2008年12月19日

地球が静止する日(先行上映)

地球が静止する日

【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆

 底浅な“人類一掃危機”

 

監督:スコット・デリクソン
出演:キアヌ・リーブス,ジェニファー・コネリー,ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス,キャシー・ベイツ
製作年・国:2008/米
鑑賞日:2008/12/18:ユナイテッドシネマとしまえん
系統:SF
配給:20世紀FOX
翻訳:林完治
その他:2008年12月19日より全国ロードショー ⇒ 公式HP

ストーリー:未確認飛行物体が地球へと向かっていたある夜、宇宙細菌学者のヘレンは非常事態の回避要員として政府に強制連行された。
地球に降り立った大きな球体の中から現れたのは、姿形は人間と同じクラトゥと名乗る宇宙からの使者であった。クラトゥは地球を救うためにやってきたという。国が彼らに対して攻撃の手を休めぬ中、ヘレンは人類存続の危機を感じ取っていた・・・・・。




評:『エミリー・ローズ』のスコット・デリクソン監督の最新作。

この作品は、名匠ロバート・ワイズ監督が1951年に発表した『地球の静止する日』のリメイク作品。このSFの名作が、現代の最新映像技術を携え、50年以上もの時を経て再びスクリーンに蘇った。

ちなみに、本作はオリジナル版の設定や内容に多少のアレンジが加えられている。



特段楽しみにしていたわけではなかったけれど、なぜか先行上映で観てしまった。
本作を鑑賞すると、ユナイテッドシネマのポイントがいつもの2倍もらえるというキャンペーンに惹かれたからなのかもしれない(苦笑)。

この日は、六本木の青絨毯の上を来日中のキアヌが歩いていたらしいが・・・・私はその頃、客入りの寂しいスクリーンで本作を鑑賞していたというわけだ。


この作品、公開の数ヶ月も前から大々的なPRが行われていて。
TVスポットもバンバン打ちまくり、雑誌を開けばたいがい本作の記事が載っていて、振り向けばキアヌのドアップポスターがそこら中にあふれているほどに・・・・相当熱の入った宣伝を繰り広げていた。

キャストも魅力的だし、予告を見ればなにやらただ事ではなさそうな大作の匂いがプンプンする。内容も『人類一掃危機』という・・・なんともディープなテーマではないか。

        これはきっと、そこそこ面白いに違いないと誰もが思うはず。




うーん・・・・残念ながら、これは実に微妙だ。
ハリウッド映画の一番悪い癖が出まくりではないか(涙)。

   物語のスケールはかなりデカいはずだが、受ける印象があまりにもペラッペラ。

このディープなテーマ性を全く描ききれておらず、重大なメッセージが何一つ心に響いてこない。・・・・・これは問題である。


そもそも、『人類一掃の危機』という世界の終末であるにも関わらず・・・・この作品は、“クラトゥと一組の親子”という限りなくミニマムな関係性に、人類の運命の全てを簡単に委ねてしまっている。

どちらかといえば人類に対して非友好的な宇宙人・クラトゥが、たった一組の親子によって心を動かされていくというのならば・・・・そこはもっと丁寧に掘り下げて描くべきだろう。
しかし、「人間も良い面をもっている」、「彼らにチャンスを与えても良かろう。」とクラトゥが判断するのに、あの程度の裏づけではまったく説得力がない。


「私たちは変われる!」とヘレンが何度もクラトゥに訴えようとも。

      攻撃を止めず、暴動を続け、パニック真っ只中の人間たちの様子は、
      どう考えても到底『変われる』ようには見えないことも深刻だ(苦)。



たしかに視覚効果はなかなかのもので、当然のごとく50年以上も前のオリジナルに比べたら雲泥の差。映像技術の進歩に改めて感銘を受ける。
とはいえ、見せ場的なものは全て予告編におけるそれがマックスであって、本編ではそれ以上に期待できるSFアクションシーンはほとんどない。

全体を通して暗いトーンの映像や思いのほか淡々とした展開、得体の知れぬ超常現象やクラトゥのSFパワーを観るに、個人的にはなにやら『X−ファイル』のような趣をそこかしこに感じてしまい妙な気分になったのだった(苦笑)。



