2011年03月12日

お見舞い申し上げます。

このたびの大地震により被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。



clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2011年01月22日

多選を問う?

「多選を問う」流行語大賞にノミネートされても不思議でない時期がありました。しかし、それが全て良いとは思いません!
「実績」と「やる気」そして何よりも地域を想う「熱い心とリーダーシップ」が継続していれば、何度も当選していても「多選」であっても私は良いと思います。
「多選」の文字に影響され、目先だけムードだけで「とりあえず人が替われば」と言う考えは無駄な税金を費やす結果になることも肝に銘じていただきたいと思います!

以上のことは、これまでの首長選挙で取りざたされてきましたが、議員選挙においても「多選阻止」は大いに考慮されるべきであると思います! 「前回も投票したから今回も同じ人に」では、私たちの地域・地元のためにはなりません!
国・都道府県・市町村議員でも、実績、特に日ごろからやる気が感じられない人が「多選」されています!もちろん選ぶのは有権者の皆さんですが・・・。
 現職議員の活動状況や実績がわかるサイトでもあれば有権者の皆さんの参考になるのですが!

先日のタウン誌で県政を目指す人が「世襲・多選を問う」と云っていますが、もっと地に足を付けた「政策」を提言されるべきであると思います!ましてや所属する政党には多くの「多選」者が居られるのですから!
 「世襲」も悪いことではないと私は考えます!身近に手本たる人が居て、親の背中を見ながら自分なりの想いを胸に打って出る!良いことではないでしょうか!
身近にお手本が居られれば、若い時期から経験出来ることがたくさんあると思います!その経験が、政治活動に生かされるのであれば、国民・市民にとってはプラスの要素であると思います!

肝心なのは世襲する人の人格・能力が問われる訳で、それを理解して有権者が投票するかであります!
安易に「世襲・多選を問う」とはおかしな話であります!

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)どうする!厚木! 

2011年01月21日

市長選挙

いよいよ1週間後に「厚木市長選挙」が告示されます。
思い起こせば4年前「多選阻止」の言葉だけで、市長が交代したと思います!
その他の政策のようなものは、とって付けたような形で、本番ぎりぎりに通り一辺の言葉を並べられていたように記憶しています。

ともあれ、現市長は当選され4年が経ちました。
当選された直後には、ご自分の選挙において逮捕者等が出られた関連もあってか、給与のカットを議会に上告されました。

私は当時、市議会に席がありましたので、小林市長派の先輩議員にもご本人が「やましいことは何もない」と云われているのだから、給与カットを云われることなく堂々とされていれば良いのではないかと申し上げましたら、ご本人が周りの近い議員さんの云うことを聞かないとのことでした。

昨年から同僚だった現職の市議さんから、小林市長は議会において質問に対して、ご本人が「答弁されない」との話を伺いました。
副市長が代わりに答弁され、ご本人は役所時代の得意分野であった土木に関する案件については答弁されるとのことでした。

何はともあれ、議会や委員会等において議員からの質問に答えないとは言語道断の所業であると思います!

私の信条として、支持していない市長に代わっても当選されて就任された方は、市民の皆さんから信任をいただいているわけですから、お互いに厚木市のために骨身を削って事にあたるべきであると思っていました!

今、厚木には「リーダー」が不在だと思っています!
何故なら、これからの時代に対応できる「厚木の将来像」を何も提示していないからです!

「失われた4年間」と指摘されているのには、それなりの理由があるからだと思います!

clover_tt at 08:08コメント(0)トラックバック(0)どうする!厚木! 

2011年01月18日

厚木が危ない!

全景2 厚木の一等地である北口の正面のビルの1・2階の大きなスペースは、大手銀行の店舗でしたが、建物の耐震整備が行われないためか、移転しテナント募集もされず空室のまま閉ざされています。
その他パルコが入っていたビルもそのままの状態で、まるでゴーストタウンの観があります。
“まち”の将来を考えるのは先ず地元の人達ですが、地域やブロックで考え意見をまとめるのは至難の業であり、これまでに怠っていた結果が現在の“まち”状況を生み出したのではないでしょうか。
駅まちづくりを推進するには、地域の皆さんのご協力が不可欠であり、それを構想するには行政が何らかの形で関わり、民間のノウハウや技術を集約して行うものであると考えますが、この何年間も行政は提言らしきものはしていません!
サティ等がある仮称2-2地区なども含めて、調査と称して予算等が多少出されていますが、平成16年に都市再生緊急整備地域に指定された際に、政策やプランなどが出されており、新たに調査することはないと思います!

