okurayamaitoudaiza
 港神戸の風光明媚な海や山の手の瀟洒な高級住宅街もいいが,たまには普段の暮らしに隣り合わせた街便りもほしいものだと友から近場歩きを所望され(笑)思い付いて今日は勤務庁の近くを流れる宇治川を散策した。
 神戸高速西元町を下車。JR高架下の元高商店街を掠め花隈公園(花隈城趾)へ。ここは前に一度友と立ち寄ったことがある。高台なので海側の眺めは佳景だが,如何せん背後に大きなラブホテルがドデンと建っててお互い目のやり場に困った憶えがある(笑)。そんな花隈公園を振出に高速花隈駅西口の脇道を斜交いに入りわれらが母校龍谷大の大本締め親鸞聖人の銅像が建つ西本願寺別院を横目にして突き当たりのメルカロードを伝って山手幹線の高架下を潜れば丁度宇治川が暗渠からその姿を現す。そこから水源の再度山方向へ暫し川辺の遊歩道を遡行。この辺りは直ぐ側の大都会の喧噪がまるで嘘のような昔ながらの閑静な住宅街だ。家並は庶民的で川辺に干された洗濯物などを目にすると何だか微笑ましく心安まる気分だ。
 裏寂れた宇治川公園を越え再度橋でUターン。帰路は坂本龍馬の海軍操練所記念碑や伊藤博文像の台座(写真)が遺る大倉山公園を散策した。[2018.10.21筆]

tyuuguujiato
 今年は秋の訪れが遅れたためかこの前ハーベストの丘を訪ねた時秋桜はまだ蕾だった。三,四年前だか秋桜が見頃の藤ノ木古墳を散策したことを思い出しそう言えば近頃斑鳩の里は法起寺から法輪寺周辺にかけ彼方此方にコスモス畑を作っていると聞く。ハーベストのリベンジではないが(笑),今日は秋桜を見に斑鳩の里を訪ねた。国道25号線沿いに斑鳩町役場の角を曲がれば程なく藤ノ木古墳。古墳公園のベンチに腰かけ暫し満開のコスモス畑を愛でた後法隆寺参道の土産物屋に車を停めて昼食を摂った。その後修学旅行で賑わう世界遺産を尻目に法起寺から中宮寺跡(写真)を巡った。中宮寺跡はこれまで何度か立ち寄っているはずだが,いつの間にやら綺麗な史跡公園が整備され周囲には藤原宮跡を思わせるような広いコスモス畑が出来ていた。

冬に咲く花あれば 夏の陽射しに燃える花
垣根の中で咲く花や 野辺に揺れる花もある

 秋風に揺れるコスモス畑の畦道に佇んでふと亡き加川良の『コスモス』を口ずさむ。
 この土(くに)の移ろう季節の折々に咲く花を愛でる度いつも想う。掛け替えのない人達の真心の在処を。[2018.10.20筆]

sirakawagou
 春から延び延びになっていた恒例のエバヤン旅行を昨日今日で決行した。行先は黄門ちゃんの希望で飛騨高山に決めたのだが,肝心の黄門ちゃんとパクちゃんまでも拠ん所ない事情により急遽キャンセル。昨年の淡路鳴門はジャイアント君が欠席したし中々全員揃わない。それはそれとして久しぶりにジャイアント君の顔を見てお師匠さんと三人で旧交を温めた。
 一日目はお師匠さんと近鉄大阪難波からアーバンライナーに乗り込んで昼過ぎ名古屋に到着。合流したジャイアント君と三人で駅ビルの山本屋本店で名物味噌煮込みうどんを食べた。その後レンタカーを借り東海北陸・中部縦貫の高速道を使って高山市街へ。ホテルのチェックインを済ませ夕食前に高山さんまちを散歩した。高山陣屋の入館時刻が過ぎていたので宮川を越え夕暮れの古民家の街並を散策。ホテルに戻って夕食後はゆっくり温泉に浸かり昔話に花を咲かせた。
 二日目は昨日の高山陣屋前の朝市を見物後世界遺産・白川郷を訪ねた(写真は集落の下を流れる庄川に架かるであい橋)。白川郷は奇しくも八幡神社の「どぶろく祭」真っ最中。お蔭様で合掌造りの景観に加え艶やかな祭り景色も堪能した。[2018.10.14筆]

↑このページのトップヘ