2008年03月09日

ダージリン急行

ダージリン急行

【映画的カリスマ映画論】★★★★☆

 ボンクラクールな3兄弟、異国で歩く絆道

 

監督:ウェス・アンダーソン
出演:オーウェン・ウィルソン,エイドリアン・ブロディ,ジェイソン・シュワルツマン,アンジェリカ・ヒューストン,ビル・マーレイ
製作年・国:2007/米
鑑賞日:2008/3/8:新宿武蔵野館
系統:ドラマ
配給:20世紀FOX
翻訳:古田由紀子

ストーリー:父親の死をきっかけに別々の道を歩み始め、1年も絶縁状態だったホイットマン家の3兄弟、フランシス、ピーター、ジャック。しかし、九死に一生を得た長男フランシスの呼びかけにより再会を果たした3人は、兄弟の絆を取り戻すためにインド旅行をするのだが・・・・。


評:『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』、『ライフ・アクアティック』などのウェス・アンダーソン監督が脚本も兼任した最新作。

本作の前に、このプロローグとして製作された13分の短編『ホテル・シュヴァリエ』が上映される。


私はとても海外旅行が好きだ。
今のところ、一番興味がある国の一つにインドがある。
昨年12月にインド旅行を計画していたのだけれど、ジョニー・デップさんに会うために急遽行き先を変更してしまった(苦笑)。

本作は、それこそまさに全編インドロケ。
これを観たら、やっぱりやっぱりインドへの衝動が激しくなってしまったのだ(涙)。

個性派俳優3人が織り成す超ド級のドタバタコメディ・・・そんな印象を持っていた本作だけれど。

               実際は、”大爆笑系”ではなく、
      ユルーくトボケたハートフルな”クスクス系”のコメディドラマ。

ビル・マーレイやナタリー・ポートマンがカメオ出演しているあたりはシャレっ気たっぷりで、音楽のチョイスもとってもハイセンスでカッコイイ。

インドという国が持つスピリチュアルなムードと、あの国の大らかで雑多な風景の中に・・・ボンクラ3兄弟がジダバタするバカさ加減が妙にマッチしていてとっても楽しいのだ。


のっけから包帯まみれの傷だらけで、なぜかボロボロの長男フランシス。
予期せず妻が妊娠し、ブルーな面持ちの次男ピーター。
そして、失恋したばかりの三男ジャック。

長いこと絶縁状態だった3兄弟が、インド旅行で絆を取り戻そうと再会を果たすのだけれど・・・・・・それぞれが何かしら人生に行き詰っていて、なぜだかみんながクスリ漬け(苦笑)。
互いが互いを全く信用してなくて、それぞれが自分勝手で、アホくさい衝突とケンカを繰り返す3兄弟・・・そんな彼らを乗せてダージリン急行はインドを走る。


人生はよく旅に例えられる。
未知の国で新たな景色を目にし出会いを重ねながら、今までにない喜びや幸せを発見する・・・しかし、思わぬハプニングに出くわすこともあれば、スケジュール通りに事が運ばないこともある。

           人が生きる道だって、まさしくその繰り返しだ。

彼らが乗るダージリン急行は、まるで『リトル・ミス・サンシャイン』の黄色いオンボロミニバスと一緒。

     ダメダメな家族が一つの目的に向かって長い旅路を共にしたように。
ボンクラ3兄弟もまた、共に行く長い線路の上でかつての絆を取り戻していくのだ。


父親の死がきっかけで絶縁した3兄弟。
母親に捨てられて寂しい寂しいマザコン3兄弟。

『死』が彼らをバラバラにし、けれども旅の中で遭遇する『死』が再び彼らを一つにするという展開に胸がジワリとする。
自分たちを捨てた母親に再会することで、彼ら自身が母親の呪縛から解かれていく姿には、開かれたインドの大地のような解放感が受け取れて清々しい。


