2008年01月28日

フローズン・タイム

フローズン・タイム

【映画的カリスマ指数】★★★★★

 瞬間の美学

 

監督:ショーン・エリス
出演:ショーン・ビガースタッフ,エミリア・フォックス,ショーン・エヴァンス,ミシェル・ライアン
製作年・国:2006/英
鑑賞日:2008/1/26:Q−AXシネマ
系統:ラブ
配給:CKエンタテイメント
翻訳:古田由紀子

ストーリー:美大生のベンは、恋人のスージーと別れた。その失恋の痛手のため彼は不眠症になってしまう。持て余した時間を有効活用するために、ベンは24時間営業のスーパーでバイトを始めた。眠れなくなってから2週間が経った頃、ベンはついに時間の観念を失ってしまう。そして彼の周りの時間が止まるという現象を体験するのだが・・・・。


評:ファッションフォトグラファーとして、一流のキャリアを重ねてきたショーン・エリス監督が脚本も兼任した作品。

エリス監督の2作目である『CASHBACK』は、第78回アカデミー賞短編実写賞にノミネートされ、世界中の映画賞にも輝き高い評価を得た。それをきっかけに短編から長編映画化が実現したのが本作品である。


いやぁ〜・・・。
なんと美しくて、なんとスウィートで、なんとキュートな1作なんだろう。

すごくシャレてて、ドキドキするほどエロティックで・・・・モダンな斬新さと卓越したアート感覚が見事に融合したようなとっても素敵な作品。

  その反面、コメディ映画と見まがうようなユーモアがそこいらに点在していて。

                  お洒落に気取るどころか、
       最高に無邪気な人なつっこさで受け手の気持ちを掴む1作だ。


フォトグラファー出身の映画監督作品というと、映像の素晴らしさは一流でも中身がスカスカで全く伴っていないことが多いけれど(苦笑)。
本作品の場合、目で観る芸術的な魅力と、気持ちで感じるドラマ的要素が非常にバランスよく機能していて・・・これまでに観てきた映画とは少し違った不思議なムードと感覚に陥ることが出来てしまう。


物語は、美大に通うある若い男子の「フッたフラれた」、「愛だ恋だ」の実にシンプルな恋愛話がベースになっている。言ってしまえば、誰もが経験したことのある日常的でとっても単純なお話だ。
でも、『時間を止める、スローにする』・・・そういったSFじみた時間観念と主人公の繊細な心象風景をリンクさせることで、単なる青春恋愛劇に全く新鮮なアプローチを仕掛けている作品。


この作品は完全に”一方通行な男子視点”で作られている。
女性を芸術美の神聖なものとしてイメージする主人公のベン。女性に対してデリカシーのないプレイボーイ・ショーン。いつもバカ騒ぎばかりでアホキャラなバイト仲間たち。

     男子が女子に対して持ちうるあらゆる価値観をキャラ別に配置して、
 若い男子の盛んな欲望とウブな愛くるしさを豊かに描写しているあたりがニクい。


そもそもフォトグラファーであるエリス監督は、”一瞬”という刹那的な美を映し出す感覚には非常に優れているはずであって。

        この作品では、エリス監督がこだわりぬいた『瞬間の美学』が
                あらゆるシーンで華を咲かせる。

ちょっとしたしぐさ、ふいに見せる表情、そしてツバを飛ばしながらわめき散らす顔までも・・・・その瞬間にしかない芸術美を女性の中に見出してしまう、その美的感覚にうっとりせずにはいられない。

        戻ることのない”一瞬”、でも失いたくない”一瞬”を・・・・
         男心に織り重ねる、エリス監督ならではのテクニック。

女性に対する男目線の細やかさと繊細さに気づかされ、何度もドキリとしてしまう。



主人公のベンを演じたショーン・ビガースタッフ。本作で初めて知った俳優さんだ。
なんだか頼りなさそうな存在感と、たいしてハンサムでもない顔立ちに最初はほとんど興味が沸かなかったのに。

       気づけば、すっかり彼にメロメロになっている自分に驚いた(笑)。

”スコットランドのガエルくん”と表現できるような可愛らしさと母性本能をくすぐる愛らしさ、時々見せるドキドキとするような”男”な感じ・・・・これは反則だろう(苦笑)。


