2008年08月03日

インクレディブル・ハルク


インクレディブル ハルク
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆

 見かけ変われど、愛は変わらず



監督:ルイ・レテリエ
出演:エドワード・ノートン,リヴ・タイラー,ティム・ロス,ティム・ブレイク・ネルソン,タイ・バーレル,ウィリアム・ハート,ロバート・ダウニーJr.
製作年・国:2008/米
鑑賞日:2008/8/1:テアトルダイヤ池袋
系統:SFアクション
配給:ソニーピクチャーズ
翻訳:松浦美奈

ストーリー:科学者であるブルース・バナー博士は、実験中に大量のガンマ線を浴びるという事故にあい、怒りや恐怖の感情が高まると緑色の巨大怪物ハルクに変身する体になってしまう。ハルクになると理性を失い、爆発的な力で破壊行動を起こしてしまうため、ブルースは自分の変身を恐れ、政府の追っ手から逃れて、ブラジルで密かに暮らしていた。しかし、ある日、居所を知られた彼は再び追われの身となり、かつての恋人ベティの助けを借りる。その頃、ブルースを捕らえるために派遣された兵士ブロンスキーはハルクの秘密を知り、最強ソルジャーへと変身を遂げるのだが・・・・。


評:『トランスポーター』シリーズ、『ダニー・ザ・ドッグ』などのルイ・レテリエ監督の最新作。

アメコミのマーベルコミック『超人ハルク』の映画化であり、アン・リー監督による『ハルク』(2003)のリニューアル版として製作された作品。

脚本には、主演のブルース・バナー(ハルク)を演じたエドワード・ノートンも関わっている。

 

実は、公開初日の“1日映画デー”でこの作品を観た。
その翌日に、同じアメコミものの『
ダークナイト』を観て、2日連続でアメコミ映画を楽しんだわけだけれど・・・・ぶっちゃけ、『ダークナイト』があまりにも凄まじすぎて、本作の印象がすっかりすっ飛んでしまった(苦)。

          主人公は『バットマン』と同じ名前の“ブルース”だし。
       『バットマン』と同様に悲しい背景を持つ『ハルク』なのだけれど。

映画としての完成度はあまりにもケタ違い(汗)。
いやいや、本作も面白いのよ。ただ、期待以上でも以下でもなく安易に想像がついてしまうレベルの面白さ。

        夏休み映画として、気軽に楽しむにはもってこいの1作かな♪

 

これまでも、『超人ハルク』を元にした映画・ドラマはたくさんあったようだけれど、私が観たことがあるのは先述したアン・リー監督による『ハルク』のみ。

今思えば、こういったアメコミものを何故アン・リー監督が撮ったのか不思議でならない。だって、どう考えてもアン・リー監督の作風とは畑違いのジャンルでしょ(苦笑)。

おかげで、『ハルク』は興行的にも評判的にも大失敗に終わり、このたびキャストも物語も一新して本作が製作されたというわけだ(汗)。


ハリウッド的ヒーローものというよりは、ヨーロッパのアート系映画のように情緒的な印象が色濃く出ていた前作『ハルク』。
それが一転して、すっかりハリウッドカラー全開で娯楽要素、ヒーロー的要素を全面に打ち出している本作。

言ってしまえば、とことん漫画的。
物語はザクザクとテンポよく進み、多少気になる展開があってもお構いなし。
特殊映像を駆使したアクションシーンは迫力満点で、大暴れするハルクも違和感なく映像に組み込まれていて上等。

      前作『ハルク』を観ていなくても、十分に楽しめる内容になっている。

 

私にしてみれば・・・・
「これって、“人間になれる
キングコング”な感じじゃん?」って思っちゃう(苦笑)。

理性のない怪物でも、愛する女性に対しては心を開く・・・ってあたりはすっかりカブるのよねえ〜。こういう『美女と野獣』的ラブストーリーってありがちだけど、とっても切なくて悲しげで・・・決して嫌いじゃないな。