インドの湿った空気に映える鮮やかな色彩の中に、ルーズなスーツ姿の3兄弟が妙にカッコイイんだよねえ(笑)。
ジャックは意味不明にいつも裸足だし、ピーターのベルトの巻き方はヘンテコだし、フランソワはとにかくボロボロで・・・それだけで笑えちゃう(苦笑)。

            うっとおしくて、かっこ悪いバカ3兄弟だけど。
        彼らのブサイクな生き様は、なんだかとても愛おしいのだ。



clockworkorenge at 15:22│Comments(27)TrackBack(23)clip!映画論 た行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ダージリン急行  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年03月09日 20:29
 『あした、僕たちはどこにいるんだろう… 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!』  コチラの「ダージリン急行」は、3/8公開となるウェス・アンダーソン監督のロード・ムービーならぬレール・ムービーなのですが、試写会で観てきちゃいました....
2. ダージリン急行/THE DARJEELING LIMITED  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年03月10日 00:11
カルト的?な人気を誇る、『天才マックスの世界』や『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 コレ{/hand_iine/} のウェス•アンダーソン監督最新作{/ee_1/} 全米では公開済み、日本では、東京国際映画祭でも上映されました {/shootingstar/}一般公開は2008年3月予定。 2...
3. ダージリン急行  [ ジジョの五感 ]   2008年03月10日 12:15
「あした、僕たちはどこにいるんだろう」 ウェス・アンダーソン監督らしい、ゆるゆる映画。 父親の死後、疎遠になっていた3人の男兄弟がインドの旅に出ます☆ 設定が「インド」ということが、この映画の大半を占めています。 派手な色彩、怪しげなオブジェ、おかしな...
4. 真・映画日記(1)『ダージリン急行』  [            ]   2008年03月10日 19:01
JUGEMテーマ:映画 3月8日(土)◆738日目◆ この日は最近の土曜では珍しく午前からの行動。 午前10時20分頃に日比谷「シャンテシネ」に到着。 『アメリカを売った男』の初回が見られるが、FBIものは朝から見るものではない。 なので、一番の目当てでもある『ダー...
5. ダージリン急行  [ スワロが映画を見た ]   2008年03月14日 21:50
原題:THE DARJEERING LIMITED 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:91分 監督:ウェス・アンダーソン 原作:―― 脚本:ウェス・アンダ...
6. ★「ダージリン急行」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2008年03月15日 03:20
この作品の為にミニ・オーウェン特集をやってたんですよ、ひらりんは。 「魔法にかけられて」の先行とか、「バンテージ・ポイント」より、こっちが先。 でもこれでネタ切れなので、特集はここまで。
7. ダージリン急行  [ ビター☆チョコ ]   2008年03月15日 15:10
父親が急死してから疎遠になってしまった3兄弟が長男のフランシス(オーウェン・ウィルソン)の強引な仕切りで、兄弟の絆を取り戻すべくインドの旅に出ることになる。3人が乗ったダージリン急行は、ゆるゆるとインドの大地を走っていく。レールの上を走ってる列車が、ど...
8. ダージリン急行  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2008年03月15日 22:45
 アメリカ   ドラマ&コメディ  監督:ウェス・アンダーソン  出演:オーウェン・ウィルソン      エイドリアン・ブロディ      ジェイソン・シュワルツマン      アンジェリカ・ヒューストン 【物語】 長男フランシス、次男ピーター、三男ジャッ...
9. 『ダージリン急行』  [ めでぃあみっくす ]   2008年03月16日 11:44
家族の再生をテーマに『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』や『ライフ・アクアティック』を撮ってきたウェス・アンダーソン監督の最新作はオーウェン・ウィルソンが自殺未遂をする直前の出演作。当初は顔面に包帯を巻いた彼の演技を現実とリンクさせずに見れるか多少の不安はあ....
10. ダージリン急行  [ お気楽に映画で極楽 ]   2008年03月16日 18:40
ホイトッマン三兄弟が心の旅をしにダージリン急行でいざインドへ!それぞれ個性ある兄弟の珍道中が描かれてとってもほのぼの!楽しめました...
11. ダージリン急行  [ Alice in Wonderland ]   2008年03月19日 12:40
