カテゴリ: 旅/滋賀

FullSizeRender

東海道線が琵琶湖南岸を一直線に建設されたため、とり残された中山道の宿場をつなぐ私設鉄道として誕生したのが近江鉄道。開業は1898(明治31)と大変古く、当時の姿のままの駅舎も残されています。

かつて中山道63番目の宿場町であった町並みの中に、ぽつんと佇んでいるのは鳥居本駅。

この無人駅はレトロ感満載の洋風木造建築で、近畿の駅百選に選定され、登録有形文化財にも指定されています。


FullSizeRender

鳥居本駅は彦根駅の北側の隣駅。交通量の多い国道8号と東海道新幹線に挟まれた場所にあり、かつては米原油槽所が置かれ、石油輸送を行う貨物ホームもありました。


FullSizeRender

夜に訪問したので、日中の駅舎画像はストリートビューで。独特なレンガ色の腰折屋根(マンサード)に背の高い煙突。自販機がなければ、小さな礼拝堂のようにも見えます。手前が国道8号で大型車両の交通量が多く、実は喧騒感が半端ないのですが、駅舎に入ってみると登録有形文化財に指定された理由がわかりました。


FullSizeRender

教会建築によくみられるハンマービームと呼ばれる工法で、コンパクトながらも木の温もりある落ち着いた空間です。


FullSizeRender

そして不思議なことに驚くほど静か……通りの喧騒が嘘のように静まり返っており、時が止まっているかのよう。


FullSizeRender

使い込まれた木のベンチ以外は窓や壁の木枠を含め白色で統一されており、日中に訪れるとフォトジェニックかもしれません。

火打梁にちょこんと取り付けられた灯りは合計4つ。ホーム側2つが切れていたおかげで、狭い駅舎内は礼拝堂のような雰囲気に包まれていました。


FullSizeRender

ホームは島式12線。すぐ脇を走る爆速の新幹線の窓明かりと架線のスパーク…1時間に1本ぐらいしか来ない近江鉄道を待つ間に、何本もの新幹線がけたたましく駆け抜けていきます。


FullSizeRender

近江鉄道は単線なので、鳥居本駅は上下線の待合わせ駅になっていますが


FullSizeRender

どこかで見た車両?西武線?実は近江鉄道は西武グループなのです。

信号が切り替わり、上下線の赤いテールランプが遠ざかってゆき、駅は深い静寂に包まれていきますと思いきや新幹線の架線のスパーク音が響き渡っていました


FullSizeRender

再び駅舎に戻ると嘘のように静まり返っていますとても不思議な駅舎です。


DSCN6172

近江鉄道には他にも個性的な木造駅舎があります。日野駅と新八日市駅日野駅は2017年にリニューアルされ、カフェがある無料休憩所と観光案内交流施設が併設されたので、新八日市駅の画像をアップしてみます。


DSCN6171

なかなか渋い駅舎


FullSizeRender

DSCN6174

蔦が絡みあっていて大変なことになっていますが、味がある駅舎です。


DSCN6175

FullSizeRender

FullSizeRender

1898年に営業を開始し、ガチャコンという愛称で親しまれ、湖東地方ののどかな風景の中を走る近江鉄道。

実は鉄道事業に関しては1994年から赤字が続いているそうです。

特にここ数年は存続か?廃止か?で揺れており、近江鉄道GPと滋賀県、沿線の自治体は、今後の近江鉄道の在り方を議論してきました。

今年に入ってからの報道によると、どうやら存続を決断するようですがこれからの課題は山積みです。

やはり全国の地域鉄道の経営環境は大変厳しい状況におかれていますね。ノスタルジーだけで鉄路は残せないというのが現状のようです。

FullSizeRender

静まり返った誰もいない廊下に、大きな窓からオレンジ色の西日が差し込み、とても懐かしい気持ちにさせてくれます。

歴史的建造物として広く知られている豊郷小学校旧校舎群ですが、近年、アニメ(京アニ・けいおん)の舞台に設定されたり、ドラマ(NHK朝ドラ)や映画(きみすい)のロケ地となるなど、聖地としても話題に事欠かないスポットとなりました。


FullSizeRender

彦根城から国道8号を南へ約20分ほど。


FullSizeRender

周辺の街並み、そしてこの白亜の校舎に魅了される映画監督やアニメーターが後を絶たないようです。当時ここから生徒達は登下校していたのだろうかちょっとイメージが湧いてきません。


FullSizeRender

豊郷町観光協会のHPによると、『豊郷小学校旧校舎群は、昭和12年に近江商人、商社丸紅の専務であった古川鉄治郎氏によって寄贈され、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏の設計で建てられました。当時は、白亜の教育殿堂”“東洋一の小学校といわれ、平成25年には国の登録有形文化財に登録されました。現在は、町立図書館や子育て支援センターなど町の複合施設として利用されており、校舎のご見学も自由にしていただけます』とあります。


