2007年02月

2007年02月28日

四葉のクローバー

クローバークローバー1







私のシンボルマークである「四葉のクローバー」が、我家ではたくさん咲いています。
「誠実」「希望」「愛」「幸運」の意味が込められているそうです。
色はグリーンが好きです。そして、これらの言葉を常に胸に秘めてこれまで活動をしてきました。これからも「まちづくり」をはじめとした議員活動を行っていきたいと思っています。
春も近いので、恒例の「花植え」も始まります。少しずつですが仲間も増えてきました。
是非皆さんも参加していただきたいと思います。
あつぎ大通りではバリアフリー化で歩道もきれいになりましたが、花壇が減ってしまいました。沿道の商店の皆さんの協力もまだまだ推進されていません。
私たちの「まち」は私たちが守り、きれいにしなくてはならないと思います。
将来、厚木中が花でいっぱいになれば良いですね!
小さいことからコツコツと一歩ずつ厚木の未来像を実現して行きたいと思います。
クローバー2クローバー3

clover_tt at 12:18コメント(0)トラックバック(0)まちづくり 

2007年02月25日

自由民主党厚木市連合支部役員会

自民党厚木市連合支部役員会が開催されました。
議題は県議会議員選挙の公認についてです。
私は安倍晋太郎先生の秘書時代から自民党支持であります。
厚木では昭和54年に亀井善之さんが衆議院選挙に出馬した時から支持しています。
その自民党もこれまでに色々なことがありました。現状ではしっかりして下さいと思う気持ちがとても強いのが本音です。
厚木支部においては、これまで国会・県会・市会で公認をもらっている方が第1支部から第4支部までを持って運営されてきました。(小澤元県議・堀江県議・松田市議・小林元県議)
つまり自分たちの選挙だけを考えた組織になり「自民党」として物事を議論することはありませんでした。
これまでは自民党イコール亀井善之代議士で来てしまった訳です。
昨年衆議院の補欠選挙があり亀井善太郎氏が当選しましたが、厚木市では民主党とたったの5千票の差しかありませんでした。
36才という若い世代の国会議員が誕生し世代交代もなった今、これまでと違った国・県・市が真に連携しスクラムを組んで国政・県政・市政が切磋琢磨しながら地域のことを考えて行かなくては市民の皆さんの役に立てないと思います。
これまでに国会・県会議員に勉強会の開催を申し入れてきましたが、なかなかその機会が出来ませんでした。
ましてや、ここ十数年自民党としての研修会や集会は開催されていないのが現状でした。
役員会において神奈川16区選挙区支部長である亀井善太郎議員より、これからは国・県・市において強いスクラムを組んで地域のために働きたいとの発言がありました。
県議選公認については執行部の案を伺いました。
現職の堀江県議には昨年現市長の小林氏と共に公認を出し、現在公認は1名であり、この度厚木市議の松田(54才)、萩原(39才)両氏から公認申請が出されたことに対して、両名を推薦としたいとの案が出されました。
1月の市長選挙の推薦についても、昨年の12月に役員会が開催されました。
その席には2人の候補者を支持する皆さんが出席しての審議でした。
そのような席で推薦の審議をしても泥沼的な様相が出るのが当たり前であると思い、その際も執行部の案に従いましたが、選挙が終わってみれば民主党の姿が見えたりの選挙であり、自民党としての本筋を徹す選択肢はありませんでした。
役員会ではこの度の県議選では2名を「推薦」することにしましたが、これからは選考制度や状況判断をきちっとした姿勢で行なっていかなくてはならないと思います。
市民の皆さんには各政党を支持される方や無党派層の方もいられます。
私は地方議員として、厚木市がいかに良くなるかを考えています。
議員活動の中で、生活の身近な事柄から福祉や教育、都市計画、道路など市政運営には国や県の協力が必要な事柄が多くあります。
地域を良くするために、これからも自己研鑽も含めそのパイプを強く保ちたいと思います。



clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2007年02月23日

議会運営委員会と臨時全員協議会

10時30分より議会運営委員会が開催されました。
1.2月市議会定例会について
 …鷭舒瞳錣砲弔い
  不動産取得(荻野運動公園32,070屐■押ぃ械沓押ぃ牽械押ぃ娃沓官漾紡勝道路認定、補正予算、条例改正、平成19年度予算の35件。
 会期、日割り(案)について
  3月2日から3月27日までの26日間
2.請願について
  地方税ポータルシステムの早期導入を求めることに関する請願
3.議会関係当面の予定について
  厚木市議会選挙が例年より2週間程早く執行されるため。
以上について審議を行いました。
11時より臨時全員協議会が開催されました。
(報告事項)
 平成19年度予算の概要について
市長交代もあり骨格予算とし、人件費、扶助費及び公債費などの義務的経費をはじめ、継続費及び債務負担行為を設定している事業、長期継続契約に係る経費、国庫補助金等を受入れる事業で継続的に進めている事業、年度の前期に執行する必要があり、直接市民生活に影響のある事業などの経費を中心に、当初予算として必要最小限度の経費について編成されました。
一般会計  697億5,700万円(△10.6%)
特別会計  541億5,119万9千円(2.3%)増
予算総額1,221億819万9千円
(歳入)
市税合計 485億8,953万7千円5.3%
個人市民税143億7,003万8千円15%
法人市民税 90億479万4千円  2.1%
固定資産税 85億9,629万4千円(土地)0.3%
 〃    80億7,895万3千円(建物)3.4%
償却資産税 40億4,841万1千円0.4%
地方譲与税  6億5,800万円△70.5%
地方特例交付金4億5,700万円△69.5%
国庫支出金 50億9,536万7千円△7.1%
繰入金      2,465万7千円△98%
繰越金    3億円(見込み)△76.9%
諸収入   34億3,459万3千円△38.5%
市債     7億830万円81.8%
以上の報告がありました。
議案については議会にて審議してまいります。

clover_tt at 16:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2007年02月22日

山口巖雄厚木市長の退任

山口山口1







私の師匠である山口市長が退任されました。
神奈川県議会議員を2期勤め、平成7年2月の市長選挙に当選され、3期12年厚木市政を牽引されてきました。
その手腕は本当の意味で高く評価されるものであると思います。
「清潔・公正・公平」の精神で、多くの政策を掲げ市民の皆さんをはじめ、職員や議会の協力をいただいて実行することが出来ました。
就任当初云われていた事が、「庁舎の中で笑顔と挨拶がない」と云うことでした。
私たち民間の日常のごく自然な動作が見受けられないとのことでした。
一番最初に取り組んだのは、庁内改革で「笑顔で挨拶しよう」でした。
行政サービスも民間と同じサービス精神が必要でありますが、当時の厚木市庁舎内では違っていたようです。
その甲斐あって今では職員同士、また市民の皆さんに明るい笑顔で挨拶が自然に行なわれています。
小さい事からコツコツと、そして大きな課題にも毅然とした態度で邁進されて来ました。
11時からの退任式が終わり、正面玄関に500人を超える市民の皆さんの大きな拍手に迎えられ挨拶をされました。スポーツマンらしく堂々と和やかな挨拶でした。
お話を聞いている間、涙がとまりませんでした。
迎えた市民の皆さんの目も真っ赤でした。そして口々には「本当にお疲れ様でした」と囁いていられました。
これからは厚木市民として頑張っていただきたいと思います。
山口2山口3







退任式前に同僚の萩原新吾議員と市長室に伺い、一緒に記念写真を撮りました。
山口市長が抱いてきた強い厚木を思う「心」を、私も更に大切に胸に強く抱いて議員活動をしてまいります。


clover_tt at 15:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2007年02月21日

平成19年厚木市議会第1回臨時議会

9時から臨時議会が開催されました。
会期は本日1日として議案説明がありました。
議案第1号 厚木市アメリカ合衆国軍隊の構成員等が所有する軽自動車等に対する軽自動車税の賦課徴収の特例に関する条例について
対象者についての質問があり、アメリカ合衆国の国籍を持つ、軍隊の構成員とその家族との答弁がありました。
支払については日本円にて行なう。両国の協定や安全保障に基づくものがなくなった際には本条例も検討されるなどの答弁が行われ、賛成多数にて可決されました。
その後、この度退任される山口市長からご挨拶がありました。
これまでの3期12年の想いや実績、そしてこれからの厚木市が更に発展することと、議会の皆さんに対しての感謝と厚木市発展にこれからもご協力いただきたいとの強い願いを込めた、さわやかな退任挨拶でした。
また、議長からも山口市長へ議会を代表して感謝の言葉を送りました。
山口市長は明日2月22日午前11時30分に厚木市役所をあとにされます。
10時15分から定例全員協議会が開催されました。
・工事請負契約締結について
愛甲宮前交差点ぺデストリアンデッキ整備工事(下部工)
蠕郛次。僑亜ぃ坑娃亜ぃ娃娃葦
*愛甲石田駅北口広場内の工事です。
・年度替わりの住民移動届等が集中する3月25日、4月1日8日の休日における窓口業務開設について
*対象は市民課、国保年金課、医療政策課、介護保険課、児童福祉課、学校教育課です。
(工事のお知らせ)
厚木一番街通りの旧パルコ響阿諒眛珊事が行われます。路面が傷んでいたためです。この通りは3年前から要望があり、これまでにブロックごとに工事が行われ、最後の箇所となります。本来であれば都市再生や再開発と併せて地域づくりにマッチした道路を考えられれば良いのですが、地域や地権者の皆さんとの合意が図られない現在では、とりあえず歩行者の安全確保の上でも修復工事を行わなくてはならないと思います。
10時45分から議会運営委員会が開催されました。
議案は政務調査費について
条例の一部見直しと改正時期についての議論があり、条例を改正し平成19年度より施行する合意がされました。詳細については後日検討していきます。


