2007年04月15日

サンシャイン2057

サンシャイン2057

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆

 ジャンル不定のまぶしい映画

 

監督:ダニー・ボイル
出演:キリアン・マーフィ,真田広之,ミシェル・ヨー,クリス・エヴァンス,ローズ・バーン,トロイ・ギャリティ,ベネディクト・ウォン,クリフ・カーティス,マーク・ストロング
製作年・国:2007/米
鑑賞日:2007/4/14:ユナイテッドシネマとしまえん
系統:SF
配給:20世紀FOX
翻訳:戸田奈津子

ストーリー:50年後の近未来・・・2057年の地球は、太陽の消滅により人類も地球そのものも滅亡の危機に瀕していた。太陽を核爆弾で爆発させることで太陽を蘇らせる計画を遂行するため、イカロス2号のエリート乗組員男女8人は太陽へと向かって宇宙飛行の最中だった。しかし、太陽へと近づくにつれさまざまな非常事態に彼らは巻き込まれていく・・・・・。


評:『トレイン・スポッティング』、『ザ・ビーチ』、『28日後・・・』のダニー・ボイル監督の最新作。

アレックス・ガーランドが『ザ・ビーチ』、『28日後・・・』に続き、ダニー・ボイル監督とタグを組み、脚本を担当している。


個人的に・・ダニー・ボイル監督は、非常に相性の悪い映画監督の中の一人だ(苦)。
鼻っから苦手意識を持って、彼の作品を鑑賞しているつもりはさらさらない。
それを証拠に、私はなんだかんだ言いながらダニー・ボイルの作品を全て観ている。

   どこかこう・・・どうも気になって仕方ない監督であることはたしかで。

その作風は一筋縄ではいかない個性と独特の発想に溢れていて、そういう意味では非常に稀有な存在の映画監督ではあるとは思う。

人間ドラマもロマンティックコメディも、サスペンスもスリラーもSFも・・・ジャンルを問わず、幅広い才能を見せながら・・・その描き方は実に鮮烈でスタイリッシュ。・・・もちろんコアなファンもたくさんいるに違いない。

しかし・・・・『28日後・・・』は唯一、面白いと感じたものの。
その他の作品には、何の魅力も感じることが出来ずじまいだったダニー・ボイル作品

   そんなわけで。最新作となる本作、ちょっと不安まじりで鑑賞した(苦笑)。


・・・・好き嫌いがはっきり分かれそうな作品だ。実に不思議な映画。
ポスターや宣伝・予告の印象だと『派手なSF大作』と思う方も多かろうが、この作品はそういった一つのカラーに括るべきものではないと思う。


50年後の地球、太陽が消滅しようとしている!それに伴い、人類が絶滅の危機に瀕している!という何とも恐ろしい設定でありながら。
物語の中で、地球そのものが一体どんな状態に陥っているか。危険に直面した人間たちがどんな生活を強いられているのか・・・詳しく描写されることはない。
さらに、なぜ太陽が消滅しようとしているのか・・・その理由さえも一切明かされることはないのだ。


滅亡の危機に瀕した人類を救うために太陽へと向かう男女8人のクルーたち。
『イカロス2号』と『太陽間近の宇宙空間』という限定されたシュチュエーション。

それらの限られた材料をもとに、受け手はこの物語からざまざまなことを解釈し、感じ取ることが要される。


観ていくにつれ、この作品はいろいろな表情を見せ始める。
SFドラマのように静かに展開する前半から一転、そこにはSFサスペンスのような緊迫感が生まれ始め、それがSFホラーの恐怖へと変貌を遂げたかと思うと・・・ついにはSFファンタジーのような神秘的なムードにさえなる(苦)。

 この展開にハマれるかどうかは・・・完全に受け手次第としか言いようがない(苦)


物語の流れとしては『イベント・ホライゾン』に似ている。
・・・っていうか、パクったみたいにそっくりだと思った(苦笑)。
でもハッキリ言って、『イベント・ホライゾン』の方が主旨が明確だし、方向性がしっかりと定まっていて入り込みやすい気がする。
・・・しかも、メチャンコ怖い(泣)


ただ、映像の作り方や、物語の見せ方はダニー・ボイルらしさが出ていて、やはりほかのSF映画とは完全に一線を画しているのだ。

VFXによる映像作りは大変見事だし、サブリミナル効果のような映像テクニックを使用して恐怖やスリルを煽るあたりは面白い。
想像だに出来ない太陽光線の熱やまぶしさなぞ、リアルに体感しているかのようで・・・これぞ映像効果のたまものとさえ思う。


豪華なキャストも注目を集めているこの作品。
やはり同じ日本人として特記すべきは真田さんの存在だろう。
予想以上に流暢な英語で、他のメンツにも引けをとらないオーラを放っていた。
凛とした表情と重厚感のある存在感は、イカロス2号のキャプテンには適役だったと思う。・・・が、もうちょっと活躍して欲しかった気もするな(苦)。


    発想力と想像力を開放し、さまざまなアンテナを伸ばして観てほしい1作。

   一筋縄ではいかないこの不思議な作品をあなたはどう受け捉えるだろうか?