     ただの一時停止ではない、生々しい”時間停止の世界”も必見だし。
          音楽の使い方も非常にハイセンスでとっても素敵。

 カップルで観に行けば、間違いなく・・いろんな意味で盛り上がるだろう1作(照)。

              むろん、私は一人で観に行ったけど(悲)。
   でもいろんな意味で一人で盛り上がれました(爆笑)。興奮しまくり最高っす♪

clockworkorenge at 00:19│Comments(36)TrackBack(20)clip!映画論 は行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「フローズン・タイム」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2008年01月30日 03:14
5 「フローズン・タイム」(2006) 《時間が止まった世界。  ボクの恋は加速する。》 1/29Q−AXシネマ1にて観賞 introduction 監督・製作・脚本:ショーン・エリス cast ショーン・ビガースタッフ 、 エミリア・....
2. フローズン・タイム  [ スワロが映画を見た ]   2008年02月03日 00:39
原題:CASHBACK 製作年度:2007年 製作国:イギリス 上映時間:102分 配給:CKエンタテイメント 監督:ショーン・エリス 原作:―― 脚本:シ...
3. フローズン・タイム  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2008年02月05日 23:18
イギリス映画らしい、とってもピュアな恋愛ファンタジー。泣けました〜。しかも結構笑えるシーンもあって、面白いです。
4. フローズン・タイム:止まった時間の中でボクの恋は加速する Q-AXシネマ  [ 気ままに映画日記☆ ]   2008年02月10日 22:49
タイトル:フローズン・タイム 監督:ショーン・エリス 出演:ショーン・ビガースタッフ/エミリア・フォックス/ショーン・エバンス/ミシェル・ライアン 製作:2006年イギリス 僕はベン・ウィリス(ショーン・ビガースタッフ)、美大の4年生。 「君を幸せにできない。別れ....
5. ●フローズン・タイム(Cashback)  [ コブタの視線 ]   2008年02月11日 23:37
様々な映画ブログで評判が高く、気になっていたコチラの作品。 昨日渋谷に出かける用事があったのでこれはチャンスと鑑賞してきました! 紮..
6. 『フローズン・タイム』  [ 地球が回ればフィルムも回る ]   2008年02月12日 13:56
ファッション誌の写真家として知られる、1970年生まれのショーン・エリス監督の作品。 写真家の人が撮った映画というと、とかく「映像美」や決まった構図の映像づくりに凝っている反面、ストーリーのほうがおろそかになってしまうことがあるのだけど、この作品は、「時間が止...
7. フローズン・タイム  [ 映画を観たよ ]   2008年02月12日 21:29
気になったので。
8. 恋に落ちた瞬間を止める  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年02月16日 12:35
32「フローズン・タイム」(イギリス)  美大に通うベンは、ガールフレンドのスージーと別れた。自ら別れを切り出したのに未練タラタラのベン。幼馴染みのショーンに相談するが、返ってくる答えは気楽なものばかり。  スージーに新しいボーイ・フレンドができたことを...
9. フローズン・タイム  [ シュフのきまぐれシネマ ]   2008年02月16日 14:01
フローズン・タイム  @ 渋谷 Q-AX CINEMA スタイリッシュでアートな映画だと勝手に思い込み大いに期待してた作品でした もちろんソレではあるのだけれどここまで純粋な恋愛モノだったとは思っておらず “やられたぁ”というカンジでいい意味で裏
10. 25●フローズン・タイム  [ レザボアCATs ]   2008年02月21日 00:35
この時間、止められたら素敵だな・・・という瞬間、誰でもそう考えたことがあると思うのだけれど。元々フォトグラファーという監督ならではの作品、という感じなのかな?時間を切り取った表現が面白かった一作。
11. 映画 『フローズン・タイム』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年02月21日 22:29
  ☆公式サイト☆一流のファッション雑誌のフォトグラファーとして活躍していたショーン・エリス監督が、まるでファッション写真が動き出したかのような美しい映像で見せるラブストーリー。美大に通っているベン(ショーン・ビガースタッフ)はガールフレンドのスージー(...
12. 「フローズン・タイム」  [ Puff's Cinema Cafe Diary ]   2008年03月01日 20:48
公式サイト Q-AXシネマ、公開5週目初回、Q-AX CINEMA1(264席) ********************************************************************** 評価:★★★★ 11:45開始、35宮.
13. 『フローズン・タイム』  [ めでぃあみっくす ]   2008年03月08日 15:15
第78回アカデミー短編映画賞受賞作品を長編映画化したこの映画こそ最高のラブストーリーだと思えた傑作。東京では1月下旬に公開されるも関西ではやっとこの時期での公開とあって、これまでにたくさんの絶賛の声を聞きながら待ちに待った期待感を決して裏切らない素晴らしい....
14. フローズン・タイム  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年03月17日 19:27
 『時間が止まった世界。 ボクの恋は加速する。』  コチラの「フローズン・タイム」は、ファッション・フォトグラファーのショーン・エリスが監督し、第78回アカデミー賞短編実写賞にノミネートされた短編を長編映画化した1/26公開のR-15指定のロマンティック・コメデ....
15. フローズン・タイム  [ Art- Mill  あーとみる ]   2008年04月05日 11:54
フローズン・タイムHP   http://www.frozen-time.jp 監督は、フォトグラファーとして活躍しているション・エリス。現実世界の瞬間を切り取るという写真家の発想から一歩進めて、「もし、
16. フローズン・タイム  [ 5125年映画の旅 ]   2008年05月02日 08:09
3 美大生のベンは失恋のショックから不眠症になってしまう。眠れない時間を活用するためにスーパーの夜勤バイトを始めたベンだったが、そこで時間を止める能力に目覚めてしまう。制止した時間の中で自分の美的感覚の開花させたベン。それと同時に彼は同僚のシャロンに恋をす....
17. フローズン・タイム  [ 空想俳人日記 ]   2008年05月09日 22:15
釘付けに された時間の 永遠かな  この映画、予告編で観て知った。で、絶対に観るぞ、そう思った。何故なら、この映画を作った人、絶対に自分に極めて近い人間、そう思った。できれば、愛する人といっしょに観たい。映画はほとんどが一人で観るケースが多い。でも、...
18. フローズン・タイム  [ Memoirs_of_dai ]   2008年08月02日 02:45
不健全な美大生の恋模様 【Story】 美大に通っているベン(ショーン・ビガースタッフ)は元彼女に振られたショックで不眠症になってしまう??.
19. 『フローズン・タイム』 2008年47本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2008年08月03日 21:24
4 『フローズン・タイム』 2008年47本目 5/23(金) チネ・ラヴィータ 彼女と別れた美大生。 そのせいで不眠症になってしまった。 彼女への思いは断ち切れず眠れぬ日が続く。 あまりにも眠れないので、眠れないなら時間を有効に使おう、とばかりにスーパーの夜間のア....
20. 『フローズン・タイム』  [ La.La.La ]   2008年11月15日 09:50
JUGEMテーマ:映画 制作年:2006年  制作国:イギリス  上映メディア:劇場公開  上映時間:102分  原題:CASHBACK  配給:アミューズ  監督:ショーン・エリス  主演:ショーン・ビガースタッフ       エミリア・フォックス       ショーン・エ...