ウェス・アンダーソンとオーウェン・ウィルソンの(私の中では)最強コンビの新作、もちろん今年1番くらいに期待していた作品をやっと観る事が出来ました。 インド北西部を走るダージリン急行に、長男フランシスの呼びかけで、次男ピーターと三男ジャックがやって来る...
12. 僕たちは行方不明  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年03月22日 13:05
71「ダージリン急行」(アメリカ)  インド北西部を走るダージリン急行に、長男フランシスの呼びかけで、次男ピーターと三男ジャックが乗り込む。父の死をきっかけに疎遠となっていた3人だったが、フランシスはこのインドの旅を通じて、再び兄弟の結束を高めようとして...
13. 【2008-65】ダージリン急行(THE DARJEELING LIMITED)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年03月22日 19:26
2 人気ブログランキングの順位は? 家族の絆を探して ダージリン急行で インドを旅する あした、僕たちはどこにいるんだろう... 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!
14. ダージリン急行  [ Diarydiary! ]   2008年03月25日 20:09
《ダージリン急行》 2007年 アメリカ映画 ?? 原題 ?? THE DARJEE
15. 【ダージリン急行】  [ 日々のつぶやき ]   2008年03月29日 13:01
監督:ウェス・アンダーソン 出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン、アマラ・カラン、カミラ・ラザフォード、イルファン・カーン、ナタリー・ポートマン 「疎遠になっていたホイットマン
16. インド鉄道の昼(と夜) ウェス・アンダーソン 『ダージリン急行』  [ SGA屋物語紹介所 ]   2008年03月31日 13:03
♪ インドの鉄道で 修行しない 壊れかけてる長男(長男) むっつりスケベの三男(
17. 3兄弟絆探しの旅【ダージリン急行】  [ 犬も歩けばBohにあたる! ]   2008年03月31日 14:42
ウェス・アンダーソン。 名前だけで見に行く監督の一人です。 かなり好き、とても好
18. ダージリン急行 THE DARJEELING LIMITED  [ シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー ]   2008年04月01日 20:13
センチメンタル・ジャーニー■ストーリー父親の死をきっかけに、長い間疎遠になっていた3人のホイットマン兄弟が1年ぶりに再会。インドを横断する列車の旅に出る。はじめはお互いに対して疑心暗鬼になっていた3人。自分たちとは異なる文化・風習の違い触れるうち、それぞ...
19. ダージリン急行  [ future world ]   2008年04月21日 00:08
ヘンテコな3兄弟の珍道中、ロードムービー〜 まずプロローグとして短編作品「ホテル・シュヴァリエ」が流れる。 いきなり始まって終わっちゃうもんだから 「予告編?シアター間違った?」なんて思ってしまった。 ホテルの一室のある風景・・なかなか洒落てる。 訪問....
20. ダージリン急行♪乗ってみたいな・・・。  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年04月21日 23:47
兄弟の絆を取り戻すため、3人兄弟はインドの旅を始めることに。  3月21日、京都シネマにて鑑賞。3人兄弟がダージリン急行に乗って、旅をしながら、行く先々でさまざまな人と出会い、ふれあいながら、壊れた関係を修復しながら、再生してくといヒューマン・ロー...
21. mini review 08326「ダージリン急行」★★★★★★★☆☆  [ サーカスな日々 ]   2008年09月07日 08:02
魅惑的なインドを舞台に、大人に成り切れない3兄弟が列車での旅を繰り広げるヒューマン・コメディー。監督は『ライフ・アクアティック』のウェス・アンダーソン。主人公の3兄弟をアンダーソン監督の盟友オーウェン・ウィルソン、『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロデ...
22. ダージリン急行  [ 虎猫の気まぐれシネマ日記 ]   2008年09月07日 13:51
不思議と居心地のよい,おっとりペースで繰り広げられる心にじんわり沁みるロードムービーだった。あらすじ: 父の死をきっかけに別々の道を歩みはじめ、それぞれの人生で悩み迷っていたホイットマン家の3兄弟、フランシス(オーウェン・ウィルソン)、ピーター(エイドリア...
23. 「ダージリン急行」  [ 首都クロム ]   2008年12月15日 20:29
 電車が迷子?レールの上を走ってるのに?  このセリフがいちばん可笑しかったです。そう、レールの上を走っていたはずなのに、どこでどう間違えたのか知らぬ間に迷子になっていることってあると思うのです。突破口が見つからないままもがくのは本当に苦しいし、めまいが...

