カテゴリ: 街歩き

FullSizeRender
.

みなとみらいのイルミネーションは街ぐるみで仕掛けているので、ぶらぶら歩いているだけでも光に包まれながらウォーキングしている感じ。コスモワールドが休園日だったせいもあり、新港エリアは人が少なくしっとりとしていました。


FullSizeRender

横浜三塔を撮影した後、山下臨港線プロムナードに戻り、ワールドポーターズのルーフガーデンに向かいます。


FullSizeRender

ルーフガーデンは相変わらず貸し切り状態でしたが、工事中か何かで柵まで進めませんでした。

ここから眺めるコスモクロックはやっぱり迫力あります。


FullSizeRender

汽車道側へ抜けるwalkway


FullSizeRender

エスカレーターを下ってアニヴェルセルへ。


FullSizeRender

シンプルだけどとてもセンスのいいツリー。

コスモクロックとジェットコースターのレールを背景にしてみました。


FullSizeRender

ショーウィンドウのディスプレイはもちろんクリスマス。

国際橋を渡ってクィーンズスクエアへ。


FullSizeRender

クィーンズパークゴールドに輝く大階段。


FullSizeRender

クイーンズパークの虹メタリックアッシュな壁を流れ落ちる水に架かる虹が幻想的で癒されます。


FullSizeRender

赤い物体はクリスマス仕様?


FullSizeRender

貸し切り状態のクィーンズスクエアのテラス。


FullSizeRender
.
FullSizeRender

スーパープラネットが回転していないので、いつもと違う表情のコスモワールド。


FullSizeRender
.
FullSizeRender

白く輝く日本丸は白鳥のようです。風がなければ素敵なリフレクション画像が撮れるのですが


FullSizeRender

ドッグヤードガーデンたしか、6年前にここでリトル・マーメイドのプロジェクションマッピングを観ました。


FullSizeRender

ランドマークプラザのツリーは、いろんな角度から鑑賞できるので何度訪れても楽しい。


FullSizeRender

テーマは「白い雪につつまれた北欧の森」


FullSizeRender

さくら通りから横浜駅まで続くヨコハマミライト


FullSizeRender

グランモール公園はワンコと散歩している方が多かったみたいです。ワンコの瞳や首輪もキラキラ?していました。


FullSizeRender

すべての見どころをアップしていたらキリがないので、最後は、すずかけ通り歩道橋階段のグラフィックアート。


FullSizeRender

みなとみらい線で日本大通り駅から横浜駅まで4駅分(元町や中華街のイルミを含めたら5駅分!)、徒歩で1時間もかからない道のりを、写真を撮りながら寄り道して、休憩して2時間半ずっと光に包まれながらのウォーキング。

この季節の横浜は、街全体がクリスマスストリート・クリスマスマーケットになります。

みんなが笑顔なのも頷けますね。

FullSizeRender

イルミネーションが輝きだす前に大さん橋へ行ってみました。時系列でいうと、家族揃って前回アップした赤レンガ倉庫へ行き、中華街で呑んだ後、僕だけ磯子に住む友人宅にお世話になり、翌日、山手西洋館巡りをした後になります。今夜は一人でイルミネーションを堪能です。


FullSizeRender

大さん橋の先っぽで開催されている、額縁とギフトボックスを模した横浜港フォトジェニックイルミネーション


FullSizeRender

どんな感じになるのか興味津々です。


FullSizeRender

そうこうしているうちにマジックアワー、魔法の時間がやってきました。


FullSizeRender

FullSizeRender

この日は浜風が強く冷たく、寒さで挫けそうでしたが、空気が澄んでいて富士山がよく見えましたでもだいぶ景観が変わりましたね。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

ギフトボックスはレッドリボンとピンクリボンの2つ。


FullSizeRender

FullSizeRender

ボックスの中にコスモワールドの観覧車や赤レンガ倉庫を入れて撮影できるといいますが、そういうポジションは三脚を持ったカメラマンさんでいっぱいでした。


FullSizeRender

FullSizeRender

黄金色の額縁には横浜ベイブリッジを入れて。オレンジ色に染まった満月が不気味です。


FullSizeRender

マジックアワーの時間帯は、三脚を持った方々がたくさん居るので、どっぷりと暮れた18:00以降の方がゆっくり撮影できます。


FullSizeRender

山下公園初のイルミネーションイベントはどうも未完成のようだったので、みなとみらいへ移動する前に、この三塔を見に行ってみます。


FullSizeRender

象の鼻パークのスクリーンパネル。


FullSizeRender

FullSizeRender

山下臨港線プロムナード。

この時期、人の流れは赤レンガ倉庫やみなとみらいに集中するので人もまばら。


DSCN9846

クィーン(横浜税関)


DSCN9858

キング(県庁本庁舎)は手抜きして遠目から


DSCN9843

ジャック(開港記念会館)

昔ながらの横浜のシンボル。開発が進み日中は目立たなくなってしまいましたが、夜になると存在感を取り戻します。若い頃は、三塔をこんなにまじまじと撮るなんてことはありませんでしたが、歳を重ねるにつれ脚を運んでしまうようになります。

今年最後の横浜散歩、迷子必至のみなとみらいへ向かいます。

FullSizeRender
.

