BuRST HIGH

クラブ『バースト』ハジメの釣り日記☆

東京湾奥キャスティングサワラ・午後船好調♪

昼前に『今日これからサワラ行きましょうか』ってさ、ま〜急な釣行も毎度の事だけど(笑)

13時半の集合だから時間も無いし、とりあえず数人に声を掛けてみるとMangroveStudio上屋敷氏が間に合いそうとかって、実績ルアーの準備もお願いして予定通りの出船
BuRST HIGH
プリケツが決まってますね〜、先生!


一先ず浦安方面の近場から反応を探していくと、ベイトはソナーに何か所か映るものの鳥がいなくてどうかな〜とか言いつつ、肩慣らし程度に投げ始めることに

サワラの釣り方って自身の経験ではシンキングミノーの速巻きジャークが有効だったけど、上屋敷氏に教わるとスローなチョンチョンが良いそうで、ルアーも借りて試すことに

去年の今時期にやった時の船の流し方を思い出しながら広範囲に探っていくと、早速のヒットで無事ネットイン
BuRST HIGH
またしてもプリケツ先生になってますけど(汗)

大型ではないものの、マイクロなサゴシでもないね♪
BuRST HIGH
ストライクジャーク、釣れるね〜


ルアー操作の感覚がなんとなくわかったところで、自分にもがつーんとヒット!
BuRST HIGH
ストライクジャーク、釣れるなぁ(笑)
BuRST HIGH
こちらは良型、3團ラス☆


トリヤマボイルがあるわけでもなく、ベイト反応から少し外した位置での釣りは慣れないと集中力が続かないけど、大型サワラ釣りではコレが有効なんだね
BuRST HIGH
他船では稲毛方面で朝イチに小型主体ながら好調だったそうで、そっちに行こうか悩みどころだったけど、徐々にトリが増えてきて夕間詰めの地合いも期待できるし、このまま同じ場所で粘ることに


ポツポツと当たりが増えてきて、乗らねーだのバレただのって賑やかに楽しめるのも良いよね♪


ストライクジャークで良型を追加して、ボイルも広範囲に出始めるといよいよチャンスタイム

立ち上がったベイト反応に乗せればサゴシの少し大きいくらいのサイズが連発したりで、コレもまた楽しな

カタクチイワシの反応に乗せると確実にサワラのアタリはあるけど、わざわざイワシを釣るのもいかがなものかと(笑)
BuRST HIGH
けっこう小さいんだよね、ベイトが

バタバタと釣れたりしながら日没まで粘って、アタリが遠のいたところで大好きなフリッツで良型
BuRST HIGH
サゴシサイズと違ってよく引くし、面白いね〜♪

アタリが遠のいてそろそろお終いかなってタイミングでまたしても良型浮上、普通にデカいよ、コレ
BuRST HIGH
クーラーボックスには大中サイズで10本くらい入ったかな?
お土産は十分確保できたでしょ♪

回遊性の高いサワラは釣行のタイミングも重要だけど、船の流し方でも釣れるサイズに差が出たりして、同じ海域で流していた船は20匹以上釣ってぜ〜んぶサゴシサイズだったとか

いつまで続くかわからないけど、東京湾奥・浦安〜船橋エリアのキャスティングサワラゲーム、お手軽だから最高に楽しいね☆

連泊滞在・スノーピークHeadquartersキャンプ場

HQキャンプフィールド2目朝、前夜はちょっと飲み過ぎたかな〜

朝7時頃から子供たちが目を覚まして賑やかなテント内、すぐに外に出て走り回ってくれたおかげで気持ちの良い二度寝をさせていただき、数時間後に妙に静かで外を見渡すと・・・あんれ〜?誰もいない(笑)
BuRST HIGH
車も無くて、どうやらママ運転で買い出しに行ってたみたい

相変わらず広々としていて静かなサイト
BuRST HIGH
スノーピーク本社屋からの眺めも最高だな〜


ようやく帰ってきたと思ったら、腹が減っただの、焚火をやりたいだのと、まぁ騒がしい!