この記事へのコメント

1. Posted by mimi   2008年01月29日 12:12
この作品、面白そうですね〜。前に雑誌で見て気になってました★「静」を扱うフォトグラファーと「動」の映画のコラボ?が何だか新しい。まだ作品を見てないので何とも言えませんが、「フローズン・タイム」っていう邦題がピッタリ合っているような。たまに、「なんでその邦題?!」っていう作品もあるので(笑)タイトル比べもちょっと面白いです。ビジュアル重視の作品だと内容があんまり感じられないものもあるので二の足を踏んでしまいますが、睦月さんのレビューを読んで映画館に行きたくなりました♪
2. Posted by HARU   2008年01月29日 23:09
睦月さん、こんばんは。

いつものぞいているのだけれど、映画を観る機会がなかなかなくて、コメントするまでに至らず・・・。
最近では、こんなキュートな作品が上映されているのも知らない始末。
あんなに劇場通いしていたのがウソのようです(笑)。

でもね、この前の土曜日、久しぶりに劇場に行ってきました。
大好きなシャンテ・シネマに。
鑑賞したのは、アメリカ=インドの合作「その名にちなんで」。
娘が生まれて名前を付けるのに悩んだ後だったので、今までとは違った感慨を持って観ることができました。
映画はやっぱりいいものだね。

3. Posted by ジグソー   2008年01月30日 03:40
どうも!

いやぁコレは思わぬ掘り出し物でした!
とっても好きな映画でした。

本当に色んな面をもった映画でしたよね。
まさかあの予告からここまでのコメディシーンがまってるとは思わなかったですよ!!(笑)
スーパーの面々がどれも個性的で好きでしたねぇ〜

