一般質問

2007年05月30日

6月議会一般質問を行いました。

午後4時から質問をしました。
2月に小林市長が就任され、初めての質問でした。
まちづくりについて
 中心市街地のまちづくりについて
 ・どのような手法で推進されていくのか。
 ・交通渋滞解消に向け、どのような対策を推進されていくのか。
 ・本厚木駅への相鉄線乗り入れ、あるいは小田急線と相鉄線の相互
  乗り入れ実現に向けての思いははどうか。
 安心・安全なまちづくりについて
 ・住宅密集地や狭隘道路に対してどのように対応されていくの
  か。
 ・防犯対策をどのように推進されていくのか。
市政一般について
 企業誘致について
 ・どのように推進されていくのか。
これらの質問は、この4年間に質問してきたものでありますが、市長が変わったことから思いと確認のため質問をしました。
市長が変われば、政策や実行される施策の優先順位も変わってきます。
そのために、小林市長の思いをお聞きしました。
市長のHPにある政策は、私が目指している「まちづくり」と方向性が同じであると思っていましたが、直にご本人からその思いを伺えることが出来ました。
特に相鉄線の本厚木乗り入れについては、小田急との相互乗り入れも含め、ご答弁をいただきました。
実現にはあらゆる問題をクリアしなければなりませんが、それが達成された暁には、厚木市としても前向きに対応していただけるとの答弁をしていただきました。
市長として近隣都市や事業者、国や県に対しての活動についてもお願いさせていただきました。
時間はかかりますが、厚木市の将来のためにも一歩一歩実現に向けて、市民の皆さんと行政が一体となって推進して行きましょう。
私もこれまで以上に努力してまいります。
また、これまで遅れていた中心市街地の活性化について、今まで以上に前向きに対応していただくとの答弁もしていただきました。
一番街の私の事務所には7月初旬から厚木市の窓口となる、「にぎわい処」とセーフティステーション「番屋」がオープンし、街の活性化と治安対策の拠点となります。
小林市長にはこれから厚木市の舵取り役として、前向きに市政運営をしていただくよう期待しています。

clover_tt at 18:18コメント(2)トラックバック(0) 

2006年12月05日

一般質問癸隠粥癖神18年12月議会)

12月5日(火)3番目11:00から
(1)山口市長が創造する厚木市について
  ア.これからの方針と目標について

4期目を目指す市長がこれからどのような考えを持ち、どのような方針で厚木市の舵取りをして行くのかを質問しました。
これまで行ってきた、交通渋滞対策・防災対策・高齢者等福祉施設の実績と効果をあげ、これから推進するターミナル都市厚木・ITの港・水と緑と太陽のまちづくり・骨太の大改革・企業誘致等々の政策を答弁されました。
再質問では北部防災公園の考えやインターチェンジ構想について伺いました。
北部公園構想については相模川沿岸にボートやウインドサーフィン等が楽しめる水辺の公園、依知地区中部には防災公園を地域の皆さんと考えて生きたいとのことです。
自然を生かした公園、災害に備えた公園については政策的には良いと思います。
厚木市においては近い将来、新たに4つのインターチェンジが出来る予定ですが、全国のインターチェンジを見るとその周辺はモーテルや倉庫と地域づくりにマイナスになる施設が多くあります。
あらかじめ都市計画の網掛けや特区の申請を行って、地域の特性を生かした地域づくりについての意見交換をしました。
私が重要課題として活動している「まち」づくりに付いても積極的に意見を述べました。
内閣府からせっかく認可をいただいた都市再生緊急整備地域が3年経とうとしている中で、いまだにその利点を生かした開発や、地域づくりが進んでいない点についても主張しました。もちろん民間の皆さんが率先してやる気を出さないと実現できない事業でありますが、行政がどのようなスタンスで臨めば良いのか、またどのような資料提供や人材を紹介すれば良いのかを提言しました。
そして行政がリーダーシップをとるのではなく、民間のデベロッパーが良い意味で介入にて行かないとなかなか意見が纏まらないことも進言しました。
そして、私の政策である「相鉄線の本厚木駅乗り入れ」に関連しながら、厚木のまちづくりは海老名と競合するのではなく、協調しながら考えて行くべきであると提案しました。

