2009年01月

2009年01月08日

重箱の隅

国会の論戦が早くも始まっていますが、いつも耳にするのが「重箱の隅」論です。
野党も与党も相手方に大小を含めマイナス面が出ると、雪崩のようにその傷口を攻撃しています。
重大な件であればともかく、大したこともないものまで出てくる始末です。
そして、そこには「パフォーマンス」ばかりが目立っています。
マスコミを対象にどれだけのパフォーマンスをすれば良いかを、常に考えているように見えます。
政治の場は、いつからこのようになってしまったのでしょうか?
重箱論で目先のことばかりが議論の対象になり、右往左往してしまっているのではないでしょうか!
選挙や政権の行方ばかりが目的で議論の方向動いている、こんな形で本当に良いのでしょうか!
政権の行方はどちらにしても、現場で頑張る議員さん一人一人の資質とやる気、そして党や派閥に縛られるのではなく、真に志や政策を同じくする者同士が国会議員らしく威厳をもって行動するべきであると思います。
近年、国会も市町村も議員さんの距離が近くなってしまったのではないでしょうか。
ちなみに、本会議場や委員会室で汚い言葉で「ヤジ」を言いたい放題言っているのは国会だけではないでしょうか?

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)政治理念 

2009年01月01日

平成21年 明けましておめでとうございます!

'09初日の出'09初日の出2






新年明けましておめでとうございます。
1月1日元旦は、晴天に恵まれ日差しが優しく温かい朝を迎える事が出来ました。
厚木神社さんに初詣に伺いましたが、神社の外まで参拝の長い行列が出来多くの皆さんが来られていました。
昨年は世情色々なことが多々ありましたが、それらを乗り越えて本年は皆様にとっても良い年になりますようにお祈り致します。
わが国においては産業構造をはじめとして、戦後多くの規制によって守られて来たモノが、時代の変化や経済大国となった日本にとってそれらの規制が合わなくなり構造改革や規制緩和が進められて来ました。
本来であれば昭和50年代前半から取り組まなくてはならないものが先送りされ、世界の動きに遅れをとってしまいました。
そして、その改革は更に行われなくてはなりません。
国内においては、国の責任や県の責任が形ばかりになって来た感も否めない所であります。
そして私たちの身近である市町村においては、その責任が更に大きくなって行くものであると考えます。
幸いにして私たちの厚木市は、全国的に見ても恵まれている都市であります。
しかしながら、これからの10年20年そして50年先を真剣に見定めた政策を確立していかなくてはならないと思っています。
目先の事だけでなく長い目で、将来の地域・産業・教育・福祉の確固たるビジョンをもって歩んで行かなくてはならないと日々考えています。
そしてそれは市民の皆さんと行政そして産業界が一致団結して行って行かなくてはならないと思います。
これからも私達の厚木市が、一歩一歩更に前進出来るように自己研鑽を行い、皆さんと共に歩んで行きたいと思います。
これからも、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

clover_tt at 11:18コメント(0)トラックバック(0)政治理念 
プロフィール
竹松としお











自己紹介はこちら!


竹松としお事務所
厚木市中町3-2-20
TEL&FAX 046-297-7778
info@takematsu-toshio.net
訪問者数

最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