ただ一つ言えるのは。
半世紀以上も前にすでに、“地球人の未来への危惧”をテーマにしたSF映画が作られていたこと自体がまさに先進的であったということ。

それから50年以上経過した現在、地球の危機的状況はまさにリアルなものとなり、それでも人類は母なる地球を汚し破壊し続けてきた。
しかし、近年になってやっと人類はエコを意識し始め、宇宙人に諭される前に『変わる』努力を始めている。




              この映画で唯一説得力があったのは・・・
  「人類が滅亡すれば地球は生き残れる。」というクラトゥの言葉だけであった。





はっきり言って・・・・ツッコミどころは多すぎるうえに、見掛け倒しのハッタリ映画とも思えてくるが、テーマそのものは悪くはないのでサービスデイを利用して鑑賞するのもいいだろう。

 まあでも、思いのほか早めに『この作品が静止する日』が訪れそうな気がする(涙)

clockworkorenge at 14:24│Comments(31)TrackBack(13)clip!映画論 た行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 地球が静止する日  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年12月19日 15:27
【THE DAY THE EARTH STOOD STILL】2008/12/19公開(12/18前夜祭にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:スコット・デリクソン出演:キアヌ・リーヴス、ジェニファー・コネリー、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、キャシー・ベイツ人類が滅亡すれば、地球は生き残れる....
2. 地球が静止する日  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年12月19日 20:02
 『人類が滅亡すれば、地球は生き残れる。』  コチラの「地球が静止する日」は、51年製作の古典カルトSF「地球の静止する日」をリメイクした本日12/19公開のスペクタクルSFサスペンスなのですが、昨夜の前夜祭で観て来ちゃいましたぁ〜♪まぁ本当だったら、せっかくだし...
3. 地球が静止する日  [ 映画君の毎日 ]   2008年12月20日 00:34
※ストーリー※任務遂行のために地球へとやってきた、宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)。クラトゥの謎を解き明かすべく政府や科学者はやっきになる中、今訪れんとする危機に気付いたのはヘレン(ジェニファー・コネリー)と息子(ジェイデン・クリストファー・サ...
4. 地球が静止する日  [ ともやの映画大好きっ! ]   2008年12月20日 09:42
(原題:THE DAY THE EARTH STOOD STILL) 【2008年・アメリカ】劇場で鑑賞(★★★☆☆) 1951年に製作されたSF映画の古典「地球の静止する日」をリメイクした、SFスペクタクル・サスペンス。 宇宙生物学の科学者ヘレン(ジェニファー・コネリー)は亡き夫の連れ子ジ...
5. 映画 『地球が静止する日』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年12月20日 10:29
   ☆公式サイト☆『ウエスト・サイド物語』『サウンド・オブ・ミュージック』の巨匠、ロバート・ワイズ監督が1951年に発表した『地球の静止する日』をベースにしたSFアクション。キアヌ・リーヴスふんする宇宙からの使者の到来とともに、地球最後の日へのカウントダウン...
6. 「地球が静止する日」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2008年12月20日 18:23
世界も、国も、政治も、経済も、教育も、とにかく「人間」が変わらなくちゃなんだよね。予備知識は予告編のみだったが、そこでの尋問の場面、「”私たち”の惑星?」と聞き返すキアヌの「?」にひっかっていたが、や
7. 『地球が静止する日』  [ Sweet*Days** ]   2008年12月20日 21:35
監督:スコット・デリクソン  CAST:キアヌ・リーヴス、ジェニファー・コネリー、キャシー・ベイツ 他 ある日突然、地球に球体の物...
8. 地球が静止する日・・・・・評価額1300円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2008年12月20日 23:44
異色のファースト・コンタクトSF。 オリジナルは、1951年に、巨匠ロバート・ワイズ監督が発表した古典SF「地球の静止する日」で、57年ぶりのリヮ..
9. 「地球が静止する日」 We Can Change  [ はらやんの映画徒然草 ]   2008年12月21日 02:44
1951年のSF映画「地球の静止する日」のリメイク。 オリジナルは未見ですが、有
10. 「地球が静止する日」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2008年12月21日 03:21
3 「地球が静止する日」(2008) 《人類は気付いていない。》 12/20新宿ピカデリー・スクリーン6にて観賞 監督:スコット・デリクソン cast キアヌ・リーブス 、 ジェニファー・コネリー 、 キャシー・ベイツ story 任務遂行....
宇宙の誰かがふと思った 『人間の数が半分になったらいくつの森が焼かれずにすむだろ
12. 地球が静止する日  [ みすずりんりん放送局 ]   2008年12月28日 00:17
 『地球が静止する日』 を観た。  巨大な謎の球体と共に地球に降り立った宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーブス)。  友好か侵??.
13. 「地球が静止する日」  [ You got a movie ]   2008年12月29日 10:43
監督    スコット・デリクソン キャスト  キアヌ・リーブス 、ジェニファー・コネリー 、キャシー・ベイツ  50年以上も前に「サウンド・オプ・ミュージック」の監督として有名なロバート・ワイズ監督が映画化した「地球の静止する日」のリメイク。スケールが大き...

