応援のこと

2012年10月21日

ご無沙汰してます。

今シーズンは、
体調やら別予定があったりなど
応援に行けませんでした。
残りの試合も、行けないことが確定してます。

メンバーにおいては
いつもの場所に行って応援してくれていたことでしょう。

来年はしっかり応援出来るよう、
体調管理には気を付けるよう精進します。

まだシーズンは終わってませんが
行けないため、
ご挨拶とさせていただきます。

追伸。
とうとう、我がアビスパのホームで
相手の優勝が決まるという
恥ずべき記録が付いてしまいましたね。
来年は心機一転、
頑張れる準備が出来る体制をチームとフロントに求めたいものです。

master_club_b at 17:45|PermalinkComments(0)clip!

2008年08月11日

質問状回答に対する私的意見

外野の雑踏が静まった頃だと思うので、
そろそろこのCLUB B代表である私の私的意見を書かせていただきたいと思う。

メンバーの皆さんは(湘南戦に来た人には少し話したが)
私がそう考えていることを理解してください。

回答書に沿って
書かせてもらうので、
回答書のコピペを使用させていただきます。
(一部改行や右寄せをそのまま反映していないところがあります)

>2008年8月1日

●7月末までの回答を求めたのに対し、
 8月1日付にての回答。誠意が見られない。

>質問状に対する回答

>アビスパ福岡 株式会社  

>代表取締役社長 都筑 興

> いつも応援有難うございます。

> 私は日頃から、中長期的視点に立った経営を心掛け、 アビスパ福岡 の経営基盤の確立を目指して全力を傾けております。
>  しかし、クラブの現状は大変厳しい状況が続いております。
>  昨年9月2日の鳥栖戦の混乱を契機とした、メインスポンサーのスポンサー料の大幅減額や撤退されたスポンサーがあり、他スポンサー様への支援のお願いも現状として大変厳しいものがあります。今後は従来にも増して、「冬の時代」を覚悟した経営努力が求められております。

●直接表現ではないが、
 この事件は一部サポーターが起こしてしまった 悲しい事件である。
しかし、それを理由とし、
 スポンサーが離れたことを示唆、
 暗にスポンサーが取れないことは
 サポーターのせいであると表現しているに等しい。

>  こうした中で、ファン・サポーターやスポンサーの皆様等、 アビスパ福岡 のファミリー全部が一体となって進むべき時にも関わらず、サポーターの皆様から質問状を頂くことになった事は大変残念でなりません。

●質問状が届いたことに”残念”と表現していることが”残念”である。
 質問状は、クラブ側の考えを理解したいというサポーターの意思の現れであり、
 興味を持たないのであれば、放っておくことでしょう。
 クラブの考えを理解した上で、
 お互いに修正できるところは修正し、
 互いに協力が出来るというもの。
 その考えを知りたいといった質問状を”残念”とは、
 あまりにも敵視しすぎていることの表れではないか?

> ご質問にお答えする前に、監督問題で皆様に大変ご心配をお掛けしました事をお詫び申し上げます。

●で、その責任は?

>  この種の決定は社外発表の前に、まず最初に選手に伝える事としておりますので、皆様にはいつもメディアを通して突然お知らせする事になってしまいます。

●このことは誰も責めていない。

>  篠田新監督はアビスパ生え抜きの若き指揮官です。アビスパは13年目にして優秀なコーチ陣が育ってきました。と同時にユースチームも全国大会へ出場するレベルになり、ユース出身のプロ選手も活躍し始めています。 アビスパ福岡 サッカー教室の子供達も1,000名を超える等頼もしい限りです。
>  つまりサッカー教室の子供達がユースに上がり、そこから更にトップチームで活躍したり他クラブや海外チームでの経験を積んで、再び彼等のホームである アビスパ福岡 にコーチとして帰ってきます。 
>  監督や強化担当あるいは経営陣にもアビスパ育ちが入ります。勿論他からの人材補充なくしてはクラブは成り立ちませんが、所謂地域に根差したクラブの完成した1つのサイクルが見えてきました。
>  新監督の下、アビスパ色に染まった特色のあるチームづくりを期待して頂きたいと同時に、待ち構えている試練を乗り越えていく為にファン・サポーターの皆様のこれまでにも増して熱き応援と支援をお願い致します。

