針数の多い深場の釣り、子キンメのライトタックルである程度慣らしてきたから、そろそろヘビータックルのキンメもまた行きたいな~ってね

前回の手石港では他人の話を鵜呑みにして大失敗だったから、今度はいつも通り自分で納得いくまで調べての釣行

以前から噂を聞いていた下田須崎港の番匠高宮丸ってトコに狙いを定め、船宿ホームページから過去数日間の釣果を見てみれば食い出しててチャンスな感じ、乗合乗船の問い合わせをしてみると電話での対応が凄く丁寧で、アレコレ質問しても親切に教えてくれたから急遽乗船決定!
ちなみに予約は前日の夕方(笑)

となれば仕掛けを作らなきゃってさ、20本針×8組必要だけど前回の残りが2組あるから6組分を大慌てで作製

ムツ針19号にハリスはナイロン14号90僉1×2の親子サルカンで幹糸30号2mと、夕食後から結び始めて完成は23時半・・・出船に間に合うのか!?
BuRST HIGH
下から2本を極ムツ20号にしたのは大型クロムツ狙いだね

掛け枠冶具の色は特に意味は無く・・・なんとなく塗ってみただけ


船着き場での集合時間は午前3時50分、大急ぎで向かってなんとか間に合った・・・
BuRST HIGH
南伊豆へは沼津ルートを使うようになったから、夜間は小田原〜東伊豆ルートよりも絶対速いね

釣り座は先着順で、乗船者5名で自分の到着は最後だったからか胴の間・ど真ん中の一般的には不利な場所みたいだけど、船長や乗船者に挨拶をすると早速丁寧に対応してくれて、なんだか安心感が大きいね

最近まで整備で上架していたという船はめちゃくちゃ綺麗な仕上がりで、外装はもちろん船室もピカピカ、ウェアを脱いで横になれば釣り場までは快適な休憩タイムだな
BuRST HIGH
『船室内ではカッパは脱いでください』的な記載があったけど、言われなくても脱ぎたくなる綺麗さだよ、これは

1時間ほどで釣り場に到着、前日までの大時化が残っていたせいか、最初のポイントは『小型メイン・ここしばらく不調』の石廊合わせ・・・
BuRST HIGH
う〜ん、またしてもこのパターンになってしまうのか!?(涙)

最初の投入はチャッコイ鮫とかよくわからないのが数匹で入れ直し、次の投入では自分の仕掛けの下針に小さいながら本命のキンメが一枚で一安心?


凪てくる予報に船長は狙いの深場へ移動していよいよ3垉蕕離瓮キンメ大型狙い、ココで自分は船宿購入のカツヲハラモ以外に、持参の青染めイカタン・赤染めイカタンも針にセットして準備万端、水深500m超えに挑戦!
BuRST HIGH
この投入動作も最初は緊張したけど、バラバラと仕掛けが入っていく様子は、なんだか楽しいよ

着底してから船長の指示通り底トントン、アタリなのか何なのか違和感があったから、またしても船長の指示通り少しずつ糸を送って追い食い待ち、こりゃ狙いのキンメが食ったのかな〜?
BuRST HIGH
釣った事無いから、竿の曲りで判断出来ないんだな、悲しいことに

巻き上げていくと2圓療感撻モリは捨て糸から切れているハズなのにやたらと重くて、でも魚の引きが強い訳では無いし、何だかな〜って思いながら浮上した仕掛けを手繰って驚愕!!

久しぶりに魚釣りでパニクったぞ、コレは
BuRST HIGH
2團ーバーが混じって7点掛け!なんじゃこりゃ!!

この一発があるから深場の釣りはハマっちゃうっていうけど、気がおかしくなる、ホント

ベテランの同船者がタモ網サポートをしてくれたおかげで海面ハリ外れの一匹も逃さずキャッチ、感謝だね

で、パニクっていた自分は他の釣り客のサポートを忘れてしまい、自分の魚の血抜き処理を・・・あとから気付いたけど、これじゃイカンね


次も同じラインで入れ直し、アタリがあったらオモリの捨て糸を切らないようにゆっくり糸を送っての追い食い狙いも少しは感覚がわかってきて、こうなると楽しさ倍増でしょ☆
BuRST HIGH
送って送って、740m〜(笑)

頃合いを見て巻き上げればまたしても多点掛け、食っている針をよくチェックしてみるとイカエサの針には全く掛からず全てカツヲ餌に食っていたから、イカが当たらない日って事?
番匠高宮丸
ちなみに同船者はオール鮭皮の方や、オールイカタン、鮭カツヲ混合など、それぞれ工夫していた中、自分のカツヲが一番食いが良かったみたい

僅かな引き込みだけど、この動きで高揚するのは深場釣りにハマった証拠か!?(笑)

釣れるのが2堋兇┐離妊屮ンメで多点掛けゾロゾロだもん、冷静でいる方が難しいでしょ

後半の凪は暖かいうえに釣り易くて快適そのもの、コレで釣果もバッチリだし、言う事無し!
BuRST HIGH
保坂氏からの借り受けコマンドも、今回は大活躍だ

海中に見える白っぽい影がピンクに変わって水面に現れた瞬間と、その先に見えてくる多点掛けの次の白い影は、中毒性が物凄く高いな
BuRST HIGH
海面バラシが多い釣りだから、タモ網アシストは必須!もう覚えたから大丈夫だ

12時までに全8回の投入で自分は全て成功、船宿支給の2堙感撻モリは6個使用かな
BuRST HIGH
凄く快適な船で、船長はその都度的確な指示・アドバイスなどをしてくれるから初心者の自分でも安心だったね

須崎といえば恵比寿島のヒラスズキ!港出口の平磯には大きなサラシも当たっていたけど、鮎タイツやらスパイクシューズやらの準備が間に合わなかったんだよな〜(涙)
BuRST HIGH
そろそろ釣れ始める頃だもんね、磯際に立ちたい季節だ


下船後に数えてみると22枚で、2團ーバーだけでも8枚の最大2.3圈女将さんが記念撮影してくれて、画像もいただきました
番匠高宮丸
帰り道の事故、本当に注意かも・・・・

ちなみに乗船料は1万9千円かな?船長に頼んでカツヲハラモのエサを買っても2万円でおつりが来たし、クーラーボックスのみ持参の手ぶらフルレンタルの場合でもコミコミ3万円と、決して高くは無いと思う

更にフルレンタルの乗船ならエサがセットしてある仕掛8組も付いてくるから、ヘビータックルキンメが初めてでも難しくはないんじゃない?


事故も違反もなく無事に家まで帰って早速捌けば、2堋兇┐離ンメはどれも脂がギトギトの大トロ状態、話に聞いていたブランド物の極上新島キンメダイを目の当たりにして、その味もまた絶品と、超高級食材に家族全員大満足☆

これ以上無いと思ったら、『梅雨頃のキンメは今より更に、もう少しだけ身に脂が乗るんだよ』だそうで・・・

まぁアレだ、次に行っても同じようには釣れないよ(笑)
でも・・・また行っちゃうね、コレは