この時期定番のクリスマスマーケット。

ガーデンプレイスや六本木ヒルズもいいけど、赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットは規模が大きく雰囲気抜群です。


FullSizeRender
.
DSCN9925

キラキラしたイルミネーションとヒュッテの上の飾り付けがみんなを笑顔にしてくれます。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

一番奥にひと際輝いているのが高さ10mのツリー。


FullSizeRender

赤レンガ倉庫ご無沙汰の方なんか景観が変わったと思いませんか?そう、万国橋あたりに開発されたホテルです


FullSizeRender

本物のモミの木に上品なオーナメント。


FullSizeRender

FullSizeRender

こちらも大人気。


FullSizeRender

倉庫の裏に廻ると静かになります。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

25日まで赤レンガ倉庫は暖かな光の世界に包まれています。

FullSizeRender

まち歩き観光「長崎さるく」によると、“小さな路地を入ったところ、曲がりくねった石畳の坂道を上りきったところにこそ、長崎の本当の魅力が眠っている”と。

たしかにその通りで、長崎の魅力を体感するのは歩くのが一番です。

グラバー園の廻りを散策してみることにしました。


FullSizeRender

FullSizeRender

レンガ倉庫通りから小曽根乾堂通りへ上がり、


FullSizeRender

FullSizeRender

南山手町12のドンドン坂へ。

ここからあてもなく、地図にはのってない小さな路地をぶらぶらと“さるいて”みます。


FullSizeRender

雨が降ると石畳の脇の側溝を雨水がドンドンと音をたてて流れるからドンドン坂。


FullSizeRender

洋館もたくさんあります。


FullSizeRender

港が見える石畳の坂道っていいですね。


FullSizeRender

坂を登りきりグラバー通りに出ると左にあるのが児童養護施設マリア園。


FullSizeRender

明治の面影を残すレンガ造の建築物です。施設は移転し、この建物はホテルに生まれ変わるそうです


FullSizeRender

地図に載っていない坂道を登って行きます。奥に見える山は夜景の名所、鍋冠山あたり。


FullSizeRender

マンホールは五芒星、長崎市の市章。


FullSizeRender

やっぱり電線ってなんとかしたいですよね。


FullSizeRender

古井戸。


FullSizeRender

だいぶ登ってきました。


FullSizeRender

やっぱり長崎市内は坂の町ですね。暮らしている人は大変だと思います。グラバー園の上にある大浦展望公園へ向かってみます。


FullSizeRender

坂猫発見。


FullSizeRender

爆睡中ほんとうに自由……


FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_9344

FullSizeRender

大浦展望公園からグラバースカイロードを望むと、山の斜面にびっしりと家が建てられていることがわかります。火災が起きたらどうするんだろう。


IMG_8657

FullSizeRender

大浦天主堂の裏にある祈念坂ここは静かです。


FullSizeRender

FullSizeRender

ロバート・ウォーカー。


FullSizeRender

天主堂の屋根は日本瓦を使用しています。


FullSizeRender

FullSizeRender

そして天主堂の隣は見慣れたふつうの墓地教会の尖鋭な塔と十字架に、日本瓦西洋と東洋が融合した独特な空間です。


FullSizeRender

FullSizeRender

大浦天主堂ここは多くの観光客で賑わう普段どおりの長崎。

眼鏡橋から風頭公園・亀山社中あたりにかけての散策は日本の古き良き街並み、幕末を想いながら楽しむ感じですが、やはりグラバー園あたりは独特な雰囲気があります。

この後は、鍋冠山へ向かいます。

FullSizeRender

昔懐かしい蔵造りの「店蔵」が軒を連ね、江戸の文化や風情を色濃く残す町として多くの観光客が訪れるようになりました。

適度に田舎、適度に都会で、住みやすそうな街です。


氷川神社から一番街通りまで、ぶらぶらと歩いてみます。


FullSizeRender

FullSizeRender

住宅地の狭い路地にひっそりとある、国登録有形文化財の「モダン亭太陽軒」さんと…


FullSizeRender

隣にある、味わいある古き良き劇場の「川越スカラ座」さん。


DSCN4773

平日でも小学生たちで賑わっているのが一番街通りの北側にある「菓子屋横丁」。


DSCN4771
DSCN4772

川越のR16沿いには大手菓子メーカーの製造工場が多くあることから社会科見学スポットにもなっているので、スケジュールに組み込まれているのかもしれません。

買い食いしたり、お土産を物色するのに良さそうです。


DSCN4770

FullSizeRender
FullSizeRender

そして蔵造りの町並みのメインストリート「一番街通り」。30数棟の店蔵がどっしりと軒を連ねています。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

ところで、町並みがスッキリと美しく感じませんか?


FullSizeRender

一番街通りは無電柱化(電線地中化)されていて、電柱や電線がありません。


FullSizeRender

実際に歩いてみると感動します…電柱や電線がないだけで空の広さが全然違うんです。


FullSizeRender

銀座の歩行者天国、中央通りも無電柱化されていますがビルに囲まれています。

東京ディズニーリゾートはあくまでもテーマパーク。


例えば、ロンドンやパリは無電柱化率100%、ベルリンでは99%、ニューヨークでは85%弱。

電柱完全ゼロではないにしろ、欧米の主要都市では電柱がない景色の方がスタンダード。

派手な電飾看板が目立つ香港は意外にも100%。

ソウルで50%弱、ジャカルタでは40%弱だそうです。

では、日本はどのぐらいなのでしょうか?

なんと、東京23区でわずか10%弱…。

日本は無電柱化の後進国です。


FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender

裏通りに入ると、古民家をリノベーションした和モダンの魅力的な店舗が軒を連ねます。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

川越のシンボル「時の鐘」。


FullSizeRender

FullSizeRender

川越の町を守りつづける川越氷川神社や、川越大火後に町人たちの思いとともに形成された蔵造りの町並み。

どこか懐かしい雰囲気を漂わす小江戸川越の魅力に、改めて惹きつけられてしまいました。

↑このページのトップヘ