この記事へのコメント

1. Posted by ゆかりん   2008年12月19日 15:30
こんにちは♪
一見スケールが大きそうに見えてそうでもないというか・・・見終わったあとに余韻も何も残らない作品でしたー。
キアヌが出てるから〜と帰りのバスがないにもかかわらず観に行ったのに(泣)
2. Posted by ゆかりん様へ   2008年12月19日 16:49
■ゆかりん様へ
コメントありがとうございます。

≫一見スケールが大きそうに見えてそうでもないというか・・・見終わったあとに余韻も何も残らない作品でしたー。

でしたよねえ。
東京ドームで、たった一人でお手玉している・・・みたいな映画でした(←意味不明)。

深刻なテーマを扱っているのに、何一つ心に響いてこないってのは悲しいですねえ。

≫キアヌが出てるから〜と帰りのバスがないにもかかわらず観に行ったのに(泣)

ああ(涙)。
なんなら、六本木のキアヌに会いに来た方がお得だったかもしれませんね(涙)。

私もシネコンのポイントで無料鑑賞しようと思っていたら、「本日は特別興行なので一律1800円です」って言われて満額払って観ちゃったよぉ(大泣)。金かえせ〜!!
3. Posted by miyu   2008年12月19日 20:02
あはは、地球以前に作品が静止してしまいますか( ´艸`)
でも、本当宣伝は相当力入ってますよね〜。
まぁハリポタの穴争奪戦ですしねぇ〜。
確かにツッコミどころは豊富ですが、
あたしはナニゲにウィル・スミスの影に
思いっきり楽しませてもらっちゃったようです。
4. Posted by くまんちゅう   2008年12月19日 20:46
真面目に読んでたら
>『この作品が静止する日』
にやられた!
と言うわけで、まいどコメントどうもです
予告編何度も見ててスケールでかそうかな
と思ってたけど予告が全てでした
オバマ候補のキャンペーンみたいな感じでしたが
本当に変われるのか、とりあえず執行猶予なんですかね?
50年前と同じテーマの映画作るって事はなにも変わってない?
5. Posted by ともや   2008年12月20日 09:48
こんにちは、睦月さん♪
MOVIXのポイントが貯まってたんで、無料で観たから割と普通に感じたんですけど、お金払って観てたら『あ〜、あっち観とけば良かった〜!』って思っちゃったかもしれないですね。
ま、あれだけ宣伝するのはペラッペラな証拠ですから(笑)。
期待せずに観るのが吉ですよね〜。
6. Posted by bonta   2008年12月20日 10:16
ハロー睦月さん☆

竜頭蛇尾〜ってワードが頭をクルクル。
最初から、キアヌとジェニファーの二人のサシで話し合えばいいんじゃね、と。

>『X−ファイル』

クラトゥがキアヌじゃなくて、モルダー役のデビット・ドゥカブニーだったら、笑えたね。コメディーになっちゃう。
いっそ、ジェニファーもジリアン・アンダーソンに替えちゃう。

だんだん『X−ファイル』のパロディだったのではと思えてきた(笑)

ロボたんが出てきたところで爆笑。

でもウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスは良かった。泣かされました。
7. Posted by きらら   2008年12月20日 10:32
こんにちはー☆

えええ!?睦月さんこの映画も1800円払っていたの!?(と人のコメントのとこ読んでみた。笑)
それはちと悲しいですー。私は夜遅くだったから1200円だったけどそれすら悲しいもの。。。