FullSizeRender

塵ひとつ落ちていない長い廊下。

古川鉄治郎氏はここ豊郷小学校の卒業生。

叔父の伊藤忠兵衛氏は伊藤忠商事・丸紅の創業者です。寄贈額は当時の60万円(現在価値で数十億円)というから驚きです。「商売において売り手と買い手が満足するのは当然のこと、社会に貢献できてこそよい商売といえる。世間から得たお金は世間へ還元する」という近江商人の経営哲学三方よしの教えを体現されたということになります。


FullSizeRender

FullSizeRender

階段の手摺りに施されたウサギと亀。多くの子供たちがこれを見て・触れて育ちました。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏は日露戦争が終わりを告げた明治38年、キリスト教を伝道する為にアメリカから英語教師として来日します。やがて教会などの設計活動を始め、明治41年には京都で設計事務所を設立し、関西圏を中心に西洋建築の設計を手懸けました。建物はヴォーリズ建築と呼ばれ、100年以上経過した現在でも色褪せることなく、多くの人々から高い評価を受けています(東京神田の山の上ホテルや大阪心斎橋の大丸など)


FullSizeRender

さらに近江兄弟社の創立に加わり、メンソレータムの製造販売業を手がけ、それにより得た資金で病院の設立や学校教育などの社会事業を展開していきます。青い目の近江商人と称され、昭和33年には近江八幡の名誉市民第一号に選ばれています。ちなみに昭和39年に亡くなるまで、彼が愛した近江八幡で日本人の奥様と過ごしました。


FullSizeRender

FullSizeRender

豊郷小学校のシンボル的な施設である講堂。


FullSizeRender

整然と並ぶ長椅子一見、礼拝堂のようにも見えます。


FullSizeRender

FullSizeRender

明るい日差しが降り注ぐ大きな5段開閉窓や目立たない暖房装置


FullSizeRender

FullSizeRender

立派な講堂です。学校内の式典や行事だけの使用に留まらず、一般の方々を迎えての講演会や音楽会なども行われていたそうです。


FullSizeRender

FullSizeRender

本校舎へ戻り3階の桜高軽音部の部室(会議室)へ。


FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

最初は一緒に並んでいたウサギと亀ですが、だんだんと亀が先に進んで行く様子が表現されています。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

さすがにここだけは異空間でした。ただ、けいおんを知らなくても、ファンでなくても、思わずほっこりとしてしまうなにやら、音楽や笑い声が聞こえてきそうな雰囲気です。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

テレビアニメシリーズが終了してから10年近く経つというのに、聖地巡礼者は後を絶たないそうです。


FullSizeRender

DSCN6142

窓からは、これまた素敵な現在の学舎が見えます。旧校舎を眺めながら学習出来るなんて、夢のような環境です。


DSCN6166

FullSizeRender

そういえば同じ滋賀県の日野町に残されている、渋い雰囲気の旧鎌掛小学校もアニメ(京アニの中二病でも恋したい!)の舞台になっています。京アニさんのロケハンスキルの高さには脱帽します。

アニメに描かれた場所を訪ねる「聖地巡礼」を通して、ガイドブックには載っていない景観、そしてその地域の文化や歴史的建造物に興味を持ち始める人も多いと聞きます。

ヴォーリズ建築とアニメ意外な組み合わせが、地域の人々とけいおんファンの絆を繋いでいます。

FullSizeRender

桃のような果実がなるセンダンの樹の下にある「あのベンチ」。


FullSizeRender

琵琶湖畔にある数多くのベンチの中でも、際立ってフォトジェニック。


IMG_0605

FullSizeRender

なぜならオンリーワンのハンドメイド。

笑顔が素敵なお父さんが、いつも見守っています。話しかけてみて下さい。


FullSizeRender

琵琶湖畔でも、この辺りは、彼岸花の群生地として知られているところなんです。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender
IMG_0537

