・・・クリスはそういう点では自分自身の力で努力して這い上がった人だと思いました。

前向きに生きていくエネルギーをもらえる作品だったと思います♪
21. Posted by えふ様へ   2007年01月31日 21:50
■えふ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅れてすみません・・・。

≫もっと壮絶などん底生活を想像してしまっていたので、案外あっさりしすぎていたのでアレ?

えふさんはもっと壮絶な不幸生活を予想されてたんですね(苦笑)。私にしてみれば、結構しんどいなあと思ってみていました(笑)。

でも、守るべきものがある人間というのはとても強いですね。あの息子も文句も言わずに黙って父親についていく姿がけなげでした。
22. Posted by 由香様へ   2007年01月31日 21:54
■由香様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・。

ウィル・・・もう普段通りのお父さんな表情が見えてとても好感が持てました。
やっぱりホントの息子との共演ともなるとリアリティが違いますよね♪

あの母親は実際のところどうなったんでしょう?最後にはよりを戻してみんなでハッピーエンド?って思ってたんですが・・・そうではなかったですよね・・・。
彼女も幸せをつかんでいればいいなあと願わずにいられません。
23. Posted by Pamy様へ   2007年01月31日 21:57
■Pamy様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

ご覧になられましたか!?
とても素敵な作品でしたよね!私もなんだかたくさんのエネルギーをもらえる作品だったなあと思っています。

≫母は強し!と言いますが
父も強し!なんですね。

うんうん。
まさに父も強し!の作品!実際の親子共演がとてもリアリティがあってよかったです!
24. Posted by メビウス様へ   2007年01月31日 21:59
■メビウス様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

ウィルの奥さんといえば、やはりマトリックスのナイオビが印象深いですが・・・最近見かけませんね。彼女、素敵な女優さんなので新作での出演を早くみたいです♪

≫誰でも色んな事で挫折したり、くじけそうになる事ってありますけど、そういう状況にいる人にこの映画を見て元気とか出してもらいたいですね。

そうですね。
いろんなドン底を経験することもあるけれど、人間やればなんだって出来る!っていうエネルギーをもらえる作品でした!
25. Posted by あっしゅ様へ   2007年01月31日 22:03
■あっしゅ様へ
コメントありがとうございます!

予想外に涙が出ない物語で、なんだか唖然として観ていた感じだったのですが。
それでもこの物語から得たことはたくさんあったように思います。
やっぱり守るものがある人間というのは強いなあと痛感した気がします。

世の中にはいろんなつらい状況やドン底を味わっている人がいるかと思いますが、この映画を観て、前向きになるエネルギーをもらってほしいなあと思いました。
26. Posted by 寝起きのパンダ様へ   2007年01月31日 22:23
■寝起きのパンダ様へ
コメントありがとうございます!

パンダさんの感想とおり、ドキュメンタリータッチなカメラワークが印象的でした。酔ったりはしませんでしたが、こういう類の作品でああいう映し方をするのは珍しいなあと感じました。

私も、お母さんの気持ち、なんだか分かります。女って現実主義なところがあるから、アメリカンドリームを夢見るクリスの生き方についていくには限界があるのは当然だなあって。

子供にとってなにより必要なのは、パパとママとみんなで仲良く普通に暮らすことなんじゃないかなあ・・・お金があっても得られないものってたくさんありますもんね・・・。
27. Posted by kenko様へ   2007年01月31日 22:26
■kenko様へ
コメントありがとうございます!

そうそう。
ウィルの奥さんがマトリックスのナイオビだと知ったときは「おおお!!」って妙に納得してしまった睦月です。
美男美女・・・いいなあ。やっぱり生まれてくる子供も可愛いわけですよね(苦笑)。

いろんな意味でエネルギーをもらえる素敵な作品でした。この作品を観て、多くの人に前向きな気持ちになってほしいなあと思います。

ウィルが最後に見せた表情・・・
ありゃあ、主演男優賞ノミネートは当然だなあと思いました。
28. Posted by ち〜ぼ様へ   2007年01月31日 22:28
■ち〜ぼ様へ
コメントありがとうございます!

