2008年12月20日

ウォーリー

ウォーリー

【映画的カリスマ指数】★★★★☆

 キミの真っ白なその手に、700年越しの夢を見る

 

監督:アンドリュー・スタントン
声の出演:エリッサ・ナイト,ジェフ・ガーリン,フレッド・ウィラード,キャシー・ナジミー,シガニー・ウィーバー
製作年・国:2008/米
鑑賞日:2008/12/17:池袋シネマサンシャイン
系統:アニメ
配給:ディズニーピクサー
翻訳:佐藤恵子

ストーリー:ゴミ屋敷と化した地球から、人間が宇宙へと脱出してから700年。
その間、孤独にひたすらスクラップ作りに励む毎日の中で、奇跡的に“感情”が生まれたお掃除ロボット・ウォーリー。そんなある日、地球に大きな宇宙船がやってくる。そこから出てきたのはピカピカのハイテク探査ロボットのイヴ。ウォーリーは、一目でイヴに恋をするが、やがてイヴは宇宙船に連れ去られてしまう・・・・。


評:『ファインディング・ニモ』でアカデミー賞を受賞したアンドリュー・スタントン監督の最新作。ピクサーが正式にディズニーの傘下になってから、2作目(←たぶん)となる作品である。



          いやあ〜やってくれた!さすがだなあ〜ピクサー!
  最高だよっ!!泣いちゃったよっ!!キューンとしちゃったよっ!チクショウ!


ピクサー映画に裏切られた経験はないけれど・・・今回の主役は『ロボット』と知った時点で妙に気持ちがフェードアウトしてしまった私。

「ロボットかよー。ピクサーお得意のフワフワの毛並みが観たいよ〜。メタリックなんてイヤだよ〜。」と子供のように心の中でゴネていた。
なんせ私は、メカと人間を主人公にしたピクサー映画は観ていない(要するに『カーズ』と『Mr.インクレディブル』)。

しかしこの日はレディース・デイ。
仕事帰りの疲れた体で2作品はしごをするにあたり、“最強グロッキーな『SAW5』”と、“お子様OK健全アニメ『ウォーリー』”の組み合わせはなかなかのナイスチョ〜イスではないか?と思ったのだった。



『SAW5』で血まみれになった私の感性に、純朴な優しさを流し込んでくれた本作品

          グロいのも好きだけど、一途な純愛も大好きだー!!



まるでウォーリーがチャップリンみたいなのね。
一途でけなげで献身的でロマンティストで、大好きなイヴのために一生懸命。
発する言葉と言えば、「ウォォォォォ〜リィィィ」と「イヴォォォォォ〜」ぐらいなもんだから、ほとんど無声に近い(苦笑)。そんな中で、一人でオドケたり、ジタバタしたりするウォーリーの姿が愛くるしくて、切なくて・・・・思わずギューっとしたくなる。

        大きな垂れ目のビビりなお掃除ロボット『ウォーリー』。
           ハイテク系猟奇的なツンデレロボ『イヴ』。

言ってしまえば、陣内さんと紀香さん並の格差恋愛ではあるけれど(苦笑)、イヴのためなら地球から一気に宇宙デビューまで飾ってしまうウォーリーの大胆不敵な情熱には、ワクワクドキドキ天晴!な思いが込み上げるんだよなあ〜。ステキ★


そして、何と言っても映像の凄さ。やっぱりピクサーってすごいっ。
本編の中では、CG映像の中に時々実写が紛れ込むんだけれども、それがまた見分けがつかないほどにCGクオリティが超絶。

しかも、いっちゃあ悪いが・・・・たかがロボットに、所詮ロボットに一つ一つ細やかな表情がちゃんとあって。台詞なんかなくたってキチンと心情が伝わってくるその豊かな表現力にはもう絶句状態だったのだ。



ただ。
私はどうも“ピクサーの人間造形”があまり好きじゃない(苦)。

この物語は、大きく地球パートと宇宙船パートの2つに分かれているのだが・・・地球パートの限りなくリアルな映像に比べ、宇宙船で暮らす人間たちの造形があまりにも“ただのアニメ”と化している。

その落差は、製作側の意図したところかもしれないが・・・個人的に、ピクサー映画に人間があまり出てきて欲しくない所以はそこにある(汗)。


そしてもう一点。
やっぱり“HAL”が出てきた(汗)。

そもそもこの作品には、『2001年宇宙の旅』へのオマージュがふんだんに盛り込まれているとはいえ、まるっとまるまる“HAL”を登場させるのはいかがなものか(涙)。しかもやっぱり“目玉系”だった(苦)。

 だってつい先頃、『イーグル・アイ』を観たばかりですよっ!!タイミング悪すぎ(涙)。



・・・・とまあ、満点★に出来なかった理由は他にもいくつもあるけれど。
でも、いいの。人間造形が非魅力的だろうが、やっぱり“HAL”が登場しようが、そういう全てをすっかり丸めてポイっと出来るくらいに、ウォーリーが素敵だったからね。


