数日前の釣果で近場のキンメが40匹以上の釣果が出ててさ、その後も連日爆釣が続いてたから、もう何としてでも行きたくてね、強引に予定を組んで、予約も無しに突撃〜!

茅ケ崎港・一俊丸、午前5時半の開店時間に受付前でくじ引きをして釣り座を決めるスタイルは、平等なシステムでありがたいね♪

くじ引きの結果自分の釣り座選択権は7人目、もちろん四隅は埋まってるから右舷の前二番目を選択して、受付時に一俊船長と行介船長から近況の情報を入手、いつも通り自分なりの作戦を考えたりしてさ


午前6時半の出船は田中直樹船長の8号艇、凪の海面で思ったより寒くもなくて快適
BuRST HIGH
頼むよ〜、今日は釣れてくれなきゃ帰れないよ


航程約40分で最初の釣り場に到着、ずっと並走していた平塚の浅八丸・ノブちゃん船長も同じエリアで旋回しているところを見ると、どうやら群れの位置と流れる方向を確認しているみたい
BuRST HIGH
今回は多点掛けのバラシ防止にグラスソリッドの初代浅草200・・・というか、深場竿はコレとマッドバイパーしか持ってないし

昨年秋に購入のシーボーグ500も、ずいぶんと酷使されてるね(笑)

エサは船宿支給のサバ短冊以外に、持参した赤染めシイラ短冊を使用、150号オモリでオニカサ18号赤針の6本針と、一般的なライトキンメ仕掛けと一緒だね


最初の一投まで3回以上旋回したかな?『ハイどうぞ〜』の声で180m付近まで仕掛けを落としてみるもアタリが無く、同じエリアで入れ直して再度反応を追っていくとようやくガクガクと食って、本命の子キンメキャッチで一安心♪

朝の反応は大事だから急いで入れ直してみるとポツポツながら当たってくれて、一人で連発してみたりと幸先ヨシ☆

あっという間にツ抜けして、早々から『サイズがもう少し良ければな〜』なんて贅沢なことを言う余裕もあってさ
BuRST HIGH
今回はベタ凪だから手持ちではなくロッドキーパーでの置き竿釣法も試してみてさ、コレはコレで慣らしとかないとでしょ


追い食い狙いの多点掛けは基本通りで、最初のアタリが小さければそのまま待ったり少し下げたり、最初のアタリが大きければこんな感じでゆっくり誘い上げて追い食いさせてから巻き上げね

ガクガクブルブル、堪らないね〜!!

ちなみにリールの電力は船に備え付けの12v電源を使用で全く問題ナシ、バッテリーを持ってかなくていいのは助かるわ


午前10時前にすでに数なんかわからないくらいに釣れてて、それでもいつ食いがパッタリと止まってしまうかわからないから、とにかく手返し重視で再投入の繰り返し

オマツリは度合いによって仕掛けを切るし、キンメが釣れてハリスがヨレだりしたらそれもすぐに針交換、ダイソーの21僖魯汽澆鮖箸ぜ里憧恭个濃ってけば失くしても刃こぼれしても気にならないから、まとめ買いしとくと凄く重宝するね

ハリスは10号と8号を使ってみたけど、食いは全然変わらなくて、太い方が撚れづらかったかな


エサの赤染めシイラは一工夫、先日のヘビータックルキンメの時に遠藤氏に教わった極細短冊をシイラ餌でやってみて、針にギリギリ刺せる割り箸一本分くらいの細さで長さも6冂、傍から見ると針にゴミが着いてるくらいの感じだけど、無駄に回転しなくて絡まない、キンメのデカい目玉ならどんなに小さい餌でも余裕で見えてるだろうからコレが一番いいかも


気付けば完全なベタ凪にポカポカ陽気も手伝って、本当に釣り日和♪
BuRST HIGH
同じ反応で入れているノブちゃん船長んトコも大勢のお客さんが乗っていて次々とキンメを釣り上げていたね

水深は大きく変わらず、ず〜っと200m前後の割と浅い場所だけど、途中からは手返し重視のために150号から180号のオモリに交換して落下速度を上げてみた

13時半の沖揚がりまでとにかく釣りまくって、クーラーボックスは綺麗に満タン、もう満足だね
BuRST HIGH
氷が入らねぇよ・・・


下船後のサービスはインスタントじゃない温かいうどんで、真水の水道も並ばず使えるし綺麗なタオルも準備されててサービス面が相変わらず見事だね
BuRST HIGH
自分の釣果を気にしてなかったけど、氷漬けのクーラーボックスからナオミさんが一匹ずつキッチリ数えてくれて、その数62匹(笑)
こりゃ大爆釣だな

週末も凪予報で、この調子なら深場の釣りが初挑戦でも20匹とかは楽に釣れそうだし、釣り方や仕掛けの特性・糸捌きなどを勉強しとけばヘビータックルの時もかなり応用が利きそうだね

一俊丸では電動リール一式フルセットのレンタルは2000円、オモリも仕掛けも船上販売しているらしいから、今ならクーラーボックスだけ持って乗船してもキンメのお土産を確保出来そうな感じだね

ちなみに自分の仕掛けはオマツリで素早く解くために切ったのが数回で、自作の6本針仕掛けを全部で6組くらい使ったかな?
根掛かりは無かったからオモリのロスは無し、エサはシイラの赤染めタンザクを15切れくらい消費・・・あ、タンザク一本をさらに細く2分割したから、30本くらい消費したことになるか


電動リール使用のエサ釣りに抵抗を感じるルアーマンは凄く多いだろうけど、釣り自体はルアー釣りの経験が多く活かされてると感じるし、まぁ何事も一回やってみた方がいんじゃないの?ってこと


さてさて、しばらく我が家の食卓はキンメ尽くし、サイズが細かいクセにしっかりと脂が乗ってて、煮つけとかで味付けしちゃうよりも、3日くらい寝かせて刺身なんかが最高なんだよね♪

みんな〜、深場に行こうぜ〜(笑)