外苑前と青山日記〜ランチ  ヨガ  旅行 バリ島他 アマンリゾート〜

東京は港区青山。メインは日々の美味しいもの、日常のくだらないこと外苑前、青山一丁目付近のランチ情報、ご近所情報などです。大好きな楽園バリ島 そして その他のアマンリゾートやお気に入りのホテルのお話。バリ島を含む世界のパワースポットやヒーリング旅行、バリ島の地元情報や体験、旅行プランなどをきままにご案内。セドナダイアリーの姉妹ブログでもあります。 春子センパイの銀座ランチ情報も追加しました。 ヤクルトスワローズファンのもじ子主宰です。

ラオス旅 アマンタカ

ラオス日記 VOL.11

今日も午後は押せ押せなので、早めにアップしておきます。
あさごはんもじ
あまり載せていなかったけど、毎日早起きで視察なんかもこなしていますよ。
街中の犬の鳴き声やなんかで、6時ごろには遅くともめが覚めます。
朝のフォー、超おいしい。いっしょに出てきた野菜やハーブも好みでちぎって入れます。

アマンタカは・スイート  8室  ・プールスイート 4室  ・カーンスイート 8室
・メコンスイート 2室  ・アマンタカスイート 2室 という24室。
この広さで!贅沢!スイート以外はプライベートプールあります。
私が今回泊まったのは、カーンスイート。だいたい棟のはじっこにあって、広いのです。
家族連れとかじゃなければ、一番使いやすいのではないでしょうか。
視察時のほかのお部屋の写真を少し。
159081
158166
180168
天井が高く、クラシカルで素敵ー!夜はエアコン不要なくらい涼しくなりました。

アマンタカでは、ラオス モン族の伝統的な儀式 バシセレモニー を用意してくれました。
BlogPaintBlogPaintBlogPaint
アマンタカには
王族の末裔で、ラオスの伝統文化継承に
力を注いでおられる方に協力をお願いしていて、
その方が地元のヒーラーさん
(伝統楽器のすぐれた演奏者である)と
その一族をお呼びして、客人の幸運と再訪を
祈る儀式を準備してくれるのです。
いろいろなお供え物の前にすわり、
数人の人々といっしょに祈り、
それぞれの人から手首に白い紐を
まいてもらいます。これは最低3日は
はずさないようにとのことでした。
バリの祈祷紐がかかっている私の手に、白紐が幾重にもまかれました(両手)。
儀式自体は20分くらいで終了しますが、家族・一族みんなで交互に祈ってくださるところが
今までにない感じで大変暖かい雰囲気でした。

最終日の夜は、ゼネラルマネージャーのゲーリーさんといっしょにプールサイドでラオディナー
でした。暗くて写真がありません。翌朝、スタッフ用のヨガに出る約束をさせられました。
BlogPaint早朝からヨガ。
先生はマレーシア人で
こんなに小さいけど、とっても
パワフルで明るい女性でした。
ハタヨガよアシュタンガのミックス
のような、初歩的なものだったので
かっぱ先生に鍛えられているもじこは
ラクラク(?)参加できました。
いよいよ帰ります。

BlogPaintBlogPaint
スタッフのみなさん、ありがとう!
261262
空港まで車で15分程度です。ルアンパバン空港です。小さくてびっくり!
空港内には売店やレストランもなく、お水も買えません。出国してからの待合室にはエアコンあるが
それ以外はなく、いすもほとんどないので早々に出国したい。
ただ、そうすると液体物は没収されて何も飲めない・・・。
空港を一時出て、向かいのレストラン・売店でお水を買い(1ドル 高い!)一気に飲んで出国。
そのレストランはくらーい感じでしたが、wifiあり。空港待合室は wifiマークあれどつながらず。
やっと機材が来て出発です。
263ラオ航空
わりと機材も新しくきれいなラオ航空。なぜか一人だけ乗客と離れて一番前に隔離された。
多分エージェント用のチケットだったので、非常口横に配備されたらしい(笑)。快適です。
アマンスタッフがチェックインまでやってくれたんだけど、空港職員ものすごくゆっくりなので
自分で自己主張しないと、同行者でも隣になんてらなないテキトーさ加減のようでした(笑)。
ラオス日記はここで終了です。いやー、ルアンパバンのみでしたがゆっくりできて昔のアジアを
垣間見る感じでしたね。ネットカフェやおしゃれなレストランなどはできていても、まだまだ
バリみたいには観光化されていない、のんびりしたところが魅力です。