でも魅せるシーンではちゃんと魅せてくれるし、文句なしです。
4. Posted by risa   2008年01月30日 20:08

お久しぶりです。
risaです。
睦月さん、覚えてらっしゃいますでしょうか・・・ 笑

睦月さんが、
紹介している映画は
ほとんど見るつもりです 笑
今回のも面白そうですね♪
見に行って見ます(○´3`)

ところで、
話は変わりますが
スウィニー・トッド
鑑賞したのですが・・・
ジョニーわとてもとても
かっこよかったです。笑
ですが、内容がグロテスクで・・・
私には衝撃的でした笑

では・・・長々とすみませんッ
5. Posted by mimi様へ   2008年01月31日 12:25
■mimi様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・。

この作品、ホントに思いのほか良かったですよ。とにかくオサレで、キレイで、キュン♪としたりドキドキしたり。忘れかけていた恋心を思い出しました(笑)。

≫★「静」を扱うフォトグラファーと「動」の映画のコラボ?が何だか新しい。

そうそう。今までもフォトグラファー出身の映画監督作品って何本か観ましたけれど・・・やっぱどれも映像と内容のバランスが悪すぎて(苦)。でも本作に関してはキチンと『映画』として成り立っていてとっても楽しめました。
たしかに、この邦題も実に見事!原題よりも内容にぴったりです♪配給会社のセンスが分かりますよね(笑)。

笑どころもたくさんあるので、ぜひぜひおススメしたい1作です♪
6. Posted by HARU様へ   2008年01月31日 12:29
■HARU様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

こちらこそご無沙汰していてすみません。
HARUさんの天使ちゃん、大きくなりましたか?可愛くて可愛くてしかたないでしょ?

『その名にちなんで』は東京国際で観ようと思ってて結局観にいけなかった作品なので印象に残ってます。

劇場では観ないかもしれないけれど・・・レンタルになったらぜひ観たい1作ですね。
7. Posted by ジグソー様へ   2008年01月31日 12:36
■ジグソー様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・。

やっぱりジグソーさんもこの作品、好きだった!?私も大好き!!ホントにステキなめっけもんだったよね♪

今までの映画にはない、いろんな魅力が詰まった作品で、ドキドキしたり、大笑いしたり、ちょっと切なくなったりして、メチャクチャに楽しませてもらったわ〜。

これって、男子視点と女子視点では楽しみ方が違ってくる映画かもしれませんね。
8. Posted by risa様へ   2008年01月31日 14:28
■risa様へ
コメントありがとうございます!

再度ご訪問いただき、そのうえコメントまで入れてくださって感謝しています!もちろんrisaさんのことは覚えています。一度でもコメントをくださった方のことはちゃと記憶しておるので♪

この作品は、とってもオススメですよ!好き嫌いに分かれるかもしれないけれど、個人的にはとっても好きな1作となりました。risaさんもぜひお時間を見つけて劇場でご覧になっていただきたいです♪

そして・・・スウィーニー。
今回のジョニーはホントに素晴らしかったですね。映像の残酷さもさることながら、物語のあまりにヘビーな展開と結末にはやはり心がヘコみますよね・・・。
でも、ジョニー&ティムの渾身の傑作・・・大変素晴らしい1作だなあと感じましたです。オスカーの行方が気になりますね♪
9. Posted by ☆YOU☆   2008年02月01日 23:35
睦月様こんばんは♪以前、ジョニーの歯特集の記事に一度だけコメントさせて頂いた☆YOU☆です。


いきなり私事で申し訳ないのですが、私には隠れアニメオタクな彼がいます。エヴァは自ら進んで観に行くくせに、『スウィーニー・トッド』はホラーは苦手〜とか言ってあっさり断るような奴です(号泣)。彼にも、映画館で映画を観る楽しさ、そして俳優ジョニー・デップの素晴らしさを一緒に感じてほしいのになぁ…(/_;)
でも、睦月さんの記事を読んで、この『フローズン・タイム』は、もーもーもーーーうっ!!!絶対に口説き落として一緒に観に行く!って決意しました♪



……な、なのに、実は私の地域ではどこでも上映されてなかったとゆう悲しい事実発覚°・(ノД`)・°・
このままだと悔しいので、睦月さんの記事をもう一度読み直しながら観に行った気分になっときます……(苦)。
10. Posted by swallow tail   2008年02月03日 08:23
睦月さん、おはようございます。
姐さん・・・お疲れ?
スワロも最近疲れっぽくて。
家に帰ったらコタツでゴロ〜ン(涙)
やっぱり冬は気分が沈みやすくてダメね。