●新監督の人選には異議を唱える人をあまり聞かない。
 むしろ、なんで「監督代行」としてリトバルスキー解任問題の挙がったときに対処しなかったのか
 資格がなくても「代行」なら可能なはず。
 まずは解任して次のステップに行かないと、
 現場やサポーターは今回のように混乱を起こしてしまうではないか。

> 意を尽くせるかどうか分かりませんが、先日頂いた質問に対し、次のとおり回答させて頂きます。



> 私の発言について

>  過去に長期間、非常に過熱した取材合戦を経験したことがあります。
>  今回はその取材場所が雑踏のなか緊張感と高揚感が漲るスタジアムでしたので一部の記者とのやり取りはあまり尋常では無かったと記憶しています。

> 「サポーターがどんな応援をしようが関係ない」と発言したとされる記事については、 5 月 25 日(日)の仙台戦後の取材を終え、一部のサポーターの方と会話しながらロビーを後にしようとした際に、ある新聞記者からヘッド・コーチの国際免許の件についての質問があり、記者に説明中に、無言応援についての質問があったが「それはヘッド・コーチの件とは関係が無いでしょう」という意味で発言したものです。

●アビスパプレス担当へのパイプのある方の話ですが、
 「事実と逸脱している。これは、自分の発言を記者のせいでゆがめられたようにされているが、国際免許問題とは別件での質問に対し発せられた言葉であったことは間違いない。勝手に混同され、記者が間違った報道をしたようにされているのは、遺憾である。」
 と述べられている。

>  また、「意見交換会について、呼ばれたから行っただけ」と発言したとされる記事については、意見交換会は アビスパ福岡 が主催したものです。何故その様な記事になったか分かりません。
>  また、「もともとフロントとサポーターは対立関係にあるもの」と発言したとされる記事については、多くのプロクラブでは、経営事情によりサポーターの要望に十分応えられないこと、また、チーム成績不振等から生じるフロントとサポーターとの軋轢は古今東西あるもの(リバプール大のローガン・テイラー博士)で、どうしてもフロントが批判される傾向にあるという意味で発言したものです。

●これは、多くの皆さんがTV画面で確認したと思われます。
 更に言うなら、みんながこのやり取りを見ているんです。
 記事ではなく、
 そのやり取りをしっかりと見た人が果たして、
 上記のようなことを意味しての発言だと思えたでしょうか?
 明らかなる失言ではないでしょうか。

>  ファン・サポーターの皆さんは、 アビスパ福岡 の夢を一緒に追いかけ、一緒に実現するためのかけがえのないパートナーだと思っています。
>  意図しない発言が、真意と違う形で記事になったことでファン・サポーターの皆さんの不信、不満に繋がったことをたいへん遺憾に思っています。


●遺憾に思う前に、
 言葉は、発せられたときに”命”を持ちます。
 いわゆる”言霊”です。
 上に立つものなら、その言葉の意味をしっかりと理解し、
 思いつきの発言はしないでいただきたい。
 それが、私たちの愛するアビスパ福岡の長であるならなおさら。


> 「クラブはしっかりとした意志をもってチーム作りを」について

>  プロサッカーチームを擁するJクラブとして、J1を目指せるチームを作る努力を行う一方で、 J 1に定着し、さらに上を目指すチームづくりを行うためには、クラブ力を強化し、中長期的にチームの力と同時に、クラブの力を育てて行かなければならないと考えています。 
>  また、それを実現するための安定的な経営の持続が必要であると考えています。
>  また、少ない資金で強く魅力あるチームをつくる方法は、育成重視であると認識しております。
>  育成組織の強化や、地域の指導者から優秀な選手を預けてもらえる信頼関係の構築、中長期的視点に立った育成組織の体制づくりを行うとともに、育成組織とトップチームの交流の強化を図り、育成組織のレベルアップを図っていくこととしております。
>  そして、着実にステップアップし、成長して行きたいと考えております。