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 

2006年09月07日

一般質問癸隠魁癖神18年9月議会)

まちづくりについて
 本厚木駅周辺の放置自転車対策について
  現在の状況をどのように考え、どのように対処していくのか。
  放置禁止区域拡大の考えはあるか。
  事業者に対して自転車等駐車場確保の指導はどのように行なっているか。
  公的な自転車等駐車場整備の考えはどうか。
 安心安全のまちづくりについて
  防災総合訓練の成果はどうか。
  各地区防災訓練の実施状況と問題点はあるか。
 地下道の利用について
  現在の状況はどうか。
  今後どのような利用方法を考えていくか。
 市民まちづくりトークについて
  実施の成果はどうか。

*駅周辺の放置自転車問題は深刻であり、広い歩道を占領しています。
多い日には500台位を撤去していると、委託を受けている現場の皆さんにもお話を伺って来ました。
年間に自転車問題で使われている税金は数千万円であり、市民の皆さんの協力と駅に近い駐輪場確保を提言しました。
昼間人口116.6%の厚木市では、災害発生時に帰宅困難者が駅周辺に殺到することが予想されることの意見を述べ、地域の自治会だけで対処出来る問題でなく、その対応を早急に考えるべきであると提言しました。
サティの下の地下道を利用する人は少なく、管理はきちっとされていますがホームレスさんの寝床にもなっています。
横浜のダイヤモンド地下街のように、小さな1坪ショップを作り、起業を考えている人に年数を限り運営したらどうかを提言しましたが、地下道は道路であり造作物は設置出来ないとのことでしたが、研究の余地はあると思います。
総合計画策定のために市内各地域でまちづくりトークが実施され、市民の皆さんの色々なアイデアや意見がありました。とても良い企画であり、毎年継続してはどうかと提言しました。




clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 

2006年06月09日

一般質問癸隠押癖神18年6月議会)

教育行政について
 小学校給食について
  現場の状況はどうか。
 中学校給食について
  実施への進捗状況はどうか。
  問題点は何か。
 教員養成について
  市独自で養成、採用する考えはあるか。
まちづくりについて
 中心市街地の活性化について
  東部地域商業活性化をどのように考えるか。

*私の小学校時代の給食は自校方式でしたが、それがセンター方式になり事故や犯罪などの影響もあり国の指導で現在自校方式に再び変更しています。
厚木市では23校中10校の単独調理場完成し、平成19年度からは中学校給食も開始されます。先日、南毛利小学校の調理場オープン式に参加し、子供たちと一緒に給食をいただいて来ました。地元の農産物を使用したりして子供たちに地元で何が収穫されているかを実感できる教育をされていました。
環境教育常任委員会の視察で、長崎市立桜馬場中学校給食施設の調査にいきました。
民間委託業者の施設を見学し、学校の給食運営について現状と意見を伺いました。
民間委託業者の施設は一般住宅を改造した程度であり、校舎は木造で築50年経っていました。
給食が搬入される場所は、教室に棚を設置した程度の簡単なものであり、ある意味ほのぼのとした雰囲気さえ感じられました。
地域性もありますが、厚木市では受入れられない方法だと思います。
市内の校舎はすべて鉄筋の4階位の建物であり、配膳用のエレベーター設置等や運営方法を研究しているとのことでした。
教員養成については、東京の杉並区が杉並師範館を設立した例を上げて、将来的に考慮することも大切であると提言しました。
東部地区は、私が提言している防災のまちづくりゾーンであり、商業・防災・住環境をどのように考えていくか、そして担当部署がそれぞれ異なるので連携を取りながら地元の皆さんの意見を聴取するように提言しました。

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 

2006年03月02日

一般質問癸隠院癖神18年2月議会)

まちづくりについて
 企業誘致について
  現在の問題は何か。
 安全な道路づくりについて
  国県道の対応はどのように考えるか。
 経済活性化と税収入について
  庁内各部における役割と連携の認識はどうか。
 音楽のまちづくりについて
  本厚木駅前広場や道路の活用をどのように考えるか。