で、この作品は『チャプター27』をクイントに見に行った時に予告編を見たの。
妙に気になって・・・人生で2度目のQ-AX。
ホテル街を一人でさまよいました。
ゴージャスなホテルが、すごく気になりました(照)

姐さん、ショーン・ビガースタッフに萌えたの?
スワロ・・・タイプじゃないわ・・・
>”スコットランドのガエルくん”
・・・ノーーーーーーォォォォォ!!!!!
かなり違うわっ。
頼りなさげで母性本能をくすぐる感じもわかるけど、
やっぱりもう少し美しさも欲しいわ。
マスクは大事なのよ。
スワロはビガースタッフ君を見てシャイア・ブラーフを思い出したわ。
11. Posted by ☆YOU☆様へ   2008年02月03日 20:28
■☆YOU☆様へ
コメントありがとうございます!

☆YOU☆さん、お久しぶりでした♪再度ご訪問&コメントいただき、ホントに嬉しいです♪

アニメオタクな彼かあ・・・私にしてみれば羨ましい感じです(笑)。私も実はかなりアニメや漫画に詳しい一面を持っていて・・・ハタチまでは漫画家志望だったのでいろんな雑誌に漫画を投稿したりしてたんです。だから、アニメについて深く語り合える相手がいるのはとっても羨ましいなあと・・・。

でもやっぱり彼氏と一緒に映画やジョニーの良さを分かち合いたいという☆YOU☆さんのお気持ちもよく理解できる!!そういう意味ではこの作品はかなりオススメですぜえ!結構、マンガチックな描写も多いし、コメディみたいにかなり笑えるし・・・そしてかなりロマンティックです♪

この作品は単館上映なのでもしかしたらDVDまで待つことになるかもしれないけれど・・・でも、おウチで2人で肩を並べて仲良く鑑賞するのもいいかも♪ムードが盛り上がると思います!オススメっすよ♪
12. Posted by ケント   2008年02月03日 20:35
睦月さん、ご無沙汰しています。
最近ライブドア系のブログにTB出来なくて困っています。
さすがに睦月さん、この映画観たのですね。プライマーも観ているし、僕同様タイムトラベルものが好きなんですね。
しかしこの映画は、18分の短編を102分に作り直したためか、余計なオバカシーンを挿入したことだけが悔やまれます。
好き嫌いとは、割り切れない無念ささえ感じました。
あれがなければ僕的には満点ですが・・・
13. Posted by swallow tail様へ   2008年02月03日 20:36
■swallow tail様へ
コメントありがとうございます!

≫やっぱり冬は気分が沈みやすくてダメね。

人間のバイオリズムは太陽光線と深い関わりがあるそうですね。日照時間が長い国や地域に住んでいる人間はすごく前向き思考な人が多いんだそうですよ。冬、気分が落ち込むのは太陽光線をあまり浴びれないからなんでしょうね・・・きっと。

ホテル街を越えてたどり着くQ−AX。
この映画を観た後にそのまま直行・・・ってカップルも絶対に一組くらいはいるだろうよ(笑)。

≫・・・ノーーーーーーォォォォォ!!!!!
かなり違うわっ。

ウハハハ!過剰反応してる(苦笑)。
私ね、ガエルくんの作品は全部観てるけど・・・でもぶっちゃけ彼のことそんなにハンサムとは思わないんよね。でもものすごい魅力を感じるし、役者としての底力も素晴らしい。だからビガースタッフに萌えたのも、顔の問題じゃないと思う。なんだろ?ワンコみたいな可愛らしさかな(笑)?なんかガエルくんが頭をよぎっちゃったのよね(笑)
14. Posted by ケント様へ   2008年02月04日 15:36
■ケント様へ
コメントありがとうございます。

