2008年11月11日

彼が二度愛したS

 彼が二度愛したS

【映画的カリスマス指数】★★☆☆☆

 私が二度と観ないS(サスペンス)

 

監督:マイケル・ランゲネッガー
出演:ヒュー・ジャックマン,ユアン・マクレガー,ミシェル・ウィリアムズ,シャーロット・ランブリング,マギーQ
製作年・国:2007/米
鑑賞日:2008/11/10:新宿バルト9
系統:サスペンス
配給:ショウゲート
翻訳:岡田壮平

ストーリー:ニューヨークの孤独でサエない会計士ジョナサンは、イケメン弁護士ワイアットと出会ったことで、身分の高い人々のためだけに存在する会員制秘密クラブにのめりこむようになる。そんなある日、彼はミステリアスな美女Sに出会い、恋に落ちるのだが・・・・。


評:本作で映画監督デビューとなるマイケル・ランゲネッガー監督の作品。


うーん。
それにしても、最近は本当にヘンテコな邦題がついた洋画が多すぎるね。
そして、明らかに本編とは意図の異なる宣伝の仕方にもチャンチャラ笑える。

宣伝なんてものは、いかに人の期待をあおって劇場に足を運ばせるか?ってことが大事なんだろうけれど・・・・あんまりやりすぎると相当哀れだぞ(苦笑)。

      本作の原題は『Deception』=だますこと、ウソ、ごまかし。

おいおい、この映画の宣伝自体がDeceptionだろう・・・・って思ったらなんだか笑えてきた(呆)。


なにやら会員制秘密クラブが関わるエロティックサスペンスってことで、PG-12がついている本作品。
たしかにお子様にはちょっと刺激の強いシーンはあるものの、PG-12程度ならいっそのことレイティングなぞいらないだろう・・・ってな程度のエロ度。要するに、エロティックサスペンスというにはかなり物足りない内容なのであった。


   個人的には、『アイズ・ワイド・シャット』のような世界を期待していたのだ。

邦題も意味不明に謎めいているし、予告編もまるでミステリアス。
ヒュー・ジャックマン、ユアン・マクレガー、ミシェル・ウィリアムズという3人のスターたちが、一体どんなエロの競演を見せてくれるのか?と勝手に興奮しまくりであった(苦笑)。

   しかし・・・・フタを開けてみれば、なんら平凡なサスペンス映画ではないか。


ぶっちゃけ、冒頭20分で私はヒュー・ジャックマン扮するワイアットの秘密が分かってしまったし、ミシェル・ウィリアムズ扮するSが登場した瞬間に「あれとあれはあれだな・・・」ということも分かってしまった。

そして極めつけ。

       ラストに至っては、ものの見事に私の予想が全て的中してしまい、
       なんら驚きのないままに映画を観終えてしまったのである(苦)。



別に映画として、決して悪い出来ではないし。
物語も、サスペンスとしてはキチンと成り立っている。

      決して駄作ではないが・・・しかし、特記するほどの面白さもない。


結局、今までにいくつものサスペンス映画が撮られてきて、その中でやり尽くされているネタをそのまんま引用してしまっているのが残念なのである。

目新しさはなく、どんでん返しも容易に読めてしまう。
先が読めてしまうことで緊迫感は薄れてしまう。
緊迫感がないサスペンスなど、ちっとも面白くない・・・・・はい、グッバイ(涙)

そして、さらに最悪なのは、
『会員制秘密クラブ』の存在が物語の中でほとんど活かされてないってことだ(汗)。

ちょっとしたスパイスになっている程度で、旨みにもコクにもなっていやしない。


サスペンスとしてのカラクリが平凡ならば、せめて、『会員制秘密クラブ』をもっと活かすべきだろー。違うかなぁ?
なんなら、ユアンのマジモードベッドシーンでもいいし、ジャックマンの肉体美を活かしたエロシーンのテンコ盛りでも良かった。開き直って、ミシェルの全裸でも私は大喜びだ。

                  なのに、それすらもない。

             
            トニー・レオンとタン・ウェイを見習いなさいっ!!



退屈はしないけれど、面白くもない映画だったなあ。
サスペンスとしても平凡、恋愛描写も底浅、エロ度も中途半端・・・・これといった特別な見どころも感じられず、私にはかなり物足りない感じではあった。

サスペンス映画をよく観る人にはあまりオススメはできないけれど(たぶん、すぐに先が読めてしまうから)、サスペンス慣れしていない人なら十分に楽しめる1作なんじゃないでしょうか(←責任はもてません。)


ミシェル・ウィリアムズが、今までとは違う表情とキャラクターを演じていて、なかなかステキだった。ガッチリ引きまくりのアイラインと、ポッテリとした赤い唇がとっても官能的。