clockworkorenge at 00:00│Comments(37)TrackBack(60)clip!映画論 さ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. サンシャイン2057  [ amapola ]   2007年04月14日 22:45
製作年:2007年 製作国:イギリス 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ 真田広之 ミッシェル・ヨー 六本木TOHO(ジャパンプレミア) 舞台挨拶についてのメモ Story2057年。滅亡の時が迫る人類の唯一の希望は、宇宙船“イカロス2号”に搭乗したエリート....
2. サンシャイン 2057  [ CINEMA DEPOT's BLOG ]   2007年04月14日 22:47
DEPOTのおすすめ度:★★☆☆☆ 公開日:2007年4月14日 配給:20世紀フォックス 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ,ミシェル・ヨー,クリス・エヴァンス 鑑賞日:2007年4月14日 MOVIX三郷 シアター12(座席数287) 【ストーリー】 地球上のあら...
3. サンシャイン 2057  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年04月14日 23:04
ダニー・ボイル監督の『28日後・・・』も、アレックス・ガーランド脚本の『ザ・ビーチ』もイマイチ苦手なんだけど、[絶対絶命の危機]とか[究極のミッション]とかは大好きなので、両者のコラボレーションの本作を鑑賞してみた。【story】もしも太陽が死滅したら・・・。滅...
4. サンシャイン2057  [ 悠雅的生活 ]   2007年04月14日 23:32
太陽滅亡まであと僅か。ミッションを遂行する人間たちが遭遇したものは・・・
5. サンシャイン 2057/ SUNSHINE  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年04月14日 23:56
           ダニー・ボイル監督最新作{/ee_2/} 何度もココでも「早く観たい!!」って言い続けたけど、ようやく公開決定! なぜ原題の「サンシャイン」だけじゃダメだったのかなー? 来月の突然の公開を前にFOXさんの試写で観てきました{/kirakira/} 脚本は『...
6. 「サンシャイン 2057」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年04月15日 00:10
4 「サンシャイン 2057」(2007) 《2057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか?》 4/14シネマート新宿1にて観賞 introduction 監督:ダニー・ボイル cast キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァン....
7. サンシャイン 2057  [ I am invincible ! ]   2007年04月15日 00:21
Sunshine 公開中なので、控えめに・・・ 太陽が死滅しかけている2057年の地球。 このままでは地球は凍りつき人類滅亡は避けられない今、全人類の希望は水星軌道まで来ているイカロス2号に託されていた。 乗組員は、カネダ船長(真田広之)、物理学者のキャパ(キリア...
8. 「サンシャイン2057」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   2007年04月15日 07:14
「サンシャイン2057」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ローズ・バーン、クリフ・カーティス、クリス・エヴァンス、トロイ・ギャリティ、キリアン・マーフィ、真田広之、ベネディクト・ウォン、ミッシェル・ヨー、他 *監督:ダニー・ボイル 感想...
9. サンシャイン2057  [ It's a Wonderful Life ]   2007年04月15日 12:31
前作「ミリオンズ」はイギリスらしい家族愛の映画でしたが、 ダニー・ボイル監督の新作はSF映画。 やっぱりイギリス人の作った映画だなぁって印象で、 ハッキリ言って娯楽色は薄い作品なんですけど、 でも最近のハリウッド製、CG多様ハデハデSF映画に比べる...
10. サンシャイン 2057(2007年)  [ 勝手に映画評 ]   2007年04月15日 16:50
時代は今から50年後の2057年。太陽はその輝きを失いつつあり、太陽を復活させるべく、マンハッタンほどの大きさもある巨大な核弾頭を太陽に撃ち込む決死のミッションに赴くイカロス2号がその舞台。若干のネタバレありです。 うーん、サスペンスムービーなのか、パニックムー...
11. 「サンシャイン2057」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年04月15日 19:22
予告を見て気になっていた「サンシャイン2057」(原題 SUNSHINE )を見
12. ●サンシャイン 2057(Sunshine)  [ コブタの視線 ]   2007年04月15日 19:37
こちらは「28日」の名コンビ、ダニー・ボイドが、今度はキリアン・マーフィーに加え真田広之、ミッシェル・ヨーなどの世界の名優が集って作成された、「サンシャイン2057」です。 厳選した少ない役者のみで進めら
13. サンシャイン 2057  [ りらの感想日記♪ ]   2007年04月15日 22:37
【サンシャイン 2057】 ★★★☆ 2007/04/14ストーリー 50年後の未来。地球上の全ての生命の源である太陽の活動が終焉を迎えよう
14. 『サンシャイン 2057』  [ 唐揚げ大好き! ]   2007年04月16日 06:12
? 『サンシャイン 2057』 ? 太陽の死 ?? それは人類の破滅。迫りくる謎・・・ ? 絶体絶命の危機!! ?最後の希望を託された男女8人が宇宙での 究極のミッションに挑む ? やる気の無くなった太陽に気合を入れに行く映画です。 予告編やタイトルからして『アル
15. サンシャイン 2057   [ シュフのきまぐれシネマ ]   2007年04月16日 20:51
サンシャイン 2057   4/14(土)@ユナイテッドシネマとしまえん 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィー、真田広之、ミシェル・ヨー 、クリス・エヴァンス 他 音楽:ジョン・マーフィ、アンダーワールド 配給:20世紀フォックス にして
16. サンシャイン2057  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2007年04月16日 21:40
駄作かどうかは見る前からある程度勘で分かるものだが、でもやっぱり見てみようと思って見たら、やっぱり「サンシャイン2057」は駄作だった。
17. 『サンシャイン 2057』  [ purebreath★マリーの映画館 ]   2007年04月16日 22:21
 2057年、人類は、太陽の滅亡の危機を救えるのか?  『サンシャイン2057』監督・・・ダニー・ボイル出演・・・キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ、クリフ・カーティス、ベネ...
18. サンシャイン 2057  [ Akira's VOICE ]   2007年04月17日 16:54
太陽が〜燃え〜ている〜♪
19. サンシャイン2057(評価:△)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2007年04月17日 17:33
【監督】ダニー・ボイル 【出演】キリアン・マーフィ/真田広之/ミシェル・ヨー/クリス・エヴァンス/ローズ・バーン/トロイ・ギャリティ/ベネディクト・ウォン/クリフ・カーティス/マーク・ストロング 【公開日】2007/4
20. サンシャイン 2057  [ Alice in Wonderland ]   2007年04月18日 12:32
ダニー・ボイル監督といえば私の中では『 トレインスポッティング』と『ザ・ビーチ』が真っ先に頭に浮かびます。この2作品はめちゃくちゃ好きだし、私は渡辺謙より真田広之に海外進出して欲しいと思っているし、密かにファンであるクリス・エヴァンスも出演しているという.....