ラオス日記 VOL.10

なかなかラオス日記の続きを書く時間がないので、今日は早めにアップします。

さて、午後からメコン川クルーズに向かいます。正直どんな感じか想像つかず、「酔うかな?」とか
考えたりして・・・。前日に「明日のクルーズのお飲み物は何にしますか?」と聞かれたので
一応「ビールと白ワイン」とは答えておきました(笑)。
185187
まあ、アマンのアクティビティなので間違いはないと思いますが・・・。
ホテルから5分ほどで船着場へ。
案の定、他の船とは形は同じでも一目で違いがわかる、あきらかにシックで美しい船が。
やはりこれでしたか。そして基本のプライベートクルーズ。他にお客さんはなし。
ふね2BlogPaint
船内こんな感じで、ウッディな落ち着く内装。
ラオスの川船、縦長くて細いー。
靴を脱いでくつろぎます。
テーブル席と寝転ぶ席と両方あり。もちろん寝転ぶ。
涼しくて気持ちいいです。
もっと川の臭いとかするかと思ったが
あまり感じませんでした。
197196
キッチンやトイレももちろん完備で、安心して飲めます。雨季ではあったけど、水量は
それほどでもなく、あまりゆれもせずのんびりと進みます。目的地の洞窟までは約2時間。
えー、長いなーと思ったけど、案外あっという間でした。
194211
おだやかな川の流れ・・・。
船を家にして生活している所や
なまずの養殖をしているところや
川岸に刑務所が見えたり。しばらくして パークーウー洞窟へ。

200204
船をおり、階段を登ってお布施を払い、
お供え物をいただく。まずはお参りをして奥へ。
奥は案外広いが真っ暗。案内のホテルスタッフが懐中電灯を用意してくれているので
それで照らしてぼんやり浮き上がるのはたくさんの供えられた仏像・・・。
よくもこんなところにまあ!という感じです。
洞窟は2箇所あって、タム・ティン・ルムとタム・ティン・トゥンと言うそうです。
4000体以上の仏像が置かれているというなんとも神秘的な空間です。
207219
またしても滑りやすい階段を上り下りするので、慎重に歩いて汗びっしょり。
船にもどって冷たいおしぼりと、冷えたワイン、おいしいおつまみでほっと一息。
洞窟の先は、メコン川とナムウー川の合流点で、中国の水彩画のような切り立った崖があり
なかなか壮観です。
ふね案内してくれた
担当スタッフのガブくん、23歳。
あんまりかわいいので、
帰りは彼が勉強中という
日本語のにわか勉強会となりました。
すれ違う一般の観光船には
欧米からの客人が結構乗っていて、
私たちのあまりに優雅なすがたに驚き
思わず写真を撮られてしまいました(笑)。
皇族のようににこやかに手を振る
いいかげんに酔っ払ってたもじこした。

ラオス日記 VOL.9

すみません、時間がないので今日は少しだけ・・・。
アマンタカでのお食事、まだありました。
さんど
ランチで食べた、サーモンのサンドイッチ。
フレンチフライが食べたかったけど
ポテトチップだった。
まあ、いいんだけどね。
おや、またスイカジュース飲んでますね!
旅行中は、スイカジュース、モヒート
赤ワイン、カフェラテが定番です。
ラオコーヒー美味しかったですよ。
暑いからビール飲みたいけど
なぜか、旅行中ビールを飲むと
おなかがゆるくなるんです。
なのでまあ、我慢します。

カレー
このカレーがね。
ラオス風カレーとなっていて
なんのへんてつもないんですが
超ーーーーーーうまい!!!
ココナッツカレーで甘いのですが
ぴりっとちょっと辛さもあり
ものすごく香辛料も入っているけど
マイルドー。
お砂糖入ってるのかな?
美味しすぎました・・・。
もう一度食べたい。
特にラオス飯ってわけじゃなくたまたまのアマンメニューだと思う。
次回も同じかどうかはわからないわ。

183
さて、今日は午後からメコン川クルーズです!
船着場までこの車?で向かいます。
結構乗り心地いいですよ!
見かけもかわいいですねー。
ちゃんと雨にそなえて傘も完備。
では、行って来ます。


ラオス日記 VOL.8

早朝5時半です。たくさんの托鉢のお坊さんが、毎日街中のいろいろな場所を練り歩くということで
早起きして行ってみました。ホテルがお供え用のかごに入ったご飯をもたせてくれます。
150147
若いお坊さんが多いけれど
年配の方もいらっしゃいます。
少し寝坊してしまい、アマンタカの前は
通り過ぎてしまっていたので
他のとおりを探していたら
たくさんいらっしゃいました(笑)。