ユアン・マクレガーは、メガネをかけてないほうが好きです(苦笑)。

ヒュー・ジャックマンには、いつかギューされたい(照)。


clockworkorenge at 17:21│Comments(30)TrackBack(18)clip!映画論 か行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 彼が二度愛したS  [ 悠雅的生活 ]   2008年11月11日 20:48
 孤独な会計士。彼が愛した女、“S”
2. 「彼が二度愛したS(DECEPTION)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年11月11日 21:54
お気に入り俳優のユアン・マクレガーとヒュー・ジャックマンが共演しているサスペンスって事で見てきました。「彼が二度愛したS
3. 彼が2度愛したS  [ ★ Shaberiba ★ ]   2008年11月12日 00:25
愛と金と欲望が渦まくニューヨーク。この騙しあいに勝つのは誰だ?  官能的なラブ&サスペンス〜!?
4. 彼が二度愛したS  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年11月12日 08:42
 『選ばれたエグゼクティブだけが集う秘密クラブ。 導くのはエリート弁護士、ハマったのは孤独な男。 待っていたのは運命の女と、罠―。』  コチラの「彼が二度愛したS」は、11/8公開となるPG-12指定のサスペンスなのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪PG-12指...
5. 彼が二度愛したS  [ ジジョの五感 ]   2008年11月12日 11:08
「選ばれたエグゼクティブだけが集う秘密クラブ。  導くのはエリート弁護士、ハマったのは孤独な男。  待っていたのは運命の女と罠…。」 N.Yを舞台にした、ちょっと大人なラブ・サスペンス。 仕事ができて、高級な服を着て、キレイなホテルでお酒を飲んで… しかもN.Y...
6. ●彼が二度愛したS(DECEPTION)  [ コブタの視線   ]   2008年11月12日 22:11
コチラの作品、レッドクリフのついでに観に行ったのですが、ネットで予約! しかし劇場に行ってみると何故かチケットが発券されない、、 ...
7. 彼が二度愛したS/Deception  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年11月13日 09:36
ヒュー・ジャックマンが立ち上げた制作会社の、第一回作品{/hikari_pink/} 合い言葉は「Are you free Tonight?」 来月、日本公開。 原題[Deception]は誤摩化し、詐欺を意味する。 それで映画の中身がバレるようなものだけど この007シリーズみたいな邦題、観たら結構...
8. 彼が二度愛したS  [ スワロが映画を見た ]   2008年11月13日 17:03
原題:DECEPTION 製作年度:2008年 製作国: 上映時間: 監督:マーセル・ランゲネッガー 原作:―― 脚本:マーク・ボンバック 出演:ユア??.
9. 彼が二度愛したS  [ C'est Joli ]   2008年11月13日 23:16
2 彼が二度愛したS’08:米 ◆原題:DECEPTION ◆監督:マーセル・ランゲネッガー◆出演:ヒュー・ジャックマン、ユアン・マクレガー、ミシェル・ウィリアムズ、シャーロット・ランブリング、マギーQ ◆STORY◆ニューヨークのオフィスの片隅で、ひとり黙々と仕事をこなす会....
10. 【彼が二度愛したS】  [ 日々のつぶやき ]   2008年11月15日 12:47
監督:マーセル・ランジェネッガー 出演:ヒュー・ジャックマン、ユアン・マクレガー、ミシェル・ウィリアムズ、マギーQ 「ニューヨークで会計士の仕事をしているジョナサン・マコーリーはとても孤独だった。ある日顧問先の法律事務所で出会った弁護士のワイアット
11. 彼が二度愛したS  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年11月17日 11:38
さて、簡単にサクサクっと感想を、、、あれれ?デジャブ・汗【story】NYの孤独な会計士ジョナサン(ユアン・マクレガー)は、ある日弁護士のワイアット(ヒュー・ジャックマン)と出会い、NYエグゼクティブのためだけに存在する会員制秘密クラブのことを知る。電話で、「Are ...
12. 彼が二度愛したS  [ ともやの映画大好きっ! ]   2008年11月18日 08:08
(原題:DECEPTION) 【2007年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 真面目な会計士が罠にはめられ、とんでもない犯罪に巻き込まれて行く様を描いたサスペンス映画。 ヒュー・ジャックマンが立ち上げた映画制作会社「シード・プロダクションズ」の第一回制作作品。 ニュー...
13. 彼が二度愛したS  [ You got a movie ]   2008年11月22日 23:48
監督   マイケル・ランゲネッガー キャスト ユアン・マクレガー      ヒュー・ジャックマン      ミシェル・ウイリアムズ      シャーロット・ラングリング      マギーQ  大人の映画でエロチックなサスヘンスとしてなかなか面白い映画。実際に...
14. 彼が二度愛したS 2006-63  [ 観たよ〜ん〜 ]   2008年11月23日 08:26
「彼が二度愛したS」を観てきました〜♪ ニューヨークのオフィスで仕事をこなすジョナサン・マコーリー(ユアン・マクレガー)は、孤独で退屈な日々を過ごしていた。弁護士のワイアット・ボーズ(ヒュー・ジャックマン)と知り合い、オフタイムを一緒に過ごすようになる...
15. 「彼が二度愛したS」  [ クマの巣 ]   2008年11月23日 09:58
「彼が二度愛したS」、観てました。 ヒュー・ジャックマン&ユアン・マクレガー主演のサスペンス。まじめで退屈な日々を送る会計士が、??..
16. 彼が二度愛したS−(映画:2008年62本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年11月25日 23:35
監督:マーセル・ランゲネッガー 出演:ヒュー・ジャックマン、ユアン・マクレガー、ミシェル・ウィリアムズ、リサ・ゲイ・ハミルトン、マギー・Q 評価:78点 なんだか昔懐かしいきっちりとしたサスペンス映画という感じだ。 真面目だけがとりえのような会計士が...
17. 彼が二度愛したS 原題:Deception  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年11月29日 10:39
 愛と欲望が渦巻くニューヨーク。 この騙しあいに勝つのは誰だ? 11月18日、MOVX京都にて鑑賞。ダサいユアン・マクレガーと何か超悪そうなヒュー・ジャックマン。ユアンがこんなキャラで登場するなんて、ちょっと珍しい?それに対して、ヒュー・ジャックマン、もう腹...
18. 『彼が二度愛したS』@スバル座  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年11月30日 22:34
NYの孤独な会計士ジョナサンは、ある日弁護士のワイアットと出会い、人生が一変する。NYエグゼクティブのためだけに存在する秘密クラブ。そこで彼は美しく優雅な女たちとの一夜限りの情事にハマっていく。名前が“S”から始まることしか知らない、ミステリアスな彼女に出会う