≫しかしこの映画は、18分の短編を102分に作り直したためか、余計なオバカシーンを挿入したことだけが悔やまれます。

私は残念ながら18分バージョンの方を観た事がないので比較しようがないですが・・・通常、フォトグラファー出身の監督が作る作品って、なんかこう気取っていて取っ付きにくさが特徴的だったりするんですよ。でもこの作品の場合はそういうのがなく、しっかり笑いどころもあったというのが私にとってはポイントが高かったです。102分間、監督の自己陶酔の世界にお付き合いするだけだと疲れますからねえ(笑)。そういう意味では、はちゃけた感じを十分に楽しめたので満足でした♪
15. Posted by み   2008年02月05日 00:33
こんばんは♪
本作、オサレ映画かと思いきや…
途中から始まるボンクラ祭りに腹がよじれましたよ(笑)
曰く、
エロ本盗見でボッキンキン!
スウェーデン人は風呂あがりに全裸!
「ナタリー」エピソード(ガレージから出世したなぁ〜、おい!含む)
よくぞ見つけてきた、なバリー&マットのボンクラ顔コンビ!
ブライアン・カンフー!
フットサルという名のユルユルコント
とどめは、スローモーで彼女らになじられるシーンのBGMが空耳アワーのこの曲だったこと(笑)
http://jp.youtube.com/watch?v=r1o0NBeOCjQ
>エリス監督がこだわりぬいた『瞬間の美学』
そっか!本職フォトグラファーなんですね
あまりにもボンクラテイストが秀逸だったので「エリス監督、半脱ぎはエロスじゃなくてエロですよ!理解ってるねぇ〜」と間違った解釈でニヤニヤしちゃいました(爆)

で、最後はロマコメオチ(笑)
笑い過ぎて死ぬ…今年の暫定TOPですねぇ〜
16. Posted by み様へ   2008年02月05日 16:49
■み様へ
コメントありがとうございます。

≫途中から始まるボンクラ祭りに腹がよじれましたよ(笑)

ウハハハ!!ね?超ボンクラ祭りでしたよね。記事的にはかなりオサレ〜に書いてみましたが・・個人的にはカンフー男とフットサルシーンとハゲ店長とバカアルバイターどもがツボりました(爆笑)あのカンフー男って『スリーピー・ホロウ』でジョニーの小間使い役だった少年ですよね?メチャクチャ成長してて驚きましたよ(苦笑)。

≫空耳アワー

ブヘヘヘ!!!メチャンコウケましたよお!イボヂはないだろお!!ウハハハ!!

上辺は凄く上品にオサレテイストで作ってあるから、女性のヌードがあろうが、変態目線の瞬間フェチであろうが、全然不快な気分にはならなかったけれど・・・でもよくよく考えるとエロですね(笑)。スケベエですね(爆笑)。なんか妙に興奮したのはそのせいか・・・(苦笑)
17. Posted by コブタです!   2008年02月11日 23:52
昨日はお疲れさまでした!
楽しかったです〜!

コブタの無能ぶりに呆れずこれからもよろしくお願いします!

コチラの作品、お話したとおり昨日みてきたのですが、ツボ映画でした(^^)

アーティスティックな一見取っつきにくいはずの世界を、恋の悩み 青春のモヤノヤ、若さゆえの馬鹿さ!そういった身近な人間臭い要素を加えることで 本当にキュートな作品に仕上がっていましたよね!
しかしこの作品の素晴らしさを文章に表せない自分がふがいなさを感じてしまったり(−−;
こういう作品の良さを伝えるって難しいですよね〜
18. Posted by コブタ様へ   2008年02月12日 21:03
■コブタ様へ
コメントありがとうございます。

こちらこそ先日は楽しい時間をありがとうございました。久々にコブタさんにお会いできてホントに嬉しかったです♪酔っ払いにお付き合いいただき、ホントに感謝しています(苦笑)。

私もこの作品はかなりツボだったんですよ。物語のベースはまさに青春モノではあるんですけれど、演出の仕方やアイディアの盛り込み方一つでこんなに素敵な作品になってしまうなんて!!監督の手腕によるところが大きいですよねえ。
19. Posted by ななな   2008年02月12日 21:15
睦月さん
先日はと〜〜〜ってもお世話になりました。
睦月さんには心配かけちゃったかもですが、おかげさまで楽しかったですよー♪
ホントにホントにありがとうございました。
ホント睦月さんはステキな女性ですよ。
私に言われてもって感じですが(苦笑
そしてこれをご縁に、会社を作ったら私を入れてください(笑

んで、みなさんが話していたので、観てきました。
好きな映画でございました♪
アートしている人が作ろうとすると自己満で終わることが多い気がするのですが、この作品は向こうからも、そしてこっちから近づきたい気分にもなりました。
そして、その一瞬にめろめろ〜。
私も一人で観にいきましたが、帰りのホテル街も気にならんくらいにルンルンで歩いていましたよ♪

20. Posted by ななな様へ   2008年02月13日 10:37
■ななな様へ
コメントありがとうございます。

なななちゃん、こちらこそホントに楽しい時間をありがとうございました。なんだかちっともお話できなかったような気がするのだけれど・・・でも酔っ払いを相手してくれてホントに感謝しています。
なななちゃんに「素敵な女性」なんて言葉をもらえて・・ホントに嬉しい。おせじでも嬉しいです(笑)。
会社の話は、実現したときにはなななちゃんに一番に声をかけますよ(笑)。どこまで本気で話が進むかは不明だけれど(苦笑)。

んで。
観てきたのね!?フローズン!