21. サンシャイン2057  [ Diarydiary! ]   2007年04月18日 21:47
《サンシャイン2057》 2007年 アメリカ映画 ?? 原題 ?? SUNSHI
22. サンシャイン2057  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2007年04月18日 22:40
4 太陽に近づくことは、神に近づくこと!。そこにこのSF映画の醍醐味がある。 西暦2057年。地球上ではあらゆるものが凍てつき、人類は滅亡の危機に瀕していた。地球に熱を供給する太陽の活動が衰え、死滅しようとしているのだ。人類に残された最後の希望は、宇宙船“イカ....
23. サンシャイン2057  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2007年04月19日 10:40
駄作かどうかは見る前からある程度勘で分かるものだけれど、でもやっぱり一応参考までに見てみようと思って見たら、やっぱり「サンシャイン2057」は駄作だった。
24. サンシャイン2057  [ 5125年映画の旅 ]   2007年04月19日 22:01
4 西暦2057年。太陽をその活動を衰退させ、地球は氷河期に突入していた。人類の総力を挙げて作られた宇宙船・イカロス2は、太陽を蘇らせるために宇宙を旅していたが、水星軌道に差し掛かったところで謎の救難信号を受信する。信号を発していたのは8年前に同じ任務で地球....
25. 映画「サンシャイン 2057」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2007年04月20日 18:09
映画「サンシャイン 2057」に関するトラックバックを募集しています。
26. サンシャイン2057  [ C note ]   2007年04月20日 20:40
宇宙―そこは最後のフロンティア・・・であるからして、何が起こっても不思議ではな
27. サンシャイン 2057  [ そーれりぽーと ]   2007年04月20日 21:13
ダニー・ボイル監督が、また今までと全く毛色の違う世界を映像化した『サンシャイン 2057』。 でも、真田広之の名前しか頭に無いまま観てきました。 ★★★★ 太陽の急激な老化とともに滅び行く地球と人類を救う為、太陽での再生ミッションに向かう宇宙船の乗組員達を描...
28. 映画「サンシャイン 2057(SUNSHINE)」  [ わかりやすさとストーリー ]   2007年04月20日 23:59
●例えるなら、真田広之は100メートル競走の選手だった! マラソン競技はだれを応援すればヨカですか? 太陽のありがたみを、いま一度身近なものとして実感させなきゃ! 本編よりも、予告編のほうがいい出来だ●
29. サンシャイン2057  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007年04月21日 06:38
かなりマニアック。ディープなSFファンしか受け入れられないんじゃないかな。サーチライトの作品とは思えないよ。でも評価は低いけど、満足度は高いのは個人的趣味なので(笑)
30. '07-028 『サンシャイン 2057』  [ 闇に歌えば Singin' In The Dark ]   2007年04月21日 14:14
SF映画を観に行ったはずなのに、ホラー映画を観たような感じ(笑) 何故に太陽が滅びようとしているのか説明もない 地球がどうなっているのか説明もない 人選の説明もない 何故に植物学者みたいな人がいるの?
31. サンシャイン2057・・・・・評価額1500円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2007年04月22日 00:38
今から17年前のバブル時代、NHKが70億円の巨費を注ぎ込んで、ハリウッドで製作した一本のSF映画があった。 西暦2050年、太陽が突如として膨張を初め、巨大な太陽フレアによって地球は滅亡の危機に瀕する。 人類は反物質爆弾を搭載
32. サンシャイン 2057/キリアン・マーフィ、真田広之  [ カノンな日々 ]   2007年04月22日 10:12
3 私の隣でチケットを買っていたサラリーマン風のオジサン。仕事の合間の時間潰しって感じでしたけどカウンターで受付の女性に尋ねました。 オジサン「サンシャイン2057って洋画だよね?」 すると受付の女性は 女性「いえ、日本のです」 ・・・たった今そのチケットを....
33. サンシャイン 2057  [ 遅くまで起きた夜は★ ]   2007年04月22日 18:01
{/hiyoko_cloud/}2057年。太陽の消滅が目前に迫り、地球は滅亡の危機に瀕していた{/kaeru_shock1/}。人類最後の希望は宇宙船・イカロス2号に搭乗した8人のクルーたち{/good/}。彼らは太陽にペイロード(核爆弾でできた装置)を太陽に打ち込み、その再生を行うという極限の任務...
34. 映画「サンシャイン 2057」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2007年04月22日 23:30
2007年29本目の劇場鑑賞です。「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督作品。宇宙空間を舞台に描く異色SFサスペンス・アドベンチャー。太陽の死滅が近づき、存亡の危機を迎えた人類の最後の希望を託され、太陽再生のために宇宙船に乗り込んだ男女8人...
35. 【2007-53】サンシャイン 2057(SUNSHINE)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年04月23日 19:36
3 『私たちの太陽は死にかけ、 人類は滅亡の危機に直面している。 16ヶ月前、私、カネダ船長と7名の乗組員は 太陽熱の衰退で凍りついた地球を後にした。 我々の使命は、 太陽を蘇らせること。 手遅れになる前に・・・』 20057年、人類は、太陽滅亡の危機を救える....
36. サンシャイン 2057 (Sunshine)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年04月23日 21:25
監督 ダニー・ボイル 主演 キリアン・マーフィ 2007年 イギリス映画 108分 SF 採点★★★ 前にも書いたんですが、幾つになっても夏が来れば「海だぁ!山だぁ!」と大ハシャギの私。夏、大好きです。ところが夏の方はそう思っていないようで、蚊に刺されれば蚊刺過敏症のお...
37. 【映画】サンシャイン2057  [ Lost in Australia ]   2007年04月28日 17:53
シェアブログ1571に投稿 ↑ シェアブログに投稿するために必要な表示です イースター休暇第一週が終わり まだまだ学校はお休みなので 子供たちが外出し いつも行く安い映画館は満員でした。 しかし この映画 中途
38. ★「サンシャイン 2057」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年04月29日 03:32
←今年通算70本目。 SFものは大画面で見なくちゃ・・って事で、 今週の週末ナイトショウは、この作品。 主演は、最近よく見るキリアン・マーフィー。 共演に、真田広之、ミッシェル・ヨーなど。
39. サンシャイン2057 金をかけた駄作です。  [ よしなしごと ]   2007年04月29日 15:18
 真田広之が出演しているハリウッド映画と言うことで話題を呼んでいるサンシャイン2057を見てきました。
40. 映画「サンシャイン 2057」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年04月30日 00:47
原題:Sunshine (2007) 地球温暖化、環境破壊・・・だけど、太陽が死滅したら!?・・そしたら地球が凍りつく!?・・太陽系は太陽で成り立っている、人類滅亡の危機は救えるのか・・・ 近未来2050年のイカロス1号に続いて、2057年イカロス2号の任務もまた同じ、...
41. サンシャイン 2057  [ 週末映画! ]   2007年04月30日 22:16
期待値: 74%  ダニー・ボイル監督のSF ”ホラー” 映画。 キリアン・マーフィ、真田広之、ミシ