昼食はタープの下でロースタイル、水とジップロックで作る省エネのスパゲッティーを試してみたけど、ふやけさせる時間を誤ったようで、ちょっと失敗だったな
BuRST HIGH
もう少し子供たちが大きくなったらタープ下はハイチェアー、テント内リビングはロースタイルなんかが良いかもな

程よいそよ風でシャボン玉も良い感じ♪
BuRST HIGH
HQショップで無料レンタルのあるソリは急斜面で遊べるけど、滑り具合がイマイチだったらしく、急な斜面を登るのも疲れるそうで早々に諦めてたね

スポーツオーソリティで特価だったボヨヨ〜ンって跳ねるボールは今回一番の当たりオモチャ
BuRST HIGH
子供達は、なにかとこのボールを追いかけてたな

陽が傾いてくると、これまた良い感じの雰囲気になるね
BuRST HIGH
そんで、二日目にして少し油断したかな、夕方、ブヨらしきに2か所か刺されたね

それまでマメに吹いていた虫よけスプレーとハッカ油を、どちらも数時間吹かなかったタイミングでブヨが活発になると言われている夕間詰めが重なってヤラレたっぽいな


ボコボコに刺されなかった上に刺された箇所もヒジの横と手の甲という意味不明な場所だったおかげで猛烈な痒みもムヒアルファEXで落ち着いてくれて一安心

ブヨだけは本当に危険だからね


日没後、『今夜は最後の夜だから夜更かしするぞ〜!』と子供たちを煽りたてて焚火台着火!
BuRST HIGH
テレビもゲームも無いけど、この時間が楽しいんだな♪

風も無く気温が10度以上だったおかげで、テントはクローズにしてタープ下で夜更かししても全然平気
BuRST HIGH
焚火でポップコーンやったりシェラカップで夜食ラーメンしたり、良い夜だ☆


翌朝は気持ち良く目が覚めて、朝食を済ませたら自分は早速撤収開始

フルサイズの大型2ルームテントの撤収よりも、寝室で使っているインフレータブルマット4本と人数分の寝袋を片付けるのが一番苦労するかもな・・・・

午後から雨模様だったから早めに降り出さないことを祈りつつ、結露した面を乾かす物やら車に最初に積まなきゃいけない物など、効率を考えながら頑張りましょー!
BuRST HIGH
後部座席の710リットルスペースと、ルーフキャリアは410リットル容量のTHULE・FLUWで、程よく満載
BuRST HIGH
来シーズンはコットとリビングチェアも欲しいからな〜、ギリギリ乗りそうか♪

チェックアウト時に、今回のキャンプで出てきた問題点などをスタッフに相談すると、あれこれ丁寧に教えていただき、今後のキャンプも楽しみになったね
BuRST HIGH
HQキャンプフィールド、スノーピークユーザーじゃなくても一度は来てみる価値があると思うね

帰りがけには三条市内で担々麺・
175°DENO
BuRST HIGH
汁なしが好みじゃないから汁ありの担々麺を注文、刺激物好きの自分は選べる味付けで店員さんに相談しつつ『すごくシビれる』を選択
山椒なのかな?独自の『四川花椒』てのがビリビリキョーレツで、食後のお冷が水の味しなかったもん(笑)
自分好みで良かったけどね☆


あっと言う間の二日間、無事帰宅で最高の遠征キャンプになったな♪

野遊び、楽しいぜ〜!

スノーピークHeadquartersキャンプ場・贅沢貸し切り状態

子供達の運動会振替休日をうまく組み合わせて二泊三日のキャンプ予定、直前まで行き先を悩んでいたんだけど、この際だからスノーピーク本社屋がある新潟県三条市のHQヘッドクオーターズにでも行ってみっかなってさ

初めての場所だけに、いつも通りネットの口コミ情報やらブログ投稿やらを調べていくと、どうやら今時期でもブヨがかなり出るらしく、長袖長ズボンはもちろん、専用の虫よけとハッカ系のスプレーも必須だとか?

