Royalbar WHITEHOUSE BLOG

宿毛本町通りの小さなbarホワイトハウスのオーナーのブログ

お盆営業

IMG_20170809_181055お盆営業

お盆シーズンに入りますが、ホワイトハウスはお盆期間中は無休で営業します!

すでに帰省中のお客さんや観光のお客さんの姿もちらほらしてきてて、「イチオシのフルーツカクテルはなんですか?」「何か宿毛らしい果実を使ったカクテルはありますか?」と質問されたりしてるんですが、今月だと小野果樹園の宿毛マンゴーと、平岡ぶどう園の潮風ぶどうを使ったカクテルの二種類がご当地宿毛素材のカクテルになりますので宿毛の旬の味覚を味わいたい方は是非!

ほかには桃やスイカにメロンや梨などを使ったカクテルやモヒートシリーズがよく出てますが、今だとイチオシは桃ですね、状態のいいのが入ってます。

CLUB BEDROOM&DJ KUNITSUNEの活動履歴

CLUB BEDROOM&DJ KUNITSUNEの活動履歴

最近、当時の事について聞かれる機会が多いので、以前公開していたwebsite「CLUB BEDROOM」に公開していたインタビューなどの一部をブログに保存する事にしました。しかし・・・記事を見返すとこの頃の自分は青い!(苦笑)青すぎて赤面!

まあでも当時は色んな場所にゲストDJしに行ってたくさんの思い出が出来たし、今でも当時の友人知人が連絡くれたりホワイトハウスに訪ねてくれたりするのも嬉しかったりしています。インタビューでも書かれているとおり、収益金は基本寄付していたのでお金は残らなかったけど、そんなものよりもっと大事なものを得られたと今でも思います。

中でも一番記憶に残ってるのが2008年の沖の島プロジェクト。「尊敬する荒木初子先生没後10年、荒木初子先生の半生を描いた映画孤島の太陽公開40周年という節目に何もしない訳にはいかない!」と、沖の島二世会の皆さんと連携して孤島の太陽無料上映会を企画、先行してクラブベッドルームで沖の島イベントを行い、その収益金で孤島の太陽の高画質版フイルム代などの費用を確保するという二段階の展開でした。結果、沖の島イベントも孤島の太陽上映会も大成功、嬉しかったです。

クラブイベントはほぼ週末の開催。当時、忙しい週末にホワイトハウスを休めたのも先代マスター&ママ(両親)の存在と理解があっての事なので、改めて両親に感謝!

ちなみにCLUB BEDROOMは2008年開催を最後にお休み中。DJの方は2012年に高知キャラバンサライで石野卓球さんの前座をやらせて頂いたのを最後にお休み中です。

------------------------------------------------------

IMG_20170807_163041●高知新聞夕刊SONIC7月号 2008年7月4日掲載 田舎でもクラブはできる

DJクニツネ
1971年、宿毛市生まれ。中学、高校時代はシンセバンドでデペッシュ・モードやニュー・オーダーをカバー。高校卒業後、大阪へ。クラブカルチャーにはまる。96年に帰郷してDJをスタート。県内外でプレイしており、ハウス、テクノ系の幅広い選曲で人々を魅了し続けている

田舎でもクラブはできる
人口約23500人、20代〜30代は4700人ほど。そんな宿毛市で開かれているDJパーティーが盛況だ。「music lounge CLUB BEDROOM」。1999年6月から年2、3回開催。近年は170人前後、今年5月には過去最多の192人を集めた。パーティーをオーガナイズしているのは、この地に暮らし、自らもDJとして活躍するKUNITSUNE(37)。彼に話を聞いた。地方でビッグパーティ−を成立させるために必要なのは、何か。

—手作りのDJパーティーを続ける…広い場所を借りて、巨大なスピーカー、ターンテーブル、その他もろもろの機材を持ち込んで…って大変でしょ。告知用のフライヤー、チケット作りもあるし。

「パーティー前日に照明を搬入。当日に音響機材を入れて翌日搬出。三日仕事になります。フライヤーもチケットもパーティーの“名刺”なんで、手は抜けないですね」

—機材のそろったクラブがある高知市とかでやる方が楽でしょうに。

 「楽ですねぇ、レコードだけ持っていけばいいですから。家業(飲食店)を継ぐために宿毛に帰って、すぐに高知市へクラブ事情なんかの情報収集に行き始めたんですよ。知り合った人に言われました。『宿毛でやってもダメだよ』って。高知市でやるのを勧められました」

「高知市には日常的にクラブがあるけど、宿毛ではそういう文化になかなか触れられない。クラブへ行くのに二、三時間かかる。クラバーもDJも増えない。田舎です。不利。でも、そんな所でもパーティーをやれるっていうのを見せたい。反骨精神みたいなものですね」

—クラブのない宿毛で、若い人はどう“青春”してるんでしょう?