*企業等誘致条例が施行されて1年が経ち、積極的に誘致活動をしていますが、受け皿となる誘致する土地がないのが現状であり、今後都市計画(都市フレーム)を含め早急に検討する必要性を提言しました。
国県道の問題は地域要望が出ても、なかなか計画が進まないのが現状でありますが、地域の方々の声をきちっと伺い、国や県に対して生の声を伝える行動も必要であると提言しました。
地方自治体も一般企業の同じく、収入に対しての意識をもっと持つべきであると思います。市民サービスをはじめ、企業やまちづくりに対して常に経済効果を考え、税収入につながる意識を更に深めるよう提言しました。
市内ではストリートミュージシャンの皆さんがいます。
しかし、道路での活動は禁止されているのが現状です。
知人の吉田さんはインディーズを立ち上げ、そんな若者のバックアップをされています。千葉県柏市では「まちづくり」のために地元の商店街とストリートミュージシャンが規則をつくり、行政に提言して登録制にして音楽のまちづくりを行なっています。道路について法律上の規制はありますが、考え方の転換でいかようにも対処出来ることを強く提言しました。



clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 

2005年12月07日

一般質問癸隠亜癖神17年12月議会)

まちづくりについて
 住みやすい、働きやすいまちづくりについて
  住工混在をどのように考えていくか。
  企業に対して今後の対応をどのように考えていくか。
 厚木地区のまちづくりについて
  総合的なまちづくり計画をどのように考えていくか。
  住居及び商業地域のバランスをどのように考えるか。
  交通渋滞解消及び駐車場不足をどのように考えるか。

*不景気の中、コストをぎりぎりまで考えながら頑張ってこられた地元小規模工場の皆さんの地域での問題点や住環境を提言しました。
都市計画法上、工業地域に住宅を建築できますが、用途に応じて工場を建て経営をされている皆さんは近隣からの苦情に悩んでいます。
住む側、働く側のことを行政としても考えなくてはならないと思います。
雇用についても、流動的でありますが小規模工場では人の入れ替えはあっても、貢献していることも発言しました。
厚木地区は商業と生活の場である住居地域がありますが、将来のためにも総合的な視野に立って地域計画を考えて行く必要性を提言しました。
今後グランドデザインを早急に考えて行く必要があるとの発言をいただきました。
また、再開発等が今後進んだとしても、それを受入れる道路や駐車場を考えなくては中心市街地の発展はありえないと主張しました。
新しく道路を作る事は困難であり、中心市街地に入る道路・出る道路を一方通行化するべきであると提言しました。

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 

2005年09月07日

一般質問癸后癖神17年9月議会)

まちづくりについて
 安心・安全なまちづくりについて
  厚木地区住宅密集地域の耐震用防火水槽の設置状況と対応はどうか。
  防災対策課(本部)と消防の連携をどのように考えているか。
 都市の再生に向けた取り組みについて
  都市水路計画策定モデル地域の現在の状況はどうか。
  都市再生緊急整備地域の進捗状況はどうか。
  都市再生マネージャーの活動状況はどうか。
 コンパクトシティについて
  コンパクトシティの考え方をどのように評価するか。

*阪神淡路大震災では、耐震性でない防火水槽は全壊し水の確保が出来ませんでした。それを教訓に、特に住宅密集地が多い厚木地区の耐震用防火水槽の必要性を提言しました。
災害発生時の対応が敏速に行なえる体制づくりを議論しました。災害本部は現在第二庁舎(ルリエ)11階にあり、消防本部と一体になっていません。地震発生時はエレベーターも使用不可能になる可能性もあり、災害本部体制の充実を提言しました。
地元地権者の皆さんのご理解がなかなか頂けない中心市街地の整備について、進捗状況と今後の対応について提言しました。
地域再生マネージャーは国の補助を受けていますが、年間1,500万円位の経費がかかっています。活動状況なども見えていないことから、状況を伺いました。
イギリスにて国の都市計画に取り入れているコンパクトシティの長所や短所、厚木市に適応できる部分などを議論しました。
  

clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月09日

一般質問癸検癖神17年6月議会)