映画のことはいまさら言うことないんだけど、、、
>『この作品が静止する日』
コレ、笑えましたー。確かに!年越せるのかなぁ〜。
8. Posted by たいむ   2008年12月20日 18:31
睦月さん、こんにちは。
> 「人類が滅亡すれば地球は生き残れる。」
まったくそのとおりだから困ってしまいます。まるで人ゴトのように「滅びんじゃえ」って私自身思ってたりも・・・ハハハ。
なんだか安っぽい自己弁護のような作品になっちゃいましたねぇ。
9. Posted by ノラネコ   2008年12月20日 23:49
テーマはでっかいのに、話がちっちぇーと皆思いましたよね(笑
旧作よりも扱っているテーマは大きくなっているのに、物語はよりパーソナルなところに持っていってしまい、しかも人間心理を掘り下げる事も無く、ごくごく表面的な描写にとどまっているというシナリオライターの頭の悪さが全てでした。
お話が基本的に旧作のままの前半は面白かったです。
とりあえず、このラストだと人類は何にも変わってない、というかメッセージすらちゃんと受け取ってないですからねえ・・・
10. Posted by ジグソー   2008年12月21日 03:29
どうも!

つまんねぇ〜ってほどでもないんですが、結果的に何か煮え切らなかったです。

一番はやっぱり『途中で止めんなら最初っから来んじゃねぇよ!』という思いでいっぱいでした(笑)
どうせならいっそのこと人類が滅亡するくらいの方が映画としては面白かったんじゃないかと(苦笑)

まぁこの映画の記憶も近いうちにチリとなって消えそうです・・・
11. Posted by 風情♪   2008年12月21日 11:42
こんにちは♪

まぁ確かに話は薄くはありましたが、
常日頃から「人類が滅亡すれば地球
&他の種は助かる」と思っていること
もあってクラトゥたち異星人の考え
方にスゲェ共感できたんで、世間的
評価からするとやや高めと言ったとこ
ろですねぇ〜♪ (゚▽゚)v
12. Posted by 朱色会   2008年12月21日 20:33
5 こんばんわ睦月さん

「底浅な」・・・っていうタイトルに迎合しますッ!

<私の映画を観る気>が、「静止」するところでしたよマジで(笑

ちらほらと頭の中に『途中退場?』とおもい浮かびましたけど・・頭をぶるんぶるるんと振ってその思いを終幕まで消し去ることができたのです。。(後ろの席の人ごめんなさい。

ポイントでタダで観れたのが救いかな。うん。キアヌ。ますますこっち系でちょっと心配なんだけど。。白目に墨が入らなくてよかったな(笑
13. Posted by miyu様へ   2008年12月22日 14:35
■miyu様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫あはは、地球以前に作品が静止してしまいますか( ´艸`)

そうそう(苦笑)。
ってか、この土日、ちょっと忙しくしてたら、この作品の存在すら忘れかけていました(汗)それくらいに印象に残らない映画になっちゃった・・・(涙)

≫確かにツッコミどころは豊富ですが、
あたしはナニゲにウィル・スミスの影に
思いっきり楽しませてもらっちゃったようです。

あの息子、ずいぶん大きくなったなあー!ってびっくりしました。
Jプレミアに現れたときも、もうすでにウィルのサービス精神が受け継がれているような振る舞いに笑ってしまいましたよ^^
14. Posted by くまんちゅう様へ   2008年12月22日 14:44
■くまんちゅう様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫と言うわけで、まいどコメントどうもです

いえいえこちらこそ!
いつも受身状態でごめんなさいね・・・(涙)

≫予告編何度も見ててスケールでかそうかな
と思ってたけど予告が全てでした

さんざん宣伝して、予告編の出来も良くて、実際に観たらペラッペラっていうのはハリウッド大作の一番悪いパターンですね(汗)。

≫オバマ候補のキャンペーンみたいな感じでしたが

チェンジ!

≫本当に変われるのか、とりあえず執行猶予なんですかね?

執行猶予っていい表現だわー!
でも、あんなに世界中をメチャクチャにされてしまっては、変わらないわけにはいかなそうですよねえ〜(苦)。ラストで全ての電力をおとされてしまったので、とりあえず火をおこすことから始めないと・・・(苦笑)

≫50年前と同じテーマの映画作るって事はなにも変わってない?