「ファミレスで飲んで二次会はカラオケ。ゲーセンにもいますね」

—そんな子たちにクラブの楽しさを伝えるのは難しいのでは?

「大切なのは、一度来てもらって楽しんで帰ってもらうこと。うちのスタッフは、お客さんに積極的に話し掛けるようにしてます。喜んでもらえることの一つですから。楽しいと思ってくれれば『次も行こう』ってなるでしょ。いい音楽は自宅でも聴ける。クラブに来るのは音楽が一番の理由じゃなくて、『寂しいから』『生の人に会いたいから』。そんなふうに感じている若い人って、どこにでもいると思うんですよ」

—毎回、すごい人数来ますよね。

「宇和島、幡多一円。高知市や松山からも来てくれてます。高知市や松山から呼んだDJがプレイを楽しんでくれて、『宿毛のパーティーいいよ』って周りに話してくれてるみたいなんです。CLUB BEDROOMのホームページを見て、来てくれる人もいますね」

—高知市で開かれているDJパーティーとは、明らかに手法が違う。特に、メーンのゲストDJにそれが表れてる。高知市だとクラバーしか知らない人なんですが、宿毛は一般の人も知ってるDJですよね。岡田義徳、いしだ壱成、とか。

「プロDJで、かつ、芸能人ですね。数年前かな。お客さんが百二十人で安定してきたんで、高知市とか松山とかの知り合いじゃなくてプロのゲストを呼んでもいいかな、と。その時に考えたのが、コアな人より芸能人。そういう人が今のところ宿毛に合ってると思うし。芸能人、めったに来ませんしね(笑)。あと、ドラァグクイーン=写真上。あの人たちがいるとやっぱり盛り上がりますよ」

—そうした仕掛けが「クラブに来る人」のすそ野を広げてる。またゲストの出演料を捻出しなきゃいけないのに、入場料が安いのも、そう。前売りで二千円ですよね。高知市内だと三千円以上しますよ。

「宿毛の相場です。そうしないと人は来ない。安くした分はスポンサー取ったりしてやってます」

—しかも売り上げ、全額寄付してるでしょ。土佐くろしお鉄道や宿毛市の観光協会とかに。五月の分は、沖の島駐在の保健婦だった荒木初子さんがモデルの映画「孤島の太陽」上映会に生かすんですよね。

「郷土愛、ですかね。宿毛市公認のDJパーティー、クラブイベントも目指してるんで。金銭トラブルは避けたい。営利も考えてません。宿毛でやるなら、地域密着、行政とパートナーシップで、というやり方がいいと思うんで」

—そうなるとスタッフの皆さん、無報酬になっちゃいますよ(笑)。

「それは、みんな納得で。DJ六人。あとVJの子。知り合いや友達にスタッフやってもらってます。僕は楽しいんですけど、ほかのみんなはしんどいかも(笑)。みんなのおかげ。本当にありがたいです」

—仲間。大切ですね。

「スタッフにも『人がいっぱい来た、良かった』って喜んでもらいたい。CLUB BEDROOMではお金は残らなくても、もっといろんなものが残ると思ってるんですよ。その一つが、そうした充実感じゃないかな、と」

(2008年7月4日 高知新聞夕刊SONIC)

