セドナ・シャスタ・パワースポット巡り  〜スピリチュアルな社長の日記〜

東京 青山で旅行会社を経営しています。私は1999年にアメリカ アリゾナ州のセドナに行きました。セドナはパワースポットがあるところでネイティブアメリカンの聖地とされています。セドナにベルロックという決断を促すといわれているレッドロックがあるのですが、そこに登ったときに「今の会社を辞めて新しい会社を始めたほうがいい」という啓示というかメッセージのようなものを受けたのです。それ以来、スピリチュアルな世界に興味を持つようになったのです。

過去生トラベル

イギリス 1830年頃

背の高い痩せ型の男性。30才代くらい。西欧人で耳までおおうような、変わった形の帽子を被っている。芝生のようた草原の中に石が点在しています。石を組み合わせたようなものもあります。

場所はイギリス南西部のよう。年代は1830年頃。
どうも石をつぶさに見回っては、メモをとっています。大きな石を眺めては石を撫でたりしています。
場面が変わり中流的な家の中。その男性は衛兵のような格好をしていますが、母親と言い争いをしています。どうやら彼は石の研究をしたいらしいのですが、母親が猛烈に反対をしているようなのです。

彼は母親に押し切られるような感じで家を出て衛兵の部隊に出かけていきました。

瞑想はここで終わりました。
西洋人の過去生はあまり見ていなかったので新鮮でした。
今の私も神社のご神体の「岩」が好きだったりするのです。

急にイギリス南西部に行きたくなってきました。ストーヘンジ周辺などなど…
あのあたりはレイラインでもあります。

うっ〜無性に行きたくなってきました!!!



過去生トラベル

瞑想をしているなかで、自分の過去生に出会うことがしばしばあります。
その生は今の私に重要な示唆を与えてくれる事があります。
詳細な部分は割愛して、その日見えた自分の過去生を綴っていきます。
プロフィール

clubworldsp

QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