clover_tt at 15:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2007年02月16日

Kidsアート

キッズキッズ1







第5回Kidsアートの除幕式が行なわれました。
“まち”元気アップ委員会で当時委員長をさせていただいた時から初めて5年が経ちました。
中心市街地活性化を考えて、将来を担う子供達に厚木の未来を絵に描いてもらおうとスタートしました。今年も厚木小学校(215枚)と厚木第二小学校(214枚)のお子さん達の作品が厚木一番街(58枚)、なかちょう大通り(58枚)、中央通り(65枚)、厚木大通り(98枚)、かえで通り(40枚)、ゆりの樹通り(44枚)、すずらん通り(30枚)が展示されています。
お子さん達の作品を、ご家族やお知り合いが観に来ていただいて街の中を大勢の皆さんに散策していただきたいとの想いでスタートしたところ、家の子の作品は何処に展示してあるかとの問い合わせが当初から殺到し、現在に至っています。
除幕式での厚木第二小学校の校長先生のお話では、毎年恒例となり子供達も楽しみにしているとのことでした。
街を歩かれた際には、少し目線を上げていただいて子供達の作品を観ていただきたいと思います。
“まちづくり”には建物や道路のハードな部分が必要ですが、それ以上に温かい心や、熱い想いのソフトな面が大切であると思います。
これからも、中心市街地の“まちづくり”に、そして駅周辺の“快適な住環境づくり”に対して一生懸命活動してまいります!
キッズ2キッヅ

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)まちづくり 

2007年02月14日

議会運営委員会

議会運営委員会が開催されました。
議案は
1.平成19年厚木市議会第1回臨時議会について
(1)提出案件について
  議案第1号 厚木市アメリカ合衆国軍隊の構成員等が所有する軽自
        動車等に対する軽自動車税の賦課徴収の特例に関する
        条例について
  *日本国とアメリカ合衆国間の総合協力及び安全保障条約に基づき
   厚木市市税条例の特例を定めるものです。これまでに該当する
   事例がなかったために制定するものです。
(2)会期、日割り(案)について
  2月21日午前9時開会 1日
2.政務調査費について
  *各会派にて意見の集約を行い次回議会運営にて検討する。

次回の議会運営委員会は、21日本会議、定例全員協議会及び会派代表者会議終了後に開催されます。
(案件)政務調査費について
2月議会は平成19年度予算について審議されます。慎重に審議して対応して行きたいと思っています。 




clover_tt at 12:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2007年02月12日

新春国政報告会

亀井亀井1







昨年10月に初当選した衆議院議員 亀井善太郎氏の国政報告会に出席しました。
就任4ヶ月ですが、これまでの経験を生かした経済対策を含め、「今年の重点取り組み項目」についての報告がありました。
経済・財政、社会保障、人づくり・国づくりをテーマに、分かり易い説明がありました。
日本の実質経済成長の問題点、生産性の低さ(特にサービス業)、中小企業支援では融資の円滑化(第三者や本人保証を求めない制度に移行)、日本の財政再建(公的債務残高・19年度予算における財政再建)、公務員人件費の圧縮、特別会計改革、年金制度改革(社会保険庁の解体出直しによる組織の再生)、教育再生(教育内容の改革・教員の質の向上・教育システムの改革・家庭や地域社会等の参画)、外交と憲法などについて、自分の意見をはっきりと主張しながらの報告会でした。
厚木市文化会館大ホールに参集された皆さんも、1時間15分の報告会を、時間の経つのも忘れて真剣に聞き入っていました。
国政については新聞やメディアで知る程度で、生の声で懇切丁寧に説明を聞くと、より身近な話題になります。
亀井2亀井3