------------------------------------------------------

82ebf80c






fe0c9679●YOMIURI ONLINE2008年7月3日掲載 イベント収益金を寄付

*YOMIURI ONLINEより

沖の島保健師荒木さん 10回忌 追悼上映会 「孤島の太陽」モデル 風土病根絶、島民救う

宿毛市の県内唯一の離島・沖の島で戦後、保健師を献身的に務め、映画の題材にもなった荒木初子さん(1918〜98)の功績を末永く伝えようと、10回忌にあたる今年9月、島の若者らが映画の追悼上映会と写真や遺品の展示を計画している。活動費を寄付する市民グループも現れ、支援の輪が広がっている。
沖の島生まれの荒木さんは49年、県の駐在保健婦に。過酷な条件の中で約20年間、島内の乳児死亡率を改善し、風土病のフィラリアを根絶させ、多くの島民の命を救った。66年に自治大臣賞、67年には第1回吉川英治文化賞を受賞。98年9月10日、81歳で亡くなった。ひたむきな生き方は映画「孤島の太陽」(68年)に描かれ、主演の樫山文枝さんが荒木さんを熱演。宇野重吉さんらも出演した。

上映会は、島へUターンした40歳以下の島民や同市の島出身者ら23人のまちづくりグループ「宿毛沖の島二世会」(増本隆二会長)が企画。荒木さんの功績を広く知ってもらうとともに、島のPRもしたいという。

上映を支援しようと、市民グループ「おたまじゃくしの会」(国常章人会長、20人)は今年5月、若者ら約200人を集めてディスクジョッキーイベントを開催。6月30日、市役所で贈呈式を開き、収益金21万1000円を寄付した。上映会予算の約半分に当たり、増本会長は「期待にこたえ、満席になるよう成功させたい」と喜んだ。島の人口は308人で、ピーク時の10分の1。市は今年から、島の漁業再生に取り組んでおり、中西清二市長は「若い人の行動が心強い。力を合わせて活性化をしたい」と話した。市によると、ほかにも寄付の申し出があるという。

上映会は9月21日、宿毛文教センターで。

(2008年7月3日 読売新聞)

Image3954開催された上映会の様子を伝える高知新聞朝刊記事






movie_poster「孤島の太陽」上映会ポスター






3Image3859午前と午後の二回の上映は共に満席






4Image3864映画「孤島の太陽」






Image3855沖の島展示会






------------------------------------------------------

hotclub11111●ほっとこうち2007年8月号掲載 「HOW TO CLUB NIGHT」特集よりCLUB BEDROOM紹介記事

宿毛の夜を賑わせる完全手作りの熱狂パーティー / CLUB BEDROOM

県西部の街・宿毛で、不定期開催ながら驚異的な集客を誇るパーティー「CLUB BEDROOM」。大型ボーリング場やバーなど、毎回様々な場所を特設クラブに早変わりさせ、歓喜の渦を生み出している。注目すべきはゲストDJ陣の豪華さ。過去にはDJ 4th a.k.a. YOSS OKADA、iSSEi iSHiDa、SILVAなども登場した。次回は秋に開催予定なので今から要チェックだ!

現在は、宿毛市の「じゅぴたぁ」をメイン会場とし、毎回アイデア溢れる内容で楽しませてくれる。 派手なパフォーマンスでフロアを沸かせる「ドラァグクイーン」が登場するのも、イベントの特徴のひとつ。 多くの大物DJやアーティストを次々とブッキングする敏腕主催者・DJ KUNITSUNE。自身も高知だけでなく、西日本各地でゲストDJとして活躍中だ。

(2007.7 ほっとこうち8月号より抜粋)

------------------------------------------------------

●オリコン洋楽着うた携帯サイト「CooLoveR」2007年5月29日掲載 KUNITSUNEインタビュー

僕らの仕掛人
毎週イベントオーガナイザーにあれこれ質問して本心に迫る!

今週のオーガナイザー 
名前 : KUNITSUNE 
オーガナイザー歴 : 8年目
オーガナイズイベント : musiclounge CLUB BEDROOM 他

