2008年09月06日

「宇賀弁財天様」のお祭り

弁2恒例の弁財天さんのお祭りが行われました。
有難いことに毎年「ご案内を」頂戴して今年も伺いました。
以前にも申し上げましたが、この地域は私が小学生の頃(約45年前)から変わっていない地域です。
家並も多少マンションが出来ましたが、町並みや風景はほとんど変わっていません。

弁財天さんの祠も開けられ、弁天様の綺麗なお姿がライトに照らされて感慨深い雰囲気でした。弁1弁3






 毎年路上にトラックの特設のステージが設営されていますが、今年は皆さんのお骨折りで自前のステージが設営されていました。
厚木北地区の各自治会長さんをはじめ、地域の役員さんや関係者、行政や議員の皆さん、地元の多くの皆さんが参加して賑やかでした。
歌謡ショーや催し物が行われ、皆さん楽しそうに過ごされていました。弁弁4






 地域では数年前から「小江戸まつり」が開催されています。
地元の皆さんをはじめ青年会議所・厚木市が一緒になって運営が行われています。
隣の東町商店会では東部地区商業活性化を目指して、地域づくりも推進されています。
しかし、まだまだ課題がたくさん残っています。
その一つに私が提唱してきた「防災のまちづくり」がまったく進んでいません。
「寿町1丁目周辺防災のまちづくり協議会」が平成15年に立ち上げられ、地元の皆さんと行政が一体となり協議を重ねて、1年後に厚木市長に対して「提言書」も提出されましたが、いまだに提言事項に沿った問題解決が行われていないのです。
耐震性防火水槽の設置・道路幅員・身近な避難所の確保等々です。
特にこの地域には防火水槽がありません。火災発生時は200m以上離れた場所から水の確保をしなくてはなりません。当時は厚木市の担当の方が道路に防火水槽を設置する案も出していただきましたが実現には至っていません。
道路幅員も狭く、消防車や救急車が進入出来ない狭い道路もたくさんあります。
すでに要望して4年の月日が経っています。
地震は何時来てもおかしくない現在、火災も含めて災害に強い「まちづくり」が急務であります。
阪神淡路大震災では既存の防火水槽が地震によって破壊され、消火活動に必要な水の確保は出来ずに二次災害にもつながりました。
この地域の人口密度は東京の新宿以上であるとの調査結果も出ています。
お祭りや地域の活性化も大切ですが、先ずは災害に強い地域づくりを出来る事から早急に行うことが今まさに最優先な事ではないでしょうか!弁5弁6

clover_tt at 23:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2008年08月31日

防災訓練

防防1






 厚木市内一斉に「防災訓練」が行われました。
地元西仲自治会では、私たち役員は7時30分に集合して、準備に取り掛かりました。
最終ミーティングを行い、各班に分かれて準備がスタート。
防災倉庫から機材や物資を運び出し、手際良く設営が行われました。防3防2






 地域の皆さんが8時30分に集合して、山本自治会長の挨拶の後、説明が行われ、子どもからお年寄りまで消火活動やウインチを使って重い物を持ち上げる作業、三角巾の使い方等々を真剣に行っていました。防4防5







防6防7





 会長挨拶の中でも真剣におっしゃっていましたが、関東大震災をはじめとして過去起こっている大地震の周期はとっくに過ぎていて、現在地震がいつ起きても不思議ではありません。
日頃からの心の準備や、対応を常に考えておかなくてはなりません。
私たちの地域は都市部であり、今年は雷雨や集中豪雨が多発していて、「水」の災害にも注意をしなくてはなりません。
山間部等や河川周辺の自然災害、そして都市部では住宅の密集や自然を無視した開発等によって都市災害が大きな問題になっています。
福祉や教育を含めて多くの難問が山積みされている現在、防災も含めて国や県に依存するばかりではなく、独自の財政基盤を構築してこれらの難問に対応して行く「力」を持つことが必要であると思います。防8防9







防10防11





 一通りの訓練終了後は、地域の防災拠点に指定されている厚木中学校への避難訓練を行い、防災倉庫の確認等を行いました。
中央公園でも、厚木市の職員さんや地域の関係者の皆さんが訓練をされていました。
いつ来てもおかしくない災害に対して個人は勿論のこと、地域の皆さんが力を合わせて立ち向かう心構えが大切であると思います!