151















お供えをもって並んですわり
少しずつ、手でご飯などをつかんで
お鉢に入れてあげます。
そうするとお祈りしてもらえるのです。
10人単位くらいのグループで
あちらこちらの路地をまわります。
まだ小さい小坊主さんも
早朝からがんばっていますね。
観光客も、町の人々もへだてなく
お供えを持って並びます。
早朝の車も人も少ない、静かな町で毎日托鉢は行われています。いい朝の風景ですね。

156
托鉢後、二度寝。
顔も洗わず、コンタクトもつけずの
托鉢だったので再度
朝を向かえましょう。
アマンタカのお食事も少し。
朝ごはんで食べた
エッグベネディクト。
どうしても1回食べちゃうメニュー。
酸味の利いたソースでした。

おかゆフォー
これこれ!このラオス風おかゆとフォーがめちゃくちゃ美味しかった!!
ちょっと、どちらも麺とご飯の違いで野菜たっぷり
サッポロ一番塩ラーメン的なさっぱり味に
柑橘をしぼり好みで少し辛味を入れます。このメニュー、毎日でも飽きない(笑)
スイカジュースはリゾートの定番。これで一日がんばれます!
251250
ゼネラルマネージャーさんがセッティングしてくださった、ラオス料理のディナー。
プールサイドにおしゃれにセットしてくださいました。
254253
いろいろな種類のおかずがたくさん出てきて、好きなものを好きなだけご飯と一緒に頂きます。
あまり辛くもないし、日本人の味覚にも合う料理。なすや竹の子など、和食でおなじみの野菜も
たくさん使われています。日が暮れて、暗くなりすぎで写真はいまひとつでしたね。

BlogPaint今回はなんと特別なことがありました。
アマンリゾートの創始者である
エイドリアン・ゼッカー氏に会いました!!
アマンジャンキーなら誰でも知っている
大変大変有名な方。こんなことあるのねえ!
これ、本当にものすごい偶然。
1年に1回くらい、各リゾートにきて
ミーティングしたり視察したりだそうですが
1日程度ですぐ去って行くらしい。
今回は2日間ミーティングなどをされていた。
スタッフにも『あなたはラッキーですね!』と。
GMに頼んで、紹介していただき写真をとりましたー。スタッフでも会ったことない人多いのにね。
やさしいおじいさんと言う感じでしたが、スタッフは昨日から超ぴりぴりしていましたので
実は厳しいお方なのでしょうね?『ファンですうう!』とミーハーに言っておきました。
これはもっとがんばって販売しなさい!という見えない励ましなのか・・・。

ラオス日記 VOL.7

『ルアンパバン ナイトマーケット』です。
まだ日が暮れ始めたばかりですが、続々とテントにお店が集まりはじめました。
122連なるテント。
3列くらいになっていて
通路が2本!!
賑やかになってきました。







126125

お土産やさんかいろいろ。布製の小物や、仏様の絵画、手縫いのバッグ、風船やティッシュケース。
カラフルなものがたくさんです。ただね、他国に比べて目新しいものはあまりない。
カンボジア、タイ、ベトナムあたりと変わらないかな。モン族独特のデザインのスカートなどは
ちょっとほしいかな?とも思ったけど、きっとタンスのこやしにしてしまうだろう。
128129
おしゃれなカフェの前に出ていた、ケーキの出店!これは種類も多くておいしそう!
そして朝も見た、フルーツ&野菜ジューススタンド。これ圧巻でかわいいよねー。
さすがフルーツがたくさん取れる時期でもありますね。うらやまし品揃え。
見るだけで心おどるわー。日本にもこんなのあればいいのに!ま、値段が高いか。
130
おでんのような・・・。
いろいろな食材が串刺し。









131
赤いつばくろう

何かのキャラなの?
これ、つばくろうにメールしてみようかな(笑)

つばくろう
なんとブログやってます。






132
おそうざい各種。
ちょっと虫が飛んできたり
衛生面で不安はあるが・・・。
よく売れていました(笑)。
ラオス主婦も最近は
テイクアウト利用率高し!かな。





136
旅行者にはこちら。
さっきのケーキを売ってたカフェを
曲がって、小さい路地に入る。
食べ物やさんの屋台がずらり!




137139
高速でタレをつくるお姉さんに
どんどん焼き物をするおじさん。
あたりは食べ物の香りと
人のざわめきで興奮のるつぼ。
これでオフシーズンかあ。
オンシーズン、ここに入れるかな?
それにしても美味しそう!!