広大な敷地だからテントの設営場所も色々調べたりしてさ、準備も楽しみのうちだよね


強風で前二日がクローズ状態で当日も状況によりクローズの可能性があるとかって案内だったけど、天候は回復傾向だったから一先ず新潟まで向かっちゃおうかなってさ、午前5時に自宅を出発、ACCで100/h設定ののんびりドライブで三条燕インターまで順調に走れて、HQオープンの9時ピッタリに到着☆

恐る恐る受付に行って聞いてみると『オープンですよ!誰もいませんね!』って♪
前日まで天候不順でクローズだったことで宿泊組が誰もおらず、フィールド一番乗りの正真正銘貸し切り状態でチェックイン

宿泊は大人1500円の子供500円だけで、総費用と設備を考えれば格安じゃないのかね

早速場内を一回りして、狙い通りのEエリアで設営開始!
今回はヘキサタープを新調したから、小川張りでリビングスペースを広くとってみる作戦♪
BuRST HIGH
風もそよそよで晴れ間も多く、5万坪の敷地に我が家だけ、こんなに贅沢なキャンプもそうそうできないな

ブヨ対策としてこまめにハッカ油スプレーと虫よけスプレーを吹きながら、一通りの設営が済んだら昼食を
車で10分ちょいのところのお蕎麦屋さんが高評価みたいだから行ってみることにしたら、これがまた混雑で20分以上待ってさ、二八そばと十割そばに、『時価』の天ぷら盛り合わせを二つ頼んでみると、山菜中心の天ぷらが6品ずつ出てきて結構なボリューム☆

あっと言う間に完食してドキドキしながらお会計、天ぷら盛り合わせの『時価』が気になっていたら、何と300円!?
都内なら一品で300円以上しそうだけどね、店主に聞いてみると『野菜は全て地の物で格安ですから♪』だってさ!
渓流釣りでルアーもやるそうで、レジ前で話が盛り上がってしまったね
BuRST HIGH
昼時はけっこう並ぶんだろうけど絶対おすすめ、そば処・山河


ホームセンターで買い物をしてHQに戻ると、子供たちは勝手に走り回って遊んでくれるから缶チューハイ開けて一息
BuRST HIGH
トンボさ〜ん、休んでねーでブヨを食い尽くしてくれよ

今まで使っていたリビング側のアップライトポールが小川張りで不要になったから、寝室側に使って通気性を確保
BuRST HIGH
総延長で15m超えになるのかな?空いてるフリーサイトじゃなきゃ出来ないレイアウトかもね

空はデカくて、緩やかな斜面も平坦な芝生もぜ〜んぶ貸し切り状態
BuRST HIGH
一応駐車スペースが決まっているから、混雑時はテントを張る位置も結構シビアになるかもね

遠くの方に一組か二組来たみたいだけど、もちろん声も聞こえないし視界にすら入らないから全く気にならず

そろそろ焚火の準備でもしましょうね〜
BuRST HIGH
炭はホームセンターで買ったけど薪はHQで太いのを選んで2束確保、着火したら後は子供にやらせとくのも大事な経験かな
BuRST HIGH
大胆に燃え上がらせてるね〜

いつも通りロースタイルのリビングで食べる夕食は、クッカーで炊いた白米に先日釣ったキメジを豪快にどっちゃり乗せて鉄火丼
BuRST HIGH
キャンプでコレを食べれるのは最高だな〜♪
BuRST HIGH
あっと言う間に完食で、缶チューハイも旨さ倍増(笑)


風呂はHQの無料シャワールームを使用で水圧も温度も申し分なし、腰掛まであるから子供連れでも入れるね


テントに戻ってきてから空を見上げると流れ星が何度か確認できたけど、子供達は見れなかったみたいでさ、ちょっと早いけどそろそろ寝ましょうかね〜っと

自分は缶チューハイをチビチビやりながら幸せな夜更かし
BuRST HIGH
思っていたよりも寒くないし、心配していたブヨの猛攻も対策をしていたおかげか被害無く一安心

そして翌日へ続く☆

新島沖キンメダイ番匠高宮丸・でっぷりキンメ感謝祭ラストチャンス

状況は良くないけど、諦めないで行ってみましょー!

7・8・9月の三か月間で最大魚一匹勝負の番匠高宮丸でっぷりキンメ感謝祭2018、暫定順位で2位の自分は、最後まで諦めずになれるだけやってみようかなってさ


下田までのルートは相変わらず沼津からの伊豆縦貫道経由で、信号の少なさと深夜通行無料のバイパスが使い勝手良くてね

午前2時過ぎの到着で釣り座ボードは3名が記入済み、今回は大ドモでござる


4時20分の出船で今回も一発目から深場の大型狙い、釣れても釣れなくても楽しめれば良いでしょ♪
BuRST HIGH
一投目は前から順に着底でアタリ無く、最後の投入の自分もスカかな〜なんて思いながら仕掛けが底に着くと、途端にガクガクブルルンで良いアタリっぷり!