この記事へのコメント

1. Posted by じょん   2008年11月11日 17:47
睦月さんこんばんは☆

今週の土曜日の仕事帰りに観に行こうと計画を立てていたのですが、先ほど映画館のスケジュールを見てビックリ!!
15日の土曜日からもう既に1日2本になっているじゃーあ〜りませんか!!
早っ!
てか行ける時間が無い(@Å@;
どうしよう…と慌てふためいていたのですが、何だかあまり期待できなさそうな感じですね。
だから早くから本数減っちゃってるのかなぁ?

私もかなり予告編のミステリアス度にワクワクしてたのですが…。
うーん。
とくダネ!の小倉さんも終わり方がね〜みたいなこと言っていたので、その時点で『この作品どうなんだろう?』とは思っていたのですが、やっぱりなのですね!!

ん〜どうしよう。
色んな意味で(*_*)
2. Posted by 悠雅   2008年11月11日 21:00
睦月さん、こんばんは。
わたしね、これをしっかり楽しんで観たのですよ。
サスペンスを観ないわけじゃないし、
伏線とも呼べない暗示だらけで、すっかり先も読めてしまったのに、
どうしたもんだか、ユアンにすっかり肩入れしてしまって、
彼が傷つかないでほしい、なんてこと祈りながら
終始、切ない気持ちで観てしまったの(意味不明)
なので、ラストはあれでOK,と思ったうえに
自分ちではすっかりオススメしてしまった…

わたし、ユアンに惚れちまったんだろうか、と
(それって、『追伸、愛してる』空振りの反動で、
 別の蘇格蘭男へ無意識に心変わり?)
結構マジに考えてた、今日この頃の悠雅なのでした・・・
3. Posted by くまんちゅう   2008年11月11日 21:54
睦月さん、こんばんは

普通でしたね・・
>退屈はしないけれど、面白くもない映画だったなあ。
これほど皆の意見が一致している作品も
珍しい。
4. Posted by ばちろう   2008年11月11日 22:52
>ヒュー・ジャックマンには、いつかギューされたい(照)<

きゃーここにだけ反応するエロな私…

彼の肉体は素敵〜♪お姫様抱っことかしてほしいよー
ジョニーにはない体でもジョニーには似合わない(爆)もしジョニーがそんな体だったら
ちょっちひくかも…

あぁぁぁ!ミシェル・ウィリアムズといえば…過剰反応してしまうよー(汗)
5. Posted by WAKA   2008年11月11日 23:33
私、土曜日初日に観に行ってしまいましたよ〜(汗;

睦月さん、こんばんは♪お久ぶりだす。

レッドクリフと迷ったんですがやっぱどうせなら公開初日に観たいですものね映画は。

最近全く映画館へ足を運んでなくて、忙しいのもあるんですが全然観たいと思う映画がこれといってなくてねぇ・・・

それでもへんてこな題名のエロ・サスペンス(爆)にちょっと踊らされて久々映画館へ足を運ぶ気になったのです。
が・・・極フツー、平凡でしたね、正直物足りなかったなぁ。。
因みに私も「あれとあれはあれだな・・・」って予想ついたくちです(笑)

でも本当、ラストコーション並の絡み欲しかったですね(ホホホ)

睦月さんの記事読んで知りましたけど
この作品デビュー作なんですね。
なので・・これから頑張れ〜ってとこですか?

