2008年01月22日

ウォーター・ホース(試写会)

ウォーターホース

【映画的カリスマ指数】★★★☆☆

 2つの孤独が生んだ、永遠なる自由と絆

 

監督:ジェイ・ラッセル
出演:アレックス・エテル,エミリー・ワトソン,ベン・チャップリン,デヴィット・モリッシー
製作年・国:2007/米
鑑賞日:2008/1/18:一ツ橋会館
系統:ファンタジー
配給:ソニーピクチャーズ
その他:2008年2月1日より全国ロードショー ⇒ 公式HP

ストーリー:第二次世界大戦の真っ只中、アンガスは戦地に行ったっきり音信普通の父親の帰りを待ちながら、孤独な日々を過ごしていた。そんなある日、彼は海岸沿いで青く光る卵を発見し、こっそり家に持ち帰る。そこから生まれてきたのは今までに見たこともないような不思議な生き物だった。その生き物にクルーソーと名づけ、密かにエサを与え続けると、クルーソーはあっという間に成長。アンガスはクルーソーを湖に放し、大人の目を盗んで会いに行くようになるのだが・・・・


評:『マイ・ドッグ・スキップ』、『炎のメモリアル』などのジェイ・ラッセルの最新作。
スコットランドのネス湖に伝わる伝説の海獣”ウォーター・ホース”と、少年の心温まる友情を描いたファンタジーである。

原作は、かつて世界中で話題になった『ネス湖のネッシー写真捏造』にまつわる秘話として、『ベイブ』の脚本でも知られるディック・キング=スミスが書き上げたもの。

この日の試写会は、いつも仲良くしてもらっている『きららのきらきら生活』のきららさんからお譲りいただきました♪きららさーん、ホントにありがとう!・・・でも感想は正直に書きます(苦笑)。



    まず作品の冒頭で、「これは真実の物語」というテロップが出るが・・・
             素直に惑わされてはいけない(苦笑)。

           この作品は物語が語り部風に展開していくので、
        このテロップは、その演出の一部として捉えるのが当然だ。

でも「こんなお話がホントにあったら素敵ね」と思えるような、実に懐かしさを覚える作風。言ってしまえば、まさにステレオタイプのファンタジーという印象かな。


              もし、『E.T』という名作がなかったら
         ・・・私はこの作品で号泣したかもしれない(苦笑)。

人間の子供と不思議な生き物(エイリアンやUMAなど)が、大人たちによる非情な思惑や障害を乗り越えながら深い友情関係を築いていくというファンタジーは、『E.T』以来数多く用いられるようになった。

正直なことを言えば、本作など・・・設定やクオリティにかなりの差はあるものの、物語自体は『E.T』の展開とそうそう変わらない。
やり尽くされたテーマなだけに、先も読めれば、そこまでの新鮮味も感じられないのが残念なところだ。


・・・がしかし。
ファンタジーの中でも、『人間と生き物の友情』というのは最も受け手の涙腺に刺激を与えるテーマであることはたしか。

          やっぱり、アンガスとクルーソーとのやり取りには
       胸の奥からジンワリとこみ上げるものがあるんだよなあーー!!

          それを疎外する大人たちの頭の堅さや非道な行いには、
     お子様さながらに「やめろよお!やめれ!」と心の中で叫んでしまう。

        
          ・・・どうやら私も、まだまだ腐ってはいないらしい。



スクリーンいっぱいに広がる情景は大変美しく、第二次世界大戦当時のスコットランドの自然風景がありありと再現されている映像は一見の価値あり。

クルーソー(海獣)は、『エラゴン』のサフィラちゃんと丸カブり。羽か水かきかの違いだけでしょ、あれは(苦笑)。
しかもやたら成長が早くて、大きくなればなるほど映像にアラが見えてしまったのが難点(苦)。


対象年齢はかなり低めに設定してあるように感じた1作。
お子様の目線を意識した描写も多々あるので、ファミリー向けとしては最適な作品ではないだろうか?