clover_tt at 15:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2008年08月10日

厚木市民水泳選手権大会

ss1






厚木市民水泳選手権大会が開催されました。
厚木市水泳協会が主催で毎年行われ、顧問としてお手伝いをさせていただきました。
本大会は小学生から75歳の高齢者まで、市営プールやスイミングスクール、部活動等で日頃から水に親しんでいる皆さんが、その成果を試してみる記録会でもあります。s2s3







曇りがち天気は、準備や運営をしている私たちにとっては有難かったものの、出場している皆さんには少し寒かったかもしれませんが、楽しく一生懸命に泳いでいました。s4s5







厚木市体育協会・教育委員会や東京工芸大学の協賛もいただき、開会式にも参列していただきました。また、開会宣言では最高齢の雨宮さんが選手宣誓を行ってくださいました。s6s7







各種目を年齢別に行いましたが、皆さんそれぞれの目標通りの泳ぎをされていました。
また、北京ではオリンピックの開催されていて気持ち的にはいつもの年より雰囲気は違っていたかも知れません。s8s9







1位の方には表彰状が授与され、大喜びで受けられる方や恥ずかしそうにしている方もいられました。
皆さん楽しい1日を過ごされたのではないでしょうか。
水泳協会の皆さんお疲れ様でした!

clover_tt at 18:08コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2008年08月04日

ニューブリデン市長と交流

nn5






厚木市の友好都市、ニューブリデン市(アメリカ・コネチカット州)のスチュワート市長が友好都市締結25周年もあり「厚木鮎まつり」に出席するために厚木に来られました。n6n7







n10n11






2年前、会派の8名でニューブリデン市を訪問し、本当に心温まる歓迎をしていただきました。
ニューヨークから車で3時間、人口は約7万人の都市で、とてもきれいな街です。
市内にはコネチカット州立大学があり、多くの学生が学んでいます。
大学では英語を話せない学生のためのコースがあり、語学が身に付いたら専門の学部に入学が出来るシステムが確立しています。
残念なのは遠距離の理由もありますが、日頃から交流があまりされていないことです!n9n8







議会でも取り上げて、もっと交流を盛んにするべきであると進言しましたが、未だに実現していません。
厚木の子供たちが海外に、特にアメリカに留学するのであれば、是非進めたい都市です。
親御さんにとっても友好都市であれば安心だと思います。何よりも勉強するには打って付けの環境だと思います。
厚木市の職員さんも海外の事情を把握するためにも、毎年2名位は派遣されて行くべきであると思います。
そして、大学が多くある厚木市でもニューブリデンの子供たちの受け入れも積極的に行うべきであると思います。n1n2







n3n4






公務も終了し、市長の好きなゴルフを一緒に楽しみました。
しかしながら、日本の湿度の高い猛暑にはビックリされていました。
夕方からは奥様や、当時お世話になり今回同行されたキム先生(コネチカット大教授)ご夫妻を夕食に招待して楽しい一時を過ごすことが出来ました。
これからも素晴らしい友好関係が続くようにしたいものです。
厚木市は中国の揚州市、韓国の軍甫市とも友好都市を締結しています。
市民の皆さんが身近に感じられる友好都市を更に考えていくべきであると思います。

clover_tt at 23:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2008年07月11日

お天王さんのお祭

お天王さんのお祭が行われました!mm1







m2m3






朝6時に山車小屋から山車を出す事から今年のお祭が始まりました。
西仲自治会では、平日を休業して多くの自治会役員さんがお祭の準備です。
猛暑の中、会場の準備や、山車の飾り付け、街中の縄やちょうちん張りに大忙しでした。m4m5







m6m7






午後4時からは、厚木神社さんでお神輿の御霊入れが行われ厚木地域の各自治会から11基のお神輿が集まりました。m8m9







m10m11






子供会のお母さんや、婦人会の皆さんも大忙しで準備を行い、夕方にはすべての準備が整い、子ども達のお囃子の太鼓が鳴り響きました。
今日は宵宮で夜の8時には駅前に山車が繰出して1時間ほどお囃子が披露されました。
行き交う人達は、夏のお祭気分を大いに堪能されていました。m12m13







m14m15






m16m17

clover_tt at 22:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2008年07月05日

花植えを行いました!