昨年末、海老名市では「ららぽーと」の出展がほぼ決定されました。
地域的には良いことですが、では私たちの厚木は今後どのような都市にして行くのでしょうか!?
何も手立てをせずに、のんびりしていた「つけ」を今の厚木市政はどのように責任をとるのでしょうか!

2月に行われる選挙では、このほかにも多くの政策の違いが取りざたされると思います。


clover_tt at 16:37コメント(0)トラックバック(0)どうする!厚木! 

2010年03月14日

「花植え」を行います!

hana4やっと春らしい天気になってきました。
この冬の天候は、例年と違って雨も多く寒さも厳しく感じました。

街路樹はまだ芽を出していませんが、一足早く「街」に春を呼び、活気を取り戻す期待を込めて、恒例の「花植え」を行います。
日時:平成22年3月27日土曜日 午前9時30分から
場所:本厚木駅北口広場 花壇の前 集合です。

厚木市内では多くの地域で、花植えの活動が展開されるようになりました。
小中学生の皆さんも参加してくれています。
「地域を大切に!きれいに!」この想いを込めて、これからも多くの皆さんの参加をお待ちしています。

clover_tt at 10:18コメント(0)トラックバック(0)まちづくり 

2010年03月01日

議員年金(その2)

私が市議会議員になった頃、控室で年金の計算を真剣にしている先輩がいました。年齢は私より年下の方でした。
その場面を見た時、その方にとっては真剣な物事であったかもしれませんが、私は唖然とし、心の底から「がっかり」しました。
7年位前の事ですが、その時点で議員年金を貰う時代ではないと考えていました。
ある地方の市議が、年金の掛け金を毎月引かれて大変だと云われていましたが、当然私も引かれていました。
現在のシステムが自動的に加入するようになっています。
先に述べた多くの要因の中で、もっとも重要なことは
・多くの税金が投入されていること。
・ほかの年金と重複して支給されること。
であります。
議員年金制度を直ちに廃止するべきであり、新規加入も行わなければ受給云々に至りません。
但し、一時的でも現受給者の対応、払い込みをした現職議員の対応を行う事を一日も早く行うべきであると強く思います!

地方議員は、通常年4回の議会(20〜30日/回)と、その他視察などが主な公的仕事であります。
中には本会議中に、個人の仕事や私用で抜け出す輩もいます!
選挙で選出された人は、身を粉にして働き奉仕するべきであると考えます。
その覚悟がない人達が大半であると思います。
日常の地域活動等があるにしても、公的には一年の半分も働いていない訳です。
議員は常勤であっても良いと思います。
そのために仕事が出来るように会派ごとに控室があるわけです!
休憩や食事をするだけの場ではありません。
会派もありますが、政策を論じている人達はごく一部だけで、「政策集団」などと会派広報に表現していますが、あくまでもPRにすぎません。

毎日神経を研ぎ澄ませて「何をすべきか」「こうしたい」等々を考え、人目に付きながら本気で真剣に議員活動をする人は、精神的肉体的に5期も10期も続けられない仕事であると私は思っています。
それを出来る方は、精神も体力も強い方であると思いますが、その反面要領が良くなり形だけをこなすベテランさんでしょう・・・。
初心の志を強く抱いて、自分を律しながら活動を続けることは大変なことであると思いませんか?

新しい思いや発想、そして強い信念を常に持って行動をしていただかないと、年金に税金を投入する訳にも行きません!

clover_tt at 10:16コメント(0)トラックバック(0)政治理念 

2010年02月11日

議員年金(その1)

議員年金についての話題が、ここ数年多く出ています。
国会議員については、民意を受けてとりあえず対応されました。
地方議員に至っては、賛否両論で議論がされています。
市議会議員では、「平成の大合併」によって議員数が激減し破たんが目に見えています。
議員年金を考えると問題点がいくつかあります。
1.議員年金のほかに国民年金や厚生(企業)年金が重複してもらえること。
2.運用が加入者だけのお金出なく、税金が多く投入されていること。
3.もらう側の議員経験者が、支給されることが当然と思っていること。
まだまだ多くの問題があると思いますが、身近に感じられる点です。

年金が重複してもらえる制度は「特権階級」的な発想ではないでしょうか?
私は反対です。
なるほど長年にわったて掛けて払ってきた人達からすれば、損をすると云う意識はあるでしょう。
であれば、支給を受ける際にどの年金を支給してもらえるか、そして重複して払った支給を受けない年金については、これまで支払った分の一部なりを一括して返済してもらうなりの方法で選択するようなシステムを早急に考えるべきであると思います。

議員年金が発足して以来の制度で税金が投入されてきました。
現代社会では、当たり前の考えではなくなっています。
たかだか3期12年だけで年金がもらえること自体、「特権階級」的な発想だと思います。
これまでは良かったかもしれません、通用したかも知れませんが、これからの時代は通用しないと思います!

