近年、乗合船においてサンダルの危険性を聞いたりしていたモンで、自身の主催する湘南ライトタックルトーナメントでも履物の規定を作っていることろなんだけどさ

自分なりの思い・状況でも発信してみようかな〜って


乗合船でのサンダルを辞めた理由は、『怪我防止』ってトコ

正確には『楽しい一日にする為と、怪我による緊急帰港の防止』ってなるかな

足先が保護されておらず甲の部分も丸出し、他人同士の乗合船では自分の注意力だけではどうにもならない事故も起こるわけで、その場で対処出来たとしても嫌な空気になるし、怪我の状況が酷い場合は帰港しなきゃならい訳でさ

自分の為にも、周囲の為にも、乗合船でのサンダル履きはやめようって思ったんだよね

船に乗る頻度が多いアングラーなどは洗うのが面倒だの何だのという意見もあったけど、身近なところでは若船長誠一がかなり昔から、クソ熱い真夏の中乗り業もきちんと靴でやってたね

要は意識の問題で、言い訳をする奴は何をしても言い訳ばかりでしょ


ちなみに現在、自分が乗合船で履いているのはニューバランスのアウトドアシューズ、790って品番でトレイルウォーキングって表記もあっけど、まぁ一般的なミドルカットのタイプだね
BuRST HIGH
昨年の夏に購入で約一年、普段でも履いたからだいぶ減ってっかもだけど、底のパターンはこんな感じで、水場でも割と滑りにくいね
BuRST HIGH
価格は量販店でも9000円を超えて、船釣り用として買うには割と勇気のいる選択だったよ

新しい履物ってだけあって、最初こそグリップに疑問はあったけど、弱点も含め、馴染んでしまえば絶対的な信用だね

注意点は防水スプレーが底の設置面にかからないようにすることで、付着すると滑りやすくなる気がしたかな

横にメッシュ素材を使用している割に水の侵入は思っていたほどでなく、おかげでムレも気にならないし

悪天候への対策も兼ねて、今年はグラベルガードを併用してみたところ、コレがバッチリ
BuRST HIGH
マジックテープで留めるんだけど、大き目のリストバンドみたいな感じかな?
BuRST HIGH
もともとは渓流用品とかで、スパイクシューズに小石が入らないようにするための物らしく、乗合船での悪天候だけじゃなく循環ポンプの水でビシャビシャになったデッキでも水が入りづらくて良いカンジだ


知人のアドバイスから、一応『乗合船用』として購入したのがTOP SIDERのデッキシューズ
BuRST HIGH
血などの汚れ対策には布地ではなく革だと教えていただき、1万2千円くらいだったかな?

やはり昨年の夏に買ったはいいけど、乗合船で血だらけにする勇気が無く、一度船に乗ったきり、以後、後から購入したニューバランスに頼りっきり
BuRST HIGH
元々がヨット用ということもあって、スペリーソールって独特の形状は、見た目とは裏腹に濡れた船上での安定感は抜群だね!

グリップ力を高めるためにかなり柔らかい素材を使用しているらしく、耐久性は不明、現在は完全に普段履きとして使用してるね


流行りで購入したKEEN、品番はターギー2
BuRST HIGH
比較的コンパクトなデザインで本来はトレッキングシューズらしく、自身では乗合船での使用はまだだけど、濡れたデッキでの滑りにくさは実証済み、タイル状で斜めの個所でも滑りずらいほど安定してたね

底のパターンはこんなカンジ
BuRST HIGH
価格は高めで1万7千円前後だったかな


そういえば、自身の初シイラ釣行はK・SWISS社のスニーカー・evar

その後、船は水浸しになることを知って、ティンバーランド社のメッシュシューズタイプを履いたかな?現在は廃盤だけど


ま、自分の現状はそんなトコで、以下は先日の大会前肩慣らし釣行会での参加メンバーの足元を参考までに

まずはインストラクター石井氏
BuRST HIGH
いわゆるメッシュシューズタイプで、濡れることを前提としているから、ビショビショになっても全然平気
靴下は不要で乾きも早いけど、生乾きだと臭くなりやすことに注意が必要


こちらはKEEN
BuRST HIGH
サンダルタイプだけどつま先の保護がきちんと保護されていて、かかとも確実に止まるから、現在は主流になりつつある形かな

水遊びにも最適だね


完全な釣り用長靴
BuRST HIGH
悪天候でこれに勝るものは無し!
ただ、これからの季節、シイラ釣りなどには向かないかな?


女性参加者(!?)の長靴
BuRST HIGH
女性用のシンプルなタイプで、重さも気にならないらしいね


いわゆるクロックスタイプ
BuRST HIGH
流行っただけあって同類の粗悪品が多いらしく、少しでも底がすり減るとツルッツルだとか

安物を選ぶ場合は、常に新品に近い状態で買い替えるのが確実かな?


ダイワのクロックスタイプ
BuRST HIGH
釣り具メーカーだけあって、底の形状も濡れた船上の事を考慮した作りで、比較的安価なこともあり人気急上昇?

水浸しになっても全然問題ないけど、端っこが滑り易いという弱点と砂などが入り込むと捌けが悪いというクセがあるそうで、きちんと理解して履く事も大事かな


一般的なスニーカータイプ
BuRST HIGH
水は大敵・・・

底の形状さえ間違わなければ安全性は断トツで、個人的にはスニーカータイプかトレッキングタイプがオススメだね


ま、そんなトコ

これから選ぶなら、まずは『水に濡れる事を前提とした浸水タイプ』か『水の浸入を防ぐ防水タイプ』かをスタイルによって決めた方が良いかもね

安全性を軽視する釣り人にななりたくないから、アレコレ考えるようになったって事