》ヒュー・ジャックマンには、いつかギューされたい(照)。

確かに〜〜〜(^^)

6. Posted by にこ   2008年11月11日 23:54
先日久々に訪問させていただいたのですが、睦月さんの写真が変わっててビックリ!ちょっと優雅なお嬢さんで素敵です(絶賛)!
ちょっと伝えておきたかったので横道に逸れてしまいましたが、この作品、タイトルが私の好奇心にドンピシャで兼ねてから見たいと思っていたのですが・・・そうですかぁ・・・まぁなんとなく察しはついていたのですが・・・DVDまで待とうかな。
タイトルに敢えてイニシャルってのが昔からどうも惹かれてしまうんですよねー。サスペンス性を妙に煽られ、まんまとそれに乗っかりたくなってしまふのです。

ヒュー・ジャックマンの肉体美も露出が少ないとなれば、うん、やっぱDVDかな(笑)
7. Posted by くろねこ   2008年11月12日 00:34
こんばんは!
睦月様にしては手厳しい(笑)
しかし同感。マギーQ様に正体明かしてる時点でヒュー様。ダメですよね(笑)
でも私ラストの甘〜い展開読めませんでした!
えっと。これもとほほ・ですかね(笑)
8. Posted by miyu   2008年11月12日 08:44
サスペンスなんで目新しいものを期待してしまう
お気持ちは分かるのですが、
本作はあくまで古典を楽しむノリなんじゃないかなぁと
あたしなんかは思いましたよ。
だから、逆にサスペンスが好きで色んな作品、
特に昔のとかを観てきた人の方が楽しめるんじゃないかなぁ?
9. Posted by かつを   2008年11月12日 09:14
おはようございます。
俺も同感ですね。もう、容易に読めるようなシーンばかり。
マコーリーの一目惚れを前提に練った計画という時点でアホすぎる。

寒空の下出かけただけに怒りが・・・。
10. Posted by ジジョ   2008年11月12日 11:12
こんにちは☆
サスペンスもエロも全然でしたけど、
N.Yの怪しげな街と女性の下着は良かったと思います☆
N.Yに行ってあんなホテルに泊まりたい♪
個人的にはユアンのおでこのニキビが気になりましたw

11. Posted by じょん様へ   2008年11月12日 16:37
■じょん様へ
コメントありがとうございます。

≫15日の土曜日からもう既に1日2本になっているじゃーあ〜りませんか!!

えええ!?それはいくらなんでも早すぎますよねえ(苦)。一体なぜ!?

≫どうしよう…と慌てふためいていたのですが、何だかあまり期待できなさそうな感じですね。
だから早くから本数減っちゃってるのかなぁ?

うーん・・・・あくまでも私個人の感じ方なので何ともいえないけれど・・・。
私は面白くなかったんですよ、この映画(苦笑)。キャストは魅力的だし、ムードもミステリアスでステキだけれど、とにかくサスペンスとしてのカラクリがしょうもない(汗)。わざわざスクリーンで観る必要性はないような気はします。

あ、でも。
ユアンとかジャックマンのファンであれば結構楽しめるかも。ちなみに私はユアンがとても苦手なのです(涙)。

≫とくダネ!の小倉さんも終わり方がね〜みたいなこと言っていたので、

そうそう。結末もねえ〜かなり安直な感じで(苦)。ひねりもないし、驚きもなく、なんだかインパクトのないままサラ〜と終わってしまった感じでした。
でも、この作品、好きな人はとっても好きみたいです。こんなに低評価にしてしまった自分が申し訳ないほどにハマる方はいらっしゃるみたい。

≫ん〜どうしよう。
色んな意味で(*_*)

この作品の分は貯金しましょ、貯金。んで、DVDで観るのが一番っす♪
・・・・にょほっ★
12. Posted by 悠雅様へ   2008年11月12日 16:44
■悠雅様へ
コメントありがとうございます。

≫わたしね、これをしっかり楽しんで観たのですよ。

うわー・・・肩身が狭いですう〜(涙)。
ごめんなさーい。私はどうもいまひとつでございました・・・。

≫どうしたもんだか、ユアンにすっかり肩入れしてしまって、
彼が傷つかないでほしい、なんてこと祈りながら
終始、切ない気持ちで観てしまったの(意味不明)

そっかあ・・・。
実は私、ユアンがとっても苦手なんですわ(苦)。だからジャックマンばかりを観ていたんですけれど・・・彼の出番あまりなかったし(涙)。もうそのあたりですでにこの映画とは合わなかったのかも。

≫わたし、ユアンに惚れちまったんだろうか、と
(それって、『追伸、愛してる』空振りの反動で、
 別の蘇格蘭男へ無意識に心変わり?)
結構マジに考えてた、今日この頃の悠雅なのでした・・・

ウハハハ!!
『追伸、愛してる』って・・・(悶絶)。

あれ、ぶっちゃけ評判よろしくないようですよね。私、まだ観てなくてすっかり取り残されぎみなのですが・・・・そうか、悠雅さんでさえカラぶったかあ〜(苦)。まだ記事を読まないようにしていたのですが、もう開き直ってこれから読みにいかせていただきます(苦笑)。