       700年間も寂しかったあの手が、白い肌と絡み合ったとき。
                もうベロッベロに号泣したよ・・・。

       ハグじゃなくて、あの手が恋しかったんだよね・・・ウォーリー。



もう一回観に行きたいなあ〜と思えるほど本当に素敵だった本作。
ゴミ問題や環境汚染、人間とロボットの共存やA.Iに至るまでさまざまな要素をうまく取り込み・・・・最終的には人類への希望と、愛の力で見事に物語をまとめ上げた秀作。

      難しいことは考えずに、純粋にこの世界観を楽しんで欲しい1作だ。



それにしても2008年はキャッチ―な映画が多かったな。
ポニョ』と『ゲロゲ〜ロ』と『ウォォォォ〜リ〜』は今年を代表するフレーズだね(笑)


clockworkorenge at 13:00│Comments(33)TrackBack(14)clip!映画論 あ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. WALL・E/ウォーリー−(映画:2008年64本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年12月20日 15:01
監督:アンドリュー・スタントン 出演(声):ベン・バート、エリサ・ナイト、シガニー・ウィーヴァー 評価:95点 素晴らしい。 さすがPIXER。映像もストーリーも演出も、そして登場人物たちのキャラも完璧だ。 大気も土壌も汚染され、廃棄物以外の生物がいな...
2. WALL・E/ウォーリー@新宿バルト9  [ Men @ Work ]   2008年12月20日 17:16
 先日Blu-rayでの視聴を記録した「WALL・E/ウォーリー」ですが、日本での公開が12/5に始まりましたんで、早速観てきました。  観賞場所として選んだのは新宿バルト9。そして字幕版で...
3. WALL・E ウォーリー  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年12月20日 19:13
 『それは、700年の孤独が生んだ《奇跡》―』  コチラの「WALL・E ウォーリー」は、29世紀人類が見捨てたゴミだらけになってしまった地球を、700年もの間、たったひとり?で働き続けたゴミ処理ロボット”ウォーリー<WALL・E>”の冒険を描いた12/5公開のハートフル・ア...
4. 映画「地球が静止する日」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2008年12月20日 19:37
原題:The Day the Earth Stood Still 人類に核兵器の放棄を要求するロバート・ワイズ監督の1951年版は観てないが、大戦後の冷戦を憂慮し共通の危機を演出するという高尚なテーマがある?? リメイク物はどうしてもその製作動機などを勘ぐってしまうんだよね、この映...
5. 「ウォーリー(WALL・E)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年12月20日 22:03
ツンデレ乙女ロボットは人類を救えるのか? という事でディズニー嫌いのオジサンが始めて劇場でディズニーアニメを見てきました
6. WALL・E/ウォーリー  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年12月20日 22:13
子どもと吹き替え版で鑑賞―【story】西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが宇宙...
7. WALL・E / ウォーリー・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2008年12月20日 23:50
ウォーリーと言っても、あのメガネでシマシマの服の人ではない。 「Waste Allocation Load Lifter Earth-Class」の頭文字をとったウォーリーは、ピクサーョ..
8. 「WALL・E /ウォーリー」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2008年12月21日 03:37
5 「WALL・E /ウォーリー」(2008) 《それは、700年の孤独が生んだ《奇跡》――》 12/16新宿ピカデリー・スクリーン2にて観賞 監督・原案・脚本 : アンドリュー・スタントン voicecast ベン・バート、エリッサ・ナイト 、 ジェ....
9. WALL・E/ウォーリー  [ ともやの映画大好きっ! ]   2008年12月21日 08:24
(原題:WALL-E) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) 「バグズ・ライフ」と「ファインディング・ニモ」を手掛けたアンドリュー・スタントン監督の、ピクサー・アニメ最新作。 地球に取り残された掃除用ロボットの淡い夢が叶うまでを描いた、ハートウォーミング...
10. WALL・E/ウォーリー  [ 週末映画! ]   2008年12月21日 08:29
期待値: 100% ピクサーのSF映画。 バグズ・ライフ、ファインディング・ニモのアンドリュー・スタ
11. WALL・E ウォーリー  [ めでぃあみっくす ]   2008年12月21日 15:28
まるでロボット版『小さな恋のメロディ』を見ているようでした。アナログでドジで純粋で愛くるしいウォーリーと、デジタルで優しくてしっかり者のイヴの愛に号泣しました。個人的にはこれまで見たディズニーピクサー作品の中では最高傑作と思える映画です。感動的なセリフや....
12. ウォーリー  [ You got a movie ]   2008年12月21日 22:38
監督・原案・脚本  アンドリュー・スタントン サウンド・デザイン ベン・バート  未来の世界、廃棄物やゴミで一杯になり、地球から人間や植物が消えてしまった世界で働くウォーリーを描いた前半はアニメでも実写に近く感じる映像で、これはとても斬新で気に入った。逆に...
13. 七百年の孤独 アンドリュー・スタントン 『WALL・E』  [ SGA屋物語紹介所 ]   2008年12月23日 15:07
度々申しておりますけど、わたしはピクサーが大好きです。はっきり言ってジブリより好
14. 「WALL・E/ウォーリー」 ビビリ屋ウォーリーとツンデレイヴ  [ はらやんの映画徒然草 ]   2008年12月25日 02:29
まさかロボットに泣かされるとは・・・。 今まで発表した作品の品質の高さから、また

