CLW_1966の製品レビュー

このブログではメーカーさんや販売店さんから提供して頂いた商品及び自分で購入した商品のレビューを掲載していきます。 よろしくお願いします。

ご訪問頂きありがとうございます。 このブログはAmazonプライムレビューの使用が出来なくなってしまいましたので、急遽立ち上げました。 レビューのプロではありませんので、言葉足らずの点等はご容赦ください。


多機能で使い切れない機能がてんこ盛りです。

このオーディオプレーヤは8.0GBのメモリを内蔵しています。

また、外部ファイルとして128GBまでのmicroSDXCに対応しています。

仕様は以下の通りです。

① スクリーンサイズ:2.4インチ(タッチ操作対応)

② 解像度:320pix × 240pix

③ 内蔵バッテリー容量:700mAh

④ Bluetooth:ver4.2

⑤ メモリ容量:8GB

⑥ 重さ:約70g

⑦ サイズ:70×50×10mm

⑧ 付属品:充電・書き込みUSBケーブル、取扱説明書、ケース、画面保護フィルム

  ※ 本体にストラップホールはありませんが、ケースにストラップホールがあります。

⑨ ラジオ:国内対応(FM)・・・アンテナは有線イヤフォンのラインを使用します。

⑩ ビデオ表示:AVIフォーマット対応,写真保存可能(JPEG,BMP,GIF)

⑪ ボイスレコーダとして動作

⑫ オーディオプレーヤ:MP3,DRM,WMA,OGG,APE,FLAC,WAV,AAC-LC,ACELP,Audible等

⑬ 目覚まし時計機能

⑭ USBメモリ機能

⑮ MP3再生速度可変機能

⑯ A-Bリピート機能

⑰ 音楽ブックマーク機能

 

色々と活用可能なプレーヤです。

Blutoothも良いのですが、有線イヤフォンを接続するとラジオとして使用できますのでスマートフォンを補完する情報収集機器としても使用可能です。

これだけの多機能があると、常時携帯したい機器の一つになります。

製品の写真は以下です。

【製品箱表】

至ってシンプルです。

【製品箱裏】

【製品構成】

本体、保護ケース、取扱説明書、データ転送・充電用USBケーブル、画面保護シール

清掃用アルコールペーパー

【製品正面】

【製品背面】

手前側のスリットはスピーカです。

【製品底面】

左側:3.5Φイヤホンジャック(ステレオ)、右側:充電・データ転送ポート(microUSB)

【製品上面】

ネジのみです。

【製品左側面】

microSDスロットです。128GBまで対応します。

【製品右側面】

8GBシール横はボリュームボタン、短いボタンは電源on/off、丸い穴はリセットボタン

【メニュー①】

【メニュー②】

【充電・データ転送画面】

※ データ転送中は「切断しないでください」と表示されます。

【音楽再生中】

① 外部スピーカに出力中です。② 充電しています。

再生中は、再生している音楽のタイトル等を表示出来ます。

この画面でタッチして前曲/次曲、一時停止、リピート再生等のタッチ操作が可能です。

 

FMラジオについては、私の住む場所で普通に受信可能な放送局は全て確認することが出来ました。

感度は、良い方かと思います。・・・視聴中のラジオを録音することが可能です。

音楽再生中に画面右上の表示にタッチするとイコライザ設定、リピート設定、ファイル削除可能です。・・・不要になったファイルを直接タッチ画面からアクセスして操作できます。

ただ、画面のロック機能はありません。

画面表示が消えている場合は一度電源on/offボタンを操作すると画面が表示されタッチ操作することが可能です。(※これがロック機能の役割をしていると思います。)

操作全般に快適に操作できます。

音楽だけを聴くなら内蔵メモリの8GBでも相当数の曲を入れられますので、microSD等は無くても大丈夫だと思います。

テレワーク中で通勤が無く少し残念ですが、音楽ファイルを沢山書き込んで、PC使用中でも気兼ねなく音楽を聴けるのでとても便利です。
☆ この製品は販売元のFBA様から製品提供を頂きました。
☆ この製品に興味のある方は文頭のリンクか以下のリンクからお願いします。