■オーガナイザーになったきっかけは?
僕はDJもしてるんですが、納得のいくパーティーをするにはオーガナイズも自分でしなきゃ、と思ったのがきっかけです。

■イベントの成功談/失敗談
最近ソールドアウトが続いてるので成功してるのかな、と思える事。失敗は・・・やはり突然のサウンドトラブルですね。

■イベントを長く続けて行くための秘訣
お客さんを大事にする事、仲間とのマメなコミュニケーション、サポート頂いてる企業・団体の信頼を裏切らない事です。

■イベント内容のアイデアはどのようなとこから得られますか?
マンネリにならない様に色んな人とよく話してインスピレーションを得ます。

■今後やってみたいイベントは?
景色の良い野外でやりたいですね。

■クラブで飲むお酒
ビールが多いです。

■大人になってからした贅沢は?
衝動買いが増えたかな。

■初クラブ体験は何歳の時の何処ですか?
19歳の時、大阪のQOOだったかと。

■これが無くては生きていけないものは?
音楽以外だとマウンテンバイク。よく遠乗りします。

■浮気の境界線は?
色んな浮気があるので・・・

■オススメの一曲
国内だとC.T.scanのCold Sleep。CMJKに影響を受けました。

(2007.5.29 オリコン洋楽着うた携帯サイト「CooLoveR」より転載)

------------------------------------------------------

IMG_20170807_164031●高知新聞朝刊2007年4月1日号掲載 イベント収益金を寄付



宿毛市の若者有志 市観光協会に

【宿毛】 宿毛市の「おたまじゃくしの会」(国常代表)がこのほど、「市観光開き記念ディスコ」の収益金五万円を市観光協会(浦中道弘会長)に寄付した。市内の二十〜三十代でつくる同会は、これまでに土佐くろしお鉄道宿毛駅の再開記念イベントなども開催、収益金を同鉄道に寄付している。

三月二十四日夜、同市内で開かれた記念ディスコにはテレビや映画で活躍する若手俳優も登場するなど人気を呼び、市内外から約百六十人が集まった。「既存のイベントは集客層が限られる傾向がある。若い人が得意分野で頑張ってくれることが、地域活性化に繋がる」と浦中会長。

寄付金は四国八十八ヶ所歩き遍路の看板設置に活用する予定だ。国常代表らは「音楽などを通じて地域が元気になる活動を、今後も続けていきたい」と話していた。

(2007.4.1 高知新聞朝刊より抜粋)

------------------------------------------------------

IMG_20170807_164149●高知新聞夕刊別冊SONIC2006年10月28日号掲載 KUNITSUNE紙上DJ



高知のDJたちによる紙上プレイ「MoveYourBody!」。今回は、宿毛市で素晴らしいパーティーを仕掛けている男がテクノ1本勝負!

【Vol.6】 印象的なトライバル

 [1]「Cumbiaazteca」/DoubleHelix
 [2]「Wishful」/e.b.e
 [3]「Melange」/BryanZentz
 [4]「Kicks(Misjahmix)」/Hertz
 [5]「Pains(CristianVarelaremasteredmix)」/CristianVarela
 [6]「Twistedego」/MarcoBaily
 [7]「Wok07」/MarcoBaily
 [8]「Repert」/Slice
 [9]「Dulcessuenos」/CristianVarela
 [10]「Lovestory(re―edit)」/AndrewMclauchlan
 ▼DJによる曲解説 繊細なパッドやサックスが印象的な[1]で開幕。流れを受け継ぎつつ[2]。これが中盤への仕込み。徐々にアッパーなテクノトラック[3]へと誘導し、人気クリエイターのトライバルなミックス[4]、そして巨匠によるトライバルトラック[5]でカチ上げの展開に。[6]、[7]とトライバルトラック連投でピークタイム。ここで[8]。ファンキー&サンバの要素を入れ、終盤へ。巨匠によるラテンフレーバー漂う[9]。最後[10]はラテン&ディスコアンセムで締め。ラスト曲のタイトルでもある「ラブストーリー」が今回のミックスのテーマ。比較的、旧作を中心に使いました。

 ▼編集部から 気持ちいいトライバルなリズムが印象的なミックス。個人的にはユーリズミックス「スィートドリームス」をネタに使った[9]がツボ。メロディーへの渇望が高まったところでの投入。まいりました。(OK電算機)

 DJ KUNITSUNE 10年ほど前にDJを始め、西日本各地でプレイ。選曲はハードテクノからオネエハウスまで幅広い。99年から宿毛市で「CLUB BEDROOM」を開催中。

(2006.10.28 高知新聞夕刊より抜粋)

------------------------------------------------------

IMG_20170807_165209●VELOCITY vol.4 2006年6月号掲載 KUNITSUNEインタビュー

宿毛市公認クラブイベントになる日も近い!?