●ホームタウン推進部は、しっかりと機能して
 一番成果を挙げています。
 ユースチームもしかりです。
 しかしながら、
 その大元であるトップチームで、
 長たる社長の一言が、
 混乱を起こしていることを自覚してください。
 「私は素人だから」とGMを招聘し、
 そのGMの意見を聞かずに監督続投を決めた昨シーズンオフ、
 そして今回の3試合の猶予期間を
 どう説明するのか。



> 「このクラブはどこへ向っているのか」について

>  新たな出資者、スポンサーの参加については、既存の支援企業や行政、Jリーグの同意や理解を得て行うべきものと考えております。
>  また、 アビスパ福岡 の理念・Jリーグの理念に賛同して頂いて初めて参加して頂くべきものと考えております。

●ならば、Jリーグの参入規制がかかっている
 遊興メーカー・遊興施設へのスポンサー参加検討は、
 理解を得られるとでも思ったのでしょうか?

>  重ねて申し上げますが、まさしく今は、ファン・サポーターやスポンサーの皆様等 アビスパ福岡 のファミリー全部が一体となって進むべき大変重要なときだと思っています。 ファン・サポーターの皆さんのこれまでにも増して熱き応援をお願い致します。

●もちろん、重要なときだと思っているのは間違いありません。
 しかしながら、
 あなたの考えは、すべてが”だれかのせい”なのです。
 自身に反省することがなかったのかどうかを
 しっかりと留意の上での回答が欲しかった。
 この回答書では、
 回答しているとは到底思えません。
 ”言い訳書”を読む私たちの辛さを
 どれだけ考えることが出来たのでしょうか?
 人間の根底はすぐに変えられることが出来ません。
 あなたは、アビスパ福岡の現社長ではありますが、
 私たちの愛するアビスパ福岡の社長とは言い難い。
 辛いことですが、
 そのことをみんなが思っているということを
 是非ともしっかりと受け止めていただきたい。
 そして、監督問題の混乱の責任はどこにあったのか?
 その処分は?
 愛するアビスパ福岡の長としての英断を願うばかりです。


締めくくりには「一体となって」を主張しているが、
書き出しの時点で、敵視した発言がこの回答のすべてを物語る。
サポーターは、クラブと一緒に成長していくのです。
クラブがその姿勢でなければ、
共に成長はありえません。

 都筑社長、私たちはたとえ試合に勝っても、
 あなたと喜びは共有できません。

今回の”言い訳書”
このブログをご覧いただいた貴方はどうお読みになりましたでしょうか?
是非、コメント欄でいいので、
意見をください。

club_b_since1993 at 16:11|PermalinkComments(3)clip!

2008年07月14日

篠田新監督を漢(オトコ)にしよう!

日付変わって昨日。

篠田監督の人生初監督である試合だった。
タイトルは、
スタジアムみんなが思っていた共通のテーマだった。

決してカッコイイ勝ち方ではなかったが、
気持ちが伝わる選手の頑張り、
交替の選手、タイミングの違和感のなさ。
すべてが篠田新監督を歓迎するようにことが回った。

個人的なことだが、
過去3回しか涙したことがない中、
4回目の涙を流してしまった私。

試合後の篠田監督のコメントには
感極まるものがあった。

選手のことをよく見ています。
それだけに
適材適所。
しっかりと機能しています。
PKを蹴る人選も、篠田監督だったそうです。
久藤選手の奥さんも
「キヨ(久藤選手)がPK蹴るの初めて見た」
と言うほど、その経験から離れていたにもかかわらず、
絶大なる信頼を選手に向けていた監督。

とにかくうれしい限りです。

これからは、
篠田監督が漢であり続けるのではなく、
篠田監督を漢にし続けることが
大切なサポーターの仕事ではないかと
そう思っています。


追記で申し訳ありませんが、
昨日の記事にて
ネイビーシートをフルサイズで貼ると告知しましたが、
開場直前のにわか雨、およびキックオフ直前までに及ぶにわか雨の予報にて
急遽、ネイビーシートを取りやめたことをお詫び申し上げます。
なお、
前述のように、
質問状の回答次第(回答が来ない場合も)引き続き、
抗議の意味で、ネイビーシートを貼らないことを続けますので、
ご理解お願いいたします。

これで終わりではない!

