2008年12月21日

睦月さーん!今週は何観るの?(12月20日公開作品)



どうも。『カリスマ映画論』の睦月です。

少し遅ればせましたが、今週の『何観るの?』、イってみま〜す♪






≪12月20日公開作品一覧≫

・『地球が静止する日』(先行上映にて鑑賞済み)
・『赤い糸』
・『悪夢探偵2』
・『アナーキー』
・『アラビアのロレンス(完全版・ニュープリント版)』
・『永遠のこどもたち』
・『映画!たまごっち うちゅーいちハッピーな物語!?』
・『英国王給仕人に乾杯!』
・『空の境界 第六章・忘却録音』
・『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』
・『劇場版ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』
・『GOTH』
・『懺悔』
・『女バス』
・『セックス・ピストルズ 勝手にやったぜ!』
・『チェコ人形アニメの巨匠たち』
・『チェチェンへ アレクサンドラの旅』
・『トミカヒーロー レスキューフォース
 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!』
・『動物農場』
・『寝取られ男のラブ♂バカンス』
・『ノン子36歳(家事手伝い)』
・『反恋愛主義』
・『PARIS(パリ)』
・『ファニーゲームU.S.A.』
・『魔法遣いに大切なこと』
・『マルセイユの決着(おとしまえ)』
・『無ケーカクの命中男 ノックトアップ』
・『やさしい旋律』
・『40歳問題』
・『ラースと、その彼女』
・『ワールド・オブ・ライズ』
計31作品(尚、東京のみの上映となる作品も含まれます)


今週は、とてつもなく新作が多い!!
お正月休みに向けて、映画会社も一気にスパートですね〜。
この中に少なくとも観たい作品が6作品はあります(苦)。
年末年始をまたいで、ゆっくり観ていこうと思います。

今週ご紹介の作品は、ミニシアター系ばかりのこの3本!!


ファニーゲーム U.S.A生涯の不快映画ベスト5に入る1本

『ファニーゲーム U.S.A』

1997年に公開されたミヒャエル・ハネケ監督による『ファニーゲーム』を、ハネケ監督自身がセルフリメイクした映画。変わるのはキャストのみ。カットも編集も台詞もオリジナル版と全く同様に完全リメイク。ティム・ロス、ナオミ・ワッツなどの豪華キャストを迎え、あのおぞましい最狂不愉快映画が再来。

二度と観たくない映画ですが、リメイク版とのことなのでやっぱり観ておきます・・・・(苦)

********************************

ラースと、その彼女お人形さんが恋人です♪

『ラースと、その彼女』

アカデミー賞脚本賞候補にもなった奇想天外なヒューマン・ドラマ。
自分の家族に、自分の彼女としてお人形を紹介する男の物語(苦笑)。

前評判は上々みたいですね〜。楽しみに観に行きたいと思います♪

********************************

永遠のこどもたち恐怖と感動の物語

『永遠のこどもたち』

スペインとメキシコの合作。
パンズ・ラビリンス』のギエルモ・デル・トロが製作総指揮。これはかなり前から楽しみにしていた作品なので、出来るだけ早めに観に行きたいです。

ちなみに、デル・トロ監督の新作『ヘルボーイ2』は飛行機で観ました。奇妙なクリ―チャーが盛りだくさんで大変よい感じでしたよ♪日本公開が楽しみ★


※紹介作品のタイトルクリックで作品HPへと飛びます♪


≪東京名画座情報≫

ギンレイホール(飯田橋)■
『百万円と苦虫女』、『同窓会』

シネマヴェーラ(渋谷)■
『官能の帝国 ロマンポルノ再入門2 〜バトンは受け継がれる』

早稲田松竹(早稲田)■
雪の女王』、『チェブラーシカ』

新文芸坐(池袋)■
『香りたつフランス映画への誘い』

目黒シネマ(目黒)■
『アクロス・ザ・ユニバース』、『僕のミライへ逆回転』

浅草中映劇場(浅草)■
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』、『インベージョン』、『ロッキー・ザ・ファイナル』

下高井戸シネマ(下高井戸)
『12人の怒れる男』

シネマブルースタジオ(北千住)■
『野獣死すべし』、『ユリイカEUREKA』



2008年もいよいよ終盤。
しかし、それに逆行するように劇場鑑賞ペースがかなりダウンしております。

ブログの更新も怠りぎみです(苦)。だって疲れちゃってしんどいんですもの(汗)

まあ、無理しない程度に、残りわずか少しでもよい映画たちに出会えればいいなあと
思っています♪

ではみなさま、ごきげんよう



clockworkorenge at 00:00│clip!睦月の劇場鑑賞予定