138143
焼かれた魚もパンもご飯も野菜もどんどん並びます。

141140
数十種類のおかず、ご飯類、スープ、肉、魚類などを所狭しと並べた屋台がいくつも!!
各店舗、一人1ドルでワンプレート盛放題!!
イチドルー!!!なんとー!!!!好きなだけーーー!!!
食べたくてむずむずしますね。だが、今日もディナー予定がすでに。残念・・・。
もーじーこーみーてーるーだーけー。いや、昔と違ってお腹も大切にしなきゃ。
♪にっていみじーかしー、食せよ乙女〜♪ だめだめ!!だめ!葛藤はつづく・・・・。
142
すっかり日暮れたナイトマーケットを
後にします・・・。
後日聞いたところ、食べ放題1ドルは
なかなかいけるものもあるが
基本は油っぽくて味が濃いらしい。
でも、ほんとにほんとに美味しそう!
よくぞ耐えた!ディナーがっつりいくよ。



ラオス日記 VOL.6

夕方、サンセットを見るために、小高い丘にの上にある プーシー(海抜700M)へ。
アマンタカからは徒歩で15分くらいです。あらかじめガイドさんに登り口を聞いていたので迷わず。
099103
200−300段の階段はなかなか大変です。狭いし。滑らない靴があったほうがいいね。
105100
がんばって登るといたるところに
仏像がたくさんおわします。
一つ一つお参りはできないけど
どんどん進む。
景色もよくなってきた。
夕方5時ごろです。

















106
途中のお坊さんの宿舎。
休憩時間か、少年のお坊さん達が
楽しそうに騒いでいます。
まだ子供だもんね。





107108
いろいろな形の仏様たち。
このプーシーは、二人の仙人が
神様に導かれてたどりついて
ルアンパバンの町を造ったという
伝説の場所ということ。
『仙人(ルーシー)の山(プー)』
という意味だそうだ。




109110
頂上には金色の
タート・チョムシーというお堂が。
涼しい・・・。





116
118
























わあ!わあ!すごい景色!
実は街を歩いていても、世界遺産という
実感がもてなかったのだけど
この景色でにわかに納得できる感じ。
川と伝統家屋の屋根屋根と緑が
大変美しい古都を彷彿させますな。
おとぎの国アジア版って感じだ。
頂上にはたくさんの夕日待ちの
観光客が!
これでオフシーズンか・・・。
オンシーズンはどんなに集まるんだろ?













121123
この階段で、来たのと反対側におります。
そこにはずらーーーっとテントが!
何かと思ったら、ここはナイトマーケット。
毎日、シーサワンウオン通りは歩行者天国(17-22時)。道いっぱいに露店が並びます。
モン族の人が多いらしく、小物や布、お土産品などさまざまです。
高級なものや、これは!というものはあんまり残念ながらないけど、カラフルでにぎやか。
Tシャツ、布バッグ、クッションなどなど・・・。タイやカンボジア、ベトナムとあまりかわらないかな。
周りには食べ物やもたくさん出ています。
あまり危険もなく、汚くもなく、とても見やすいナイトマーケット。
他に気になるお店もないから、ここで選ぶしかないかな・・・・。
マーケットの模様はまた次回!

RF1のディスカウント弁当 & ラオス日記VOL.5

ブログの調子が悪くて、イラっとしてしまいました。なんかLIVEDOORってだめね。なんか。
食欲もあるのかないのか、マクドナルドにでも行ってみようと外出したが、あまりの暑さに
途中でピーコックに吸い込まれた(笑)。
日傘があるので、日差しが暑いというより照り返しにやられてますね。
コンクリートジャングル。土が恋しいわ・・・。
おべんとうピーコックRF1のお弁当。
しかも100円ディスカウント。
5時までに食べてねってことで。
¥523だったかな?かなり安い。
常備のくきわかめスープと
ヤクルトで充実のお昼ご飯です。
もうちょっと野菜が多いほうが
いいけど、最近お肉をあまり
食べてなかったからいいかもね。
ただ、ちょっと胸焼けぎみ(弱っ!)。
明日からは猛暑も少しおさまるそうですが・・・。
2日前からついに夜、寝るときにタイマーで2時間ほどエアコンオン(28度)しています。
はあー、極楽極楽!と思ったら、気持ちよくなったお猫の君が冬季と同様に、
もじこのまくらの上にて就寝されるようになり。
背中と尻をもじこの顔にかぶせてお休みになられております・・・。灼熱!!体温38度やろが!
少しずつ顔を枕からずり落として寝ているもじこでございます・・・。
-------------------------------------------
はるこ昨日は定例パタンターさんたちと
新大久保の韓国フライドチキン屋へ。
盛り上がりましたー。
韓国ドラマによく出てくるような
B級グルメがたっぷり!
各種チキンや、おでんのスープ、
トッポギなどなど。まわりは半分以上
韓国人のお客さま方。
もじ子さんの勧めに従い
うこんの力をドラッグストアで
立のみしてからいったので、
なーんとなく疲労は少なめ?
ただし慣れない大量のお肉+激辛料理でおなかの調子がおもわしくなく、
いつもの蕎麦「真希しんき」へ。
今日は辛味そば740-に炊き込みごはんをつけて。案の定、またご飯忘れてる・・。
ほぼ50%の確率でオーダーもれ。学習しないバイト達。お蕎麦は、大根おろしの辛みが強く、
さっぱり涙目になりながらいただけましたー。
疲労にもかかわらず、今日はものすごく忙しいので、なんとか片付けて早く帰りましょう!
--------------------------------------
そうそう!うこん、飲みましょうね!だからって安心してお酒の量を増やさないように!