clockworkorenge at 00:01│Comments(16)TrackBack(32)clip!映画論 あ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画 『ウォーター・ホース』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年01月22日 06:31
  ☆公式サイト☆スコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”と、少年の心温まる友情を描いたファンタジー大作。ネス湖の幻の生物ネッシーをとらえた写真にまつわる秘話を、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでアカデミー賞を受賞したスタッフが大胆な発...
2. 「ウォーター・ホース(試写会)」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2008年01月24日 22:24
特に期待はしていなかったけれど、それでも「感動秘話」なんて触込みだったし、泣けるんだろうなぁとか思っていたけど・・・なんだこりゃ?一昨年、『小さき勇者たち??ガメラ??』の時にも酷評している私だけど、これ
3. ウォーター・ホース  [ アートの片隅で ]   2008年01月27日 22:13
「ウォーター・ホース」の試写会に行って来ました。 スコットランドのネス湖に棲むネッシーのお話です。 子供の頃、ネッシーは本当にいるのかどうか、真剣に議論されていました。 石原都知事なんて、ネッシー調査隊を作ってネス湖に行ってましたからねぇ、、、(当時は衆...
4. 劇場鑑賞「ウォーター・ホース」  [ 日々“是”精進! ]   2008年02月01日 13:35
「ウォーター・ホース」を鑑賞してきました英国ネス湖の巨大生物ネッシー伝説をヒントに得たファンタジー。「ベイブ」のD・K・スミスの原作を、「ナルニア国物語」のウォルデン・メディアと、「ロード・オブ・ザ・リング」のWETAスタジオが映画化。「有名なネッシー...
5. ウォーター・ホース  [ Akira's VOICE ]   2008年02月01日 16:21
映像が良かった! それだけ。
6. 「 ウォーター・ホース / THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP (2008) 」   [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2008年02月02日 00:24
【 ウォーター・ホース 】2008年2月 日(土)公開 監督  ??.
7. 映画「ウォーター・ホース」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2008年02月02日 19:18
原題:The Water Horse 「ミリオンズ」はちょっと現実には有り得ないような設定ながら、夢と人の優しさ暖かさに溢れた作品だった・・そしてこの映画、美しく孤独な魂の出会いと別れ・・ 大胆にも、これは真実の物語であると初めに断ってから始まる・・第二次世界大...
8. ウォーター・ホース  [ そーれりぽーと ]   2008年02月03日 11:17
のび太の恐竜、じゃなくて『ウォーター・ホース』を観てきました。 ★★★ のび太の恐竜でした。 ネタバレ 未知のものに対する恐怖、狩りを楽しむ者、売名に必死な者、嫉妬に燃える者。 いやーな存在を全部登場させて、最後にスッキリさせる、“泣かせる”映画なところが鼻...
9. ウォーター・ホース  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年02月03日 23:55
3 僕は、たった一人の親友を守れるだろうか__。世界で最も有名な“一枚の写真”に隠された、哀しくも壮大な感動秘話! 遥か昔から、数々の伝説が息づく森と湖の国、スコットランド。第二次世界大戦のまっただ中、戦地に赴いたまま音信不通の父を待ちわびる孤独な少年アン...
10. ★「ウォーター・ホース」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2008年02月04日 02:26
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ 「アメリカン・ギャングスター」も、「ラスト・コーション」もみたかったけど・・・ 2作とも長編で、深夜見るのはきついので、ファンタジー系の本作をっ。
11. ●ウォーターホース(The Water Horse: Legend of the Deep)  [ コブタの視線 ]   2008年02月05日 00:42
スコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”とを題材に、少年の成長と友情を描いた心温まるドラマ!ということで楽しみにみにの..
12. 『ウォーター・ホース』  [ 唐揚げ大好き! ]   2008年02月06日 05:04
『ウォーター・ホース』   僕は、たった一人の親友を守れるだろうか――。   ■遥か昔から、数々の伝説が息づく森と湖の国、スコットランド。第二次世界大戦のまっただ中、戦地に赴いたまま音信不通の父を待ちわびる孤独な少年アンガスは、ネス湖で青く光る不思議
13. ウォーター・ホース  [ Lovely Cinema ]   2008年02月06日 20:18
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:ジェイ・ラッセル 出演:エミリー・ワトソン(アン・マクマロウ)    アレックス・エテル(アンガス)    ベン・チャップリン(ルイス・モーブリー)    デヴィッド・モリッシー(ハミルトン大尉) ...
14. ウォーター・ホース・・・・・評価額1400円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2008年02月07日 00:13
ネッシー・オウチ・デンワ・・・・ ネッシー版の「E.T」?それとも「のび太の恐竜」?軍隊が絡んでくるあたりは故・影山民夫の「遠い海から殮.
15. ウォーター・ホース  [ Diarydiary! ]   2008年02月10日 21:13
《ウォーター・ホース》 2007年 アメリカ映画 ?? 原題 ?? THE WAT
16. ウォーター・ホース  [ Good job M ]   2008年02月11日 18:05
公開日 2008/2/1監督:ジェイ・ラッセル出演:アレックス・エテル/エミリー・ワトソン/ベン・チャプリン/ブライアン・コックス 他【あらすじ】遥か昔から、数々の伝説が息づく森と湖の国、スコットランド。第二次世界大戦で出征したまま音信不通の父を待ちわびる孤独な...
17. 流れ着いたクルーソー  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年02月12日 00:57
34「ウォーター・ホース」(アメリカ)  第2次大戦中のスコットランド。少年アンガスは出征した父の帰りを待ちわび、孤独に過ごしていた。そんなある日、アンガスはネス湖で青く光る不思議な卵を見つける。家に持ち帰ると卵は孵化し、今まで見たこともない生き物が殻の...
18. 映画「ウォーター・ホース」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2008年02月12日 22:51