うやむやにされないためにも。

club_b_since1993 at 04:42|PermalinkComments(1)clip!

2008年03月21日

ゴール裏ネイビー化プロジェクト2008 序章

まずは、
私的用件にて
大事なホーム開幕戦に
来れなかった事を
代表としてお詫び申し上げます。

更には、
皆様からお預かりして購入し、
管理するとしたネイビーシート、
せっかくの開幕戦、
良い天気で4ブロック全部に設置できたにもかかわらず、
現場の勝手な、
開幕戦の意味を十分に理解できていない「スタッフが少ない」と言う判断で
2ブロックしか設置できていなかったことを
謝罪させていただきます。

今後は、メンバーにその試合の重要性、
何をしなくてはいけないのか、
どうしてそこまでする必要があるのか
しっかりと説いていきたいと思います。

同様に
我がサポータークラブの象徴的応援道具
ビッグフラッグ
も、用意できていないという醜態がありましたことをお詫びさせていただきます。

通常の試合の中では、
天候やスタッフの数等で迷惑をかけることもあるかと思いますが、
大事な試合での、応援の必要性。
ココへの思いの欠如は、
メンバー一同反省すべき点であります。

私の個人的な用事のため、
大事な1戦で、応援できるものすべてやろうとするホーム開幕戦で、
指示していたにもかかわらず、
徹底できなかったことを謝罪します。

申し訳ありませんでした。


2008年のネイビー化プロジェクトについては
未だ思案中であります。
どのようにどう、チームカラーへしていくか
そのための方法等、試行錯誤しておりますので、
良い案等ありましたら
コメント欄にて起案お願いします。

club_b_since1993 at 18:51|PermalinkComments(0)clip!

2008年03月15日

クリーンアップ博多の森

アビスパ愛を形に行動に!

  『クリーンアップ博多の森』活動

この『クリーンアップ博多の森』は、アビスパ福岡を応援するファン・サポーターの皆さんと全てのサポータークラブ及びアビスパ福岡が共に私達の大切な聖地である博多の森球技場周辺を、みんなの手できれいに していこうというものです。

私達はスタジアムを利用する人達や周辺の住人の皆さんが気持ちよく利 用でき、その象徴であるスタジアムが誰にでも愛されるスタジアムになることを 切に望んでいます。
清掃活動等を通じてスタジアム周辺の通りをきれいに、どなたにも気持ちよく利用していただけるよう今後もこのボランティア活動は継続していくつもりです。

第二回目となる今回は、ホーム開幕戦にて開催いたします。

■時間 : 午前9時〜10時頃

■集合場所 : 博多の森球技場テント前広場

■清掃エリア : 博多の森球技場周辺〜福岡空港辺りまで(詳細は当日決定)

■各自持参するもの : ・収集用ゴミ袋(家庭用ゴミ袋または大型レジ袋)

・火ばさみ(お持ちであればお願いします)

・軍手

      
アビスパ福岡株式会社

クリーンアップ博多の森(仮称)企画運営事務局

クリーンアップ博多の森活動 参加協力                

●一般サポーターのみなさん
●アビスパ福岡サポーターグループ(50音順)
      ・アニーモ
      ・ AyudA
      ・ウルトラオブリ
      ・エスコティーバ
      ・エルクルー
      ・CLUB B
      ・ハカタノモリ ゴールウラ

club_b_since1993 at 03:24|PermalinkComments(0)clip!

2007年10月04日

クリーンアップ博多の森

アビスパ愛を形に行動に!