『ラオス日記 VOL.5』
午前中の徒歩街観光から戻る途中、おしゃれなホテルやカフェを数件みました。
069072
チャーンヘリテージホテルかな?川沿いでラオス風家屋のコテージ風ホテル。
クラッシックカーには象さんのマーク。
チャーンとはたしか象だよね。いい感じ!
048ぱらっと雨が降ってきたけど
ぬれる前にやんでしまった。
一応雨季のルアンパバンですが
ほとんど日中はふらなかった。
夕方一度、30分くらいざーっと
降った日がありました。
なので、雨季とはいえ観光客も
少なく、穴場的時期かもしれません。
メコン川とナムカーン川のペニンシュラ(中洲)
のように位置するルアンパバンの中心地ですが、ピークには人口以上の観光客が
やってくるそうです。
特に欧米からのゲストでホテルもレストランもメコンクルーズも満杯なんだそうだ。
一度ホテルへもどり、ガイドさんと別れて冷たいものを一杯。もちろんお水はガイドさんが
持ってきてくれたので、観光中は水分補給していましたが。
お疲れの後のモヒートはうまい!!
街の位置関係もだいたいわかったところで、ランチへ。ホテルのすぐ隣のカフェへ。
なぜかここは写真がありません。CMフィルムを撮影中だったようで、出てくるのに40分くらい。
オーナーのおじさんが何度も謝ってくれたけど、私たちいまんとこ暇だから大丈夫よん!
念願のバゲットサンドとなぜかよく目にするソーセージを食べました。
093092
この日はアマンタカのスパの予定が入っていました。60分だったんだけど、せっかくなので
90分のスタンダードな AMANTAKA MASSAGE に変更してもらいました。
090091
まず、アサイードリンクみたいなウエルカムドリンクが出ました。そして4つのオイルから
好きなものを選びます。リラックスとかいろいろあったけど、わたしはリジュビネーション(笑)。
アマン共通のオイルマッサージです。気持ちよくて途中で寝てしまいました(いつも)。

・・・・またここで LIVEDOOR調子悪くて写真アップできなくなりました。むかっ!!(笑)
097095
急に指示してない貼り付け方になったりしていますが、まあ、あと少しでやめよう。
えー、スパのジェットバスと、スパ終了後にくつろぐお休みスペースです。ジンジャーティとフルーツが
出てきましたので、30分ほどごろごろさせていただきました。
098スパスタッフ。
なんか、きれいなお姉さんいたわ。
私の担当の人!
なかなかよく訓練されていて
問題ない施術でした。
マッサージはたくましいお姉さんでも
いいんだけど!
男性スタッフもいました。