≫アートしている人が作ろうとすると自己満で終わることが多い気がするのですが、

そうそう。そうよね。
自己陶酔的な世界観を作り上げて、それでもう満足って感じがするもんね。でも、この作品はなななちゃんが言うように、こっちからも近づきたくなるような愛くるしい作品でしたよね。

ホテル街を一人でルンルン♪
ウヘヘヘ・・・ホテルに誰かと入るよりもルンルンだわさ!


21. Posted by CINECHAN   2008年02月16日 12:39
こんにちは。

久しぶりに思い切りはまりました(笑)。
最初は映像に注目して、観ることにしたんですが、話も良かったです。
コミカル・テイストをまぶしての青春ストーリーもツボでしたね。
これも映像があってのことだと思うんですが。
仰るとおり、男視線の話に終始していて、どちらかと言えば、男がはまりそうな作品という気がします。
22. Posted by こべに   2008年02月16日 14:14
ご無沙汰しております!睦月さん☆
地味ィ〜に復活致しましたのでちょいちょいお邪魔するかと思いますが今後ともどうぞよろしくお願いします〜!
相変わらず睦月さんのレビューは映画への愛が感じられていいなーと思いながら読ませて戴きました。

スタイリッシュでアートな作品だと勝手に思い込んでたのでいい意味で裏切られてしまいました。
やられました(^^;
23. Posted by CINECHAN様へ   2008年02月18日 14:32
■CINECHAN様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・。

≫久しぶりに思い切りはまりました(笑)。

おおお!!!CIENCHANさんが久々のヒットっすか!!それは良かったああ!

映像、物語、演出・・・その3拍子が見事にそろった掘り出し物って感じの作品でしたよねえ♪私もドツボでございました。

たしかに男性目線で描かれている作品ではありますが、どんなに女性のヌードがたくさん出てきても全く不快感なく観れたのはすごいなあって思いましたです。

24. Posted by こべに様へ   2008年02月18日 14:43
■こべに様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・。

こちらこそご無沙汰しておりました。
こうして久々にこべにさんとお話できてとっても嬉しく思っています♪こちらこそ改めまして・・・今後ともよろしくお願いいたします。

≫スタイリッシュでアートな作品だと勝手に思い込んでたのでいい意味で裏切られてしまいました。

うんうん。
予想以上にバカっぽさがふんだんで、ものすごい笑わせられました(苦笑)。フットサルのシーンは最高だったなあ!!

25. Posted by とらねこ   2008年02月21日 00:50
こんばんは、睦月さん。
お洒落なばかりじゃないところが良かったですよね♪
全編コメディタッチなところが混じる辺りも良かったですよね。
スーパーでのシーンは、夢みたいに綺麗でした。
26. Posted by とらねこ様へ   2008年02月21日 16:51
■とらねこ様へ
コメントありがとうございます。

フォトグラファーが撮る映画って、自己満足で完結する場合が多いですけれど、この作品は個人的にかなりヒットでした。
気取らずに笑いもテンコ盛りで、私はかなり好きだなあ♪

外国のスーパーってオシャレ度高いような気がしてならないんですが(笑)、そこを舞台にしちゃったってのも面白い発想ですよねえ。
27. Posted by きらら   2008年02月21日 22:30
おおお☆
こちらは打って変わって満点なのですね。
映像きれいだったし、お話もとってもキュートでした☆
ちょっぴりコメディ、ちょっぴりエロティック、ちょっぴり変態ってのがまた良い感じ!
そして時間が止まった世界の美しさー☆
惚れ惚れデシタ♪
28. Posted by きらら様へ   2008年02月22日 16:53
■きらら様へ
コメントありがとうございます。

そうなんです。
満点なんです(笑)。私、これはとてもツボに入る1作でした。ハマったわ〜!

≫ちょっぴりコメディ、ちょっぴりエロティック、ちょっぴり変態ってのがまた良い感じ!

うんうん!
男性目線で綴られている物語らしく、男の子!って感じの感性があちこちにありましたけれど、そのせいか、さっぱりすっきりと純粋に楽しむことができて満足でしたわ!