42. 『サンシャイン2057』  [ ドレミファ息子の血は萌える ]   2007年05月01日 12:01
 凶暴だ。凶暴な映画だ。『サンシャイン2057』にあって太陽というものは、途方も無く凶暴極まりない装置であり、あらゆるものを無へ消滅せしめる。  なにしろ宇宙船の角度が変わって陽が当たった途端、人間は粉々に燃????
43. 真・映画日記(1)『サンシャイン2057』  [            ]   2007年05月01日 15:19
4月30日(月・祝)◆427日目◆ 前の晩から朝まで クニオ他イベントスタッフ達と歌舞伎町の「魚民」で飲み。 朝9時過ぎに帰宅。 昼まで寝る。 午後1時半過ぎに外出。 日比谷に着いたのは4時。 スバル座で公開している『サンシャイン2057』を見る。 ツッコミ満...
44. サンシャイン2057★☆ダニー・ボイル監督最新作!  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年05月02日 02:14
2057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか? ダニーボイル監督と言えば、ユアン・マクレガー主演の「トレインポッティング」を思いだす。ヘロイン中毒に陥った若者の生態を描いた作品だった。その後デカプリオ主演の「ビーチ」も鑑賞したが、残念ながら記憶が薄っすら状...
45. 美しき朝に希望を  [ CINECHANの映画感想 ]   2007年05月03日 12:23
109「サンシャイン2057」(アメリカ)  今から50年後の未来。太陽は死滅しようとしていた。即ちそれは人類の死を意味する。人類の希望は宇宙船??イカロス2号??。日本人船長のカネダ以下、学者や医者で構成された男女8人のチームが乗船している。限りなく太陽に...
46. ブリテッシュなSF『サンシャイン2057』。  [ TATSUYAのシネマコンプレックス ]   2007年05月05日 10:27
    うわっ、太陽がいっぱい。  SF映画を久しぶりに劇場で観た。「ザ・ビーチ」や「28日後…」で知られる『ダニー・ボイル』監督が、脚本の『アレックス・ガーランド』と3度目のタッグを組んだ『サンシャイン20
47. サンシャイン 2057  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2007年05月06日 02:01
観てきました。 <シネマート新宿> 監督:ダニー・ボイル 脚本:アレックス・ガーランド 太陽の活動が衰え始めた近未来。その活動を元に戻すため、マンハッタン島と同じ大きさの核爆弾を積んだ宇宙船“イカロス2”は一路太陽を目指す。 ご他聞に洩れず、鑑賞前は...
48. 「サンシャイン 2057」 圧倒的な力を前に人は何を見るか  [ はらやんの映画徒然草 ]   2007年05月13日 08:38
SF小説は好きなのでよく読みますが、その中でも好きなのはハードSFというジャンル
49. サンシャイン 2057  [ 20XX年問題 ]   2007年05月13日 11:58
レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
50. #72.サンシャイン2057  [ レザボアCATs ]   2007年05月21日 23:58
ダニー・ボイル監督×アレックス・ガーランド脚本のコラボ作品は、これまでも、『ザ・ビーチ』、『28日後・・・』と、なかなか目が離せない、変テコな作品が名を連ねていて。「こりゃ一応、見ておかないと」と思わせる何かがあるのですね。
51. サンシャイン2057  [ 日々徒然ゆ~だけ ]   2007年07月02日 20:58
 シチュエーションもプロットもどこかで観たような内容ではあるんだが,SFやるならちゃんとSFしようよ~クリーチャーで誤魔化さないでさぁあ。
52. 『サンシャイン2057』  [ La.La.La ]   2007年09月09日 20:14
 制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:108分  原題:SUNSHINE  配給:20世紀フォックス  監督:ダニー・ボイル  主演:キリアン・マーフィー      クリフ・カーティス      真田広之      ミシェル・ヨー...
53. サンシャイン2057  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年09月11日 13:29
【SUNSHINE】公開:2007/04/14製作国:アメリカ監督:ダニー・ボイル出演:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ、ベネディクト・ウォン、クリフ・カーティス50年後の未来。地球上の全ての生命の源である....
54. サンシャイン2057  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年09月11日 23:58
 『20057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか? 危険で予測不可能な旅が始まる』  コチラの「サンシャイン2057」は、タイトル通り50年後の地球、太陽消滅の危機を描いたSFアドベンチャーなのですが、4/14公開になったので、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  監督は...
55. サンシャイン2057−(映画:2007年101本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年09月15日 21:44
監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 2057年、太陽の力が弱まり、地球は滅亡の危機に瀕していた。 残された手段....
56. サンシャイン2057  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2007年09月28日 17:48
2001 → 2010 → 2057 あのテンションで間口のひろい切り口。 サンシャイン2057posted with amazlet on 07.09.2820世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン (2007/09/07)売り上げランキング: 397おすすめ度】
57. 『サンシャイン2057』'07・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2007年12月22日 17:26
あらすじ50年後の近未来、太陽の消滅により地球も滅亡の危機にさらされていた。人類最後の望みを託されたのは、宇宙船イカロス2号に搭乗した船長(真田広之)や物理学者のキャパ(キリアン・マーフィ)ら男女8人のエリートたち。彼らは、太陽を再生させるという究極の...
58. サンシャイン 2057  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年12月31日 13:17
脚本ゼミのクールビューティのオススメです。 彼女は最近メキメキと腕を上げているらしく、 ゼミのセンターの機関誌に彼女の作品が載るとか載らないとか。 私は書かなくなって久しいですが、 来年は1時間ものを1本書く!と先生に約束してしまいました。( ^ _ ^; 頑張り...
59. サンシャイン2057  [ mama ]   2008年01月16日 10:03
2007年:アメリカ 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ、クリフ・カーティス、真田広之、ローズ・バーン、マーク・ストロング、クリス・エヴァンス、ミシェル・ヨー、トロイ・ギャリティ、ベネディクト・ウォン 50年後の未来、太陽の活動が終焉を迎えよう....
60. 『サンシャイン2057』 Sunshine  [ *モナミ* ]   2008年09月13日 09:01
『サイレント・ワールド』と同じくらい、B級映画らしいB級映画でした。 映像もものすごく綺麗だし、宇宙船の中も幻想的且つ、 リアルなんだけども、B級映画でした(笑)。 アメリカ人だけが地球を救うのではなく、 多国籍軍?になったところがまぁ、進歩したかなあの...