「ローカルイベントを打つ」という事に、リライアブルな眼を持ったオーガナイザーが宿毛にいる。宿毛を拠点として、四万十市、愛媛の宇和島市からもジャンルレスにレギュラーDJを集結させ、地域の観光イベントとしての役割も担わせたクラブイベント「CLUB BEDROOM」を主催するKUNITSUNEさん。

ローカルなイベントに対し、アングラさもビックゲストも抜きにして一つの個性を認める個性を認める眼差しというのは、言うは易く行うは難しである。CLUB BEDROOMでは例えばB-BOYが普通にハウスやテクノで踊っていたりするが、来るイベントのジャンルを間違えてやけくそで踊っている訳では無い。数少ないアヴァンな眩惑身をゆだねるもよし、キラキラなおねえちゃんで目の保養をするもよし。地域でやっていくイベントに意味を見出そうと思えば、結局「来てくれる地元の人がどう感じてくれるか」が全てなのだ。

「イベントは全ての演出要素の総合技術でDJはその要素の一つ、イベントはお客さん達が作るもの、とにかく沢山のお客さんに来て頂く事が大事だと思ってます」とのKUNITSUNEさんの言葉は全くの正論だ。「ハウスのイベントだから行く・・・、とかレゲエだから行く、とかじゃなく、CLUB BEDROOMだから行くか、みたいなスタンスを目指してます。ジャンルで分けると好みが同じDJやお客さんが集まるので簡単なんですが、そういうラーメン専門、カレー専門みたいなイベントは高知だけでもいくらでもあるので宿毛の色を出す為にもそれらは避けて今の高知にはあまりない幕の内弁当みたいなイベントを目指してます」幕の内の目玉になるゲストの選定にもこだわる理由も頷ける。ゲストが来ることで、イベントに緊張感が生まれるし地方だからという甘えはスタッフには通用しなくなる。身内の質をも限りなく高め、その中でお客さんに対する、フラットにイベントを楽しもうよ、というKUNITSUNEさんの呼びかけは、懐の大きさを感じさせる。

「排他的なノリじゃなく色んな所から色んなジャンルのお客さんが幅広く集まってきて、独自の一体感が出せるイベントって形が理想です。僕はハウスやテクノが好きですが、DJ・オーガナイズなんてそういうジャンルの壁を越えていけないとあまり意味がないと思うので、積極的に他のジャンルの人とも絡む様に心がけてます。」(KUNITSUNEさん)

KUNITSUNEさんのサービス精神は、いい意味で常軌を逸している。4月8日のCLUB BEDROOMで来高したSILVAさんも、「地方にスピンしに来て、初めて歓迎のお食事会をしてもらってすごくびっくりしたし、嬉しかった」と話す様に、KUNITSUNEさんはゲストを呼ぶ際、恒例の「宿毛特産尽くし歓迎会」の席をイベント直前に設ける。これも遠方から来たゲストをねぎらい、宿毛を少しでもアピールしたいという思いからなのであろう。

「高校までは、実は宿毛が嫌いでした・笑。中学から音楽かぶれで、周りがBOOWYのコピーをしている時に自分たちは、NEW ORDERやDEPECHE MODEをやってて「なんでメンバーが皆キーボードなんですか?」なんて言われたり・苦笑。それから大阪に行きました。大阪は人情の町っていうけれど、実際そうでも無かったように思って。(97年に)帰ってきてやっぱり宿毛がいいな、と。他の人よりも郷土愛は強いかもしれませんね。ずっと宿毛に住みたいです」(KUNITSUNEさん)

イベント運営をクリーンにする為の行政関連、メディア関連各所との連携とPR。チャリティイベント等を通じ、宿毛の若者にアピールして町興し活動とクラブイベントをリンクさせる。この手法は、もはやオーガナイザーを越えて、町つくりの域まで達している。そのアンビシャスな精神は、遺伝子から醸成されていたものだった。

「二年前にガンで亡くなった親父は元々香美郡の出身だったのですが、母の里でもある宿毛を気に入り、本業の飲み屋の傍ら、イベント企画・町興し団体を立ち上げ、ボランティア活動や歌手や芸人(ハイロウズ・清水アキラ・さだまさし・南こうせつ・高橋真理子・都はるみ等)を呼んでのコンサート等を行い「わしは宿毛に来て良かった」と言っておりました。僕も幸い音楽に関わる事をやっているのでその志を僕の出来る形で継いでやりたいという気持ちがあります。将来的にはアーティストを招待してのライブにも挑戦してみたいです」

