FullSizeRender

伊王島はかつて島民の約6割がキリシタンだったという祈りの島。

沖之島の高台から碧い海を見つめる白亜の大聖堂  馬込教会(聖ミカエル天主堂)”は、隠れキリシタンの子孫となる島民と大工によって建てられました。

6年前の3月上旬、リゾート地化する前の伊王島へ訪れた際の画像です。

画像点数が少ないので、いつか再訪したらアップしようと思っていましたが、今の時勢を考慮して旅はしばらく控えるつもりです。眠っていた過去画像を整理して当時を思い出しながらアップしていこうと思います。


FullSizeRender

初めて訪れた伊王島は、とても静かで自然豊かな小さな島という印象が残っています。

なにかがあるわけでもなく、ただただ落ち着く島。


FullSizeRender
FullSizeRender

しかし、のどかな島にもかかわらず立派な教会が2つもあり(伊王島・沖之島に一つづつ)、弾圧という時代を生き抜いた祈りの島であることが、島を流れる空気から感じとれました。


伊王島にある大明寺教会は、訪れた時に撮影していなかったようです。たぶん、素人がイメージする教会の外観ではなかったからかもしれません。

しかし、初代の教会は、愛知県犬山市にある明治村に移築されており、大明寺聖パウロ教会堂として公開されています。


FullSizeRender

外観は普通の古民家と変わらず、鐘塔がなければ教会とは思えません。


FullSizeRender

FullSizeRender

一歩足を踏み入れると、ヨーロッパの古い教会や聖堂などでよくみられるゴシック建築。


FullSizeRender

リヴと呼ばれるアーチ状の筋により、重厚感と華やかさが共存する神秘的な空間になっています。

日式の表現でいうとコウモリ天井というそうです。長崎なら大浦天主堂がそうですね。


FullSizeRender

FullSizeRender

正面には主祭壇があり、


FullSizeRender

向かって右側にはルルドの洞窟、


FullSizeRender

左側は香部屋(聖具室)


FullSizeRender

FullSizeRender

こじんまりしてますがとても美しい教会です。明治村の素晴らしいところはレプリカでなく移築していること。当時の人々の気持ちになって見学することができます。

伊王島の信者違は、堂内を飾り、自由に祈りが出来たことがこのうえない喜びだったのでしょう。


FullSizeRender

伊王島灯台は、近寄るより離れたところから見た方が、絵になるような気がします。たしか健さん最後の主演作あなたへのロケ地。


FullSizeRender

灯台の近くに数本の桜の樹が有りましたが、ずいぶんと早咲きです。


FullSizeRender

FullSizeRender

桃色がそれほど濃くありませんが、河津桜なのかもしれません。突然の春との出会いにびっくりした記憶が残っています。

今頃、キレイに咲いているんだろうなぁ。もう一度ゆっくり再訪してみたい場所のひとつです。