映画「ウォーター・ホース」に関するトラックバックを募集しています。
19. 映画「ウォーター・ホース」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2008年02月12日 23:09
■邦題:ウォーター・ホース ■原題:THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP ■上映時間:112分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー、ファミリー ■配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント ■公開:2008/02/01 ■劇場:高槻ロ...
20. 『ウォーター・ホース』  [ purebreath★マリーの映画館 ]   2008年02月13日 22:50
              ネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い『ウォーター・ホース』監督・・・ジェイ・ラッセル原作・・・ディック・キング=スミス出演・・・アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャップリン、デヴィッド・モリッシー 他   ...
21. ウォーター・ホース  [ わたしの見た(モノ) ]   2008年02月14日 22:18
“一枚の写真”に隠された、壮大の感動秘話 ネス湖の幻の生物ネッシーをとらえた、 あまりにも有名な写真にまつわる真実のドラマかと思いきや、 スコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”と、 孤独な少年アンガスの交流を描いたファンタジー。 少年...
22. ウォーター・ホース  [ 空想俳人日記 ]   2008年02月15日 22:06
嘘八百 残りの二百 湖底の真実  かつてネス湖には恐竜が住んでいました。私は、そんな話を空想ではなく、本当かもしれない、そう思っていた一人でありました。だから、たとえ、このお話が、ああ、ドラえもんの「のび太の恐竜」とか、スピルバーグの「E.T.」と被...
23. 【2008-30】ウォーター・ホース(THE WATER HORSE LEGEND OF THE DEEP)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年02月17日 15:21
2 人気ブログランキングの順位は? ネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い “一枚の写真”に隠された、壮大な感動秘話
24. ウォーター・ホース 観てきました。  [ よしなしごと ]   2008年02月21日 03:21
 今回はウォーター・ホースを観てきました。
25. 『ウォーター・ホース』@サロンパスルーブル丸の内  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年02月26日 23:23
第二次大戦中のスコットランドの小さな村。少年アンガスは、母と姉の3人家族。戦地に行ったまま連絡が途絶えた父親のことがいつも頭から離れず、寂しい思いをしていた。ある日、ネス湖で青く光る不思議な卵を見つける。家に持ち帰ると、孵化して今まで見たこともない生き物が
26. 映画『ウォーター・ホース』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2008年03月12日 00:00
14.ウォーター・ホース■原題:TheWaterHorseLegendOfTheDeep■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:112分■日本語字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月1日、新宿ミラノ2(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ジェイ・ラッセル□脚本:ロバ...
27. ウォーター・ホース◎ケルト民族の伝説の生き物  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年04月15日 01:30
 世界に一匹しか存在しない?本当なのか・・・・・。   2月5日、「ヒトラーの贋札」鑑賞後、東宝シネマズ二条にて、この映画を鑑賞した。この日は連続鑑賞だったことをうっかり忘れていた。   ネッシー、ネス湖の謎の生き物は世界的にも有名なお話だが。ネス...
28. ウォーター・ホース  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年08月22日 12:56
【THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP】2008/02/01公開製作国:アメリカ監督:ジェイ・ラッセル出演:アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャップリン、デヴィッド・モリッシー ネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い“一枚の写真”に隠された、壮大な...
29. 『ウォーター・ホース』 The Water Horse: Legend of the Deep  [ *モナミ* ]   2008年10月31日 09:18
つい先日、ヒマラヤの雪男の足跡を発見したという記事を、 新聞で見たのだけれど。 これだけ人間がはびこっている地球上で、 未だに発見されていない生き物がいるのか?と思うけれども、 毎年何千種という動植物が新たに発見されてるのだから、 雪男やネッシーが発見...
30. 『ウォーター・ホース』  [ La.La.La ]   2008年11月15日 09:42
JUGEMテーマ:映画  制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:112分  原題:THE WATER HORSE  配給:ソニーピクチャーズ  監督:ジェイ・ラッセル  主演:エミリー・ワトソン       アレックス・エテル       ベン...
31. 「ウォーター・ホース」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年12月03日 09:46
第二次大戦下のスコットランド。母(エミリー・ワトソン)と姉との3人で暮らしながら、戦地へ 赴いた父の帰りを待つ少年アンガス(アレックス・エテル)。ある日、住まいのそばにあるネス湖で 青く光る不思議な卵を発見、こっそり持ち帰るとやがて初めて目にする生き物が生まれ...
32. 【映画】ウォーター・ホース…2008年度末鑑賞報告残り(2)  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年01月06日 20:58
さて明日からは本格的にお仕事な私。 例年なら「あ〜休み終わった〜仕事したくない〜〜{/face_hekomu/}」 ってなテンションと戦っている最中{/face_ase2/}ですが… まぁ昨日ちょびっとお仕事したからねぇ… 現在そういうネガティブなテンションで無いのは幸い{/face_nika/} ...