次回のCLUB BEDROOM7周年記念を機に、父親らが運営していた町興しグループの名跡を継いで活動する予定だそう。ますます宿毛の音楽まわりが騒がしくなりそうだ。

(2006.6 VELOCITY vol.4より抜粋)

------------------------------------------------------

IMG_20170807_164107●高知新聞夕刊別冊SONIC2006年4月15日号掲載 CLUB BEDROOMレポート

沸き継けたフロア 宿毛市のイベント

暗闇に浮かび上がるのは - ロフトスペースに設けられたDJブース。モニターや壁に映し出されるVJの映像。レーザーライトも飛び交う。普段は40坪ほどのバーをクラブに”変身”させたクラブイベント「CLUB BEDROOM」が8日夜、宿毛市で行われた。

宿毛市在住のDJ、KUNITSUNEらが99年から半年に一度、開いているイベント。午前0時前にゲストDJ、東京を拠点に活躍するSILVAが登場。まずはロックの名フレーズをサンプリングしたハウスをつなぎまくる。自身の曲ではボーカルを取り、クラシカルな歌物ハウスではソウルフルなコーラスを交える。

その前後に回したKUNITSUNEら地元DJ8人トランス、ロック、ハウス、テクノ、ヒップホップと、ノリのいい曲を連発。客はハンズアップし、「オイ、オイ」の掛け声。フロアは沸きっぱなしだ。24アワー・パーティー・ピープル - 終わらない週末を仕掛け、楽しむ若者たち。それは都会にも田舎にも、同じようにいる。

(2006.4.15 高知新聞夕刊より抜粋)

------------------------------------------------------

●高知新聞朝刊2005年6月25日号掲載 宿毛市 若者がくろ鉄支援IMG_20170807_173208

宿毛市で土佐くろしお鉄道支援のイベントを開いた若者有志らが24日、経費を差し引いた収益123400円を中西清二市長に託した。寄付金は同市長を通じて、中村・宿毛線運営協議会基金に贈られる。イベントは18日夜、若者グループ「クラブベッドルーム」が開いた「土佐くろしお鉄道復興支援ディスコ!」。「鉄道は市民にとって大切。地元に住む僕らも何らかの形で応援したい」(同クラブ代表の国常章人さん)と企画した。

(2005.6.25 高知新聞朝刊より抜粋)

------------------------------------------------------

57a20851CLUB BEDROOMの様子





bd2




34398289_6





34398289_1032008年11月の9周年パーティーを最後に休止中

宿毛平岡ぶどう園のハウス見学

IMG_20170803_142259宿毛平岡ぶどう園のハウス見学

2013野菜ソムリエサミットで食味評価部門入賞を果たしている宿毛市西町の平岡ぶどう園。観光ぶどう狩りが開園目前になったとの事で、今日は実際にハウスを見学させてもらいながら色々話を伺ってきました!

現地に到着、さっそくお楽しみのハウス見学へ。ひと房ずつ丁寧に袋がけされたぶどうがずらりと並ぶハウス内は壮観です!野菜ソムリエサミットで2位になった噂のピオーネや巨峰、ブラックビートなど色々と試食させて頂きました。どれもうまい!こちらでは黒系から赤系緑系と色んな種類のぶどうを栽培されてるんですが、これらはひとまとめで「潮風ぶどう」と命名されています。奥さんが名付け親だそうですが、潮風ぶどう・・・いい名前ですね。

ホワイトハウスでも平岡ぶどう園の潮風ぶどうを扱わせて貰える様になったので、今後当店のぶどうは潮風ぶどうからのチョイスになります!

この日は台風接近中。平岡さんご夫妻も目前の観光ぶどう狩りの開園日時をどうするか考えている様子。ぶどう園を始めて18年程になるそうですが、すぐ近くに海のある立地なので過去には台風からの増水で被害の出た年もあるそうです。この前訪問した宿毛マンゴーの小野果樹園さん(平岡ぶどう園と小野果樹園は徒歩5分程度のご近所さんです!)も台風でハウスに被害が出た事もあると言ってたのを思い出します。とかく宿毛は台風の通り道になりやすい立地、生産者さんの苦労が垣間見られました。

平岡ぶどう園
宿毛市西町2-21
0880-62-1090

観光ぶどう狩り
8月上旬から10月中旬
9:00から18:00
摘み取った品種別の量り売り
入場無料

IMG_20170803_142310






IMG_20170803_162107

本町通りの小さなBarホワイトハウス2017年8月のオススメメニュー!

