2006年10月30日

犯罪に強いまちづくり講演会

防犯講習神奈川県犯罪に強いまちづくり協働モデル事業の一環で、「犯罪に強いまちづくり講演会」が開催されました。
テーマは「安全安心の確保」(地域コミュニティのあり方について)で、日本女子大の清水先生の講演でした。
参加者は自治会・民生員・防犯ボランティア等(50名)の皆さんでした。
泥棒の前歴のある方の現実の話も伺いました。
結論は、防犯カメラや看板等も大切ですが、地域の皆さんの連携が犯罪を事前に防ぐとのことです。
日頃からの挨拶や会話が自然と地域コミュニケーションがとれ、見知らぬ人に対しての目が養われていくとのことでした。
犯罪暦のある方のお話でも、見た目に隣近所の交流が分かる地域では仕事は避けるとのことでした。
また、住宅に面してるお隣とのコミュニケーションがはかられていることが大切であるとのことでした。
犯罪は勿論のこと、災害や子育て家庭の悩みも含めて日本の良き伝統である「向こう三軒両隣」の意識が大切であると思います。

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0)活動報告  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
竹松としお











自己紹介はこちら!


竹松としお事務所
厚木市中町3-2-20
TEL&FAX 046-297-7778
info@takematsu-toshio.net
訪問者数

最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