この記事へのコメント

1. Posted by じょん   2008年12月20日 17:08
睦月さんこんにちは♪

正直、ウォーリーはCMがしつこい…と思ってしまって何かウンザリしてしまって、全く除外していました(^_^;
スミマセン…。
でも、睦月さんの記事を読んだら凄く観たくなりました!!
絶対号泣しそう…。
私動物モノやロボットモノ(?)の感情的な映画ってダメなんですよ〜めちゃくちゃ弱いんです(>_<)
動物も感情を持つロボットも、人間と違ってとーーーっても純粋じゃないですか。
人間みたいに汚い心もないし(ちょっと言い方が悪いですが…すみません適切な言葉が思い浮かばなくて…)凄く真っ直ぐで、そうゆう動物やロボットの気持ちを描いたモノ、ましてや人間によって辛い思いをしてしまっているなんて…考えただけで泣けてきます(:_;)
私『A.I.』観た時、初めて映画館で鼻垂れました(苦笑)
ウォーリーも鼻垂れそうだな〜。
でも思いきり泣いてくるのも良いかも☆
時間見つけて是非観に行こうと思います(^−^)♪
2. Posted by Longisland   2008年12月20日 21:07
40代♂、アニメなんてと馬鹿にしてたんだが・・・泣いた・・・マジで。
粗暴だが愛おしいイブ、突然停止した彼女を守るウォーリーの健気さに落涙。
どうしても実写映画と比べ低く見がちのアニメなんだが、いい映画はどんな表現媒体でもいいんでよね。
シカゴ映画批評家賞受賞、ひょっとするとアカデミー作品賞(長編アニメ賞でなく)ノミネート可能性もあるんだとか。

ここ数年劇場で涙したアニメ映画は
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』『河童のクゥと夏休み』と本作。

騙されたと思って(騙してないけど)是非観て下さい。
3. Posted by みなみ   2008年12月20日 21:17
睦月さん、ウォーリー可愛かったですよねぇ〜〜♪
中1の次男が観に行きたがったんで、全く期待もせず行ってきました、が!!映像も美しく、ロボットなのに感情表現が繊細で、ウォーリーに感情移入しまくりでした。
でも、睦月さんと同じく、人間が出てきたトコでちょいガッカリ…。アニメだったのを忘れてた(汗)

子供は、も一回観に行きたい!って言ってました。

職場のオタク系のおっちゃん達(高知でエヴァの公開が遅かったんで、大阪まで観に行った人達です)に、感想を語ってたら、
「え〜全くノーマークやったけど、ピクサーなんや!観に行く!」
と言ってました。
ピクサーへの信頼度って凄いんですね。
私の感想は当てにならなくても…^^;
4. Posted by マサル   2008年12月20日 21:53
私はBlu-ray(北米版)で英語字幕を3回と、バルト9で吹き替え版をみました。

ピクサーらしい、上質な1本という感じですよね。ストーリーはまぁ単純なのですが、「生き延びたいんじゃない、生きたいんだ」(だっけ)というセリフはなかなか良かったです。考えてみれば、私たちも消費社会の中で、「生かされている」感がアリアリですし。

あとは、最後に「BNL」のロゴが出てくるところに、「実はウォーリーのような存在が出てくること自体、BNLの作ったプログラム通りだった」みたいなことを主張している気がして(ちょうどマトリックスでネオの出現がプログラミングされていたのと同様に)、それもなかなか強烈な皮肉だなあぁと感じましたね。(私の独りよがりの可能性もありますが)
5. Posted by 由香   2008年12月20日 22:16
睦月さん、こんばんは〜♪
私もロボットが主役かぁ〜と思って、ちょっと引き気味でしたが、冒頭からボーボー泣けちゃいました。
健気なウォーリーが愛おしくて愛おしくて・・・
ツンデレイヴちゃんも可愛かったわ〜
セリフが少なかった前半が特にお気に入りです♪言葉がなくても気持ちが素直に伝わるなんて、スゴイ技ですよね〜流石ピクサーです
6. Posted by ノラネコ   2008年12月20日 23:54
後半は恐らくスタントンがやりたかった事をラセターが止めたんだと思います。
明らかに後半は物語を作り直してますからね。
ラセターは「モンスターズINC」の時も、監督の希望したスタイルを無理やり変えさせてますけど、それはピクサーというブランドを守るという意味では良いことだけど、単体の映画としては可能性を摘んでいる様にも思え、ちょっと複雑な気持ちになります。
もし前半のタッチで全部作ってくれたら、2001年級の傑作になっていたかもしれません。
まあ出来上がった映画も、十分に魅力的ではあるのですけどね。
7. Posted by ジグソー   2008年12月21日 03:42
どうも!