29. Posted by Puff   2008年03月01日 20:44
ワタシも昨日観て来ましたデスヨ〜〜〜!
もっと早く観に行きたかったのだけど、なかなか行けなくって。
今週でもう終わってしまうのでアセアセして観に行きましたッス。
で、ワタシも一人で観ました。
(・・・って、大抵ふらりと一人で観に行くことが多いんですけどね。エへへ)
一人でキャン〜♪と盛り上がっておりました。

で、この映画ですけど、
ファッション・フォトグラファー出身の監督さんじゃないですかー
なので、観る前はワタシも“自己陶酔映画”かも・・・と不安だったのですが(笑)いや、そんなことは全く無かったですねー
物語的にも映像的にもすごく良かった!
切なくって胸キュンでしたよね〜〜〜ん。
彼女が会場に入った時、もうー、こちらまで彼女と一緒に息を飲んで涙がホロリ・・・状態でした・・・♪
30. Posted by Puff様へ   2008年03月03日 20:21
■Puff様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

うわ・・この作品ってもう上映終了しちゃう感じなんですか!?結構評判も上々な気がしたので、もう少し長く上映しているのかと思っていました。Puffさん、無事に鑑賞できてよかったですね♪

たしかにフォトグラファー出身の映画監督って、どうも映像にかける意気込みみたいなのが空回りしているように感じられることがあるんですが、この作品はそういった自己満足的なものが一切感じられず、ホントに好感を持って観る事が出来ました。

ラストの雪の中でのKISSシーン・・・私、あのシーンでちょっと胸が熱くなっちゃいましたよ(涙)
31. Posted by にゃむばなな   2008年03月09日 11:54
ハリウッドでは決して作れない雰囲気のある映画でしたよね。
やっぱりイギリス映画ってあの小洒落たところが何とも言えない良さがあって大好きです。

こういう映画を見るたびに映画館通いをしていて良かったなぁ〜と思います。
32. Posted by にゃむばなな様へ   2008年03月10日 00:24
■にゃむばなな様へ
コメントありがとうございます!

≫ハリウッドでは決して作れない雰囲気のある映画でしたよね。

うん、ホントにそうでした。
こういった繊細なシャレ感とか、細やかな描写ってのは米国映画で表現するにはなかなか難しい部分よねって思います。

小粒ながら、ホントに素敵な作品だったなあ・・・おっしゃるように、こういっためっけもん的な作品を観ると、すっごくお得感が得られて、映画館通いしてて良かったなあって思えますね。
33. Posted by ALICE   2008年03月12日 12:46
こんにちは☆

私ももちろん?一人での鑑賞でしたが
一人でめっちゃ盛り上がれましたよ。
映画はいろんな要素がごちゃ混ぜのようで
それがなんだか知らないけどいい感じに
融合されていてすごくバランスのいい
映画でしたよね。素敵だったなぁ。
人それぞれ美意識には違いがあるだろうけど彼が描いた美にかなり共感出来ました。

おじさんのオナラに美は感じなかったけどね。。。
34. Posted by ALICE様へ   2008年03月16日 11:42
■ALICE様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・。

≫映画はいろんな要素がごちゃ混ぜのようで

そうそう。そうなんですよね♪
コメディもあり、恋愛もあり、どこか微妙に変態チックでもあり、青春ものでもあり・・・いろんな表情を見せてくれる作品で、ホントに楽しめちゃいました♪

≫人それぞれ美意識には違いがあるだろうけど彼が描いた美にかなり共感出来ました。

ホントにそうでした。あんな風に自分を描いてくれる男子がいたら・・・間違いなく好きになっちゃうなー(笑)

≫おじさんのオナラに美は感じなかったけどね。。。

アハハハ!!オナラはなかなか芸術にならんでしょうね(苦笑)。
35. Posted by 健太郎   2008年08月03日 21:20
4 こんばんは。
エロエロな映画かと思ったのですが、おバカで芸術な映画でしたね。
絵画的なヌードはとても綺麗でした。
絵心があればデッサンに没頭したいです。
バイト先のおバカさんや店長はかなりイイ感じでしたね。
あんな楽しいバイトなら不眠症も治りますよね。
36. Posted by せつら   2008年11月15日 09:53
こちらもおじゃまします

英国で人気の高いヌードモデルの皆さんがそれこそ
一肌脱いでいるので卑猥さが無く美しい裸体を表現し
てましたね、ただ作品としては私にセンスがないから
退屈きわまりない平凡な作品にしか見えなかったです。
ラストの映像は見事でしたが・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