入力3系統、出力2系統です。

このモバイルバッテリーは入力コネクタが3種類に対応します。

 ① microUSBコネクタ 左側 5V/2.1A最大

 ② Type-Cコネクタ   上側 5V/2.1A最大

 ③ Lightningコネクタ  上側 5V/2.1A最大

出力は2個のUSBコネクタです。

 出力電圧/電流は

 ① 5.0V/2.1A最大

 ② 5.0V/1.0A最大

このモバイルバッテリーのサイズは

 ・ 縦167mm×横82mm×厚さ23mm

 ・ 重さ 約445g

電池容量は

 26,800mAh

非常に大容量です。

特徴的なのは右側上部にあるスイッチにより出力がonになり、残量表示が行えます。

この残量表示は表示後30~35秒でoffになります。

充電しているスマートフォン等が満充電になると自動的に30~35秒で電源がoffになります。

安全対策としてサージ保護機能とショート防止機能があり、モバイルバッテリーと被充電機器を守ります。

 これだけ容量があると私が使用しているスマートフォン(AQUOS R2)の場合、7回半以上充電出来ますので、非常時の電源としては1週間使えることになります。

 日常的に持ち歩いて使用するには少し重いので、自宅や職場に常備し、非常用に具えていこうと思います。

【製品梱包】

製品の絵も無く非常にシンプルで好感がもてます。

【製品構成】

本体、入出力USB A-microUSBケーブル、取扱説明書(日本語表記あり)

【サイズの確認①】

使用しているAQUOS R2より大きいです。

【サイズの確認②】

厚さ的には1.5倍ほど有ります。

こちらは表示LEDを上にした上部の入出力コネクタ側です。

両サイドのType-C(左)コネクタとLightning(右)コネクタは入力です。この向きの左側に電源スイッチ反対の右側にmicroUSBの入力コネクタがあります。

【仕様表示】

【充電時の接続】

【残量表示等】

残量72%でIN都表示されていますので、充電中です。

【実際にスマートフォンを充電】

【充電電流確認】

4.91V/740mA程度です。この状態はスマートフォン側の電池残量が80%以上有りますので、充電電流は終止電流に近づきつつあります。

【携帯電話の充電】

こちらは会社から貸与されているSH-02Lです。

【充電電流確認】

4.91V/860mA程度です。

静的に置いて使用する分には重さを感じること無く快適ですが、流石に携帯して移動すると重さはとても感じます。

先にも書いていますが、非常用電源としての準備を想定すれば、大容量なのでとても良いと思います。

☆ この製品は販売元のHisupeer Direct様より製品提供を頂きました。
  この製品に興味のある方は文頭のリンクか下記リンクからお願いします。


☆ この製品に興味を持たれ、購入を希望する方は下記クーポンを利用することでお得に購入することが可能です。
  この機会に、是非ご検討下さい。

30%割引クーポンコード:HISUPEE2
有効期間:4月5日から~430日まで

まず、最初に目に飛び込んでくるのはそのピアノブラックの輝きです。

そして、この製品はそのサイズに似合わない性能を秘めています。

先ずは、その仕様から

 

【仕様】

充電電圧            :DC 5.0V

充電電流            :最大2.0A

充電コネクタ形状:microUSBコネクタ

出力ポート数      :2

出力電圧            :DC 5.0V

出力電流    :最大2.0A

容  量    :10000mAh(3.7V)

サイズ     :(W)65×(H)93×(D)24.5mm

重さ      :187g

 

【製品構成】

① 本体

② 充電・出力ケーブル(長さ:約135mm)

③ 取扱説明書

 

