一本の髪が、カットのクオリティを変えていく。
「どうしてそこまで技術ばかり…。」と、よく言われるが、
それでも僕は技術を追いかけることを止めない。それはなぜならば、
単なる技術的なクオリティだけではなく、そこから広がる多くの
喜びを知っているからだ。ヘアスタイルの可能性を広げていきたい。
image