image


朝からバタバタしてしまいましたが。。。汗


と、とっくに記事にしてたかと勘違いしたましたがまだでしたね。

僕自身はすでに2ラウンドで使用しており、感触的にもうだいぶ掴んでるこの新製品☆

ロッディオ ハイブリッド ユーティリティ♩
通称 17 UT☆

image


もう色んなショップさんのブログにも載ってると思いますし、ヘッドのご紹介は前回の記事で説明してますので割愛します笑

が、シャフトを入れた状態の顔はこんな感じ。

ネック部分フェース側の塗装が無いということもありますが、FPが小さく見えます。
コレは「狙う」というイメージを持てると思いますし、現行のロッディオ ユーティリティとは全く違うとお分かり頂けるはず。

なので現行モデルも併売していくと決定したようです。

image


で、このシャフトがすごいの☆

このハイブリッド ユーティリティの良さを存分に引き出す為に開発されたシャフト。

通常の作り方とは全く違うのですが、簡単にいうと潰れにくく、復元力が高いのでインパクトの安定感があります。

と、巻き方として切り返しでのしなり感が多く、かつ、高い復元力によってインパクトの再現性が☆

実際に色んなライで試しても、明らかなオーバースペック以外では殆ど同じ球になります。

コレは凄いです☆

image


そしてこの仕上げ。
美しいの一言。。。本当に綺麗です。


で、このシャフトは6/7/8/9がラインナップされてますが全て1フレックス。

チップカット調整で多少は変えられますが基本的には重さ重視ですかね。

先ほども書きましたが、切り返しでのしなりは多いので余程のオーバースペック(重さ)を使わない限りはどなたでもお使い頂けると思います。

で、高い復元力がありますのでインパクトで間に合わないなんて事もありません。

僕は9だと重さ的にキツイので上手く打てませんが7と8辺りは相当使いやすいなーと感じてます。

image


ちなみに18度には7をチップノーカットで。

21には8を0.5カット、24には9を1カットで入れてます。

image


で、27には6を1.5カットで。

この27も武器になる方が多くなるでしょうねー

同時期に発売されるエポンAF-705と大量にご依頼がありそうです。。。

image


で、27度の形状。
狙えるイメージがありますよね☆



で。。。。
こちらの試打クラブですが当面の間は当日返却のみとさせて頂きますm(_ _)m
なので、遠方への貸し出しも中止させて頂きます。

大人気モデルなので多くのお客様にお試し頂けるよう、皆様のご協力をお願い致しますm(_ _)m


と、実は昨年くらいから試打クラブの使われ方がちょっと。。。という感じになってきてましてね。

今までは無料でレンタルしてましたが、今後は有料化も考えてます。

で、実売に至ればレンタル料金は無料って感じで。

何が言いたいかは同業者ならお分かり頂けると思いますけどね笑