この記事へのコメント

1. Posted by 由香   2007年04月14日 23:11
睦月さん、こんばんは!
私は、メチャメチャ残酷な小説とかはバンバン読むのですが、怖い映画が苦手で。。。
この映画ですら怖かったです(汗)
途中からオカルト的な感じになりましたよね?
あのサブリミナル効果のような映像で、心臓がバクバクして、帰りたくなりました
でも、映像も迫力あるし、なかなか凄い映画だとは思ったのですが、「もう一人」の存在が謎でした。ちょっといらなかったんじゃないの〜?なんて考えました。
2. Posted by 悠雅   2007年04月14日 23:43
睦月さん、こんばんは。
もちろんお互い別々に感想を書いたのだけれど、
共通の言葉での表現がいくつも出てきて、何だか嬉しいわ。
ただ、不安や恐怖を煽るだけではなく、
描こうとするものが作品の向こうにあるようで、
これはまさに、受け取り手次第、想像力が求められる作品だと思いました。
こういう作品を作ってくれるものだから、
また、この監督作品を観てしまうんだと思います。
(わたしは結構、この監督好きだけど)

真田さんは流石に英国で舞台に立っただけのことはあって、
自然な英語でよかったです。
わたしは『上海の伯爵夫人』の雰囲気の馴染み方を観ても、
彼はハリウッドより英国作品向きだと勝手に思ってるので、
これから、密やかでいいから英国作品に出て欲しいと願ってます。
キリアンの最後の表情が何度も甦ってきて、
何だか今夜は彼の夢を見たい感じです。
3. Posted by mig   2007年04月15日 00:04
3 睦月さん★

会ってからというもの、なんだか"睦月ちゃん"
て呼びたくなるくらいの親しみを覚えてる睦月さん(笑)
観賞後あそびにきてくれてありがとう♪
わたしも今日公開の新作1本みてきたのだけど、今日は会いませんでしたね。ふふふ。

この映画、キャストと映像の迫力で魅せる作品だったなー。
『イベントホライゾン』は内容あまり覚えてないけどこの映画も数年後覚えてる自信はナシ、、、(泣)
4. Posted by ジグソー   2007年04月15日 00:28
どうも!
僕は『トレインスポッティング』はまぁまぁ、『28日後・・・』は好きなほうでしたが、昔のゾンビ映画を観てから観るとまぁまぁ、そしてこれは・・・まぁまぁです(苦笑)

かなり思ってた作品と違ってましたね。
特に後半なんて・・・『ディセント』くらい急でしたよね。(でも『ディセント』の方が大好き!)

でもリアルな宇宙体験は出来ますね。
太陽ってこえぇぇぇ・・・
5. Posted by 由香様へ   2007年04月15日 02:37
■由香様へ
コメントありがとうございました!

これ、結構怖かったですよね。
私も何度も目をつぶってしまいました(苦笑)

あのサブリミナル効果・・・あれって映画で使用禁止なはずなんですが・・。なんだか心理的にすごい負担がかかりますよね。ホント怖いよー!

私も、あの+@の存在がイマイチ意味不明でした。たしかにあれっていらなかったよなあ・・とも思ったり(笑)。
なかなかに不思議な作品でしたよ(苦笑)。
6. Posted by 悠雅様へ   2007年04月15日 02:44
■悠雅様へ
コメントありがとうございます。

私、悠雅さんの記事にTBしにいってそのときに記事を読んでびっくりしてしまった・・・似たような言葉達が連なっていて「私、もしかしてパクった?」って思ったほどです(苦)。でも、共通の言葉で感想を綴れるだなんて・・私もとても嬉しく思います♪
ダニー・ボイル、やってくれますね。毎度毎度(笑)。だから相性が悪いと思いつつも、私もこうして観てしまうんだと思います。

真田さんが英国映画向きというのはなるほどなあと思います。渡辺謙さんはハリウッド向き。真田さんはもっと細やかで静かな印象があるので英国向き。

悠雅さん、今夜はキリアンと夢の中?
私はやっぱり真田さんがいいっ(笑)!
7. Posted by mig様へ   2007年04月15日 02:47
■mig様へ
コメントありがとうございます!