国政、県政、市政ががっちりとスクラムを組んで地域の課題について情報交換を活発に行い、対応していくことが大切であり厚木市にとって利益のあることです。
これまでは国・県・市の縦の結束が手薄であったと痛感しています。意見交換や勉強会の機会もなかったのが現実であり、私もこれまでに何度もその機会をつくろうと活動してきましたが残念ながら実現できませんでした。
世代交代が進む中、厚木市でもこれまでと違った積極的な姿勢で議員同士が力を合わせて市民の皆さんと地域のことを更に考えて行くべきであると考えます。


clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2007年02月04日

厚木市表彰式

表彰表彰1







平成18年度「厚木市表彰式」及び「厚木市教育委員会表彰式」が厚木について市文化会館にて行われました。
自治表彰5名、一般表彰119名、スポーツ表彰61個人・団体、感謝状6個人・団体、教育委員会表彰20個人・団体、感謝状1団体の皆さんが表彰されました。
長年にわたり市議会、民政委員、自治会、交通安全、農業、技能職、区画整理、消防団、学校医、青少年相談員、地域婦人団体、体育指導員、地域ボランティアにて活動された皆さんや、スポーツで活躍された皆さん、公民館長さんやスポーツ振興、学校教育の向上に貢献された皆さんが表彰されました。
これからも地域活動に貢献していただき、後継者の育成にもご尽力いただきたいと思います。
私達の地域も多くの皆さんに支えられています。
地域の教育・防犯・防災・福祉・まちづくりは地域が結束して考えなくてはなりません。
その中の問題点について、日常色々な場面で私も更に皆さんと一緒になって解決策を考えて行きたいと思っています。
表彰式終了後は、表彰された厚木中学校サキソフォン四重奏の演奏があり、とても和やかな気持ちになりました。
表彰2表彰3

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告 

2007年02月03日

同級生

久しぶりの投稿です。本来であれば日々の活動報告をしなくてはならないのですが、厚木市長選挙等があり、寝る暇もなく活動していました。
選挙活動の中で、日頃の議員活動だけでは伺えない市民の皆さんのご意見を聞くことが出来ました。この多くの意見を基に、これからも一生懸命議員活動を行なってまいります。
高校からの同級生(M子ちゃん)と久しぶりに会いました。家族付き合いをしている仲で、お母様との昔話に時間の経つのも忘れてしまう程でした。
M子は、こじんまりした小さなお店でブティックをしています。日常お客様がお茶をのみながら時間を過ごしていくようなお店で、お母様も化粧品等を扱って多くの人が買物より話をしに来る温かい商いをしているお店です。
私は学生時代によく伺い、お母様といろんな話をした居心地の良い場所でした。
M子とはお互いこれまでの事や、今行なっている事、考えている事の話をしました。
まったく違う環境で生活している同士ですが、お互いの考えや想いを話し合いました。
その中で、私が行政と拘わりがあるという立場で、M子は女性の立場で色々な意見を述べてくれました。
厚木市では月に2度「広報」が発行されています。ちなみにM子は町田市民です。
市民からすると、「いっぱい並んでいる文字は見ないよ」とのことです。女性雑誌や興味をそそるデザインやスタイルであればもっと多くの人達が見るのではないかと云うことです。また、月々四季折々の日本の行事をイラストで紹介して、どんな事をするのかを掲載するのも良いのではないか。
そして内容も分かりやすく、予算の数字だけが並んでいても興味がある市民は少ないんじゃないかとの意見です。私は改めてなるほどと思いました。
夕張市が破綻したけど、何で破綻したのか。それも数字だけでなく一般の市民が分かり易く簡単明瞭に絵でも入れながら説明すると理解出来る。厚木市の財政が大丈夫であれば、これも数字だけでなくイラストなどを使いながら説明すれば分かりやすいし、理解も出来る。小児医療が7歳の誕生日まで無料、2人目の子供からオムツを支給すると云う素晴らしいことを行なっているなら、文字だけでなくもっともっと市民に分かり易く説明するべきであるとM子が指摘してくれました。
まさに目から鱗であります。
まちづくりの意見を聞くなら地元の商店の人ではなく、子育てをしている20代後半から30代中盤の女性に聞くべきであるとのことです。高齢者の皆さんも含めて利用する立場の意見が大切であるとの意見も伺いました。
ガードレールも「白」だけでなく植物を植えたガードレールが良いとか、分譲マンションの1階にトイレを設ければ子供が急いでいる時には便利でしょ!っとのことでした。まさに女性の発想で関心するばかりであります。ちなみにM子は独身です。
これからも授業料のつもりで、ケーキ片手にご教授を乞いに伺おうと思います。
皆さんからのご意見を聞かせて下さい。
「住みたい、住んで良かった」と云われる厚木市を創っていきたいと強く思っています。

clover_tt at 12:56コメント(0)トラックバック(0)雑談 
プロフィール
竹松としお











自己紹介はこちら!


竹松としお事務所
厚木市中町3-2-20
TEL&FAX 046-297-7778
info@takematsu-toshio.net
訪問者数

最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