ティム・ロスの出演がすごく嬉しくて、「一体どんな役どころなんだろー?」って楽しみにしてたら・・・・あんなことになってしまうなんて(苦笑)。
“強さへの欲”にかられた現役兵士、あの絶妙な狂いっぷりはさすがにティム・ロスってな存在感で見ごたえあり。

   『必殺!怪物バトル』はスクリーンで観てこその迫力の面白さでございました♪

          “ハルクスマッシュ”には大笑いだったなあ・・・(苦笑)

 

そういえば・・・・・私。


織田裕○さん似のハルク


     ハルクが『織田裕○+山本○弘さん÷2』に見えて仕方なかった・・・・(汗)

なんか・・・・似てるんだよなあ。
今にも「キタァァァーーッ!!!」って叫びそうな気がしてドキドキしちゃったよ。
時々、「やれやれ・・・」って顔をしながらため息をつくハルクの表情がすごく愛くるしくて好き。



           続編もありそうな終わり方だったけど、どうなんでしょう?

              もし公開されるなら、次もきっと観に行きます♪



clockworkorenge at 20:00│Comments(20)TrackBack(26)clip!映画論 あ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. インクレディブル・ハルク  [ 虎猫の気まぐれシネマ日記 ]   2008年08月03日 21:29
今日は映画の日。例のミニシアターで,これと,幻影師アイゼンハイムを観た。・・・エドワード・ノートン祭り[E:fuji]か?。リー監督のハルクも結構好きだったので,ハルクとは何ぞや?という予備知識も万全。ハルクの面白さ,というか他のヒーローとの大きな違いは,主人公...
2. インクレディブル・ハルク  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年08月03日 21:38
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もちろん...
3. インクレディブル・ハルク  [ ともやの映画大好きっ! ]   2008年08月03日 23:16
(原題:THE INCREDIBLE HULK) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 2003年に公開された「ハルク」(原題:HULK)のリメイク作品。 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ・ロス(リヴ・タイラー)の父ロス将軍(ウィリアム・ハート...
4. 真・映画日記『インクレディブル・ハルク』  [ CHEAP THRILL ]   2008年08月04日 13:16
JUGEMテーマ:映画 8月1日(金)◆884日目◆ 先に映画を見た後のことを書く。 この日は「DOLL」他で活躍しているライターの大越よしはるさんのバースデーパーティー(飲み会)があった。 場所は新宿歌舞伎町の「魚民」。 魅惑のクニオ♂氏、宮沢純ちゃん他...
5. 映画 『インクレディブル・ハルク』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年08月04日 20:44
  ☆公式サイト☆怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描くヒーロー・アクション。2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版となる本作では、『トランスポーター』シリーズのルイ・レテリエが監督を務め、す...
6. インクレディブル・ハルク・・・・・評価額1400円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2008年08月05日 00:06
この夏のハリウッド映画はアメコミヒーローだらけで、バットマンに続いて、超人ハルクも帰ってきた。 「インクレディブル・ハルク」は、2003幮..
7. インクレディブル・ハルク  [ Memoirs_of_dai ]   2008年08月05日 01:16
大きくなってもズボンは破れず! 【Story】 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は5年前の放射能実験の失敗で、強大な力を備...
8. インクレディブル・ハルク/The Incredible Hulk  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年08月05日 09:06
「バットマン(ダークナイト)」に「アイアンマン」「ハンコック」にこの「ハルク」と、 夏から秋にかけてヒーローもの続々登場{/ee_3/} 全部揃えて戦わせたらどれがいちばん強いのかなー?なんて考えちゃった。 あ、「カンフー・パンダ」も一応ヒーローもの?(笑) 誰も...
9. インクレディブル・ハルク  [ Akira's VOICE ]   2008年08月05日 11:03
怒らせたらエライ事になります。  
10. インクレディブル ハルク☆★  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年08月05日 18:55
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒーロー...
11. 「インクレディブル・ハルク」  [ クマの巣 ]   2008年08月06日 08:49
「インクレディブル・ハルク」、観ました。 うん、結構楽しめました。 丁寧な作りで……でもアン・リー版「ハルク」とほぼ同じテーマで??.
12. インクレディブル・ハルク  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2008年08月06日 15:27