  『クリーンアップ博多の森』活動 (仮称)

この『クリーンアップ博多の森』は、アビスパ福岡を応援するファン・サポーターの皆さんと全てのサポータークラブ及びアビスパ福岡が共に私達の大切な聖地である博多の森球技場周辺を、みんなの手できれいに していこうというものです。

私達はスタジアムを利用する人達や周辺の住人の皆さんが気持ちよく利 用でき、その象徴であるスタジアムが誰にでも愛されるスタジアムになることを 切に望んでいます。
清掃活動等を通じてスタジアム周辺の通りをきれいに、どなたにも気持ちよく利用していただけるよう今後もこのボランティア活動は継続していくつもりです。

記念すべき第一回目は、来る10月7日(天皇杯・栃木 SC戦)にて開催いたします。

■時間 : 午前9時半〜11時半頃

■集合場所 : 博多の森球技場テント前広場

■清掃エリア : 博多の森球技場周辺〜福岡空港辺りまで(詳細は当日決定)

■各自持参するもの : ・収集用ゴミ袋(家庭用ゴミ袋または大型レジ袋)

・火ばさみ(お持ちであればお願いします)

・軍手

      
アビスパ福岡株式会社

クリーンアップ博多の森(仮称)企画運営事務局

クリーンアップ博多の森活動 参加協力                

●一般サポーターのみなさん
●アビスパ福岡サポーターグループ(50音順)
      ・アニーモ
      ・ AyudA
      ・ウルトラオブリ
      ・エスコティーバ
      ・エルクルー
      ・CLUB B
      ・ハカタノモリ ゴールウラ



club_b_since1993 at 22:35|PermalinkComments(0)clip!

2007年10月01日

スポンサーパートナーシップ

129c58fa.jpgさてみなさんは、
よく購入する缶コーヒーは何ですか?

もちろんGEORGIAと答えが返ってくるでしょう。

では、ちょっと喉が渇いたそのときに自動販売機もしくはコンビニで購入するジュースは?

はい。Coca-colaと答えたあなた!いいですねぇ(笑)
スポーツドリンクでアクエリアスと出て来るのも流石です。

もちろん、ここまでは普通のアビスパサポーターなら気をつけて購入していると思います。

ならば、炭酸ではないジュースを買うなら?

迷う人が多数いると見受けます。
やはり、コカコーラウエストジャパンの商品(ミニッツメイトなど)を飲んで欲しいです。

特に、アビスパのユニフォームを着ているときには。
アビスパを応援する。その気持ちをスポンサーと共に。そしてスポンサーに感謝して。

それらを踏まえて、さて飲み会に行きました。
会場は、各社のビールが置いてあります。

キリンビール

を指定しましょう。日本代表を応援しているイメージが先行しますが、福岡には工場があり、クラブのスポンサーとして応援してくれています。スポンサー料金とは別に、よく我々サポーターが使用するためにカラーボードを作ってくれてますよね。

家電製品は何処で購入してますか?

ベスト電気

を使って下さい。
たとえ、他の家電販売店が安くても、ベスト電気へ行って、
「アビスパを応援してくれているベスト電気さんで買いたいんです。○○電気さんがこの商品この価格だったので、同値か安くしてくれませんか?」と交渉しましょう。悪い対応はしないはずです。

ローソンでからあげくんを食べながら待ち合わせ、
JJCLUB100で遊び、
休憩にトーホーのコーヒーを置いている喫茶店を使い、
移動には公共交通機関(西鉄・JR)を、
家に帰ったら味の兵四郎のだしの効いた味噌汁をすすり、
南国フルーツの美味しさを実家へヤマト運輸で発送する。

ここまで徹してくれとは言いません。
しかし、我らがアビスパに無償でスポンサー料金を出して頂いているスポンサーには、アビスパサポーターなら意識して利用してあげるのが、スポンサーに対する感謝の意であり、スポンサーと共に闘う気持ちだと思います。

既に、来年度のスポンサー料金を減額や打ち切りなどと言う噂を聞くようになりました。
アビスパをスポンサードしたら、アビスパサポーターがたくさん利用してくれた!なんてことになれば、打ち切りや減額なんてことが無くなってくれると思いませんか?