2007年問題を考慮した税収入について
 税収入の今後の推移について
  個人及び法人税収入の対比や変化をどのように考えていくか。
  高額納税企業に対して、どのように対応していくか。
道路管理について
 道路舗装等の現状について
  道路敷地内埋設施設工事に係る舗装修復工事の指導をどのように行
  っているか。
建築・開発指導について
 建設工事の近隣対策について
  工事に係る民間トラブルの対応をどのように行なっているか。
  工事施工前のトラブルに対する指導等をどのように考えていくか。
まちづくりについて
 「小江戸あつぎまつり」について
  成果はどうだったか。
  今後の構想をどのように考えていくか。
 スーパーモデル地区における無電柱化について
  まちづくりとのバランスをどのように考えていくか。

*団塊の世代の方たちの定年時期を踏まえた、税収の減少をどのように考えていくか、市内の法人が活動しやすい環境づくりを行い、法人市民税確保を今後益々考慮する必要性を提言しました。
道路修復工事後に陥没する箇所の対応を、工事内容検討時に更に考慮するべきであると提言しました。まちの景観にも悪影響であります。
建築工事における民間トラブルに対して、申請時に担当窓口にて更に指導を行なうよう要望しました。
地元の皆様の大きなご協力をいただいた「小江戸あつぎまつり」をどのように評価しているか、そして今後どのように「まちづくり」に反映していくのか議論しました。



clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 

2005年02月28日

一般質問癸掘癖神17年2月議会)

まちづくりについて
 都市マスタープランについて
  進捗状況と今後の課題は。
  厚木地区の状況はどうか。
 厚木市中心市街地活性化基本計画について
  進捗状況と今後の課題は。
 中心市街地のまちづくりについて
  市街地活性化に伴う交通規制の考え方は。
  アダプト制度導入の手法は。
  ハトの糞害についての現状と対応は。
 観光(名物)促進について
  観光振興策をどのように考えているか。
  近隣市町村との観光の連携は。
  ネーミングライツ導入の考えは。

*住居・商業が集積する厚木地区の将来像について意見交換をしました。
住みやすさ、便利さ、買物に来たくなるまちづくりを提言しました。
以前の質問にて、花の植栽(河川敷)によるまちづくりの提言もあってか、アダプト制度(里親制度)の導入が決定されました。
今後、青年会議所時代に行なっていた花のまちづくりの推進を、支持していただける皆さんと行なって行きたいと思います。
ネーミングライツは、首都圏のように厚木市ではお金をいただけるものではありませんが、地元企業のPRに役に立てば良いと考えます。
特に日産自動車は横浜に本社を、厚木市に頭脳の集積施設が出来るわけですから、大いにPRしても良いのではないでしょうか。それが厚木市の税収や経済の活性化につながるものであると考えます。


clover_tt at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 

2004年12月07日

一般質問癸供癖神16年12月議会)

まちづくりについて
 まちづくり理念条例の成果について
  どのように条例整備を行い、どのような事例があるのか。
  市民参加型の推進の成果はどうか。
  住民参加のまちづくりと防災機能の向上をどのように両立していくの
  か。
  「寿町1丁目周辺防災のまちづくり協議会」の活動をどのように評価し
  具体化していくのか。
 災害に対するまちづくりについて
  災害発生時の情報提供をどのように考えていくのか。
 中心市街地のまちづくりについて
  都市再生緊急整備地域の進捗状況と見通しは。
  都市再生と企業誘致条例において、民間企業とのアクセスは。
  地域マネジャーの活動状況は。

*私が提言してきた住宅密集地域の防災について、昨年9月に「寿町1丁目周辺防災のまちづくり協議会」が4自治会と地域の皆さんのご協力によって発足しました。
1年間協議を重ねていただき、その答申書を各自治会の立場も鑑み10月山口市長に提出しました。勿論私も同席させていただきました。
地域で積極的に防災について、調査研究し何時来ても不思議でない災害に前向きに真剣に取り組んでいくことは大切なことであります。
市長答弁においても、今後の各地域での模範となるモデルであるとの意見が出ました。

clover_tt at 18:20コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール
竹松としお











自己紹介はこちら!


竹松としお事務所
厚木市中町3-2-20
TEL&FAX 046-297-7778
info@takematsu-toshio.net
訪問者数

最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