 アメリカ  アクション/SF/アドベンチャー  監督:ルイ・レテリエ  出演:エドワード・ノートン      リヴ・タイラー      ティム・ロス      ティム・ブレイク・ネルソン 【物語】  科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命....
13. 『インクレディブル ハルク』  [ 唐揚げ大好き! ]   2008年08月08日 05:16
  その「力」、ためらうな。   ■科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートル
14. 『インクレディブル・ハルク』  [ Sweet*Days** ]   2008年08月09日 00:23
監督:ルイ・レテリエ  CAST:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート 他 研究実験の事故で心拍数が上がると緑...
15. 「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー  [ はらやんの映画徒然草 ]   2008年08月10日 12:35
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一
16. 「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア  [ アートの片隅で ]   2008年08月10日 18:14
「インクレディブル・ハルク」のジャパンプレミアで東京国際フォーラムに行って来ました。 当初はキャストの登場を予定していたのだが、来日が1週間遅れてしまった為、吹き替えを担当した水嶋ヒロのみの登場となりました。 知人から彼が登場するという話を聞いていたので...
17. ハルクは激怒した ルイ・レテリエ 『インクレディブル・ハルク』  [ SGA屋物語紹介所 ]   2008年08月13日 07:53
それは、いつ生まれたのか誰も知らない・・・ 暗い、音の無い世界で、一つの細胞が分
18. インクレディブル・ハルク  [ miko's blog ]   2008年08月15日 12:49
<あらすじ> 研究実験の事故で心拍数が上がると緑色のモンスター“ハルク”に変身してしまう、科学者のブルース。彼はその体質の軍事利...
19. インクレディブル・ハルク 評価:★★★★  [ 20XX年問題 ]   2008年08月15日 14:12
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
20. インクレディブル・ハルク  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2008年08月16日 01:45
終りそうなのであわてて観てきました。 <有楽町スバル座> 監督:ルイ・レテリエ 原作:ジャック・カービー スタン・リー 脚本:ザック・ペン 科学者ブルース・バナーは、自分の体で行なった放射線抵抗の研究実験が失敗し、多量のガンマ線を浴びてしまった。その途端...
21. インクレディブル・ハルク  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年08月16日 15:23
【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。
22. 怒れる緑の巨人  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年08月25日 01:24
220「インクレディブル・ハルク」(アメリカ)  科学者のブルース・バナーは研究中の事故で多量のガンマ線を人体に浴び、怒りを感じて心拍数が200を越えると巨大な緑のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。以来彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ...
23. 【2008-186】インクレディブル・ハルク  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年08月30日 02:11
3 人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
24. インクレディブル・ハルク−(映画:2008年49本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年09月07日 21:13
監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート 評価:81点 公式サイト この前に見た「ハンコック」も、この「ハルク」も、人間ではない何かが暴れまくる....
25. 『インクレディブル・ハルク』 2008年67本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2008年09月12日 23:13
3 『インクレディブル・ハルク』 2008年67本目 8/11(月) 仙台コロナ アメコミのマーブルコミックのヒーロー、ハルクがまたスクリーンに戻ってきました。 ですが、どう云う訳か前作とは別物です。 大人の事情でしょうか? ストリーはざっとこんな感じ。 *********...
26. エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆  [ honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 ]   2008年09月13日 06:36
4 前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけど....