忘れている訳ではないのでしょうが、今一度スポンサーの大切さを、一緒に闘うその意味を、我々サポーターは、いえ、サポーターだけでなくクラブや選手、スタッフも、アビスパを応援する気持ちがある全ての人は、意識するべきだと。
そう思います。

イヤーブックに載っているスポンサー様を記載順にて書いて締めとします。(敬称略)

コカ・コーラウエストグループ コカ・コーラウエストジャパン株式会社
九州電力株式会社
三洋信販株式会社
株式会社ゼンリン
アール・ケー・ビー毎日放送株式会社
有限会社味の兵四郎
株式会社アルペン
イオン九州株式会社
株式会社井上組
ウキコドライバースクール
AIGスター生命保険株式会社
株式会社SEC
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ九州
NTT西日本
有限会社オーストリア菓子サイラージャパン
九州旅客鉄道株式会社
株式会社九電工
キリンビール株式会社
株式会社ケーブルネット下関
株式会社ケーブルビジョン21
西部ガス株式会社
株式会社ジェイコム北九州
JJ CLUB 100
ショッパーズ専門店街
株式会社正興電気製作所
株式会社損害保険ジャパン
株式会社田川産業
株式会社デンソー九州
株式会社トーホー
東京海上日動火災保険株式会社
株式会社東芝
南国フルーツ株式会社
株式会社にしけい
西鉄旅行株式会社
株式会社西日本シティ銀行
株式会社西日本シミズ
株式会社西日本新聞社
西日本鉄道株式会社
パナソニックコミュニケーションズ株式会社
学校法人東福岡学園
株式会社福岡銀行
福岡空港ビルディング株式会社
福岡ケーブルネットワーク株式会社
株式会社福岡サンパレス
福岡市
福岡整形外科病院
福岡リゾート&スポーツ専門学校
富士通株式会社
富士電気システムズ株式会社
株式会社ベスト電気
松尾建設株式会社
三菱電機株式会社
株式会社安川電気
ヤマト運輸株式会社
株式会社レッツ
株式会社ローソン
上野クリニック
エヌ・ティ・ティ・インフラネット株式会社九州支店
エフコープ生活協同組合
九州朝日放送株式会社
CNプレイガイド
全日本空輸
第一交通産業株式会社
株式会社ティー・ヴィー・キュー九州放送
株式会社テレビ西日本
有限会社博多松美屋
株式会社福岡放送
ブルーダイヤモンドアーモンドグロワーズ日本支社
ミズノ株式会社
    以上。


club_b_since1993 at 19:30|PermalinkComments(0)clip!

2007年07月16日

新しい旗

b1a60e5c.jpg雨の日も、風の日も、いつも頑張っていたので、何かしてあげたいと、

クラブ旗を寄贈頂いた。

あまり、大きな話にはしたくないとのことなので、寄贈者は伏せておきますが、クラブ旗には署名頂いています。

この柄、見たことあると思います。
そう。ゴール裏ビッグフラッグの柄です。
ビッグフラッグも元は、クラブ旗のデザインとして、あったものです。
「蜂」の文字は、今も現役で使っている旧クラブ旗には、入っていません。
デザインとして作ったのは、「蜂」入りだったのですが、書き入れる際の失敗を怖れ、結局入れずに使っていました。

文字デザインは、蜂が元気よく飛び回る様子から。
色は、アビスパのチームカラーを。

この旗が元気に泳ぐことが多い試合を、あまり攻められているときの低空ブーイング振りに使うことがないよう、アビスパ戦士には頑張って欲しい。


寄贈下さった某氏。
ありがとうございました。
大事に使わせていただきます。


club_b_since1993 at 00:13|PermalinkComments(2)clip!

2006年10月08日

待ちに待った、記録的勝利!

よこ昨日は、博多の森に着て頂いたみなさん、
本当にありがとうございました!
そして、やりましたね!
待ちに待った、鹿島からの、過去に1度も勝ったことがないチームからの勝利!
これで、勝ったことがないJチームは新規参入チーム以外なくなりました!
鹿島との過去の対戦は、1勝1分12敗となりました。
これから少しづつ借りを返していきましょう!