hh1






恒例の花植えを行いました!
夏真っ盛りの暑い太陽の下、45名もの皆さんが集まって頂いて行われました。
中学生の皆さんも更に増え、小学生は勿論お父さんやお母さんに連れられたちびっ子達もたくさん参加してくれました。
厚木法人会青年部の皆さんも主力になって参加いただき、宅建協会や市内法人の小島組の皆さんも参加してくれました。
その他は、私達の「あつぎまちづくり会議」のメンバーです。h2h3







h4h5






9時に本厚木駅北口広場に集合して、花の搬入や注意事項等の説明が行われ、いざ花植えが始まりました。大きい花壇は前回からデザインを考えたので、今回もあらかじめ線を引いて花の種類が分けられました。厚木市の担当である道路維持課の皆さんの休日にもかかわらず一緒になって汗をかいていました。h6h7







8月第1週は鮎祭の花火大会もあり、多くの方が厚木に来られます。今回は特に頑張ってたくさんの花を植えました!
いつものように駅から、あつぎ大通りの市役所第2庁舎までの役500mの歩道の花壇にも花を植えました。さすがの暑さにみんなヘトヘトでしたが、綺麗な花たちを観るとほっとして元気も出てきます!h8h9







h10h11






これからも私達の街を私達の手で大切にして行きたいと思います!
そして多くの皆さんが、もっともっと“まち”や地域を大切にする心を持っていただきたいと思います。
「快適で心豊かな“まち”づくり」をこれからも皆さんと一緒に推進して行きたいと思います。
参加していただいた皆さん、本当にお疲れ様でした!h12h13

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)まちづくり 

2008年06月16日

花植えを行います!

sg6hana9






恒例の「花植え」を行います!
(日時)平成20年7月5日㈯ 午前9時 集合
(場所)本厚木駅北口広場 花壇前

アダプト制度を活用したまちづくりや地域づくりの花植えの輪が広がっています。
各地域や会社の団体の方たちも参加して、新しいグループが誕生しています。
5月には厚木市の道路維持課主催にて、アダプト(里親制度)に参加しているグループの代表が集まって意見交換がされました。
中には自治連の会長で元市議の中野さん(妻田南)や、同じ元市議の脇島さん(南町)も参加されました。
私達の「あつぎまちづくり会議」の花のまちづくり推進委員会では、浅岡委員長が出席して大いに意見交換をして来ました。hana7hana11







昨年から中学生の参加も多くなり、参加者にはボランティア活動参加の証明書も発行しています。
私達の大切な「まち」を綺麗な花でいっぱいにしましょう!
道路特定財源(まちづくり交付金等)を利用して、厚木地区では道路や歩道の整備が進められています。
街並みはまだまだ良くなりませんが、心のこもった「花のまちづくり」の未来には、きっと「快適で心豊かな“まち”」が創られて行くと思います!
今回は特に「鮎まつり」が近いので、駅前からあつぎ大通りの三宅眼科さんまでのすべての花壇に花を植えます。
多くの皆さんの参加をお待ちしています!

clover_tt at 13:18コメント(2)トラックバック(0)まちづくり 

2008年06月08日

西仲自治会役員研修会 その2

i6i7






志摩にて宿泊し、研修会2日目は「お伊勢さん詣り」をしました。
8時15分に宿を出発し伊勢神宮へ。
内宮にそろってお参りをして「おかげ横丁」の見学をしました。i8i9







昨年色々と話題になった「赤福」の本店がある所です。
江戸時代には日本人の5人に1人は「お伊勢さん詣り」をしていたそうです。
しかしその旅は命がけの旅であり、伊勢の人達は「よく来られました」と、おもてなしの精神で旅人を迎えたそうです。i10i11