うーん。
今こそこのテーマがタイムリーって感じがしますよね。
50年前に映画で警告されていたことを、人間はそのまま辿ってきてしまっているというのがなんとも皮肉です(苦)
15. Posted by ともや様へ   2008年12月22日 15:12
■ともや様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫MOVIXのポイントが貯まってたんで、無料で観たから割と普通に感じたんですけど、お金払って観てたら『あ〜、あっち観とけば良かった〜!』って思っちゃったかもしれないですね。

私、ユナイテッドシネマのポイントで無料で観ようと思ってたのに、「本日は特別興行なのでポイントはつかえません。一律1800円です。」って言われて満額払うはめになりましたよー!もう超最悪です(涙)

≫ま、あれだけ宣伝するのはペラッペラな証拠ですから(笑)。

そうそう。
『過剰な宣伝』と『よく出来た予告』ってのは、『内容がないよう』なハリウッド大作の特徴ですね(笑)。

≫期待せずに観るのが吉ですよね〜。

期待してなかったのに、つまらなかった〜(涙)
16. Posted by bonta様へ   2008年12月22日 15:18
■bonta様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫ハロー睦月さん☆

ハロー!bontaさん♪
あのね、年末、5年ぶりに岩手の冬に帰ることにしたの。
でも最近東京がとても暖かいの。春みたいに。北の方も暖冬な感じ?

≫最初から、キアヌとジェニファーの二人のサシで話し合えばいいんじゃね、と。

そうよね。
あんなヘンな巨人なんか持ってこないで、こっそり地球に来て、こっそりジェニファーと落ち合って、静かに話し合えばあんな大事にならなかったのにね(笑)。まあ・・・そんなんじゃ物語が成立しないけど(苦笑)。

≫クラトゥがキアヌじゃなくて、モルダー役のデビット・ドゥカブニーだったら、笑えたね。≫いっそ、ジェニファーもジリアン・アンダーソンに替えちゃう。

なんとなく成り立ちそうな気がするから面白ですね(苦笑)。
ってか、『X−ファイル』でこのネタを使えば良かったんじゃん?って思えてきちゃう(笑)。

≫ロボたんが出てきたところで爆笑。

私も笑った〜。ペプシマンの色違いみた〜い!
でも超強いね、ゴートくん。

≫でもウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスは良かった。泣かされました。

あの子、メッチャクチャ大きくなっててビビった(驚)
17. Posted by きらら様へ   2008年12月22日 15:21
■きらら様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫えええ!?睦月さんこの映画も1800円払っていたの!?

そう。払ったの。
ユナイテッドシネマがポイントを使わせてくれなかったの・・・(涙)。
無料で観たかったから電車賃かけて豊島園まで行ったのに、余計高くついちゃったよっ(涙)

≫コレ、笑えましたー。確かに!年越せるのかなぁ〜。

この映画も不安な年越しになりそうですね・・・(涙)
気の毒に・・・。
18. Posted by たいむ様へ   2008年12月22日 15:33
■たいむ様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫まったくそのとおりだから困ってしまいます。まるで人ゴトのように「滅びんじゃえ」って私自身思ってたりも・・・ハハハ。

いや、私も思ったんですよ。
「グダグダやってないで、思い切って滅ぼしちゃえ〜」って。

物語があまりにも底浅なので、どこにも全く移入できないんですよね。だから、いまひとつ危機感も感じなければ、メッセージ性もこちらまで届かない。だから他人事のように思えてしまったんだと思うんです(苦)。

同じ人類で、リアルな問題に直面しているというのに・・・この作品を観たらなんだか逆効果な思いに陥りました(汗)

≫なんだか安っぽい自己弁護のような作品になっちゃいましたねぇ。

ホント。
受け手に何一つ発信してない。何も届いちゃいない。

製作側の自己満足で完結しちゃったという残念な1作になってしまいましたー。
19. Posted by ノラネコ様へ   2008年12月22日 16:04
■ノラネコ様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫テーマはでっかいのに、話がちっちぇーと皆思いましたよね(笑

ですよー。
東京ドームを舞台に、マスターベーションしているようなもんでしょー(←意味不明)。

≫しかも人間心理を掘り下げる事も無く、ごくごく表面的な描写にとどまっているというシナリオライターの頭の悪さが全てでした。

頭悪い・・・たしかに。
キャストも映像も良くても、シナリオが悪いだけでこんなにヒドイことになってしまうなんて・・・映画って怖いですね(苦)。

≫とりあえず、このラストだと人類は何にも変わってない、というかメッセージすらちゃんと受け取ってないですからねえ・・・

そうそう。
変わるもなにも、それ以前に伝わってないっすね・・・それは問題です(苦)
20. Posted by ジグソー様へ   2008年12月22日 16:24
■ジグソー様へ
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません・・・・。