今日はこのへんで・・・。

手しごと料理 まる山 & ラオス日記 VOL.4

久しぶりにアマンリゾートのTさんとランチに行きました。
チェリー通りの てしごと料理 まる山
お互いの情報を報告するというか、旅の報告、人事の交換、あとは楽しいガールズトーク(笑)。
MARUYAMATさんは、まる山になって初めて。
軍鶏のクリームコロッケの定食。
とろろ、煮物、漬物、お味噌汁
たっぷりサラダ、山椒の炊きみじゃこご飯
お味噌汁、デザートは牛乳かんと
アロエゼリー。
クリームコロッケ、超熱々です。
ソースが小皿に出ますので。
なかはぎっしりという感じではなく
ふわっとろっという甘めの感じ。
普通あんまり揚げ物食べないんだけど
これはぺろっと2個食べちゃいました。
ご飯が最初かなり少なめで出ましたので麦飯を半分お代わりしました。
今日は「いつもありがとうございます。」とか「お久しぶりですね。」と言ってもらえたので
さすがに覚えてもらえたのでしょうかね!ほとんどお客さんがいなくなるまで、お茶のお代わりまで
もらってしゃべり続けた女子3人でした。だが、私たちの人生経験?なんてあんまりTちゃんの
役にはたたない気もします・・・・。苦笑・・・。
アイスコーヒーの持ち帰りをもらって、コスパのよいランチでした。おいしかったです。
日替わりが、そうめんと野菜の天ぷらで魅かれましたが、そうめん食べすぎなのでやめました。
---------------------------------------
春子先輩のランチ@三鷹
HARUKO今日もおあつうございます!
これにもだんだん慣れて行くのよねー。
夏はこれからが本番、
体調には気をつけましょう。
とはいえ、あまり遠くに行く元気もなく、
近所のモリタコーヒーへ。
今日は鶏そぼろナムルだから
好きなメニューだし〜。しかし売り切れ・・。
そういやお店も混んでてラスイチの席だった。
暑いから、おやぢ達も涼みに来るのよねー、
きっと。やむなく笑顔で
今日のサンドイッチに。
茄子とベーコン・チーズのサンドイッチ、
ドリンクとサラダ付きで¥680-。
那須は薄くスライスしてソテーされてるから食べやすいし、ベーコンも軽くソテー。
チーズはとろとろでございます。見た目の量は少ないけど、食べ終わると結構な満腹感。
今晩は先輩達との定例お食事会。あたしが平日外食するのはこの会だけなんだけど、
次の日疲れちゃってかなりぐったり・・。なんか肝臓がつかれてるって感じなのよね。
だから平日飲み会はこの月一で限界でございます・・・。今日は韓国風のチキン屋へ行く予定。
どーかしら、韓国風って。ドラマじゃよく見るけど。
新しいものに全くためらいのない先輩達、きっと楽しんでくれるでしょう!!
-----------------------------------------
飲む前にウコン飲みましょう!かなり次の日ラクじゃない?
UKON私はタイ人のMさんにいただいた
タイ語しかかかれていない
カプセルを飲む前に飲む。
そういう目的でくださったわけじゃ
ないんだけど。たしか、
以前体調が悪かった時に、心配して
もってきてくださったもの。
中身はウコンだから飲む前でもよかろうと・・・。
実際よいみたいです。
でも、いくら飲んでもあんまり
酔いにくいから大量に飲んで逆効果説あり。

『ラオス日記 VOL.4』
さて、朝から街の観光にでかけたわけですが。徒歩でのんびり進みます。
044047
街もだんだん目覚め、車が増える。


052大きな木には
お札のような飾りが・・・。










059ワット・マイというお寺の仏像。
一応仏教徒なので、座って
お祈りをしてから見学。
私のお祈りはだいたい
「お邪魔します。日本からきました。
 よろしくお願いします。
 ラオスで無事すごせますように。」
だけ。急に来て多くをお願いしても・・・
と思うのです。







ワットシェーントンルアンパバンのシンボル。
ワットシェーントン。
建立は1560年。
屋根が特徴あるルアンパバーン様式
なんだそうだ。
壁には伝説上の動物が描かれていたり
装飾が1960年代にほどこされたり
している。




霊柩車庫うらない
龍のような首をもつ
霊柩車がしまわれている車庫など。
たくさんの小さな仏像が供えられている。
すみに、なにやら紙が入った木の箱。
ガイドさんが、「占いですよ、引いてください。」
1枚ひいて見る。
ラオス語読めないので、ガイドさんが代読。
「おーー?」と箱の中を見渡し「これは、この中で最高にいい運勢のものですよ。」
「○○もいい、○○もかなう、○○も大丈夫です。」ありがとうございました。
私、強運なんです。自覚あります。どうぞこのまま続きますように!!
063070ワットシェーントンの
横はメコン川が流れています。
しばしぼーっと流れに見入る・・・。
茶色いけどたくましい流れだ。








065
お寺から川に向かう道の四隅にこの守り神にようなものが建てられている。
猫なのかなー。顔が笑ってみえるから、なんだか笑っちゃうけどね。
多分お守りか見張りだと思うの。
国立博物館にも行きましたが、こちらはカメラやバッグをロッカーに預けて入るので
写真はありません。プーシーという小高い丘に登れば、街が一望できる。
博物館の前から登れるらしいけど、夕日どきに戻ることにして一旦ホテルへ。
暑い中でも一通り、効率的に観光できました!

