FullSizeRender
波穏やかな浅瀬に広がる六角形の飛び石とタイドプール(潮溜り)。飛び石の上を歩きながら、タイドプールで海の小さな生き物たちと触れ合うことができる海の上の散歩道です。
前回アップした能登鹿島駅からの続きです。

FullSizeRender
日本海の荒波が押し寄せる半島西側の海を外浦。対照的に、一年を通して波穏やかな富山湾側の海は内浦と呼ばれています。能登半島の先端のちょこっと下にあたる内浦の海に九十九湾(つくもわん)があります。

FullSizeRender
九十九湾は石川県では珍しいリアス海岸。複雑に入り組んだ美しい入江と小さな蓬莱島が箱庭のような景色を作り出しています。

FullSizeRender
湾の入り口にある“のと海洋ふれあいセンター”は、九十九湾の魅力を伝える施設で、シュノーケリングなどのアクティビティの受付窓口となります。

FullSizeRender
入り組んだ海岸線沿いにウネウネと続く六角形の飛び石…ワクワクしてきます。

FullSizeRender
海が透きとおっているので、踏み外しそうになったり…

FullSizeRender
海蝕洞をくぐったり、

FullSizeRender

FullSizeRender
ちょとした浜辺があったり…子どもたちにとっては大冒険です。

FullSizeRender
小雨まじりの曇り空でも、この透明度。画像では伝わりませんが、たくさんの小魚やヤドカリなどの海の小さな生物が、手の届くところに棲んでいます。

FullSizeRender

FullSizeRender
タイドプールが見えてきました。

FullSizeRender

FullSizeRender
満潮時にはこの辺りから大物も入ってきそう。

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender
飛び石や石橋がまるで迷路のように置かれていて、造成に携わった関係者の方々の遊び心が伝わってきました。

FullSizeRender

FullSizeRender
キャンプ場の前にはボードウォークがあり、小さな子供やお年寄りも安全安心に散策できる工夫も。

FullSizeRender
穏やかな海だからこそ体験できる海上散歩。大きな水槽のある水族館もいいですが、海に生きる小さな命を身近に感じることのできるこの発想は素晴らしいと思います。

FullSizeRender
近くには真脇遺跡もあって、子供たちの夏休みの自由研究にもってこいの場所ですね。

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender
この日はずっと曇り空…さらに雲が厚くなってきました。明日は立山へ向かう予定ですが、天気はどうでしょう…それにしてもこの光景は見事です。