≫つまんねぇ〜ってほどでもないんですが、結果的に何か煮え切らなかったです。

うん。
決して退屈な映画ではなかったんです。私も飽きずに最後まで観れました。でもねえ・・・なんだかなあ〜(苦)。

≫一番はやっぱり『途中で止めんなら最初っから来んじゃねぇよ!』という思いでいっぱいでした(笑)

あんなに世界中をメチャクチャにされてから、途中で思い直されるくらいなら、いっそのこと一掃してもらったほうがまだタチがいいですわ。

≫まぁこの映画の記憶も近いうちにチリとなって消えそうです・・・

あのチリみたいな分裂する虫、あれには萌えました(笑)
21. Posted by 風情♪様へ   2008年12月22日 16:43
■風情♪様へ
コメントありがとうございます。

≫まぁ確かに話は薄くはありましたが、
常日頃から「人類が滅亡すれば地球
&他の種は助かる」と思っていること
もあってクラトゥたち異星人の考え
方にスゲェ共感できたんで、世間的
評価からするとやや高めと言ったとこ
ろですねぇ〜♪ (゚▽゚)v

もちろんね、私も日頃から『地球上で唯一必要のない生命体は人類だけ』と思っています。でも、そんな風に他人事に考えたら、自分も人類である以上卑怯かなあとも思うんですよね。
たしかにこの映画観ている最中は、「こんなまどろっこしいことしてないで、さっさと一掃しちゃいな〜」って思ってたけれど(苦笑)、リアルな問題としてはそうもいかない(汗)。

なので日頃から、地球の将来のために何か出来ることはしないとなあ〜と意識するようにはしてます・・・(汗)
22. Posted by 朱色会様へ   2008年12月22日 17:11
■朱色会様へ
コメントありがとうございます。

≫「底浅な」・・・っていうタイトルに迎合しますッ!

あーざーす!

≫<私の映画を観る気>が、「静止」するところでしたよマジで(笑

ワハハハハ!!
危ないっすねえ・・・映画を観る気が静止するってのは、あまりにも深刻すぎますからっ!

≫ポイントでタダで観れたのが救いかな。

うっわ〜いいなあ・・・タダで観たの!?
私、満額払っちゃいましたよ・・・チクソー!!

金欠で『私の生活が静止』したらどうしてくれるんだっ!?
23. Posted by 稚羽矢   2008年12月22日 21:43
前日にレイトショー2本ハシゴして
ネットカフェで仮眠して鑑賞したこの作品
・・・すっかり夢の世界を往復ですよ^_^;
いやー、大風呂敷広げすぎでしょ
出てきた早々撃ち殺されかけているのに、
米国の一親子との触れ合いだけで『人類は変われる』なんて
説得力なさ過ぎでしょ
三人が光の玉目指している間も爆撃の嵐が
吹き荒れている状態なのに・・・
とりあえず「宇宙ゴキブリ」恐るべし(+_+)
24. Posted by bonta   2008年12月23日 19:31
暖かいとまではいかないけど、
雪は少ないの。例年の4分の1だって。
来月は南下して、東京に出張します。
来月も暖かいかな。
25. Posted by 稚羽矢様へ   2008年12月24日 14:39
■稚羽矢様へ
コメントありがとうございます。

≫・・・すっかり夢の世界を往復ですよ^_^;

ワハハハ。
稚羽矢さんもずいぶんハードな映画生活を送っているのね(苦笑)。

≫米国の一親子との触れ合いだけで『人類は変われる』なんて
説得力なさ過ぎでしょ

ね(苦)。
全人類の運命を、たった一組の親子に委ねるだなんて・・・ちょっとあまりにも粗雑すぎやしないか?と。しかも、あの親子、そんなに人間のいいところ見せてたかな〜?あんなんで宇宙人を説得させられるなら、最初からサシで話し合えー!って感じ(苦笑)

≫三人が光の玉目指している間も爆撃の嵐が
吹き荒れている状態なのに・・・

そうそう。
しかも、当の3人が一番危機感なさげなんですよね。

ってか、あんなに破壊された状態で「やっぱやめた」ってなるくらいなら、いっそのこと一掃してもらったほうがラクだったのでは?