と、勝ったことの嬉しさを先に書いてしまいました(汗)
最初に書かなくてはならないことがあるのに、失礼しました。
重ねて、更新が翌日になってしまったことを謝罪します。
(勝利の深酒してしまいました。もちろん、車は自宅に置いてから)

感謝の意を表明するのは、もうひとつ理由があります。
ゴール裏ネイビー化プロジェクト第1弾(シートカバー)
のカンパをご協力いただいた多数の方々、
ありがとうございます。
昨日の試合に於いて、集まったカンパの総額は

8186円でした。

生地の加工と、少しでも安く購入するためのご協力をいただける提案がありましたので、
少し資金を貯めてから、一気にカバーの数を作ることにさせていただきます。
その方の情報によると、50m単位での購入と言うことになるので、
一気に20個のベンチが、シートカバーで覆われることになる計算です。
カンパを頂いてすぐに反映できないことをご了承ください。

このトピックスは、長くならないうちにこの辺で締めておきます。

カンパは、黄色のベンチがネイビーに埋まるときまで続けますので
引き続きご協力をお願い致します。
昨日ご協力いただいた方々、本当にありがとうございました。

club_b_since1993 at 10:37|PermalinkComments(0)clip!

2006年09月30日

激励を受けました。

さて、何人のメンバーが覚えているのだろうか?
真中の中段右に、髪を青にカラーリングしたご主人と
同じく黄色にカラーリングした奥さんが居たことを。

そのご主人の方とお話をしました。
こう言う言い方をしているので解ると思いますが
もちろん、この方はCLUB Bメンバーではありません。

お仕事が忙しくなり、博多の森に行けていないので
自分の分まで頑張って欲しいと言っていました。
いろいろと状況も変わってしまっていることを伝えると、

言うちゃ悪いけど、君らもアピールが下手やもんね。
もっと、アピールしたほうがいいんやない?
(はい。その通りです)
あの場所は、君らが頑張ってくれたんで、
少しづつやけど、応援の協力をする人が増えたんだから、
自信を持って頑張ってよ。
右向け右の応援をすることが、全てではないし、
最初から立って応援を強制されるのではなく、
プレーを見て、おぉーと言うところがあれば自然と立つんだよ。
そこは、君らのせいじゃないし、選手に頑張ってもらわないとね。
それが続けば、自然とみんなは立ったまま応援するだろうし。
あの場所を座っていても応援できる場所にしてくれたのは君らなんだから。
あの場所に来ているリピーターは、幅広い年齢層で君らを支持してくれていると思うよ。

この言葉を聞きながら、
目が潤んできました。
毎回、少人数で、選手に対しては
本当に寂しい限りの応援しか出来ていなかった。
そう思っていたので、
うしろで座っている人たちにも、
自分たちの存在が無駄ではなく、
選手に向って応援をすることを誘導出来ていたことが解り、
自分たちだけの人数ではなかったということが
すごく嬉しかったです。

この方、本当に一般の方なんです。
サッカーが好きで、地元にプロチームがあることが嬉しいし、
うらやましいことだと言っていた。そんな方なんです。
よく意見もされました。
その頃は、この方が強面なのでちょっと苦手でもあったのですが(笑)

もちろんこれからも、一般の目から私たちを見て、
悪いところがあれば意見してくれるだろう、貴重な存在だと思ってます。
この世知辛い世の中で人に意見する人って居なくなってますから。
そして、長年私たちを一番近くから見てくれているよき理解者として
お付き合いしていきたく思っています。
今回の意見は、かなり勇気付けられました。ありがとうございました。

CLUB B的ゴール裏プロジェクトを
もう間もなく始動させます。
出来ることからコツコツと。(byきよし師匠)

メンバーも頑張りますので、どうかご協力ください。

club_b_since1993 at 19:33|PermalinkComments(0)clip!