カテゴリ: 離島













沖縄で一番好きな浜


















































真っ白い砂浜とコバルトブルーの海






















































































那覇の泊港から船で訪れることをおすすめします。













羽を休めるリュウキュウアサギマダラ

離島ターミナルから高速船をぶっ飛ばして1時間、近いようで遠い波照間島。
とても素晴らしい島なのに僕にとっては鬼門の島で5回訪れて(宿泊1回)一度も太陽を見てません。はいホントです。
高速船でも、「船底に穴が開いて砕け散るんじゃないか」というような仕打ちばかり…
船は外洋に出るので大きなうねりをいくつも乗り越えることになり、その度に大きな揺れと衝撃が襲ってきます。もはや誰も悲鳴を上げません。みんな固まったまま…
たぶん石垣島の電力関係の方だと思いますが、「母ちゃんと娘の顔が浮かんだよぉ〜⤵︎」みたいな事を言っている時もありました…
欠航になるよりいいんですけどね。












離島らしい傾斜が何段かになっている真っ直ぐな道












道路を飛び跳ねる「生きた草刈機」のヤギさん












道路でこちらを見つめる「紐で繋がれた」牛さん















デカ過ぎる…育ち過ぎたアダンの果実

どれもが愛すべき波照間の風景
ここから先の画像は曇天ばかりですが、荒々しさと美しさを感じとってください。












やはりニシ浜は綺麗です
港からのアクセスも良くて、製糖工場から漂う甘い香りを嗅ぎながら歩いていくと高台から見下ろすようにエメラルドグリーンの浜が現れます。
























































青さだけなら防波堤側の方が凄い

似たような天候(ニシ浜の方が条件は悪い)で比較しても












宮古島/与那覇前浜












竹富島/コンドイビーチ

やっぱり青の濃さが抜けてますね…
晴れてたら凄いだろうな













































でも沖縄で一番はここ
久米島のはての浜
海の水を「飲めちゃうかも」と思ったのはここだけ。

集落へ向かってみます












にゃんこの置物かなぁ?と思ったら…
生きてました…


































海岸から集落までは遮るものが無いので風対策はとても重要で石積みはとても荒々しい。 防風林はフクギです。
雨風を防ぐための先人の知恵ですね。












島には5つの集落がありますが、集落ごとに共同売店(住民の共同出資で経営されている)があります












ここは名石集落の共同売店。
島の中心部に学校が固まっています。






















卒業記念の絵を見ると笑顔になってしまいます 。
嵐の中ですが日本最南端の碑を見に行きます


































ちなみに蛇のように曲がりくねった道は日本各地から持ち寄られた石で作られているそうです












正面奥に星空観測タワーが見えています
ここから南十字星(はいむるぶし)を観測できます。でも実際は月の観賞でも大満足です。












高那崎の断崖絶壁
実は八重山で一番好きな所
ここは凄いなぁ〜
厳しい岩場の環境に適応した芝生のような植物が地面を覆っていて、踏むとふかふかの絨毯のようで…
懸命に生きている植物を踏むのはさすがに申し訳なくて、なるべく緑のじゅうたんの少ない岩を選んで歩きましたが、雨風が強くていつも絶壁までは辿り着けなかった…
ここには絶壁フェチ悶絶の凄い断層崖があるんです。
再訪が楽しみ。












解体前の波照間空港ターミナル

ニシ浜の隣のペー浜へ行ってみます。
僕はこっちの浜が好きです。












波照間島に限らず隆起サンゴ礁の島では水の確保が最重要課題。島には数多くの井戸や貯水池があります。
雨が降るとこうなっちゃうんですね。












あったあった獣道












この瞬間がチムドンドンなんです












あっ⁉︎アサギマダラだ…
数年前に山口県の周防大島のとある素敵な展望台でこの蝶に出会い好きになった「旅をする蝶」。
トップ画像はこの蝶です。
好奇心が強いようでずっと後ろからついて来たみたいですね。























モンパノキをくぐって












ペー浜












この先、浜沿い歩いていくとニシ浜です
静かにハテルマブルーを楽しみたくなったらこちらへどうぞ












ハマユウの実
お団子みたい












けっこう顔見せ大サービスしてくれてますね












後ろ姿がシュールかも

夜の波照間はホントに真っ暗












晴れてたら満天の星空が眺められたのに

島に宿泊して感じましたが若い女性の一人旅が多いのも特徴です。
何を想い訪れ、何を想って島を離れるのか…












彼女は行きも帰りも同じ船…同じ民宿
いろんな話を聞きました…
たいしたもんです。
女性の方が強くてしっかりしてる!

