IMG_4198

こちらO田さまからご依頼頂きましたロッディオ コンパクトドライバー385 ミッドバック♩

ここ数年は大型で重くて重心距離長めで重心深度も深いものが人気ですが、扱いにくさを感じる方も多いです。
または、扱いにくいと思いながらも自分のスイングが悪いと思って無理やり打てるような打ち方にしてたり。。。

最新のテクノロジーを恩恵として感じられないゴルファーって実は多いんですが、そういったタイプのゴルファーのティショットを変えてくれる可能性を秘めたモデルがこちらになります☆


IMG_4199

スイング中ヘッドの重さに負けてしまい振り切れない。
*重心距離の長さを重さと感じる方も含む。
切り返しでキャストしやすい。
フェースローテーションを多用する。

こういう方はピンとかエピック、テーラー辺りを使うと右のネットにしか飛ばない傾向が見られます。

「俺か??」

って思った方はこの385、もしくは430ccくらいで重心距離短めのモデルを使うと劇的に変わる可能性があります。

IMG_4200

その中でもこのコンパクトドライバーはソールを外して内部で重量調整が出来ますのでご自身のための1本が作れます。

って話をするとどんなモデルでも外に貼れるんだから一緒でしょ??って反対意見も。。。

なんですが、クラウンの内側に貼ることは出来ませんよね?
なんとなく鉛はソールに貼るものと思われがちですが、最近の低重心モデルだとスピン量が足りずに低いチーピンしか出ない方もいらっしゃるんです。

そういう方にはクラウンの内側にペタッと☆

高重心=スピン過多

って思われがちですが、色んなゴルファーがいますし、それが必要なチューニングになる可能性も高いのです。

IMG_4201

ちょっと脱線しましたがシャフトはファイアーエクスプレス マックスプラス 6  S☆

本来使うべきシャフトではないんですが、O田さまはなによりも振り抜きやすさを重視したのでこのヘッド。
そしてシャフトは使い慣れたこちらを☆

IMG_4202

グリップはイオミック店舗限定スペシャルオーダー☆
Xグリップのオールブラックです\(^o^)/