ちなみに、こちらは我が家の前の遊歩道に自生する彼岸花

急に、秋を感じます。

FullSizeRender

ハイカーにとって何度でも登りたくなる山がいくつかあると思うのですが、僕にとっては霊仙山(りょうぜんざん)がその一つ。

近畿圏や東海圏のハイカーに人気の山で標高は1,083m。


FullSizeRender

滋賀・三重県境の鈴鹿山脈(北勢アルプス)の最北に位置しています。

北側には伊吹山が対峙していて、遠く白山や御嶽山に乗鞍を望め、琵琶湖を見下ろす立地。


FullSizeRender

最大の特徴は石灰質の山だということ。

ですから山頂部は秋吉台や平尾台のように高原状のカレンフェルト台地で、緩やかな起伏の草原にいくつかの峰が並んでいます。

僕のようなピークハントにこだわらないお気楽ハイカーにとってはたまらない山です。


FullSizeRender
FullSizeRender

いつも満員御礼になる榑ヶ畑(くれがはた)登山口の駐車スペースから歩き始めます。


FullSizeRender

ほどなく石垣に囲まれた森の中を歩くことになりますが、これは林業や薪炭の生産などで生計を立てていた榑ヶ畑の廃集落跡です。

実はこのあたりは廃集落が多い


FullSizeRender

10分弱で「山小屋かなや」に到着。

ここからまずは汗拭き峠を目指します。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

10分弱で2合目の汗拭き峠。


FullSizeRender

3合目あたりは岩が多いものの、ここから緩やかな尾根道を歩いて5合目の見晴台へ。


FullSizeRender

30分ほどで見晴台琵琶湖がちらちらと見えてきました。ここで水分補給。

このあたりから7合目のお猿岩までは、グングンと標高を上げていきます。


FullSizeRender

FullSizeRender

そして6合目を過ぎたあたりから視界が一気に開け始め、カルスト地形独特の石灰岩が散らばるピナクルが姿を現します。

風の強い山ですが、この日は穏やかでした。


FullSizeRender

FullSizeRender

見晴台から20分ほどで7合目のお猿岩。

ここからの眺めです。

1時間ちょいでこんな開放的な景色に出会える…

この先、山頂までは緩やかな高原状のカレンフェルト台地を歩いていきます。

奥に見える峰までは、遠くに感じますがそうでもありません。


FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

開放的でホントに気持ちいい。

風景を楽しみながら写真を撮ったり、足下の苔や花を観察したり、ドローンを飛ばしたり…これだけ広々しているから、皆さん思いおもいの場所でのんびりしています。


カルスト台地の山歩きというと平尾台。

FullSizeRender

平尾台の吹上峠から太平山までの登山道は、このように巨大ピナクルを乗り越え、そして隙間を縫っていくので、スネを強打したりしてアザだらけになることも。


FullSizeRender

巨大なドリーネがぽっかり口を開けているので草原地帯も歩けない…


FullSizeRender

寄り道しながら15分ほど歩いて、峰を越えると見えてくるのが8合目のお虎ヶ池。

向かって右が霊仙山、左が9合目の経塚山。


FullSizeRender

霊仙山の山頂にいるハイカーさん、皆さん同じ方向を向いています。

どこのお山を見ているのでしょう?


FullSizeRender

FullSizeRender

カレンフェルトの羊群原の中を歩いて経塚山へ向かいます。


FullSizeRender

15分弱で9合目の経塚山山頂。


FullSizeRender

伊吹山の右奥に雪をかぶった白山。


FullSizeRender

FullSizeRender

避難小屋の先に見えるのが乗鞍と御嶽山。

多少霞んでいても、雪が目印になるこの時期の山歩きは山座同定が楽しい。


FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender

歩いてきた道を振り返ると、琵琶湖や竹生島がくっきりと見えます。


FullSizeRender

家族は霊仙山山頂へ、山頂までは15分弱です。

右が霊仙山、左が最高点ピーク。

僕はここで知り合ったゴールデンレトリバーとお散歩ハイクをしていた方と雑談しながらのんびり。

家族とは7合目で待ち合わせすることにして各自自由行動。


FullSizeRender

僕は前から気になっていた池塘を見に行きました。


FullSizeRender

FullSizeRender

このように自由気ままに歩き回れるのが霊仙山のいいところ。

でも以前に比べて鹿のフンが多かった。


FullSizeRender

FullSizeRender

関東圏のハイカーには馴染みが薄い山ですが、近畿圏や東海圏のハイカーにはリピーターが多い人気の山です。

榑ヶ畑(くれがはた)登山口から山頂までのピストンであれば、ゆっくり休んでも4時間ほど。

前回の記事にも書きましたが、うちの家族は下山後、近江八幡を満喫しました。

鈴鹿セブンマウンテンに入っていませんが、何度でも歩きたくなる山です。

FullSizeRender

新緑がまぶしい近江八幡の八幡堀へ行ってきました。


DSCN9971

京都ほど混み合っていないのがいいですね。


FullSizeRender

まずは日牟禮(ひむれ)八幡宮でお参り。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

近江商人の信仰を集めてきた神社です。


FullSizeRender

そして八幡堀。

お堀沿いに歩いてみましょう。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

これは手こぎ舟ではないのですがのどかに揺れながお堀をめぐるなんて風情があっていいですね。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

見どころがコンパクトにまとまっているので、ちょっとした散策に最適です。

秋や冬も素敵ですよ。


この後、安土城へ行きたかったのですが、家族から猛反発を受けて(この日は霊仙山に登ってきたからです)、お決まりのラ コリーナ近江八幡へ。


DSCN0005

FullSizeRender

FullSizeRender

DSCN0020

DSCN0021

バームクーヘンもいいですが、ここのパンがめちゃくちゃ美味しい。


DSCN0011

DSCN0012

DSCN0014

DSCN0015

FullSizeRender
DSCN0017

DSCN0018

FullSizeRender

DSCN0023

まるでテーマパークのようでとてもフォトジェニックですね。

近江八幡は、自然も古い町並みも美味しい物もぎゅっと詰まっている魅力的な街です。

↑このページのトップヘ