この記事へのコメント

1. Posted by 朱色会   2008年03月09日 17:09
5 >『死』が彼らをバラバラにし、けれども旅の中で遭遇する『死』が再び彼らを一つにするという展開
なかなか素晴らしい着眼です。
私も今日観てきました。違う観点で書いてみましたので、ご覧ください。
2. Posted by 朱色会様へ   2008年03月10日 01:08
■朱色会様へ
コメントありがとうございます。

おお!朱色会さんも早速ご覧になられたんですね。

記事にお邪魔させていただきまーす。
3. Posted by ジジョ   2008年03月10日 12:17
こんにちは☆
いつもブログ拝見してます♪
この映画、冒頭のビル・マーレーに完全にもっていかれました!短編、私もすごく好きです☆☆
TBさせていただきますね。
4. Posted by るみりん   2008年03月10日 16:10
めちゃ惹かれます♪観たい観たい!
5. Posted by ハンク   2008年03月10日 16:30
睦月さん、ありがとうございました〜!!ジョニーのレザー見つけられました。念願が叶いそうです!
この映画観たいんですけどね〜「コーヒーアンドシガレッツ」からビルマーレー好きなので☆でも、近くの映画館では・・・田舎って、映画好きには大変です・・(泣)
6. Posted by akko   2008年03月11日 08:17
睦月さん、ちょいとお久しぶりです。
でも、毎日お邪魔してます(^^)

この映画、私は何の情報も知らずにこの記事を読みましたが『リトル・ミス・サンシャイン』っぽいの?
私、睦月さんの記事を読んでDVDで『リトル〜』を観てお気に入りの作品になったんです。
なもんで、これも観てみたいな〜って思います。
・・・でも、うちの近所じゃやってないみたい(T−T)

それと・・・すごーく観たかった『潜水服は〜』なんですが、私がぎっくり腰やっちまってる間にレイトのみになってしまって、とうとう7日(金)で終了。最終日に行こうと思ってたら、子供の体調が悪くなって・・・諦めました。
ついてなーい(T−T)

どっちもDVD待ちますぅ。
7. Posted by ジジョ様へ   2008年03月11日 23:21
■ジジョ様へ
初めまして!ようこそいらっしゃいました!コメントありがとうございます!

≫この映画、冒頭のビル・マーレーに完全にもっていかれました!

そうそう!たった数秒の出演なのに、彼の存在感がすごく印象に残っています!

短編もすっごく素敵でしたよねえ。
どっちかといえば、本編よりも短編の方が好きだったりします(笑)
8. Posted by るみりん様へ   2008年03月11日 23:22
■るみりん様へ
コメントありがとうございます!

るみりんさんのお住まいのところで、この映画って公開されますか?
結構、観る人を選ぶ映画かもしれないけれど、もし興味があればDVDでもいいのでご覧になってほしいです♪

インドに行きたくなっちゃいますよ〜!
9. Posted by ハンク様へ   2008年03月11日 23:25
■ハンク様へ
コメントありがとうございます!

ジョニーのレザーカフ、見つけれました?
良かったですね〜♪あれ、すごい人気があるらしくて、入手困難っぽいですが・・・ハンクさんが無事に入手できたらぜひご報告くださいましー!