そっか、ユアンも蘇格蘭男ですものね。
どうも彼の額にあるイボが気になって仕方ない私なのです。前は一つだったはずなのに、今回2つになってませんでした!?
13. Posted by くまんちゅう様へ   2008年11月12日 16:58
■くまんちゅう様へ
コメントありがとうございます。

≫普通でしたね・・

でしたよね・・・でしたよね?
私、珍しく低評価にしてしまったもんだから、ちょっと肩身狭い感じだったんですけれど、くまんちゅうさんに共感していただけるなら安心♪

≫これほど皆の意見が一致している作品も
珍しい。

ああ・・やっぱり似たような感想を持つ方が多いんですねえ。
宣伝がこれみよがしな感じだったので、どれだけすごいんだ!?と期待をあおられてしまったのが逆によくなかったかも。ハードル低めで観れば、もっと楽しめたかもしれないですね・・・
14. Posted by ばちろう様へ   2008年11月12日 17:05
■ばちろう様へ
コメントありがとうございます。
ばちろうさん、メールありがとうございました♪感激です!
お返事、ちょっと待っててくださいね・・・

≫きゃーここにだけ反応するエロな私…

さすがばちろうさん。カリスマ映画論常連なだけあって、ドエロっぷりが私に似てきています(笑)。

≫彼の肉体は素敵〜♪お姫様抱っことかしてほしいよー

そうそう!!
あのね、ヒューの『ニューヨークの恋人』が私とっても好きなんです!
あの作品のジャックマン、超ステキ★抱っこしてほしい!!抱っこ〜!!

≫ジョニーにはない体でもジョニーには似合わない(爆)もしジョニーがそんな体だったら
ちょっちひくかも…

分かるー!!
ジョニーが肉体派になっちゃったら、私もドン引きするもん(苦笑)。だって!あの綺麗で端正なお顔と全然合わない〜(笑)。ジョニーは中肉中背が一番です・・・イヤ、ちょっとヤツれ気味も大好物(笑)。

≫あぁぁぁ!ミシェル・ウィリアムズといえば…過剰反応してしまうよー(汗)

ヒースの元妻。
彼の遺伝子をこの世に残した女性ですもの。当然ですよね・・・。

『BBM』のミシェルはたいして魅力は感じなかったけれど、この作品の彼女はだいぶ印象が違って見えます。とっても綺麗で妖艶でしたわ〜。
15. Posted by WAKA様へ   2008年11月12日 17:21
■WAKA様へ
コメントありがとうございます。

≫私、土曜日初日に観に行ってしまいましたよ〜(汗;

あら!ずいぶん張り切っちゃった!?

≫レッドクリフと迷ったんですがやっぱどうせなら公開初日に観たいですものね映画は。

うん。
でも間違いなくレッドクリフの方が面白いよ〜(涙)

≫全然観たいと思う映画がこれといってなくてねぇ・・・

分かる分かる・・・。
私もね、これといって心惹かれる映画がないんですよー。2008年後半はちょいと不作気味かなあ。『ダークナイト』は特別だけど♪

≫が・・・極フツー、平凡でしたね、正直物足りなかったなぁ。。
因みに私も「あれとあれはあれだな・・・」って予想ついたくちです(笑)

うわああ!良かった〜。
WAKAさんも私の気持ちに共感してくれますか!?・・・あーあ、安心。
いつになく低評価をつけてしまったのでちょっと肩身狭かったんですけれど・・・WAKAさんも同じように感じてくれたなら胸を張れます♪

だって・・・何もかもがすぐに読めちゃうんだもん。予想を裏切ることもなく、意外性もなくそのまま終わっちゃったって感じで・・・なんだか本当に物足りませんでした(涙)。

≫でも本当、ラストコーション並の絡み欲しかったですね(ホホホ)

欲しい欲しい!!
グッチャグチャに絡んでほしかったー。したら少しは満足できたのに(笑)。

≫確かに〜〜〜(^^)

あ!WAKAさんもジャックマンにギューされたいクチ?
ウヘヘヘ・・・あの肉体は魅力的すぎますう〜。
16. Posted by にこ様へ   2008年11月12日 17:30
■にこ様へ
コメントありがとうございます。
にこさん、お久しぶりでしたねー!お元気にされてましたか?
またこうしてコメントくださって、本当に感謝しています♪

≫睦月さんの写真が変わっててビックリ!ちょっと優雅なお嬢さんで素敵です(絶賛)!