DSC_3846本町通りの小さなBarホワイトハウス2017年8月のオススメメニュー!

まずはお知らせ!8月18日(金)、セレスきくち駐車場周辺にて「宿毛本町通りふれあい夜市」が行われます。盆踊りあり屋台ありで午後5時から8時半まで(雨天の場合翌日に延期)となっていますので、お時間許しましたら是非!もちろん自分もスタッフとして参加します。

IMG_20170801_044220で、真夏のホワイトハウスですが今月の新しい素材は「パクチー」「バジル」で、どちらも夏向けモヒート的アレンジです。そして毎年恒例の「梨」が登場します。地元宿毛の小野果樹園さん渾身のマンゴーを贅沢に使ったカクテルや、桃や巨峰やスイカなどのフルーツ&ベジタブルカクテルもオススメです。お盆明けまでは無休で営業しますので宜しくお願いします!

当店のフルーツカクテルはお酒とスイーツのボーダレス化をコンセプトにしています。辛口だったりアルコール度数の高い味付けが好みの方はその旨をお伝え下されば極力対応します。大体のフルーツ素材はノンアルコールカクテルにアレンジ出来ますので、お気軽にお申し付け下さい!

店主一人の小さなお店です。オーダー集中時にはお待たせする場合がございます。何卒ご了承下さい。

🌑8月のフルーツ&ベジタブルカクテル素材

🌑宿毛市小野果樹園のアップルマンゴー(坑酸化作用による美肌やガン予防・貧血対策)
🌑巨峰(疲労回復・眼精疲労)
🌑桃(美肌効果・血液サラサラ)
🌑スイカ(高血圧や二日酔いなどに効果)
🌑梨(血糖値上昇抑制・代謝調整)
🌑メロン(食欲増進・疲労時に)
🌑ショウガ(風邪など体調不良時に・消毒効果)
🌑シソ(精神安定・殺菌作用)
🌑宿毛直七(食欲増進・消化吸収)
🌑宿毛の畑で作るミント(ハーブのリラックス効果)
🌑パクチー(デトックス&アンチエイジング効果)
🌑バジル(デトックス&アンチエイジング効果)
🌑さつま芋(食物繊維・便秘解消にも)
🌑カボチャ(βカロチンの宝庫・病気予防効果大)
🌑バナナ(肌の代謝を早めダイエットにも効果)
🌑パイナップル(気管支炎に効果あり・高血圧にも)
🌑ゴールドキウイ(ビタミンCの宝庫・美肌に)
🌑ブルーベリー(眼精疲労に効果大)
🌑グレープフルーツ(疲労回復・風邪防止に)
🌑オレンジ(生活習慣病対策やアンチエイジングに)
🌑リンゴ(血液サラサラ・コレステロール対策に)

ウイスキーなど、随時入荷中です!

ロイヤルバー・ホワイトハウス
住所:高知県宿毛市中央7-3-42
電話番号:0880-63-4086
営業時間:午後8時半(頃)から午前2時(頃)
※営業時間は大体の目安です。ご了承下さい。
定休日:不定休

IMG_20170724_000137






IMG_20170720_233310






IMG_20160727_204509






IMG_20160627_163203






IMG_20170529_011956






IMG_20170531_001050






IMG_20170529_011214






IMG_20170531_022122






IMG_20170721_000126






IMG_20160727_015655

野菜ソムリエ資格

IMG_20170726_193511野菜ソムリエ資格

先日お休みを貰って野菜ソムリエの認定試験に行ってたんですが、無事合格。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • お盆営業
  • CLUB BEDROOM&DJ KUNITSUNEの活動履歴
  • CLUB BEDROOM&DJ KUNITSUNEの活動履歴
  • CLUB BEDROOM&DJ KUNITSUNEの活動履歴
  • CLUB BEDROOM&DJ KUNITSUNEの活動履歴
  • CLUB BEDROOM&DJ KUNITSUNEの活動履歴