ビル・マーレイって、ジョニーと『エド・ウッド』で共演してますね。独特の雰囲気を持った素敵な俳優さんだわ〜。この作品ではたった数秒の出演なんですが、すっごく印象に残りますよ♪DVDでもいいので、ぜひご覧になってほしい作品です!
10. Posted by akko様へ   2008年03月11日 23:32
■akko様へ
コメントありがとうございます!

個人的には『リトル・ミス〜』の方が好きです(笑)。あっちの方がたくさんの人に受け入れられやすいかなって思います。この作品はちょっと観る人を選ぶ感じがあるんですよねえ・・・ダメな人はダメかもって思います。
でもね、この作品って、物語の根底にあるものは『リトル・ミス〜』に通じるものがあるな〜って思いました。akkoさんにもぜひ観てほしい映画ですよ。とりあえず、インドに行きたくなっちゃいます(笑)。

akkoさん、腰、大丈夫ですか!?
それにしても、もうレイト上映のみになっちゃうなんて・・・酷いよなあ(涙)。私も長年、田舎の映画環境の悪さを味わってきた人間(東京出てきてまだ3年目ですもん)なので、akkoさんの歯がゆいお気持ち、すごくよく分かります。

でも『潜水服〜』はDVDでもその素晴らしさは伝わる映画だと思うんです。どうか元気を出して・・・せひせひDVDで観ていただきたい作品です!akkoさん、お体、お大事にされてくださいね。
11. Posted by るみりん   2008年03月12日 00:43
コチラでは今ンとこ公開予定ナシです。シネコンに行って毎回違う人を捕まえて「ダージリン急行の公開予定は?」と聞きまくってます。『こんなに問い合わせがあるなら…』を狙ってますが、同一人物だとバレてるかな〜?
睦月さんのレビューを拝見してから公式HPにいきまして…私、音楽もバシっときちゃった!本っ気で観たい!実はザ・ロイヤル・テネンバウムズもお気に入りな私(変?)。きっとコレもツボなはず…オーウェン・ウィルソン(生きててヨカッタね)のとぼけた顔も嫌いじゃなかったりするのだ。あー、観たい!
12. Posted by swallow tail   2008年03月14日 23:39
睦月さん、こんばんは。
ホワイトデー、姐さんはいかがお過ごしかしら〜??

この作品って「ダージリン急行」って名前を聞いた瞬間から
見に行きたくなってしまったんですけど
内容もゆったりゆる系で楽しめましたよ!
インドの怪しげな雰囲気と兄弟のバカさ加減が妙にイイ!

そうそう、姐さん、また飲みたいなー。
すっごいコッテリしたもの食べてのみたいなー。
13. Posted by チョコ   2008年03月15日 15:09
こんにちは。

ロードムービーってやっぱ、いいですね♪
すごくツボな映画でした。
どこが良かったの?って訊かれたら
答えにつまってしまうような「ゆるさ加減」が素敵でした。

お忙しいようですね。
くれぐれもご自愛くださいませ♪
14. Posted by 風情♪   2008年03月15日 22:48
こんにちは♪

明るい作風の中に「死」と言うものが
あって、対比…違うなぁ〜。何て言っ
たらいいんでしょうか?
まぁそんなところが興味深くもありま
した…こんな纏まらず終いのコメント
で本当にゴメンなさいね。

インドってやぱっり特別な何かがある
んでしょうかね? (゚▽゚)v
15. Posted by るみりん様へ   2008年03月16日 12:51
■るみりん様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・。

≫シネコンに行って毎回違う人を捕まえて「ダージリン急行の公開予定は?」と聞きまくってます。

すごーい!努力してるよー!るみりんさん!私も岩手にいたときはジョニーの映画が公開されないことにクレームつけたことが何度もありました(苦笑)。

るみりんさん、ウェス・アンダーソン作品とは相性が良さそうですね。この人の映画ってすごく斬新で、ハイセンスだからとっても素敵!きっとこの作品もるみりんさんに楽しんでもらえると思います!!
上映されることを願ってますよお!!
16. Posted by スワロ様へ   2008年03月16日 12:52
■スワロ様へ
コメントありがとうございます!
お返事遅くなってすみません・・・・。

ホワイトデーは何事もなく普通の日でした。あまり興味がありません。

この映画良かったですねー。
ビル・マーレイが出てきた瞬間にすっかり心奪われてしまいましたよー(笑)。
個人的にユルユル系の映画は大好きなので楽しめました。やっぱりインドにいきたーい!

