FullSizeRender

樹齢三千年といわれる大楠の根元にぽっかりと開いたトンネルのような空洞そしてその空洞へ続く石段。まるで大楠の胎内くぐりのようで、ここをくぐり抜けると、新しく生まれ変わったような気持ちになれるのでしょうか。

一昨年の4月上旬に訪れた際の備忘録です。


FullSizeRender

FullSizeRender
FullSizeRender

しまなみ海道の大三島にある大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)。全国に一万社余りある山祇神社と三島神社の総本社です。

祀られているのは天照大神の兄神である大山積大神。山の神として、さらに海の神、軍神、鉱山、農業に関わる神様など、その御神徳は多岐にわたります。


FullSizeRender

源氏・平氏をはじめ多くの武将が武具を奉納して武運長久を祈ったため、国宝・重要文化財の指定をうけた甲冑や鎧兜、刀の約4割がこの神社に集まっています。

巴御前の薙刀、弁慶の薙刀、源義経の太刀や鎧に鶴姫の鎧……

大三島は瀬戸内海に浮かぶ島。しまなみ海道がなければ船でしか渡れない場所です。だからこそ、古から大事に守られてきたのかもしれません。


FullSizeRender

大山祇神社の境内には有名な二本の御神木がありますが、今回アップするのは境内の外、奥の院の手前にある生樹の御門(いききのごもん)”と呼ばれる樹齢三千年の大楠です。


FullSizeRender

神社の境内を出て、民家の間の細い路地を進んで行くと、みかん畑の先にひと際大きな巨樹が目に入ります。


FullSizeRender

巨樹と呼ばれる木で、本当の樹齢が分かっている木はほとんど無いと思いますが、この大楠樹齢三千年というのは、あながちオーバーな表現ではないと思えるほどの雰囲気を持っています。


FullSizeRender

なるほど、生きた樹でできた門昔の人々は、この大楠の空洞をくぐって奥の院へ参拝していたようです。つまり奥の院へ続く参道です。


根元にトンネルのような大きな穴の開いた木というのは根上がりの木といって珍しくはありません。

樹木もやがて寿命がきて倒れてしまいます。その倒木の上に種が落ち、やがて芽を出した若い木は、倒れて腐った木から養分を吸ってだんだん大きくなってゆきます。

倒木はやがて腐ってなくなりますが、倒木の上で成長した木はそのまま根を張って大きくなるので根上がりになるのです。

東京タワーの塔脚4本を根だとすると、タワー足元にあるフットタウンの部分が穴みたいなイメージです。


ちなみに京都伏見稲荷大社の奥社奉拝所にある根上がりの松(膝松さん)が有名で、2つの御利益があることで知られています。

松の木肌を撫で、それから自分の身体の痛むところを撫でるとその痛みが治ると言われています。また地表に持ち上がった根元の下をくぐることでも御利益を得ることができるそうです。

もうひとつの御利益は根上がりの松を値上がりの待つに読み替えたもの。

株などの値が上がることに通じるので、証券マンや株に関わっている人にとっては縁起が良いとされています。


生樹の御門が根上がりの木なのかどうかは解りません。斜面で育ったため、根がむきだしになって穴が開いたのかもただ、佐賀県・武雄神社の大楠のように、スケールがあまりにも大きすぎて、心にズシンと響きます。


FullSizeRender

個人的な考えですが、古木には何か強い力が宿っているような気がしてその中に入ってくぐるという体験はなんともミステリアスです。

御利益ではなく、永い時を生き抜いてきた強い生命力を全身に浴びて生まれ変わるような気分になります。


FullSizeRender

FullSizeRender

大楠をくぐり、振り返ります。画像だと大きさが伝わりませんね


FullSizeRender

大楠の参道から奥の院に続く桜がキレイでした。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

春だからこその自然の演出大袈裟ですがまるで天国にたどり着いたかのような気がしました。


FullSizeRender

FullSizeRender

弥生時代に生まれた樹齢三千年の巨樹を間近で見ること自体稀なのに、その幹の中の空洞が参道となっていてくぐることが出来る樹となると、大変珍しく貴重な場所だと思います。