睦月ちゃん♪って呼んでくらさい。
可愛い感じがしてちょっと嬉しい(照)。

migさんが初日鑑賞してきた作品ってなんだろう?『ブリック』?『東京タワー〜』?
それとも『かちこみ〜』かしら?!

この作品、映像もキャストもホントにすごくて見ごたえありました。中盤からは、結構怖くてビビりました(泣)。
でも、イベント・ホライズンもすっげえ怖かったという印象があります(涙)
8. Posted by ジグソー様へ   2007年04月15日 02:51
■ジグソー様へ
コメントありがとうございます!

≫僕は『トレインスポッティング』はまぁまぁ、『28日後・・・』は好きなほうでしたが、昔のゾンビ映画を観てから観るとまぁまぁ、そしてこれは・・・まぁまぁです(苦笑)

ウハハハ!!まあまあばっかり(笑)!
でも、ダニー・ボイル作品は睦月的にもかなり微妙です(苦)。

たしかに、後半あの人が出現する展開なんかは『ディセント』並み!でも全然ディセントの方が面白い(笑)そして怖い(涙)。

でも、太陽の恐ろしさと強烈さは体感できましたねえ・・・太陽光線ってすごいな(笑)
9. Posted by 八ちゃん   2007年04月15日 12:29
添い寝の件は冗談にしても、女性の肌が恋しい八ちゃんです(嘘)、こんにちは。いかにもツウ好みの映画でしたね。親父(消息不明)が好きそうでした。
以前クライシス2050という映画があって、それのリメイクかとおもっちゃいました。真田は渋かったなぁ(上海の〜の方がもっと渋かったかな)
つーか、八ちゃんより先にドリュー観るなんてっ!(ひがみ)
10. Posted by kazupon   2007年04月15日 13:01
睦月さん
確かに一筋縄ではいかない不思議な
作品かも^^
ダニー・ボイルの映画って本来ヒーローであるような人にもイヤ〜な面があるとか
そういう人物描写が多い気がしてるんで
すけど、これも乗組員にいろいろクセが
あって自分には面白かったです。
11. Posted by ふる   2007年04月15日 19:11
>詳しく描写されることはない。
>その理由さえも一切明かされることはないのだ。

あ、そういうのは私は苦手かも。
常に「なぜ?」「どうして」を問いながら見るタイプなので。

個人的には「イカロス」というネーミングがダサイ感じがしないことも・・・
12. Posted by cinema_61   2007年04月15日 20:37
観てきました!
キリアン&真田広之見たさに。
でも、この手の映画苦手なうえ、2人に気をとられていて途中から理解不能!
でも、こちらのレビューを読んで少しわかりました。(DVDが出たらもう一度!)
とにかく、キリアンのブルーアイにうっとり!真田さんの日本人なのに上手すぎる英語(発音)!この二つの感動があれば、他はヨシとします。
13. Posted by コブタです   2007年04月15日 20:52
コブタもコチラの作品見てきました!

この作品おっしゃるとおり、どう評価すべきかかなり悩む所がありますよね。
最後までハラハラ見せてしまうパワーと勢いはあるものの、展開の唐突さは設定の雑さなどいった要素も目立ち、結局何を言いたかったのかが見えないんですよね。

まあ コブタはキリアン・マーフィーの演技を楽しめたのでその点では満足でしたが、、もう少し真田さんの演技を楽しみたかったかなとも思ってしまいました。

最後の5人目 カネダさんか?とも期待したのですが、、、
14. Posted by おふょい   2007年04月16日 00:45
睦月さんこんばんわ!
ようやく桜が満開になったと思ったらもう散りかけています。

真田さんは最近活躍してますね〜
この映画は小説ベースだと思ったんですが違いましたか?

前にも同じ原作者の『サウンドオブサンダー』がつくられたはずですができはいかがなんでしょうか。

両方とも小説は読んだんですがまあまあだったような気がします。

今年は東京に行く用があるのでお会いできればいいですね♪
春眠に暁を覚えないおふょいでしたー
15. Posted by 八ちゃん様へ   2007年04月16日 16:17
■八ちゃん様へ
コメントありがとうございます!

≫女性の肌が恋しい八ちゃんです(嘘)、

私も男性の温もりに飢えてますが・・・何か(苦笑)?

≫親父(消息不明)が好きそうでした

私の父も消息不明ですが・・・何か(笑)?

ドリュー、良かったですよ♪
八ちゃんの気持ちをズキュンズキュンしちゃうんじゃないかしら(笑)?
16. Posted by kazupon様へ   2007年04月16日 16:19
■kazupon様へ
コメントありがとうございます!

≫ダニー・ボイルの映画って本来ヒーローであるような人にもイヤ〜な面があるとか
そういう人物描写が多い気がしてるんで

たしかにそうですね。
人間というものをドローっとした感じで描くのが上手な監督さんだなあと思います。
・・・ま、私は彼の作品とはかなり相性が悪いのでなんとも言えませんが(苦笑)。
でも、この作品は案外面白く観れましたよ♪
17. Posted by ふる様へ   2007年04月16日 16:23
■ふる様へ
コメントありがとうございます。

≫あ、そういうのは私は苦手かも。
常に「なぜ?」「どうして」を問いながら見るタイプなので。

ふるさんはこういったタイプの作品がお得意かと思っておりました。でも、観ながらに「なぜ?」「どうして?」を問いかけながら観る事が出来る映画には違いないと思いますが・・・なんたって、分からないことが多すぎるので。かといって、それに対する答えは明かされませんけれど・・・(苦)。

≫個人的には「イカロス」というネーミングがダサイ感じがしないことも・・・

たしかにそうかもしれません。
なぜイカロスという名前なのか・・・それもこの映画の疑問の一つです。
18. Posted by cinema_61様へ   2007年04月16日 16:26
■cinema_61様へ
コメントありがとうございます!