さて。
そろそろ飲みに行きますか。
美味しいものでも食べに行きませう。
コッテリ?・・・なんだろ?スワロのリクエストはあるかい?
17. Posted by チョコ様へ   2008年03月16日 12:56
■チョコ様へ
コメントありがとうございます!

≫ロードムービーってやっぱ、いいですね♪

うん。私も好き♪

≫どこが良かったの?って訊かれたら
答えにつまってしまうような「ゆるさ加減」が素敵でした。

そうそう(苦笑)。
記事にしにくい作品でした。
でもムチャクチャにインドに行きたくなりましたー。今年はぜひインドに行ってきたいなー。

チョコさん、労いのお言葉ありがとうございます。
ここんとこ、土日に一気にブログ管理をするようになってしまいました・・・ダメですね。ちゃんと軌道修正しなきゃ(苦)
18. Posted by 風情♪様へ   2008年03月16日 13:01
■風情♪様へ
コメントありがとうございます!

≫明るい作風の中に「死」と言うものが
あって、

ああ、でも風情♪さんの言いたいこと、すごく分かります。だからこそ、スピリチュアルな印象のあるインドって国がぴったりハマってたのかなー?って感じもするし。

でもそこを掘り下げて文章にするのって、難しいですよねー・・・。

とりあえず、実際にインドに行ってムードに浸ってきたい欲求でいっぱいです(笑)
19. Posted by ALICE   2008年03月19日 12:39
>『死』が彼らをバラバラにし、けれども旅の中で遭遇する『死』が再び彼らを一つにする

わーこの言葉素敵です。まさにぴったり!
不思議な3人がまだまだ不思議な国
インドを旅行するだけでも面白いのに
いろんなハプニングに出くわし旅する
姿は本当にほんわかしていました。
大好きなオーウェンはボロボロだったけど
やっぱりいい味出てましたね。

私もインド旅行に行きたい!
そんな気持になりました。
20. Posted by 夏つばき   2008年03月29日 23:45
こんばんWA〜睦月さん。

観てきました〜♪
しかし!隣の客(♂)が大声でよく笑う客で・・・
ん〜〜!が、楽しみました。
でも、妻だったら〜恋人だったら?ほんまにうっとおしい3兄弟やわ〜(苦笑)
NO付きのキュートな大小様々なバックもこの作品のキーマン?みたいでステキ!

≫人生はよく旅に例えられる。

スローなインドの風景、長い線路が人生もようの一片のようでした。

3月4月は飲み会の多い時期、飲み過ぎに気をつけて〜♪
いや、飲めるうちが花です!弱くなった者の・・・涙。
21. Posted by SGA屋伍一   2008年03月31日 12:53
こんちは
睦月さん、非常にまじめ〜に作品をとらえてますね
確かに人生についてさりげない教訓がおりこまれた作品ではありますが、わたしはまずお笑いムービーとして楽しみました

車掌さんが難なく蛇を捕まえるシーンとか、こともあろうに列車に向かって投石するあたりとかが特にツボでした(笑)

インドは人によっては大ハマリするそうですが、衛生的にはなかなか大変でみんな閉口するとか。まあ実際に行って見なきゃ本当のところはわかんないでしょうけどね

ところで『ホテル・シュバリエ』、ナタリー・ポートマンの髪型がやけにカリカリ。もしかして『V・フォー・ヴェンデッタ』の直後だったのかな?
22. Posted by 夏つばき様へ   2008年04月01日 20:58
■夏つばき様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・。

ゆるーいムードにボンクラな3兄弟がよくハマってて、私もクスクスと笑わせてもらった作品でした。
あのヴィトンのバック、オシャレで素敵だったわ〜!!