おお・・・ち〜ぼさんにお褒めいただき光栄です。ありがとうございます。

ただの生ぬるいサクセスストーリーじゃないところ、そして単純にハートウォーミングに作ってないところがいいなあと思いました。リアリティがありましたよね!
29. Posted by プリシラ   2007年02月01日 08:09
こんにちは、睦月さん。

自分が書くまで睦月さんの記事は読まないようにしたのですが、私も最後のシーンでああ、よかった〜とほっとしました。

昨日、ラジオを聞いていたらBBCでガードナーさん本人のインタビューしていました。子供は本当はもっと小さかったので、近所の人が面倒見てくれてたそうです。どんなに貧乏でも人には親切にしたいもんです。
30. Posted by きらら   2007年02月01日 16:19
睦月さん♪こんにちは。

ジェイデンくん、ホントにママ似だ〜!でもウィルと奥サマも似ているね!
やっぱり親子共演ってのは大きいなぁと思いました。いい宣伝にもなるのだろうけど、それを超えるくらいのいい演技でしたね☆
めちゃめちゃカワイイ!
あんなかわいいこのためならきっとがんばれる!走れる〜ですかね。

そして、睦月さん!私の★なんて気にしないで。そのときの勢いでつけちゃっているので〜。でもこの作品は睦月さんも高得点でよかった
あとね、ご本人登場のことは先週のブランチでやっていたのです!追記しただけです〜。
まぎらわしくて、ごめんなさい><
31. Posted by ALICE   2007年02月02日 02:56
こんばんは☆

本当に映画の9割は貧困生活で
見ているのが辛かったですよね。
クリスが頑張れたのは一重に
息子の存在が大きかった。
息子がいなかったらもしかしたら
ただのホームレスになってたかも
しれないですよね。

親子の共演私も必要不可欠だと思いました。
32. Posted by プリシラ様へ   2007年02月02日 23:32
■プリシラ様へ
コメントありがとうございます!

思ったほど泣ける作品ではなく、
リアリティを大事にしているような作品
という印象を受けました。
でもやっぱり、最後のクリスの表情を見て
一気に涙が出てきました。
全てはあのシーンのためにある物語だった
とさえ思ったくらいです。

≫子供は本当はもっと小さかったので、近
所の人が面倒見てくれてたそうです。どん
なに貧乏でも人には親切にしたいもんで
す。

そうみたいですね。日本で売っているパン
フにもそういったことが書かれていたみた
いです。1歳にも満たない幼い子だったとか・・・。
やはりたった一人であそこまでやるには
限界がありますよね(苦笑)。
33. Posted by きらら様へ   2007年02月02日 23:36
■きらら様へ
コメントありがとうございます!

≫でもウィルと奥サマも似ているね!

恋人同士や夫婦って顔が似てくると言いま
すが、やっぱりスミス夫婦も仲もいいみた
いだし、顔も似てくるんだろうなあ(笑)

守るものがある人間ってすごく強いです
よね。エネルギーがもらえる作品でした。

きららさんは試写会などで映画情報が早い
ので参考にさせてもらっていますよ!
これからもよろしくです!
34. Posted by ALICE様へ   2007年02月02日 23:40
■ALICE様へ
コメントありがとうございます!

≫息子がいなかったらもしかしたら
ただのホームレスになってたかも
しれないですよね。

私だったらなってます・・・(苦笑)
あんなに頑張れません。
つらいです。
早々に自分の人生に見切りをつけちゃう
と思います。

守らなければならないものがある人間って
ホントに強いなあと思いました。
35. Posted by おむすび   2007年02月03日 17:38
 睦月さん、こんにちは!