この記事へのコメント

1. Posted by きらら   2008年01月22日 06:36
睦月さん、おはようございます♪
私、、、最初の「本当の話」で惑わされちゃいましたよー><
でも途中で「やっぱりありえないよな、、、」って思えました。
そうそうー。
>こんなお話がホントにあったら素敵ね
そんな感じでした。
ぜひ子供と観にいきたい!って思いますー(いないけど)

おお!「マイ・ドッグ・スキップ」の監督さんなんですかー。これ、、、稲葉さんが大スキな映画だそうで☆これをきっかけに再見してみようかな♪

このポスターのクルーソーかわいい!
小さいときはかわいかったですよねー。大きくなるとちと不気味だったなー。。。

睦月さん♪また何かあったらよろしくですー☆こちらこそ、いつもありがとうです!
はじめまして、こんにちは。
突然のご連絡失礼致します。

【呪怨】パンデミックDVD版発売記念キャンペーン事務局の安達と申します。

呪怨シリーズの最新作「パンデミック」DVD版の発売(3月28日)を記念致しまして、ブロガー様限定で都内で行われる試写会に抽選100名様をご招待します!

睦月様のブログを拝見致しまして、是非参加応募して頂きたいと思い、ご連絡させて頂きました。

DVDの予約特典や記念ブログパーツの配布などもございますので、まずは、キャンペーンサイトをご覧頂けると幸いです。

試写会への参加応募につきましては、エイベックスサイトにてお願い致します。
睦月様のご参加心よりお待ちしております。

■参加応募フォームURL
https://ssl.avexnet.or.jp/avexmovie/lineup/ju-on/
3. Posted by みすず   2008年01月22日 20:27
睦月さん、こんばんはー(^^)

この映画は予告編を観るだけで、泣けてしまいます(「犬と私の10の約束」もそうなんですが・・・)
映画館で泣ける映画を観るのは、観た後、化粧が取れた顔を見て周りの人がびっくりするので、劇場では観にいけません。

でも、こういう映画も好きでして・・・

これも、DVDが出たら、みるつもりです。

4. Posted by じーま   2008年01月22日 23:09
お久しぶりです。
スウィーニーは観に行けないのでイジケまくっております。
ケッ!不良になってやる。。。

ところでエラゴンを観た時はネバーエンディングストーリーを
思い出しましたがウォーターホースは予告を観る限り
…エラゴンですね〜^^;
(エラゴンの次作はまだなんでしょうか?)