船が反応の先回りな気がして、ブッ弛ませの送り込みよりも少し張り気味で延ばしていけば順調な追い食いで気持ち良いね〜♪
BuRST HIGH
巻き上げの重量感もそこそこで、1堊宛紊覆ら4点掛けで一安心、『2枚スランプ』からやっと抜けだせた(笑)

凪も良いけどキンメの食いっぷりはチョイ渋め、船中全員の竿の曲り具合からも本気の送り込み具合がうかがえるよね♪
BuRST HIGH
でもでもでもでも〜

下の方でバラムツだか鮫だかが大暴れしているようで、たま〜に掛かったキンメは次々に食いちぎられて上がってこねーのよ・・・

自分も送り込みで何度かアタリをとらえてんのに、しばらくするとガツンガツンってさ、ぜ〜んぶ毟られっちゃうんだもんね

表層のイルカがいないだけマシなんだろうけど、それでも底付近では針に掛かったキンメの争奪戦が繰り広げられているようで、巻き上げ時には既に空っぽだったりと酷いモンだ


当たっても当たっても全然浮いてこないからキンメのサイズもわからないし、こりゃマイッタね〜

全8投して中盤からの釣果は船中ゼロ、まぁ最後までやりきったから満足かな

帰宅すれば毎度のことながら子供たちは興味津々で、次男は特に目玉が気になるようで・・・・
BuRST HIGH
これもまた幸せな時間でもあるのですよ


番匠高宮丸のキンメダービー優勝は叶わなかったけどさ、色々な状況を経験して、キンメ釣りが益々面白くなってきたね

自分の中ではコレでキンメも一区切り、新島釣行もしばらくはお休みかな?・・・っても一か月後にはまた行くけどね(笑)

でっぷりキンメ狙い新島沖・番匠高宮丸

予定通り深夜2時頃に下田須崎港・番匠高宮丸に到着、メジカツからの連チャンでも、電動リールのミヤマエさんだから体力的には全然へっちゃらだね〜♪

午前3時50分の集合時間で早速準備、7月からの開催で暫定一位だった『でっぷりキンメ感謝祭2018』はつい先日に記録を塗り替えられちゃったけど、今日の釣り座は胴の間だから肩の力を抜いてやってみよ〜!


今回も大型狙いで下り込み一本勝負だそうで、数はいらねーから大物を!って思ってた自分的には狙い通りだね♪
BuRST HIGH
今回はゴムクッションありで中オモリも15号を背負わせてのスタート、付けエサはカツヲハラモとサバ短冊

朝の一投目から当たりっぷりはまずまずで、船中ポロポロと釣れ上がるけどサイズが出ないね〜

長夫船長も『狙ったからってデカいのばっか食ってくれんなら苦労しねぇお〜』って笑ってたけどね


潮の流れはトロトロみたいで払い出してく糸はあまり出ず、480mで着底しても巻き上げ開始が530mとかそんなもん

毎回良いアタリをとらえてんだけど、下から10本目くらいの針まで根に掛かっちゃったりしててさ、ゆっくり根起こしで順番にハリスを切っても衝撃でバレちゃうし

捨て糸6mでカケ下がりの下り込みなのに中オモリ外して、着底からの送り出しもゆっくりにしても、アタリが出てボヨヨンと待っているうちに根掛かり悪化で針が根に回っちゃうんだよね〜(涙)


2團ラスの良型も浮上したけど、抜き上げ時の針外れでタモ網サポートですくってもらえずにサイナラ・・・

大物狙いは最後まで良いトコ無しの完敗で、自分の釣果は1團献礇好箸800gの2枚のみ
BuRST HIGH
広々しててよく冷えるでしょ〜(涙)

船中でも目立った釣果は無く、特大が釣れるチャンスは終わっちゃったかもね・・・

ここ数回の釣果がなぜか毎回2匹だから、次回の目標は3匹かな(笑)


帰り道、伊東の漁港の目の前にあるラーメン屋・伊山が前から気になっていたから急遽寄ってみることに
BuRST HIGH
二郎系のラーメンが定番らしいのに、運転中にオニギリもぐもぐしちゃってたから量が控えめな普通の醤油ラーメンを選択、今度来る時は空腹にしとかなきゃ(汗)