『SAW5』とこれのセットとは確かにナイスですね(笑)

本当にウォーリー&イヴのキャラがとにかく見事でしたよね。
前半は台詞がない代わりに二人の魅力でとにかく引き込まれました。

中盤は確かに普通のアニメっぽくはなっちゃったんですが、意外にあの船長のキャラが良かったなぁと思いました。

後、今年を代表するフレーズにはジョーカーさんの『ヒッヒャハハハ』も入れてあげてください(笑)
8. Posted by ともや   2008年12月21日 08:31
こんにちは、睦月さん♪
え〜、『Mr.インクレディブル』観てないんですか?
睦月さんなら絶対ハマると思うんですけどね♪
確かに第一印象はそんなに良くないんですけど(笑)、観ているうちにそのキャラが愛おしくなってくるんですよ。
(それがピクサーマジックw)
ピクサー映画は裏切らないですよ〜♪
9. Posted by 朱色会   2008年12月21日 11:02
5 こんにちわ

私も「あの音楽」が流れた時点で周りおかまいなく『ヒッヒャハハハ』と大笑いしました。いかに今の作り手が、「あの作品」に影響を受け、そして大切にしているかが伺えることだと思います。

この作品は子どもたちも、大人たちも等しく楽しめるようになっているバランスがまず良いのかと・・・

イヴの造形についてはいろいろ観ていて想像が乱れ飛びましたので、拙の記事を読んでおくれやす。せばまんつ。
10. Posted by ri   2008年12月21日 12:01
睦月ちゃん、こんにちわ♪

私も、『カーズ』も『Mr.インクレディブル』も観てないんです。
でも、これは劇場で予告を観て気になっていました。

ただ、年末は何かとバタバタで、劇場どころかDVDも観てません。(涙)

>陣内さんと紀香さん並の格差恋愛

わはっ!ナイスだわ、睦月ちゃん!
うん、確かにウォーリーとイブが手をつないでる所なんか、まさにそうだわ!
いつもながら表現が的確で、さすが睦月ちゃん!

「ウォォォォォ〜リィィィ」と「イヴォォォォォ〜」

しか言わないんだね。
それって、何年か前に次男と行った「ポケモン」以来かも。

なんせ、

「ピカチュ〜ゥ〜〜」「ピカ、ピッカァ〜」

だけですから…(爆睡)でした。。。
11. Posted by じーま   2008年12月21日 14:52
珍しく睦月さんより先に劇場で観たんだ…『私たち』。

この作品をGの映画館デビュー作にしたんです。

エレベーターがない2階の劇場まで車いすの息子を連れて行くには

覚悟と力と根性が要ったのだが…この作品にして良かった♪

しかも初日の2回目だったのに映画館にいたのは私たちを含め

たったの3組で伸び伸び観られました(笑)

いや〜、可愛かった。

DVDが出たら買いたいな〜。

そうそう、この町のどこかにウィル・スミスが犬と一緒に

いたりして…と、ふと思っちゃったのだった(笑)

12. Posted by くまんちゅう   2008年12月21日 22:08
SAWを見た後では尚更心が洗われますね
タイミング上手すぎじゃないですか?
米アニメにしては喋り過ぎない
キャラが好感でした
ロボットの方が人間より感情豊かで
可愛かった!
13. Posted by ジグソー様へ   2008年12月22日 14:29
■ジグソー様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫『SAW5』とこれのセットとは確かにナイスですね(笑)

でしょー(笑)。うふふふふ・・・。

≫本当にウォーリー&イヴのキャラがとにかく見事でしたよね。
前半は台詞がない代わりに二人の魅力でとにかく引き込まれました。

まるでサイレント映画みたいなのに、キャラクターたちの心情がちゃんと伝わってくるってのがスゴイなあと。
キャラクターの魅力を最大限に引き出すのはピクサーの得意技ですよね〜♪

≫中盤は確かに普通のアニメっぽくはなっちゃったんですが、意外にあの船長のキャラが良かったなぁと思いました。

私、吹き替えで観たんですが、あの船長の声優、草刈正雄さんでしたよー!
ハマってました〜★

あの船長、素敵でしたね。

≫後、今年を代表するフレーズにはジョーカーさんの『ヒッヒャハハハ』も入れてあげてください(笑)