あら!なんと嬉しいお言葉!!
でもねえ・・・もう31チャイになっちゃったんですよ、私。
もうお嬢さんなんて・・・そんな風に呼ばれることもないんだろうなあ(涙)。
ちなみにこの写真、メキシコに旅行に行った時に撮ったんです。楽しかったなあ・・・。

≫・・そうですかぁ・・・まぁなんとなく察しはついていたのですが・・・DVDまで待とうかな。

いえいえ・・・所詮、私ごときの感じ方にすぎないので、こんな記事は無視しちゃってくださいな。とっても楽しめた方もいらっしゃるみたいですし、やっぱり受け手によって捉え方はさまざまだと思います。・・・・でもねえ、ぶっちゃけちゃうと・・・DVDで十分って感じかな(笑)。

≫タイトルに敢えてイニシャルってのが昔からどうも惹かれてしまうんですよねー。

ああ・・・なんとなく分かります。
必要以上に意味深でミステリアスな印象になりますもんね、イニシャルって。
そういう意味ではこの邦題も悪くはないかも♪考えた人、すごいわー。

≫ヒュー・ジャックマンの肉体美も露出が少ないとなれば、うん、やっぱDVDかな(笑)

ヒューの裸体、全く出てきません(大泣)!!

あ、でも。
ユアンのブリーフ姿は観れます・・・・。
17. Posted by くろねこ様へ   2008年11月12日 17:35
■くろねこ様へ
コメントありがとうございます。

≫睦月様にしては手厳しい(笑)

そうそう・・・そうなんですよ。
なぜかいつになく厳しい評価をくだしてしまった・・・・なぜだ!?
いや、でも実は2008年は結構厳しめでいこうって決めてたんです(苦笑)。だから、心を鬼にして・・・断腸の思いで・・・(←ホントか?)

≫しかし同感。マギーQ様に正体明かしてる時点でヒュー様。ダメですよね(笑)

そそそ!!
あんなに簡単にバレていいの!?って感じ(苦笑)。
しかも「テクニシャン」って言われてるし・・・一度、ヒュー様と試したい。ぜひっ!!

≫でも私ラストの甘〜い展開読めませんでした!
えっと。これもとほほ・ですかね(笑)

甘かったっすねえ〜(笑)。
私、ほとんどあんな風になることを予想してたので、「ぐえええ・・・」って悶絶しちゃいましたけど(苦)、それにしたって甘かったです。

ってか、結局Sって何だったのかしら?最後まで謎めき女でしたわー。
18. Posted by miyu様へ   2008年11月12日 17:50
■miyu様へ
コメントありがとうございます。

ごめんなさいねえ・・・私、この映画、ちっとも面白いと思いませんでした(苦)。キャストもムードもとってもいい感じではあったのですが、なんせ物語が安直すぎて。

≫本作はあくまで古典を楽しむノリなんじゃないかなぁと

そうかもしれませんね。
古典サスペンスという捉え方で観れば、また感じ方も違ってくるかも。
でも、そのまんまってのが私にはどうも物足りない。古典サスペンスのよさを醸し出しながらも、少しでもいいから何か新しい要素を取り入れて欲しかったんですわ。

≫だから、逆にサスペンスが好きで色んな作品、
特に昔のとかを観てきた人の方が楽しめるんじゃないかなぁ?

うーん。
人それぞれなんでしょうけどねえ。
サスペンスをたくさん見ているからこそ、こういった古典的なものがすんなり入ってくる人もいれば、サスペンスが好きだからこそ先が見える物語に物足りなさを感じる人もいるでしょうし・・・受け手によってさまざまって感じがいたします(汗)。
19. Posted by かつを様へ   2008年11月12日 17:53
■かつを様へ
コメントありがとうございます。

ああ!!かつをさんに共感いただけて嬉しいです(涙)。
低評価をつけただけにちょいと肩身が狭くて・・・(苦笑)。

≫俺も同感ですね。もう、容易に読めるようなシーンばかり。
マコーリーの一目惚れを前提に練った計画という時点でアホすぎる。

そうそう。
一目ぼれしなかったら、計画総崩れじゃん!って感じ。安直すぎます。
あとは、ワイアットを見る同僚や上司の目で、ヤツが偽者だってことはすぐわかっちゃうじゃん!なんでああいういらない演出をしちゃうんでしょうね(涙)

≫寒空の下出かけただけに怒りが・・・。

お気持ち、お察しいたします・・・(涙)
20. Posted by Yasu   2008年11月12日 20:17
え。
まだ見てへんけど、
めっちゃこの映画期待してたんですけど!笑

邦題、ほんと意味不明ですよねー。
すべての映画、原題のままでいい気がしません?

20歳童貞とかそのまま訳したり、
2度愛したSとかなんだか。。。

とりあえずこの映画はレンタルですましておこう、、笑
21. Posted by コブタです   2008年11月12日 22:10
コメントありがとうございました!!
睦月さんの感想が、私が感じた事と同じだっったのでその事が、この映画に関する事で一番の感動と喜びでしたー

この作品「彼が二度愛したS」なのか「二度彼が愛したS」なのかをついつ間違えて言ってしまうのですが、どっちでも構わない程意味のないタイトルと映画でしたよね(−−;

いろんな意味で中途半端すぎます!!