東京湾遊漁船業協同組合・秋の遠足カツヲメジ

恒例行事の遠征(!?)釣行会、今回は久しぶりに相模湾のメジカツ狙いだっつうけど、平塚・庄三郎丸からの出船と聞いて、自分は訳あって直前まで参加を拒否してたんだよね

それでも主催の羽田かみや・貴之センチョが熱〜くお誘いをしてくれてたモンだから、まぁ顔を出す程度に行ってみっかな〜ってさ

ちなみに自分は沖揚がり後にそのまま下田まで走って宿に素泊まりで翌日のキンメ船に乗船予定、中途半端なエモノを釣ってしまって一旦帰宅する羽目になるのは避けたいところ(汗)


本気モードの表れか全員が時間通りに集合して定刻出船、TEAM吉野屋・吾郎センチョも気合十分だね
BuRST HIGH
火曜日だから各船定休日で港は静寂、船は17号艇・後藤久船長の舵取りで上乗りが中村友紀船長ね

メンバーは飲んだくれ船長数名と現役レーサーと新聞社カメラマンと現役釣りガールに元釣りガール?まぁいつも通りの顔ぶれってトコかな


今回自分はエビングとジギングで道具を準備してきたけど、メインはエビング・・・というより、いままで一日エビングをやり通したことないから、今回は事前にしっかり勉強して釣れても釣れなくても最後までエビングとやらをちゃんとやってみようと思ってさ

航行中に中村船長からエビングの傾向を細かく聞いて、ファーストランからサメとオマツリの回避方法やキハダが食ってくる事が多いタナなど、自分なりにイメージはかなり出来上がったね


朝イチのチャンスタイムはモノに出来ずに舩中ゼロ、それでもエビングではカツヲらしき小さいアタリを一回に、コマセのメンバーもカツヲらしきを掛けてはいたのかな?魚っ気はあったみたいだね

日差しは強すぎずソヨソヨの風もあって快適な船上は、釣り日和ってよりも飲み日和かな
BuRST HIGH
こうなると危険な雰囲気になるんだよな〜(汗)

過去の事例では船室内で本気のコマセ合戦があったり、タグガンで脇腹を打たれる被害者あったり、数え上げたら色々あんだけどさ、今回もなんだかヤバそうな感じになってきたよ〜

第一被害者はTEAM吉野屋の若手
BuRST HIGH
手すりパイプ上段のすぐ上に黒い棒の先端が浮いてんのわかるかな〜?ベールを返した状態のスピニングタックルを投げ込まれて、ラインの先を掴んではいるものの回収できないの図・・

動画の方がわかり易いかな(汗)

この後、ゴロリンセンチョの新品ビーストマスター9000番も同じように海の中へ・・・・

犯人はこの画面の中に隠れていますけど〜、コレ一歩間違えたら熱中症と脱水症状で死にそうだよね
BuRST HIGH
どうせなら扉閉めてやれば被害者減ったのに!


中盤で、現在キンメ仲間でもあるかみやのしんじさんが良型のカツヲを釣り上げて船内が活気づいたものの、続けて食ったレーサー高木さんの仕掛けは12号ハリスを飛ばされて終了、またしても沈黙タイム

海面にイワシのハミが大量にみられて、時折カツヲがナブラを立てたりもしてっけどコマセもエビングも反応はイマイチなんだよなー

自分の道具にも突然ガツッと当たって掛けられず、回収してみるとエビングのテンビンが変なところからぐにゃりと曲がっていて、おそらくキハダがジグを食たのではないかと・・・
コレって実はチャンス到来なんじゃないの〜♪

でもそんなに甘くないんでさ、以後反応無く昼を過ぎて、そろそろ沖揚がり時刻を気にしなきゃって頃に明確なアタリで思いっきり合わせたらビューンだよ(笑)
BuRST HIGH
上野ひとみお姉さんが撮ってくれたファイト画像、竿はGOOBER・友森茂お師匠作製のG・Branksツナロッドでござる♪
ファーストラン60mのセカンドラン80mは想定内で、『速く上げる』よりも『サメ被害とオマツリを回避して確実に上げる』を意識してみたんだけどね

吉久峰岸センチョ撮影の画像はリーダーを手繰るMr.ヨッパライ聡センチョ、珍しく格好良く見えるなぁ
BuRST HIGH
中村船長のネットインを見守る僕はおろしたての内木丸Tシャツ