≫スローなインドの風景、長い線路が人生もようの一片のようでした。

うんうん。
インドに行くと人生観が変わると言う人がかなり多いですが・・・それもなんとなく分かる感じがしますね。近いうちに今度こそインドに行こうっと・・・。

ところで。
ここ何日かまた飲み会が続いていて、ブログ管理もままなりませんでした(涙)。少ししたらやっと落ち着くだろう・・と思ってます(苦笑)。そしたらそろそろジョニーさんの記事でも・・・と思ってます。
23. Posted by SGA屋伍一様へ   2008年04月02日 23:23
■SGA屋伍一様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

私は常に映画に対しては真剣ですよ(笑)。
でもどんなに考えてもどうしようもないものに関しては完全ギャグに走りますけれど・・・(苦笑)。

インドはやっぱり一度行ってみたい国です。今年中には行きたいなー。雨季は避けたいので次の乾季まで待とうと思っております(笑)。

ナタリーのベリーショート。たしかにVフォーの直後だったのかも。私もそう感じました。でも、彼女のベリーショートはすごく似合いますね。個人的にはロングよりも好きだなって思います。
24. Posted by 未来   2008年04月20日 23:55
個性的な3兄弟のドタバタハチャメチャ珍道中かと思いきや、
予想以上にユルユル感の穏やかな?作品でした。
ビル・マーレイ登場でなおさらユルユルに。。。
インドって行けば嵌るか嫌いになるか極端だと聞くけど、
これを観る限りではなかなかいいかも。。。
25. Posted by 未来様へ   2008年04月21日 23:37
■未来様へ
コメントありがとうございます。

ユルユルでしたねー。
私もね、もっとドタバタしてるのかと思ってたんですが、ユルユルボヘーって感じでした(笑)。

冒頭いきなりのビル・マーレイ。
彼の存在感は圧倒的でしたね!彼が出てくるだけでボケボケな感じがしていいですう♪

インド、行ってみたくなりますね。
私、今年中にはぜひぜひインドへ〜と思っております(笑)
26. Posted by なな   2008年09月07日 13:50
こんにちわ
この映画,色彩や音楽や小物にとってもハイセンスなこだわりが感じられて・・・
ボンクラ・マザコン3兄弟のキャラもお顔も濃すぎて,くすくす笑いが止まりませんでした。
母親も濃いね〜〜。実はシスターにゃ向いてないような感じだけど・・・。
全体的にゆる〜い雰囲気で,とりとめもなくお話は進んでいくのだけど
このブラックユーモアがさりげなく効いたぬるま湯のような雰囲気が
なぜか心地いいような気もしてきました・・・。
27. Posted by なな様へ   2008年09月08日 13:10
■なな様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・。

≫この映画,色彩や音楽や小物にとってもハイセンスなこだわりが感じられて・・・
ボンクラ・マザコン3兄弟のキャラもお顔も濃すぎて,くすくす笑いが止まりませんでした。

そうそう。
淡々とした脱ユル系の物語でしたけれど、そこかしこにセンスが感じられるんですよねえ。そこがとっても素敵でしたー。あと、あの3兄弟、ダメダメなのになんだか憎めない(笑)。愛くるしい男たちでしたわ。

≫母親も濃いね〜〜。実はシスターにゃ向いてないような感じだけど・・・。

そうそう。さすがにあの3兄弟のママって感じ(笑)。ホント、決してシスターには向いてないような感じなんだけれどね(苦笑)。

≫このブラックユーモアがさりげなく効いたぬるま湯のような雰囲気が
なぜか心地いいような気もしてきました・・・。

私もそうでした。
むしょうに旅に出たくなりました。まったり、のんびり、徒然と車窓の旅、素敵ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