キリアン&真田さん目的で観に行かれる方は多いでしょうね。でも、普通のSF映画とは全くタイプが違うので、観ていて戸惑う方も多いかもしれません(苦)。

ぶっちゃけてしまうと・・・私はキリアンは特別にファンというわけではないのですが、『プルートーで朝食を』のキトゥン役の彼はとっても好きです。
あとは、真田さんは相変わらずイイ男でした。綺麗な英語にビックリ!です♪
19. Posted by コブタ様へ   2007年04月16日 16:29
■コブタ様へ
コメントありがとうございます!

≫結局何を言いたかったのかが見えないんですよね。

そうそう。コブタさんのおっしゃるとおりだと思います。そこらへんがダニー・ボイルっぽいかなと(笑)。ちょっと意表をつく展開も多かったし、ジャンル不定で突き進むあたりにはちょっと戸惑いさえ感じた始末(苦笑)。

≫最後の5人目 カネダさんか?とも期待したのですが、、、

そうそうそう!!!私もそう思いましたよ!だって、真田さん・・・あんな短時間で姿を消すなんて信じられなくて(泣)。サプライズはありませんでしたね(涙)
20. Posted by おふょい様へ   2007年04月16日 16:39
■おふょい様へ
コメントありがとうございます!

えええ!?もう桜散りかけてる!?
桜の命は儚いのよね・・・でもだからこそ美しいのよね。美は薄命なのよ・・・(涙)。

この作品、原作はなかったと思いますよ。
私、サウンド・オブ・サンダー観ましたけれど・・・あの作品の原作はレイ・ブラッドベリという方です。作品としては・・・個人的にはイマイチ(爆笑)。B級映画がお好きな方にはオススメです。

でもおふょいさん、どちらも小説読んだんでしょう?あれ〜・・・たしかこの映画には原作はないはずなんだけれど・・。違ったかな?

東京にお越しになられるんですか?!
ぜひぜひお会いできたら嬉しいです♪こんなおばちゃん相手でも良ければ・・・(涙)。
21. Posted by こべに   2007年04月16日 21:00
こんばんわー!睦月さん♪

ホントに!太陽の近くに行ってきたような、リアルな体感ができちゃいました!
ハマれた派だったので楽しかったですよ☆

睦月さんスパイダーマンの試写会当たったのかなぁ〜?
あー行きたかった。観たかった。
休みまでとってたのに試写状届かなかったぁ(泣)




22. Posted by マリー   2007年04月16日 22:26
こんばんは〜〜

これは・・・怖かったです(笑)

ちょっと予想とは違うストーリーで(苦笑)こんなにパニックものだとは・・・

でも、まぁ目的はキリアンだったし〜
真田さんも頑張っていたし・・・

太陽って、ホント大切だって〜心から思えたし・・・よしとします。(そんなでいいのか?!)
でも苦手ジャンルの映画でした。
もしかして、私 閉所恐怖症かな??
23. Posted by こべに様へ   2007年04月17日 15:39
■こべに様へ
コメントありがとうございます!

映像凄かったですよねえ!
もう、まぶしくてまぶしくて・・・思わず目を細めてしまいましたよ(苦笑)

こべにさんはハマれた派だったんですね♪
私も予想外に面白く観れましたよ。


≫睦月さんスパイダーマンの試写会当たったのかなぁ〜?

そうそう!!昨夜はWプレミアでしたもんね・・・私もすごく行きたくて、ここぞとばかりに一生懸命応募しましたが、やっぱり外れました(泣)。
でもあいにくの雨でしたね・・。

映画のの方はどうだったんだろ?とっても気になりますう!
24. Posted by マリー様へ   2007年04月17日 15:43
■マリー様へ
コメントありがとうございます!

怖かったですよね。
私も結構ビビりながら観ました(笑)。
私もね、もっとこう静かにミステリアスに展開していく物語かと思っていたので、中盤からのパニック描写にはちょっと意表を突かれました。

キリアンと真田さん目的でご覧になられる方も多いでしょうね。2人とも素晴らしい存在感でした♪

≫でも苦手ジャンルの映画でした。
もしかして、私 閉所恐怖症かな??

アハハ。あの宇宙船の閉鎖的なシュチュエーションが苦手だとしたら、閉所恐怖症の可能性も十分にあるかもしれません・・・(怖)
25. Posted by メビウス   2007年04月17日 17:33
睦月さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

これがダニー・ボイル監督の作風だと言ってしまえばそれで終わりですが、少なくともダニー作品をはじめて見る自分には何とも特殊な映画でした。
SF要素や真田広之が出てる場面をかなり前面に出したようなCMもあってか、後半の展開も何だか意表を突かれた感じでもありましたね。
それに『不都合な真実』を観た後この映画でしたから、太陽光線の恐ろしさを改めて知った感じがします(^^;)
26. Posted by メビウス様へ   2007年04月18日 09:41
■メビウス様へ
コメントありがとうございます!

この作品でダニー・ボイルデビューの方も多いかと思いますが・・・たしかに初めてだと戸惑いを隠せない1作だと思います。
ダニー作品をずっと観てきている私でもよく分からない映画でしたもの(笑)。
でも・・・過去作品に比べたらまだマシだったかなあ(苦笑)。

日本では真田さんを推しぎみで宣伝されていますが・・・海外だと予告編にさえ真田さんは出てないらしいです(悲)。

太陽がないと人類は滅亡しますが・・・太陽に当たりすぎても死んでしまう。いくら消滅しそうって設定でも、あの光線威力あハンパじゃなかったですね(苦笑)
27. Posted by ALICE   2007年04月18日 12:31
こんにちは。
真田さんが出ている!そして
トレスポの監督と言うだけで
観に行ったのですが・・・
やはり私向きな映画では無かったです。

イカロス1号のキャプテンはどうやって
船に乗り移ったのか?
どうやって生きていたんだと
この手の映画の想像力の無い私には
少し理解不可のところが多かったです。

真田さんのオーラは私もしかと
観ることができました。
28. Posted by ALICE様へ   2007年04月19日 09:35
■ALICE様へ
コメントありがとうございます!