この記事へのコメント

1. Posted by caramel   2008年08月03日 20:47
こんにちは。
“ハルクスマッシュ”…ありましたね(笑)
「えー!!?」って思いました。

これはこれで面白かったですが、
「ダークナイト」を観た後ではたしかに印象薄くなりますね;
でもどちらも好きです。
2. Posted by なな   2008年08月03日 21:37
こんばんは 睦月さん
ダークナイト,まだ未見です。
ある意味,こっちを先に観た方が正解でしたね・・・(爆)
これはこれで,楽しく観れましたよ〜
前作のハルクに比べたら,すっかりハリウッドカラーに染め直されていましたね。
ノートン好き,というか尊敬しているので
彼の悩めるヒーローぶりには萌えました。
3. Posted by なな   2008年08月03日 21:39
あ,それと,今確認したら
何とTBが成功しているではありませんか!(感涙)
ライブドアさんに送れたなんて,何か月ぶりだろ〜。
めっちゃ嬉しいです。
4. Posted by caramel様へ   2008年08月03日 23:14
■caramel様へ
コメントありがとうございます!

≫“ハルクスマッシュ”…ありましたね(笑)
「えー!!?」って思いました。

でしょう!?
だって、それまで一言も言葉を発しなかったハルクが、あの技を繰り出すときだけいきなり「ハルクスマーッシュ!!」って言ったんですよ!!もう大笑いするしかなかったもん(爆笑)。

≫これはこれで面白かったですが、
「ダークナイト」を観た後ではたしかに印象薄くなりますね;
でもどちらも好きです。

ハルクはお子様でも楽しめる娯楽大作って感じで気軽に楽しめるし、ダークナイトは大人が観るヒーローものって感じでシリアスでカッコイイ。
それぞれの魅力がちゃんとあって、私もどちらも好きです♪
5. Posted by なな様へ   2008年08月03日 23:20
■なな様へ
コメントありがとうございます。

≫ある意味,こっちを先に観た方が正解でしたね・・・(爆)

そうそう。私もそう思った。
先にこの作品観ておいてよかった〜って(苦笑)。ダークナイトの後じゃ、どんな映画も薄れます・・・これ、確実です(汗)。

≫これはこれで,楽しく観れましたよ〜
前作のハルクに比べたら,すっかりハリウッドカラーに染め直されていましたね。

スタンダードなアメコミ映画って感じで、普通に楽しめました。家族で夏休み映画として観に行っても良さそうな感じ♪
それにしても最後のハルクとヘンな怪物の戦いは凄かったー!迫力満点!!ってか、あのヘンな怪物が気色悪かったわ〜(苦)。

≫ノートン好き,というか尊敬しているので
彼の悩めるヒーローぶりには萌えました。

ノートンはステキですよね。本当にいい役者さんだなあって思います。
でも残念だったのは、ハルクに変身しちゃうと、彼の出番がなくなるんですよね・・・もっとノートンを観たかったので、そのあたりが少し物足りなかったかも。

あと、TBの方もありがとうございました。
こちらからのTBも貼れてないことが多いみたい。ごめんなさい(涙)。
でも、今後ともよろしくお願いいたします!
6. Posted by ともや   2008年08月04日 01:26
こんばんは、睦月さん♪
リメイク版「ハルク」は向こうで大ヒット(興行収入1億ドル突破)したので、続編作られるでしょうね〜。
この後も「アイアンマン」とか、「ヘルボーイ」の続編とか「パニッシャー」の3度目のリメイクとか、まだまだアメコミ映画が花盛りなんで、楽しみですね〜!
(個人的には「スポーン」をちゃんとリメイクしてほしいんですけどね)
7. Posted by k子   2008年08月04日 04:09
初めまして。コメントは初めてさせて
頂きます。
ハルク、観られたのですね〜。
私も早く観に行きたい!
続編ですが・・・アメコミファンの友人に聞いたところ、次回はアイアンマン達とチームを組んで戦う作品になるみたいです。
なので最後にアイアンマンの主役が出てきているはず。(アメリカではアイアンマンの公開の方が先なので、アイアンマン→ハルクとつながる作りになっているそうです。でも話そのものがつながっている訳ではないそうですので大丈夫だと思いますが。)
では、また書き込みしていいですか?
頑張ってください!レビュー、楽しみにしています。
8. Posted by ともや様へ   2008年08月04日 11:39
■ともや様へ
コメントありがとうございます。