これだったら、まだ先日私が怒りまくっていた『ボンテージポイント』の方がまだ面白かったような気がします、、。

私も二度と見ないSになりそうです!!

22. Posted by いずむ   2008年11月12日 22:29
うわー。これ駄目でしたか(汗)
予告のミシェル・ウィリアムズが綺麗だったのでちょっぴり気になってたんですけどね〜。

てかこの前コレと『七夜待』とで迷って結局ハセキョーにしちゃいました。河瀬監督の映画は好きなほうです。わかりずらいですけど。

あぁ、たしかにラストコーションばりにやってくれたらそれだけで評価あがりそうですね!あの絡みは衝撃的すぎて口あんぐりしちゃいました(苦笑)

とりあえずSは残念ですがスルーのSで!(ちょい違う)
23. Posted by にこ   2008年11月13日 02:57
キャー私なんぞにお久しぶりと言っていただき秀樹感激です!!!
膨大な数のコメントがある中、早速お答えいただき恐縮です。

>>あ、でも。
ユアンのブリーフ姿は観れます・・・・。
思わず吹きました(笑)そっかブリーフ派か(笑)
昔の彼はよくいろんなとこでポロリしてましたよね。
確か彼のお父さんもその癖が・・・遺伝かな。


本当はそこまでお久しぶりじゃないんですよ。
映画を見終わるとほぼ毎回こちらに来て睦月さんの感想を確認するんです。
共感できるところが多く、また私では巧く言葉にすることができないところを「そうそう、そういうことなのよ!」と口に出さずにはいられない程、ピタッと来る評をつけてらっしゃることが多くて、自分の考えをある程度固めてから来ると映画を2度楽しめるような気がします。

しかしながら、私は主にDVDになってから作品を見るので、とーっくの昔にその映画の話題は終わってる事が多く、今更コメントしてもなぁと自粛する事がほとんどなんです。
でも、たまにどうしても言いたい事があってコメントしてますので、これからもヨロシクお願いしますね。

24. Posted by ジジョ様へ   2008年11月13日 10:12
■ジジョ様へ
コメントありがとうございます。

≫サスペンスもエロも全然でしたけど、
N.Yの怪しげな街と女性の下着は良かったと思います☆

ウヘヘヘ。
女性の下着・・・綺麗でしたねえ〜。
さすがに高級秘密クラブというだけあって、下着にお金をかけている女性ばかり登場しておりましたわ。せっかくだからミシェルの下着姿も観たかった・・・。

NYのムードも良かったですね。全体的に映像が暗めなのが気になったけれど、それも演出の一つかな〜。

≫個人的にはユアンのおでこのニキビが気になりましたw

そうそうそう!!!激しく同感!!
私、実はユアンってとっても苦手としている俳優の一人なんですが・・・(汗)。

あの額のイボ、前は一つだったのに、今回、二つに増えてませんでした!?
なんだかそればっかり気になっちゃって、映画どころじゃありませんでしたよ(苦笑)。
25. Posted by Yasu様へ   2008年11月14日 15:09
■Yasu様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫めっちゃこの映画期待してたんですけど!笑

ごめんなさーい(涙)。
私にとってはどうもイマイチの作品でございました。
別に退屈でもないし、駄作でもないし、キャストとかムードとか、いいところもたくさんある映画なんですが・・・・ダメだったの〜。退屈ではないけど、面白くもない(涙)

≫すべての映画、原題のままでいい気がしません?

そうそう。
私もそう思う。ただ、カタカナ表記だったり、英語読みだったりすると、映画の個性が伝わりにくいんでしょうね、きっと。だから邦題が必要なんだと思いますけど・・・でもヘンなタイトルつけるくらいなら、原題のままがよほどいいですよねー。

≫とりあえずこの映画はレンタルですましておこう、、笑

うんうん。
DVDで十分だと思います〜(苦笑)

26. Posted by コブタ様へ   2008年11月14日 15:15
■コブタ様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫睦月さんの感想が、私が感じた事と同じだっったのでその事が、この映画に関する事で一番の感動と喜びでしたー

いやあ〜こちらこそですよ!
コブタさんの記事読んで、私、ホントにしこたま救われましたからねえ(笑)。

≫この作品「彼が二度愛したS」なのか「二度彼が愛したS」なのか
≫どっちでも構わない程意味のないタイトルと映画でしたよね(−−;

そうそう・・・・。
なんでこんな覚えにくいタイトルつけるんでしょー。
しかも、話の本筋に全く合ってない!!最後の最後にやっと邦題の意味が理解できる程度で、ぶっちゃけほとんどどうでもいいタイトルですもんね(苦)。

≫これだったら、まだ先日私が怒りまくっていた『ボンテージポイント』の方がまだ面白かったような気がします、、。

でたー!!『ボンテージポイント』!!ウハハハハ!!!

≫私も二度と見ないSになりそうです!!