真田さん狙いで観に行く方は多いですよね。そして、この監督にトレスポのイメージを持って鑑賞する方も非常に多いと思います。

この監督さんって、とっても特徴的で個性的な作品が多いので、合う人合わない人ははっきりするような気がします。

私もALICEさんと同じことを思いました。んで「なんで?」「どうして!?」とばかり疑問が湧いてしまい、訳が分からない部分が多かったことは確かです(苦笑)。

でも、映像効果とかは凄かったので・・・まずまず面白くは観れたかなあ・・。
真田さんの出演時間がもっと多ければ、もう少し楽しめたのになあ(笑)
29. Posted by kenko   2007年04月20日 20:49
睦月さん、こんばんわ♪

カリスマ指数が☆3つだったのであまり期待せずに観たら・・・思った以上に楽しめたうえ、結構気に入ってしまいました。

私なぜかこういう説明の少ない不親切なSFものが好きみたいです。
宇宙だし、未来だし、なんかこう全く想像もつかないすんごいコトが起こったりするのだ!と、勝手に納得してました(笑)

映像も(キリアン・マーフィーも)とても美しくスタイリッシュで、何度も観てトランスしたいなーと思いましたー
30. Posted by 稚羽矢   2007年04月21日 14:23
そういうわけで 稚羽矢 です
あちきはホラー映画を観に行ったはずではなかったのに・・・
太陽はなんだかんだで人の心を奪うものなんですなぁ
この世界では、爆弾作るために核物質を使い切ってしまったわけで
原発は機能しなくなったはずなんですよね
となると石油の価値が今以上に高くなり、
核の抑止力もないわけで世界は新たな戦乱に巻き込まれるのではなかろうか
いっそのこと太陽と共に滅びたほうが良かったのかもしれないね
31. Posted by kenko様へ   2007年04月21日 23:50
■kenko様へ
コメントありがとうございます!

おお!kenkoさんはこの作品、十分に楽しめたようでよかったです!
私のカリスマ指数って実はあんまりアテにならないんですよ(苦笑)。記事を読んでもらってナンボ・・・ってところがあるもんですから(苦)。

実際、私自身も今までのダニーボイル作品の中ではだいぶ面白く観れた方ですよ♪

≫宇宙だし、未来だし、なんかこう全く想像もつかないすんごいコトが起こったりするのだ!と、勝手に納得してました(笑)

そうそう。
SFものってそうなんですよね。多少おかしな事態になっても妙に納得出来ちゃうっていうか(笑)。宇宙空間自体が摩訶不思議な世界だからなんだと思います。

映像はホントに素晴らしかったし、キャスト陣の存在感もたいへん良かった!
なかなかに見ごたえのある不思議な1本だったと思います!
32. Posted by ノラネコ   2007年04月22日 00:43
こんばんは。
結構この世界観は好きなんですけど、やっぱりちょっと似すぎですね〜。
まあそこがダニー・ボイルっぽい気もしますけど。
圧倒的なビジュアルだけでも観る価値はありだと思いますが、微妙な読後感のある作品ですね。
33. Posted by 稚羽矢様へ   2007年04月22日 03:01
■稚羽矢様へ
コメントありがとうございます!

たぶん、普通の分かりやすいSF映画を期待して観に行った人々の気持ちを大きく裏切る作品だったと思います(苦)。

おっしゃるように、エネルギー資源を使い果たした地球の未来を考えると、あまり希望は見出せそうにないですよね。
争いが絶えなくて、平和が保てないなら・・・太陽が照っていても人間の心は闇だらけ・・・。
34. Posted by ノラネコ様へ   2007年04月22日 21:12
■ノラネコ様へ
コメントありがとうございます!

ノラネコさん、結構高評価ですねえ♪
私、前ノラネコさんにもお話したことありますが・・・私にとってダニー・ボイルは相性の悪い監督。
それでも過去作品の中ではなかなか面白く観ることは出来ました。

記事の中では『イベント・ホライゾン』しか挙げてませんが、ほかにもいろんなSF映画を彷彿とさせる作品だったように思います。

いずれにしろ、ダニーボイルカラー満載の1作でしたね(笑)
35. Posted by とらねこ   2007年05月22日 00:21
3 1/2
睦月さん、お帰りなさい
ご旅行は楽しかったでしょうか・・・
堪能されましたか〜?旧友はお元気だったかしらん。
台北のジョニー情報が聞けるのも楽しみにしています〜

さて、この映画ですが。ダニー・ボイルの良さは、私もよく分からなくって。分からないままでいいや、と思いつつ(笑)
でも、この作品は結構好きな方かなと。
「もう一人いる」っていうのは、ゾっとしちゃいましたね。『ジュウブンノキュウ』みたいだったのかしらん。
でもこの監督さんて、ハリウッドがやりそうなことを、BritなりにまとめたPOPさ、tのを感じますね。
36. Posted by せつら   2007年09月09日 20:10
今晩は!昨日この作品見ましたよ、いくらでも突っ込み
どころがある作品だね〜
真田さんの扱いに疑問有りだし、出番の短さはいいのだけど
艦長自らがパネルの修理にいくは非常識だし後半に至っては
怪物君を出す意味がわからなかった。
SFホラーの名作「イベントホライゾン」をかなり意識
してますね、たぶん中盤あたりから方向性を見失っ
ちゃったんじゃないかな
37. Posted by せつら様へ   2007年09月11日 20:17
■せつら様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

そうそう・・・
かなりつっこみどころ満載映画でした(苦笑)

私もね、後半に変な生き物が出てきたあたりではもう意識がすっ飛びそうになりましたよ(苦笑)。

記事中でも書きましたが、私も『イベントホライズン』を思い出しました。でも、あっちの方がまだ整合性もあって良く出来た作品だったかなあと感じます(苦)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