≫リメイク版「ハルク」は向こうで大ヒット(興行収入1億ドル突破)したので、続編作られるでしょうね〜。

あー。やっぱり続編ありが濃厚ですか。

≫この後も「アイアンマン」とか、「ヘルボーイ」の続編とか「パニッシャー」の3度目のリメイクとか、まだまだアメコミ映画が花盛りなんで、楽しみですね〜!
(個人的には「スポーン」をちゃんとリメイクしてほしいんですけどね)

アメコミ花盛りかあ〜。
邦画もそうだけれど、アニメ界におんぶに抱っこな傾向にありますね、今のハリウッドは。

ってか私・・・・
スポーンとペプシマンの区別がつかなくて、思い悩んだ時期がありました(苦)。
9. Posted by k子様へ   2008年08月04日 11:45
■k子様へ
初めまして!ようこそいらっしゃいましたー!コメントありがとうございます。

≫続編ですが・・・アメコミファンの友人に聞いたところ、次回はアイアンマン達とチームを組んで戦う作品になるみたいです。

へええ!そうなんですねー!
続編情報ありがとうございます!

たしかに本作には、『アイアンマン』主演のロバート・ダウニー・Jrがカメオ出演していたようですが・・・私ね、ぶっちゃけ、ロバート・ダウニーって俳優さんに興味がなさ過ぎて、顔すらもよく知らないんです。だから、カメオ出演、気づかなかった(汗)

でもk子さんから情報をいただけてとっても参考になりました。
ぜひ『アイアンマン』も観ねば!ってか、ロバート・ダウニーの顔を覚えねば・・・(苦笑)。

≫では、また書き込みしていいですか?

もちろんです!
いつでも私のこの薄い胸に飛び込んで・・・いやいや、いつでもどの記事でもお待ちしてます!もっとたくさんお話させてもらえたら嬉しいです♪

≫頑張ってください!レビュー、楽しみにしています。

応援、とても励みになります!こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いしますね!!
10. Posted by きらら   2008年08月04日 20:20
わははー☆
最後のハルクの写真笑っちゃった☆似てるかなー?イマイチつかめないけど、ハルクってば髪型変だよね。。。
ティムロスがまさかあんなことなるとは思いませんで、ビックリー!キレキャラぴったりですよねん☆

そうそうー、テアトル池袋ってどうでした?
最初、1日に観にいく予定だったんだけど板橋ワーナーは吹替えだし、テアトル池袋はなんだかなーってかなり悩んでいたのデシタ。

映画は、、、うむむ。私にはイマイチだったかも。。。デシタ。
11. Posted by ノラネコ   2008年08月05日 00:08
「ハプニング」の不幸が「ミスト」の後だった様に、この映画の不幸は「ダークナイト」と同時だった事でしょうか。
どうしても比べちゃいますからね。
まあ普通に面白かったですけど、結局前作とやってることは同じだったりするし、今ひとつ抜け出せなかったですね。
12. Posted by きらら様へ   2008年08月05日 14:44
■きらら様へ
コメントありがとうございます。

≫最後のハルクの写真笑っちゃった☆似てるかなー?イマイチつかめないけど、ハルクってば髪型変だよね。。。

え・・・?似てない?
似てないかぁ・・・(涙)。私、これ観ている最中ずっと、ハルクが織田さんにしか見えなくて大変でしたよ(苦)。「がおおお!」じゃなくて「キタアアアア!!」って雄叫びを上げそうな気ばっかりしました(笑)。
でも基本的に、ハルクってカッコよくはないですね(苦)。でも前作『ハルク』よりはまだましになったような気がするけれど・・・・。

≫ティムロスがまさかあんなことなるとは思いませんで、ビックリー!

