2005年07月28日

#9 絶食ブラザーズ

クローン病でライブ活動をしている絶食ブラザーズのうたを紹介しまっす。
(同じクローン病同士だから勝手に紹介しちゃってもいいよね?ヾ(´▽`;)ゝ)

絶食のうた

 作曲 山田浩貴 編曲 大館隆慶

カレーライス (くいてー) ラーメン   (くいてー)
カツ丼    (くいてー) オムライス  (あーたまらない)
チャーハン  (くいてー) ヤキソバ   (くいてー)
牛カルビー  (くいてー) カップラーメン(お湯を注ぐだけ)
あー腹減ってどうしようもない (のびたラーメン見てるだけ)
先生 (なんとかして) 看護婦さん (話しを聞いてくれ)


ポテトチップス (くいてー) フライドポテト (くいてー)
フランクフルト (くいてー) チョコレート  (あーたまらない)
ハンバーガー  (くいてー) フライドチキン (くいてー)
ケーキ     (くいてー) レトルト食品  (お湯を入れるだけ)
あーおいしそうだけどどうしようもない (のびたラーメンにおいだけ)
先生 (なんとかして) 看護婦さん (話しを聞いてくれ)


生ビール    (のみてー) コーラー    (のみてー)
コーヒー    (のみてー) 栄養剤     (けっこういけるよ)
アイスクリーム (つめてー) ソフトクリーム (つめてー)
カキ氷     (つめてー) 乾燥剤     (食べてはいけません)
あー腹痛くてどうしようもない
先生 (なんとかして) 看護婦さん (話しを聞いてくれ)


粉末    (のみたくねー) バリウム (のみたくねー)
注射    (痛いよー)   胃カメラ (あー苦しいよ)
点滴    (したくない)  浣腸   (したくない)
レントゲン (したくない)  心電図  (ドキドキしちゃうよ)
あー検査は辛いからやめて
  (ラーメン食べさしてくれないんだったら検査しない)
先生 (なんとかして)  看護婦さん (話しを聞いてくれ)
先生 (なんとかして)  看護婦さん (話しを聞いてくれ)  

Posted by clownhope at 21:08Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月15日

#8 再 燃

昨年末の手術から半年以上たったので、大腸カメラで様子を見てみようと
いうことになり、昨日検査してきました。
もう大腸カメラは6回目くらいなり、検査自体は慣れてきたのですが、
検査前の下剤2ℓがキツイです。特に1ℓを超えたあたりから。
んで検査の結果なのですが・・・・手術で腸と腸を繋ぎ合わせた部分に
白く大きな潰瘍ができていて、その前後にもポツポツと潰瘍ができていま
した。
先生が言うには「内視鏡的には再燃しています」とのこと。
( ゜Д゜)グハッ
最近は腹痛などの自覚症状もあまりなく、大丈夫だろうと思っていただけに
ちとショック。
食事の面でも気をつけ、薬や経腸栄養もさぼらずにやってたんだけどなぁ。
(;´д⊂
今すぐ入院しなければいけないというものではないのですが、とりあえず
来月にレミケードという点滴型のかなり強い薬を投与することになりました。
その薬は抗炎症作用がステロイドの約50倍という、とてつもない効果が
あるのですが、何回も使うと効果が無くなってくるらしく、酷くなったときに
効かないと困るので、今回使うかどうかの判断も難しいところだそうです。
レミケードでこの病気がうまい方向にいってくれるよう期待したいところです。  
Posted by clownhope at 20:25Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月02日

#7 原 因

最近の研究でクローン病の原因もある程度わかってきたようで、もともと
遺伝子が普通の人とは少し違うらしく、そこに何らかの環境的要因が
加わることによって発症し、免疫機能に異常を起こすらしいです。
クローン病も自己免疫疾患(膠原病)の一つとのことです。
はやい話が免疫機能がバカになってしまい、ウイルスなどの外敵のみ
を攻撃するはずが自分自身の細胞や組織を攻撃し、こわしていくそう
です。
あたかも本来、国や国民を守るための自衛隊が国民を攻撃しているよう
なものですね。
その過剰な免疫反応は、食事に含まれる抗原やストレスが引き金になる
ようです。
ですので、その免疫反応をおさえるために免疫抑制剤を服用したり、食事
を制限しているわけです。
やっぱり難病なだけあって、難しい病気ですね。  
Posted by clownhope at 21:24Comments(0)TrackBack(0)