その精神は現在にも引き継がれて、伊勢の人達は面倒見が良いと云われているそうです。
日本きっての観光地でもある伊勢神宮とあって、年間に何百万人もの観光客が訪れている地域でありますが、それに驕ることなく街をきれいにして「おもてなし」を忘れず、各お店が努力しながら商いをされていました。i12i13







時間の都合で1時間半位の滞在しか出来ませんでしたが、良い「まちづくり」を見せていただきました。
今年の研修会も収穫のある研修が出来ました。

clover_tt at 23:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2008年06月07日

西仲自治会役員研修会 その1

ii1






西仲自治会で毎年恒例の「役員研修会」が行われました。
毎年テーマを決めて全国各地の地域に研修に出かけています。
ここ数年「防災」をテーマに新潟中越地震や能登半島沖地震の被災地に赴き、現場の意見をお聞きし現地も視察して、いつ起こるかわからない地震や災害にどのように取り組んで行くかを検証しています。i2i3







また、本厚木駅北口を持つ自治会として「まちづくり」も視野に入れて、地方でまちづくりに励んでいる都市や地域を積極的に見学しています。
今回は松阪市を訪問し、高速道路の建設現場を見学しました。
自治会役員の割田さんが当地の建設事務所長をされていて、懇切丁寧に説明をしていただきました。i4i5







私たちが日頃何気なく利用している高速道路には防災の観点から、色々な工夫がされています。
トンネル工事を主に見学しましたが、トンネルの長さに応じて消火栓や照明、換気口等が考えられています。
今回見学した地域は山の中で消火栓の水の確保が大変な所で、比較的市街に近い所では水道を引いてきたり、まったくの山中では雨水を貯めてポンプアップして水源の確保をしているとのことでした。
今回の高速道路建設現場見学は、日常では観る事の出来ない現場を見せていただきました。
これからは高速道路を走る際も、地震や事故に遭遇しても対応できる自信が出来ました。
それには安全運転が第一です!
6月からは後部座席の同乗者、バスの乗客もシートベルトの着用が義務付けられました。バスの中では運転手さんに指導を受けて全員しっかりとシートベルトを着用していました。
割田さん本当にありがとうございました。

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2008年05月08日

「親方日の丸」に大反対!

昨日の大阪府知事と労働組合との意見交換の模様を見てあきれてしまいました!
大阪府の財政再建は困難を極め、途方もない赤字が山のようにそびえています。
大きな決断あるいは小さなものからコツコツと等、今後あらゆる手法で対処して行かなくてはならない状況です。
勿論、現場で働いてきた皆さんからすれば、時代時代の政策に対応して職務を全うして来たことは、働くものとしてごく自然な形で今日があるわけです。
民間企業で働く方がよく言われるのが、「役所は倒産しないから良いなぁ!」です。
民間からすれば、会社が倒産しないと云う保障はまったくありません。
ましてや、民間企業では赤字が続けば倒産という事になるのが常識です!
昨日の意見交換の中で「あきれてしまった」のは、委員長が発言した「府民を守り、大阪の教育をよくするためにやっているので赤字で当たり前」と云う言葉です。
おおよそ民間では考えられない「発言」です!
厚木市においても年々民生費や高齢福祉費が目に見えて増えています。
しかし、必要だから赤字で当たり前と云う議論は通りません。
この発言は「親方日の丸」の発想意外何者でもないと思います。
既得権を守る事は大事な事です。ましてや前述したように現場で働いてきた皆さんは、時の政策に従って行動してきたわけですから。
では、現状のようにした「責任は誰にあるのか」と云えば時の最高責任者であった首長でしょう!
しかし、悲しいかなその責任追及が出来ないのも現実であります。
「人件費削減」と云う要請に現場の皆さんが反発するのは当然であると思いますが、その代表者たるものが「赤字は当たり前」と言っているようでは、大阪府の財政再建は「はるか彼方の夢物語」のように思えてしまいます。
国・県・市町村においては、民間同様の意識や感覚を今まで以上に持っていただきたいと思います。

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)政治理念 
プロフィール
竹松としお











自己紹介はこちら!


竹松としお事務所
厚木市中町3-2-20
TEL&FAX 046-297-7778
info@takematsu-toshio.net
訪問者数

最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