二度と観ないどころか、1ヶ月もすれば観たことすら忘れていそうですわ(汗)

27. Posted by いずむ様へ   2008年11月14日 15:26
■いずむ様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫うわー。これ駄目でしたか(汗)
予告のミシェル・ウィリアムズが綺麗だったのでちょっぴり気になってたんですけどね〜。

ごめんなさーい!
私、ダメでした、コレ。
別にね、退屈ではないの。最後までちゃんと観れる映画だし、ムードも悪くないの。
かといって、面白くもないのよー。たまにあるんですよね、こういう可もなく不可もなくって映画が。私、こういうはっきりしない映画ってすっごく苦手みたいです(苦)。

そうそう。
ミシェルはキレイでしたよ〜。とってもミステリアスでちょいエロな感じがたまりまへん(笑)。

≫てかこの前コレと『七夜待』とで迷って結局ハセキョーにしちゃいました。河瀬監督の映画は好きなほうです。わかりずらいですけど。

『七夜待』ご覧になったんですねー。
実は私、河瀬作品って観たことないんですわ。起伏もなく淡々としているのが彼女の作風でしょう?それを知ったらなんとなく苦手意識が出てきちゃって(苦)。でもいずむさんはそういうの結構お好きなのね。

ってか、河瀬監督がハセキョーを起用したってのがちょっと意外だったわ(笑)。

≫あの絡みは衝撃的すぎて口あんぐりしちゃいました(苦笑)

アハハハ。
ラスト,コーションは凄かったですもんね。映画としてもすごく良かったし、エロシーンもすごく良かった。見ごたえあったなあ〜。

≫とりあえずSは残念ですがスルーのSで!(ちょい違う)

ブハハハハ!!!ウマイ!

DVDになったら、彼女と一緒に観てみてくださいな♪
そんなにエロくないので、盛り上がりには欠けるかもしれないけれど・・・(汗)
28. Posted by にこ様へ   2008年11月14日 15:54
■にこ様へ
コメントありがとうございます。

≫秀樹感激です!!!

ウハハハ!!
ウケたー!!ヒデキカンゲキ!ウケたー!!

≫思わず吹きました(笑)そっかブリーフ派か(笑)

そうそう。
ブリーフ姿でちょっとだけ走り回ったりしてました。
男の下着姿って、なんだかみじめったらしくてあまり好きじゃない私(苦笑)

≫昔の彼はよくいろんなとこでポロリしてましたよね。

ポロリ大魔王のユアン(笑)。

≫映画を見終わるとほぼ毎回こちらに来て睦月さんの感想を確認するんです。

あ!ありがとうございます!嬉しいなあ〜ヒデキカンゲキ☆

≫共感できるところが多く、また私では巧く言葉にすることができないところを
≫ピタッと来る評をつけてらっしゃることが多くて、自分の考えをある程度固めてから来ると映画を2度楽しめるような気がします。

まあ・・・なんて嬉しいお言葉でしょう(感涙)。
私のヘタレな戯言を、ちゃんと読んでくださっているだなんて本当に嬉しいです。
ブログ記事をちゃんと読んでくれる読者って、そんなにいないんですよ、実際のところ(苦)。だからにこさんからのお言葉は本当に嬉しいです。・・・ああ!これからも頑張れるぞ!

≫とーっくの昔にその映画の話題は終わってる事が多く、今更コメントしてもなぁと自粛する事がほとんどなんです。

気になさらなくていいのに!
過去記事を検索するのは面倒かもしれないですが、ウチの記事はどの記事もいつでも旬!古いも新しいもなく、いろんなフィードバックをお待ちしておりますよ。なので、遠慮なく言いたいことは何でもカキコんでいってくださいな!!

にこさん、またぜひお話させてもらえたら嬉しいです。
映画以外のことでもなんでもいろいろ語りましょー!またいつでもお待ちしておりますよ♪
29. Posted by ともや   2008年11月18日 08:11
こんにちは、睦月さん♪
>私が二度と観ないS
(笑)
いや〜、ともやもユアンとヒューが出ていなかったら、絶対観なかったであろう映画でしたけどね。
物語は言うに及ばず…ですが、2人の絶妙な演技を観れただけで良かったです。
うんうん。
30. Posted by ともや様へ   2008年11月18日 17:33
■ともや様へ
コメントありがとうございます。

≫いや〜、ともやもユアンとヒューが出ていなかったら、絶対観なかったであろう映画でしたけどね。

ウハハハ、ホント〜?

だってこれ、第一に宣伝が騙し入ってますもんね(苦笑)。
キャストも魅力的で、映画のムードもなかなかステキなのに・・・この脚本はちょっと残念すぎました(涙)。

≫物語は言うに及ばず…ですが、2人の絶妙な演技を観れただけで良かったです。
うんうん。

個人的には、もっとジャックマンの活躍を拝見したかったんですけどねー。
メインはユアンでございましたわ・・・。

でもまあ・・・ユアンのブリーフ姿、そしてテクニシャン・ヒュー、この2つだけは収穫でございました(苦笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