2011年01月

2011年01月22日

多選を問う?

「多選を問う」流行語大賞にノミネートされても不思議でない時期がありました。しかし、それが全て良いとは思いません!
「実績」と「やる気」そして何よりも地域を想う「熱い心とリーダーシップ」が継続していれば、何度も当選していても「多選」であっても私は良いと思います。
「多選」の文字に影響され、目先だけムードだけで「とりあえず人が替われば」と言う考えは無駄な税金を費やす結果になることも肝に銘じていただきたいと思います!

以上のことは、これまでの首長選挙で取りざたされてきましたが、議員選挙においても「多選阻止」は大いに考慮されるべきであると思います! 「前回も投票したから今回も同じ人に」では、私たちの地域・地元のためにはなりません!
国・都道府県・市町村議員でも、実績、特に日ごろからやる気が感じられない人が「多選」されています!もちろん選ぶのは有権者の皆さんですが・・・。
 現職議員の活動状況や実績がわかるサイトでもあれば有権者の皆さんの参考になるのですが!

先日のタウン誌で県政を目指す人が「世襲・多選を問う」と云っていますが、もっと地に足を付けた「政策」を提言されるべきであると思います!ましてや所属する政党には多くの「多選」者が居られるのですから!
 「世襲」も悪いことではないと私は考えます!身近に手本たる人が居て、親の背中を見ながら自分なりの想いを胸に打って出る!良いことではないでしょうか!
身近にお手本が居られれば、若い時期から経験出来ることがたくさんあると思います!その経験が、政治活動に生かされるのであれば、国民・市民にとってはプラスの要素であると思います!

肝心なのは世襲する人の人格・能力が問われる訳で、それを理解して有権者が投票するかであります!
安易に「世襲・多選を問う」とはおかしな話であります!

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)どうする!厚木! 

2011年01月21日

市長選挙

いよいよ1週間後に「厚木市長選挙」が告示されます。
思い起こせば4年前「多選阻止」の言葉だけで、市長が交代したと思います!
その他の政策のようなものは、とって付けたような形で、本番ぎりぎりに通り一辺の言葉を並べられていたように記憶しています。

ともあれ、現市長は当選され4年が経ちました。
当選された直後には、ご自分の選挙において逮捕者等が出られた関連もあってか、給与のカットを議会に上告されました。

私は当時、市議会に席がありましたので、小林市長派の先輩議員にもご本人が「やましいことは何もない」と云われているのだから、給与カットを云われることなく堂々とされていれば良いのではないかと申し上げましたら、ご本人が周りの近い議員さんの云うことを聞かないとのことでした。

昨年から同僚だった現職の市議さんから、小林市長は議会において質問に対して、ご本人が「答弁されない」との話を伺いました。
副市長が代わりに答弁され、ご本人は役所時代の得意分野であった土木に関する案件については答弁されるとのことでした。

何はともあれ、議会や委員会等において議員からの質問に答えないとは言語道断の所業であると思います!

私の信条として、支持していない市長に代わっても当選されて就任された方は、市民の皆さんから信任をいただいているわけですから、お互いに厚木市のために骨身を削って事にあたるべきであると思っていました!

今、厚木には「リーダー」が不在だと思っています!
何故なら、これからの時代に対応できる「厚木の将来像」を何も提示していないからです!

「失われた4年間」と指摘されているのには、それなりの理由があるからだと思います!

clover_tt at 08:08コメント(0)トラックバック(0)どうする!厚木! 

2011年01月18日

厚木が危ない!

全景2 厚木の一等地である北口の正面のビルの1・2階の大きなスペースは、大手銀行の店舗でしたが、建物の耐震整備が行われないためか、移転しテナント募集もされず空室のまま閉ざされています。
その他パルコが入っていたビルもそのままの状態で、まるでゴーストタウンの観があります。
“まち”の将来を考えるのは先ず地元の人達ですが、地域やブロックで考え意見をまとめるのは至難の業であり、これまでに怠っていた結果が現在の“まち”状況を生み出したのではないでしょうか。
駅まちづくりを推進するには、地域の皆さんのご協力が不可欠であり、それを構想するには行政が何らかの形で関わり、民間のノウハウや技術を集約して行うものであると考えますが、この何年間も行政は提言らしきものはしていません!
サティ等がある仮称2-2地区なども含めて、調査と称して予算等が多少出されていますが、平成16年に都市再生緊急整備地域に指定された際に、政策やプランなどが出されており、新たに調査することはないと思います!

昨年末、海老名市では「ららぽーと」の出展がほぼ決定されました。
地域的には良いことですが、では私たちの厚木は今後どのような都市にして行くのでしょうか!?
何も手立てをせずに、のんびりしていた「つけ」を今の厚木市政はどのように責任をとるのでしょうか!

2月に行われる選挙では、このほかにも多くの政策の違いが取りざたされると思います。


clover_tt at 16:37コメント(0)トラックバック(0)どうする!厚木! 
プロフィール
竹松としお











自己紹介はこちら!


竹松としお事務所
厚木市中町3-2-20
TEL&FAX 046-297-7778
info@takematsu-toshio.net
訪問者数

最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