なるほど、ネッシーは存在する!と信じている人側の「真実の物語」
なんですね。

人前で泣かない意地っ張りはDVDを待ちまぁす^^;
5. Posted by きらら様へ   2008年01月23日 11:49
■きらら様へ
コメントありがとうございます!

あの冒頭のテロップはまやかしですよねえ(笑)。あれのせいで、「こんなのウソ映画じゃん!」とかいう輩もいるみたいだし(苦笑)。
私にももし子供がいたら、一緒に観たい作品だなあって思いました。あと・・・何年後?って感じだけど(苦)。

稲葉さんって、結構ハートフルな映画が好きなんですね。なんだかちょっと意外だけど、可愛らしいです。

このポスターいいでしょ?クルーソーがまだ可愛かった頃・・・。でも、大きくなればなるほどに強烈になっちゃいましたね(苦笑)

きららさん、こちらこそホントにありがとうございます。こんなにやり取りしてても実際にはまだ会ったことがないなんて・・・なんか不思議・・・。
6. Posted by みすず様へ   2008年01月23日 11:59
■みすず様へ
コメントありがとうございます。

私も、この予告編を観た時はかなり泣けました。やっぱりこういうスタンダードなファンタジーっていくつになってもこみ上げてしまいます。でも・・・ぶっちゃけ、本編ではあまり泣けなかったのが残念だったけど(苦)。

≫観た後、化粧が取れた顔を見て周りの人がびっくりするので、劇場では観にいけません。

私、号泣覚悟の作品を見に行くときは、化粧すらせずに「一体、アンタだれ?妖怪?」状態で行きます(苦笑)。でも最近、そこまで号泣な作品に出会えてません。久々に大泣きしたいです・・・。
7. Posted by じーま様へ   2008年01月24日 21:13
■じーま様へ
コメントありがとうございます!

≫スウィーニーは観に行けないのでイジケまくっております。
ケッ!不良になってやる。。。

じーまさん・・・もう何とお言葉をかけたらいいのか・・・。こんなに大ヒットを飛ばし、大きな配給会社の作品だというのに、上映されない劇場や地域があること自体、許されません!!私と一緒にウンコ座りしてデモを起こしましょう!!

じーまさん・・・どうか元気を出して欲しいです・・。

≫ウォーターホースは予告を観る限り
…エラゴンですね〜^^;

なんか、こういうキャラクターは過去作品のキャラクターデザインに似てしまいますね。こういう造形以外に思いつかないのかしら?

≫ネッシーは存在する!と信じている人側の「真実の物語」なんですね。

そうですそうです。信じてさえいればこの物語は真実なんです。だから純粋なお子様、子供心を忘れぬ大人の皆様にぜひ観て欲しい1作だなあという感じでした。

≫人前で泣かない意地っ張りはDVDを待ちまぁす^^;

Gくんと一緒に楽しみながらちょっとホロリとしたりして・・・ご堪能いただきたい1作です♪


8. Posted by たいむ   2008年01月24日 22:31
睦月さん、こんにちは。
>E.T.
そういえば似てますね。逃がそうと頑張るところも。それに「エラゴン」もそうか!道理でデジャブだったわけだ(^^;
ちなみに私は、ガメラ(小さき勇者たち)を思い出しました。

ETはもうとにかく号泣したんだけど、残念ながら私はアンガス少年が好きになれなくてダメダメ評価です。
足をひっぱちゃダメだよ、というのが一番の要因です。
9. Posted by たいむ様へ   2008年01月25日 15:58
■たいむ様へ
コメントありがとうございます。

たいむさんも試写会ですか?