 この「幸せのちから」を鑑賞してから書き込ませていただこう、なんてかっこつけていたのですが、睦月さんが恋しくなって先に参りました!やっぱり素晴らしかったんですね。ああ、早く観たい〜。

 それにしても今日の記事のインパクトが凄かったです。想像しただけで吐き気が・・・。耐え抜いて偉いです!そういうイヤなことのあった後は、必ずいいことが訪れますので、その前触れということで忘れましょう、一秒でも早く!!

 ところでわたしも「Jの悲劇」を観ました!実は現実にありがちな内容なのに、ここまでスリル満点に描けるなんて凄いと思いました。ダニエルかっこいいし・・・。
けっこう面白かったです。

 巷でインフルエンザが流行りだしてるので、睦月さん、頑張り過ぎないように気をつけてくださいね〜〜!!
36. Posted by おむすび様へ   2007年02月05日 15:27
■おむすび様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

幸せのちから・・・素敵な作品でしたよ。ぜひおむすびさんにも早くご覧になってほしいです♪それと・・・私を恋しいと思ってくださるなら、今あたいの胸にボーンと飛びこんでおいで!愛という名の具で満たしてあげるよ!!

さて・・・。
鼻くそのこと、励ましの言葉をありがとうございます。鼻くそまみれになったとはいえ、グッチを捨てるわけにもいかず、すぐに消毒して今も使っています。

『Jの悲劇』ご覧になられたのですね!面白かったでしょ?単純なるストーカーの話なんですが、それをあそこまで膨らますことができるなんて・・・。ダニエルも、007のときと印象が違って、とっても知的で素敵な男性にみえますよね!

おむすびさん、労いの言葉をありがとうございます!鳥インフルエンザにも気をつけようと思っています!!コーコケッコ!!
37. Posted by kazupon   2007年02月05日 19:51
睦月さん、TBありがとうございました!
自分ウィル君がやや苦手なんで、結構ネガな
感想になってしまいました。
ほんとにキツイ、しんどい、ツライ映画で
睦月さん書かれてるように多くの時間が
ツライ描写に使われてましたよね・・。
>『努力がもたらす可能性』と、『幸せを信じることでもたらされるパワー』、
そして『守るべきものがある人間の強さ』

この映画のメッセージはそこだったのかも
しれないです。
ややオチャラケ記事ですけどTBさせて
いただきますね!
38. Posted by kazupon様へ   2007年02月06日 19:11
■kazupon様へ
コメントありがとうございます!
kasuponさん、ウィル、苦手だったんですか?

たしかに苦手な役者さんが出ているだけで映画自体がイマイチって印象を受けることってあります。私もそういうのありますもん。

予想以上に親子が苦労しているので、泣くヒマもないほど。気の毒でかわいそうだなあと思っていました(苦)。
でも、クリスが最後に見せたあの表情・・・全てはあの顔に救われた気がする作品です。
39. Posted by CINECHAN   2007年02月08日 01:04
睦月さん、こんばんは。
でも、やっぱり典型的なアメリカン・ドリーム、サクセス・ストーリーでした。
あまりにもドン底生活が長いので、早く幸せになって欲しいと願いました。
泣くことは少なかったけど、ラストの合格を伝えられるシーンはちょっとウルウルと。
ちなみに、これだけのデカイ成功となると、やっぱり何か秀でたものが必要なんだな、とちょっとやっかんでしまいます(苦笑)。
40. Posted by CINECHAN様へ   2007年02月08日 23:34
■CINECHAN様へ
コメントありがとうございます!

そうですよねえ・・。
思った以上にドン底生活が長いんですよね(苦)。みていてかなり気持ちが切迫しました。

それでも所詮、サクセスストーリーという見方は否めませんよね。
クリスには抜きん出た才能があったが故の成功かなあという気もします。

んじゃあ・・何一つとりえを持たぬ人はやはり成功するのは難しいってことなのかなあ?
41. Posted by orange   2007年02月15日 20:26
睦月さん☆こんばんわ。
TBありがとうございました〜!