あれ、何だったの?やたら気色悪かったんだけどー!!
あんな怪物にならんでもいいから、素のままのティムと素のままのノートンで戦って欲しかったなあ(笑)。

> そうそうー、テアトル池袋ってどうでした?

私、『山のあなた 徳一の恋』もテアトルで観たんですよ。
古いですね・・・すごく。んで、整理券制なので混みそうなときはオススメしないし、音響やスクリーンもいたって普通レベルなので、出来ることならシネコンとか他のキレイな劇場を選ぶことをオススメしますわ。

私、基本的にあまり池袋の劇場は好きじゃないんだなあ・・・。
でも最近、都合上行く機会が多くなってます・・・(苦)

≫映画は、、、うむむ。私にはイマイチだったかも。。。デシタ。

私も『ダークナイト』のあとに記事を書き始めちゃったので、すっかり印象が薄れちゃった(苦)。すでにもうよく覚えてない・・・(涙)

13. Posted by ノラネコ様へ   2008年08月05日 15:12
■ノラネコ様へ
コメントありがとうございます。

≫「ハプニング」の不幸が「ミスト」の後だった様に、この映画の不幸は「ダークナイト」と同時だった事でしょうか。

まさにその通りでしょう。
いくら先行上映だったとはいえ、『ハルク』の初日動員をはるかに越えたでしょうから(苦)。しかも同じアメコミものでぶつかるともなれば、なかなか『ダークナイト』には適うはずもなく・・・。
『ハプニング』も『ミスト』がなければ、もう少し評判も違っていたかもしれません。

≫まあ普通に面白かったですけど、結局前作とやってることは同じだったりするし、今ひとつ抜け出せなかったですね。

そうなのよねえ〜・・・。
ノーランがやってみせたくらいの“変化”がないと、同じ原作ものは結局同じようにしかならないですよ、残念ながら。もう少し、何かこう突き抜けるようなチャレンジとチェンジが欲しかったなあ・・・。
14. Posted by SGA屋伍一   2008年08月13日 07:51
連日すいません

もしハルクが織田裕○だったら

「事件は研究室で起きてるんじゃない! 工場で起きてんだ!」

「カンチー!」「リブー!」

・・・失礼しました(- -;)


ティム・ロスといったらわたしは『海の上のピアニスト』ですかね。というか、それ以外知らない(笑) 今調べてみたんですけど、バートン版『猿の惑星』にも出てたんですね。猿の役だったので全然わかりませんでした

他の方もコメントされてますが、次は「ヒーロー軍団夢の共演!」的なものになるんじゃないかと。でもそしたらたぶんノートンは出ないだろうなあ。その場合はハルクはずっと変身しっぱなしにさせときゃいいでしょうか

『ダークナイト』は確かにすごいです。でも時々はハルクのことも思い出してあげてください(ToT)
15. Posted by SGA屋伍一様へ   2008年08月13日 17:16
■SGA屋伍一様へ
コメントありがとうございます。

≫もしハルクが織田裕○だったら
>
> 「事件は研究室で起きてるんじゃない! 工場で起きてんだ!」
>
> 「カンチー!」「リブー!」
>
> ・・・失礼しました(- -;)

いえいえ。
私、SGA屋さんの妄想小劇場、密かに大ファンなので嬉しいです。
いつか、SGA屋さんの妄想小劇場を一つの脚本にして、芝居か映画をつくりましょう。

≫今調べてみたんですけど、バートン版『猿の惑星』にも出てたんですね。猿の役だったので全然わかりませんでした

そうそう。
一番凶暴でフットワークのいい敵サルでした。
特殊メイクでしたけれど、サル走りがナイスで、少しだけティム・ロスな面影もありましたよ(爆笑)

≫その場合はハルクはずっと変身しっぱなしにさせときゃいいでしょうか

ずっと怒りっぱなしってことですか?・・・ひゃあ、しんどいねえ(苦)