あっ!そうね(笑)。
一番大事なとこ忘れちゃってました〜
14. Posted by じょん様へ   2008年12月22日 15:28
■じょん様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫正直、ウォーリーはCMがしつこい…と思ってしまって何かウンザリしてしまって、全く除外していました(^_^;

分かる。じょんさんの気持ち、分かる。
あんなに宣伝されまくると、安っぽく思えてきちゃうんですよねー。だからね、私も鑑賞タイミングが遅めになったの。しかもロボットって興味が湧かなかったし・・。

≫絶対号泣しそう…。

絶対泣けます。
私もベロベロに泣きましたよ。もうね、序盤からすっごくいいの。それだけでなんだか泣けてくるの。んで、観終わってからあのCMとか観ると、また泣けてくるの(笑)。

≫動物も感情を持つロボットも、人間と違ってとーーーっても純粋じゃないですか。

そうですよね。
私もいつもそう思う。人間は汚くて、卑怯で、野蛮だよー!そういうものの犠牲になっているものたち(動物とか植物とか虫とかいろいろ)の物語って、とても素直な純粋な気持ちで観れますね。でも、そういう映画を作っているのも人間なんです・・・なんだか複雑ですよねえ(苦笑)

≫ウォーリーも鼻垂れそうだな〜。
でも思いきり泣いてくるのも良いかも☆
時間見つけて是非観に行こうと思います(^−^)♪

これはぜひスクリーンで!!
何よりも優先して観て欲しいですよ〜!オススメ★

15. Posted by Longisland様へ   2008年12月22日 15:39
■Longisland様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫40代♂、アニメなんてと馬鹿にしてたんだが・・・泣いた・・・マジで。

泣くよ〜。
年齢なんか関係ないよ〜。感性が腐ってない限りは泣くよ〜。
Longislandさんはまだまだ青年のようなピュアな感性の持ち主なんだよ〜。

≫どうしても実写映画と比べ低く見がちのアニメなんだが、いい映画はどんな表現媒体でもいいんでよね。

そうそう。
私はむしろアニメにヤラれてしまうことが多いです。アニメ好きなので。
でもね、ピクサーとジブリなら・・・私は圧倒的にジブリ派で〜す♪

≫シカゴ映画批評家賞受賞、ひょっとするとアカデミー作品賞(長編アニメ賞でなく)ノミネート可能性もあるんだとか。

GG賞でノミニーされてましたからね。
ということはもちろんアカデミー賞でもノミニーの可能性は高いかと。
ピクサーアニメは何度もオスカー獲ってますから、今回もきっと期待できるはず!
16. Posted by みなみ様へ   2008年12月22日 15:46
■みなみ様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫睦月さん、ウォーリー可愛かったですよねぇ〜〜♪
≫映像も美しく、ロボットなのに感情表現が繊細で、ウォーリーに感情移入しまくりでした。

おお!!みなみさんって中1のお子様がいらっしゃるんですかー!?ひょええええ!!

いやあ・・・それにしてもこれ、メチャクチャ良かったです。ロボットなんてとバカにしていた自分は恥ずかしい(苦)。今、TVでウォーリーのCM観るだけでも泣けますもん(涙)。

≫でも、睦月さんと同じく、人間が出てきたトコでちょいガッカリ…。アニメだったのを忘れてた(汗)

そうそう。
後半が明らか画のクオリティが下がるんですよねえ・・・なんでだろ?
後半の人間造形でいきなり平凡なアニメに成り下がってしまう。そこが本当にもったいなかったなあ・・・・。

≫子供は、も一回観に行きたい!って言ってました。

私ももう一度観に行きたい!!

≫ピクサーへの信頼度って凄いんですね。

うん。
やっぱりピクサーの実績がハンパないですからねえ。
アニメ好きだとピクサー派かジブリ派かに分かれたりするんですが・・・ぶっちゃけ私はジブリ派です。でもやっぱりピクサーも素晴らしい!

絶対にいい映画に違いない!という確実な信頼を培ってきていますもんね。
うーん・・・やっぱり今回も良かったわ〜。
17. Posted by マサル様へ   2008年12月22日 15:52
■マサル様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫私はBlu-ray(北米版)で英語字幕を3回と、バルト9で吹き替え版をみました。

うおおおお!!
さすがっ!マサルさん、すごいっす。

≫ピクサーらしい、上質な1本という感じですよね。ストーリーはまぁ単純なのですが

分かり易い物語に、あくまでもシンプルな心情が盛り込まれているからこそ、素直に泣けちゃうんだと思うんですよねえ。今の映画ってやたら小難しく作られているものが多いけど、本来はこういう単純なものの中で感動を表現するってとっても大切な気がするので。

≫あとは、最後に「BNL」のロゴが出てくるところに、「実はウォーリーのような存在が出てくること自体、BNLの作ったプログラム通りだった」みたいなことを主張している気がして

マサルさん、読みが深いですねー。
私、そこまで考えてなかったので、2回目観たときにじっくり観たいと思います(苦笑)。

それにしても素晴らしかったなあ〜。思い出すだけでもなんだか泣ける・・・・。
18. Posted by 由香様へ   2008年12月22日 15:58
■由香様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・。

≫私もロボットが主役かぁ〜と思って、ちょっと引き気味でしたが、冒頭からボーボー泣けちゃいました。

あ!由香さんもロボットでヒキました?
そう思った人が私だけでなくて良かったです・・・安心しましたー!