ナタラジ 青山店 & ラオス日記 VOL.3

例年のことながら、お暑うございます。3連休、旅行続きでやはり少し疲れていたのか、
かなり寝たおしました。でもあんまり眠った気がしないんだよねー。
寝ても寝てもねむいって感じで。猛暑ってそれだけできっと体が疲れているからね。
一人だったので、そうめんとかテキトーなものばっか食べて、野菜をつまみにチューハイまたは
ハイボールというメニュー。たんぱく質、ビタミンが不足している感あります。
気をつけよう。・・・今週はがっつり肉も食べたほうがいいかもね。
カレーといいつつもベジなお店。
ナタラジ 青山店
いつもの4種のカレーブッフェ
950円。食べ放題。
今日はズッキーニとなすのカレーが
あったのでうれしかったですが
いつもほどはナンが食べられなかった。
ナン3切れ食べておきながら
(いつもは4切れなので)
「食欲不振?夏ばてでは???」と
思ってしまうあさはかさ・・・。
お散歩にも行けない気温となると
どうしても運動不足ですよね・・。
ま、野菜はもりもり食べておきましたけど。お菓子も以前ほど食べなくなった。
チョコやめてるし!!ま、早く帰って煮物で一杯やっか!←おっさん化。
-----------------------------------------
春子先輩のランチ@三鷹
さらだ梅雨も空けたぜ!
この暑さ、夏本番だねー。
妙齢女子には堪えますが、
寒いよりは好き。さすがに
今日は食欲もいまいちなので、
カフェデイリースでパンサラダセット。
ドリンク付きで¥780-。
食欲がない時はこういう酸味の強い
ドレッシングがありがたい。
オリーブやシメジ、ニンジン、など
具材もいろいろ。
週末は、駒沢カフェで友人と会ったり
銀座の美容院にいったり、
二子玉川で買い物したり、
とあっという間の3連休でした。
あー、9月まで連休はないのよね・・。
なんとか乗り切りましょう!
8月も週末は女子会続き、体調管理も気を付けないとー。
-------------------------------------------
暑いのによく動いていますね!えらいわー。
先輩のスケジュールの埋まる速さに驚いた。Hさんが、中央線途中下車で軽くでもいーじゃん
とのことですが・・・?私はもちろん大丈夫でござんす。
ま、もしその気になったらご一報ください。

『ラオス日記 VOL.3』
さて、今日からルアンパバンでの滞在が始まるわけです。
MOJI1MUSIC
颯爽とお仕事モードで出かけるもじこ。これから朝ごはん食べて、これからの予定を聞く。
ロビーの横にはずっと伝統楽器を演奏してくれているおじさんたち。朝と夜では楽器も音楽も
ちょっと違うんですねー。中国とかインドネシアとかいろいろミックスされたような音色。
まずは午前中、街を把握するためにガイドさんと徒歩で観光することになりました。
DOG1DOG2
しょっぱなからこの方に遭遇!!すごいかっこ。ヨガ犬か。でも顔は笑顔なのだ。超カワイイ
033032
色つきジュースとかカキ氷っぽものや、お菓子を売っている。ものすごい色にアジアを感じるわ。
食べたくはないけど、色合いはとってもキュート
034ここも好きな感じ!!
ベトナム同様、フランスの植民地
だったわけで、バゲットサンドが
よく売られています。おいしそう。
朝ごはんたべなきゃよかったな。
そして隣はフルーツジューススタンド。
いろんな果物や野菜を組み合わせ
プラカップに入れて飾ってるの。
これまたものすごくかわいいのです!
これから選んでジュースにしてもらうの。
メニューもちゃんとあって健康的な屋台。
この形式、たくさんありました。
036
ルアンパバーンの朝市。
メインはお米や野菜など。
いろんな種類のお米。
カオニャオというもち米が主流。
カオチャーオといううるち米もあります。






038039
いろいろな野菜やハーブ。竹の子や山菜もメジャーらしくたくさん売られています。
ハーブやとうがらしも種類が多い。
それほど辛くないと聞いていたラオス料理。こんなにとうがらし使う?
実際のロコ料理は辛いのかな?・・・
隣のカゴは元気いっぱいのカエルさん。川の恵のたんぱく源なのでしょう。
040041お魚は川魚。
もちろんメコン川とかからの。
なまず、フナなど多し。
大きな魚もありましたよ。だか、氷もないし腐らないかな?かなり暑いけど。そこがかなり心配。
その他日用雑貨も。例のバーム系があったので、旅人の木さんを思い出し、交渉したら
ものすごい高いこと言われた。おどろいて買わずに終わりました。Fさんごめんなさい。
042
鶏さんもこんな姿で。









043
魚の干物。どこも同じね!