≫ちなみに私は、ガメラ(小さき勇者たち)を思い出しました。

アハハ。分かる分かる。
なんかこういう物語って考えれば結構ありますよね。

≫残念ながら私はアンガス少年が好きになれなくてダメダメ評価です。

私も好きになれなかったなあ・・・。なんか観ててイライラしちゃったもん(苦)。たいして育ててもいないのに「僕のもの!」みたいな態度とか、妙に女々しいところとか・・・。

まあ・・・子供って常に何かの足を引っ張る存在ではありますけどね(苦笑)
10. Posted by airiful   2008年02月02日 21:34
はじめまして。じーまさんとこの常連でございます。よろしくお願いします。どうもこの映画の予告を見るたびに「ドラえもん のび太の恐竜伝説」とかぶってしまいます。ピースケか?でも、ファンタジーもの好きなので、子供たちと一緒に行ってみたいと思います。「ライラの伝説」も気になっています。
11. Posted by airiful様へ   2008年02月03日 22:23
■airiful様へ
初めまして!ようこそいらっしゃいました。コメントありがとうございます!

airifulさんのことはじーまさんとこでお名前を見かけていましたよ♪わざわざお越しくださり、大変光栄でございます。

≫「ドラえもん のび太の恐竜伝説」とかぶってしまいます。

アハハハ!でも似た要素はあると思いますよ。大人が・・というよりはお子様が楽しむのにちょうどいい物語なのでぜひぜひ楽しんでこられてきてくださいね。ちなみに『ライラの冒険』はかなり映像的に見ごたえがあります♪

ではairifulさん、ぜひまたお話をさせていただけることを楽しみにしています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪
12. Posted by ノラネコ   2008年02月07日 00:15
そうなんです。
E.Tに似すぎなんです。
どうしてもあれを思い出してしまって、逆に映画の世界から引き戻されてしまった感があります。
ただ、おっしゃる様にE.Tを観てなかったら、かなり感動しただろうな、とも思ったんですよね。
13. Posted by ノラネコ様へ   2008年02月08日 15:52
■ノラネコ様へ
コメントありがとうございます。

≫どうしてもあれを思い出してしまって、逆に映画の世界から引き戻されてしまった感があります。

すごい似てましたもんね。
ETと空中自転車に乗るシーンと、クルーソーの背中に乗って水中散歩するシーンが丸カブリでしたよ(苦笑)

≫ただ、おっしゃる様にE.Tを観てなかったら、かなり感動しただろうな、とも思ったんですよね。

そうそう。
でもやっぱり、こういう類の物語でETを払拭できる映画ってたぶんないんじゃない?って思います。あれはホントに名作ですもの。越えられないでしょ・・・

14. Posted by マリー   2008年02月13日 22:43
こんばんは〜〜

クルーソー・・・どこかで会った?と思ったら〜サフィラちゃんだったのか〜(笑)
あの置物のフリするとことか可愛かったですね〜♪
クルーソーがお茶目で評価アップしましたよ〜うふふ・・・

でもね〜少年とクルーソーと、あっても戦争のエピソードだけでよかったんじゃ?なんて思ってしまって〜
あの母さん、あっちにもこっちにもよろめいてませんでした?
気持ちは十分分かるんですけど、少しがっかりしたのです〜
大尉の下心みえみえだしね。。。

思い切り泣きに行ったので〜少しあれれ?だったの・・・
これなら家で「ラスカル」観ればよかったって・・・
15. Posted by マリー様へ   2008年02月14日 12:09
■マリー様へ
コメントありがとうございます。

子供の頃のクルーソーの可愛らしさは抜群でしたよね。なんでも小さな頃が一番可愛いものです・・・。

≫あの母さん、あっちにもこっちにもよろめいてませんでした?

そうそう。
マリーさんのおっしゃるとおり、なんか余計なエピソードまで入っちゃってる気がしたんですよねえ。ものすごい対象年齢低い感じの作品なのに、あんな大人の事情まではいらないっすよね(苦笑)

≫思い切り泣きに行ったので〜少しあれれ?だったの・・・

うん。マリーさんは素直な気持ちで映画を観れる方なはずなのに・・・マリーさんでさえ心が揺れなかったこの作品は相当なもんですよ(苦)。全然ラスカルの方が号泣できます・・・・。
16. Posted by せつら   2008年11月15日 09:47
睦月さんこんにちは

私はこの作品よりも同系統の作品「大きなお友達ミッシー」
のほうができがよかったと思ってます。
子供と一緒に見るのなら断然こちらですよ、この作品は
子供向けの作品でありながら泣かそう泣かそうという
のが白々しいほど見え見えで正直げんなりしました。
先にミッシーを見ていなかったらだいぶん感想も
違ってたかもしれないけどね、エミリー・ワトソンさんは
好きな女優さんです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