なんか、そういう意味でもあんまり期待してなかったんですよ。そのせいか余計に泣けました・・・ベロンベロンに泣きましたもん。

≫セリフが少なかった前半が特にお気に入りです♪言葉がなくても気持ちが素直に伝わるなんて、スゴイ技ですよね〜流石ピクサーです

前半みたいな感じをずっと維持してくれれば良かったのになあ。そしたら満点5つ★だったのに!
サイレント映画みたいに、台詞なしであんなにいろんなことを伝えられるテクニックって、本当に素晴らしいですもんね!!
うんうん・・・ピクサーの神業ですな〜。
19. Posted by ノラネコ様へ   2008年12月22日 16:09
■ノラネコ様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫明らかに後半は物語を作り直してますからね。

これ、なんであんなことになってしまったのかキチンと説明してほしいです。
後半の質がもっとよければ、これは間違いなく最高傑作になったに違いないのに。

ノラネコさんがこの作品で「残念な点がある」っておっしゃってた部分、「ああ・・・これか」とすぐに分かってしまいましたよ(苦)

≫ラセターは「モンスターズINC」の時も、監督の希望したスタイルを無理やり変えさせてますけど、

なんでー!!
でも『モンスターズインク』は超大好き♪ノラネコさんも大好きでしたよねっ!?

≫もし前半のタッチで全部作ってくれたら、2001年級の傑作になっていたかもしれません。

うん。まさにそうだと思います。
ってか、前半の感じで全編に渡ってサイレント映画風味なアニメにしてくれても良かったっすね。
20. Posted by ともや様へ   2008年12月22日 16:33
■ともや様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫え〜、『Mr.インクレディブル』観てないんですか?
睦月さんなら絶対ハマると思うんですけどね♪

そうそう・・・観てないんですよ(苦)。
どうもピクサーの人間造形が好きになれなくて・・・。

でもともやさんが「睦月さんなら絶対にハマる!」って言って下さったので、今さらながらぜひ鑑賞したいなあと思いました♪ありがとうございます★

≫確かに第一印象はそんなに良くないんですけど(笑)、観ているうちにそのキャラが愛おしくなってくるんですよ。

『Mrインクレディブル』のファンって意外に(?)多いですよねえ。
あの作品を大好きな人はホントにとことん好き!みたいな感じ・・・。

≫ピクサー映画は裏切らないですよ〜♪

そうよねえ・・・分かっているはいるのになあ(苦笑)。
よーし。
インクレディブルとカーズを年末年始で観ようっと!
21. Posted by 朱色会様へ   2008年12月22日 16:39
■朱色会様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫いかに今の作り手が、「あの作品」に影響を受け、そして大切にしているかが伺えることだと思います。

そうですね。
私もあの曲には過剰反応してしまいました。そして極めつけはHAL・・・(笑)。

≫この作品は子どもたちも、大人たちも等しく楽しめるようになっているバランスがまず良いのかと・・・

世界中で愛されるアニメ(ピクサー然り、ジブリ然り)ってのは、必ずしも子供専門じゃないってことが共通項ですね。
本作も、子供に分かり易い単純な物語の中に、大人でも考えさせられるような題材もしっかり取り込まれているってあたりが巧いなあと。

≫せばまんつ。

朱色会さんとこ、先日、メンテナンス中で見れなかったの。
んで土日忙しくしてたので今頃になっちゃった。ごめんなさいね。

ちゃんと拝見させてもらいまーす♪
んでば。
22. Posted by ri様へ   2008年12月22日 16:50
■ri様へ
コメントありがとうございます!

≫私も、『カーズ』も『Mr.インクレディブル』も観てないんです。
でも、これは劇場で予告を観て気になっていました。

これね・・・良かったよお。
とっても良かったです。あんまり期待してなかったこともあって余計に泣けました。
ぜひぜひ劇場で観るべき作品だと思います!

≫ただ、年末は何かとバタバタで、劇場どころかDVDも観てません。(涙)

そっかあ・・・。
私もね、今年の年末は5年ぶりに岩手の冬に帰ります。・・・なんかドキドキする(笑)。

≫うん、確かにウォーリーとイブが手をつないでる所なんか、まさにそうだわ!
いつもながら表現が的確で、さすが睦月ちゃん!

ありがとうございます♪
小さい男の子と大きな女の子。
ピカピカでキレイなイヴと、ちょっと小汚い(←失礼)ウォーリー。
ハイテクなイヴと、ちょっと技術遅れなウォーリー。

メッチャ格差恋愛(笑)!!