≫とりあえず「宇宙ゴキブリ」恐るべし(+_+)

あのヘンな虫(?)だけは萌えた〜。
あいつらの破壊力、すげええー!!
26. Posted by bonta様へ   2008年12月24日 15:25
■bonta様へ
コメントありがとうございます。

≫暖かいとまではいかないけど、
雪は少ないの。例年の4分の1だって。

えええ!?
そんなに少ないの!?4分の1ったらかなり少ないじゃない!大丈夫か!?地球!?
私、夏の暑さよりも、冬の寒さで地球の健康を感じ取っているので、雪が少ないとか、暖冬とかよりも、ムッチャ寒くてべらぼうに雪が降る冬の方がまだ安心できる(←住んでいる人にとっては大迷惑ですけどね・・・汗)。

そっか・・・。
岩手は雪さえも降ってないかもなあ・・・(涙)

≫来月は南下して、東京に出張します。
来月も暖かいかな。

東京にくるの?
そっか。時間があえば、ちょこっとでもお会い出来たらいいけれど。

きっと来月も暖かいよー。
少なくとも零下になることは絶対にないと思うんだなあー。
27. Posted by なな   2008年12月25日 21:25
こんにちは,睦月さん
観てしまいましたよ〜。瞼が途中で何度も静止しそうになりましたわ。
・・・・おっしゃるように「ハッタリ」映画かと。
>クラトゥが、たった一組の親子によって心を動かされていくというのならば・・・・そこはもっと丁寧に掘り下げて描くべきだろう。
そう,そこなんですよね〜。
あの親子の描き方はあまりにも浅くて,少しも感情移入できませんでした。
もうちょっと別の描き方があったろうにね。
これが今年最後の映画鑑賞と思うとあまりに何なので
その後口直しに「ワールド・オブ・ライズ」を観ましたわ。

28. Posted by なな様へ   2008年12月26日 17:52
■なな様へ
コメントありがとうございます。

≫観てしまいましたよ〜。瞼が途中で何度も静止しそうになりましたわ。

ブハハハ!!!
鑑賞中に静止しそうになった方が思いのほか多くて笑ってしまいます(苦笑)。
ななさんもかあ・・・そりゃそうだよなあ、こんな内容じゃ(涙)

≫・・・・おっしゃるように「ハッタリ」映画かと。

ね!?
ハッタリだけは一丁前だったんですけどねえ(笑)。

≫あの親子の描き方はあまりにも浅くて,少しも感情移入できませんでした。

私も(苦)。
たったあれしきのことで、全人類の運命が左右されるの!?って。
全然納得できないですよねえ。根拠が浅はかすぎて、何も伝わってきませんでしたよ(苦)。

≫これが今年最後の映画鑑賞と思うとあまりに何なので
その後口直しに「ワールド・オブ・ライズ」を観ましたわ。

そうそう、口直し必須ですよね(爆笑)。
私、まだ『ワールド〜』観てないんです。年末年始にゆっくり観ようかなあって。
レオ様大好きなので、とっても楽しみ♪

29. Posted by SGA屋伍一   2008年12月26日 22:08
こんばんは
睦月さん星二つということで相当な覚悟で鑑賞に臨みましたが・・・

意外に面白かったです。どうも『D-WARS』の余韻がまだ残ってたようで。あれと比べると大概の映画は「普通」に見えますからねえ(笑) その『D-WARS』でさえ楽しめてしまった自分っていったい・・・

なんだかんだ言って、この映画今週の興収第1位だったようです。二週目からは急速に落下していきそうな予感がしますが

キアヌさんは現在『カウボーイ・ビバップ』というマイナーアニメの実写映画化を目論んでいるそうです。デカプリオも『AKIRA』をプロデュースしてるそうだし、ハリウッドのイケメンたちの間で、じゃパニメーションをリメイクするのが流行ってるんでしょうか。じゃあね、ぼくはね、えーとえーと・・・ ああ! なんで向こうへ行っちゃうんですか! 睦月さん!
30. Posted by みすず   2008年12月28日 00:19
こんばんは^^

映画観てきました。
普通に楽しめました^^;
キアヌ・リーブスがかっこよかったので、とっても贔屓目に見てます

ちょっとあっけなくおわっちゃいましたけどね^^;

トラバさせて頂きます^^
31. Posted by コブタです   2008年12月30日 23:35
本当に微妙でしたよね、、

面白くなる要素や設定ではあるのですが、、脚本がそれをまったく生かしきれてないというか、、。

哀しいことに全然観客に対して説得力がないんですよね、、。

結構期待していっただけに、、残念でした(><)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