2010年04月21日

【NO.2880】アスペルガー症候群  活躍の場を求めて

引きこもり、うつ病など20〜40代の間で深刻化する問題の背後の多くに、実はアスペルガー症候群が潜んでいることがわかってきた。アスペルガー症候群は脳の機能障害で、知的障害はないが他人の気持ちを推し量ったり、暗黙のルールを理解できないため、職場では「変わった人」と見られ、孤立を深めて社会からドロップアウトしていく人が少なくない。一方でIT技術など特定の分野において秀でた能力を持っている人も多く、周囲が障害を理解し、対応を工夫すれば、目覚しい活躍をすることも分かってきた。企業でも今、アスペルガー症候群の人を積極的に採用し、その力を活かそうという取り組みが始まっている。“アスペルガー症候群の人”たちが社会で活躍するためには何が必要なのか、当事者と雇用する側双方の取材を通して考える。

NHK「クローズアップ現代」番組HPから転載(↓)
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=2880

「相手の気持ちを推し量れない」。
「会話がうまくできない」。
「極端にこだわりが強い」。
こうした人は「アスペルガー症候群」と病名付けられているようですが、そもそもなぜ、相手の気持ちを、それも行間や情緒的なものを推し量れないと、いけないのでしょうか。
また、そもそもなぜ、会話がうまくできないと、極端にこだわりが強いと、いけないのでしょうか。
模範解答例は、「他者と共生していくことに差し支えるから」でしょう。
けれど、実践(?・笑)解答例は、「自分の生が脅かされるから」だと思います。
なぜなら、人は、自分とは異なるマイナーな価値観や思考/行動習性を持っている人を本能的に恐れるからです。

それは、誤解を恐れずに言えば、非凡に対する凡人の差別です。
非凡を自分から遠ざけることで、凡人としてのアイデンティティを守っているのです。

これは正しいことでしょうか。
いや、誤りです。
番組で取り上げられた、大内啓(おおうちたかし)さんのブログ記事(私の中の「のび太」)を精読すればわかります。
大内さんは、近づくべき人であって、遠ざけるべき人では決してありません。
私たち凡人にとって、「アスペルガー症候群」と病名付けられている人は、みな近づくべき人です。



▼その他の雑感▼
カスタム検索

トップページ2010年4月雑感筆者と会社

この記事へのトラックバックURL