でもね、とっても素敵な恋愛なの。ホントに素敵!


≫「ウォォォォォ〜リィィィ」と「イヴォォォォォ〜」
しか言わないんだね。

いや、他にも何か言うの(苦笑)。
でもね、基本的にロボットたちの台詞はあってないような感じなくらいに少ないの。
この映画の前半なんか、サイレント映画みたいでホントに巧いこと出来てるの!

≫「ピカチュ〜ゥ〜〜」「ピカ、ピッカァ〜」
だけですから…(爆睡)でした。。。

ワハハハハ!!!
大丈夫大丈夫。ウォーリーは爆睡させてくれないくらいにホントに素敵な映画だから♪

23. Posted by じーま様へ   2008年12月22日 16:56
■じーま様へ
コメントありがとうございます。

≫珍しく睦月さんより先に劇場で観たんだ…『私たち』。
この作品をGの映画館デビュー作にしたんです。

うん、存じ上げておりました。
コメントしてないだけで、じーまさんの記事は読んだの。

Gくん、ホントに素敵な映画でデビューを飾れてよかった!

≫エレベーターがない2階の劇場まで車いすの息子を連れて行くには
覚悟と力と根性が要ったのだが…この作品にして良かった♪

うわぁ・・・大変だ(苦)。
ってか、エレベーターつけて欲しいですね。Gくんだけじゃなく車椅子の人は他にもいるだろうに・・・。

≫しかも初日の2回目だったのに映画館にいたのは私たちを含め
たったの3組で伸び伸び観られました(笑)

ええ!?
いや、でも映画は映画館で伸び伸び観れるのが一番。
岩手にいた頃はいつも伸び伸びだったのに、東京では周辺の人の雑音に苦しまされるようになってしまった・・・。

≫そうそう、この町のどこかにウィル・スミスが犬と一緒に
いたりして…と、ふと思っちゃったのだった(笑)

ワハハハハ!!!!
『レジェンド』状態で!?

ウハハハハ!!!ウケたあ〜!有りうるから面白いー!!

ってか、そういう映画作って欲しい!!!ギャハハハ!!
24. Posted by くまんちゅう様へ   2008年12月22日 17:14
■くまんちゅう様へ
コメントありがとうございます。

≫SAWを見た後では尚更心が洗われますね

メッチャ洗われた〜。心の洗濯・・・素敵★

≫タイミング上手すぎじゃないですか?

このときは巧いことチョイスできたんですけど・・・先日は『ファニーゲームUSA』と『悪夢探偵2』のはしごでしたよ・・・超グロッキーですわ(苦)。

≫米アニメにしては喋り過ぎない
キャラが好感でした

あのままサイレント映画みたいな作りで突っ切ってきれたらもっと良かったなあ〜。

≫ロボットの方が人間より感情豊かで
可愛かった!

メインキャラクターの魅力を最大限に引き出すのは、ピクサーの得意技ですもんね♪
ホント、可愛かった〜!!
25. Posted by 日本インターネット映画大賞   2008年12月22日 22:00
こんばんは。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。よろしくお願いいたします。
26. Posted by SGA屋伍一   2008年12月23日 15:05
こんちは
トップ画像は本国でのポスターでしょうか。こちらも味があっていいですね

わたしも睦月さんと同じく「チャップリンみたいだ!」と思いました
薄汚れててドジばっかりやってるんだけど、いつの間にかヒロインのハートをガッチリつかんでるところとか

スタントンさんは『トイ・ストーリー』からずっと脚本そのほかで絡んでますね。ただ監督に回ると1対1の「絆」をテーマにする人なのかな・・・ その他のピクサー作品はもっと「チームプレイ」が主体になってるような気がします

『Mr.インクレディブル』にもメタボな男が出てきますが(つか、主役・・・)、これマイベストピクサーだったりします。アメコミ者にとって感涙の作品なんですわ
27. Posted by にゃむばなな   2008年12月23日 15:31
ウォーリーとイヴの可愛らしさと純粋さに涙腺を決壊させられた映画でしたよ。
ほんと、ピクサーは凄いです。
次回作も本当に楽しみになりました。
28. Posted by いずむ   2008年12月23日 17:56
あまりに露骨なメタボっぷりに『ゲッ…』と思いましが(笑)まぁ意外性があって良かったです。あの造形はアメリカ人ならスンナリ受け入れられるんですかね〜。

ウォーリーとイヴ。とにかく素敵でしたね☆宇宙でのダンスシーンは心躍りました♪

しかしSAW5とハシゴとは…凄い(汗)『○○は心の洗濯よッ♪』ですね(・∀・)
29. Posted by SGA屋伍一様へ   2008年12月24日 14:57
■SGA屋伍一様へ
コメントありがとうございます。