では、製品の写真です。

【製品箱正面】

【製品箱裏面】

【製品を引き出した状態】

白いトレーにのっています、本体には保護フィルムが貼られています。

【製品構成】

※ 福袋と書かれたカードはプレゼントキャンペーンのお知らせです。

【本体裏面の商品表示】

黒地に銀文字でとて読みやすいです。

【使用前の充電】

少し、ブレてしまいましたが、残量の83%が確認出来ます。

【実際にスマートフォンを充電してみました。】

【充電電流等確認】

5.01V/1.4Aで充電されています。

満充電(100%)状態からスマートフォンの電池残量60%から充電を開始して99%の約39%充電した結果、この製品の残量表示は23%減の77%になりました。

満充電状態なら問題なく、十分に充電することが可能です。

この製品は重さも大きさも携帯にはとても良いので、通勤の鞄の中に常駐させておくのも、非常時の電源として活用できそうです。


*******************

この製品は製造販売元のDOZZI様から製品提供を頂きました。

この製品に興味のある方は文頭又は下記リンクからお願いします。





天板の加工が美しいです。

まず第一印象・・・綺麗です。ピアノブラックの鏡面加工はとても綺麗です。

 

このバッテリーは見た目は私が既に持っている2000mAhのバッテリーと同等サイズなのですが、容量が10000mAhもあります。(サイズ/重さ等下記参照)

位場所で便利なLEDライト機能もあります。(電源スイッチを一度押し、onにした後、2回押しで点灯し、2回押しで消灯します。)

特徴として、このモバイルバッテリーには充電入力コネクタが3種類あります。まず、標準的なmicroUSBコネクタ、iPhone系のLIGHTNINGコネクタ、最近多いTYPE-Cコネクタを装備しています。出力は2系統で、どちらもUSB Aコネクタで合計出力は2.1Aです。・・・少し物足りなさもありますが、使用するには十分だと思います。

更に、ストラップ等を取り付けできるストラップホルダーがあり、ストラップを取り付ければ携帯時やライトとして使用する際にとても便利です。

 

【仕様】

このモバイルバッテリーの仕様は以下の通りです。

 

形  名:DY11

容  量:10000mAh

充電入力:5.0V/2.1A(最大)

出  力:5.0V/2.1A(最大)

入力ポート:microUSB,LIGHTNING,TYPE-C各1個

出力ポート:USB A×2

サイズ :(W)63×(H)100×(D)22mm

重さ  :200g

付属機能:容量表示/動作中表示/LEDライト

付属品 :取扱説明書,充電ケーブル(USB A-microUSB)

製品保証:18ヶ月間

 

【梱包箱】

【製品構成】

至ってシンプル、本体、充電ケーブル、取扱説明書

【本体外観①】

【本体外観②】

電源スイッチ側です。

【製品表示】

【入出力コネクタ/LEDライト側】

※ 上下逆に撮影されています。

【動作表示】

電源スイッチを1度押すとonになります。

【LEDライト点灯】

電源on状態でスイッチを2度押すと点灯します。

【LEDライト光量】

部屋を暗くしてもLEDライトの明かりで読むことが出来ます。

【サイズ比較①】

左側は2000mAhのバッテリーです。

【サイズ比較②】

【重量確認】

200gです。・・・軽いですね。

【充電動作確認】

AQUOS R2(706SH)を充電してみました。

【電圧・電流確認】

AQOUS R2の充電動作としては通常状態です。・・・問題の無いレベルです。

最後の充電確認で、100%まで充電を行うことが出来ました。

動作的に問題になることはありませんでした。

この容量だと、結構な回数使用する事が可能です、1週間に1度満充電にしておけば外出等少し充電したいときに使用する使い方だと、普通にこなせるので、重宝します。

なんと言っても、このサイズで10000mAhを実現しているのは嬉しいです。

☆ この商品は製造販売元のDOZZI様から製品の提供を頂きました。
☆ この商品について興味のある方は、文頭のリンクか下記のリンクを確認して下さい。
♡ 製造販売元のDOZZI様から割引クーポンが提供されています。
  以下のクーポンコードをコピーしてご使用下さい。
  

  600円割引コード:DOZZIMOBA1

  締め切り日は2月29日です。




 


