FullSizeRender

首里の丘の南東にある高台の稜線の中でもっとも高い位置にあるのが雨乞嶽の丘です。この丘には雨乞御嶽があり、大旱魃の時には、琉球国王が自ら雨乞いの祈願をされたことで知られています。

現在は公園として整備されており、展望台からは那覇市内の中心地を見渡すことができることから夜景スポットとしても人気があります。

閉園時間のある西のアザナでは夕日やマジックアワーを楽しみ、どっぷり暮れた夜景は雨乞嶽で楽しむそんな贅沢なことが可能です。

ちなみに今回、夜景画像はありません


FullSizeRender

FullSizeRender

観光客で賑わう龍潭通り側と違い、比較的落ち着いているエリアですが、王府時代から庶民の町として栄えてきた町だけあって、史跡や街並みに歴史を感じます。

首里城南口から向かってみます。


FullSizeRender

IMG_0902

IMG_0903

赤マルソウ通りとの交差点にあるのは樋川?


IMG_7539

ここから石張りの直線道路がしばらく続きます。歴代の琉球王家が馬揃えを行っていた馬場跡です。


IMG_0906

FullSizeRender

FullSizeRender

現在は、通りに泡盛の瑞泉酒造があることから瑞泉通りとも呼ばれているそうです。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

瑞泉の脇道を上って行くと右側に崎山御嶽と崎山樋川があり、中央に雨乞嶽展望台へ続く遊歩道があります。


FullSizeRender

展望台の廻りはキレイに整備された円形広場。


FullSizeRender

東屋のある展望台からの景色はとても素晴らしい。


FullSizeRender

那覇中心部への抜けがいいので夜景がキレイなことがわかります。中央左が前回アップした繁多川公園。その左には金城ダムがちょこっと見えます。


FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_0915

展望台の下にあるみはらし館の屋根どんだけシーサーがあるのでしょう


IMG_7531

展望台の横には、国王が自ら雨乞いの祈願をした雨乞御嶽があります。


FullSizeRender

首里城の美福門が見えました。樹木に隠れて見えませんが、美福門の下に、去年の2月に御内原の公開に合わせて開門された継世門があります。

雨乞嶽は、繁多川公園同様、県外からの観光客があまり訪れない首里の穴場スポット。とにかく景色が素晴らしいのでおすすめです。