≫トップ画像は本国でのポスターでしょうか。こちらも味があっていいですね

たぶんそうだと思います。
出来るだけ他のブログで採用していないヴィジュアルを・・・といつも心がけているのですが、最近それもなかなか難しくなってきましたー(苦)。

≫わたしも睦月さんと同じく「チャップリンみたいだ!」と思いました

ホント、チャップリンみたいでしたよね。
物語の中に漂う切なさとか胸が締め付けられる感じとかも、チャップリン映画に似てる・・・。

≫その他のピクサー作品はもっと「チームプレイ」が主体になってるような気がします

たしかにそうかも。
ニモも親と息子のサシだった。
でもここ近年のピクサー映画って、昔よりもチームプレイものが少なくなっているような気がしません?

≫『Mr.インクレディブル』にもメタボな男が出てきますが(つか、主役・・・)、これマイベストピクサーだったりします。アメコミ者にとって感涙の作品なんですわ

そうでしたねー。
SGA屋さん、『インクレディブル』お好きだったわー。

あれって、すごいハマる人はハマるみたいですね。

別にメタボな造形がイヤなんじゃなく、ピクサーの人間造形そのものがあまりスキじゃないんだなあー。かといって、ドリームワークスアニメの人間造形もさほど好きじゃないしー。

やっぱ日本のアニメがオールマイティで安心できます。
(私、どちらかといえば、ピクサーじゃなくてジブリ派なので〜苦笑)。
30. Posted by にゃむばなな様へ   2008年12月24日 15:00
■にゃむばなな様へ
コメントありがとうございます。

≫ウォーリーとイヴの可愛らしさと純粋さに涙腺を決壊させられた映画でしたよ。

ホントにそうでしたねえ。最高に素敵な1作でございました。

≫ほんと、ピクサーは凄いです。

ね。
別にディズニーピクサーになる必要もなかったろうに・・・とも思うのですが、そこらへんはいろんな大人の事情があるのでしょう(汗)。

≫次回作も本当に楽しみになりました。

ですねー。
年に1本のペースでどんどん新作を作ってほしいです♪
31. Posted by いずむ様へ   2008年12月24日 15:06
■いずむ様へ
コメントありがとうございます。

≫あまりに露骨なメタボっぷりに『ゲッ…』と思いましが(笑)まぁ意外性があって良かったです。あの造形はアメリカ人ならスンナリ受け入れられるんですかね〜。

どうなんだろー?メタボは確実に日本よりもアメリカの方が多いですしねえ(苦笑)。

私ね、あのメタボスタイルがイヤなわけではなくて、ピクサーの人間画自体があまり好きじゃないのです。今回のウォーリーなんかは特に、実写かCGか分からないくらいにクオリティの高い映像だったのに、あの人間たちだけはすっかりただのアニメでしょー?なぜ同じ画質で描かないんだ!?って違和感ありまくりでしたよ。

≫ウォーリーとイヴ。とにかく素敵でしたね☆宇宙でのダンスシーンは心躍りました♪

あの宇宙のシーン、キレイでポウっとしちゃったなあ。
手をつないで、おでこをスリスリするシーンも超泣けちゃいました(涙)。

≫しかしSAW5とハシゴとは…凄い(汗)『○○は心の洗濯よッ♪』ですね(・∀・)

ぎゃああ!ミサトッ!!
ヤラれた〜★
32. Posted by み   2008年12月26日 12:35
こんにちは♪

睦月さま、『レミー』の時の記事覚えてらっしゃいます?

>きっとピクサーなら女子の天敵・ゴキブリさえも可愛らしく描写出来るだろうさ!

はい!黒い悪魔こと憎いあんちくしょうキター!
『魔法かけ』といい本作といい、デズニはきっと狙ってますヨ!ヤツのキャラ化を(笑)
『ティンカーベル』にも登場しないか確かめに行きたいと思います

童貞ヲタクが「手を繋ぎたい」一心でツンデレ高め女子のハートを射止めるってプロットに猛烈に感動しておったのですが、最後にBNL社のロゴがブインと…

裏ヨミ発動でございます(笑)
これはBNL社製作のよくできたWALL・Eプロモなんじゃなかろかと
基本機能、対環境性能、シリーズ機種(WALL・A)など必要情報が実にテンポよくまとめられてるんですよね
ストーリーは宣伝に飽きさせないためのヒキ(笑)
33. Posted by kenko   2008年12月26日 17:16
SAWシリーズかぁ・・・
結局「4」から観てないんですよねぇ。。。
大画面であの超絶グロ映像を観ることを、体が拒否し始めてます、最近。年かな(笑)

で、「ウォーリー」めちゃ良かったです!
泣きまくりでした。
ウォーリー、めちゃ健気でかわいかったし、誰もいない未来の地球の風景もすばらしかった。
あとお掃除ロボットのモーもかわいかった♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