2007年07月

2007年07月28日

ゴール裏ネイビー化プロジェクト2007@07/28

723f1d26.jpg本日、皆様からの善意で集まったカンパの合計は、

1604円

でした。
いままでと合わせて

35283円

となりました。
ありがとうございます。

ここで、ひとつお知らせです。
もうすぐ1丹分(約50m×120cm)を購入するだけ
カンパが集まるのですが、
送料その他で、予定しているもう1丹と合わせて発注した方が
安くなることが解りましたので、
一緒に発注したいと考えています。
私的に資金が出せれば、1丹分だけ早期に仕入れるかもしれませんが、
みなさんの負担を少なくするための手段として、
ネイビーベンチシートが増えるのが少しだけ延びることをご了承下さい。

なお、なんとか今期中にお披露目出来るよう、一層のご協力をお願いします。

近日中に、あといくら必要なのか表記出来るようにしたいと思います。


2007年07月19日

三浦淳宏

なにやら、獲得の方向みたいだ。

昨シーズン、(アビスパにとって)活躍しなくていいときに頑張って、降格させてくれた原動力。

このことだけ考えると、嫌な選手だが

チームの現状を考えると、北斗の完全復活が先送りになってしまった今、即戦力なので欲しいかなぁ。
松田さんと合わなくて、アビスパへ来ることになるとは(まだ決定ではない)、因果なものだ。

そういえば先日、雑談の中で、淳宏の奥さんの話が出たばかりだった(笑)

club_b_since1993 at 21:00|PermalinkComments(0)clip!その他 

2007年07月16日

新しい旗

b1a60e5c.jpg雨の日も、風の日も、いつも頑張っていたので、何かしてあげたいと、

クラブ旗を寄贈頂いた。

あまり、大きな話にはしたくないとのことなので、寄贈者は伏せておきますが、クラブ旗には署名頂いています。

この柄、見たことあると思います。
そう。ゴール裏ビッグフラッグの柄です。
ビッグフラッグも元は、クラブ旗のデザインとして、あったものです。
「蜂」の文字は、今も現役で使っている旧クラブ旗には、入っていません。
デザインとして作ったのは、「蜂」入りだったのですが、書き入れる際の失敗を怖れ、結局入れずに使っていました。

文字デザインは、蜂が元気よく飛び回る様子から。
色は、アビスパのチームカラーを。

この旗が元気に泳ぐことが多い試合を、あまり攻められているときの低空ブーイング振りに使うことがないよう、アビスパ戦士には頑張って欲しい。


寄贈下さった某氏。
ありがとうございました。
大事に使わせていただきます。


club_b_since1993 at 00:13|PermalinkComments(2)clip!応援のこと 

ゴール裏ネイビー化プロジェクト2007@07/15

e19d88bb.jpgご協力ありがとうございます。
本日、集まったみなさんからの気持ちは、

5069円

でした。
前回と合わせて

39244円

になりました。
今回は、来たるべきシート購入に際し、シートを留めるマジックテープ等を購入しましたので、報告します。

△5565円

差し引き合計

33679円

となりました。
シート設置に際し、クラブ側から「占有ではないアナウンス(掲示)」を義務付けられましたので、その紙を繰り返し利用出来る様に加工するため、ラミネートの機械及びシート(合わせて4000円弱)を追加購入させてもらうことをご了承下さい。

間もなく、発注しようと思えるまで、カンパが集まってきました。
ただ、今回の分では、まだ1ブロックと下の方のベンチには、シートをかけることが出来ません。

第2弾は、間もなくゴールですが、本当のゴールはまだ先ですので、まだまだ一層のご協力、お願いします。


2007年07月11日

誤審

私自身、審判資格を持っている。

しかし、格は下から数えた方が早い3級だ。
(県大会主審、地域大会副審が着任可能である)
審判資格は、
国際主審
国際副審
J1リーグ主審※
J1リーグ副審※
1級
2級
3級
4級
他にフットサルが(Jリーグ審判除く)同階級あるが、
今回は別として話しましょう。
※J1リーグ審判は、1級審判の中でJリーグが行う規定講習会を受講したものが着任することになっている。
同様に、サテライトまでのJリーグは、規模により、2級以上の審判が着任することになっています。

日本において国際審判が数少なく、数人しかいないのは、周知だと思います。
ならば、Jリーグを審判するのは、1級審判のみなさんなんです。
国内最上級の資格を持っているんです。
少なくとも、底辺で頑張っている低資格(私もその中のひとりなのでこういう表現をお許し下さい)の目指すべき姿なはずなんです。

それがどうでしょう。
決定的な場面での誤審による、勝敗の左右。
あと一歩。違う角度なら、VTRで見ている自分たちと同じ判断が出来たかもしれない。とか。
走り遅れて、オフサイドではないものがオフサイドと判断しているように見えたのは、果たして自分の目が悪いのか。


特定の審判は、いつも首を傾げる判定がある。
前半と後半の判定基準が一致していない。
...だからJ1の主審でなくJ2やってるのか?
いつまでやっても、向上心がなく、J2でいいや。なんて思ってる審判は迷惑だから、JFLででも頑張って欲しい。

そうか!
トップレフリーを目指す人は、反面教師にすればいいのか。

サッカーのレベルは向上した。
が、審判のレベルが共に上がらなければ、この国のサッカーレベル向上はない。
断言する。


club_b_since1993 at 21:50|PermalinkComments(0)clip!雑感 

2007年07月07日

折り返し

まぁこんなとこか。

正直な感想である。

第1クール、転がり込んで来た1位通過で、状況は悪い方へ向いてしまっていた。

第1クール最終節のその前まで、多分現在上位にいるチームは、アビスパを研究対象にしていなかった(多少はしていても、徹底研究まではしてないと推測出来る)だろう。
第1クールの対戦成績がそれを推測させる。
だが、1位通過などとなってしまったため、第2クールハードマーク対象チームがアビスパになってしまった。しかも全チームから。
研究されつくされたチームはもろく、何か違った突破口がないと、その実力は抑えられてしまう。

その突破口が今は、北斗なんだろうな。なんて。そう思えたりする。
北斗の本格復帰で、ラストまで追い風受けて、頑張って行きましょう!

厳しい戦いは選手だけがしている訳じゃない!
我らサポーターも、しっかりと押してあげよう!

club_b_since1993 at 21:18|PermalinkComments(0)clip!雑感