◎ ファストインプレッション

このBluetoothイヤフォンTouch Two C5Sは左右独立タイプで、左右を連結するケーブルが無いので動作等に制限がありません。

 左右独立タイプのイヤフォンを使用しない方の中には「落下して紛失するのが嫌だから・・・」との理由で使用しないと言う方もいらっしゃいます。

 私も落とすのは嫌ですが、このTouch Two S5Sを使い始めて、未だ一度も脱落はありません。

脱落防止のポイントは如何にして耳に合うイヤーピースを選択するかですね、大きすぎてもダメ、小さすぎてもダメ、耳にフィットするイヤーピースが選択できれば、落下→紛失のリスクは減らすことが可能だと思います。

 また、このTouch Two C5Sは低域音も中々良く出るイヤホンです、もちろん高域側も綺麗に出ます。

 

先ずは、製品梱包です。

【梱包箱正面】

【梱包箱裏面】

【箱内部】

【製品構成】

本体、充電器兼ケース、充電ケーブル、ストラップ、イャーピース(3種)、取扱説明書

【充電器兼ケースにセット】

充電器兼ケースの蓋を開けると電池残量が表示(この場合は96%)され、本体をセットするとLEDが点灯します。この状態で蓋を閉めると本体のLEDが赤く点灯し、充電状態になります。

【ケース底面の表記】

【充電入出力コネクタ】

ケース正面のゴムキャップを開けると左に携帯電話が充電出来る出力コネクタ、右に充電器兼ケース充電用microUSBコネクタがあります。

【充電】


◎ 本機の仕様

Bluetooth Ver    Buletooth5.0

電  池       リチウムポリマー

スピーカー振動板     2mmダイナミックドライバーユニット

スピーカーインピーダンス    320Ω

スピーカー出力音圧レベル  105dB

スピーカー再生周波数   20~20kHz

マイク入力感度      42dB±2dB

Bluetooth周波数   2.4~2.48GHz

到達距離       約10m

動作時間       約5時間

充電電圧       DC5.0V

出力電流       最大1.5A

 

◎ 初めてのペアリング

 ① 本体をケースから取りだすと自動的にonになります。

 ② 接続するスマートフォン等のBluetooth接続画面でTouch Two C5Sを探して選択します、これで接続が完了です。2回目以降はケースから取りだすだけで自動的にペアリングします。

 ※ 左右どちらの本体を先に取りだしても自動的にペアリング可能です。

 

◎ 基本操作

① 音楽再生時

  ・ 音楽再生:左・右側のタッチパネル(本体外側)を1回タッチします。

  ・ 再生停止:左・右側のタッチパネルを1回タッチします。

  ・ 次の曲 :左側のタッチパネルを2回タッチします。

  ・ 前の曲 :右側のタッチパネルを2回タッチします。

  ・ 音量上げ:左側のタッチパネルを2秒程度タッチします。

  ・ 音量下げ:右側のタッチパネルを2秒程度タッチします。

② SIRI/Google

  ・ ボイスアシスタント:ボイスアシスタント左側のタッチパネルを3秒タッチします。

③ 通話(電話/LINE/等)

  ・ 受  話:左・右どちらかのタッチパネルを1回タッチします。

  ・ 終  話:左・右どちらかのタッチパネルを1回タッチします。

  ・ 拒  否:左・右どちらかのタッチパネルを2回タッチします。

④ ON/OFF

  ・ 手動ON:左側のタッチパネルを5秒くらいタッチします。

  ・ 手動OFF:左側のタッチパネルを5秒くらいタッチします。

 

◎ 充電器兼ケースの電池持続について

 約一週間100%充電からスタートして使ってみましたが、通勤時(約片道1時間半)の使用での本体充電を繰り返した状態では約50%以上の残量でした。

 長時間使用は11/17以降に出張があるので、その際に検証した結果をアップしたいと思います。

☆この製品に興味を持たれた方は文頭のリンクか下記のリンクからどうぞ。



↑このページのトップヘ