アワセた直後のファーストラン中からの計測でファイトタイム9分、丸々した旨そうなのが釣れましたよー
BuRST HIGH
上乗りしてくれた庄三郎丸の新人船長さんもよく動いてくれて感謝だ

スポニチの取材として乗っていた釣りガール・桜井瑠香チャンは『私が釣ってないのにブツ持ちは撮れないので、並んで撮らせてもらえますか』ってさ、それ凄く良い姿勢だと思いまーす
BuRST HIGH
エビング用の村越テンビンMサイズに万鮪22号を0.8mmのパイプを入れた坂本結びで3mとって、オーナーのムツサークル2/0にエビングスティックのピンク系だったね

下船後計測で29圈∩ッ弔妨せつける様なバンザイ持ちは筋力不足で出来なかったな(涙)
BuRST HIGH
あれ?操船してるの久船長じゃない気が・・・

エラワタ抜いてクーラーボックスに仕舞って一段落してみると、いつの間にか船は走り出して港の方向に・・・

よくよく聞くとこの一匹でもう充分だろうってことで最後に舵を持っていた貴之船長の独断で沖揚がりになったそうで、一部のメンバーからはチャンスタイムなのに帰るなんて納得できないと大ブーイング(笑)
知らねーよ、そんなの(笑)

無事帰港すれば浅八丸・ヒトシ船長からも『また何かやらかしたのか〜♪』事情聴取を受けてしまうし、まぁ最後までよく笑わせてもらって満足だけどね

ちなみにコレで下田直行も前乗りも断念、下船後の回転寿司ツアー(全員分を久船長持ち)まで断って、しんじさんに80リッタークーラーを借りて大急ぎで帰宅したら、まな板にドーン
BuRST HIGH
頭落としてハラモ切って、5本に捌いて中落ち削いで切り身をブロックにしたら下田に向けてすぐ出発、まードタバタだこと(汗)

大型キハダには程遠いサイズでも、しばらくはマグロ食べ放題だな〜
明日の番匠高宮丸・新島キンメも頑張っちゃお〜♪

サンスポフィッシングチャレンジ2018・番匠高宮丸キンメ部門優勝

8月頭の大型キンメラッシュからしばらく3堋兇┐瞭誕腑汽ぅ困釣れてなかった新島沖に、再び大型の釣果が出始めてコレは記録更新のチャンスでしょ

直前予約で須崎港・番匠高宮丸に深夜の到着、一休みしたら集合時間で出船は午前4時10分!

今回も浅場でのお土産確保をせずに一発目から深場の大型狙いだから、頑張っちゃうよ〜♪

トンガリ根の下り込みで仕掛けを這わせれば潮の流れもそこそこで、吐き出される糸は900m前後になるね
BuRST HIGH
根掛かり大歓迎で不思議な釣りだよね

アタリっぷりはイマイチで、なんだか厳しい感じ〜(涙)
BuRST HIGH
ポッツラポッツラと上がっては来るけど、3堋兇┐辰憧兇犬犬磴覆い諭


下り込みで6投やって後半の2投はトンガリの壁狙い、どうやら他船では多点掛けもあったとか?

ところがコレが全く当たらず、全員スカで沖揚がり、後で聞いたところによると多点掛けした船も船中一名が良かっただけみたいで、反応は狭かったのかも知れないね


全8投して船中では2垳緘召2匹くらい釣れたのかな?
自分の釣果は2枚だけ〜

帰港後に嬉しい表彰があって、8月1日から開催されていた新聞社の期間内大物ダービー・サンスポフィッシングchallenge2018のキンメ部門が8月頭に成帆と釣った3.12圓罵ゾ,箸覆蝓⊇将さんに表彰式をしてもらっちゃったよ♪
BuRST HIGH
目玉賞品の折り畳み自転車、実は結構嬉しいぞ♪


魚は中型クーラーに詰め替えて持ち帰り、帰宅後に計測してみれば1.6圓1.4圓如∩世い3團ーバーではないけど決して小さくもないよね(笑)
IMG_4015
このサイズでも脂の乗りはすげーからね、家族での一食分でちょうど良いかも・・・

簡単ではないものの3團ーバーの特大キンメのチャンス到来、今回の波はうまく乗れるのかな〜(汗)

記事検索
Recent Comments
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

YouTubeやってますよ