≫ 『ダークナイト』は確かにすごいです。でも時々はハルクのことも思い出してあげてください(ToT)

SGA屋さんがいてくれるかぎり、忘れません。
てか、SGA屋さんこそ、ハルクのこと忘れちゃダメよ。
「やっぱりジョーカーに萌えちゃった♪」ってのは反則です(笑)

16. Posted by ジジョ   2008年08月15日 04:08
>ハルクが『織田裕○+山本○弘さん÷2』に見えて仕方なかった
あはは!!似てる!確かにそっくりです!!
すごい笑わせていただきました☆
17. Posted by ジジョ様へ   2008年08月15日 13:05
■ジジョ様へ
コメントありがとうございます。
ジショさん、お久しぶりでございました!

≫ハルクが『織田裕○+山本○弘さん÷2』に見えて仕方なかった
あはは!!似てる!確かにそっくりです!!

ああああ・・・このポイントに共感してくださる方がいらっしゃってすごく嬉しいっす(涙)。やっぱり似てますよね!?個人的にはすごく似てるなあって思いながら観てたんですけどね(笑)
18. Posted by kenko   2008年08月27日 18:16
こんにちは♪

あとからダークナイトを観てしまってハルクの印象がぶっ飛んでしまう・・・当然だと思います。
私は先にダークナイトを観ていたので、
観る前から「あの大傑作とだけは比べちゃいけねぇ!!」と自分に言い聞かせながら観ました。
あまり期待していなかったのもあって、
これはこれでかなり楽しめました♪

そうそう、キングコングでしたよねぇ〜
ロケーションまでそっくりで。
違ったのはリブタイラーがおどけたダンスでハルクの機嫌をとったりとかしなかったことぐらい。

アンリー監督のハルクは、どんな顔してたかもう全然思い出せないんですけど、
今回のハルクはなかなか表情豊かだったし、時々かわいかったです。
織田祐二に似てたかも(笑)
19. Posted by kenko様へ   2008年08月28日 11:58
■kenko様へ
コメントありがとうございます。

≫あとからダークナイトを観てしまってハルクの印象がぶっ飛んでしまう・・・当然だと思います。

ウハハハ。

≫観る前から「あの大傑作とだけは比べちゃいけねぇ!!」と自分に言い聞かせながら観ました。

そうそう。それが一番ですね。
もう最近はダークナイト以外の映画、何観てもなんだか物足りない(苦)。
ダークナイト症候群ですよ、ホント(涙)

≫そうそう、キングコングでしたよねぇ〜
ロケーションまでそっくりで。

でしょう!?似てますよね?

≫違ったのはリブタイラーがおどけたダンスでハルクの機嫌をとったりとかしなかったことぐらい。

ブハハハ!!
おどけはしませんでしたが、心変わりは早かったですねえ(苦笑)。今の彼氏、前の彼氏の出現であんな簡単に捨てるのかいっ!?ってびっくりしました。

≫今回のハルクはなかなか表情豊かだったし、時々かわいかったです。

そうそう!今回のハルクって表情豊かでしたよねー!
なにげにため息とかつくんですよね♪あれがすっごく愛くるしかったー!!

≫織田祐二に似てたかも(笑)

これに関しては、ほとんどの人が賛同してくれません(涙)。
私なんか最近、月9をみるたびに「ハルクだー!」って思ってしまうほどなのに(苦笑)
20. Posted by 健太郎   2008年09月12日 23:01
4 こんばんは。遅くなりましたが観てました。
この前の『ハルク』は無い事になっているのでしょうか?
気になりましたが、最後にはどうでもよくなりました。
感情を抑える事と愛する人を守る為に闘う。
その狭間の葛藤。でいのでしょうか?
ハルクに変身して暴れるのは確かに物騒だし危険だ。
だけれど、闘わねばならない時がある。
そう感じました。
にしても、米軍の秘密研究は物騒なもんばかりですね。
ラストシーンがどう繋がるのか今から楽しみです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