この作品、ストイックな演出でスッと入ってくる作品でしたね。
ウィル・スミス演じたクリスは能力もあったと思うのですが、仕事をする上での人物としての魅力があったからこそ、幸せを掴む事が可能だったのだと思います。
ひたすら走る姿、時間を惜しんで本を読む姿、本来の努力は人の見えない所でするものですが、底辺の生活にいても奮闘したのは息子がいたからこそだと思います。
息子役のジェイデン君の演技も素敵でしたね♪
42. Posted by orange様へ   2007年02月16日 10:17
■orange様へ
コメントありがとうございます!

≫仕事をする上での人物としての魅力があったからこそ、幸せを掴む事が可能だったのだと思います。

私もそう思いました。
人をひきつける力に長けている人物だったと思います。必死になること、努力を惜しまないこと・・・そういう人間のやれば出来る、無限大の可能性を教えてくれる作品だったなあと感じました。
ジェイデンくんはパパをも凌駕するいい役者になるかもしれませんね♪
43. Posted by カオリ   2007年02月18日 08:49
こんにちは!
私も、ただのサクセスストーリーではないと思いました。
「貧困」ってこういうことなんだと。・・・
しかしあの息子はホントかわいいですね。将来に期待。


44. Posted by カオリ様へ   2007年02月18日 20:32
■カオリ様へ
コメントありがとうございます!

物語はいたって分かりやすいものではありましたが、単純なサクセスストーリーではなく、リアリティを追求した演出やカメラワークがナイスだなあと思った映画です。

ウィルの息子さんは父親を越す役者さんになるような気がしますね♪
45. Posted by とりこぷてら   2007年02月27日 05:17
ラストのサンフランシスコの海の景色を背景にした親子二人のシーンがとっても印象的です。サンフランシスコは急な坂でいろんな美しい顔を見せてくれますね。
TBありがとうございました。
46. Posted by とりこぷてら様へ   2007年03月01日 13:56
■とりこぷてら様へ
コメントありがとうございます!

サンフランシスコの街並みに注目した
あたりはさすがですね。
私も、ラストの親子と海のシーンは
とっても印象に残っています。

素敵な作品でした。
47. Posted by せつら   2007年08月19日 11:07
すいません私はこの作品全く共感がもてなかったし
サクセスストーリーではあるけど絶対に参考にしてはいけない
と思ってまします。
主人公のどんな状況でも一発当ててやるな考えが
ばくち的な考えしかできない主人公には共感できないし
同情もできなかったです。
生活能力のない彼が息子を引き取り引きずり回す
姿はむかついた。
本当に息子を愛しているのなら働き口も住む家もある
母親に預けるべきだ、自分が成功したのならそのとき
迎えに行けばいいしそういう話し合いを分かれる前にするべきでもあった
また母親の方も分かれたっきり子供にタッチしない
のも変だった。
なぜそう簡単に父親に預けちゃったんだろう?
彼に生活能力がないことを指摘しておきながら
子供が心配じゃないのだろうか?
なのでこの作品見ても不快感しか募らなかったです。
48. Posted by せつら様へ   2007年08月20日 22:37
■せつら様へ
コメントありがとうございます!

私は、男性ってこういうもんじゃないかな?って思いましたよ。
女性は現実主義者が多いですが、男性っていつまでも子供みたいに夢を抱き続けるじゃないですか(もちろんそうじゃない人もいますけれど)。アメリカンドリームもその一つでしょう?
たしかにこの主人公の生活や考えは見習うべきではない部分はたくさんあるし、親としても失格な部分は散見できます。
でも、そんな状況の中でも諦めない、投げ出さない、ひたすら頑張るという姿勢をこの作品では描きたかったのかなあと思いました。

人それぞれが持つ、いろんな視点や価値観で味わうことの出来る1作だったと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