アジアっぽい庶民の市場で
なんにも買ってないけど
テンションアップしました。
久々ー、こんなローカル色満載。
これも歩いて観光できる小さい街
だからこその楽しみですね。


とりあえず、週明け多忙のため
今日はここまで。

まそほ  焼き魚とおばんざい & ラオス日記 VOL.2

実家のある九州地方はいまだかつてない豪雨で、知っている場所も橋が流されたり、浸水したりで
心配しましたが、家族・知人はいまのところひどい影響は受けていないそうです。
でもまだ今日も被害は出ているだろうし、たくさんの死傷者も出ているわけだから喜んでばかりも
いられないのです。みなさん気をつけてください!

BlogPaint念願の焼き魚をやっと。

まそほ

チェリー通りのお魚系居酒屋。
くつを脱いでかぎ付き下駄箱へ。
居酒屋っぽい。
和風のつくりです。
今日は遅い時間ですがかなり
混んでいました。
人気でてんなー。
先日は入れなかったし。
念願のシャケにしました。
おいしく焼けています!



おばんざい日替わりで食べ放題の
おばんざい(お惣菜)3種です。
切り干し大根
ツナと水菜なんかのサラダ
コンビーフ、キャベツ、人参炒め

まあ、どれもご飯に合うおかずですね。
これが食べ放題で、お客さんの前に
おかれます。
どんどん食べちゃう。
焼酎ほしくなるんだけど、私だけ?(笑)
今日もまたおなかいっぱいだ・・・。
昨夜は宣言どおり、ところてんと
サラダとチューハイにしました。
なので今日も快調に食べられます(笑)。
-------------------------------------
春子先輩のランチ@三鷹
はるこあー、今日もむしむししますねー。
でも肌にはよい!
まるで実家の裏日本のようだわー。
晴れてるだけでもありがたいこと。
なんだか魚が食べたい気分、
かつもう遠くまでは歩けない体調のため
近くのモリタコーヒーへ。
本日のお魚は、サバの味噌煮込み。
ショウガが効いてて臭みが全然なく
おいしくいただけます。
お味噌汁はわかめにサトイモ。
ご自宅の味だわー。
ホットティーがついて¥880-。満喫でございます。
久々の三連休、予定を楽しみながらも体調管理に努めたいですわー。ではみなさん、よい週末を!
------------------------------------
私もゆっくりメンテナンスにつとめたいと思います。ちょっと6月7月移動も多く、スケジュールきつく
くたびれちゃったみたい。でもあんまりダラダラするとかえってしんどくなるかもね。
動きながらやすもっと!

『ラオス日記 VOL.2』
今日はお部屋の様子を少しアップします。
アマンタカ は フランスの植民地時代の建物で、その後州立病院として使われ、後病院は移転。
敷地をアマンリゾートが購入し、世界遺産に指定された建物を修復、新しい建物を加え
リゾートオープンしたのですねー。
025レストラン
029レストランとテラス席。
朝、昼はテラス席を使い
夜だけレストランの中で
食事しました。
風とおしもよくさわやか。

←テラス席









027 レセプション。
ちょっとテーブルが低く
スタッフが足をぶつけていました(笑)。








026
ラウンジにはいつも
おやつとおつまみが。
ポテトチップス、ドライフルーツ
クッキーなどです。








プールモヒートメインプール
です。
そして旅の間は
モヒート愛飲。
なんとこの日は
宿泊者
私たちのみ。
百数十人の
スタッフが
私たちのために
働いてくれ
ているそう。
わーお!!
ぜーたく

171169
リビングとベッドです。天蓋蚊帳つき。カーンスイートというお部屋に泊まりました。
中くらいのスイート。でもこれ以上大きいと使いにくいから、とてもよいサイズでした。
163専用の中庭あり。
プライベートプールと
小さい中庭に、デイベッドや
いすがあります。

それぞれのスイートは少しずつ、広さや設計が異なります。人数やご希望、ご予算に合わせて。
中にはいろいろなラオスの風景・生活・文化などのモノクロの写真がたいへん印象的に
おしゃれに飾られています。バスタブも広く、別レインシャワーも完備。
お湯もたっぷりばっちり。トイレもきちんと流れます(当たり前だけど)。
WIFIもありますので、PC持参ですぐ使えました。
快適快適!!

013毎晩夜になると
ベッドの上になんらかの
お土産が・・・。
この日はお祈り用の飾りと、あれ中身忘れました・・・。まあいろいろです!
お天気悪いように見えますが、実は晴れ間も多かったんです。
なぜか写真はうす曇・・・。
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