年金を受給されている皆さんには申し訳ありませんが、破綻が目に見えている現在、受給することは困難な状況にあると思います。
また、税金をこれまでのように投入するか否かは国民・市民の皆さんの同意が必要であると考えます。

テレビの報道で、ある市議会議員が給料が少ない(年金分を天引きされている)から生活出来ないと云われていました。
とんでもない発言だと思います!
私は議員活動や政治活動は「奉仕」であると思っています。
議員報酬が生活の基盤になれば、それはサラリーマンと同じだと思います!

clover_tt at 09:45コメント(0)トラックバック(0)政治理念 

2010年02月01日

私たちの「あつぎ」はどうなってしまうのか!

toori多くの人たちと、お話をさせていただいていると必ず出る話題は「厚木はどうなってしまうのか?」です。
世の中が不景気と云われ、その影響があるにしても街中はテナントが撤退した店舗やコインパーキングが目立ち、繁華街を歩いていてもワクワクする気持ちにはとうていなれません。

遅すぎるかもしれませんが、今どうにかしなければ明るい将来は見えません。
中心市街地では、都市再生緊急整備地域の指定を受けても、根っから耳を傾ける地域の方はあまり居ませんでした。
地元の「商人」と云う人たちが減ってしまったのも、街が衰退した原因の一つかもしれません。
今では、商人と云われた方達がビルのオーナーになり、現場で商いをしているのは外から来られたテナントさんであり、状況が悪くなれば出て行く人達です。
地元の私達は外に出て行く訳にはいきません。
現場で商いをして、来られるお客さんが何を求めているかを現場で声を聞き、肌に感じながら、「どうすれば良いか」を考える時ではないでしょうか!

今が良いだけでは先はわかりません。自分のところだけ良いということで良いのでしょうか。
町が、地域が一体となって、みんなでビジョンを持って考えなくてはいけないのではないでしょか!

街の活力は自分たちが仕掛けなければ、勝手にやってくるものではありません。
魅力のある、こだわりのある「快適で心豊かな“まち”づくり」をして行きたいものです。

clover_tt at 16:18コメント(0)トラックバック(0)どうする!厚木! 

2009年07月04日

「花植え」を行いました!

hana5恒例の花植えが行われました。
今日も厚木中学校の生徒の皆さんが25名参加してくれました。
そして、地元の西仲自治会の子供会のお母さんも、お子さんを連れて参加してくれました。


hanahana1





あとは、浅岡委員長をはじめ、法人会青年部の皆さんと私たち「あつぎ“まち”づくり会議」のメンバーが参加しました。
総勢40名で本厚木駅北口広場のフラワーポット、新旧ミロード前、和田薬局さん前、そして「あつぎ大通り」沿いの花壇に花を植えて行きました。hana2hana3






約1時間30分位で、奇麗な花達が街中に植えられました。
作業が終了して、片付けをしている時に中学3年生の女子生徒が「中学を卒業しても花植えに来ても良いですか?」と云ってくれました。
「勿論!大学に行っても、大人になっても、お母さんになっても多くの人たちにこの輪を広げて下さい」と伝えました。
本当に嬉しい言葉をいただきました。hana4hana6






国や行政に対して、なんでも要求するだけでなく、自分たちが考え行動することによって、街や社会を良くして行くことを次の世代を担う子供たちが自然に身に付けてくれることが、より良い社会づくり、地域づくりにつながって行くと思います。
皆さん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

clover_tt at 16:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2009年06月30日

花植えを行います。

花2
平成21年7月4日土曜日
午前9時30分
本厚木駅北口広場集合です。
毎回、厚木中学校の皆さんが大勢参加して下さるようになって、本当にありがたく、そして皆さんの将来が楽しみです。

花今回も「あつぎ大通り」沿いの歩道花壇に植えて行きます。
先日、厚木中学校の元校長先生の城所先生とお会いする機会があって、生徒の皆さんが一生懸命手伝ってくれていることをお話しましたら、大変喜ばれていらっしゃいました。
少しづつですがアダプト制度(花植え)の輪が広がっています。
まちづくりが完全にストップしている「街中」を、花で明るくして行きたいと思います!
皆さんのご参加をお待ちしています。

clover_tt at 10:18コメント(0)トラックバック(0)まちづくり 
プロフィール
竹松としお











自己紹介はこちら!


竹松としお事務所
厚木市中町3-2-20
TEL&FAX 046-297-7778
info@takematsu-toshio.net
訪問者数

最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