竹富島と間逆の沖縄を体感できるのが波照間島かもしれません。













たっぷり昼寝しました!
沖縄に来ると昼寝の大事さを実感します。












気持ち良さそう♬























コンドイビーチ
やっぱり綺麗ですね〜












子供も大人も遊べるビーチでは八重山No1 だと思います












夕日を眺めるなら西桟橋
ここから綺麗な夕日を眺めたことないなぁ…
島の東側、アイヤル浜に行ってみます。























角にハイビスカスが❤️
頑張り屋の女の子ですね。




































竹富小中学校
素敵ですね‼︎























自然が残された浜です












彼女たちにとって最高の思い出になった1日でしょうね(^^)












島は観光客が帰っていくと一気に寂しくなります…























今回もこの島からの夕日はおあずけです























あたりから三線の音色が響いてきます
ゆんたく中の笑い声も…












夜が更けていきます…


































夜明け前のなごみの塔から
そして…























知ってはいましたが…
白砂を綺麗に掃き清めています…
ありがたいことですよね。












石垣島はキャンプ禁止ではありませんので、2度目、3度目の石垣島はレンタカー車中泊にして宿への宿泊は離島がおすすめです。












おはよう‼︎
気持ちの良い朝です‼︎














数年前、島最大の祭事「種子取祭」を観賞しました。
"素足の道"にある世持御嶽で行われます。
奉納芸能は見所たっぷりで素晴らしいお祭りでした。



























































島民にとって五穀豊穣を願う大事なお祭りです












島の祭りに合わせて訪れてみるのも良いでしょうね(^^)














気軽に訪れることができて、 
古き良き沖縄を体感できる竹富島…
何度でも訪れたくなります。













今日はぶらっと竹富島へ行ってみます。












離島ターミナルからたった10分!
石垣島の魅力は思い立ったら気軽に離島へ行けることですね。












赤瓦の屋根












どこまでも続く白砂の道












個性豊かな表情のシーサー

竹富島は町ぐるみで景観を守っているので、僕らのイメージする「沖縄」を五感で感じ取ることができます。












桟橋で待機しているレンタサイクルや水牛車ツアーのバスで急ぎ集落へ向かいたいところですが、
鳥の声や島風を感じながらのんびり(暑いですけど)歩いてみてはいかがでしょう。












なかなかのイケメン黒毛和牛












集落の入口
東のスンマシャー、魔除けです。













































桟橋にはたくさんの人が居たはずなのに…
全くひと気がありません…






















凛々しいにゃんこはいるんですけど(*^^*)












島の南半分は車えびの養殖場で立入禁止です。カイジ浜まで行ってみます。












やっと若者の声が聞こえてきました























コンドイビーチより人が少ないので落ち着ける浜です。












涼しげな木陰で休みながら浜沿いにコンドイビーチへ向かっていきます












小浜島とその奥に西表島












ぬるめのオリオンビールで乾杯!












渡り鳥
どこまで行くんだろう?












ヤドカリさんは静かに持っていると姿をあらわします

カイジ浜とコンドイビーチの中間あたりはのんびりできるのでお勧めです‼︎

少し昼寝します(^ν^)













島の規模のわりにはリゾートホテルが2つもあり、八重山で唯一ゴルフ場があるので、もっぱらゴルフに興じるためだけに訪れていた島。
じっくり歩き回ってみると素朴な風景が広がるゆったりとした島でした。

八重山諸島の"へそ"にあたるので海は穏やかです。

港からニラカナイ・はいむるぶし方面へ向かい時計周りで歩いてみます。












まずは港近くのトゥマールビーチへ












曇りがちの空なのに嬉しく感じます。
自然が残っているビーチです。
ちなみに本日のザックの中身はオリオンビールとタオル。そしてウェットティッシュのみです!























有名なシュガーロード
サトウキビ畑の真ん中にまっすぐ伸びる一本道を歩くとゆったりとした時の流れを感じることができます。












護岸道路からウータ浜へ向かってみます。
実はここ…八重山のウユニ塩湖なんです(^^)






















ちょっと大袈裟ですかね…^_^;
このあたりからは波照間島が望めます。























個人的には細崎(くばざき)に続くこの道が好きです。


































細崎の浜
西表島まで泳いで行けそうな距離












でも潮の流れはかなり早いです












このあたりには可愛いマングローブが自生しています。


































観察するには格好の浜です
自然の力はつくづく凄いと思います。

ちゅらさん展望台と大岳(うふだき)。
どちらに行くか迷いましたが大岳へ向かいます。












ヤギがね〜
歩道を占拠しているんですね〜(^^;;












那覇でヤギ刺しを食べて以来申し訳ない気持ちでいっぱいです












でも…また頂きま〜す(^^)

大岳へは10分ほど登りますが絶景が待っています!












中央の岬が先ほどまで居た細崎
低い山ですが360度の大パノラマです!

オリオンビールの在庫が尽きました…
集落へ向かいます。
集落の町並みは他の島々と一緒です。


































今日はほとんど人に会いませんでした…
牛とヤギだけ…

今日の夕日はどうしよう?












ここから眺めました
こういうのもいいもんですね!

↑このページのトップヘ